魯生のパクパク

ブログ人から来ました

おにぎり

2017年04月23日 | 日記・エッセイ・コラム

昨秋、午後1時頃、竹田で乗り換え、近鉄の奈良行き急行に乗った。平日だが、観光客と通勤、通学客が乗り合わせるので、何時も込んでいる。
その上、この線はよく揺れるから、つり革を頼りに、外の景色を見ていた。宇治川や木津川を越えて奈良に向かう歴史の山河は、目にするだけで、わくわくする。

ふと下を見ると、前に座った30代の、田中裕子風の紺スーツの女性が、真っ白い大きななおにぎりを取り出した。小型のビジネスバッグのどこに入っていたんだろうと、改めて見比べた。おもむろにサランラップをめくると、黙々と食べ始める。小さな顔の半分もありそうだ。
ペットボトルのお茶を飲みながら、リスのように上からかじるが、なかなか減りそうもない。

きっと仕事で忙しく、せっかく作ったおにぎりなのに、昼食の間が無かったのだろう。移動の合間に食べているのに違いない。
しかし、それにしても、どこまでも真っ白なおにぎりだ、のりさえ巻いてない。何かおかずもあるのかも知れないが、混み合った電車のベンチシートでは、それを出せるゆとりはない。大きなおにぎりを半分ぐらい食べても、梅干しさえ出てこない。塩だけのようだ。

見ていると、昔懐かしいおにぎりの味を思い出し、本当に美味しそうだ。近頃のコンビニおにぎりは、「食品」になっているが、本来のおにぎりは、塩で握っただけで、じゅうぶん贅沢で、「米を食べる」幸せが、おにぎりにあった。
小学校の時、教室の後ろ一杯に貼られた年表の平安時代に、ポツンと一行、「おにぎりが発明される」とあって、ものすごく不思議に思った。何であんな簡単なものが「発明」なんだろうと、ずっと気になっていたが、古典で「乾し飯」というものを知り、おにぎりに至るまでの人々の食を思い、感動した。

和食が世界でブームになっている一方で、日本の米消費量は下降線を辿っている。和食は米食と言っても良いぐらい、日本文化は米によって成り立っている。
豊葦原水穂国に2000年も暮らしてきた日本人は、骨の髄まで米を求めている。日本人が米を食べなくなれば和食は消える。それどころか、もう神社も天皇も要らないことになる。
米ばかり崇める文化は、軍隊の麦飯を拒否した森鴎外の失敗のように、栄養バランスの観点からは良いこととは言えないが、米のうまさを忘れるようでは、日本文化の継承など語ることはできない。しかし一方で、米を崇めることと、日本人の本当の食とは必ずしも同じではない。

五穀と言われるように、日本人の実際の食生活は、米以外の穀物によって支えられていた。何事もそうだが、一つの呼び名が、一つの姿を現すものとは限らない。近頃は規律やモラルを叫ぶ人が増えたが、正確や正しさにこだわる人ほど、得てして本質を見失うものだ。
アブナイ、アブナイ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どっちが | トップ | おにぎり 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。