魯生のパクパク

ブログ人から来ました

マジメ車

2017年05月17日 | 日記・エッセイ・コラム

自動車生活を止めて何年経ったのだろう。荷物の運搬以外は何の不自由もない。
四輪は止めたが、バイクは使っている。しばらく公共交通機関だけに頼っていたが、やはり不便なので、22年前に買って6000kmしか走っていなかった125CCを多用するようになった。
バイクの場合、運転を誤っても自分が死ぬだけだから、他人を傷つける心配は少ない。その意味では、自動車道しか走らないから、むしろ自転車よりも安全だ。

初めのうち、大きな幹線道路では、おっかなびっくりで乗っていたが、バイクというものは、おっかなびっくりで乗ると、かえって危険だ。
この危険は、車で言えば、初心者の高速道路合流のようなもので、躊躇していると、いつまで経っても合流できないし、周りの車も迷惑する。覚悟と自信と決断が要る。

バイクで複数車線の大通りを右折するには、身の危険も加わり、特攻隊のような気分になる。大型バイクなら何でもないが、50CCと大差ない125CCでは、心のどこかで、「おじゃまします、おじゃまします」と言っている。この気持ちを振り払って、「ええいッ」と車列に突入する。ここで横に並ぶ125CCは、たいてい若者だ。若者は怖い物知らずだから躊躇がない。同じことをしていてもこちらには、体力不安と迷いがある。これがいけない。危険があるとすれば、迷いと妙な遠慮だ。

一方で、近頃、若い頃憧れた大型バイクでツーリングする年寄りが増え、事故死が急増しているらしい。実際、幹線道路を走っていると、こういうグループをよく見かける。
金は得たが肝心なものを失った悲しきムスターファ達だ。(ムスターファがわかる人が、どれぐらいいるかな・・・♪遠い昔のトルコの国の~)
昔取った杵柄も、楽器では死なないが、バイクは棺桶にまたがっているようなモノだ。一瞬のミスが死に直結する。

棺桶で暮らす
しかし、バイクを日常的に使うようになって気づいたことがある。それは、小型バイクこそが老人用の乗り物だということだ。
毎日、ニュースになる、老人運転による大事故は、もしバイクなら起こっていない。
バイクは、判断力を含め、体力がなくなった時が運転できなくなる時だ。運転を止めるか死ぬか、選択は二つに一つ。自主引退しなければ、高齢社会緩和に貢献することになる。他人に迷惑をかけてだが。

老人の運転事故で目立つのは、「高速道路逆走」、「アクセルの踏み間違い」が多い。何れも判断ミスだが、スクーター・バイクなら極めて起こりにくいミスだ。
基本、小型バイクは高速を走れないが、自動車専用道は走れる。仮に出入り口で道がわからなくなっても、四輪よりも、道の脇で、全体を見渡しやすい。逆走を始めたとしても路肩を走れるし、路肩で方向を変えられる。また万一、正面衝突しても、相手が死ぬ確率は低い。
「アクセルの踏み間違い」にしても、スクーターの場合、少なくとも反対の手でブレーキを握れる。暴走しても、ビルの厚ガラスを破って奥の壁まで突っ走るのは難しい。その前に、運転者が飛ばされている。

老人や飲酒する人は、四輪自動車に乗るべきではない。屋根付き四輪車の快適空間は、運転不適格者であっても、運転を可能にする。
バイクでは、居眠りも体調不良も、運転できない。また、若者ならともかく、スマホ「ながら運転」などあり得ない。
真に運転可能な人だけが、命がけで運転しなければ走れないのがバイクであり、テレビを付けてスマホをいじり、時々キスして、居眠りをしながらでも走っているのが四輪車だ。しかも、互いがどんな状態で運転しているか視認できないから、突然の走行異変も予想できない。
老人が、どうしても自分で運転したいというなら、免許返納云々より、二輪で走れるうちだけ走れば良いだろう。論より証拠、元気でマメなうちだけ乗れる「マメ車」だ。

ところで、6000㎞しか走っていなかったバイク。このところ、1日100㎞ぐらい走ることが増えてきた。22年物にもかかわらず、エンジンはかえって絶好調だ。しかし、電気系統やタイヤの劣化が気になる。最近は、電子制御やLEDライトなど、バイクも様変わりしているらしい・・・そろそろ、バイク買おうかな


余談:
以前、マフラーを土蜂にやられたので、排気口にネットを取り付けたが、何となく出力が上がらないような気がしたので、面積を広げるために大型にしたところ、歴然とパワーが上がった。(下が前回。何れも、百均の台所用品を利用)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乱れるな | トップ | 有毒ガス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。