映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

アーティスト  The Artist

2012-04-12 | 映画 あ行
時代の変化は加速度を増し、「10年ひと昔」ではなく「2〜3年、ひと昔」の昨今、
果たして時代の波についていけるか?とときどき不安を感じます。

最近はテレビ番組やラジオでも、facebookやツイッターに連動したり、
twitterのハッシュタグだの、「いいね!」だの、ポッドキャストにUstream・・・
いろいろありすぎて、ついていけませんわ〜。

昭和初期生まれの人たちは、人生の中で、
  電話は「手回し電話」から「スマートフォン」まで、
  塵取りに箒からお掃除ロボット「ルンバ」まで、
  テレビにエアコン、全自動洗濯乾燥機に、電子レンジ、
  パソコンにインターネット、電気自動車に、飛行機、果ては宇宙旅行、
  映画といえば、モノクロサイレントからCGに3D映画まで、
すべてを経験している世代なんですね。

本作は世代によって感想が変わるのではないでしょうか?
映画黎明期サイレント映画を沢山見た世代や、チャップリン映画などで
サイレントを知っている世代にとっては「懐かしい」馴染のあるテイスト。
サイレントなど見たことのない世代にはかえって新鮮な印象があるのか?
はたまた退屈なのか?
斯く言う私の感想は「こんな映画、むかし見たことあるなぁ〜」でした。



 ***********************
 
      ア ー テ ィ ス ト   The Artist

************************


 < ストーリー >
1927年のハリウッド。サイレント映画の全盛期、大スタージョージ・ヴァレンティンは
ひょんなことから新人女優のペピーと出会い、ほくろを付けるようにアドバイスする。
折しも映画産業はサイレントからトーキーへの変革期。サイレントに固執するジョージが
取り残される中、ペピーはスターへの階段を駆け上がる。
交錯した二人の運命は・・・?

  
          

初っ端から昔の映画手法を踏襲したオープニング。
そうそう、昔の白黒映画ってこんな感じで出演俳優やスタッフの名前が
最初に出てたよねぇ〜と懐かしく、レトロな世界へ誘われました。
監督さんの懐古趣味?こだわり?古い映画への愛を感じました。

3フロアを横から見るようなシーン。
上から降りてくるジョージ。下から上がってくるペピーが真ん中のフロアで遭遇する。
その後階段を下りてゆくジョージと、昇ってゆくペピー。
二人のその後の人生を象徴する大がかりなシーンです。

台詞で説明できない分、こういう映像や役者さんの表情などでさりげなく
必要な情報をほのめかす。

また、落ち目のジョージと、人気上昇中のペピーがレストランで背中合わせに遭遇。
ペピーが「サイレントは俳優の演技が大げさで…」などというシーンを、
サイレント映画で撮るアイロニー。

最後の緊迫シーン。二人の状況を交互に追い、
「あぁ〜、ジョージは・・・と思わせて、ハラハラドキドキ。
昔のハリウッド映画はほとんどハッピーエンドと相場は決まってました。
ハラハラ・ドキドキさせてから急転直下のハッピ〜!
これもしっかり踏襲してます。 
途中から「一体どうやってこのストーリーを収束させるのかなぁ?」という
興味とも心配ともつかない感情に襲われましたが
「そうだった、そうだった」この時代、最後は必ずハッピーでした


フランス映画だと思っていたので、馴染のあるアメリカ人俳優さんが多数出演していたことに、
ちょっと驚かされました。

サイレントからトーキーへの変化で俳優の明暗が分かれるといえば・・・
思い出すのはジーン・ケリーとデビー・レイノルズの「雨に歌えば」。
ケリーの雨の中でのダンスシーンがドナルド・オコナーの軽快なダンスが印象的でしたが、
美人だけれど声のひどい横柄なサイレント映画女優が、吹き替えを使っていた
ことを暴露され、世代が交代していくのでした。

          

CG、SFX、3D全盛の今、
敢えてモノクロサイレントで勝負し、1920年代のハリウッドを描いた
ミシェル・アザナヴィシウス監督44歳。
片や、最新3D技術を駆使して映画への愛をフランスを舞台に描いた
マーティン・スコセッシ監督69歳。「ヒューゴ…」はこちら
アカデミーはアザナヴィシウス監督に軍配をあげましたが、私は「ヒューゴ」の方が
好きかなぁ。
          

主演の二人はお二人ともチャーミングでタップダンスが軽快でした。
アカデミー主演男優賞獲得したジャン・デュジャルダンは
なかなかセクシーで印象的な俳優さんです。
         
ベレニス・ベジョ演じるペピーがハンガー?にかかったタキシードに寄り添い
抱き寄せられるシーンはドキドキしました。

しかし、本作では何と言っても、わんこの「アギー」の演技です。 アギーの金の首輪賞はこちら
10歳で高齢を理由に引退するらしいのですが、断念です。
まだまだ「アギー」の演技が見たい!
         


ふと、河島英五の「時代遅れ」を思い出しました。
  時代〜遅れの〜、男になりた〜い♪




 にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 4月 11日 「アーティスト」@TOHOシネマズ海老名
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜、 満開〜! | トップ | とんでも料理! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ。...
アカデミー賞 5部門獲得の映画「アーティスト」日本版 予告編が、最悪にダメダメな件について(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
既に、2回この予告編を観ているが、なぜか「とても嫌い」(笑) 一度観た時に「なぜだろう!」と感じた理由を検証するつもりで、2度めに向かいあった瞬間に即そういうモードに切り替えた。 にもかかわらず、不快感が先に立ちすぎて結局、判断できず! 当ブログでは...
映画:アーティスト The Artist(2回め) 演出上のいろいろな「仕掛け」の積み重ねに唸りまくり! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
1回めは、NY滞在中、近くのParis theater に駆け込んでの鑑賞。 その時の感想は=「ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」(2012-02-03) 2回めに足を運ぶことはそうしない私だが(3ヶ月たったとはいえ) =この特殊なジャンルならでは...
アーティスト/ THE ARTIST  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳....
アーティスト (to Heart)
原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラー...
アーティスト (Memoirs_of_dai)
最優秀俳犬賞は伊達じゃない 【Story】 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...
「アーティスト」 映画の進化 (はらやんの映画徒然草)
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
アーティスト (あーうぃ だにぇっと)
アーティスト@東商ホール
『アーティスト』の画期的なところは何か? (映画のブログ)
 こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、それら...
『アーティスト』・・・サイレントに絶妙のギミックを添えて (SOARのパストラーレ♪)
なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で独...
アーティスト (Akira's VOICE)
人生は悲しいが美しい。  
映画「アーティスト」 (FREE TIME)
注目の映画「アーティスト」を鑑賞しました。
アーティスト (悠雅的生活)
映画という芸術。腹心の友。口元のほくろ。
アーティスト (ダイターンクラッシュ!!)
2012年4月13日(金) 20:30〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『アーティスト』公式サイト サイレントのスターが、トーキーとともに凋落。 一方トーキーの幕開けでスーパースターになった娘。 この娘は、何故かサイレントの...
アーティスト 老兵は去るのみ・・・ということではない! (労組書記長社労士のブログ)
【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ〜(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を過ぎていた) この映画は、第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞....
アーティスト (風に吹かれて)
映画って楽しいんですよバン!公式サイト http://artist.gaga.ne.jpモノクロ映像で、無声映画の手法の作品。監督: ミシェル・アザナヴィシウス1927年のハリウッド。サイレント映画の
『アーティスト』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、ミ...
アーティスト (心のままに映画の風景)
1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作のオーディションで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 ジョージの何げないア...
今、白黒サイレント映画を! (笑う学生の生活)
13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。 サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー 時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・ アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞など 5部門受賞した....
「アーティスト」 (セレンディピティ ダイアリー)
モノクロ・サイレントで作られたフランス映画、「アーティスト」(The Artis
「アーティスト」アカデミー作品賞は頷ける (カサキケイの映画大好き!)
ご存知2011年のアカデミー作品賞に輝いた映画です。 白黒でサイレント映画ですから、物珍しさも有るでしょうが 物珍しさだけでは30分がせいぜいで、そこから観せる力は本物です。 作品賞、監督賞、主演男優賞など5部門受賞も頷けます。 主演のジョージ・ヴァレ...
アーティスト (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE ARTIST】 2012/04/07公開 フランス 101分監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 1927年のハリウッドで、サイレント...
「アーティスト」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
口元の付けほくろ。 サイレントからトーキーへ。 アーティスト。
アーティスト (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
アーティスト '11:フランス ◆原題:THE ARTIST ◆監督:ミシェル・アザナヴィシウス「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」 ◆出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー ◆STORY◆1927...
映画『アーティスト』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-36.アーティスト■原題:The Artist■製作国・年:フランス、2011年■上映時間:101分■字幕:寺尾次郎■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・脚本・編集:ミシェル・アザナヴィシウス◆ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)...