映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ヒューゴの不思議な発明 HUGO

2012-03-09 | 映画 は行
先日深夜のTV番組で「カイロ博物館」の特集を放送しておりました。
ここは行ったことがある!と見ていたら、画面が2分割で同じ画像が二つになっていました。
どこか変なボタンを押してしまったのかしら?とあれこれコントローラーのボタンを見たのですが
そのような形跡はなくおかしいな〜?といぶかっていたら、
この番組は3D放送だったのでした。
TVの3D放送ってのを始めてみましたが、全編2分割でメガネをかけて見るんでしょうか?

久々に、3Dメガネを持参して「ヒューゴの不思議な発明」を見ました。
今まで見た中で、一番素晴らしい映像でした。
目の前にドーベルマンのマクシミリアンの顔やジョルジュ・メリエス役ベン・キングスレーの顔があったり、
人込みをかき分けるシーン、時計台を見上げたり、上からのぞいたり。
臨場感たっぷりでした。


鑑賞直後の感想はこちらです



   ************************ 

        ヒューゴの不思議な発明

   ************************  

 < ストーリー >
舞台は1930年代のパリ。父(ジュード・ロウ)を火事で失ったヒューゴは、駅の時計台に隠れ住み、
駅の時計のネジを巻いて毎日を過ごしていた。 独りぼっちになった彼の唯一の友だちは、
父が遺した壊れたままの「機械人形」。その秘密を探るうちに、機械人形の修理に必要な「ハート型の鍵」
を持った少女イザベルと、過去の夢を捨ててしまった老人ジョルジュ(ベン・キングズレー)に出逢う。
やがてヒューゴは、機械人形に隠された秘密を知る。父の残した機械人形に導かれ、ジョルジュの秘密を
知り・・・。


スコセッシは今まで暴力系血しぶきが飛ぶような非情な世界を描く映画で知られた監督さんです。
映画「ホリディ」の中で、文字の色を「スコセッシのにして」という台詞がありました。
つまり「血の色の赤」の代名詞になっているほど暴力描写が有名ってことですね。
本作は、そんなスコセッシ監督が12歳の自分の娘の為に作った映画だとか。
自分が読んだ本を、お父さんが映像化、それも3Dで作ってくれるなんて…、なんと幸せなお嬢さんでしょう。
間違いなく、お父さんの株は急上昇ですね。

でも・・・監督は本作でアカデミー監督賞が欲しかったでしょうね。作品賞も・・・。
かなり狙っておられたと思いますが。 映画への愛に溢れた作品なのにねぇ。
逆に「アーティスト」への期待が高まります。


 
  
 ベン・キングスレーがメリエスを演じています。            ジョルジュ・メリエスご本人
インド人(「ガンジー」)でもアラブ系でも、フランス人にもなれる
カメレオン俳優さんです。

ヒューゴが主役だけれど・・・、本当の主役は実在の人物ジョルジュ・メリエス。
この方、何と波乱に富んだ人生でしょう。
この映画で描かれるメリエスの人生はほぼ彼の人生そのままです。
元々はマジシャンで劇場経営者。リュミエール兄弟に影響を受け映画製作に乗り出し、
特殊効果撮影、ストップモーションなどの初期技術を開発。
あっと驚くような作品で人気を博し、1896年から1913年の間に500を超える作品を制作するも
次第に人気に陰りが出て破産。多くの作品は失われてしまったようです。
その後モンパルナス駅の売店でキャンディーやおもちゃを売っていたといのも事実です。
1931年にはレジオン・ドヌール勲章を受章、76歳で亡くなられたようです。

  
      ジュード・ロウはちょこっとだけ出演です。

ヒューゴと「からくり人形」が、忘れ去られていた彼の業績に再び光を当てるというファンタジー仕立ての
ストーリーが、彼が始めた特殊効果を駆使した映像で描かれるって、とっても素敵です。
アカデミー賞でも「特殊効果賞」受賞です。

これまた忘れ去られていた「からくり人形」を動かす鍵が型っていう演出も憎いね!


キック・アス」でヒット・ガールを演じた
クロエ・モレッツちゃんがメリエスの養女をイザベルを演じ、最後にナレーションをしていますが、
メリエスの本当の孫娘マドレーヌ・メリエスさんが
「魔術師メリエス―映画の世紀を開いたわが祖父の生涯」という本を書いているんだそうです。
読んでみたいけれど・・・Amazonで一品もの¥32800ーって
         


リュミエール兄弟がいて、
エジソンがいて、
メリエスがいて今の映画があるんですね。

本作にはキートンやチャップリン、ハロルド・ロイドなどの白黒サイレントコメディーの映像もあって、
とてもうれしい。
一粒で2度、3度。いえ、4度くらい楽しめる素敵な映画でした。

「たった一つでもネジがなければ機械は動かない。人にもみな、果たすべき役割がある」
みたいなメッセージにも心動かされました。





にほんブログ村 映画ブログへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テルマエ・ロマエのチラシ | トップ | カンパニーメン »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セレンディピティ)
2012-03-10 18:17:27
こんにちは。
今日、「ヒューゴ〜」を見てきました。
映像がとてもきれいでしたね。私は特に、時計の中の歯車などの部品の動きに魅せられて、いつまでも見ていたくなりました。
ジョルジュ・メリエスさんは存じ上げなかったのですが、映画の創世記のことがいろいろわかって興味深かったです。

↓ ryokoさんは、メリエスさんの作品もご覧になっていたのですね。貴重なDVDをお持ちでしたね☆
Unknown (セレンさんへ(ryoko))
2012-03-11 18:06:21
こんにちは〜。
ご覧になったのですね。
綺麗ですよね。今まで見た3Dの中で一番だと思います。
そうなんです、たまたまメリエス短編集を持っていました。そういう意味でもうれしかったし、メリエスさんにスポットが当たるのはうれしいことですね。
Unknown (kiyotayoki)
2012-03-12 11:35:59
これってスコセッシ監督がご自身の娘さんのために作った映画とは知りませんでした。
それだけに映画に対しても人に対しても愛が溢れていたんでしょうね。
はじめまして。 (やっちゅ)
2012-03-13 06:22:08
コメントとトラックバックありがとうございます。
本当に映画のいいところばかりを濃縮したかのような作品でしたね。
映画の中のジョルジュ・メリエスの生涯は実際の人生にかなり近かったのですね。
ヒュー後を中心としたストーリーもよかったですが、黎明期の映画の歴史にも触れられたのは興味深い作品でしたね。
今後ともおつきあいのほどよろしくお願いします。
Unknown (kiyotayokiさんへ(ryoko))
2012-03-13 23:39:43

コメントありがとうございます。
朝の情報番組か何のでインタビューでそのようなことを言っておられました。
ジョニー・デップも子供たちに見せられる映画ってことで「パイレーツ」シリーズに出演じゃなかったですか。やっぱり親として、自分の作品を子供に見てほしいですよね。
お父さんがこんな映画作ってくれたら…感動・尊敬ですね。
Unknown (やっちゅ口さんへ(ryoko))
2012-03-13 23:49:30

こちらこそ、ありがとうございます。
映像も素晴らしかったし、メリエスの生涯に改めてスポットライトが当たったのはうれしいですね。
懐かしいサイレント映画も沢山見れたし、一本の映画で色々楽しめました。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
ヒューゴとジョルジュの不思議な発明 (moondreams)
2012-03-20 08:18:54
こんにちは。はじめまして。
3D版で観てきて大感激。予備知識なしでみたので 最初子供向け映画かな と思った?ところがどっこい、スガ スコセッシ映画愛に満ちた夢と希望(陳腐な表現で御免!)の素敵な映画でしたね。
スコセッシ監督 一瞬出演していたようだけど、どこだか気づきました?

3Dで再現された『月世界旅行』は名作・伊映画”ニューシネマパラダイス”のキスシーンのラストシーンのように感涙ものでした。(古い奴ですみません。)
Unknown (moondreamsさんへ(ryoko))
2012-03-21 01:26:15
はじめまして。いらっしゃいませ
この映画は絶対!3Dですよね。
主役はヒューゴではなくてメリエスですよね。
スコセッシ監督はメリエスのスタジオの前で写真を撮ったカメラマンだったと思います。メガネをかけておられましたよね。

私も古い奴なんで大丈夫ですよ。
ニューシネマパラダイスも好きな映画です。
本作はメリエスの映画や、ルミエール兄弟、チャップリン、キートン、ロイドなどなど、昔の映画満載で古い映画を見たくなりました。
からくり人形の動きだすシーンも目を見張りました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マーティン・スコセッシ監督 「ヒューゴの不思議な発明」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
残念ながらアカデミー作品賞は逃してしまいましたが、11部門でノミネートされた話題作「ヒューゴの不思議な発明」、今日3月1日、映画の日、公開ということで、早速観てきましたv(^m^)v 公式サイト⇒http://www.hugo-movie.jp/ 【あらすじ】 1930年代、...
ヒューゴの不思議な発明/Hugo (LOVE Cinemas 調布)
巨匠マーティン・スコセッシが初めて3Dで送るヒューマンファンタジー。ブライアン・セルズニックの小説を原作に、父の形見の機械人形に隠された謎を探る少年の姿を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース...
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒューゴの不思議な発明」観に行ってきました。ブライアン・ セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」を原作とする、マーティン・スコセッシ監督の冒険ファンタジー作品...
「ヒューゴの不思議な発明」ぶらぼ〜!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヒューゴの不思議な発明] ブログ村キーワード  巨匠 マーティン・スコセッシ監督が贈る、初の3D映画。「ヒューゴの不思議な発明」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。アカデミー賞では、チョット残念な結果に終わっちゃいました(それでも、“5冠”!)...
Hugo /ヒューゴの不思議な発明  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説、 「ユゴーの不思議な発明」をマーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来て...
『ヒューゴの不思議な発明』 2012年2月24日 パラマウント・ピクチャーズ試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ヒューゴの不思議な発明』 を試写会で鑑賞です。 この映画はアカデミー賞最多ノミネート作品です。 来週の月曜日がアカデミー賞ですが、かなり期待できます 【ストーリー】  1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド...
ヒューゴの不思議な発明 (Akira's VOICE)
素晴らしきかな世界。  
ヒューゴの不思議な発明 (佐藤秀の徒然幻視録)
機械仕掛けの夢と儚さ 公式サイト。原題:Hugo。ブライアン・セルズニック原作、マーティン・スコセッシ監督。エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ ...
劇場鑑賞「ヒューゴの不思議な発明」 (日々“是”精進! ver.A)
“映画ファン”、必見… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203010001/ ヒューゴの不思議な発明 公式ガイドブック ブライアン セルズニック 中島 早苗 アスペクト 2012-02-17 売り上げランキング ...
ヒューゴの不思議な発明 (to Heart)
原題 HUGO 製作年度 2011年 上映時間 126分 原作 ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』(アスペクト刊) 脚本 ジョン・ローガン 監督 マーティン・スコセッシ 出演 ベン・キングズレー/ジュード・ロウ/エイサ・バターフィールド/クロエ・グレース・モレッツ...
ヒューゴの不思議な発明 (だらだら無気力ブログ!)
ヒューゴって発明してたっけ?
ヒューゴの不思議な発明 (心のままに映画の風景)
1930年代のパリ。 駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した機械人形の修理を心の拠所にしながら毎日を送っていた。 壊れたままの人形の秘密を探る過程で、...
「ヒューゴの不思議な発明」 映画讃歌 (はらやんの映画徒然草)
スコセッシがファンタジー?それも3D?なんで?と初めて予告を観たときはたいそう驚
ヒューゴの不思議な発明 (悠雅的生活)
機械人形。夢が現実に。Phantom of  Lyon Station。
ヒューゴの不思議な発明 (3D・字幕版)/エイサ・バターフィールド (カノンな日々)
このファンタジー映画がマーティン・スコセッシ監督作品だと知ったときはちょっと意外でした。しかも3Dです。もうすぐ70歳になられるというのに素晴らしいチャレンジ精神ですよね。 ...
ヒューゴの不思議な発明 (3D吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(13) 冒頭からの奥行き感たっぷり映像に胃が浮いた(笑)
[映画『ヒューゴの不思議な発明』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆かなり技巧を凝らした作品だった。  3D作品を撮るにあたって、スコセッシ監督が思い描いていたであろうイメージが惜しみなく注ぎ込まれていたと思う(残念ながら、仕事の後、歯医者に行って、それから映画館に向かったので、時間的に2D作品しか上映していなかった...
『ヒューゴの不思議な発明』・・・映画で映画を語る (SOARのパストラーレ♪)
第84回アカデミー賞で5部門受賞に輝いたマーティン・スコセッシ監督の話題作。 時計台に隠れ住みながら父の残した機械人形をコツコツと修理する日々を送る孤独な少年ヒューゴは、玩具屋ジョルジュとその養女イザベルに出会う。イザベルが持っていたあるアイテムにより動...
『ヒューゴの不思議な発明(2D字幕)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン・...
『ヒューゴの不思議な発明』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
Hugoクリエーター情報なしHowe Records 『ヒューゴの不思議な発明』 2012年(米)監督マーティン・スコセッシ ●映画史を通過する愛の人間ドラマ  大恐慌の波を受けることになった1931年のパリ。おもちゃ屋を経営することになった世界初の職人映画監督ジョルジュ・...
『ヒューゴの不思議な発明』(2011 米) (映画の心理プロファイル)
今年のオスカーを5つ(小さいのばかりだけど^^ゞ)受賞した話題作を鑑賞。 映画愛にあふれた作品で、映画史に明るい人なら「おおっ♪」と目を輝かせるシーン満載の映画でありました。 原題:『HUGO』(126分) 監督:マーティン・スコセッシ 原作:ブライア...
「ヒューゴの不思議な発明」 (セレンディピティ ダイアリー)
マーティン・スコセッシ監督の3Dファンタジー映画、「ヒューゴの不思議な発明」(H
ヒューゴの不思議な発明 映画愛に溢れていて映像が素晴らしくて・・・でもしかし・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
ヒューゴの不思議な発明 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★ “映画が人々にもたらす幸せを感じます”思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした とても思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした。 マーティン・スコセッシ監督の映画とい...
映画という夢〜『ヒューゴの不思議な発明』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 HUGO  少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、パリ駅構内の時計台裏に住み、 亡き父(ジュード・ロウ)が遺した機械人形を修理する日々。ある日彼は、イザ ベル(クロエ・グレー...
ヒューゴの不思議な発明 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...
ヒューゴの不思議な発明  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  エイサ・バターフィールド  クロエ・グレース・モレッツ  サシャ・バロン・コーエン 【ストーリー】 ひとりぼっちの少年ヒューゴは、時計のネジを巻きながらモンパルナス駅に隠れ住んでいた。彼は駅の中の玩具店で玩具を盗もうとし、店主のジョルジュに見つ...
フィルムの音 (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これがスコセッシ作品と思える感じで 万人に見やす....
『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
「ヒューゴの不思議な発明」映画ラブ (カサキケイの映画大好き!)
3D作品を何作か観たが、 今までの中で一番奥行きや立体感が見事で、 その美しい映像を観るだけでも一見の価値が有るし、 物語の内容が 映画創世を支えたジョルジョ・メリエス氏を讃える内容の映画ラブの話だけに 映画ファン必見の作品です。 物語はあるひとり...
ヒューゴの不思議な発明(3D) (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ヒューゴの不思議な発見 '11:米 ◆原題:HUGO ◆監督:マーティン・スコセッシ「ディパーテッド」「シャッターアイランド」 ◆出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、レイ・ウ...
映画『ヒューゴの不思議な発明 3D』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-28.ヒューゴの不思議な発明 3D■原題:Hugo■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:126分■観賞日:3月24日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:マーティン・スコセッシ◆ベン・キングスレー(パパ・ジョルジュ/ジョルジュ・メリエス)◆サシャ...
ヒューゴの不思議な発明 (銀幕大帝α)
HUGO/11年/米/126分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/03/01) −監督− マーティン・スコセッシ 『シャッター アイランド』 −製作− *マーティン・スコセッシ *ジョニー・デップ −原作− ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』 ...
ヒューゴの不思議な発明 (いやいやえん)
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども〜^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあっ
ヒューゴの不思議な発明 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1930年代のフランスはパリ。父(ジュード・ロウ)を 火事で失ったヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、 駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて 毎日を過ごしていた。 独りぼっちになった彼の唯一の友だちは、父が遺し た壊れたままの“機械人...