映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

127時間

2011-07-02 | 映画 は行
ジェームズ・フランコって整ったお顔立ちなのに、「スパイダーマン」のハリー以外で私が見たのは
変な役どころばかり 
今回はほぼ一人芝居で、アカデミ―主演男優賞ノミネート
残念ながら賞は「英国王のスピーチ」のコリン・ファースに。

ノミネートに加え、今年のアカデミー賞ではアン・ハサウェイと共に司会を務め、
舞台裏を楽しそうにツイッターで呟いていたのはいいんだけれど、マリリン・モンローに扮してみたり、
結構おふざけ好きの面白い人なんでしょうかね?


  ********************

          1  2  7  時  間

  ******************

 < ストーリー >
誰にも行き先を告げず、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに一人で出かけたアーロン。
車から自転車に乗り換え、その後は徒歩で目的地を目指したが、落石に右手を挟まれ身動きが
取れなくなる。何とか脱出しようともがく中、死と直面しながら人生を振り返るアーロン。
限界の時を迎え、厳しい決断をする。

実話に基く映画で、エンディングにはご本人の映像も映し出されます。

アメリカの圧倒させられるような大自然の中、思いも寄らぬ悲劇に見舞われ、
絶望的な状況の中で、限られた水と食料、限られた道具で生き残るための孤独な戦いに挑む。


冒頭のスクリーンを三分割して世界各地の都会の喧騒が映し出されたあとに、荒涼たるキャニオンの
映像を見ると、同じ地球上でこんなにもかけ離れた場所が共存することに不思議な気がします。
都会の喧騒に生きる者として、アーロンが週末にいそいそと出かけていく理由がわかる気がします。


         

20年以上前、オンボロ車でデスバレーに行ったとき、インディアンの崩れた遺跡のそばで車を降り
360度地平線、見わたすかぎり人っ子一人いない状況を経験しました。
聞こえるのはヒューという乾いた風の音だけ。背中にゾクッとする恐怖を感じました。
携帯もカーナビなんかも無い時代、デスバレーの入り口で「ガソリンやラジエターの水を
しっかり確認しましょう。こんなことにならないように、ここから先、自分の命は自分で守りましょう」
というガイコツの絵が描かれたパンフレットもらい、
この車で大丈夫か? もしエンジントラブルでも起こったら・・・っと、
小心者の私はビビリました。無事に車の行き交う道路に出て、ホッとしたもんです。


幼い頃から父の手ほどきを受けて慣れているからって・・・誰にも行き先を告げず、一人で行くって
怖くないの~?
ほらぁ~、言わんこっちゃない
何が起こるかわからへんねんからぁ・・・と、デスバレーでのことを思い出しました。

大自然の上空から、彼が挟まれた狭い岩の割れ目にカメラがズンズンと寄っていくカメラワーク。
人間の小ささを思い知ります。

手を挟まれて身動きできない5日間。
焦り、パニック、冷静になって考えろと自らを諭し、過去を振り返リ反省、諦め、生への執着
という彼の心の変化に立会い、自分ならどうなるだろう?と考えました。
アーロンみたいなサバイバル知識はゼロなので泣き叫んで終わりかも?
見ているだけでも目を背けてしまう彼のあの決断と気力。

サバイバル知識の有無や元々の体力など、条件はあるとはいえ、
生き残る者と諦めてしまう者、この違いはどこにあるのでしょう?
未来へのビジョンを描けるかどうかなのかな?

                


壮絶な決断の後、あの場所から脱出し、助けを求め気力を振り絞って進むアーロンの姿に
「生きたい」という凄まじい力強さを感じました。




にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た 映画 *****

 6月29日 「127時間」@横浜ブルク13

        「ビューティフル」@109シネマズMM横浜 






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SUPER 8/スーパーエイト | トップ | ビューティフル BIUTI... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます♪ (tomoco)
2011-07-04 00:31:40
ryokoさん、はじめまして!

予告編の方にいただきましたが、本編の方もTBさせてくださいね☆

>360度地平線、見わたすかぎり人っ子一人いない状況を経験しました。
>聞こえるのはヒューという乾いた風の音だけ。

それはもう、、聞いてるだけで怖いです!ぞっとします!
あの場所あの状況から一人で生還したアーロンにはほんとパワーをもらいました。

どうぞよろしくお願いします
トラコメ、ありがとうございます。 (tomokoさんへ(ryoko))
2011-07-04 22:22:16

tomokoさん、はじめまして

怖かったですよ。ここで何かあったら終わりだなと。

あんな所で盗難予防の鍵は要らないんじゃない?と思いつつ、アーロンが一人で、軽装でドンドン行くのを見て、大丈夫かいな?と大丈夫じゃないのを知りながら思いました。
本当に生還した実話に基くってことで説得力がありますよね。何としてもと、次々チャレンジし、脱出後助けを求めて行く姿に私もパワーをもらいました。

ジェームズの次回作が楽しみです。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします
こんにちは (はらやん)
2011-07-23 06:39:28
ryokoさん、こんにちは!

>未来へのビジョンを描けるか
そうですねー。
彼はあの時間の中で自分の人生を振り返り、さらには自分の未来への思いも馳せたんですよね。
たぶんそういうビジョンを描けたからこそ、生きるということ、将来生まれてくる子供のためにも生きなきゃと思えたんでしょうね。
Unknown (はらやんさんへ(ryoko))
2011-07-25 14:04:50
こんにちは。
生まれてくるであろう子供を思ったんですよね。折れかかった心を奮い立たせたのは未来への思いですね。
明るい未来を描きたいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
127時間 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:127 HOURS) 【2010年・アメリカ/イギリス】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 第83回アカデミー賞、作品賞・主演男優賞・脚色賞・作曲賞・歌曲賞・編集賞の6部門ノミネート。 第68回ゴールデングローブ賞、男優賞・脚本賞・音楽賞の3部門ノミネート。 第64回英国ア...
■『127時間』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ+イギリス合作映画、ダニー・ボイル監督、ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー出演。
127時間 (Memoirs_of_dai)
前に進むことの大切さ 【Story】 アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は落石事故に見舞われ、右腕を断...
127時間 (あーうぃ だにぇっと)
5月12日(木)@20世紀フォックス試写室。 TwitterとFacebookのユーザー限定のイベント。 さすがに若者が多かった。
127時間 / 127HOURS  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「スラムドッグ・ミリオネア」でアカデミー賞作品賞受賞、ダニー・ボイル監督最新作 ってことで思わず、「127時間後…」なんて言っちゃいそう なんて冗談はさておき。 受賞はならずだったけど、本作は今...
127時間   監督/ダニー・ボイル (西京極 紫の館)
【出演】  ジェームズ・フランコ  アンバー・タンブリン  ケイト・マーラ 【ストーリー】 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げず、休日はクライマーとして人生を謳歌しているアーロン。今回の目的地はブルー・ジョン・キャニオン。土曜日の朝、車....
127時間 (LOVE Cinemas 調布)
『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ。ギリギリのところで正気...
127時間 (試写会) (風に吹かれて)
生きる事をあきらめない!公式サイト http://127movie.jp6月18日公開実話の映画化原作: 「奇跡の6日間」(アーロン・ラルストン著)監督: ダニー・ボイル  「スラムドッグ$ミリオネア
「127時間」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「127 Hours」 2010 USA/UK アーロン・ラルストンに「トリスタンとイゾルデ/2006」「告発のとき/2007」「最後の初恋/2008」「ミルク/2008」「食べて、祈って、恋をして/2010」のジェームズ・フランコ。 ミーガンに「ダウト ~偽りの代償/2009」のアンバー・タ...
『127時間』・・・生きる、生き抜く、生き延びる (SOARのパストラーレ♪)
死に直面した青年が“生きる”ために究極の決断をする壮絶なドラマ。作り話としてなら案外ありふれたシチュエーションかもしれないが、これが実話だというから驚くばかりである。
『127hours』予告編 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
ここんとこすっかりジェームズ・フランコから気持ち遠ざかってた (^_^;) だって、ジェームズったら『インセプション』は勝手に降板しちゃうし、 ジュリアとの『食べて、祈って、恋をして』はチラ出で消化不良だったし、 監督したり主演したりで映画祭に出品されてる...
『127時間』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
    127hours   監督:ダニー・ボイル   出演:ジェームズ・フランコ、他 今年上半期で楽しみにしてた3本のうちの最後、 やっと観た   ちなみに他2本は『ミスター・ノーバディ』と『ブラック・スワン』 ...
『127時間』 (だらだら無気力ブログ)
アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、 青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル ・ヒューマン・ストーリー。 誰も寄りつかない大自然の峡谷でアクシデントに見舞われ、身動きのとれない 絶体絶命の...
127時間 えっ?これって実話っ? (労組書記長社労士のブログ)
 えらく夏になった、本気で、暑すぎる~~(=^‥^A アセアセ・・・ 【=31 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート5本目、オープニングではインド映画の香りが・・・でも「最後のみんなで踊り」はなかった(笑) 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げ...
127時間 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:127時間 制作:2010年・アメリカ/イギリス 監督:ダニー・ボイル 出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ あらすじ:アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・...
127時間 (シネマDVD・映画情報館)
127時間 監督:ダニー・ボイル 出演:ジェームズ・フランコ 内容:ユタ州、ブルージョン・キャニオン。大自然を悠然と駆け抜ける登山家アーロン・ラルストンに、信じられないアクシデントが起こる。ロッククライミング中の落石事故で右腕を挟まれ、一切身動きが取れな...
■映画『127時間』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
2008年の米国アカデミー賞にて8部門で賞を独占した『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作『127時間』。 「失神者続出!」とか「劇場で嘔吐する人も!!」などという、海外の前評判を聞いていたので、どんな残酷な作品かと思っていたのです。 しかし...
127時間 (映画的・絵画的・音楽的)
 『127時間』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)アカデミー賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』を制作したダニー・ボイル監督の作品ということもあって、映画館に出かけてみました。  物語の主人公は、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに一人で出かけたア...
127時間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【127 Hours】 2011/06/18公開 アメリカ 94分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミング...
127時間 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
127時間'10:米、イギリス◆原題:127 Hours◆監督:ダニー・ボイル「スラムドッグ$ミリオネア」◆出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプ ...
映画「127時間」 (Andre's Review)
127 hours アメリカ・イギリス 2010 2011年6月公開 劇場鑑賞 このところ3カ月遅れのレビューが続いているのですが、新作映画を劇場で観たときには優先して感想を書くことにしました。すぐに感想を書きたいと思わせてくれる素晴らしい映画に出会えたのがきっかけ...
生きることをあきらめない~『127時間』 (真紅のthinkingdays)
 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右腕を挟まれ...
「127時間」 自分と向きあった127時間 (はらやんの映画徒然草)
正直、観ようか観まいか迷った作品です。 「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボ
『127時間』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウィリアムズ、...
映画『127時間』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-41.127時間■原題:127Hours■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:94分■字幕翻訳:林完治■鑑賞日:7月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円□監督・脚本・製作:ダニー・ボイル□脚本:サイモン・ビューフォイ□撮影監督:アンソ...
127時間 (銀幕大帝α)
127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』 製作:ダニー・ボイル 原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間』 脚本:ダニー・ボイル 出演: ◆ジェームズ・フランコ…アーロン...
『127時間』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:94分  原題:127 Hours  配給:20世紀フォックス  監督:ダニー・ボイル  主演:ジェームズ・フランコ      ケイト・マーラ      アンバ...
127時間 ◆ 127 Hours (■■たんたんたぬきの映画箱)
前作でオスカーを総取りしたダニー・ボイル監督が届けてくれたのは、前作とまったく違うシチュエーションと手法の驚くべき作品だった。 登山家アーロン・ラルストンの体験を元に書かれた自伝『奇跡の6日間』が原作のドキュメンタリータッチ。自伝作品、つまりモデルになっ...