映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

英国王のスピーチ

2011-03-02 | 映画 あ行
日頃行かない日曜日に映画館へ足を運びました。
やっぱり日曜日の込み具合はスゴイですねぇ。
前もってネットで席を確保していたのですが、余裕を持って25分くらい前に到着した時には
「英国王のスピーチは満席です~」のアナウンス。
アカデミー賞有力作品の呼び声が高いとあって、関心も高いようです(鑑賞したのは発表の前日です)。
BBCテレビ「高慢と偏見」のMr.ダーシー以来コリン・ファースのファンである私も、
珍しく公開2日目に駆けつけることと相成りました。

アカデミー賞発表後のマスコミでの扱いが・・・
主演男優賞を獲得したというのに、「主演男優賞は『英国王のスピーチ』のコリン・ファースさん」
のみで、スピーチやインタビューとか放送されません
ケーブルTVのムービープラスでも司会のLiLicoさんが「じっくり受賞俳優について」と言いながら
話題は子役出身のナタリーとクリスチャン・ベールだけって・・・あんまりやないか~!?



                            

   英国王のスピーチ  The King's Speech

                        


 < ストーリー >
英国王ジョージ5世の次男ヨーク公アルバート王子は子供の頃からの吃音症だった。
ある日、オーストラリア出身の言語聴覚士ライオネル・ローグを紹介され、
彼のユニークな治療を受けることになる。
そんな中ジョージ5世が崩御し、兄のデイヴィッド王子が「エドワード8世」として国王に即位するが、
離婚歴のあるアメリカ人女性シンプソン夫人との結婚を望んだことで退位し、アルバート王子が
「ジョージ6世」として英国王位につくことになる。
1939年9月3日、イギリスはドイツに宣戦布告し第二次世界大戦が始まった。そして同日、ジョージ6世は
イギリス連邦に向けて全国民を鼓舞する渾身の演説を、緊急ラジオ生放送で行うこととなる。
果たして彼のスピーチは・・・。

ジョージ6世は1895年生まれ、1937年王位に付き、1952年肺癌で崩御、
在位はわずか15年だったのですね。
一方、王妃エリザベスは1900年生まれ、1923年ご結婚、夫を亡くして50年後
2002年101歳でお亡くなりました。映画の通り、夫を支え、国民の人気も高かったそうです。

ニューヨークタイムズによると、この映画の脚本化は80年代に始まり王妃エリザベスの許可を取った
ところ、「当時のことを思い出すといまだ胸が痛むので、私の生きている間はしないで欲しい」と
お断りになったとか。それで映画化は2002年まで延期されたとのこと。
クイーン」で、自分のお葬式の式次第をダイアナ妃に取られたとちょっとお怒りだった王太后です。

兄で王位継承権1位のエドワード8世の愛のために王位を捨てた「王冠を賭けた恋」のロマンス美談ばかりが先行し(実はそんなロマンチックなものではなかったというドキュメンタリー番組を見たような・・・)、
代わりに王位に付いたジョージ6世がどんな方だったのか全く知りませんでした。

突然転がり込んだ国王の座、ましてや吃音症を抱えどれほどの重圧だったことでしょう。
左利きの矯正やX脚の矯正、乳母による虐待(王室なのにどうしてそんなとんでもない乳母を付けたかねぇ)、
吃音をからかう兄、これを聞くだけで不憫で胸が痛くなります

            
冒頭、父王ジョージ5世の代理で行ったスピーチで失敗。
身分を隠して訪れた矯正専門家ローグの言葉「人前で話すのが苦手なら、職業を変えなさい」って
あんた・・・知らぬとはいえ、無茶言うなー。
専門家といえど矯正法なんて確立してなかった当時、あちこちの専門家の治療を試す夫妻。
病気になった時、信頼できる医者に出会うまであちこち探す過程や、この人っと信頼を築くまでって
本当に不安で辛いことですよね。
王の吃音が物理的な問題ではなく精神的な心の問題であると気付くローグ。
NHKのドキュメンタリーで第一次大戦後PTSD(心的外傷後ストレス障害)の研究が始まったというのを
見たことがありますが、まさにローグは戦争で心に問題を抱えた人たちを見たことから矯正専門家、
今で言う心理療法士になったわけですね。

ローグが毅然と対等な立場を堅持し、ユニークな治療で王の信頼を得てゆく過程、
そして懸命に夫を励まし支える王妃の姿に、次第に引き込まれ肩に力が入りました。
クライマックスのスピーチのシーンでは、エリザベス妃同様、手に汗握り、息をつめ、
スピーチが終ったときには王妃、側近とともにホッと笑みがこぼれ緊張が解き放たれた気がしました。
             
         ジョージ6世とエリザベス妃            ジョージ6世  Wikiより
子供の時に抱えたコンプレックスって、切ないなぁ。
下々の者にはうかがい知れませんが、やんごとない身分の方でも(だからこそ?)いろいろあるんやねぇ。

スピーチって、スラスラ淀みなくしゃべれるかどうかではなくて、
話す人の人格とか、伝えたい思い、気迫が言葉や映像を通して聞く人の心に届くんだと思います。


ローグがオーストラリア人だったってとこ、英国人の皆様の態度が時代を感じさせます。

BBCテレビ「高慢と偏見」以来コリン・ファースのファンとカミングアウトしましたが、
ローグの妻マートルを演じているのがなんと!「高慢と偏見」で主役エリザベス・ベネットを演じていた
ジェニファー・イーリーなんです。
なんだかうれし~い、でもエリザベスだらけですね。

コリン、これからも影ながら応援しているよ~



本作は英国ではR-15(後でR-12に引き下げ)、アメリカでもR指定(15歳未満は入場禁止)だとか。
訓練中にジョージ6世がいわゆる「不適切な言葉」を使っているから子供には見せられない
ってことなんでしょうが・・・本作は子供たちを励ます映画だと思うけれど、ね。


にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た 映画 *****

 3月 1日「フード・インク」@横浜ジャック&ベティ

       「ありあまるごちそう WE FEED THE WORLD」@横浜ジャック&ベティ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第83回 アカデミー賞! | トップ | 「フードインク」と「ありあ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-20 14:55:53
不覚にも1時間近く、観賞中に爆睡
してしまいました(笑)
せっかく楽しみにしていたのに…
アカデミー賞を獲得する良質な
作品であることは感じました。
夫婦で見ることをお勧めしたいです。
Unknown (シムウナさんへ(ryoko))
2011-03-23 00:54:06
あらら・・・。
前日、夜更かしされましたか?
私もたまに睡眠不足で寝てしまうことがありました。予告編のあのシーンなかったんじゃ?と聞いて、呆れられたことがありました。
でも・・・爆睡ですか?(笑)
是非もう一度、たっぷり睡眠をとってから、ね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「英国王のスピーチ」は怪演と怪優たちが生... (映画と出会う・世界が変わる)
最近はすっかり怪容貌コスプレ女優となってしまったヘレナ・ボナム=カーターが、今回はごく普通のメイクと衣装で登場しているではないか。彼女をはじめとしてこの作品の出演者たち...
トム・フーパー監督 「英国王のスピーチ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
作品賞は『英国王のスピーチ』!監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得!イギリスの歴史劇がアメリカの現代劇を下す! - シネマトゥデイ ↑アカデミー賞、取りましたね。 今日(3月1日)の映画の日は朝一から混んでました。 私も仕事明けで一睡もしてませんが、観て...
英国王のスピーチ (LOVE Cinemas 調布)
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...
英国王のスピーチ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The King's Speech。トム・フーパー監督、コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャ ...
英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな~ (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった~。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・...
英国王のスピーチ (Akira's VOICE)
1シリングから始まる家族と言葉の物語。   
『英国王のスピーチ』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  これは 私的にとってもオススメの映画です。 ご存知のように アカデミー賞で4部門を受賞した作品です。 そのためでしょうか、今日の映画館では満席になっていました。  だけど、映画館側は地味な作品だと思っていたのではないでしょうか、客席数の少な...
『英国王のスピーチ』 (beatitude)
アカデミー賞、取りましたね無愛想なMr.ダーシーをやっても、ゲイの大学教授ジョージをやっても吃音の王をやってもイギリスを背負って立ってるようなコリン・ファース。カッコイイなぁ~ジョージ6 世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱えてい....
*『英国王のスピーチ』* ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:イギリス+オーストラリア合作映画、トム・フーパー監督、コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール出演。
『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべての人へ (映画のブログ)
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
英国王のスピーチ (eclipse的な独り言)
今日の授賞式の前に観てきました。ちなみに妻の予想は「ソーシャルネットワーク」(こちらの方が出来がいい、と感じたそうです。)主演はファース、ポートマン。助演はクリスチャン・ベイル、エイミー・アダムスではないでしょうか?
映画:英国王のスピーチ The King's Speech 賞取りレースまっただ中のこの本命作の感想は... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞本命と言われている今作。 なんたって候補数が最多12部門。 重要なポイントは、吃音症をかかえ苦悩するジョージ6世を演ずるコリン・ファース(写真中央)が気に入るかだろう。 正直にカミングアウトすると、私は全くだめだった。 実際に吃音症の方を知っ...
『英国王のスピーチ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニ...
英国王のスピーチ / The King's Speech (勝手に映画評)
現女王エリザベスII世の父王ジョージVI世の物語。 ジョージVI世となれば、兄王エドワードVIII世に触れないわけには行かないでしょう。『王冠を賭けた恋』と言われたわけですが、その煽りを受けて国王になったのが、ジョージVI世と言う事になります。 この作品の深いとこ...
王様もひとりの人間。『英国王のスピーチ』 (水曜日のシネマ日記)
英国王ジョージ6世の実話に基づいた物語です。
英国王のスピーチ (食はすべての源なり。)
英国王のスピーチ ★★★☆☆(★3つ) アカデミー賞作品賞受賞作品。 う~ん。。。(眠かった・・・) 主演男優は納得だけど、作品賞は、ウィリアム王子成婚の祝いか?!(ま~、面白いけど・・・。丁寧に描かれているし、セットとかコマわりとか、良いのかもしれない...
英国王のスピーチ (映画鑑賞★日記・・・)
【THE KING'S SPEECH】 2011/02/26公開 イギリス/オーストラリア 118分監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、テ ...
「英国王のスピーチ」 ドラマの醍醐味 (ももたろうサブライ)
監督:トム・フーパーあらすじイギリス王室のヨーク公アルバート王子(コリン・ファース)は幼いころから吃音に悩まされていた。彼は妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)が探...
映画 「英国王のスピーチ」 (英国日記)
英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました!
英国王のスピーチ (食はすべての源なり。)
英国王のスピーチ ★★★☆☆(★3つ) アカデミー賞作品賞受賞作品。 う~ん。。。(眠かった・・・) 主演男優は納得だけど、作品賞は、ウィリアム王子成婚の祝いか?!(ま~、面白いけど・・・。丁寧に描かれているし、セットとかコマわりとか、良いのかもしれな...
『英国王のスピーチ』はぼくの自己啓発セミナーだよ。 (かろうじてインターネット)
 なんだか最近やたらと文章を書く機会が多くなってきまして、このブログにかける時間が少なくなってしまいそうです。で、少し更新頻度がさがると思いますが、ご容赦ください。  今回は旬のものです『...
■映画『英国王のスピーチ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、な...
英国王のスピーチ  監督/トム・フーパー (西京極 紫の館)
【出演】  コリン・ファース  ジェフリー・ラッシュ  ヘレナ・ボナム・カーター 【ストーリー】 1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世...
英国王のスピーチ (心のままに映画の風景)
幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...
王の声~『英国王のスピーチ』 (真紅のthinkingdays)
 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...
英国王のスピーチ The King's Speech (映画!That' s Entertainment)
●「英国王のスピーチ The King's Speech」 2010 イギリス・オーストラリア Bedlam Productions,118min 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターガイ・ピアース他 <第83回アカデミー賞 作品、監督、脚本...
英国王のスピーチ (食はすべての源なり。)
英国王のスピーチ ★★★☆☆(★3つ) アカデミー賞作品賞受賞作品。 う~ん。。。(眠かった・・・) 主演男優は納得だけど、作品賞は、ウィリアム王子成婚の祝いか?!(ま~、面白いけど・・・。丁寧に描かれているし、セットとかコマわりとか、良いのかもしれな...
『英国王のスピーチ』・・・かくして優しき善良王は誕生した (SOARのパストラーレ♪)
幼少期のトラウマによる吃音コンプレックスと内気な性格。時のヨーク公バーティ(コリン・ファース)が、一人の友と妻の愛とに支えられながらこの苦しみを克服し、ジョージ6世として国王の座に着くまでを描く物語である。
英国王のスピーチ【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:英国王のスピーチ 制作:2010年・イギリス/オーストラリア 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリー、...
英国王のスピーチ(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ 今日は旦那が仕事帰りに『マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~』を見に行くので夕飯の用意しなくていいんで.+゜*。(o´∇`*)のほほん.+゜*。:゜+ と ...
No.243 英国王のスピーチ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ...
英国王のスピーチ (5125年映画の旅)
英国のアルバート王子は父王ジョージ5世の代理演説を行うが、吃音症のために大失敗してしまう。アルバートの妻エリザベスは言語聴覚士のローグに王子の治療を依頼した。しかし治 ...
スピーチこそが (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。 アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した 話題作です 吃音に悩む ジョージ6世 スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服しようとするが・・・ まさに 作品賞にふさわしい そんな映画で 王...
近くのツタヤが (365そうちんのむぃびぃエリア)
テレビ大好き!
英国王のスピーチ (にき☆ろぐ)
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
英国王のスピーチ (映画的・絵画的・音楽的)
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...
「英国王のスピーチ」 友が聞いている (はらやんの映画徒然草)
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い
英国王のスピーチ (だらだら無気力ブログ)
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的...
映画「英国王のスピーチ」 (itchy1976の日記)
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...
No.243 英国王のスピーチ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ...
英国王のスピーチ (voy's room)
  第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」受賞!吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるにいたったジョージ6...
英国王のスピーチ・・・映画をみて (ROHITA-blog (ろひたブログ))
英国王のスピーチ (コリン・ファース 主演) [DVD] ジョージ6世となるヨーク公ことバーティーの吃音克服の成長物語であり、言語聴覚士のライオネルとの友情物語である。物語としては大英帝国博覧会の閉会式でのスピーチの失敗から始まる。その後、ライオネルとの出会...
「英国王のスピーチ」(2010) (INUNEKO)
意外とカンドー。 母が見たいとか言っていたので劇場や時間を調べてサァサァ早く行きなよとメールで勧めてるうちに自分が洗脳されて見てしまいました。自分じゃ選ばないジャンルだから、良かったです。 スピーチシーンには、ものすごい感情移入して頑張れ頑張れって見ち...
[映画『英国王のスピーチ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。...
英国王のスピーチ The King's Speech (映画って面白いですね。)
「英国王のスピーチ」(The King's Speech)は、2010年のイギリス映画。アカデミー賞(作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞)4部門を受賞した作品です。 現女王エリザベス2世の父であるジョージ6世のお話です。多少の脚色はあれど、なるべく史実に沿って描いているそう...
「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) (シネマ・ワンダーランド)
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を...
【映画】英国王のスピーチ…前回に引き続きダン・シモンズの話を書いて見た (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そういえば、先日2012年6月27日(水曜日)は、職場(というか会社)の食事会でした。 お店は某食べ放題のお店…以前行った時よりなんか味が良くなっていたような気がします 以下は映画観賞記録。もうすぐ2011年分終了。 「英国王のスピーチ」 (監督:トム・フーパ...