映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ジャージー・ボーイズ

2014-10-01 | 映画 さ行
恥ずかしながら音楽に合わせて身体を動かすのが苦手なわたくし。
学生の頃、地区センターのジャズダンス教室の人数が少ないからと駆り出され、数回体験参加
した際に使われていた曲が「君の瞳に恋してる」でした。
この楽曲誕生の裏にこんなドラマが…というか、この曲が「フォー・シーズンズ」というバンドの
曲であることも知らず、私が聞いていたのは「BOYS TOWN GANG」のディスコカバーバージョンでした。
  

  バックで踊っているマッチョなBOYSはいったい何者…?



   しっとり歌いあげるフランキーバージョン。
アレンジでこんなに印象が変わるんですねぇ〜!どちらも

それ以上に驚いたのがこの曲!「SHORT SHORTS」
「タモリ倶楽部」のオープニング曲が、何と最後に「フォー・シーズンズ」に参加した
ボブ・ゴーディオが15歳の時に書いた曲だったとは。
     


「シェリー」等、曲を聞けば知っているのに…フランキー・ヴァリもフォー・シーズンズも知らなかったです

     ************************

             ジ ャ ー ジ ー ・ ボ ー イ ズ

     ************************

 
         
            
 < ストーリー >
アメリカ東部ニュージャージーの貧しい町に生まれた若者たち。理髪店の見習いや盗品の販売で
服役経験もある彼らだが、フランキーの美声と息の合ったハーモニーでバンドでの成功を夢見ている。
曲を作るボブを新メンバーに迎え、ヒットを飛ばし、4人はスターダムを駆けあがる。
しかしメンバー間でのいざこざや、リーダー格トミーの多額の借金問題でトミーとニックが去り
バンドはフランキーとボブのふたりになる。フランキーは家庭問題をも抱えながら、借金返済のため
奔走する。そんな中フランキーの娘が薬物中毒で亡くなり失意のどん底に。
そんな時ボブが新曲を書き・・・。

「ジャージー・ボーイズ」は2005年ブロードウェイで開幕し、トニー賞受賞
世界各地でも公演されているミュージカルの映画化作品だったのですね。
舞台は名前に合わせて四季ごとに場面展開するらしい。いやぁ、舞台を見てみたい!

数々のヒット曲を世に送り出した「フランキー・ヴァリとフォー・シーズンズ」に
こんなドラマがあったとは。
        フランキー
           冒頭16歳の役どころって…かなり無理があるでしょう。
         ジョン・ロイド・ヤング、うまい!けれど、高音は確かにトッポ・ジージョっぽい。

1950年代のニュージャージーがどういう土地柄だったのかがよくわからないのですが、
田舎町でスターを夢見て頑張る4人の姿は素敵です。
まぁ、スターに昇りつめたらいろいろあるんでしょうね。
やっぱりトラブルの元は「金と女」ですかね。
超売れっ子になっても変わらないトミーの素行。
でも、フランキーはしっかりと筋を通したいい奴です。
これが”ニュージャージー流”ということでしたが、なかなかできるこっちゃないよ。
       
        父の不在で家を飛び出した娘を支えるフランキーだったが・・・
最後にステージで「君の瞳に恋いてる Can't take my eyes off you」を歌ったシーンでは
涙がこぼれてしまいました。

チェンジリング」や「グラン・トリノ」のときのような衝撃は無いけれど、
84歳になっても意気軒昂!イーストウッド監督、いい仕事してますねぇ〜。
フランキー・ヴァリも80歳でご健在、グループでもソロでもロックの殿堂入りです。

当分「君の瞳に恋してる」が頭の中を駆け巡りそうです。





にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た 映画 *****

 10月 1日 「ジャージー・ボーイズ」@109シネマズMM横浜

        「大いなる沈黙へ」@横浜ジャック&ベティ 修道院のドキュメンタリー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔々、アナトリアで | トップ | イブ・サンローラン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みっち)
2014-10-02 07:52:49
懐かしい曲をありがとうございました。この曲大好き
こんな映画があるのですね

映画キチガイだった私は レディスディは必ず映画館に座って
2〜3本梯子はざらだったのに・・

毎日1000円で観られるようになったら途端に行かなくなってしまい、情報にも疎くなりました。


これは必ず観なくては・・いえ聞きに行きます
ありがとう
Unknown (みっちさんへ(ryoko))
2014-10-02 19:12:46
はじめまして。
コメント、ありがとうございました。

懐かしいファッション、雰囲気、懐かしい曲が満載です。
この曲にこんなドラマがあったのね、っとほろっとしちゃいました。 ブラピは出演していませんが、ご覧になって見て・聞いてくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ジャージー・ボーイズ』 (2014) (相木悟の映画評)
名曲の裏にあるサクセス・ストーリーをしっとりと味わうべし! 古き良きクラシカルな味わいが心地良い、匠がみせる一級の良品であった。 本作は、ハリウッドの生き神様クリント・イーストウッド監督作。60年代以降、アメリカを席捲したポップ・グループ、“ザ・フォ...
『ジャージー・ボーイズ』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Jersey Boys 監督: クリント・イーストウッド 出演: ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン 、マイケル・ロメンダ 、ビンセント・ピアッツァ 、クリストファー・ウォーケン 試写会場: 一ツ橋ホール (2014年9月27日公開) 公式サイトはこちら...
ジャージー・ボーイズ〜裏声と裏社会 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Jersey Boys。クリント・イーストウッド監督、ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウ ...
『ジャージー・ボーイズ』 2014年9月22日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジャージー・ボーイズ』 を試写会で鑑賞しました。 ミュージカルっぽいけど、ドラマな映画。 この作品は良かった 今週末には劇場公開されますので是非 【ストーリー】  ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃...
「ジャージー・ボーイズ」:ほろ苦&ほの甘 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ジャージー・ボーイズ』は、無形文化財的巨匠となったクリント・イーストウッド
『ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)』クリント・イーストウッド監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※台詞、内容に触れています。『ジャージー・ボーイズ』Jersey Boys監督 : クリント・イーストウッド出演 : ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピア
ジャージー・ボーイズ (あーうぃ だにぇっと)
ジャージー・ボーイズ@一ツ橋ホール
ジャージー・ボーイズ (to Heart)
原題 Jersey Boys 上映時間 134分 監督/製作 クリント・イーストウッド 脚本/ミュージカル版脚本 リック・エリス 出演 ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/マイク・ドイル/レネー・マリ...
映画:ジャージー・ボーイズ 今年一押しの音楽映画。まさかあの名曲の誕生秘話まであるとは...(涙) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
全く予備知識なしで観賞。 元はミュージカルだし、どうせ架空のグループのストーリーなんだろうと高をくくっていた。 ので、まず驚き! あのグループの話だったとは... ところがキネ旬のインタビューによると、監督のイーストウッド自体、そんな状態だったよう!(....
『ジャージー・ボーイズ』 (こねたみっくす)
「君の瞳に恋してる」に込められた様々な想い。 元はブロードウェイミュージカルだったものを舞台俳優をそのまま映画俳優として起用した、この良くも悪くもクリント・イーストウ ...
ジャージー・ボーイズ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕....
ジャージー・ボーイズ (心のままに映画の風景)
  犯罪が日常茶飯事のニュージャージー最貧地区。 1951年、イタリア系移民が多く住む街で、チンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィート(ヴィンセント・ピアッツァ)は、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カステルチオ(ジョン・ロイド・ヤン...
ジャージー・ボーイズ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JERSEY BOYS】 2014/09/27公開 アメリカ 134分監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニー....
ジャージー・ボーイズ (2014) (雪野一八五のシネマダイアリー)
〈あらすじ〉 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃き溜めのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もない彼らだが、天性の歌 ...
『ジャージー・ボーイズ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ        ビンセント・ピアッツァ、クリ...
『ジャージー・ボーイズ』 (時間の無駄と言わないで)
80過ぎのおじいちゃんが撮った、爆発もアクションもない映画がこんなに面白いなんて。 ストーリー自体は割とベタだし地味な展開だし。 そもそもフォー・シーズンズってのが地味だ ...
「ジャージー・ボーイズ」 (或る日の出来事)
あ、そうだった! この曲は彼が歌ってたんだ!!
『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない (映画のブログ)
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステージ...
「ジャージー・ボーイズ」 (セレンディピティ ダイアリー)
クリント・イーストウッド監督の最新作、「ジャージー・ボーイズ」(Jersey B
「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき (はらやんの映画徒然草)
以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こち
『ジャージー・ボーイズ』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、 1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の 結成、成功、解散、リードボーカルを務めたフランキー・バリの代表曲として知られる 「君....
ジャージー・ボーイズ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Jersey Boys監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ビンセント・パッツア、クリストファー・ウォーケン
ジャージー・ボーイズ  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  ジョン・ロイド・ヤング  ヴィンセント・ピアッツア  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ 【ストーリー】 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼ら....
映画「ジャージー・ボーイズ」 (FREE TIME)
映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。
ジャージー・ボーイズ (Some Like It Hot)
■「ジャージー・ボーイズ/Jersey Boys」(2014年・アメリカ) ●2014年報知映画賞 作品賞(海外) 監督=クリント・イーストウッド 主演=ジョン・ロイド・ヤング エリック・バーゲン マイケル・ロメンダ クリストファー・ウォーケン  クリント・イー...
ジャージー・ボーイズ (チケット持って、おさんぽ行こう)
JERSEY BOYS(2014) メディア: 映画 上映時間: 134分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(ワーナー) 初公開年月: 2014/09/27 ジャンル: ドラマ/ミュージカル/伝記 映倫: G 夢、栄光と挫折―― それでも僕らは歌い続ける。
また新たなイーストウッドの鮮やかな (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もないが天性の歌声と曲作りの才能、そして最高のハーモニーがあった 彼らは...
Blu-ray :ジャージー・ボーイズ イーストウッドの手腕に凄みが増していることを 2度目の鑑賞で実感。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
先日「アメリカン・スナイパー」でドギュンと心臓打ち抜かれたばかりのイーストウッド作品がBlu-rayに。 で、さっそく拝見してみたら… 「アメリカン・スナイパー」で感じたことがここでも! <これまでのイーストウッドで唯一、止めて〜と叫びたい不満があった。 ...
ジャージー・ボーイズ (のほほん便り)
60年代ポップって、明るく軽快で、ハッピーな、ちょっとのんびりした親しみやすい印象だったのですが、このような背景があったとは! 特に、「金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかった」境遇の、ヤンチャ時代エピソードには、び...