映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

チェンジリング  CHANGELING

2009-03-08 | 映画 た行
2月27日、雪混じりの雨の中、横浜まで出たついでにムービルで鑑賞。
メチャクチャ寒かった・・・です。

「チェンジリング」って? 
・・・ん?「チェンジング」じゃなくて「チェンジリング」?
なんて思っていたら、
後ろに並んだ中年の女性がお連れの男性に「どういう意味?チェンジ リング?」と
質問している声が聞こえました。
確かに〜、「リ」が入ってる!・・・r?l?
「チェンジリング changeling」は「妖精に他の子供とこっそり取り替えられたとされる子供」
の意味なんですね  知らんかった〜。

カンヌ映画祭でも報道陣向け資料には、監督も知らないうちに
「L'Echange THE EXCHAGE」に題名が変更されていたらしいからフランス語にするのも難しいのかも。

拉致、誘拐されていなくなっただけでなく、その子供の代わりに別の子供が来るのです


*********************

    チェンジリング  CHANGELING

*********************



 < ストーリー >
舞台は1928年のロスアンジェルス
シングルマザーのクリスティン・コリンズは休日の仕事を頼まれ、息子ウォルターを家に残し
出勤する。帰宅するとウォルターの姿は無く、警察に通報するもなかなか取り合ってもらえない。
行方不明のまま5ヶ月が過ぎ、イリノイで保護したとの報が届く。
警察が連れて来た子供は別人だと訴えるが、本人はウォルターだと言い張り、警察は訴えを聞き入れない。
訴え続けるクリスティンに、面子を潰されると警察からの驚くような圧力がかかる。
そんな時恐るべき事件が発覚、戦い続けるクリスティンはウォルターを取り戻すことができるのか?



イーストウッド監督作「ミリオンダラー・ベイビー」はボクシングの試合と安楽死問題の
2部構成のような形でしたが、
本作も、行方不明の子供を追い求める母親を描く前半と、驚愕の連続少年誘拐殺人事件と
その裁判という見応えた〜ぷりの2部構成です。

隣に座った中年の御夫婦は、ビールを片手に準備万端!といった様子だったのに何故か途中で退場。
どうしちゃったのでしょう?こんな見応えある映画なのに・・・


脚本家J・マイケル・ストラジンスキーが実話をもとに調査し脚本を執筆、
「アポロ13」や「ダ・ビンチ・コード」の監督ロン・ハワードに企画を持ち込むも、
「フロスト×ニクソン」や「天使と悪魔」の撮影で監督を断念、プロデュースに名を連ね、
イーストウッドが監督をすることになったそうな。
もしロン・ハワードが監督をしていたら・・・違ったテイストの作品になったのでしょうね ?
同じ脚本・同じキャストで二人の監督が映画を撮ったら・・・これって面白い企画になりそうです。

     
アンジーは意外にも20年代当時のファッションがよくお似合いです。
「レボルーショナリーロード」で見たように、結婚後女性は家庭に入るのが当然だった時代、
外で働くシングルマザーというのは少なく、風当たりも強かったでしょう。

必死で我が子を探してくれと訴える彼女に全く取り合わず、
体面をつくろうために別の子供をあてがう警察のやり方には驚かされる。
担当のジョーンズ刑事部長・・・、冷酷で恐ろしか〜
でも自分の子供かどうか見分けの付かない母親なんかいてへんよ。
     

果ては精神に異常をきたしているとして無理やり病院に監禁し、黙らせるために電気ショックを与える。
警察と病院の連係プレーで、他にも警察に不利な証言をする女性が大勢収容されていたという事や、
女性の地位が如何に低く、人権を無視した扱いを受けていたかということに胸が痛む。
そんな中、「息子を返して〜!」というアンジーの声の枯れ具合が・・・ド迫力〜

そして思わぬところから発覚する児童誘拐殺人事件。

スカーレット・ヨハンセン主演の「ブラック・ダリア」も
1947年にLAで実際に起こった事件をもとにしたジェームズ・エルロイの小説の映画化ですが、
惨殺された女性以外にも、当時数十名の女性が行方不明になったまま犯人を特定できなかった警察。

20年代からロスアンジェルス警察(LAPD)の杜撰さ、腐敗振りには驚かされます。
  
2006年に出版された、ブラック・ダリア事件の犯人は自分の父だと告発する、
「ブラックダリアの真実」(この本は凄かったです。確か映画化の話があったはず)を読んだ時には、
こんなことをする人間がいるのかと背筋が寒くなる思いでしたが、
本作の児童誘拐殺人犯も、何故こういう行動を起こすのか? わからない(わかったら問題よね)
そして、その理解できない行動というのが、実に恐ろしい。
事実は小説よりも奇なり。


何度か「これで終わりかな〜?」と思うシーンが・・・。ところがどっこい、
物語は驚く展開をみせ、
見終わった後、ここまですべて描ききるか〜・・・という満足感と達成感に、
重いテーマでありながら、
ショッキングな映像があるにもかかわらず
いやぁ〜「凄かったぁ〜」という感想のみ。
イーストウッド監督の代表作「ミスティック・リバー」は
私には後味の悪い中途半端なエンディングが不満だったけれど、本作は満足です。


警察権力と戦い、殺人犯に対峙するクリスティンの姿に、思わずこぶしを握り締めてしまいました。

「動物もの」「母子もの」に弱い私は、いつもは涙腺ゆるゆるですが、
本作はクリスティンの立ち向かう姿に、泣いている余裕はありませんでした。


アンジーはやっぱり「ララ・フリント」や「ウォンテッド」の時みたいに睨み付けて
体を張ったアクションだよな〜、やっぱ託された地球を一人で救わなくっちゃ〜と思っていたけれど、
クリスティン・コリンズも警察権力に立ち向かう強い女性で適役なのでした
  

アカデミー主演女優賞を逃したのは実に残念。
本作のアンジーを差し置いてゴールデングローブ賞まで総ナメにしたケイト・ウインスレット。
「愛を読む人」への期待が高まります。


イーストウッドって音楽の才能にも恵まれておられるのねぇ〜。
「さようなら。いつかわかること」の音楽も良かったけれど、
本作の音楽は20年代のレトロな雰囲気、映画のテイストにピッタリで本当に良かったです。
ちなみに、61回カンヌ映画祭でカトリーヌ・ドヌーブと共に功労賞を受賞しておられます。


最後に1934年度のアカデミー賞発表で「ある夜の出来事」が出たのは、
クラーク・ゲーブル大好きの私には嬉しかった〜



にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 先週・今週 見た 映画 *****

 2月25日 「ベンジャミン・バトンの数奇な運命」@TOHOシネマズ海老名

 2月27日 「チェンジリング」 @ムービル横浜 

 3月 7日 「いのちの食べ方 OUR DAILY BREAD」DVD
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄旅行! | トップ | ベンジャミン・バトンの数奇な運命 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ANDRE)
2009-03-11 01:00:09
こんばんは。

これ、自分も最初は指輪交換かと思ってました(笑)

今回のイーストウッド監督は
後味が良かったのが自分も嬉しかったです。

この作品、
アカデミー賞の作品賞にノミネートされても
おかしくない内容だと思うんですが、
ショーレース受けはあまり良くないようで
ちょっと残念です。
こんにちは (KGR)
2009-03-16 10:16:09
この映画の趣旨とは異なるとは思いますし、
この映画の価値を下げるものではありませんが、
元々の「妖精に取り替えられたとされる子供」
にはちょっと良くないニュアンスもあるようです。

つまり、昔(中世の頃?)障害や奇形、発育不全、
などの子をチェンジリング(取り換え子)と称して、
排除したりしたらしいです。

「ブラック・ダリア」
私は未見ですが、2006/10に公開、DVDも出てます。
映画はジェームズ・エルロイの小説の映画化。

引用された小説は、スティーブ・ホデル作、
Wikiでは、自称犯人の息子の作となってました。

このほかに自称犯人の娘の作もあるそうです。
「Daddy Was the Black Dahlia Killer」
(Janice Knowlton)
Unknown (ANDREさんへ(ryoko))
2009-03-16 22:39:15
お返事遅くなりました。すみません。
タイトルをカタカナ読みのままっていうのは、内容が予測できなくて良くないですね。
「ダークナイト」の興行成績が悪かったのもタイトルが一因かと思います。
アンジェリーナを差し置いて賞を獲得したケイトの「愛を読む人」は是非みたいですね。
イーストウッドの最新作も楽しみです。
こんばんは (KGRさんへ(ryoko))
2009-03-17 00:25:50
コメントありがとうございました。
「チェンジリング」にはそんな意味があるのですか。

私もエルロイ原作のフィクション「ブラック・ダリア」は未見です。

元LAPDの警察官スティーブ・ホデル氏の「ブラック・ダリアの真実 Black Dahlia Avenger」を読んだのですが、父親の遺品や警察の資料など調べあげたた上で、確信を持って書いておられ、エルロイが序文を寄せています。
またエルロイの母親も一連の女性失踪・殺人事件の被害者の一人だったようで、因縁の深さを思わずにはいられませんでした。

「Daddy Was the Black Dahlia Killer」こちらの本は知りませんでした。ネットで見てみると、こちらも自分が子供の頃目撃したといった内容のようですね。

いずれにしても、本件を含め非常に恐ろしい猟奇事件です。
Unknown (ケビン)
2009-03-18 00:13:26
初めまして、ryokoさん。
ご訪問ありがとうございました。

『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』も未見ですが(観たのはパーフェクト・ワールドくらいかな?)、今回、イーストウッド監督にしてやられた気がしました。
もちろん、アンジーの演技あっての賜物だと思いますが!何より役どころも実にはまった感じでしたね。

内容は実話ということで、かなり衝撃的でしたが、最後は涙線が緩んでしましました。
アンジーに是非オスカーをあげたかった一品でした!

Unknown (ケビンさんへ(ryoko))
2009-04-08 12:36:04
コメントありがとうございます。

あらら、私は逆に『パーフェクト・ワールド』観てません。『ミスティック・・・』は後味が悪くて、アカデミー主演・助演男優賞を取っても、『エッ〜』って感じだったのですが、本作はやられました。
なのに、アンジーはアカデミーもゴールデングローブもケイトにかっさらわれてしまって・・・残念でした。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-10-12 12:06:47
TB有難うございました。
子供を想う母の心情をアンジーは
見事に再現していました。
最近のクリント・イーストウッドの作品は
重厚なテーマが続いていて、今回も
作品にどっぷり浸かってしまいました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
コメントありがとうございます。 (シムウナさんへ(ryoko))
2009-10-13 00:20:56
本作に「グラン・トリノ」、すっかりイーストウッドファンになりました。
両作品とも悲しいエンディングなのですが、アンジーの台詞どうり「希望」が見えました。
良かった〜。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
チェンジリング (to Heart)
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの──? 原題 CHANGELING 製作年度 2008年 上映時間 142分 映倫 PG-12 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 監督 クリント・イーストウッド 音楽 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッ...
「チェンジリング」 苦さの意味 (はらやんの映画徒然草)
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残
劇場鑑賞「チェンジリング」 (日々“是”精進!)
「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本...
チェンジリング (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・ライアン、コルム・フィオーレ、ジェフリー・ドノバン、マイケル・ケリー。1928年、暗黒の木曜日でアメリカ経済が奈落の底に突き落とされる直前の実話に基づいた...
チェンジリング (そーれりぽーと)
何かと話題を提供してくれるブラピ&アンジー夫妻。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演の夫ブラピがアカデミー主演男優賞にノミネートされ、同時にアンジーはこちらの映画で主演女優賞にノミネート。 それだけでも話題性たっぷりですが、俺が本当にこの映画を観...
「チェンジリング」みた。 (たいむのひとりごと)
この時代のメイクとはいえ、アンジーの顔がコワイっっ!・・というのはさて置き、非力で警察に頼らざるを得ないだけの母親から、権力の圧力にも屈しないコリンズ夫人へ。実の息子への愛情と想う気持ちだけを楯に、強
チェンジリング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消...
『チェンジリング』 (Sweet*Days**)
監督:クリント・イーストウッド  CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に...
ヤッターマン (そーれりぽーと)
と言う訳で、渋滞で朝イチの予約を観逃してしまったので、2回分の3600円で昼イチの回『ヤッターマン』を観てきました。 はたして3600円の価値はあるのでしょうかw ★★★★ やってくれました三池崇史、タイムボカンシリーズのコンセプトを熟知してはります。 どこから書...
ブルックスブラザース (ブルックスブラザース)
ブルックスブラザースの紹介をしています。 ブルックスブラザースの魅力に迫ります。
『チェンジリング』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイ...
『チェンジリング』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:CHANGELING監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー公式サイトはこちら。<Story>1928年。ロサンゼルスの郊外で息...
映画「チェンジリング」ブロガー試写会@東宝東和試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写は映画「チェンジリング」をブログで応援するブロガー50名程が集められた試写だ。客席は満席で椅子に座れないお客さんまで出てしまう大盛況だ。 映画の話 1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのク....
チェンジリング / CHANGELING (我想一個人映画美的女人blog)
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました〜 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫...
映画 【チェンジリング】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅する...
チェンジリング●○CHANGELING (銅版画制作の日々)
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身...
チェンジリング (Movies 1-800)
Changeling (2008年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン 1920年代のロサンゼルスで、横暴な警察権力と戦いながら、行方不明の息子を探し続ける母親の姿を実話に基づいて描く。 腐敗した警...
「チェンジリング」予想していたのとは違った (ポコアポコヤ 映画倉庫)
子供が誘拐され、戻って来た時には、別人だった・・・という「実話」だというのに、すごくソソられ、見たのですが。いや・・・クリント・イ...
チェンジリング (5125年映画の旅)
1928年。ロサンゼルスに暮らすシングルマザー・クリスティンの息子・ウォルターが行方不明となる。5ヶ月後に警察がウォルターを発見するが、クリスティンの前に現れた少年は全くの別人だった。しかし少年は自分が息子のウォルターであると言い、警察も本人に間違...
チェンジリング (だらだら無気力ブログ)
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリ...
『チェンジリング』・・・権力に屈しない正義 (SOARのパストラーレ♪)
失踪した息子を捜すために腐敗しきった警察に立ち向かう母クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の強さにとにかく圧倒される。警察の信じられないような仕打ちの中で、決してあきらめない母の姿が強烈なインパクトを作品に与えていて見応え十分。ひとりの少年の失踪が...
チェンジリング (ダイターンクラッシュ!!)
2月22日(日) 18:55〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券購入) パンフレット:未確認 『チェンジリング』公式サイト 巨匠クリント・イーストウッド先生の新作は、事実を元にした取り替え子の話。チェンジリングというのは、妖精が人間の...
映画「チェンジリング」 (Andre's Review)
changeling 2008年 アメリカ 09年2月20日公開  試写会鑑賞 公式サイト ココログのブロガー試写会に当選して東宝東和の試写室にて鑑賞。予告編を観て気になってた作品なので嬉しかったです。上画像は東宝東和様よりいただいたものです。どうもありがとうございます。 舞台...
「チェンジリング」という映画が優れている点とは? (映画と出会う・世界が変わる)
「誰かを守るということは、その人の心の痛みが分かるということ。」とは「誰も守ってくれない」の中で佐藤浩市が演じる刑事のセリフ。言っていることは正しいのであるが、劇中でこのような解説調のセリフが登場すると、そこで展開が一挙に不自然になり、ドラマとしてはい...
*チェンジリング* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れ...
★★★★★ 『チェンジリング』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ。"CHANGELING".   クリント・イーストウッド監督・製作。  今年(アメリカでは昨年)の映画としては、これ以上にあらゆる意味で素晴らしい映画が存在することは不可能だろう。
「チェンジリング」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「チェンジリング」 (原題:CHANGELING) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 192...
チェンジリング (映画どうでしょう)
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
チェンジ・リング を観ました。 (My Favorite Things)
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。
映画:「チェンジリング」CHANGELING 間違いなく今年有数の傑作。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではない。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っているし、「ミリオンダラー・ベイビー」だって感動して観た。 彼ならではの視点...
「チェンジリング」  CHANGELING (俺の明日はどっちだ)
息子が突如失踪し、その5ヵ月後見知らぬ少年を警察から押し付けられるものの、本物の我が子を取り戻すため権力の圧力に屈せず戦い続けるという1928年にロサンゼルスで実際に起きた「子供入れ替え」と「猟奇連続殺人」事件に巻き込まれた母親の姿を描いたクリント・イース...
試写会「チェンジリング」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
アンジェリーナ・ジョリーは、 この映画でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。 クリント・イーストウッド監督にしては珍しく戦う教会が出てくる。 2009/2/10、一番町の東宝東和試写室での開催。 36席はすでに埋まり、通路に置いた椅子に座る。 予...
『チェンジリング』 (シネマのある生活〜とウダウダな日々)
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの―?
「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド、主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928年...
チェンジリング (だめ男のだめ日記)
「チェンジリング」監督クリント・イーストウッド出演*アンジェリーナ・ジョリー(クリスティン・コリンズ)*ジョン・マルコヴィッチ(グスタヴ・ブリーグレブ牧師)*ジェフリー・ドノヴァン(J・J・ジョーンズ警部)*コルム・フィオール(ジェームズ・E・デイヴィス警...
チェンジリング [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価: ■■■■■□   謹んで葬り出す映画より、権力に「くたばれ」と吐き捨てる映画の方が100倍好きだなあ。 もうすぐ80にもなろうというのに、今でも魂を揺さぶり、映画の面白さを堪能させてくれるイーストウッド。 ミスティック・リバーのサスペンス、ミリオ...
「チェンジリング」(CHANGELING) (シネマ・ワンダーランド)
「ダーティハリー」や「許されざる者」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」などの作品で知られる米映画界大御所のクリント・イーストウッド(79)が2008年にメガホンを執ったミステリー・タッチのサスペンス・ドラマ「チェンジリング」(原題=「取り...
No.187 チェンジリング (気ままな映画生活)
アンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を獲得した 「17歳のカルテ」と同じぐらいに、 今回の演技は魅了されてしまった。 実話がベースになっていて、1920年代の警察の腐敗、 体質に驚かされた。
チェンジリング ★★★★★ (TRIVIAL JUNK Blog)
「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対に腐敗する。」 <公式サイト> 1928年に実際に起きた「ウィネビラ養鶏場殺人事件」における、クリスティン・コリンズのエピソードを映画化。 9歳の息子ウォルターが突然失踪し、悲嘆にくれるコリンズ夫人(アンジェリーナ・ジョリ...
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...
『チェンジリング』 (『映画な日々』 cinema-days)
チェンジリング 1928年L.A.電話交換手主任の息子が失踪。 5ケ月振りに警察が保護した息子は別人だった... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自...
チェンジリング/Changeling(映画/DVD) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[チェンジリング] ブログ村キーワードチェンジリング(原題:Changeling)キャッチコピー:どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?製作国:アメリカ製作年:2008年配給:東宝東和ジャンル...
【映画】チェンジリング (しづのをだまき)
2008 米