比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

2017北海道・春の旅・・・根室市民のソウルフード・・・エスカロップ・・・を食す

2017-07-12 | 美味しいブログ

2017年春の北海道「道東の旅」・・・
朝、釧路の浜で流氷を見て、釧路湿原でタンチョウに逢い、小腹が空いたので厚岸で牡蠣フライバーガーを食べ・・・
それから日本最東端の街の根室港・・・夕陽の中で流氷・・・に出遭いました。
夕飯どき・・・街のレストランで・・・釧路市民のソウルフード・・・
・・・彩風人の写真帳・・・

エスカロップ・・・??? ・・・840円。
バターライス、薄切りのトンカツ、ドミグラスソース、つけあわせのサラダ・・・が一皿に。食器はフォーク・・・
根室以外では聞いたことのない名前の洋食です。

ごちそう様
※撮影日は2017年4月2日 Canon PowerShot G7X。
エスカロップ・・・フランス語で「肉の薄切り」、1960年代に市内のレストラン「モンブラン」のシェフが試行錯誤のすえに考案したオリジナル洋食。ケチャップライスの赤エスカ、バターライス(筍のミジン切り入り)の白エスカがあるが主流は白エスカとか。廉い、早い、栄養がある・・・で漁師たちに人気で定着したらしい。市内の食堂、喫茶店の定番メニュー、コンビニの弁当でも売られている。根室圏内以外では全く定着しないらしい。
花咲ガニ、タラバガニ、サケ、サンマ、北海道の水産の宝庫である根室で海鮮料理ではなく洋食が市民のソウルフードであるのが面白い。


ジャンル:
郷土料理
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝も暑い・・・日本の政治も暑... | トップ | 2017北海道・春・・・道東の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。