比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

3月10日・・・今日は何の日・・・アメリカ軍による史上最大の東京大空襲・・・あれから72年

2017-03-10 | 語り継ぐ責任・・・東京大空襲


1945年3月10日深夜0時07分、325機のアメリカ空軍戦略爆撃機、艦載戦闘機が東京都江東区、墨田区、台東区、中央区を中心に焼夷弾(木造住宅焼き払い用の油脂爆弾)を雨のように降らせ火の海にした。機銃による民間人、非戦闘員に対する掃射も行われている。

●当時の東京警視庁の調査によれば損害は
  死者・83793人 負傷者・40918人 被災者・1008005人 家屋・26835人・・・(新聞社や民間団体の調査・推定では死者10万人を超すといわれ死者10万人が定説となっている) 
  当時の東京都在住在日朝鮮人・97632人 うち被災者・41300人(死者は1万人を超すと推定されている)。 
※数字はWikipediaより。

原子爆弾を除けば史上最大のアメリカ軍による大量虐殺です

カテゴリー「語り継ぐ責任 東京大空襲」・・・3月10日が来るたびに東京大空襲のブログを起してきました。わたし自身は田舎者で、幼少のころの話ですから、東京大空襲のリアルなことは何一つ知りません。新聞、テレビの特集、早乙女勝元さんの著書、当時の東京警視庁写真班員の石川光陽の残した「33枚の空爆被害写真」高木敏子さんの「ガラスのうさぎ」海老名香葉子さんらが建立した上野公園の「慰霊碑・・・哀しみの東京大空襲」「時忘れじの塔」、墨田区横網町公園の中の「東京都慰霊塔」・・・など見たり読んだり訪ねたりして、少しでも・・・東京大空襲とは何だったか・・・に思いを寄せてきました。


ここに1冊の本があります。

戦争中の暮しの記録」保存版・・・写真は1986年8月(第10刷)刊行のもの。
文章など書いたことのない普通の人の綴り方による戦争体験の証言記録。貴重なアーカイブです。
1968年8月に刊行した「暮しの手帖」の特集号を上製本仕様にして1969年8月15日に発行。いらい版を重ねたもの。
現在も通販市場で出回っています。


戦争中の暮しの記録」巻頭のグラビア写真・・・東京大空襲。
空いっぱいにひろがる焼夷弾・・・一夜で焦土と化した東京・・・とにかく生きていた・・・そして戦争の終った日。
右下の写真は天皇様のいらっしゃる皇居前で泣き崩れる東京都民の姿です。

鬼畜米英」「欲しがりません勝つまでは」「神風が吹く」「神州は不滅」「八紘一宇」「五族協和」「王道楽土」・・・とか思考停止して強制的に暗唱させられて「教育勅語]を唱えていた時代。
それから数か月後の8月、「民主主義」「小作解放」「財閥解体」「婦人参政権」「現人神から人間天皇へ」・・・日本人のアイデンティティ―そのものが崩れる世界になりました(うまく立ち回った人もいましたが)。

今日は「3月10日メモリアルの日」「東京大空襲の日」「東京都民大虐殺の日」・・・それが何だったか・・・
それから数ヶ月後、焼夷弾よりもっと効率の良い攻撃兵器「原子爆弾」でイクサが終わります。
if ・・・もし戦争が起こったら勝っても負けても原子力兵器の打ち合いで地上は放射能に侵された永久焦土になります。

これからの人はどうすればよいか・・・それはこれからの世代の人が自分で考えていくことです・・・知らんぷりはしてほしくない。


※コメント欄オープンしています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三月・・・3月10日は「東京大空襲」の日・・・3月11日は「東日本大震災」の日

2017-03-01 | 語り継ぐ責任・・・東京大空襲

三月、桜咲く三月、春・・・いまから72年前の3月10日、東京で10万人の人が戦争で焼き殺されました。東京大空襲・・・人災です。
いまから6年前の3月11日、東北を中心とする太平洋沖でM9.0の大地震が起きました。天災でしたが、福島原発メルトダウンという後世に遺産を残す大人災が起きました。

2つのモニュメントです。

JR上野駅を出て徒歩5分、上野公園の中にヒッソリと・・・
アメリカ軍の東京大空襲で焼き殺された10万人の命・・・そんな悲しい時を忘れないために
昭和の爆笑王初代柳家三平師匠の奥さん海老名香葉子さんが浄財を集めて建立した
時忘れじの塔



わたしの住む村・・・比企の里・・・鳩山・・・小さな公園にこんなモニュメントがあります。
福島原発で避難してきた方々がこの村の人たちへ感謝の印として贈ってくれた福島の県木「しだれ桜」。
まだ小さいので銘板だけにしました。

Fukushimaは終わってない・・・

永六輔さんがかつてラジオでこうトークしていました。
「天災は言いようのない悲しみ。
 人災は言いようのない怒り。 」


※カテゴリ―「語り継ぐ責任・・・東京大空襲」を見ていただけたら。⇒クリック

※カテゴリ―「東日本大震災」を見ていただけたら⇒クリック

※拙ブログの記事、画像は参考資料として使えるものならばご自由にお使いください。

※コメント欄開いています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

上野の森で・・・71年前の東京大空襲の・・・モニュメント「時忘れじの塔」にお詣りした

2016-06-10 | 語り継ぐ責任・・・東京大空襲

6月7日、久しぶりの東京散歩、秋葉原から御徒町、そして上野の森にやって来ました。
いまから・・・71年前・・1945年・3月10日未明・・・東京はあの大戦で敵国であるアメリカ軍によって大空襲されます・・・3.10東京大空襲
非戦闘員である一般市民の死者10万人、無差別爆撃です。

上野公園、東京大空襲のモニュメント「時忘れじの塔」です。


黙祷
あの戦争とは何だったのか・・・Why or why not? (なぜ?、どうして?)・・・考えてほしい。

2005年、発起人海老名香葉子さんと有志らの浄財により建立。

※海老名香葉子・・・東京大空襲のとき11歳、祖母、父、母、兄二人、弟の一家6人を空襲で失うが本人は疎開していたため戦災孤児となる。焼死を免れていた三兄とは後日再会。
※ぜひ読んでもらいたいむかしのブログです・・・クリック→2010年4月17日のブログ…海老名香葉子さんの本「半分のサツマイモ」を読んだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は何の日・・・71年前の3月10日・・・東京大空襲

2016-03-10 | 語り継ぐ責任・・・東京大空襲

1945年3月10日未明の0時07分、アメリカ軍のB29型戦略爆撃機325機による東京都心に対する爆撃開始、爆弾・焼夷弾381300発(1783㌧)。
この爆撃による死者は10万人、被災者100万人、広島・長崎への原爆攻撃を除けば史上最大の無差別攻撃、大量虐殺といわれます。

戦争は「殺し合い」です。こんなことは二度とあってはならない。
わたしたちは、この歴史を正しく認識して、次の世代に伝えていかなければなりません。


先の戦争」で敗戦濃厚な日本本土への連合国アメリカ軍の空襲は1942年から1945年の敗戦の年まで日本全国400余の市町村に及び東京で106回、名古屋で63回、大阪で33回、兵庫で128回。空襲による死者は調査団体、研究者によって違いがありますが50万人を上回るといわれます。
無差別攻撃・・・ハーグ国際条約非戦闘員地域への攻撃禁止違反・・・戦争犯罪ですが、戦争を早く終わらせるためにという理由づけで行われました。戦争とはそういうものです。いまでもそういうことが行われていて聖戦・誤爆という言葉で片付けられています。

縄文人さんのブログ・・・クリック→「東京大空襲とかつしか 白鳥の高射砲陣地跡を見る・・・当時の高射砲跡地を尋ね当時は子供だった現地の人の体験談を聞いたことなどが綴られています。

☆カテゴリー「語り継ぐ責任・・・東京大空襲」いままでのブログ見ていただければ・・クリック
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日から・・・70年前の・・・3月10日・・・東京大空襲

2015-03-10 | 語り継ぐ責任・・・東京大空襲
☆「語り継ぐ責任 東京大空襲」だけ見たいかたは・・・クリック
今日から・・・70年前・・1945年・3月10日未明・・・東京はあの大戦で敵国であるアメリカ軍によって大空襲されます。
非戦闘員である一般市民の死者10万人、無差別爆撃です。

上野公園の中にある「時忘れじの塔」です・・・
(撮影日は2010年4月10日)

関東大震災・東京大空襲・・・東京にも、現在から想像もできない悲しい歴史があります。今、緑美しい上野の山を行き交人々に、そのような出来事を思い起こしてもらうとともに、平和な時代に時をつなげる心の目印として、この時計を寄贈しました。海老名香葉子、有志一同・・・と裏面に刻んであります。

海老名香葉子・・・落語家の故先代林家三平夫人、1933年東京下町の本所堅川(現墨田区立川)の生まれ。12歳のときの1945年3月10日の東京大空襲で祖母、父、母、長兄。次兄、妹の6人を失う。本人は沼津に疎開中であった。孤児となって親戚の世話になり、奇跡的に生きのびた三兄に再会、やがて父の稼業「竿忠」のお客さんであった三遊亭金馬師匠の養女に、その縁で林家三平と結婚。林家一門の女将として現在に至る。

碑文の関東大震災(死者14万人)は天災です。東京大空襲(死者10万人)は人災です。人災は人々が努力すれば止めることができるかも知れません
今の平和な時代の時をつなげるためにどうしたらいいでしょうか。


無差別爆撃(都市戦略爆撃)の歴史・・・1923年オランダのハーグで行われた米・英・仏・日・伊・蘭の委員会において「爆撃は軍事目的に限り適法とする」(空戦規約)と宣言されました。実際にはそんなことは守られません。1937年ドイツ・イタリア軍のスペインのゲルニカ爆撃から始まり日本軍が中国の南京、漢口、重慶に1938年から1941年まで4年間にわたって行い(死者11,800人とも)、1939年ドイツ軍とロシア軍がポーランドのワルシャワに無差別爆撃。連合国側はそれに対して強く非難しますが、やがて「目には目を」・・・「倍返し」・・・憎しみの連鎖です。連合軍側は1942年からドイツのベルリン、ハンブルグ、ドレスデンに報復爆撃(死者150,000人とも)。最大の無差別爆撃は広島、長崎の原爆投下です。
表向きは軍需基地、軍需設備、軍需工場を叩くということでしたが軍需工場の下請けの町工場も含まれるという解釈に変わりすべての一般住宅も爆撃対象になっていきます。そのうちに戦争を早く終わらせるためにという言葉になりました。
戦時、はじめて無差別爆撃を受けた当時の日本の国民はどう思ってたのか ・・・
大岡昇平の小説「ながい旅」(1981年発表)から・・・何となく、「戦争である以上、しょうがない」と心の底で感じていたのは、戦争で勝つためには、何をしてもかまわない、という通念があったらしい。
大半の日本人は無差別爆撃が国際協定違反なんて知らなかった。また爆撃機が撃墜されて落下傘で降下した敵兵は住民に虐殺されるか日本軍により処刑されました。これもまた国際協定違反です。東京やそのほかの市や町で爆撃を受けて悲惨な状況に陥っていたことなど、そのほかの地方の人は知っていたのか。漠然とした情報は入っていたのでしょうか。
ベトナムでは米軍によって北爆といわれるナパーム弾、枯葉剤の攻撃が行われました。
近代の戦いでは非戦闘員も攻撃の対象になります。火器に勝るほうが勝ち、勝つことが正義になり、不正義の敗者が大量の死者を出すことにより戦争が終結します。
戦争とは正義も不正義も・・・ただ殺し合いです。

先の大戦であった悲惨な出来事を考えること、これからの時代はその経験者はいません。歴史認識の鉄則「いつ、どこで、何が、どうして、どのようなことに」を正しく検証していくことが、これからの平和な時代を継続していくことになります。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湘南の夏・・・JR二宮駅・・・「ガラスのうさぎ」の少女像を見た

2014-08-05 | 語り継ぐ責任・・・東京大空襲
※「語り継ぐ責任」だけ見たいかたは・・・クリック

7月26日、JR東海道本線二宮駅・・・大磯の海を見たあとここに寄りました、
駅前にガラスの兎を抱いた少女のブロンズ像があります。

今日は8月5日、今から69年前の1945年8月5日、この二宮駅で米軍艦載機の機銃掃射を受けたお父さんと少女、お父さんは即死でした。少女のお母さんと二人の妹は3月10日の東京大空襲で・・・遺体を見つけることもできずに・・・。

32年後の1977年、戦争で亡くなった父と母と妹たちの33回目の法要に間に合わせようと、その戦争体験を書き溜めていた原稿を、夫からの結婚記念日のプレゼントの指輪を自費出版の費用に変えて本にしたものが認められて出版社から「ガラスのうさぎ」という書名で世に出されます。
戦災孤児から普通の主婦になった高木敏子さんの戦争体験の作文は同じ戦争体験者に共感を呼んでたちまちベストセラーになりました。

高木さんは「ガラスのうさぎ」が本になったその3年後の1980年二宮町役場からブロンズ像を造りたいと了解を求められます。自民党も共産党も含めて町の有志の超党派の運動、高木さんは「平和と友情を記念できるものなら」と返事したそうです。町の予算と町の有志の浄財、新聞に載ってからは全国から浄財が集まったそうです。

湘南海岸二宮、東海道(国道1号線)、白砂青松の続く静かな町です。
69年前、軍の施設も軍需工場もない静かな漁村のこの町で戦闘員ではない普通の人々が機銃掃射を受けて血が流れました。戦闘機の兵士はどういう気持ちで機関銃の引鉄を引いたでしょう。エノラゲイの乗組員のように「戦争を早く終わらせるために」と思ったのでしょうか。
戦争とはそういうものです。

ブロンズ像の碑文です。心打たれます。

太平洋戦争終結直前の昭和二十年八月五日
ここ(国鉄)二宮駅周辺は艦載機P51の機銃
掃射を受け 幾人かの尊い生命がその犠牲と
なりました
この時 目の前で父を失った十二歳の少女
が その悲しみを乗り越え けなげに生き抜く
姿を描いた戦争体験記「ガラスのうさぎ」
は 国民の心に深い感動を呼び起こし 戦争
の悲惨さを強く印象づけました
この像は私たち二宮町民が 平和の尊さを
後世に伝えるために また少女を優しく励ま
した人たちの友情をたたえるために 多くの
方々のご協力をいただき 建てたものです 
少女が胸に抱えているのは 父の形見となった
ガラスのうさぎです

 ここに平和と友情よ永遠に

  昭和五十六年八月五日
  「ガラスのうさぎ」像を二宮駅に建てる会


2009年8月15日のブログです→クリック→「8月15日・・・古い日本が亡くなった日・・・ラストメッセージ」

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は何の日・・・69年前の・・・東京大空襲

2014-03-10 | 語り継ぐ責任・・・東京大空襲
今日は何の日。69年前の1945年3月10日、午前0時07分東京大空襲の日です。
        ・・・黙祷・・・
中央右上に見えるのが皇居。中央左から右下に黒く見える筋が隅田川。隅田川を中心に下町といわれる城東地区が火の海になりました。数字を記します。(数字はWikipedea参照)
  ●アメリカ軍
    爆撃機B29 150機 爆弾 380,000発(1700㌧)
  ●日本側
    死者100,000人余 住宅278,000戸

この日は春の低気圧の影響で強風が吹き、焼夷弾による火災で下町は火の海になります。焼夷弾は油脂をゼリー化したもので日本の木造家屋用に開発したものといわれます。その攻撃は最初に目標の周囲をドーナツ状に火をつけ、次に中心に爆撃するという作戦でした。そのため被爆者は退路を絶たれ未曾有の犠牲者が出ました。

↑は7年前の2007年3月10日のブログ・・・東京大空襲・・・「3.10の日」・・・からの抜粋です。↓はこのときのコメントからです。

あの朝  (M.S) 
2007-03-10 23:38:55

六十二年前の朝、中学生だった私たちを乗せた貨物列車は新宿駅に着いた・・・(あの大空襲の夜、東の方、赤い空を見ながら中央本線小仏トンネルの中で朝まで停車していたのだ)。
山手線に乗る。火傷、怪我をしている乗客の群。窓の外は焼け野原。
昨夜の火の海、阿鼻叫喚を想い、声を呑んで見守るだけだった。
品川で乗り換え、平塚まで移動した。
海辺のお寺に泊まって、航空機工場に毎日通った。
製品や工具類を信州への疎開作業に従事した。平塚に一ヶ月滞在したのち、諏訪の工場に戻ったころ沖縄が落ち、「広島・長崎」によって、いくさは終わった。
往事茫々。しかし、今も忘れない。


東京大空襲・・・数時間で爆弾380000発、10万人の非戦闘員を殺戮した。ヒロシマではたった数分で爆弾1発(50㎏)で15万人の非戦闘員を殺戮した。聖戦であろうとなかろうと無差別爆撃だといおうというまいと戦争とはそういうものです。
※太平洋戦争において国民総動員法に基づいて長野県諏訪市の軍需工場に学徒勤労動員された中学生の話です。
学徒勤労動員・・・国民総動員法に基づき閣議決定された制度。高等小学校、中等学校以上20歳まで、軍需工場の武器生産、農村の食料生産のために学業中途で配置された。まだ14~15歳の判断力もつかないいたいけな少年少女が工場で銃剣や弾丸を磨いていました。
小仏トンネル・・・中央本線相模湖駅と浅川駅(現高尾駅)の間のトンネル、神奈川県と東京都の境界。
※コメントの主は私の兄です。当時、旧制中学3年生?、母が襤褸切れに綿を詰めた防空頭巾というものを作って持たせたことだけ覚えています。父は応召中。中学1年生の兄は農村で農作業の勤労動員(農村では働き盛りの男の人は兵隊さんで応召し働き手がいなかった)。


いくさが終わり、陸軍中尉であった父は大尉(ポツダム大尉といい終戦時に兵役にいたものは自動的に1階級上がったが、そのことは富にも名誉にも無関係でむしろマイナスになった)になって帰ってきた。兄たちも本来の中学生生活に戻った。企業統制もあり家の生活も変わった。時代の変遷に合わせて生きていくためにそれなりに父も母も一生懸命に働いた。父や母や兄たちからあの戦争が何であったかを聞いたことがなかった。暗黙のうちに思いを共有していたのであろう。


3月10日東京大空襲の記憶、長崎、広島と共にその記憶を風化させてはならない。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

東京大空襲を・・・風化させないで・・・後に続く世代のために

2013-03-10 | 語り継ぐ責任・・・東京大空襲
今日、3月10日は68年前の1945年3月10日、日本の首都東京に米軍の大空襲が行われた日です。10万人もの命が奪われました。
今日の新聞、テレビ・・・不思議なことにこのことに触れている特集がありません。3月11日の東日本大震災の特集一色です。
8月6日「広島原爆の日」、8月9日「長崎原爆の日」には式典が行われ、外国の要人、政府の要人も参列します。
日本最大の都市が空襲され、10万人もの人が犠牲になったというのに国を挙げて、都を挙げての式典があるかどうかはわたしには不明です。



今年もまた哀悼の意を捧げます。

・・・黙祷・・・

2012.3.10・・・「哀しみの東京大空襲」
2011.04.13・・・桜の上野公園で・・・「哀しみの東京大空襲」の慰霊碑を見た
2011.03.10・・・3月10日・・・東京大空襲・・・記憶のファイルから消さないで
2010.04.10・・・上野の森で・・・悲しい時を忘れないために・ 時忘れじの塔
2010.03.10・・・今日は何の日・・・東京大空襲の日
09.12.08・・・東京大空襲・・・集団提訴・・・国民皆兵ではなかったのか・
09.08.15・・・8月15日・・・古い日本が亡くなった日・・・ラストメッセージ・・・・・・「ガラスのうさぎ」高木敏子さんのこと
09.03.10・・・3月10日・・・東京大空襲・・・東京忌
08.03.15・・・3月10日・東京大空襲・語られなかった33枚の真実・・・石川紅陽のこと
08.03.10・・・東京大空襲・・・63年前の3月10日
07.03.10・・・東京大空襲・・・「3.10の日」

3月8日朝日新聞の投書欄「声」に早乙女勝元さんの投書が載せられていました。無断ですがこのブログに転載させていただきました。

早乙女勝元さん・・・作家、児童文学者、1932年東京生まれ、12歳のとき東京大空襲を経験、1946年義務教育終了後、少年工として働きながら旧制都立第七中学で学ぶ。1952年「下町の故郷」で直木賞候補。1970年「東京空襲を記録する会」を結成。小説、児童文学で数々の名作を発表、1963年、山田洋二監督の映画「下町の太陽」(倍賞千恵子主演)の原案・構成に協力。

★「語り継ぐ責任」だけ見たい方は→こちらをクリック
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

哀しみの東京大空襲

2012-03-10 | 語り継ぐ責任・・・東京大空襲
今日は何の日。1945年3月10日、午前0時07分東京大空襲の日です。

・・・黙祷・・・

2011.04.13・・・桜の上野公園で・・・「哀しみの東京大空襲」の慰霊碑を見た
2011.03.10・・・3月10日・・・東京大空襲・・・記憶のファイルから消さないで
2010.04.10・・・上野の森で・・・悲しい時を忘れないために・ 時忘れじの塔
2010.03.10・・・今日は何の日・・・東京大空襲の日
09.12.08・・・東京大空襲・・・集団提訴・・・国民皆兵ではなかったのか・
09.08.15・・・8月15日・・・古い日本が亡くなった日・・・ラストメッセージ・・・・・・「ガラスのうさぎ」高木敏子さんのこと
09.03.10・・・3月10日・・・東京大空襲・・・東京忌
08.03.15・・・3月10日・東京大空襲・語られなかった33枚の真実・・・石川紅陽のこと
08.03.10・・・東京大空襲・・・63年前の3月10日
07.03.10・・・東京大空襲・・・「3.10の日」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の上野公園で・・・「哀しみの東京大空襲」の慰霊碑を見た

2011-04-13 | 語り継ぐ責任・・・東京大空襲
4月9日、久しぶりの東京です。
旧友がなんか理由をつけて一堂に会しああだこうだいう会が毎年この時期にあり、大震災のこんな時期にと思い幹事の1人に聞いてみましたら、こんな時だからこそやろうといわれて出てきました。
時間より早く出て上野公園の散歩です。
あいにくの雨のせいか、それとも〇〇知事がいったせいなのかわかりませんが、静かです。自粛云々は人に言われる筋合いはなく、大きなお世話なので、一人一人考えればいい問題ですが、わたし的には馬鹿騒ぎはあまり好きではないです。花は静かに愛でるのがいいですね。
外国人も多いです。日本のお花見も文化なのでしょうか。

JR鶯谷駅から上野忍ヶ岡中学校に沿って上がり左に曲っていくと現龍院墓地の前に・・・碑が建っています。

「慰霊碑・・・哀しみの東京大空襲です。
2005年、海老名香葉子さんと有志一同が建立しました。碑文に記された言葉です。

前略・・・今、終戦から六十年の歳月が経ち、こうした生々しい記憶が次第に薄れいきつつある時、下町の焦土化を見守り、そこでの無辜の犠牲者を温かく迎えたこの上野の山に、私たちは心からの慰霊碑を建て、東京全域に亘る悲惨な犠牲者の霊を弔い、これからの日本を支えていく若い人々に、この哀しみの心を伝えて生きたいと希っているのです


平和の母子像「時忘れじの塔
2005年、海老名香葉子さんと有志一同が建立しました。上野駅から上野の山に入ってすぐにあります。
広島には原爆ドームが、長崎には平和祈念像があります。
いつかかこの「時忘れじの塔」が東京から平和を願う発信塔になることを願っています。


「時忘れじの塔」と海老名香葉子さんについては昨年の4月10日のブログ《上野の森で・・・悲しい時を忘れないために・ 時忘れじの塔》、4月17日のブログ《海老名香葉子さんの本「半分のサツマイモ」を読んだ》をごらんください。

関東大震災(死者14万人)は天災です。東京大空襲(死者10万人)は人災です。人災は人々が努力すれば止めることができるかも知れません。今の平和な時代の時をつなげるためにどうしたらいいでしょうか。

天災は言いようのない悲しみ。
  人災は言いようのない怒り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加