比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

司馬遼太郎・・・菜の花忌

2010-02-12 | 今日は何の日
新聞を読んでいたら司馬遼太郎「菜の花忌」のことが出ていました。司馬遼太郎・・・1996年2月12日没。「菜の花」と名づけたのは幕末の北前船の豪商高田屋嘉兵衛のことを書いた「菜の花の沖」にちなんでか。
司馬遼太郎・・・熱心な読者でもないし、読んでいない作品もいっぱいあるし、その内容を理解してるわけでもないし、感想をいえるような資格もありません。


太平洋戦争末期、大学から召集され戦車隊に。学徒動員ですね。促成の戦車学校を卒業して満州国牡丹江省の戦車隊に配属されます。戦車の運転もおぼつかない大砲の照準も合わせられないヒドイ即席少尉だったそうです。ソ満国境からソ連軍の進攻が予測される中、なぜか関東軍の転進?のため栃木県の佐野市に。戦車隊の本拠は佐野小学校、九十九里浜か湘南海岸に米軍が上陸するという想定だったそうです。そして敗戦の日に。戦わずして生き延びた。
生き延びたのは司馬さんのせいではありません。

このことがそのご22歳からの司馬さんの生きるテーマになったのでしょうか。司馬さんはそのごの執筆活動を22歳の自分への手紙と語っています。

司馬史観といいます。「史観」ですから「史学」ではありません。あくまでも個人的な思い込みというのでしょうか。でも史観の前に「司馬」がつくから読む人は「個人史観」として読めばいいのです。どう思うかは人それぞれです。ちなみにわたしは「竜馬が行く」「坂の上の雲」「翔ぶが如く」読んでいません。
この人の本は保守党の大物議員や財界の大物に絶賛され、民主的な考え方の人にも好かれ、右翼にも左翼にも嫌われています。ヘンです。
満州の戦車隊の経験を生かして、ノモンハンや731部隊やシベリア抑留のことを小説にしてほしかったですね。どう書いたでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建国記念日・・・紀元節・・・神武天皇即位日

2010-02-11 | 今日は何の日
今日は何の日・・・むかしの紀元節・・・いまは建国記念日。
今から2670年くらい前、奈良の橿原宮で天皇家の初代(神武天皇)が即位した日。
話の根拠は「日本書紀」らしい(もちろん読んだことはない)。

              「紀元節」
     雲にそびゆる千穂の嶺オロシに艸(クサ)も木も
      靡き伏しけん大御世を仰ぐ今日こそ樂しけれ
                        (高崎正風作詞・伊澤修二作曲 明治21年小学唱歌)

日本書紀によれば神武天皇45歳のとき日向高千穂から東征を決意し瀬戸内海を東進、近畿の難波碕で上陸、抵抗勢力の長髄彦(ナガスネヒコ)に敗れ撤退、紀州那智勝浦の荒坂津に上陸、八咫烏(ヤタガラス・・・近畿勢力に圧迫された熊野の山道に精通した山の民?)の道案内で北上、今度は長髄彦を破り橿原に居つきます。侵略・略奪による進駐軍の居座り?ガザ地区に入植したイスラエルみたい。天皇家に背く逆賊として殺された長髄彦は哀れ。

橿原宮に奥さんと居を構え初代天皇家と名乗った年が辛酉年庚春朔・・・推古天皇9年から遡って1260年(還暦21回)前、BC660年といいます。つまりそれが日本建国の日。どうしてそういう計算をしたのかわかりません。春朔は旧暦正月一日。

ちなみに日本書紀は720年完成の舎人親王の作成による歴史書。影のプロジューサーは当時の天皇家のスタッフの最高権力者藤原不比等といわれます。一説によれば古事記の作者稗田阿礼は不比等とも。歴史を為政者に都合よく改竄する始まり? 不比等の系譜は宮廷内で公家として昭和の敗戦時(近衛公の自決)まで続きます。

話を元に戻そう。高千穂・・・ってどこでしょう。日向の国といいます。今の宮崎の国名ですが、日向(ヒムカ、ヒムキ、ヒナタ)という地名は全国いたるところにあります。九州だけでも50例近くあるようです。高千穂とは高い多くの山の頂ということです。困りました。天孫族の降臨地や饅頭屋さんの元祖は先に名乗ったところが勝ち?
神武一族はどこから出陣したのでしょう。建国元年はBC5世紀、吉野ヶ里遺跡は弥生式時代(BC10世紀からAC300年代)。さらに邪馬台国、卑弥呼の時代はAC3世紀の初めごろといわれますから、その関係はどうなるんでしょう。アタマが痛くなった
さらに頭が痛くなるのは神武天皇の系譜です。天地開闢で生まれた七世の最後はイザナミ・・・そこから何代かあとの血筋らしい。謎は深まるばかりだ。

漢字が中国から輸入され実用化されるようになったのは5世紀、天皇の生没、在位などが文字に残されるようになったのは飛鳥時代29代欽明天皇(507~571年)の時代から。神武天皇から28代までの約1200年の神話時代、古代王朝時代は文字による記録はないようです。口伝(伝承)です。つまり為政者に都合のいいフィクションもできるわけです。

長々と話しました。問題はそれを国民の祝日にしたことです。明治政府は1872年紀元節と定め、1891年小学校で祝日大祭に、1914年全国の神社で大祭を行うようになります。つまり封建時代から近代国家に生まれ変わるとき立憲君主国として国の象徴の権威づけが必要だったのです。まあ神話の世界なんて誰も信用していなかったようですし、笑い話のうちはよかったのですがね。皇紀2600年祭を1940年に盛大に行うようになるとおかしくなります。シンワをシンケンにシンじろというようになるのです。逆らう奴はアカとして逮捕です。翌1941年太平洋戦争に突入します。なお2月11日にしたのは根拠はないようです。

1945年太平洋戦争敗戦とともに廃止。1967年「建国記念日」として復活。復活の理由づけはわかりません。今の定説では建国元年BC660年説や神武天皇存在説は否定されているようです。つまり科学的根拠がないのです。学校教育で理科や算数や歴史や考古学を教えていて実証できないものを教えるのは無理があります。唯心論と唯物論。形而上学と形而下学。天動説と地動説。わたし的には神話の世界はロマンがあり好きです。でも科学的根拠のないものを信じたり信じなかったりするのは哲学の世界です。人の心を一本化するのは無理があります。

ちなみに皇室はこの行事を公式には行っていないようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森とオーケストラ・・・今日は「みどりの日?」

2008-04-30 | 今日は何の日
08年4月29日去年から「昭和の日」・・おととしまでは「みどりの日」、昔は「天皇誕生日」。
みどり豊かな群馬県立公園「群馬の森」に行ってきました。


群馬交響楽団の「森とオーケストラ」。今年で第29回。「みどりの日」にふさわしい鬱蒼とした森の中で市民が「みどり」と渾然一体になった音楽祭です。なぜか「昭和の日」の「森のオーケストラ」って語呂がよくないですね。
広い芝生に思い思いにシートを敷いて楽しんでいます。
ここでは多少ガヤガヤしても「シーッ」なんていう人はいません。

画像クリック・・・大変な数の聴衆です。大きな森の木の下が特等席です。

群馬交響楽団・・1945年太平洋戦争敗戦の年に創立した高崎市民オーケストラが前身です。この楽団のことをモデルにした「ここに泉あり」という映画がありました。

「群馬の森」・・・1970着工、1980年完成した26.2haの自然林の公園。旧日本軍の造兵廠岩鼻製造所跡地。何を造ってたのでしょう。今も大きな化薬工場が隣接しています。場所は高崎市岩鼻・・江戸時代岩鼻陣屋があったところです。近くに中山道倉賀野宿、利根川舟運倉賀野川湊、日光に通ずる例弊使街道の起点がありました。

今日は朝起きして高崎市「みさと芝櫻公園」、「榛名湖」、「大笹街道大戸の関」などを回ってここにきました。

シュトラウス「春の声」、ベートーヴェン「田園交響楽」などを聴いて芝生の上でウトウト。
至福のひとときです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日の予定・・・明日は何の日

2007-04-28 | 今日は何の日
明日は何の日 
天長節だ それ何の日 
天皇誕生日だ えっ 
緑の日だ 納得
いや、違う 昭和の日だ 「ふ~ん

明日は、とりあえず「群馬の森公園」に「群響の公演」を聴きに行こう。
広い芝生広場でシートを広げて飲み物でも飲みながら「星条旗よ永遠に」アレは酔っ払いの歌なんだそうだ。

昭和の日、昭和天皇の誕生日かな。あの方も大変な人生を送った方だった。今頃になってポツリポツリと語ったことが侍従のメモ録として発表されている。「靖国合祀の問題」とか。勝手にものを喋りたかったろうな。
まっ!将軍とか天皇とかはトイレに行くとき以外は自分の意思で行動できなかったのだから仕方がないか。

ところで「大正天皇の日」がないなぁ~ これってエコ贔屓だ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は何の日・・・二百三高地陥落の日・・・乃木希典

2006-12-07 | 今日は何の日
今日は何の日。1904年12月6日は日露戦争で旅順攻略のキーポイント[二百三高地の陥落の日]です(ほんとうは昨日ですが書き込みに失敗しました)。

二百三高地といえば乃木希典将軍です。聖将とも愚将とも無能の将軍とも言われます。神社(赤坂の乃木坂で知られる)に祀られている伝説の人です。

でも乃木将軍といってもほとんどの人が知らないでしょう。何しろ101年もむかしです。明治は遠くなったのです。私自身むかし文庫本で司馬遼太郎の「殉死」という小説を読んだ程度の知識です。つい最近「乃木希典」(福田和也著)を読みました。どちらも資料を丹念に調べて書いたものと思います。
わたし的に書いて見ました。

1849年長府藩江戸上屋敷に生まれる。
1877年西南戦争で軍旗を奪われる
1894年日清戦争に、1896年台湾総督に。
   長州藩閥で山県有朋の下で順調に出世します。
1904年日露戦争に第3軍司令官として任につく。

これからが正念場です。
とにかく犠牲者の数が多いのです。室町時代からの戦国時代でもこんなに多くの戦死者は出ないでしょう。まるで兵士は消耗品です。
まず二百三高地(海抜203㍍の丘ですが旅順の後背地にあたります)をロシア側はコンクリートの分厚い要塞で固めています。機関銃がはじめて使われます。そこへ突っ込めー突っ込めーですからバタバタ倒されるわけです。武田の騎馬軍が織田信長の鉄砲隊にやっつけられたたときと同じです(長篠城の戦い)。
  第1回総攻撃8月 15800名戦傷
  第2回総攻撃10月  3830名戦傷
  第3回総攻撃11月 16935名戦傷
  二百三高地の攻撃では戦傷者総計 59000名
  日露戦争全体で戦傷者200000名ですから30%です。

結局この戦いは第3回総攻撃において総参謀長児玉源太郎が直接指揮(乃木将軍の一時的棚上げです)を執ることになり作戦の変更、砲台の設置変えなどにより12月6日二百三高地の陥落となります。翌年1月2日旅順陥落、日本海海戦勝利があり10月14日終戦となりました。
乃木大将は1907年学習院院長となります。明治天皇(3歳年上)にたいへん信頼されます。謹厳実直だったからでしょうか。ただし若いときは放蕩の限りを尽くしたといいます。
1912年(明治45年)明治天皇の崩御に殉じて夫人とともに自死します。このことも聖将の名を高めますがアナクロ(時代錯誤)という評価もあります。何しろ殉死は徳川4代将軍のとき保科正之の案で禁止(1663年)になっているのですから。でも天皇制絶対の時代に口にすることははばかられたでしょう。夏目漱石の小説「こころ」ではほんのチョット触れています。

話は長くなりました。この日清、日露戦争から大国帝政ロシア(当時ロシアは革命前夜)に勝ったという奇妙な錯覚が始まり太平洋戦争まで続くわけです。もちろんロシアの東進をストップさせたという大きな意味はあります。歴史にifは許されませんが負けていればヒサンな事になっています。それだけに兵隊さんは必死の思いで闘ったのでしょう。もう少し犠牲者の数を少なくできなかったかという思いがします。

殉死」(司馬遼太郎・文藝春秋1967年刊)
乃木希典」(福田和也・文藝春秋2004年刊)
この2冊を読み比べてどちらがどうとかの判断はお読みになった方が決めることです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文化の日・明治節

2006-11-06 | 今日は何の日
文化の日に書き込もうとしたが今日になってしまいました。
文化の日ってなんだろう。むかしの明治節の名前を変えたんだ。明治天皇のお生まれになった日です(旧暦ですと9月22日)。
嘉永5年(1852)生まれ、明治45年(1912)60才で没。
慶応3年(1867)15歳で天皇に、翌年17歳で東京に、この年が明治元年(1868)になります。
さてこの人何をした人かというと、ほとんどの人が知らないでしょう。歴史というものはそういうものです。例えば徳川15代の将軍の名前だって6人知ってれば上々です。明治維新というものはたいへんな区切りで戸籍とか地租とか憲法とかすべて新しくしたのです。明治天皇は「さようか」と言ってればよかったはずです。何しろ16才で東京へ連行されたのです。判断力などあろう筈もありません。後から徹底的に勉強はします。侍講といいます。でも立憲君主国家というものは君主は「さようか、そうせい」でいいのです。
奥さんのほかに側室が5人。子女は15人、次の天皇(大正)の母は柳原愛子様です。別に恥ずかしいことでも珍しいことでもありません。
明治天皇の時代に戊辰戦争、西南戦争と内戦があり同じ日本人が官軍と賊軍に分かれて戦います。日清戦争、日露戦争と戦争が続きますがすべてこの人が主導して起こした戦争ではありません。多くの若者が死にました。

私たちは立派な髭を生やし颯爽としたお姿の写真しか知りません。
明治天皇といえば乃木将軍です。この話はまたの機会に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本民芸館・・柳宗悦・・駒場

2006-10-24 | 今日は何の日
今日の新聞に載ってました。70年前の10月24日は日本民芸館がオープンした日です。
今年の6月のある日、友達に誘われて行ってきました。別に興味があるわけではないのですが、たまには東京へ出てみたかったのです。
場所は京王線駒場東大前駅で降ります。東京大学教養学部のあるところです。セレブのいそうなお屋敷街です。
貫禄のある館です。行列ができてました。

民芸品が並んでます。有名作家の作品ではありません。無名の人の作品です。陶磁器、織物、刺し子などあります。木彫りの仏像もあります。
柳宗悦(1889-1961)東大文学部を出たエライ人です。朝鮮の李朝陶磁器を知り、無名の人の作るものに惚れ、浜田庄司(益子焼で有名)らとともに「民芸」という言葉を創り無名の工人の作る生活雑器の美を紹介してゆきます。大原孫三郎(大原美術館の設立で有名)らの援助で日本民芸館を設立。金持ちだったのだろうな。
帰りに池袋で一杯やりました。久しぶりの東京でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加