比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

信州塩田平・・・2016無言館・・・祈りの灯

2016-08-16 | 無言館
☆「無言館」だけ見たいかたは・・・クリック

2016年8月14日夕刻、信州塩田平の独鈷山の麓、無言館の丘に立ちました。

無言館・・・戦没画学生慰霊美術館・・・先の大戦で亡くなられた画学生たちの遺作・・・絵描きのもう一つの命がここにあります。
いまは「お盆」・・・彼らの霊はもう一つの自分()と向き合ってるのでしょうか。


無言にて 「帰国」の画家の 筆供養

生きたくても生きられなかった」彼らのために、「ふたたび犠牲者を出さないように」・・・それが私たちのつとめです。

・・・8月14・15・16日の夕暮れ・・・おとずれた人の手でロウソクに明りが灯されます。
※↑4枚の写真の撮影日は2016年8月14日。
「祈り」
※↑1枚の写真の撮影日は2010年8月15日。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2015年夏・・・無言館・・・無言の人々のために・・・わたしたちは無言でいいのだろうか

2015-08-16 | 無言館
☆「無言館」だけ見たいかたは・・・クリック

8月14日、信州の夏、暑い、上田市立図書館で涼みました。
ふと手にとった本が「わたしたちの無言館」・・・立ち読みですが感動しました。

窪島誠一郎著わたしたちの無言館」(アリス館 2012年刊)



多くの人にこの無言館に来てもらいたい。
そして・・・非命ニ斃レタル者・・・に思いを寄せてほしい。


「絵」は画こうとする相手を
愛していなければ画けません




語ることのできない無言の人たちにかわって、わたしたちが語るべきことは。


※菜花さんからトラックバックでいただいたブログです。
→クリックあの日、僕らは戦場で ~少年兵の告白~」 NHKスペシャル 2015.8.11 
この番組は、2015年8月20日(木)AM 1:30~(19日深夜) NHK総合で再放送予定です。録画して見ようと思っています。

コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2015年8月・・・信州上田・・・塩田平・・・盂蘭盆会・・・無言館

2015-08-16 | 無言館

2015年8月13日、迎え盆の夕、久しぶりの「無言館」へのお詣りです。

1997年開館した信州の鎌倉・塩田平を見下ろす小高い丘の上に建つ「戦没画学生慰霊美術館 無言館」です。

信州上田の塩田平の前山寺の傍らに1979年「信濃デッサン館」という美術館を1997年開館させた窪島誠一郎さんが、フトしたことから戦争中の上野美術学校に在籍した野見山暁冶さんとの出会いがあり「無言館」という美術館をを開館します。野見山さんは美術学校を卒業の後、満州に出征、病を得て送還されます。一緒にいた兵士はどうなったでしょうか。野見山さんは戦後、絵描きになった後にもそのことが負の遺産として残ります。仲間を見殺しにして敵前逃亡したのではないかと。そしてその思いがきっかけとなり当時の絵を志した画友たちの遺した絵を捜し歩きます・・・「遺された画集 戦没画学生を訪ねる旅」(平凡社 2004年刊)にその事情が記されています。窪島さんと野見山さんの二人三脚の旅がはじまります。そうして集められた遺作の絵を展示するために作られたのが「無言館」です。


中庭にある「記憶のパレット」。
このモニュメントはここに収蔵された画学生の名前を刻んだものです。

2008年開館した無言館第二展示館「傷ついた画布のドーム」




無言にて 「帰国」の画家の 筆供養
妻の裸身 描きし画家の 魂・・・炎
 


※この日はおおぜいのかたがここを訪れていました。駐車場は満車状態。

※ブログフレンドの縄文人さんから下記のブログを紹介していただきました。
 無言館にあずられている絵画の修復wに携わっておられる絵画修復家山領まりのさんのお話しです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

上田少年少女合唱団・・・無言館の・・・「無言忌」で歌う

2015-07-03 | 無言館

     ・・・・・六文銭の写真帳・・・・・
※画像は信州の上田六文銭から提供されたものです。

上田市塩田平・・・無言館・・・いまから70年前に終わったあの戦争(太平洋戦争)で亡くなった画学生の遺作を集め慰霊するためにつくられた美術館です。
毎年6月のはじめに、その戦没画学生を慰霊する「無言忌」が行われます。
今年は6月7日、上田市少年少女合唱団上田グロリア合唱団といっしょにい歌を献じました。



館長の窪島誠一郎さんが作詞した画学生に贈る歌「あなたを知らない」(小山章三先生作曲)、そして参列者の皆さんと一緒に「ふるさと」を歌った。
(上田少年少女合唱団高詩句ブログより)





戦争の無い時代が70年続いています。この子たちの世代でも戦争の無い時代が続きますように

※この日歌われた「あなたを知らない」は1997年5月2日無言館開館の日に窪島誠一郎館主が館内の壁に掲げたメッセージ。


                                    あなたを知らない

                               遠い見知らぬ異国で死んだ 画学生よ
                               私はあなたを知らない
                               知っているのは あなたが遺したたった一枚の絵だ

                               あなたの絵は 朱い血の色にそまっているが
                               それは人の身体を流れる血ではなく
                               あなたが別れた祖国の あのふるさとの夕灼け色
                               あなたの胸をそめている 父や母の愛の色だ

                               どうか恨まないでほしい
                               どうか咽かないでほしい
                               愚かな私たちが あなたがあれほど私たちに告げたかった言葉に
                               今ようやく 五十年も経ってたどりついたことを

                               どうか許してほしい
                               五十年を生きた私たちのだれもが
                               これまで一度として
                               あなたの絵のせつない叫びに耳を傾けなかったことを

                               遠い見知らぬ異国で死んだ 画学生よ
                               私はあなたを知らない
                               知っているのは あなたが遺したたった一枚の絵だ
                               その絵に刻まれた かけがえのないあなたの生命の時間だけだ

無言館のホームページ→クリック




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2011年8月15日・・・塩田平・・・無言館

2011-08-24 | 無言館
8月15日、長い1日でした。夕刻、信州塩田平の独鈷山の麓、無言館の丘に立ちました。

いまから66年前の8月15日、日本は太平洋戦争という大きなイクサで敗れました。
その戦場で亡くなった画学生の遺作を集め慰霊するためにつくられた美術館です。

無言館の裏手に壁のようにそそりたつ独鈷山です。

田舎のお盆です。お先祖様が家に帰っています。
お盆・・・戦場で亡くなった画学生たちの霊は懐かしい故郷の家に帰っているのでしょうか。

戦争は戦場・非戦闘区域で戦闘員だけでなく一般人も含めて大量の無辜の命を奪いました。
「いまの日本の平和は彼ら犠牲者のうえに成り立っている」なんて・・・
彼らだって愛する妻や子どもたちと平穏な一生を送りたかったはずです。
「生きたくても生きられなかった」彼らのために、「ふたたび犠牲者を出さないように」・・・それが私たちのつとめです。 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

無言館の灯明・・・2010.年8月15日

2010-08-17 | 無言館
信州塩田平の8月15日・・・PM6:30・・・
無言館に登っていく丘の道から霧に包まれた夕暮れの独鈷山が・・・

畳づく 青垣、霧に 無言館

戦没画学生の慰霊美術館「無言館」
・・・8月14・15・16日の夕暮れ・・・おとずれた人の手でロウソクが灯されます。
   
無言にて 「帰国」の画家の 筆供養
妻の裸身 描きし画家の 魂・・・炎 


《夜間撮影》現代のデジカメには夜景モードという便利なものがあります。何も考えないでそれに任せたほうがいいようです。①はプログラムモード(夜景モードにするのを忘れた)F2.8,1/4秒 ②は夜景モード F6.3,6秒 ③も夜景モード F6.3,5秒・・・結果的にはプログラムモードも夜景モードも変わりませんね。
もちろん絞りもシャッター速度も器械まかせ。シャッタースピードが遅いので(わたしの場合は)三脚をしないとぜったいブレます。椅子みたいなのを借りてきてそれに押さえつけて固定してもいいです。
こうして撮った写真もかなり暗いです。パソコンの便利なソフトで少し明るくして見られるようにします。どのくらい明るくするかはそれぞれの好みです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

塩田平の朝・・・無言館

2010-07-31 | 無言館
7月20日早朝、信州塩田平・・・戦没画学生慰霊美術館「無言館」のある丘の上を歩いています。

朝6時前、誰もいません。静かです。第二展示室「画布のドーム」の前、右に「絵筆の記念碑」
傷ついた画布」のドーム正面。
絵筆の記念碑」の正面。
裏面に書いてある言葉

「絵筆の記念碑」の上に真っ赤なペンキが塗られています。数年前、無言館の前の戦没画学生の名前が刻まれた慰霊碑「記憶のパレット」が何者かに赤いペンキで汚されるということがありました。
何のためにか・・・わかりません?・・・死者の墓銘碑を貶めることは、自分を貶めることです。
赤いペンキはこの事件を記憶にとどめるためにでしょうか。

毎年8月の14~16日・・・「千本の絵筆の筆供養」が行われます。
「無言館」の正面入り口。

8月の14~16日の5時から、無言館の周りを囲んで灯明が灯されます。



丘の上から塩田平が見える。

塩田平に来るとかならずここに寄っていきます。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

塩田平・・・朝の無言館あたりの風景

2010-07-30 | 無言館
7月20日午前6時前、ここ信州の塩田平の朝はテレビも新聞もないから爽快。
塩田平というと独鈷山、その麓まで車で行って無言館のあたりを散歩。

上田市古安曾(元東塩田村)、前方の松林は戦没画学生の慰霊美術館「無言館」のある山王山。
この山の右から上田市前山(元西塩田村)、前山寺は山王山の陰に隠れているあたりです。

無言館第二展示室「傷ついた画布のドーム」の横から松林の中に入ります。
狭い谷地の中に棚田が数枚。猪よけの電流を通した鉄線が張ってありました。

丘の上、木立の間から見える塩田平。夫神岳(1250m、中央)、女神岳(926m、左)。


朝、誰もいない無言館の丘の上を歩いています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の塩田平・・・独鈷山・・・無言館

2009-11-19 | 無言館
晩秋の塩田平です。

塩田平の象徴・・・独鈷山(1266m)・・・ピークがいっぱいありますがいちばん右のピークが独鈷山かな。そのほかのピークは国土地理院の地図では名前がついていません。

山麓のズームアップ。唐松を中心にした黄葉です。
正面の茅葺風の仏閣は龍光院・・・中世の塩田庄の塩田北条氏の菩提寺。
その手前は塩田の館・・・塩田北条氏の居館跡や弘法山のあたりから出土したものを陳列。中に蕎麦処北条庵・・・ここの蕎麦は兵庫県の出石蕎麦風の皿蕎麦・・・上田藩の千石家が出石藩に転封になったとき蕎麦打ち職人も連れて行って蕎麦の普及に努めたことから。蕎麦は飢饉のときの救荒作物。ここの「おやき」もイイ
塩田北条氏三代の夢と塩田城・・・1277年鎌倉幕府執権北条氏の一族で連署(補佐役みたいなもの)も務めた義政がこの地に居を構え,以来三代に渉って統治、1333年新田義貞が鎌倉に攻めあがり鎌倉幕府滅亡とともに滅びた。そのご坂城に本拠を構える村上氏が後方の小高い山(弘法山842m)を本丸に塩田城を構築。甲州武田氏と上田を中心に抗争を繰り返し、それが川中島の戦いに発展していく。以後この地は真田氏の支配下になり廃城。

龍光院の方角から前山寺のほうに来ました。前山寺前の「信濃デッサン館」あたり。
丘の上に無言館が見えます。



子檀嶺岳(こまゆみだけ1222m)・・・マユミ・・・ニシキギの仲間ですね。

山麓は黄葉、頂上は落葉、常緑の針葉樹が混じって、その変化が三段錦という日本独特の美しさです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州・・・塩田平・・・無言館・・・鎮魂の灯明

2009-08-19 | 無言館
☆「無言館」だけ見たいかたは・・・クリック

今日は8月16日・・・送り盆の日・・・お先祖様の霊が生きているものとしばし過ごしたあと安眠の地に帰る日です。

夕なずむ塩田平を見下ろす丘の上の無言館にやって来ました。
上田市古安曾の山王山・・・小高い松林の中、未完の三重塔で有名な前山寺の近く。

無言館・・・1997年開館した戦没画学生慰霊美術館
昨年、開館した第二展示室・・・傷ついた画布のドーム・・・の前。

第二次世界大戦・・・アジア太平洋大戦において戦死した画学生の遺された絵を今も窪島誠一郎さんは蒐集(お預かり)を続けておられるようです。既存の無言館では収まりきれなくなったのでしょうか。第二展示館が2008年9月開館しました。
傷ついた画布のドーム」の展示室、そしてオリーブの図書館(25000点の蔵書)、七つの皿(レストラン)があります。七つの皿のレストランはアットホームな食堂という感じで大きな窓の外は四季の景色がいっぱい。図書室とレストランでゆっくりとした時間をすごしたくなる。そんな感じです。

第二展示館のアプローチの前庭に立つ絵筆の記念碑(名前は?)。
むかしの言葉では筆塚

右上に赤いペンキが・・・5年くらい前でしょうか。無言館の中庭に立つ「記憶のパレット」(収蔵された絵の作者たちの名前を刻んだモニュメント)が心無い人に赤いペンキで汚されるという出来事がありました。そのことを忘れないためにこの筆塚に赤いペンキを塗ったとのことです。

傷ついた画布のドームから緩い坂道を登っていくと無言館

中庭にたつ戦没画学生たちの名前を刻んだ「記憶のパレット」。

記憶のパレットの前で・・・千本の絵筆の筆供養・・・毎年8月の14~16日。

8月の14~16日の5時から、無言館の周りを囲んで灯明が。 
若いカップルがローソクに灯を点していました。

日も暮れてきました。無言館の周りを囲んだお灯明が明るく輝いています。
・・・鎮魂・・・

一つ一つの絵の間を歩く・・ムソルグスキーの「展覧会の絵」のプロムナードが聞こえてくる・・・ような・・・
絵は当然のことながら何も語りません。
この絵が何を語っているか・・・それを感ずるのは・・・見た人のそれぞれの心の問題かもしれません。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加