比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

2017の春4月・・・北海道の旅・・・釧路、ノサップ、ウトロ、美瑛、札幌・・・そして終章

2017-09-05 | 道を行く 北海道

2017年、春の北海道の旅・・・
帯広、釧路、根室、花咲、ノサップ、ウトロ・・・網走・・・旭川、美瑛、旭岳、札幌・・・。
・・・彩風人の写真帳・・・

春4月・・・釧路、根室、花咲、納沙布の海に流氷が押し寄せ、大雪や羅臼の山々は冬の装い・・・北海道のの冬は長く厳しい。
画像をコラージュして振り返ってみた。

北海道・・・その名は今から148年前の1869年に松浦武四郎の提案により名付けられたという。
松浦武四郎(1818~1888年)・・・伊勢国一志郡須川村(現松阪市)の農家の出。御師、僧籍、国学者、篆刻家、本草学者、民俗学者、地理学者、浮世絵師、登山家、探検家、さまざまな顔を持つ。青年のころ京都、江戸、中部山岳、中四国、九州、東北を歩く。27歳で帰郷するがふたたび旅立ち、28歳で鰍沢より松前に、以後42歳までに6度蝦夷地を踏み、樺太、択捉まで及んだ。「久摺日誌」他、多く日記で蝦夷地の考察文を残し、特に松前藩の場所請負人がアイヌに対して暴虐な扱いをしていることを糾弾している(場所請負…松前藩が統治する場所を民間に丸投げにして収益のみをとっていた制度…すべてではないであろうが領民に対して奴隷的な搾取をしていた請負人がいたという)。1866年江戸幕府蝦夷御用御庸、明治維新後の1869年明治政府の開拓判官、蝦夷地の県名、支庁名、郡名、村名の決定のために献策した。最初の案では北加伊道、北海道。海北道、海鳥道、東北道、千島道、日高見道・・・などの7案、その中で北加伊道・・・北海道となったという。「カイ」は武四郎が天塩川の古潭でアイヌに教えられた「カイ=この地に生まれた者」の言葉によるといわれる。

北海道を旅したとき・・・自然に入ってくる札幌とか小樽とか帯広とかいう地名。全部ではありませんがアイヌの言葉からその音を漢字に当て字したものになっています。先住者の残した貴重な地名を植民したものがそのまま残す。アイヌを愛してやまなかった松浦武四郎の心だったかもしれません。武四郎は翌1870年明治政府開拓使たちのアイヌへの偏見差別に憤り職を辞したといわれます。
「地名は先人たちの歴史を語る」・・・戦前、日本は旧満州に乃木町、東郷町とかの地名をつけました。台湾の玉山を新高山と改名しました。西欧の植民地も同じです。いまアラスカのMtマッキンレーは「デナリ」と旧名に戻しました。

ブログで紀行を記す、できるだけ人に感動を伝えたい、のちのちのガイドの端くれになって役に立ちたいと思う。アクセスや地誌など簡単に記す、北海道の場合、その地名のいわれも記したい・・・そんな気持ちで書いてみました。

美瑛のパッチワークの丘は連作障害を避ける百姓のむかしからの知恵です。畑に入って写真を撮らないでください。世界一のヒグマの密集地知床・・・ソーセージでヒグマを寄せて写真を撮る馬鹿がいるそうです。

北海道・・・自然とは何か、開拓とは何か、生きものたちとの共存とは何か・・・


※2017北北海道の春・・・の紀行はこれで終了です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年北海道の春・・・旅の終りは・・・キリンビール千歳工場でカンパ~イ!

2017-08-29 | 道を行く 北海道

2017年、春の北海道の旅・・・
帯広、釧路、根室、花咲、ノサップ、ウトロ・・・網走・・・旭川、美瑛、旭岳、札幌・・・旅の終りは千歳空港へ。
・・・彩風人の写真帳・・・

千歳空港に入る前に、チョッと寄り道。
JR千歳線「長都駅」(おさつえき)のそばにあるキリンビール北海道千歳工場・・・
長都駅から歩いても10分弱ですが千歳駅からキリンビアパーク見学用のシャトルバスがあります。

キリンビアパークの見学コース

ウマさ体感

一番搾り

昨日はサッポロビール、今日はキリンビール・・・北の大地のビールは美味い
※撮影日は2017年4月7日 Canon PowerShot G7X。

長都駅・・・おさつ駅と読みます。アイヌ語でオ・サツ・ぺツ・・・「川尻の乾いた川」という意味の表音文字。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年北海道の春・・・北の都のシンボル・・・札幌大通公園・・・幅105m、長さ1500m

2017-08-28 | 道を行く 北海道

2017年、春の北海道の旅・・・
帯広、釧路、根室、花咲、ノサップ、ウトロ・・・網走・・・旭川、美瑛、旭岳、そして札幌。
・・・彩風人の写真帳・・・

旅の終りは近い・・・札幌大通公園 午後4時53分。
日本の道100選・日本の都市公園100選・日本の景観100選・日本の歴史公園100選・・・
札幌市中央区大通り西1丁目から13丁目まで。南北に幅105m、東西に長さ1500m。
季節の花を植えた花壇、ライラック、楡の木、欅などが美しい。
※撮影日は2017年4月6日 Canon PowerShot G7X。
※1869年(明治2年)からの札幌府都市計画で街造りがはじまる。ここは条丁の町割りでいえば0条、ここから北へ北一条~、南へ南一条~。幾多の変遷を経て現在の北の都のシンボルに。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年北海道の春・・・札幌・・・「白い恋人」パーク

2017-08-27 | 道を行く 北海道

2017年、春の北海道の旅・・・
帯広、釧路、根室、花咲、ノサップ、ウトロ・・・網走・・・旭川、美瑛、旭岳、そして札幌。
4月6日、札幌ブラブラ歩き・・・札幌といえば・・・土産は「白い恋人」・・・安くて軽くてガサがあって見栄えがイイ

・・・彩風人の写真帳・・・

白い恋人」パークにやって来ました・・・(札幌市西区宮の沢2-2-11-36)







白い恋人」パーク付属設備のコンサドーレ札幌の専用サッカー練習ピッチ・・・
見たような顔が見えます。
サッカーの天才、元日本代表小野伸二・・・清水商業、浦和レッズ、オランダフェイエルノートなど・・・いまもコンサドーレ札幌の現役選手です。

白い恋人」の石屋製菓はコンサドーレ札幌のオフィシャルスポンサーです。
※撮影日は2017年4月6日 Canon PowerShot G7X。

白い恋人・・・石屋製菓が1976年発売したクッキーにチョコを挟んだお菓子。1972年の札幌オリンピック以後に急速に発展した北海道観光、それまで北海道土産といえばトラピストクッキー、八雲のバター飴がでしたが、いつのまにか北海道の定番土産になりました。安い、軽い、ネーミングがイイ、パッケージが雪の北海道をイメージさせ幻想的。味は普通です。業界で選んだ「20世紀を代表する土産品」一位に。
2011年大阪の吉本興業が「オモ白い恋人」という商品を作りました。シャレだという人もいますがパクリです。日本人の心を貶めました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年北海道の春・・・北海道の開拓を物語る・・・サッポロビール博物館

2017-08-25 | 道を行く 北海道

2017年、春の北海道の旅・・・帯広、釧路、根室、花咲、ノサップ、ウトロ・・・網走・・・旭川、美瑛、旭岳、そして札幌。
札幌・・・サツ・ポロ・ぺツ・・・乾いた、大きな、川・・・豊平川を中心とする水の少ない大きな沖積平野を指していったのでしょうか。
いつの間にかぺツが消えてサッポロに。札幌は表音文字。

・・・彩風人の写真帳・・・

さてサッポロビール博物館・・・にやって来ました。
札幌市東区北7条東9丁目・・・札幌駅から2㎞、歩いても、バスでも、タクシーでも。

ビール樽に書かれた文字組み合わせクイズ?・・・答えは最終段に。


明治の香り・・・北海道開拓使館・サッポロビール博物館・・・煉瓦造りの歴史的建造物。
1890年(明治23年)・・・札幌製糖が工場として建築。
1903年札幌麦酒が買い取って製麦工場に・・・以後1965年まで稼働。1967年開拓使麦酒記念館、1987年サッポロビール博物館に。


麦汁煮沸釜(1925年製)。



復刻札幌製麦酒、プレミアムビール。
ちなみにのマークは北極星(ポラリス)を表しているのだそうだ。
※撮影日は2017年4月6日 Canon PowerShot G7X。

サッポロビール博物館・・・明治維新の翌年の明治2年(1969年)日本政府は北海道札幌に開拓使を開設します。省と同格の中央官庁です。1876年開拓使長官であった黒田清隆の主導のもとで現在の「サッポロファクトリー」(商業施設)の地に「官営開拓使麦酒醸造所」を設立、1886年大倉商会に払下げ、1887年渋沢栄一が中心となって株式会社組織の「札幌麦酒会社」が発足。ここ「サッポロビール博物館」の煉瓦造り建造物は「札幌製糖」が1890年建造したもので1903年札幌麦酒」が買い取って製麦工場に。「札幌麦酒」は合併、併合、分割を経て現在の「サッポロビール」に。精麦工場は1965年まで稼働。1966年「開拓使麦酒記念館」・「サッポロビール園」に。1987年[サッポロビール博物館]に。
北海道の開拓を物語る歴史的建造物です。麦の生産、ビートの生産、農業政策に関連した麦酒・製糖事業など産業育成を模索した時代の遺産です。文化庁から重要文化財の指定を受けましたがリニューアルに制限を受けることから辞退して会社が維持管理に。2004年、2016年リニューアル。
黒田清隆(1840~1900年)・・・旧薩摩藩士、北海道開拓次官、のちに長官、ホーレス・ケプロンら外国人のお雇い学者、技師を招きその献策、助言を基に北海道の開拓にあたった。北海道開拓の礎を築いた有能な官吏、第2代内閣総理大臣をつとめた政治家、旧德川幕臣の榎本武揚を助命して重用した。明治期の政治家として記憶される人であったが開拓使の廃止直前に開拓使官有物払下げ事件を起こして指弾され名声は一挙に落ち、汚職と醜聞のみ記憶された。


※「麦とホップを製すればビールとゆう酒になる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017北海道・・・春の大雪山系・・・旭岳・・・地獄谷の水蒸気噴気

2017-08-24 | 道を行く 北海道

2017年、春の北海道の旅・・・帯広、釧路、根室、花咲、ノサップ、ウトロ・・・網走・・・旭川、美瑛・・・そして旭岳山麓に。
・・・彩風人の写真帳・・・

春4月の大雪山旭岳です。
いまは夏、高山植物が咲き乱れ小鳥が飛び交う・・・神々が遊ぶ天上の楽園・・・もう秋の気配が。
旭岳・・・標高2291m、北海道の最高峰、本州なら中低山ですが植物の緯度分布のため、北海道では1500mぐらいから森林限界の上になり高山の様相になります。
本州の冬鳥が北海道では夏鳥として高山を飛び交います。

夏にぜひ訪れてみてください。

地獄谷の低部・・・水蒸気を噴き出す噴気口。



ていねいな説明板・・・旭岳は約1万年前に形成、500~600年前に山頂が大崩落、火口部が露出して馬蹄形の地獄谷を形成。
地獄谷の底に水蒸気噴気口(硫化水素も含む)。姿見池、鏡池などいくつかの火口湖。周辺には高層湿原が。

大雪山をあとに旭川に戻り電車で札幌に向かいます・・・振り返れば大雪山系旭岳・・・眼下に忠別川。
※撮影日は2017年4月5日 FUJIFIRM X-T10 14~140㎜。

北海道の山の名前・・・先住民族のアイヌは文字を持ちませんから地名、山の名前は特につけなかったようです。山の名前は明治時代になり和人がつけています。大雪山の名前は1899年の書物に見られ命名者は小説家の松原二十三階堂といわれ旭岳の名前は旭川に因んで、詩人の大町桂月に因んだ桂月岳が。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017北海道・・・春の大雪山系・・・旭岳

2017-08-23 | 道を行く 北海道

2017年、春の北海道の旅・・・帯広、釧路、根室、花咲、ノサップ、ウトロ・・・網走・・・旭川、美瑛・・・そして旭岳山麓に。
・・・彩風人の写真帳・・・

大雪山・・・国土地理院のネット地図で見ると石狩山地と記されています。大雪山という山はありません。広義では石狩山地大雪山系、北大雪、東大雪、表大雪、十勝連峰までの火山群を大雪山。狭義では石狩川と忠別川の上流に囲まれた旭岳を筆頭とする火山群の旭岳連峰を大雪山と。アイヌ語でヌタプカウシペ(松浦武四郎の記述)・・・川の屈曲した奥。振り仮名はタイセツダイセツか?・・・国土地理院はタイセツザン、公園名はダイセツザン国立公園・・・その他いろいろ・・・入り混じって使われています。

旭岳ロープウエイ「姿見駅」前から、右のなだらかに見える頂が
北海道の最高峰旭岳(2291m)です。

地獄谷の尾根の下・・・噴気口から蒸気噴煙がみえます。



旭岳ロープウエイ「姿見駅」の鳥瞰図の看板。
※撮影日は2017年4月5日 FUJIFIRM X-T10 14~140㎜。

4月上旬といってもまだ冬。夏ならば高山植物が咲き乱れギンザンマシコ、ノゴマ、コマドリが美しい鳴き声を聞かせてくれる天上の楽園です。


※コメント欄クローズしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017北海道・・・春といってもまだ冬・・・大雪山系旭岳・・・姿見駅

2017-08-22 | 道を行く 北海道


2017年、春の北海道の旅・・・帯広、釧路、根室、花咲、ノサップ、ウトロ・・・網走・・・旭川、美瑛。
・・・彩風人の写真帳・・・

4月5日レンタカーで雪に覆われた「日本で最も美しい村連合」加盟の「美瑛」に。
ケンとメリーの木、北西の丘、セブンスターの木、三愛の丘、新栄の丘・・・と美瑛のイイとこどり。そして最後にマイルドセブンの丘・・・さて旭川にユーターン。

美瑛から旭川に向かう途中、東に大雪山系旭岳が見えます。そうだ旭岳に行ってみよう。
国道237号線、北美瑛あたりから道道213号線を東に、チョッとした山を越え忠別川左岸、忠別湖を過ぎて道道1116号線に、旭岳温泉、旭岳ロープウエイ旭岳駅、ここまで北美瑛から32㎞、約40分。
※画像クリックで旭岳ズームアップ。

ロープウエイで旭岳の姿見駅に行きます。貸長靴代300円。
旭岳駅標高1100m、姿見駅標高1600m、比高約500m。


片道約10分の空中散歩です。

標高1600mの姿見駅

駅周辺、周回路を整備する雪上車。

旭岳(2291m)を正面に見て。周回路の案内標。
※撮影日は2017年4月5日 FUJIFIRM X-T10 14~140㎜。

4月上旬といってもまだ冬。夏ならば高山植物が咲き乱れギンザンマシコ、ノゴマ、コマドリが美しい鳴き声を聞かせてくれる天上の楽園です。



※コメント欄クローズしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・北海道・・・春の美瑛・・・青空と・・・雪融けの大地と・・唐松林の丘

2017-08-04 | 道を行く 北海道

2017年春の北海道の旅・・・帯広、釧路、根室、花咲、ノサップ、ウトロ・・・網走・・・旭川。
4月5日レンタカーで雪に覆われた「日本で最も美しい村連合」加盟の「美瑛」に。
ケンとメリーの木、北西の丘、セブンスターの木、三愛の丘、新栄の丘・・・と美瑛のイイとこどり。そして最後にマイルドセブンの丘

・・・彩風人の写真帳・・・

紺碧の大空と・・・雪融けの大地と・・・丘の上の落葉松林・・・


※撮影日は2017年4月5日 FUJIFIRM X-T10 14~140㎜。
マイルドセブンの丘・・・1977年旧専売公社のタバコ「マイルドセブン」のCMにこの風景が撮影されたことから「マイルドセブンの丘」と呼ばれるように。
美瑛町・・・1887年上川原野一帯の植民地区事業がはじめられ1894年旭地区、1995年原野地区で開墾がはじまる。1900年美瑛村、1940年美瑛町。町名の由来はアイヌ語でピエィ(脂っこい川・・・硫黄を含んだ濁った川)を・・・表音文字にしたもの。旭川市から約25㎞、人口10286人。

カラマツ林・・明治初期1871年日本政府に招かれて来日したアメリカ人のお雇い技師ホーレス・ケプロン(1804~1885年)が北海道を視察、道路開発、鉱業、工業、農業、水産など総合的な開拓事業提言をした。現在の北海道に顕著な農地の境界林は防風林として造成されたもの。動物たちの棲み処、けもの道としても配慮されてるとも。特に根釧台地の格子状防風林は最大幅180m、総延長648㎞・・・北海道の歴史的遺産に指定。その後、各地の防風林は開発により切れ目ができたりして、それがマイルドセブンの丘のような景観になっている。
ケンとメリーの木、セブンスターの木、クリスマスツリーの木など・・・防風林というより農地境界の目印的なものではないかと思う。樹種も多様。
哲学の木・・・という木があったそうだ。カメラ的にいいロケーションでカメラマンが押し掛け、畑地に入るなどマナー違反があり立ち入り禁止に、やがて伐採されたそうだ・・・悲しい話。

※2005年5月訪れた美瑛・富良野の思い出です→クリック




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017・北海道・・・春の美瑛・・・新栄の丘

2017-08-02 | 道を行く 北海道

2017年春の北海道の旅・・・帯広、釧路、根室、花咲、ノサップ、ウトロ・・・網走・・・旭川。
4月5日レンタカーで雪に覆われた「日本で最も美しい村連合」加盟の「美瑛」に。
パノラマロード・・・美馬牛駅付近から・・・新栄の丘に・・・
・・・彩風人の写真帳・・・

雪の中に1本・・・ポツンと・・・クリスマスツリーの木・・・

牧草ロール(約400㎏)に目鼻を入れて作ったロールちゃん・・・


※撮影日は2017年4月5日 FUJIFIRM X-T10 14~140㎜。

新栄の丘展望公園・・・美瑛町美馬牛新栄 乗用車、バスの駐車場、トイレ、売店。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加