比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

安曇野の風物詩・・・道祖神・・・大王わさび農場・万水川の畔の道祖神を尋ねる

2018-06-19 | 信濃の国は
初夏の1日、安曇野の道祖神巡礼・・・
路傍の神様・・・道祖神・・・全国煮広く分布していますが関東・甲信越に特に多いそうです。長野県内で4000基、松本平で1000基、その中で安曇野市に・・900体近くあるそうです。
中国伝来のもののようですが神様や仏様と融合したりして変遷してきました。集落の境の結界に塞の神(悪魔に対するガードマン)、道の交差点に道中安全の神、子孫繁栄の神(餅つき神)。
道祖神といえば双体道祖神・・男女の神様が仲よく抱擁してるのを思い出すでしょうが、単体もありますし文字道祖神もあります。
明治時代に入り政府は迷信として排斥して撤去を進め、さらに現在は道路整備により撤去、移転を余儀なくされ、貴重な歴史遺産が消えようとしています。移転されたものは寺社の境内、集落の共有土地、私有地などで保存、また小さな道路のものはそのまま残存、わたしたちの目に留まることがあります。

信州上田の・・・六文銭の写真帳

安曇野市穂高等々力の大王わさび農場内を流れる万水川、その流れの畔・・・道祖神。脇に並んで馬頭観音?

大王わさび農場内には9基の道祖神があります。

多くの道祖神は建立年不詳です。石工の銘はありませんが伊那の高遠の石工が彫ったものが多いといわれています。
※撮影は2017年6月29日。


※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の信州・・・安曇野の原風景・・・黒沢映画「夢・・・水車のある村」の舞台

2018-06-18 | 信濃の国は
信州上田の・・・六文銭の写真帳

安曇野市穂高の大王わさび農場内を流れる万水川(よろずいがわ)、蓼川の合流点にある水車です。
日本映画界の巨匠黒沢明監督のオムニバス映画「」(1990年公開)の最終章「水車のある村」で撮影された水車小屋です。









※撮影は2017年6月29日。
大王わさび農場・・・1917年に砂礫主体の荒れ地15㌶を開拓して開場したワサビ農場。1970年代ごろから売店、散策路を作って公園化、現在年間120万人が訪れる観光農場に。「大王」の名前は安曇地方に古くから伝わる魏石鬼八面大王伝説に因んで。この大王については善玉であったり悪役玉であったり諸説ありよくワカラナイ。農場内に大王神社がある。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の信州・・・安曇野扇状地・・・自然の恵みと人々の知恵と汗・・・ワサビ畑とニジマス養魚池の風景

2018-06-17 | 信濃の国は
信州上田の・・・六文銭の写真帳

信州・・・安曇野・・・飛騨山脈から流れ落ちる信濃川水系の梓川、中房川、烏川、万水川、高瀬川の水に運ばれた砂礫が宏大な扇状地を形成し広がっています。扇状地に流れ出した水の一部は伏流水となって地中を流れ扇端地で湧水となって吹き上がります。人々はこの地形を生かしてワサビの栽培ニジマスの養殖を営んできました。こうした地形は長野県でもこの地域限定です。

湧水の流れる平地での栽培は安曇野市穂高地区特有のもの。ワサビ栽培の多くは山あいの渓流からの棚田栽培です。
ワサビの栽培は明治の中期、鉄道の開通により中央商圏への流通が可能になったことから商品化して、本格的にはじまりました。


ワサビ生産県別ランク・・・①長野(38%) ②岩手(23%) ③静岡(22%

安曇野の人々は旧来のナシ畑や桑畑を転用してワサビ栽培に切り替えた。
湧水の年間水温12~13℃前後、低水温、低栄養水質が病害を防ぎ、夏の高温期は寒冷紗で直射日光を遮っている。


扇状地の低水温の豊富な伏流水の湧水を利用したニジマスの養殖
※ニジマスが日本に持ち込まれたのは1877年アメリカから。
長野県では1926年県立犀川孵化研究所(現長野県水産試験所)が明科町(現安曇野市)で種苗、養殖技術の開発研究をはじめた。
本格的に民間で養殖がはじめられるようになったのは大平洋戦争の終ったあとの1950年代から。


ニジマス生産県別ランク・・・①静岡(22%) ②長野(16%) ③山梨(14%)
※撮影は2017年6月29日。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月の庭・・・ルドベキア

2018-06-17 | 趣味の園芸

いつのまにか庭にルドベキアが咲いてました。


 
ルドベキア・・・キク科オオハンゴンソウ属、北米原産、宿根草。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の安曇野・・・「安曇野ちひろ公園 トットちゃん広場」・・・懐かしい昭和の電車

2018-06-16 | 鉄道・駅の風景
信州上田の・・・六文銭の写真帳

信州安曇野・・・松川村の「ちひろ美術館 安曇野」にやってきました。


1997年設立の「ちひろ美術館 安曇野」のとなりの「安曇野ちひろ公園」・・・トットちゃん広場トットちゃんの電車の図書室です。
園内に静態保存の懐かしい昭和の匂いのする「モハ604」電車です。車内には絵本などがあります。

1927~1986年、昭和の初めから終りまで長野電鉄、上田交通で活躍した電車です。







シロタエギク・・・キク科キオン属、耐寒性多年草、原産地は南ヨーロッパ、茎や葉は白い繊毛におおわれている。
※撮影は2017年6月30日。
《参考》
松川村・安曇野ちひろ公園 公式サイトクリック
安曇野ちひろ公園 観光案内 公式サイトクリック
※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月の花・・・お隣りの・・・アジサイ

2018-06-16 | 趣味の園芸

道路を越えてお隣りの玄関横のアジサイです。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信濃路・・・JR大糸線に沿って・・・仁科三湖の中綱湖、木崎湖・・・駅のある風景 

2018-06-15 | 鉄道・駅の風景
信州上田の・・・六文銭の写真帳

長野県大町市北端、かつて、この地は仁科と呼ばれ(仁は赤土、科は傾斜地、階段状の土地)、仁科三湖と呼ばれる三つの湖(青木湖、中綱湖、木崎湖、断層の割れ目にできた構造湖)があります。その青木湖の北端を境にして北は白馬村、糸魚川に流れる姫川水系と信濃川水系との分水嶺。この谷は地質学でいうフォッサ・マグナ(中央大地溝帯)の西縁(糸魚川~静岡線)。
国道148号線(千国街道、糸魚川街道)ぎわを車で見て歩きました。

中綱湖前にある・・・JR大糸線簗場駅・・・大町市中綱。1929年開業、1日の乗客数23人、無人駅。鹿島槍スキー場前。

中綱湖・・・仁科三湖の真ん中、いちばん小さな湖、14㌶、標高815m。

JR東日本HB-E300系「リゾートビューふるさと」が安曇野、仁科三湖のひとつ、木崎湖の畔を走っています。

木崎湖・・・仁科三湖のいちばん南、169㌶、標高764m。

木崎湖前の・・・JR大糸線稲尾駅・・・大町市稲尾。1960年開業、1日の乗客数6人。無人駅。
※撮影は2017年6月30日。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月13日・あんずの収穫・・・アンズジャム作りました

2018-06-15 | 美味しいブログ

杏ジャム作りました。
二つ割にして種を除き、てきとうに切り刻んで。砂糖(30~50%)を加えて煮る(私の場合は、レンジでチン)。

※砂糖の量はお好み、煮詰め方も形が少し残るほうがイイか煮溶かしたほうがイイかはお好み。今は冷蔵庫が普及しているので冷凍すれば保存は容易。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の安曇野・・・国設「アルプスあずみの公園」・・・ニジマス、信州サーモンを見た

2018-06-14 | 信濃の国は
信州上田の・・・六文銭の写真帳

国営「アルプスあずみの公園堀金・穂高」です。2004~2016年造園、約100㌶。

屋外水槽にニジマス、信州サーモンが泳いでいます。




※撮影は2017年6月30日。
信州サーモン・・・長野県水産試験場が開発したニジマスとブラウントラウトの一代交配種(F1種)。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月の庭・・・アンズの実がオレンジ色になってきました・・・収穫です

2018-06-14 | 趣味の園芸


約6㎏の収穫です。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の信濃路・・・安曇野・・・白馬ジャンプ台あたりで桜と白銀の山々

2018-06-13 | 信濃の国は
信州上田の・・・六文銭の写真帳

四季美しい北安曇野・・・白馬山麓・・・白馬村・・・白馬ジャンプ場あたりから・・・桜の白銀の山。







※撮影は4月21日。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月の庭・・・瑠璃菊・・・スケトシア

2018-06-13 | 趣味の園芸
いつのまにか瑠璃菊が咲いていました。



スケトシア・・・キク科の宿根草、北アメリカ南部原産。冬は地上部が枯れます。ルリギクともいいますがピンク、黄色もあるようです。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信濃路安曇野・・・桜の季節・・・白馬アルプスオートキャンプ場から・・・白馬連山と松川の清流

2018-06-12 | 信濃の国は
信州上田の・・・六文銭の写真帳

四季美しい北安曇野・・・白馬山麓・・・白馬村・・・白馬大橋あたりから・・・桜と白銀の山々。



白馬村北城・・・白馬大橋を渡った松川左岸・・・白馬アルプスオートキャンプ場






オートキャンプ場に・・・雪形の説明板・・・これだけではわかりませんね・・・山全体の写真があって→印があれば・・・
※撮影は4月21日。
※白馬アルプスオートキャンプ場・・・65台収容のオートキャンプ場、要予約、駐車料無料、テントサイト料、入場料は有料。
※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月の庭・・・ホタルブクロが咲きました

2018-06-12 | 趣味の園芸

ホタルブクロです。




※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の北安曇野・・・白馬山麓・・・小さな公園から・・・桜と白銀の山々

2018-06-11 | 信濃の国は
信州上田の・・・六文銭の写真帳

四季美しい北安曇野・・・白馬山麓・・・白馬村・・・
森上(もりうえ)集落のなかに・・・公益法人白馬村G&B海洋センターの脇の小さな公園から桜と白銀の山。

五龍岳残雪・・・武田菱の雪形が見えます。

満開の桜の樹の間から・・・唐松岳・・・


※撮影は4月21日。

※コメント欄閉じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加