比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
記事・写真の転用はご自由に。読者登録歓迎、ただし相互通信で。

厳冬の軽井沢・・・旧軽銀座の北のはずれ・・・軽井沢発祥の地・・・カナダ人宣教師ショー記念礼拝堂

2019-03-25 | 信濃の国は

信州上田の・・・六文銭の写真帳

旧軽井沢銀座の町並みが尽きる北のはずれ、旧中山道の碓氷峠の上り口、矢ヶ崎川にかかる二川橋の手前、イギリス国教聖公会のショー記念礼拝堂が。
1873年来日していたイギリス国教聖公会派の宣教師、カナダ人のアレクサンダー・クロフト・ショーが初めて軽井沢を訪れたのは1886年、その西欧風の風景、清涼な気候に魅せられて以後毎年訪れるようになり1888年大塚山に別荘を建てました。以来、外人宣教師、大使館員や政財界の著名人が別荘を建てるようになり、廃宿になった軽井沢宿は商店街となり甦り発展しました。
近代の軽井沢の発祥の地として町が保存・管理、顕彰しています。

1888年大塚山に建てたショー師の別荘です。軽井沢における別荘1号です。

避暑、別荘、バケイション、ホリデイ・・・西欧人、中国の有産階級にあった風習です。英国の有産階級が夏にハイランド地方、湖水地方に夏休みするとか、パリやロンドンなどの大都市が夏になると閑散とするとか、ということを聞いたことがあります。明治の初めに来た西欧人にとっては日本の温帯が亜熱帯、熱帯になる、夏日とか、熱帯夜とかは耐えられない気候であったと察しられます。ショー師は「軽井沢は屋根のない病院」と讃えました。ショー師の勧めもあって日本に派遣された宣教師、外交官、商社員が冷涼な軽井沢に別荘を求めた・・彼らの経済的な地位ではそれが容易であったと思います。日本の有産階級がそれに倣ったことで避暑、別荘という日本では新しい概念が生まれました。それまでの日本には家屋をあけっぱなしにするとか打ち水とか夕涼みとかで暑さをしのぐ風習しかなかったのです。軽井沢の地は関東大震災で湘南、箱根の地が被害を蒙ったことでますます発展しました。

1895年この地に建てた礼拝堂です。







1902年に没したショウ師の功績を讃えて地元民が1903年建立した顕彰碑です。日本語・英語で記されています。

※撮影日は1月17日。
☆ショー宣教師が軽井沢に訪れたころ・・・1885年上野~横川間の鉄道開通。1886年碓氷新道開削(現国道18号線旧道)、ショー師が初めて軽井沢を訪れたのは1886年、横川までは汽車で行けたようです。碓氷新道を徒歩で登って行ったのでしょうか。1888年馬車鉄道開通、1893年アプト式鉄道が横川駅~軽井沢駅間に開通します。ショー師が軽井沢に別荘を建てたのが1888年、礼拝堂を建てたのが1895年です。


※コメント欄OPEN。
コメント

春弥生・・・杏満開・・・蜂来訪

2019-03-25 | 生き物大好き

庭のアンズの木にミツバチが来ています。


※コメント欄OPEN。

コメント

春三月・・・梅に鶯ではなく・・・ミツバチのホバリング

2019-03-24 | 生き物大好き

春三月・・・豊後梅の花の満開は過ぎました。梅満開時のミツバチ訪問の思い出写真です。
花粉を丸めて団子にして後ろ脚にある花粉篭に入れて巣に運びます。


※SS 1/4000ですが翅が写っていません。
※撮影日は3月9日です。


※コメント欄OPEN。
コメント (1)

今日の料理・・・今日のランチ(昼飯)は・・・焼きうどん・・・菜花を乗せて

2019-03-24 | 美味しいブログ

今日のランチ・・・焼きうどんのうえに夕べの残りの酢豚、茹でた菜花を添えて。


※コメント欄OPEN。
コメント (1)

彩の国・・・冬の比企の里・坂戸ビオトープ・・・イカルさんがエノキの実を食べていた

2019-03-24 | 生き物大好き

彩の国坂戸・・・冬の浅羽ビオトープの散歩の思い出・・

イカルさんの群れが公園の散歩道に落ちているエノキの実を啄んでいました。



一期一会・・・今日も自然の中で生かされています・・・今日の日にありがとう。


※コメント欄OPEN。
コメント

彩の国比企の丘・・・東松山市民の森・・・の逍遥・・・アカゲラさんとの遭遇

2019-03-23 | 生き物大好き

彩の国比企の丘・・・東松山市民の森・・・の逍遥・・・

落葉樹林の中でアカゲラさんに出遭いました。


※コメント欄OPEN。
コメント (1)

厳冬の軽井沢散歩・・・旧軽銀座をブラブラと

2019-03-23 | 信濃の国は

信州上田の・・・六文銭の写真帳

厳冬の軽井沢散歩・・・軽井沢メインストリートにやってきました。バブルの時代に大いに賑わい旧軽銀座なんて呼ばれタレントの冠ショップなどが立ち並びましたが今は落ち着いた街になっています。
軽井沢駅から大通を北に真っ直ぐ進むとロータリで左に三笠通り、そのまま北に向かった道が商店街。ロータリーからつるや旅館までの500mばかり。
かつては中山道の宿場町、明治に入り廃宿になりましたが鉄道の開通、カナダ人の宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーが別荘を設けたことから多くの著名人が別荘をたて、旧宿場町は商店街として発展しました。



養蜂園のショップ。

歴史ある軽井沢写真館です。


※撮影日は1月17日。


※コメント欄閉OPEN。
コメント

厳冬の軽井沢散歩・・・雲場池を歩く

2019-03-22 | 信濃の国は

信州上田の・・・六文銭の写真帳

厳冬の軽井沢散歩です。別荘地の中の雲場池にやってきました。
雲場池・・・そのむかし(江戸時代)いまの「ホテル鹿島の森」の敷地のあたりに湧いている御膳水を源流とする小川を堰止めて池にしたという。上から見ると巨人(デーランボー)の足跡みたいな形に見えるそうです。デーランボーとは北佐久地方にいた伝説の大男らしい・・・データラボッチみたいな男かな。
軽井沢方面からは旧軽銀座のロータリーから中山道旧道を中軽井沢方面に、しばらく進むと道標があり、雲場池専用の駐車場があります。

池の周りを周回道路があります。落ち着いた雰囲気の公園です。

ドウダンツツジの冬芽。


※撮影日は1月17日。


※コメント欄OPEN。

コメント

3月の猫ビタイ園芸・・・パセリ植えます

2019-03-22 | 趣味の園芸

HCでパセリのポッド苗を買ってきて植えました。2年草ですから2年利用できます。


※コメント欄OPEN。
コメント

三月の猫ビタイ園芸・・・ルッコラの薹立ち・・・さて、どうやって食べようか

2019-03-21 | 趣味の園芸

ルッコラ(ロケット菜)の花芽(薹立ち)です・・・トリミングしてドアップにしてますがこんなに大きくありません

葉っぱをもう少し収穫するのなら、どんどん摘み取っていきます。薹は食べられるそうです。さっと湯通ししてサラダに・・・
食べ方を知ってるかたは教えてください。


※コメント欄OPEN。
コメント (4)

彩の国の春・・・北本自然観察公園の散歩・・・春になるとアオジ君の黄色が鮮やかになります

2019-03-21 | 生き物大好き

1年ぶりの北本自然観察公園の散歩・・・北本市荒井5-250。
北本自然観察公園は荒川河畔の里地里山谷地多をそのまま残し自然の生きものが自然のママに生きられるように環境を整備した公園です。
散歩するのもヨシ、野の花、野の鳥など観察するのもヨシ、みんなが楽しむ公園です。



春になるとアオジ君の黄色が鮮やかになります。
至近距離でアオジ君に逢いました。泥の中から何やら小昆虫の幼虫を突きだしたようです。

一期一会・・・今日も自然の中で生かされています・・・今日の日にありがとう。


※コメント欄OPEN。
コメント

2019雪と氷の北海道紀行・・・旅の終りは・・・十勝・帯広のスイーツ

2019-03-21 | 美味しいブログ

地球を歩く旅人・・・彩風人の写真帳

雪と氷の北海道の旅・・・旅の終りは帯広空港・・・十勝のスイーツ・・・

帯広市の「六花亭」の「マルセイバターサンド」・・・
十勝開拓の祖・依田勉三が率いる晩成社が十勝で最初に作ったバター「マルセイバタ」に因んだもの。

依田勉三(1853~1925年)・・・静岡県伊豆松崎の豪農の三男、慶応義塾で学ぶ。志を立てて仲間ら27名と1883年帯広に。冷涼の地で冷害、旱魃、病虫害と苦闘。会社組織の晩成社を立ち上げ農業、酪農、乳製品製造、畜産仁取り組んだ。晩成社は会社としては実を結ばず1932年解散したが依田の志した農業振興は十勝平野に根付き、今日を築いた。依田の名前は帯広市に町名で、大樹町に晩成の名の地名が残り、北海道神宮開拓神社に合祀され祭神に、生地伊豆松崎の聖人に。


帯広市の洋菓子店「クランベリー」の「スイートポテト」・・・


ゴチソウサマ
※撮影日は2月2日。


※コメント欄OPEN。
コメント

2019雪と氷の北海道紀行・・・十勝平野の母なる大河「十勝川」河口で・・・ジュエリーアイス

2019-03-20 | 道を行く 北海道

地球を歩く旅人・・・彩風人の写真帳

乳の流れる母なる大河「十勝川」の河口・・・酷寒の冬・・・大平洋のサンライズ・・・


河口から太平洋に流れ出した氷塊が波にもまれて様々な形を創り浜辺に打ち寄せられる。
雪と氷の北海道紀行・・・旅のフィナーレは「自然の創った氷の芸術・・・ジュエリーアイス」・・・









※撮影日は2月2日。

一期一会・・・今日も自然の中で生かされています・・・今日の日にありがとう。

⇓の画像は☆NHKテレビ「さわやか自然百景・・・冬 北海道 十勝川河口」・・・3月17日(日)AM7:45~8:00n放映より。




※コメント欄OPEN。
コメント (2)

彩の国・・・比企の丘・・・石坂の森の散歩・・・ルリビタキ君に遭った

2019-03-20 | 比企の丘から

彩の国比企の丘・・・東松山市民の森、物見山、石坂の森・・・の逍遥・・・

ルリビタキ君に出遭った。

一期一会・・・今日も自然の中で生かされています・・・今日の日にありがとう。


※コメント欄OPEN。
コメント

2019雪と氷の北海道紀行・・・十勝川河口・・・ハマシギ?のいる風景

2019-03-19 | 生き物大好き

地球を歩く旅人・・・彩風人の写真帳

十勝川河口の浜辺で・・・水鳥を見た・・・ハマシギ・・・かな?
ハマシギか? イソシギか?・・・どうでもいいことですが・・・肢の色が黒いからハマシギにきめた・・・?
※撮影日は2月2日。
ハマシギ・・・チドリ目シギ科オバシギ属ハマシギ種、約21㎝、日本へは遠くアラスカ方面から冬鳥として渡ってくるという。群で飛ぶ習性があるらしい・・・天敵に襲われたときのリスク分散であろう。群の中の1羽が猛禽に食われるのだ。名前のように海、川、干潟、湖沼の浜辺、岸辺などに生息。動物食系。

オジロワシが飛ぶこともあるようですが・・・今日は逢うことができませんでした。

むかしむかし越辺川で遭ったイソシギです。

一期一会・・・今日も自然の中で生かされています・・・今日の日にありがとう。


※コメント欄OPEN。
コメント