花ごよみ

映画、本、写真など・

クライマーズ・ハイ

2008-07-08 | 映画

監督は原田眞人。

原作の著者、横山秀夫本人が、
記者時代に遭遇した
日航機墜落事故取材の体験をもとに、
書き上げた小説の映画化。

かつてない大惨事の、
全権デスクを命じられた悠木和雅、
堤真一が演じています。



NHKのテレビドラマでは、
佐藤浩市が演じていました。
記憶に残る力強い作品でした。

日航の墜落事故後の新聞報道、
組織を相手にした主人公の心の葛藤、
熱い魂を持った新聞記者達。

新聞社の内幕が
かいま見ることができ、
興味深いものがありました。

社内に存在する
各記者達の一人一人が、
リアルな動きをみせて、
見応えある映像となっています。

県警キャップの佐山を演じた、
堺雅人の表情も印象に残りました。

現在のように携帯電話もなく
新聞社との通信の機器もないまま
事故現場の山に登るなんて。

想像を絶する現場での取材。

悠木(堤真一)自身の葛藤。

新聞社内の他の記者達との、
壮絶なせめぎ合い。
迫り来る時間との戦い。

緊張のとぎれない作品でした。










『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バラのある静物画 | トップ | モディリアーニ展 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hiro)
2008-07-09 11:54:07
面白そうな作品ですね。
私は娘が来ているので当分の間
映画館にはいけそうもありません。
kazuさんの案内で楽しませていただき
ます。
kazuさんはいろいろなところに出掛けたり
映画を見に行ったり、とてもパワフルに動かれて
いますね。羨ましいです。
なぜか忘れられない事故です。 (たんぽぽ)
2008-07-09 17:14:30
こんにちは

日航機墜落事故、なぜか忘れられない事故です。
たしか8月12日でしたよね。

520名の尊い命を失ったばかりではなく、
御遺族や日航職員、飛行機の検査担当者などの自殺、
事故処理に当たった方々の過労死、

この事故にからんだ多くの犠牲者が出ていたと
いうことを聞いています。

見てみたい映画の一つです。
hitoさんへ☆ (kazu)
2008-07-09 22:32:41
こんばんは~!

こちらにもコメント、
ありがとうございます。
娘さんが来られてるんですね。
じゃ、あんまり動けないですね。

出掛けるといっても、
行くのはたいてい近場なんですよ~!


たんぽぽさんへ☆ (kazu)
2008-07-09 22:39:59
こんばんは~!

日航機墜落事故、
未曾有の大惨事でした。

この映画は地元の新聞社の
極限の状態を描いていていました。
スクープ、命の重さ、
家族、深い内容のある映画でした。

なんだかすごい・・ (みく)
2008-07-10 16:37:02
あの悲惨な日航機墜落事故の時の事は忘れられない出来事。
そんな中の記者体験をもとに書かれた、表には見えない報道者の・・、
もうそれだけでも緊迫感、緊張感が伝わります。
主人が映画に行きたがっているので、これにしようかしら。
今日ちらっと「パイロット」の再放送で堤真一さんみたところだわ。
hiroさんの言われるように、本当にkazuさんの行動力にはいつも脱帽です。
スリムなんでしょうね・・、羨ましい。
Unknown (松風)
2008-07-10 23:25:22

いま読んでいますが
結構凄い!
映画もまた違った雰囲気なのでしょうね。

みくさんへ☆ (kazu)
2008-07-11 00:05:05
こんばんは~!

この映画、ご主人と一緒に
行かれたらいいですね。
緊張感があって、
時間、全然気にならなかったです。
堤真一さん、よかったですよ。
それに堺雅人さんの演技、
目がいいですね~!

スリムですよ。
なんで分かるのかな~!(笑)
松風さんへ☆ (kazu)
2008-07-11 00:08:10
こんばんは~!

本、読まれているんですね。
本もいいんでしょうね。
私、図書館で借りておきながら
時間的に読めなくて返却したんです。
残念です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クライマーズ・ハイ (Akira's VOICE)
舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!  
【クライマーズ・ハイ】 (日々のつぶやき)
監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 「1985年8月12日、羽田発大阪行日航123便が乗客524人を乗せ消息を絶った。 群馬か長野か・・その日山に登る予定だった北関東新聞の悠木は、日航全権デスクを任命された。 誰も経験し
クライマーズ・ハイ (映画鑑賞★日記・・・)
2008/07/05公開(07/05鑑賞)製作国:日本監督:原田眞人出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 命を追った、あの夏。
「クライマーズ・ハイ」史上最大の墜落事故を描いた怒涛の7日間のマスコミストーリー (オールマイティにコメンテート)
「クライマーズ・ハイ」は1985年8月12日に墜落した日航123便の事故を追った新聞社のデスクと記者が駆け抜けた7日間を追ったドキュメンタリーストーリーとなっている。23年前の事故は私も良く覚えているし、多くの人が犠牲となった大惨事だったが、ストーリーとしては複数...
「クライマーズ・ハイ」 チェック、ダブルチェック (はらやんの映画徒然草)
「クライマーズ・ハイ」とは登山時に興奮が極限状態にまで達し、高さへの恐怖心がなく
『クライマーズ・ハイ』 (Mooovingな日々)
クライマーズハイを見ました。原田眞人監督、堤真一、堺雅人、尾野真千子、山崎努ほか。 1985年8月12日。群馬県御巣鷹山に日航ジャンボ機123便墜落。死者520名。地元北関東新聞社は、かつてない大事故のスクープ。全権を任命されたのは、組織から離れた存...
クライマーズ・ハイ (悠雅的生活)
 チェック 、 ダブルチェック
クライマーズ・ハイ 試写会@九段會舘 (ネット社会、その光と影を追うー)
1985年8月12日。群馬県の御巣鷹山にJAL12
クライマーズ・ハイ (ネタバレ映画館)
連合赤軍も靖国も公開された年における原田眞人監督の総括。
クライマーズ・ハイ(映画館) (ひるめし。)
命を追った、あの夏。
劇場鑑賞「クライマーズ・ハイ」 (日々“是”精進!)
「クライマーズ・ハイ」を鑑賞してきました日航機墜落事件を追う新聞記者たちの1週間を描いた横山秀夫のベストセラー小説を、原田眞人監督、堤真一主演で映画化。事件を追いかける記者たちの、歴史的大事件への影響と葛藤の日々が綴られる。ストーリーは・・・1985年...
「 クライマーズ・ハイ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 原田眞人 ...
クライマーズ・ハイ (Thanksgiving Day)
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました! 今日が公開初日なんですけど、公開されたらずっと観に行こうと心に決めてたんですよ。 日航ジャンボ機墜落事故は、絶対に忘れてはならないですし、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んで、また別の視点から考え直すこともで...
映画「クライマーズ・ハイ」 (FREE TIME)
映画「クライマーズ・ハイ」を鑑賞しました。
【映画】クライマーズ・ハイ (新!やさぐれ日記)
■動機 クライマーズ・ハイならば観ないわけにいかない ■感想 原作を捻じ曲げてまで伝えたかったものは何? ■満足度 ★★★★★☆☆ おまけね ■あらすじ 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社...
『クライマーズ・ハイ』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高...
クライマーズ・ハイ 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。
クライマーズ・ハイ ( Art- Mill  あーとみる)
クライマーズ・ハイ HP http://climbershigh.gyao.jp/ 映画を観ながら、あの1985年8月、ボクは何をしていたのだろうかと思いめぐらす。日航飛行機事故のニュースは衝撃であり、テレ
クライマーズ・ハイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動一週間』  コチラの「クライマーズ・ハイ」は、「半落ち」、「出口のない海」の横山秀夫が当時地元地方新聞社の記者だった自らの体験をモトに、日航ジャンボ機墜落...
クライマーズ・ハイ(2008年、日本) (泉獺のどうでも映画批評)
 この映画は、ギャオの株主優待の試写会で観ました。 監督:原田眞人出演:堤真一、
クライマーズ・ハイ (C'est Joli)
クライマーズ・ハイ’08:日本 ◆監督: 原田眞人「魍魎の匣」「伝染歌」◆出演: 堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、滝藤賢一、でんでん、小澤征悦、西田尚美◆STORY◆1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、...
クライマーズ・ハイ (to Heart)
命を追った、 あの夏。 製作年度 2008年 上映時間 145分 原作 横山秀夫 『クライマーズ・ハイ』(文藝春秋刊) 脚本 加藤正人 成島出 原田眞人 監督 原田眞人 出演 堤真一/堺雅人/尾野真千子/高嶋政宏/山崎努/遠藤憲一/田口トモロヲ/堀部圭亮/マギー/でんでん/螢雪...
『クライマーズハイ』@丸の内TOEI (映画な日々。読書な日々。)
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそ...
クライマーズ・ハイ を観ました。 (My Favorite Things)
最近ペースがメッキリ落ちている映画鑑賞です。あー観たいのがたくさんあるのにね?まぁ仕方ないのでチョビチョビやります…。
「クライマーズ・ハイ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
記者たちの時間との戦い・緊迫感、新聞社の様々なことがひしひしと伝わって来ました。 事故のこと、事故当時の自分のことなども思い起こされましたし・・。
mini review 08348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像...
『クライマーズ・ハイ』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山に墜落した日航のジャンボ機は、死者520名の世界最大・最悪の航空機事故となった。 横山秀夫のベストセラー小説を映画化したこの作品は、その事故を巡る地元新聞記者たちの激動の一週間を綴ったもので、舞台となる新聞社は架空の...
『クライマーズ・ハイ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者52人の大惨事が起こった。北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により悠木和雅が全権デスクに任命される。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く...
「クライマーズ・ハイ」(日本 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
1985年8月12日。 羽田発大阪行き日航123便が消息を絶った運命の日。
クライマーズ・ハイ (mama)
2008年:日本 原作:横山秀夫 監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、小澤征悦 1985年8月12日、群馬県、北関東新聞社。乗員乗客524人を乗せた羽田発大阪行きの日航機123便が群馬と長野の県境に...
クライマーズ・ハイ (Yuhiの読書日記+α)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説が原作。監督は原田眞人、キャストは堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努他。 <あらすじ> 1985年8月12...
堤真一 堺雅人 / クライマーズ・ハイ (中川ホメオパシー )
ワケもなくトラック野郎 毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのキヌガワマサト担当、ブロッケンです。 横山秀夫原作の映...