花ごよみ

映画、本、写真など・

九月が永遠に続けば   沼田 まほかる

2005-06-29 | 本 な、は行(作家)
 
九月が永遠に続けば (新潮文庫)

第5回ホラーサスペンス大賞  
  
突然の一人息子の失踪、愛人の事故死、 
息子の関与があるのか?
 
母親の不安、苦渋、 
そして起こる過去の絆の亡霊。 

全体的に暗くてドロドロの世界。
でもホラーとは少し違うような… 

心の中に住む悪意を、
表面化させていくプロセスが、 
気持ち悪くて、
目を背けたくなるような… 
そんな怖さ。 

気味が悪くグロテスクな物語ですが、
文章の表現力はすばらしく、 
新人というのにまるで、
老練な作家の様な感じがします。
 
多方面への展開があり、
飽きることなく 
読み進めて行くことができました。 

ラストはちょっとありきたりな 
感じもしましたが… 

先を知りたい心の衝動を、
閉じこめることに成功。 
今思うに、後ろから、
ページを繰らなくってよかった‥







コメント (2)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

マザーリーフのつぼみ

2005-06-28 | マザーリーフ
 
まだ元気なつぼみが6つあります。
大丈夫かなあ~~
葉っぱが勢いよく成長してきています。
つぼみは置いてきぼりになるんじゃないかな。
ちょっと心配です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マザーリーフの花

2005-06-28 | マザーリーフ
 
先端が水に触れていたせいか痛んできました。 
向きを変えたんだけど……
やはり子供からの花は弱いんだなあ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花

2005-06-28 | 水彩画
 
蒸し暑い日々、  
ぐったりとした体と心を癒してくれる、 
紫陽花は 
この季節からの心遣いなのかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観音寺 (京都府福知山市)

2005-06-27 | 古寺(花など)
 
やっと紫陽花を見に行くことができました。
ぎりぎりセーフ☆ 
 
白、青、ピンク、薄紫…… 
色彩豊富な紫陽花が境内を埋め尽くす
雨が降らないので人も花も少しお疲れぎみ。
でも間に合ってよかった
 
関西花の寺,第一番のアジサイ寺です。
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

玉水ゆり園 (兵庫県篠山市)

2005-06-27 | 写真(花など)
 
10万本のユリが 
美しさを競う様に咲き乱れ、 
明るくあざやかな色彩の氾濫に圧倒されます 
   
    玉水ゆり園のHPへ 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ギュスターブ・モロー展 (兵庫県立美術館)

2005-06-25 | 美術

人間の内面を象徴的に表現する手法である
フランス象徴主義の代表的な画家。 
(1826~1898) 

フランス国立ギュスターブ・モロー美術館の所蔵品が 
神話、英雄、詩人、聖書、サロメと 
テーマ別 に分けられ展示されている。
 
神話,詩、宗教、英雄達を題材に 
自由な発想で描かれた独創的な作品。 

素描、水彩などの習作が多く出品されていて 
完成に至るまでの過程が見られて
興味深い。
 
あまりにもきらびやかな色彩、
神秘的、幻想的な世界に 
後ずさりしながらも引き込まれていく作品の数々…
 
一世紀以上も前の作品ということを感じさせない。 
 
ヨハネの生首で有名な、出現の実物は衝撃的で不気味~~ 
 
これは幾ら代表作でもじっくり鑑賞という訳にはいかず…
さっと見ました。

観客数も割と少なめで 
モローの作品から発せられる 
独特のダークな雰囲気に浸ることができました。
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

バットマン ビギンズ

2005-06-22 | 映画

クリスチャン・ベールを主演に迎え、 
バットマン誕生の伝説を描く。 

自分の目の前で 両親を殺害された
ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は 
闇の番人として悪と闘うことを決意する。 
 
バットマン誕生.... 

人間ドラマを主軸にした構成.
以前の『バットマン』シリーズとは一線を画す。 
 
リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、 
ゲイリー・オールドマンなどの演技派、 
渡辺謙の出演と話題性豊富。

ヒロインを演じるのは、トムの婚約者のケイティ・ホームズ。 
クリスチャン・ベールも何となくトム・クルーズに似ている。
 
戦闘力、道具、技術等を どういう方法で、
身につけていったのか、 
バットマンになるまでの心の葛藤や、 
子供の頃のトラウマなども描かれていて興味深い。

大金持ちのバットマン。
貧しいスパイダーマンを
思い浮かべてしまう。

コウモリは気持ち悪いから
どうかなと懸念していたのですが
あれだけ大量に出現すると徐々に慣れてきて
そんなに心配するほどでもなかった。

渡辺謙の国籍不明の言語は自分勝手に 
好きなことしゃべってるんだろうなと思い
おかしかった。 
眼力も健在☆ 

バットモービルのカーチェイスはすごくて
何台の車が蹴散らかされただろうか。 
この車、街も破壊してるよ!! 

スケールの大きい特撮シーンがいっぱいで 
ワクワクしたりハラハラしたり。。。
でも、ちょっと画面が暗すぎて、よく見えない。。 

この映画は音響効果のいい 
大画面の映画館で



コメント (8)   トラックバック (24)
この記事をはてなブックマークに追加

立葵

2005-06-21 | 水彩画
 
梅雨時の湿度の高さにめげないで
自己主張してるかのように 
きりりとした姿が美しい立葵の花 
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マザーリーフのつぼみ

2005-06-20 | マザーリーフ
 
↓の花の部分のアップです。
先端が赤くなっています。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加