花ごよみ

映画、本、写真など・

ケルベロスの肖像 海堂 尊

2013-02-28 | 本 か行(作家)

ケルベロスの肖像

バチスタシリーズの最終話。

Aiセンターを立ち上げる際に
「東城大学病院とケルベロスの塔を破壊する」と
記された脅迫状が届く。
脅迫状を送ったのは一体誰なのか?

高階病院長は田口医師に調査依頼を
Aiセンター設立の日、
事件は起きる。

田口、白鳥、姫宮、
彦根医師、桧山、
桜宮署広報課室長 斑鳩、南雲、高階病院長…

ラストということで、
今までのメンバーが勢ぞろいします。

まるで舞台のフィナーレーで、
出演者全員が挨拶するシーンのよう。

今までの登場人物、
正確には覚えていないので
戸惑ってしまうことも。
あやふやな記憶力なので…

本作では新たに、
ウルトラスーパーバイザー東堂が登場。

今回、田口、白鳥はあまり動かず。

ラストに向かう展開は
おもしろかったです。
でもまだ謎は残ったまま。



コメント (2)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

紙風船の絵

2013-02-26 | 水彩画



↑クリックで拡大できます

まだまだ戸外の空気は冷たくて
春の訪れが待ち遠しいです。

数ヶ月前からアレルギーの薬を
きちんとではないのですが、
一応服用していて、
今のところ症状がないので
もしかしたら今年は花粉症が、
発症しないのかなと、
期待していましたが、
今日はなぜか眼がかゆい。
さては花粉症かな。
違う原因だったらいいのですが。

春の訪れは花粉から
…な~んていやですね。
外は雨、春を呼ぶ雨かな。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

虚像の道化師 ガリレオ 7 東野圭吾

2013-02-24 | 本 な、は行(作家)


虚像の道化師 ガリレオ 7

「ガリレオシリーズ」の短編集。
4編から成り立っています。

第一話「幻惑す(まどわす)」
道場から転落した新興宗教の信者の男。
男が勝手に窓から飛び降りたと、
その場にいた者たちが証言。

教祖はその男に対して、
指も触れることなく、
念力で男を転落させてしまったと自首。
教祖の念力は本物か?
それともトリックなのか?
湯川が科学的にそれを見破る。

第二話「心聴る(きこえる)」
逮捕された男の供述。
幻聴のせいなのか?
幻聴の正体は?
すっきりしない事件の真相に迫ります。

第三話「偽装う(よそおう)」
ガリレオの優しさが感じられる話。
込み入った家族関係。
密室で行われた偽装された犯行に、
湯川が迫ります。

第四話「演技る(えんじる)」
凶器は芝居で使おうとしていたナイフ。
劇団の関係者にはアリバイが‥

物理学者、湯川は福山雅治、
このイメージが頭から抜けません。

全編を通し、心の迷いや、
犯罪に至るまでの動機など、
いまいち深さがなく、
なにかもう一つもの足りなく思ってしまいます。
やっぱり短編と言うことで、
仕方がないのでしょうね。

でも湯川の推理が冴える4作、
4作それぞれ楽しむことはできました。





コメント (6)   トラックバック (10)
この記事をはてなブックマークに追加

家の梅の花&豆苗

2013-02-22 | 家の植物たち
ベランダの梅の花が、
やっと一輪咲きました。
小さな植木鉢の梅ですが
春を先取りした気分でうれしいです。
この梅は以前大阪城公園で買ったもの。
ということは大阪城の梅も
そろそろ見頃かな。



一度食べてしまった豆苗を育てました。

種から上を少し残しカット、
3週間ぐらい経過したかな?
こんなに伸びました。
一番長いので約40cm位、
どれだけ伸びるのかしばらくこのまま
置いておこうと思っています。






コメント (7)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

脳男

2013-02-20 | 映画

生田斗真が主演。
感情というものを持ち合わせていない、
謎の人物“脳男“を演じます。

原作は首藤瓜於の同名小説。
並はずれた知能と、
驚くべき身体能力。

体の痛みを感じず、
人間としての感情は一切ないものの
正義のためなら、
人をあやめることさえ厭わない特異な人物。

刑事の茶屋を江口洋介、
鈴木一郎を精神鑑定する医師、
鷲谷真梨子を松雪泰子。


二階堂ふみ、染谷将太、太田莉菜等が共演。

原作は、2000年の第46回江戸川乱歩賞受賞作。
数年前にこの本を読んでいて
もう映画は見なくてもいいかと思っていましたが
ストーリーの細部は忘れてしまっているのと
実写化されたらどんな映画になるのだろうという、
興味から見に行きました。

本の感想は→こちらです。

内容は忘れていても、
脳男という衝撃的なタイトルと
鈴木一郎とうい名は
今でも強い印象があります。

生田斗真はこの謎の人物を、
無表情な目で
魅力的に表現していました。

悲しく暗い過去が明らかになるにつれ
思いがけず
少し涙ぐんでしまいました。

この映画、ありえないシーン、
残虐なシーンも多くありました。
深く考えると訳がわからなくなってしまいます。
グロいシーンは薄目で見たので、
まあ大丈夫でした。

ラストのほほ笑みは謎ですが
少し人間らしい心というものが出てきたのかな?







コメント (6)   トラックバック (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ウィンター・ホリデー 坂木 司

2013-02-18 | 本 さ、た行(作家)


ウィンター・ホリデー

ワーキングホリデーの続編。

今回は冬休みを中にして
11月から3月くらいの期間のお話。

クリスマス、お正月、バレンタインデーと、
イベントがたくさんある冬のこの季節。

この物語、前回の登場人物である
ナナちゃん、ジャスミン、雪夜を含め、
こぶちゃんはじめハチさん便で働く人たちも
みんないい人ばかりなので
安心して読めます。

主人公である元ヤンキー、
元ホストだった大和の言葉で、
書かれていて
軽くてくだけた雰囲気が
なんとなく心地よく、
読み進めることができました。

大和とまるで主婦のような
しっかりしすぎている進とのふれあい。

二人の関係が近づいたり離れたり…
ぎこちない二人が愛しいです。

ナナちゃんも一歩前に踏み出します。
ジャスミンの温かさが、
優しく心に響きます。
アルバイト大東くんもいい雰囲気。

母親である由紀子さんも今回登場。
大和、進、由紀子さんとの関係も
気になるところです。
この先の決着はあるのかな?


コメント (4)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山 みなべ岩代大梅林

2013-02-15 | 写真(花など)

もう見頃との情報を得て
白崎海洋公園から
みなべ岩代梅林へと向かいました。

こちらでは他の花より一足早く
白い花を咲かせ
春の到来を告げる、
梅の花を楽しんできました。


ここの梅林に訪れるのは初めて。
見渡す限り一面の梅。
うっすら雪で
覆われたようにも見えます。
雲海のようにも…
とにかくスケールが大きいのに
びっくりしました。
さすが和歌山県特産の
南高梅の産地です。














梅の木の下に、
青く見えているものは
落ちてきた梅の実を
受け取るためのものです。





和歌山県みなべ町西岩代
2月10日







コメント (12)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

白崎海洋公園

2013-02-13 | 写真(花など)


水仙咲く番所山から見た白崎海洋公園。

海上から見ると白い岬が
きっと奇妙な光景に見えるだろうと思います。


岬が白い石灰岩で
囲まれていて独特の景観を
成しています。




日本の渚百選に選ばれています。


白い石灰の岩石がまるで氷山のよう 




中に入れないですが
洞窟もあります。
採掘のために出来たのかな




展望台に登ると
青い海と白く輝く海岸
青と白の美しいコントラスト
見事なロケーションが
目の前に広がります。










巨大な石灰石




いい天気に恵まれて良かったです。


和歌山県日高郡由良町大引








コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

白崎海岸に咲く水仙

2013-02-11 | 写真(花など)

パソコンやっと70%位、
回復しました。
バックアップしていたデーターは
かなり前のものなので
完全復活はもう無理。
消えてしまったのは
もうあきらめるしか
仕方ないようです。

土曜日に和歌山方面に行ってきました。
まず白崎海岸の水仙群生を見に行きました。


青空と青い海、
それに冷たい風になびく可憐な水仙の花
最高のロケーションです。

天気が良かったので
美しい風景を見ることができました。












八重の水仙が多いのも
こちらの特徴になっています。


ここにはたくさんの
タヌキがいるのでビックリ!!


白崎青少年の家のある
番所山から




番所山からの風景も素晴らしいです。


2月10日

和歌山県日高郡由良町大引




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

花の絵

2013-02-05 | 水彩画


↑クリックで拡大できます

昨日は立春
春の花をアップしました。
アストロメリア
ストック
カーネーション
ガーベラです。

でも春はまだ遠く
また真冬の寒さに戻るとか、
今夜から明日にかけて
広範囲で雪の降る可能性も
あるみたいです。

ところでパソコン完全に毀れてしまいました。
修理に出したところ
データーも消失したということ
大ショックです。
復旧にも時間がかかるみたいです。

この絵は草稿したまま
放置していた絵です。
この記事はスマホから投稿します。







コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加