花ごよみ

映画、本、写真など・

萩の寺 東光院

2016-09-29 | 古寺(花など)
「萩の寺」で知られる
新西国霊場第12番札所のお寺です。

秋には境内の至る所に萩の花が咲き乱れ、
『大阪みどりの百選』にも選ばれています。

9月18日~25日には「萩まつり道了祭」が
催されていました。
今年は見頃が遅れているそうで
終了日の前日の24日の時点でも
まだ満開とは言えない状態でした。
今頃、丁度満開になっているかな?



























9月24日撮影

大阪府豊中市南桜塚





コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

超高速!参勤交代 リターンズ

2016-09-28 | 映画
「超高速!参勤交代」の続編。
監督は前回同様、本木克英。

主演の佐々木蔵之介はじめ深田恭子等
前回のキャストが今回も活躍します。

新たなキャストとして古田新太、
渡辺裕之が今回参加。



参勤交代の帰り道、
老中・松平信祝の企みにより、
窮地に陥ってしまう磐城国・湯長谷藩一行。

老中・信祝は復讐のため
湯長谷藩の壊滅を企てていた。

江戸を出発し故郷に帰る道中、
湯長谷藩一行は
湯長谷で一揆発生の情報を得る。


帰還しなければ藩の取り潰しが待っている。
目付が到着するまであと2日、、
その間に湯長谷へ帰り
一揆の収拾を目指す必要に迫られる。

行きの倍の早さで故郷へリターンするが
田畑は荒らされ、
すでに城まで乗っ取られていた。

深キョンが変わらぬ可愛さで今回も登場。
猿も可愛かったです。

陣内孝則の強烈な悪役ぶりも爽快なほど。
独特の笑い方がWOWOWの「沈まぬ太陽」で
悪役を演じているのと一緒でした。
陣内、悪役が似合います。

田舎侍なのにあまりにも
強すぎる湯長谷藩一行。
かっこいいアクションシーンもたっぷり。
結構楽しい時間を過ごせました。






コメント   トラックバック (12)
この記事をはてなブックマークに追加

弘仁寺の紫苑

2016-09-25 | 古寺(花など)
静寂な境内に建つ
威厳を感じる本堂。


優しい薄紫の紫苑の花が
ピント張り詰めた空気が漂う
境内の雰囲気を和らげていました。








紫苑とノウゼンカズラ(凌霄花)
ノウゼンカズラの漢字、難しいです。


萩も咲いています。








芙蓉


本堂によくマッチした立派な松。




9月17日撮影

奈良市虚空蔵町




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

元興寺に咲く花々

2016-09-22 | 古寺(花など)

色々な種類の花々で彩られた秋の元興寺。


萩の花











桔梗




白萩と桔梗。




芙蓉


石仏とマリーゴールド








白い彼岸花


秋明菊


ハルシャギクがまだ咲いていました。


古都祝奈良(ことほぐなら)
時空を超えたアートの祭典が
開催されていました。
舞台に設置されたアート
時間帯、見る角度によって変化するとか


極楽坊禅室・本堂では日本最古の
飛鳥時代の瓦が使われています。


元興寺の本堂
元興寺は世界遺産に登録されています。

奈良県奈良市中院町

9月17日撮影



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

怒り

2016-09-21 | 映画
原作は吉田修一の小説。
李相日監督が映画化。

渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、
綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡等が出演。

犯人未逮捕の凶悪事件が東京で発生。
現場に「怒」という文字を残していった犯人は
顔を整形し逃亡。

千葉、東京、沖縄と離れた場所に
前歴不詳の男が現れる。
犯人かと疑われるその男達に
関わりを持った人々のドラマを描いています。

犯人逃亡から1年後、
千葉で洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)の
前に前歴が不明な田代(松山ケンイチ)が現れる。




東京で優馬(妻夫木聡)は
身元不明の直人(綾野剛)と出会い、


沖縄では泉(広瀬すず)はこれも
怪しい田中(森山未來)と出会う。



俳優達それぞれが見応えのある
魅力的な演技を見せてくれました。

を読んでいたので犯人と結末は
分かっていたので
ドキドキ感はなく、
割と落ち着いて見ることができました。。

3つのストーリーが音声だけ残しつつ
他の場所へと映像が変わり
展開して行く様は
うまく作られています。

不安と疑念にとりつかれ
信じたいのに信じられない苦しさ、
人間の弱さが濃密なストーリーの中に
埋め込められていて
やりきれない哀しみと切なさが
心に深くズシンと重く残ってしまいました。








コメント (2)   トラックバック (16)
この記事をはてなブックマークに追加

稲淵の彼岸花

2016-09-20 | 写真(花など)
「日本の棚田百選」に選ばれている
明日香村稲淵地区の棚田。

秋には棚田のあぜ道に彼岸花が咲き、
素晴らしい景観が見られます。

彼岸花のピークには少し早く、
蕾も多く、まだ黄金色の
稲穂ではなかったですが
緑の稲と赤い彼岸花のコントラストも
また美しいです。




巨大な真田幸村




「案山子コンテスト」の作品




美しい棚田。






白い彼岸花






黄色の彼岸花も




バックはシオン


コスモスが咲いていました。


可愛い葛の花

奈良県高市郡明日香村稲淵

9月16日撮影





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

笠のそば畑

2016-09-17 | 写真(花など)
笠のそば畑では、
秋ののどかな風景が
広がっていました。

一面の真っ白な蕎麦の花 。

素晴らしい景観にうっとりです。



















奈良県桜井市笠

9月16日撮影




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

だれかの木琴

2016-09-17 | 映画
原作は美容師へのストーカー行為に浸る
普通の主婦を描いた井上荒野の同名小説。
原作は読んでいます。

常盤貴子と池松壮亮の共演で映画化。

監督は東陽一。


普通の主婦の小夜子が、
初めて訪れた美容院で髪をカット。

カットを担当した美容師・海斗からの
その日のうちに届いたお礼の営業メール。

そのメールに返信した小夜子は
徐々に海斗に対して
ストーカー行為に突き進んでいくことになる。
おびただしいメールの送信。
美容院への無言電話。
美容院への頻繁な訪問。
エスカレートしていくストーカー行為

主婦・小夜子には常盤貴子。



美容師・海斗役には池松壮亮。



小夜子の夫を勝村政信、
海斗の恋人には佐津川愛美。

なにを考えているのか
分からない雰囲気の海斗。

無自覚なストーカー小夜子。

夫の、妻を見て見ないふりをする
異様な冷静さ。

登場人物の行動には
なんとも言えない
気持ち悪さが漂います。

そんな中で佐津川愛美演じる
海斗の恋人が
一番普通の気持ちを
持ち合わせているように
思えてきてなんだかほっとします。
服の趣味は普通ではないけど。






コメント (2)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

羊と鋼の森  宮下 奈都

2016-09-16 | 本 な、は行(作家)

羊と鋼の森

森で育てられた主人公。
ピアノの調律に魅了され
調律師として、生きていくことを
選んだ一人の青年。

彼の心の成長、調律師としての成長を
靜かで美しい文体で描いています。

彼のピアノに対する情熱が伝わってきます。

描写の美しさ、音、香りの表現、
作者ならではの素敵な文章で綴られていて
澄み切った空気の中に
佇んでいるような感覚になります。
巧みな表現が様々な所に点在しています。

際だった事件も起こらないし、
ハラハラするところもないけど
はるか遠くにある森の中に静かに佇み
人の優しさを感じ取るような作品。
心が浄化されるような、
ひとときを過ごせました。







コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪府立花の文化園

2016-09-16 | 写真(花など)
岩湧山で可愛い秋海棠を堪能した後
訪れました。

花の文化園 では広い敷地に
季節毎の花が植えられていて、
ゆっくり楽しめます。



ガマズミ














キレンゲショウマ


ハマアザミ


ヒオウギ


オミナエシ




蓮もまだ咲いていました。




オトコエシ


コブシ


ビッグアップル






秋海棠

温室ではたくさんの珍しい花が
咲いていました。




ピンクバナナ




イエライシャン


セイロンベンケイソウ

大阪府河内長野市高向

9月10日撮影






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加