花ごよみ

映画、本、写真など・

MUSA -武士-  

2005-03-30 | 映画
                                  (CATV)
中国、明の姫を守り抜くため高麗武士達の 
命をかけた過酷な戦い。 

迫力ある戦闘シーンの連続と
度重なる残酷な映像で 
見終わった後,ズシーンと 
疲労感が残りました。 
  
残酷なシーンに関しては 
テレビの小さな画面の方がまだ
ましです。 
大画面ではむごくてきっと 
直視出来なかったと思います。 

目を瞠るような槍の達人の殺陣には 
もう、びっくり}
アクションシーンは迫力満点です☆☆


俳優達の熱い心が伝わって来る作品でした。 
熱すぎて濃ゆーい。。。。
韓国映画のパワーを感じます。

チャン・ツィイー は『LOVERS』で見せた 
華麗なるアクションを封印しての、 
ふくれっ面の可愛い
わがままなお姫様役。
 
姫の最後どうなったかとても気がかりです。  
着地点を見る人の想像に任すなんて……

希望としてはエンドロールの後でも、
チャン・ツィイー の元気な笑顔を見たかった。 
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マザーリーフ

2005-03-28 | マザーリーフ
つぼみの数も増えてきました。
小さくてか弱そうなつぼみ… 

あまりに小さいつぼみは大きくならない
うちに終わってしまいそう……  

大丈夫かな?? 

植木鉢に活力剤をさしておきました
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

四畳半神話大系&太陽の塔 (森見 登美彦)

2005-03-25 | 本 ま、や行(作家)

トンチキな大学生の妄想が再び京都の街を駆け抜ける!!! 

4つの話が平行に進展していきます。
4つのサークルの選択肢が有る内どれを選んでいたら
どうなっていたかと思いながら・・・

いずれの話にも唾棄すべきまでと書かれている 
宿敵の、でも憎みきれない小津っていう 
ヘンテコな盟友が絡んできます。 
 
蛾を異常に怯える明石さんは
その恐怖を共有出来るものとしての
共感度、大 ! ! ! 

その他の登場人物も個性的で魅力一杯です。 
 
小さなクマのぬいぐるみも 
面白い場面で登場します。



 〔太陽の塔〕(ファンタジー・ノベル大賞受賞作)と 
まるで同一人物の様な 
主人公の日常は
究極のバカバカしさで
おかしいやら情けないやらで
なぜか悲哀感さえも漂わせてくる程。。。。 

前作「太陽の塔 」では切ないエンディングが
心にグッときました。 
今回はそこまでは行かないけど。。。

内容に反して文体は 
硬質で品格さえも感じられる。 
その落差も面白い。 

ばかばかしい内容と格調高い文体が
妙な調和を醸し出している。 


次作ははどんな方向に
進んでいくのでしょうか ? ?

また、おなじだったりして……




コメント (4)   トラックバック (10)
この記事をはてなブックマークに追加

故郷の香り

2005-03-23 | 映画
『山の郵便配達』のフォ・ジェンチイ監督最新作  

10年ぶりに故郷へ帰ってきたジンハーは
初恋の人ヌアンと再会する。
 
美しい山村の風景 
瑞々しい緑、雨に濡れたレンガの道・・・ 

あやふやな将来にむけての 
恋の約束なんて
危うく不確かなもの 

三人三様の心の痛みは 
後悔の念を伴い悲しすぎる・・・  

悲痛なテーマなのに 
バックグラウンドには 
のどかな田園風景があって
心の痛みが和らげられます。 

ヒロインの夫役の香川照之は
聞くことも話すことも不自由なのに
存在感は大きく、ラストで泣かせます 。

香川照之にとっては中国語を 
話さなくていいってのがラッキー。

言葉を発してなくても
東京国際映画祭で 
優秀男優賞を受賞って
スゴイ!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胡蝶蘭

2005-03-21 | 水彩画
白い花のはかなさ
  優しさ……
それでいて白の清らかさは
 潔癖な強さも感じます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TVピープル (村上 春樹)

2005-03-17 | 本 ま、や行(作家)
          ◇TVピープル   

          ◆飛行機―あるいは彼はいかにして詩を読むように  
           ひとりごとを言ったか
 
          ◇我らの時代のフォークロア―高度資本主義前史

          ◆加納クレタ

          ◇ゾンビ

          ◆眠り

              以上の6作品からなる短編集(1990年刊行)
 
存在感のない自己、孤独、恐怖、 
生の不可思議などが作品全体を覆い、 
朽ちかけのベンチに座っている様な 
不安で落ち着きのない感覚に陥ります。 
 
心の隅っこに微妙に反応するフレーズの数々・・・
これらの世界は現実か?夢の世界なのか?
 
◆TVピープル
いくぶん小さいピープルが勝手にソニーのテレビを置いていく。 
変テコリンな情景が面白い。 
得体の知れない不安感が漂ってくる。 
 
◇眠り
作者特有の奇妙な現実と非現実の境目の
不思議な恐怖感が心に残ります。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マザーリーフ

2005-03-15 | マザーリーフ
このところ冬に逆戻りしたような
寒さの中で成長が足踏み状態・・・・
 
でも写真で撮るとはっきり中が
見えてますよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロング・エンゲージメント

2005-03-13 | 映画
愛の直感で突き進んでいくヒロインの
ミステリーロマン・・・
一途な想いは通じるのか…  

5人の兵士の名前を少しは 
頭に入れておいた方がいいかなと思います。 
そうでないとミステリーの 
謎解きの部分がややこしくなります。  
見終わった後で公式サイト
キャストのページを見て納得しました。
(遅いっ!!)

5人の内、なんとかシュとノートルダムと、 
主人公の彼、マネクだけは覚えていたので、 
まあなんとかストーリーについていくことが 
出来ました。 
 
 
戦争の映像が多くの時間を占めています。
残酷なシーンが多く目を伏せてしまうことが幾度も。 
「もう、これ以上見せないでー。やめてーっ」 
と思ってしまいした。 

生存の願いをかけ、婚約者を強い意志で想う
一直線の心情は潔くて愛おしい。。。 


映像もセピア色の風景が美しく、 
村は平和で周囲の人々も優しく 
ほほえましい。
それに対比してよけいに戦争の悲惨さが 
強調されているようです。 

二人には幸せになって欲しい

コメント (2)   トラックバック (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ラストドリーム (志水 辰夫)

2005-03-11 | 本 さ、た行(作家)
 
毎日新聞の日曜連載小説で読んでいたのですが
新聞を他のに替えたので 
途中のままにしていたのが本になったのを知り
図書館で借りて読んでみることにしました。 
 
この作家の本は読むのは初めてです。 
 
冒頭、記憶喪失になって一人さまよう所から始まります。
企業戦士として生きてきて妻の命の灯が消える間際、
自分のこれまでの仕事一筋の生き方に気付く。 
そして妻を失って後悔し 
記憶喪失に陥ってしまうぐらいに苦しむ。

男のロマンというのだろうか、 
これでは余りにも身勝手過ぎます。
妻が病に倒れずにずっと生存していたら 
どうなっていたのか?
すきま風の吹いたまま二人は生きて行くのか?

妻の死に臨み、今までの自分を
心の中で整理し、正当化して
責任逃れをしているように
感じる。

この主人公に共感は出来ないし 
あまり魅力も感じません。



コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マザーリーフ

2005-03-10 | マザーリーフ
横から写しました。
小さいつぼみもついています。
花が重いのかおじぎをしているみたい・・・
すずらんの花のようです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加