花ごよみ

映画、本、写真など・

天空の蜂

2015-09-26 | 映画

原作は東野圭吾の同名小説。
なんと20年前に書かれた小説です。
半年前に読みました。

監督は堤幸彦。

キャストは江口洋介・本木雅弘・
仲間由紀恵・綾野剛・柄本明・國村隼など。



最新設備搭載の自衛隊用の
超大型ヘリが乗っ取られる。

犯人は国内すべての原発の停止を要求、
遠隔操作されたヘリは爆発物を乗せたまま
稼働している原発の真上でホバリング。

犯人の名は「天空の蜂」
ヘリ内には子供が偶然紛れ込んでいた。

ヘリコプターを開発した設計士で
子供の父親でもある湯原を江口洋介、
原発の設計士を本木雅弘が演じます。



この映画のメインはやっぱり
ヘリコプターからの子供の救出作戦。

高度800mのヘリコプターの救出シーンは
あらかじめ結果は分かっていてもハラハラします。
原作を読んでいるときも
このシーンは緊張しましたが
やっぱり映像で見る方がより緊張します。
見応えがありました。



超巨大ヘリ「ビッグB」の外観はCG、
格納庫部分はセットで再現ということです。
「ビッグB」はリアルで迫力があります。
普通のヘリコプターと比べても巨大すぎます。









コメント (2)   トラックバック (21)
この記事をはてなブックマークに追加

黒川ダリア園のダリア

2015-09-25 | 写真(花など)
亀岡の彼岸花と犬甘野のそばを見た後
黒川ダリア園に行きました。

川西市の最北部に位置する、
里山のふもとに地元の農家が運営する
黒川ダリヤ園があります。

多彩な色、形のダリアが咲き乱れ
「にほんの里」100選にも選ばれたのどかな山里に
華やかな景色が広がります。

今年の植え付けは430種、1200株と
パンフレットに書かれています。




































白い彼岸花が咲いていました。

9月20日撮影

兵庫県川西市黒川字落合





コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

犬甘野の蕎麦の花

2015-09-23 | 写真(花など)

亀岡市・犬甘野のそば畑。
一面に広がる白い花。
秋の美しい光景です。




彼岸花が白い蕎麦畑に
色を添えていました。。















黄金色の稲穂、白いそばの花。
きれいなラインが出来上がっています。




栗が実っていました。

9月20日撮影

亀岡市西別院町犬甘野






コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

亀岡の彼岸花

2015-09-21 | 写真(花など)
亀岡の穴太寺付近で咲いている彼岸花。
“彼岸花の里”では至る所で彼岸花に
出会うことができます。
美しい秋景色を楽しみました。








あぜ道を染める真っ赤な彼岸花。




黄金色の稲と真っ赤な彼岸花
色のコントラストがきれい!!


























京都府亀岡市曽我部町

9月20日撮影




コメント (10)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

元興寺の花々

2015-09-18 | 古寺(花など)
国宝の極楽坊本堂

元興寺は四季折々の花が咲く、
趣のあるお寺です。


極楽堂、僧房の屋根に飛鳥時代の
瓦が使われています。
歴史を感じる屋根です。




6月に訪れた時にも桔梗が咲いていましたが、
今回も桔梗が石仏の間に咲いていました。
桔梗は長く楽しめます。






訪れた時、萩はまだ見頃前。


















まだ百日紅が咲いています。


芙蓉




秋明菊


木槿


コムラサキ


これは何の実?

9月12日撮影

奈良市中院町





コメント (8)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

円成寺の花々

2015-09-15 | 古寺(花など)

柳生街道の古刹の円成寺。
本堂には木造阿弥陀如来坐像が
安置されています。
穏やかな表情のどっしりとした仏像です。


多宝塔。
多宝塔内には本尊の、運慶20代の傑作、 
国宝の大日如来が安置されていて
拝観することができます。
若々しくはつらつとした仏像です。








少し色づいた木々が秋を感じます。


鎌倉初期社殿の特色をみせる
国内最古の春日造りの鎮守社、
春日堂、白山堂。
国宝になっています。


萩が満開








桔梗


木槿


ひっそりと咲くホトトギス


舟遊式庭園。
池の周囲を散策できます。
以前は蓮が美しかった池も、
ミドリガメの影響で
蓮はなくなってしまい残念です。


蓮があった頃の写真です。



奈良市忍辱山町

9月12日撮影





コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

火星の人   アンディ・ウィアー

2015-09-14 | 本 あ行(作家)

火星の人 (ハヤカワ文庫SF)

火星に一人取り残された宇宙飛行士、
日記形式になっています。

次々迫ってくるアクシデントにもめげず
望みを持って生き延びることを決してあきらめない
主人公のワトニーの底抜けの明るさと、
豊富な知識と行動力。
そして強靱な精神力。

素晴らしいキャラクターの持ち主です。
ワトニーの陽気で素敵な
ユーモアセンスに笑ってしまいます。

絶対絶命なのに
重さ暗さは全くなし。
頑張れって心の中で応援していました。

ラストは胸が熱くなりました。
感動が残る物語です。

マット・デイモン主演で、
映画化もあるというので楽しみです。
本で分からなかったことも
映画の中で理解出来たらいいなと思います。







/center>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

般若寺の花々

2015-09-13 | 古寺(花など)
関西花の寺二十五霊場17番、
秋の花、コスモスで有名なお寺です。
本尊は文殊菩薩騎獅像。

今咲いているコスモスは少し見頃過ぎ。
早く咲いたコスモスと、
また次に咲くコスモスとの
丁度端境期のような感じでした。
人も少なく少し寂れた風情が漂う境内でした。




石仏の後ろには春の花
ヤマブキが咲いていました。


ヤマブキ






観音石仏。






重文の十三重石宝塔。


朱色のキバナコスモス。




キバナコスモス


紫苑も咲いています。


彼岸花が咲き出しました。


入り口前に咲く秋海棠


白い秋海棠がありました。

奈良市般若寺町

9月12日撮影




コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

マスカレード・イブ    東野圭吾

2015-09-13 | 本 な、は行(作家)

マスカレード・イブ (集英社文庫)

マスカレード・ホテル』の
ホテルマン山岸尚美と刑事の新田浩介が
出会う前の物語。

「マスカレード」シリーズの2作目。
短編集になっています。

「それぞれの仮面」
ここでは山岸尚美の元彼が登場。
動揺を胸に納め難題の依頼に
山岸は毅然と立ち向かう。

「ルーキー登場」
新田刑事のするどい洞察力が事件を暴く。

「仮面と覆面」
宿泊客の仮面を守り通す
山岸尚美のホテルマンとしての立場。

「マスカレード・イブ」
表題作。
山岸尚美と新田浩介、
二人の活躍はありますが
まだ出会っていません。

ホテルマンという宿泊客の秘密を守る仕事と
犯人の秘密を暴くのが仕事の刑事。
相反する互いの活躍を
面白く読むことができました。
推理の展開もよくできていました。
そして読みやすかったです。







コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日本のいちばん長い日

2015-09-09 | 映画

原作は半藤一利のノンフィクション。
太平洋戦争において
降伏か本土決戦かを議論。
そこでの決断。
そして日本の降伏。
玉音放送までの一日。

監督は原田眞人。

役所広司、本木雅弘、松坂桃李等が出演。
本木雅弘が昭和天皇。
役所広司が阿南惟幾陸相を演じます。

陸軍の反乱、
玉音放送を録音した
レコード盤の取り合いなど、
史実を描いているので
どんな経緯を踏まえた上で、
戦争終結に至ったのか、
今まで知らなかったことも
知ることができました。

明治から近代、
あまり教えてもらっていない真実が
この映画で分かりました。

初めて意思を表現した
昭和天皇演じる本木雅弘の
見事な立ち居振る舞いと台詞回し。



終戦阻止を計り反乱軍を決起した
畑中少佐(松坂桃李)の熱い心情。

クーデターは緊迫感もあり
見応えがありました。









コメント (4)   トラックバック (10)
この記事をはてなブックマークに追加