花ごよみ

映画、本、写真など・

小川の辺

2011-07-06 | 映画

東山紀之が、主人公朔之助を演じます。

共演は勝地涼、菊地凛子、片岡愛之助、
尾野真千子、松原智恵子、笹野高史、西岡徳馬、藤竜也

監督は篠原哲雄。

藤原周平作の短編が原作。

親友でもあり、
妹、田鶴(菊地凛子)の夫、
佐久間森衛(片岡愛之助)を討てよとの藩命。



朔之助は、妹、田鶴とともに、
幼い頃、兄弟同然に育った奉公人、
新蔵(勝地涼)を伴うことにする。

剣術も堪能な田鶴が、
どういう行動に出るのか、
気がかりな朔之助。

兄と妹そして新蔵、
3人の関係が、
子供の頃の回想映像で明らかにされる。



静かでゆっくりとした映画。
そのせいか前半は、
連続あくびが…

佐久間の武士としての正しい行動、
その佐久間を討つことに疑問を感じながらも
主命には逆らえず、
佐久間に、立ち向かわねばならない朔之助、
武士であるが故のジレンマ。

「ゆっくりまいろう」の言葉にある
朔之助の複雑で揺れる心。

朔之助(東山紀之)と佐久間(片岡愛之助)の、
華麗で見事な殺陣シーン。
結果が見えていても、
結構ドキドキしてしまいました。

田鶴を新蔵に託すの朔之助の心。
痛みを伴う旅の終わり。
風景は美しく、その分悲しく映ります。

映画を見る直前に本を読みました。
原作通りのストーリーでした。

「闇の穴」というタイトルの、
文庫本の中に収められている
7作の短編の一つが
原作になっています。







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正俊寺の紫陽花 | トップ | 大阪駅ノースゲートビルディ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (松風)
2011-07-07 21:27:35

こんばんは
最近東山が
やたらとtvに出るので
何かと思えばこれだったんですね。
片岡愛之助が出てるんですね。
見たいですけど
なかなかタイミング合わないです。
闇の穴買ってみようかな。
松風さんへ (kazu)
2011-07-07 23:54:06
こんばんは

東山くん、プロモに
精出していますね。
これだったんですよ。
片岡愛之助、歌舞伎役者が
出ますと、やっぱり
引き締まりますよね。
やっぱり本より
動く人物、風景…
映像がいいですよ~
ミスキャスト~ (cyaz)
2011-07-16 10:14:26
kazuさん、おはようございます^^
溶けてしまうような暑さが続いていますが、
僕の避暑地はシネコンのシートです(笑)

この映画、勝地クンの上手さと、
菊池凛子嬢のミスマッチが目立ちました(笑)
原作の田鶴はあんな感じでしたか(笑)?
cyazさんへ (kazu)
2011-07-16 14:21:18
こんにちは^^

ほんと暑すぎです!!
たまりませんね。
避暑地にシネコン、
いいですね。

原作の田鶴、
目尻の上がった勝ち気な
面影で強情で気性の激しい女と
なっています。
新蔵と田鶴の方がほんものの
兄妹みたいとありましたが
これはおかしくて映画のこの二人だったら姉弟ですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
小川の辺 山形県総動員っ!(爆) (労組書記長社労士のブログ)
【=38 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート12本目、映画観ている最中に地震が来た!( ̄ー ̄; ヒヤリ 震度2くらいかなと、長く揺れたけど大丈夫だろうと、そのまま鑑賞していたが、考えてみたらそれで良かったのだろうか・・・。  卓越した剣の腕を持つ海坂藩士...
小川の辺 (あーうぃ だにぇっと)
6月24日(金)@東商ホール。 戴き物の試写状だったので募集媒体はわからないがいつもと趣のちがう試写会だった。 圧倒的に年配者が多く、試写会ずれしていない感じ。 入り口で、パンフレットはないのか?と係りの人に聞いているおじいさんがいてずっこけた。(笑)...
映画「小川の辺(おがわのほとり)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「小川の辺(おがわのほとり)」観に行ってきました。 藤沢周平原作の短編集「闇の穴」に収録されている短編小説を映画化した作品。 ストーリーは、架空の藩である海坂藩の藩士で戊井家の家長でもある主人公・戊井朔之助が、義弟である佐久間森衛を討てとの藩命を受...
小川の辺 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人物の設定から結末がわかるのだが、わかっていても感動するほど演出がうまい。東山紀之と片岡愛之助は姿勢がいいので存在感があるし、尾野真千子がしとやかで、菊池凛子は思い切ったところがあった。東山が勝地涼と追いかけていく途中で、それまでのいきさつを導入して最...
『小川の辺』('11初鑑賞89・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 7月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 14:05の回を鑑賞。
小川の辺/東山紀之、菊地凛子、勝地涼 (カノンな日々)
藤沢周平作品の『山桜』を映画化した篠原哲雄監督が再び東山紀之さんを主演に迎えて藤沢周平さんの短編小説「闇の穴」を映画化した作品です。とはいっても『山桜』はイマイチだっ ...
小川の辺 (Akira's VOICE)
静謐で情感豊かなロードムービー。  
小川の辺 (だらだら無気力ブログ)
『山桜』の篠原哲雄監督と東山紀之が再び手を組み、藤沢周平原作の短編 小説を映画化した感動作。 藩命で妹の夫を討つよう命じられた兄が、社会的立場と肉親の情の板挟みで 苦しむ様子をじっくりととらえる。心優しい主人公を東山紀之が務め、彼に 仕える若党を、『シュ...
[映画『小川の辺 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆静謐の良作だった。  藤沢周平原作で、物語は至ってシンプル、脱藩した義理の弟・佐久間を討つ上意を受けた主人公が、藤沢作品ではお馴染みの海坂藩から江戸へと向かう一種のロードムービー時代劇。  藤沢周平作品は、司馬遼太郎作品の歴史を揺るがす大事件を描くス...
篠原哲雄監督 「小川の辺」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
「必死剣鳥刺し」以来の藤沢周平作品鑑賞 公式サイト⇒http://www.ogawa-no-hotori.com/index.html 【あらすじ】 海坂藩士、戌井朔之助(東山紀之)は直心流の使い手としての腕を買われて、家老の助川権之丞(笹野高史)から、ある藩命を受ける。それは、親友である佐久...
映画「小川の辺」@東商ホール (新・辛口映画館)
 試写会の主権はテレビ朝日、NISHIKAWAさんだ、客入りは8割くらい。映画上映前に本間智恵アナによる前説とスポンサー様からのPRが行われた。今回も映画のあらすじが本間アナから語られる。
小川の辺 (迷宮映画館)
これは勝地君が主役だった!!
『小川の辺』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「小川の辺」□監督 篠原哲雄 □脚本 長谷川康夫、飯田健三郎□原作 藤沢周平□キャスト 東山紀之、菊地凛子、片岡愛之助、勝地 涼、尾野真千子、松原智恵子、笹野高史、西岡徳馬、藤 竜也■鑑賞日 7月10日(日)■劇場 TOHO...
小川の辺 (がらくた新館)
節電のための平日休みに、109シネマズで6月から始まったポイント2000pで\1
古き良き日本の姿。『小川の辺』 (水曜日のシネマ日記)
藤沢周平原作の短編小説を実写版映画化した作品です。
「小川の辺」 (prisoner's BLOG)
配役序列が二番目な割りに菊池凜子の出番が少なすぎ。 もっぱらセリフの中で描かれて、クライマックスに至る前に東山紀之と妹の菊池が一緒に出てくる場面はなかったのではないか。 彼らと東山の従者の勝地涼とのいきさつは子役を使った回想として描かれるから、それに対応...
「小川の辺」、藤沢作品に東山紀之が登場 (カサキケイの映画大好き!)
映画化された藤沢作品で一番気に入っているのは 真田広之、宮沢りえ主演の「たそがれ清兵衛」。 どうしてもその作品と比較してしまうので、 評価は辛くなってしまうが、 決して悪い出来ではない、評価の厳しい友人も 良かったと言っていたぐらいだ。 ただ、胸に迫る...
「小川の辺」 藤沢作品、粗製濫造気味じゃないですか? (はらやんの映画徒然草)
山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」以来、映画化されることが多くなった藤沢周平作品。
小川の辺 (銀幕大帝α)
11年/日本/104分/時代劇ドラマ/劇場公開 監督:篠原哲雄 過去監督作:『昭和歌謡大全集』 原作:藤沢周平『小川の辺』 出演: ◆東山紀之…戊井朔之助 ◆菊地凛子…田鶴 過去出演作:『ノルウェイの森』 ◆勝地涼…新蔵 過去出演作:『戦慄迷宮 THE SHOCK LAB...
小川の辺 (いやいやえん)
原作は、奉公人・新蔵と田鶴の恋心と、二人は想いを寄せていたのではないかと回想する朔之助の図という作品でした。他にもいい作品がたくさんあるのになんでわざわざこの作品が映像化されたんだろう?三すくみの関係