『コダワリの女のひとりごと』

鉄道&ご当地グルメ研究家。世界遺産と食べ歩き地酒とワイナリーが好きなフードアナリスト&温泉ソムリエの日常の記録。

人生初の電動ろくろで抹茶茶碗作りにチャレンジ♪@霧島高原まほろばの里☆JR九州D&S列車「かわせみやませみ」に乗る♪霧島・人吉の旅④

2017-06-13 | 旅 鹿児島県

3度目の霧島は途中から小雨になりました。
霧島は範囲が広くて、1度の訪問だとなかなかか隈なく観光は大変な気がします。
緑が濃くてどこにいても森林浴している気分の霧島市。

創業47年きりしまの黒発祥の店「焼肉厨房 わきもと 」でランチ☆JR九州D&S列車「かわせみやませみ」に乗る♪霧島・人吉の旅③
前の記事はこちら

霧島の美味しいい黒を堪能した後は霧島高原まほろばの里へGO!

私たちは陶芸体験の予定だったので他の施設は見学してませんが、みんなが楽しめるテーマパークだそうです。
スポーツはパターゴルフ・チビッコ広場(ソリスキー)・マウンテンボード・グラススキーなど。
ロードトレイン・上級者向けのスピード感あるカート ・小さなお子様も一緒に楽しめるゴーカート・電動カーも人気。
陶芸教室・ガラス制作体験をはじめ焼酎徳利・陶器や薩摩切子の見学コースやレストランもあり。

写真撮ってないですが、陶芸教室の建物の外には信楽焼??な狸さんがたくさんいました。

 
 
『天降川焼』陶芸教室

陶芸教室ではロクロ、手びねり、絵付けなど、陶器の全てを学ぶことができます。
焼き上がった器は、後日送ってもらえます。
「がらすの舘」では、ガラスを使ったさまざまな体験コースされ薩摩切子の展示販売もあるそうです。
 
・手びねりコース:1,620円 (送料別)
・絵付け教室:648円(湯呑) 864円(マグカップ)(送料別)
・ロクロコース:①1,620円 ②2,160円 (送料別)
・記念手型コース:2,160円(送料別) 
 
※小人数は予約なしで、いつでも体験可!
(10名様以上のご利用の場合はお問い合わせ下さい)
(対象年齢3歳~)


 ろくろコースには2種類あり
①湯呑・飯椀・抹茶茶碗 
②カップ・灰皿・一輪差し

体験するのは①のコース 釉は白釉・緑釉 から選べます。


以前から、自分で抹茶茶碗を造ってみたい!と思っていたので抹茶茶碗に即決。

これから使うなら夏茶碗なので、③を選択しました。
夏茶碗なので3番と釉も同じ緑釉。

まったく初めてでも先生が付いてくださるので大丈夫。 

 

電動ろくろが回っているのは見たことがあるけれど、自分がやってみるのは初めて。

最初は神妙な顔。
ドキドキ、緊張してますが、途中から余裕の笑顔。


あっという間にカタチになってびっくり。

焼きあがると15%縮むそうですが、なかなかいい感じの抹茶茶碗になりました。
これに選んだ釉をかけて名前も入れて焼いて送ってくださるそうです。
出来上がりにひと月かかると聞いていたので、夏茶碗を選択したので、届いたらすぐお抹茶点ててみます♪ 


絵付けの体験や、薩摩切子のギャラリー見学や、ガラス宙吹き体験もできるらしいので、次の霧島はガラスびん応援隊なのでガラスにしてみたい。

ちなみにガラス製作体験は

・ガラス宙吹き体験:1,080円
・ペンダント製作:2,484円
・根付ストラップ:2,484円
・ペーパーウエイト製作:3,780円(送料別)
・風鈴制作:4,320円(送料別)
・一輪挿し/タンブラー製作: 5,400円(送料別)
 
霧島高原まほろばの里 
http://www.mahorobanosato.com/  
鹿児島県霧島市牧園町高千穂3240
営業時間:  9時00分~18時00分
0995-78-2240
年中無休
入場無料
駐車場無料
 
『鹿児島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホタテのパワーで京美人にな... | トップ | パワースポット霧島神宮の禊... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。