映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

柘榴坂の仇討

2014年10月13日 | 邦画(14年)
 『柘榴坂の仇討』を渋谷シネマパレスで見ました。

(1)中井貴一阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました(注)。

 本作(注1)では、1860年に起きた「桜田門外の変」の後日談が描かれます。

 桜田騒動(注2)の際、命にかけても主君・井伊掃部頭中村吉右衛門)を守らなければならなかったところ、生き永らえてしまった近習役の志村金吾中井貴一)は、藩の方から、逃亡した水戸浪士の首を一つでも挙げて主君の墓前に供えよ、と厳命されてしまいます。
 それから13年の月日が流れ(明治6年)、志村は、妻のセツ広末涼子)と長屋で暮らしながら、相変わらず仇を追っているところ、いろいろなつてをたどって(注3)、ただ一人生き残っている仇・佐橋十兵衛阿部寛)の所在を突き止めます。



 はたして志村は佐橋に対してどう立ち向かうのでしょうか、………?

 時代は、まさに『るろうに剣心』と半分重なり、同作では時代に取り残された者らが政府に対して反乱を企てるところ、本作では前の時代の精神の残光が取り出されて描かれます。でも、なんだか「決して死ぬな」という流行りのメッセージばかり全面に出すぎている感じがしますし、時代劇だから仕方がありませんが、中井貴一の演技は歌舞伎の舞台を見ているような感じもしてしまいます。おまけに、ラストは、主人公とその妻が手をつないで冬の星空を見上げながら歩くというのですから、なんだホームドラマだったの?と言いたくもなってしまいます(注4)。

(2)本作は、ほぼ原作(注5)に忠実に描かれているものの、若干異なるところもあります。
 例えば、本作では、井伊掃部頭の墓のある菩提寺(注6)に志村がお参りに行った後に(注7)、人力車を曳く車夫の格好をした佐橋十兵衛が、そのお寺の門の前でお参りをする姿が描かれ、さらには、志村と同じような長屋暮らしをしている様子が映し出されます(注8)。
 ですが、原作では、佐橋の日常については一言も書き込まれておらず、いきなり新橋駅頭の場面となります。
 むろん、映画と原作が違っていても何の問題もありません。
 ですが、車夫をしているのだったら社会の底辺で暮らしていることは容易に想像がつきますし、本作の場合、志村と佐橋の長屋暮らしの様が余りにもソックリに描かれているため、あるいは同じ長屋に住んでいるのではと見る者は思ってしまうのではないでしょうか(注9)?

 また、原作のラストでは、志村の妻・セツが勤める居酒屋において、酌婦となっているセツに志村が、「この先はの、俥でも引こうと思う」などと語る場面が書き込まれていますが、映画では、居酒屋の外で待っている志村がセツの手を握って一緒に歩く場面となっています(注10)。



 原作にも「闇に手を差し伸べながら、金吾は雪上がりの星空を仰ぎ見た」とありますから似たり寄ったりとはいえ(注11)、映画の方ではホームドラマ性がより強く出ているのではと思います。

 さらに挙げれば、原作では、柘榴坂で対決した時、「志村金吾と名乗った侍は、脇差しを抜いた。しかし雪の中に佇んだ姿には、戦う意志がいささかも感じられなかった」とあり、加えて「直吉(佐橋十兵衛の現在の名前)は膝元に置かれた刀を執り、鞘を払った」ものの、「瞬時にとどめられぬ素早さで、喉を掻き切ってしまおうと直吉は思った」とされています。
 ですが、本作における柘榴坂の場面では、本格的なチャンバラシーンが描き出されるのです。

 原作の場合は、司法省の非職警部の秋元和衛にすっかり説得されており、佐橋と会った時に、志村は仇討の無意味さを既に悟っていたように描かれています(注12)。
 これに対し、本作においては、激しいチャンバラの果てに一輪の寒椿を見出すことから、志村は、佐橋の首に当てた刀を止めるのです。まるで志村は、それまでは仇討を成し遂げようとしていたかのようです。これだと、志村は、秋元和衛に十分に説得されず、実際に対決してから悟ったかのように見えます。

 それと、原作もそうなのですが、志村が佐橋に「わしは、掃部頭様のお下知に順うだけじゃ」などと言うところからすると、そもそもの話の始めから仇討など志村の念頭になかったのかもしれないようにもあるいは解釈できます。でも、そうだとしたら、何年もかけてわざわざ佐橋を探し出すまでもなかったのかもしれません(注13)。

 ここで、本作の場合、大きな働きを示すのが一輪の寒椿の花です。
 原作では、「揉みあいながら寒椿の垣の根方に直吉を押しこめ、金吾は仇の胸倉をしめ上げた」としか書かれていませんが、本作では、秋元和衛藤竜也)が庭に咲く一輪の椿の花を指して、「ひたむきに生きよ、あの花を見るとそんな声が聞こえてくる。決して死ぬな」云々と志村を諭し(注14)、また柘榴坂の仇討の際に、ぎりぎりのところでその花のことが志村の念頭に浮かびます。
 ただ、こうしたシーンをわざわざ描き出すのは、「決して死ぬな」という流行りのメッセージをことさら強調したいがためとしかクマネズミには見えません(注15)。
 それに、塀際に終えられている何本もの寒椿の花が一輪だけ咲くということはないのではと思えますし、新しい時代に人々と一緒になって生きろというのであれば、たくさんの花が咲いている方がむしろ適切なのではないでしょうか(注16)?

(3)渡まち子氏は、「過去にも浅井作品に出演している中井貴一が、義と情の世界で生きる最後のサムライを堂々と演じている」などとして60点を付けています。
 前田有一氏は、「どちらも幕末から明治という比較的近い時代を舞台にしながら、次世代感たっぷりの「るろ剣」とは対照的に、こちらはオーソドックスな本格時代劇である」「短編の映像化だからか強引なダイジェスト感もない、無理ない作りの時代劇である」、「いまどき公開される時代劇映画としては、保守的なファンも満足できるレベルには仕上がっている」として60点を付けています。
 相木悟氏は、「誇り高き男の生き様を描いた直球の時代劇であった。ゆえに好感度は高いのだが……」と述べています。



(注1)監督は、『沈まぬ太陽』や『夜明けの街で』の若松節朗

(注)先月20日に放送されたTBSテレビ「ぴったんこカン・カン」では、映画公開を前にして、主演の中井貴一と広末涼子とが、井伊掃部守ゆかりの彦根を訪れています。ですから、彦根に思い入れのあるクマネズミとしては(この拙エントリを御覧ください)、どんな彦根が描かれるのかと期待しましたが、残念ながら本作では彦根は殆ど描き出されませんでした。

(注2)桜田騒動については、『桜田門外ノ変』を以前見たことがあります。

(注3)本作では、志村の親友で司法省の邏卒になっている内藤新之助高嶋政宏)が、以前に幕府の評定所御留役で現在は司法省警部になっている秋元和衛に、調査を頼み込んだことから所在が判明します。

(注4)最近では、中井貴一は『天地明察』で(水戸光圀役)、阿部寛は『テルマエ・ロマエ』で見ました。
 また、広末涼子は『鍵泥棒のメソッド』、高嶋政宏は『RETURN(ハードバージョン)』、藤竜也は『私の男』、真飛聖は『謝罪の王様』(弁護士・箕輪の元妻役)で、それぞれ見ています。

(注5)浅田次郎著『五郎治殿御始末』(新潮文庫)所収の短編「柘榴坂の仇討」。

(注6)この記事によれば、世田谷区にある豪徳寺(ただ、こんな記事もあります)。
 なお、この記事によれば、彦根藩主井伊家の墓所は、豪徳寺を含めて3箇所にあるようです。

(注7)志村は、佐橋と同様に、井伊掃部頭の墓前には行かずに寺を後にします(その寺の住職が「やはり墓前には参られぬか?」と質しますが、志村は黙ってお辞儀をして帰るばかりです)。

(注8)佐橋は、同じ長屋に住む寡婦のマサ真飛聖)と、その娘を通じていい仲になりそうな雰囲気です。
 なお、ラストの方で、佐橋はその娘にコンペイトウを買ってやるのですが、車夫の分際で当時としては高価なお菓子を購入できたのでしょうか(あるいは、明治6年ともなると、かなり普及していたのかもしれませんが)?

(注9)それに、佐橋の長屋では、そこに暮らす女房連中がかしましく井戸端会議をしているところ、志村の妻がそうした井戸端会議に加わっている様は描かれていません。セツは、武家の出という矜持があるので、そういうものに加わらないとでも言うのでしょうか?

(注10)劇場用パンフレット掲載のインタビュー記事の中で、中井貴一は、「ラストではセツと手をつなぎたいと、僕の方からお願いしました、「仇討も死ぬことも放棄した金吾が妻に対して「ありがとう」と言うだけでは、今までの時代劇と変わらない」云々と述べています(若松監督も、別のインタビューの中で、「あのシーンは中井さんのアイデアです」と語っています)。

(注11)でも、原作では、その後に「両手を夜空に泳がせて、志村金吾はにっかりと微笑まれる掃部頭様のお顔を、溢れる星座のどこかしらに探そうとした」とありますから、セツの手を握っていないように思われます。

(注12)原作のここらあたりは、むしろ、佐橋と実際に面と向かうことによって、志村の心の中に井伊掃部頭の言葉が蘇ってきたと受け取るべきなのかもしれませんが。

(注13)志村が、「掃部頭様のお下知に順うだけ」と最初から(秋元和衛と会う前から)考えていたとしたら、例えば、明治3年に出された平民に関する廃刀令(太政官布告第831号)に従い、刀を捨てて車夫にでもなればよかったようにも思います(尤も、明治9年の「廃刀令」によっても、刀を捨てなかった強者が大勢存在したようですが)。

(注14)まるで、『るろうに剣心 伝説の最期編』において、比古(福山雅治)が緋村剣心(佐藤健)に投げかけた言葉のようです(同作に関する拙ブログの「注9」を参照)。

(注15)劇場用パンフレット掲載のインタビューにおいて、インタビュアーが「この映画のテーマは「赦す」ということではないかと思います」と述べて質問し、監督もそれに答えているところ、「赦す」にしても「生きよ」にしても同じことを意味していると考えられる上に、そもそもこうした記事においてどうして「テーマ」などが問題になるのでしょうか?作品には、元々千差万別のテーマが転がっていて、それこそ見る人によって違ったものになるのではないでしょうか?それを、制作側で一つのテーマを受け取るように観客側を引っ張りこんでしまうような記事の書き方、ひいては作品の制作の仕方に問題があるのではないでしょうか?

(注16)志村は、特段、世の中から除け者にされ厳しい目に遭わされて生きてきたわけではなく、自分から世の中の動きに迎合しなかっただけのことでもありますし。



★★☆☆☆☆



象のロケット:柘榴坂の仇討
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TOKYO TRIBE | トップ | 幻肢 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-10-13 22:46:37
凄く適当な思い付きを二つ書きます。

,襪躔、柘榴とも、主人公に大きな影響を与える人間の役者の名前がどちらも似てる。藤原竜也に藤竜也。二人の違いは「はら」。長い映画に出てた藤原竜也の方がはら持ちがいいんだな。

◆峽茲靴道爐未福廚箸いξ行りのメッセージばかり全面に出すぎている感じがしますし→そして、明治じゃないからと言う理由もあるのか、「決して死ぬな、とか決して考えるな」という「蜩の記」がやってくるのも又、面白い偶然かな。
寒椿一輪 (KGR)
2014-10-14 02:05:55
いろいろ矛盾と言うよりは細かい違和感のある映画でした。
武士の世界、当時の考え方に異論をはさむつもりはありません。
元々の短編を2時間に膨らませる過程で付け加えたものが多いのは判ります。
志村夫妻の関係性、特にセツの感情や佐橋十兵衛の日常を描くことに反論はありません。

気になったのはもっとくだらないことで、
長屋の違いが判らず、同じ長屋? と思ったとか、
狭い長屋の通路に人力車、迷惑じゃないのかとか、
椿が一輪だけ咲くのは変だなとか、
新橋から桜田門までに柘榴坂よりきつい坂あったっけとか、
本筋に関係ないことばかりでした。


Unknown (クマネズミ)
2014-10-14 07:07:38
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
藤原竜也に藤竜也の名前の類似性についてのご指摘にはびっくりしました!
なお、『蜩の記』は、『柘榴坂の仇討』でハラが一杯になってしまったので、パスしようかなと思っています。
Unknown (クマネズミ)
2014-10-14 07:08:34
「KGR」さん、TB&コメントをありがとうございます。
本作については、エントリにも書きましたが、いろいろ違和感がありました。
特に、「セツの感情」ですが、「あなたが本懐を遂げるまで一緒にいます」と最初に金吾に言ってから、その後の金吾の心境の変化については何も聞いていないわけですから、ラストで金吾が「太政官布告によって仇討が禁じられた」と言うのを耳にして、セツが、「おや、まあ」と笑顔を簡単に作ってしまうのはなんだかわかりませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ショートレビュー「柘榴坂の仇討・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ラストサムライのプライドと宿命。 幕末の桜田門外の変で主君・井伊直弼を目の前で殺され、仇討を命じられた男と、襲撃者一党の中でただ一人、明治の世まで生き残った男。 時代に取り残されたラストサムライたちの、13年に及ぶ武士の誇りと人間としての生き方を巡る物...
柘榴坂の仇討 (映画好きパパの鑑賞日記)
 俳優陣は安定しているし、浅田次郎原作ということでストーリーも手堅いのですが、セットが今一つ。また、終盤のアクションシーンは「るろうに剣心」を見てしまうと、どうしても迫力に欠けますね。こちらのほうが現実的な殺陣なのですが。  作品情報 2014年日本映画 ...
柘榴坂の仇討〜そもそも仇討でない (佐藤秀の徒然幻視録)
時代劇から仇討取れば何が残るか問題 公式サイト。浅田次郎原作、若松節朗監督。中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、 ...
柘榴坂の仇討 (あーうぃ だにぇっと)
柘榴坂の仇討@松竹試写室
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 2014年6月11日 松竹試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 をモニター試写会で鑑賞しました。 観た当時は情報を書き込まないように署名していましたので控えていました。 で、案の定、内容は忘却されています。。。 【ストーリー】  安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大...
「柘榴坂の仇討」:小説の方が良さそうで・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『柘榴坂の仇討』は、実に正統派の中品(大作と小品の間ぐらい)時代劇。浅田次郎
映画『柘榴坂の仇討』★“伝説の仇討”〜本懐の果て (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164638/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     幕末。桜田門外の変で、大老・井伊直弼が、暗殺された。 その護衛で、唯一、生き残った金吾( 中井貴一 さん...
柘榴坂の仇討  監督/若松 節朗 (西京極 紫の館)
【出演】  中井 貴一  阿部 寛  広末 涼子  藤 竜也 【ストーリー】 安政7年、彦根藩士・志村金吾は主君である大老・井伊直弼に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治...
『柘榴坂の仇討』を丸の内ピカデリー1で観て、地道に着実にだなふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★広末好きやもん】   全体的にゆっくり、地道に、一つ一つ確かめながら、みたいな演出で、 それは確信犯的にそうやろうと思っているのだろうが、 テンポ ...
『柘榴坂の仇討』 (soraの日常生活)
『柘榴坂の仇討』、観ました。 原作は浅田次郎さんの小説で、 桜田門外の変で討ち取られた大老井伊直弼に仕えた家臣と 敵側の水戸浪士役のその後を描いた作品。 家臣役は中井貴一さん、仇役に阿部寛さん。 私は妻役の人が苦手な女優さんだったけど内容的にはいい作....
柘榴坂の仇討 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
柘榴坂の仇討 オリジナルサウンド・トラック [CD]主君の仇を13年間探し求めた男の生き様を描く本格時代劇「柘榴坂の仇討」。変えてはいけないものとは“ひたむきさ”ということか。 ...
柘榴坂の仇討 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 "桜田門外の変"でしくった中井さんが敵
映画「柘榴坂の仇討」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/10/6、109シネマズ木場。 台風18号を避けて映画館に退避。 スクリーン5。 中央通路(席はないがE列に相当)の直後のF列を選択。 スクリーン5(シアター5)はスクリーンがシアターのやや右寄りに位置している。 スクリーン中央に正対したい場合、2...
柘榴坂の仇討ち (Break Time)
連休2日目です・・・
「柘榴坂の仇討」仇を追い続けた先にみた誰も止められなかった追う追われる立場の苦しみ (オールマイティにコメンテート)
「柘榴坂の仇討」は桜田門の変で井伊直弼を守れなかった武士が仇を討てという命を受け明治維新になってからも仇を追い続けるストーリーである。時代は江戸から明治へ移る時を経て ...
『柘榴坂の仇討』 (2014) (相木悟の映画評)
時代の荒波を乗り越える人の情! 誇り高き男の生き様を描いた直球の時代劇であった。ゆえに好感度は高いのだが…。 本作は、浅田次郎の短編集『五郎治殿御始末』に収められた同名小説の映画化。浅田原作、主演:中井貴一、音楽:久石譲とくれば、監督は滝田洋二郎かと...
『柘榴坂の仇討』 桜田騒動 (美容師は見た…)
貴一ちゃん&阿部ちゃんですもんね〜。期待通り魅せてくれました。二人が演じる”人の道”とは。。。泣けました(・・、)大沢たかお主演映画『桜田門外ノ変』の方も、合わせて観たくなりましたわぁ。長身短髪ローマ人顔の阿部ちゃんが、時代劇って言うのも違和感っちゃーテ...
柘榴坂の仇討 (花ごよみ)
  原作は浅田次郎の短編集 「五郎治殿御始末」の中の一編。 五郎治殿御始末 (新潮文庫) 本は以前に買ってあったのに、 読まずにいましたが 短編なので映画の始まる直前に読みました。 原作はすぐに読み終えることのできる短編、 それをどう映画化したのか 楽しみに....
『柘榴坂の仇討』 (こねたみっくす)
ひたむきに生きる。例え時代が変わっても。 仇討と聞いて武士の悲哀を描いた作品かと思いきや、その中身は雪景色の似合う大人のラブストーリーでした。全てが予定調和で緊張感も ...
「柘榴坂の仇討」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜ひたむきに生きる〜 2014年   日本映画    (2014.09.20公開)配給:松竹        上映時間:1時間59分監督:若松節朗原作:浅田次郎 『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収)脚本:高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫美術:小川富美夫音楽...
柘榴坂の仇討 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。主君のあだ討ちを命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、武士として、人としての誇りと覚...
映画:柘榴坂の仇討 予想外に! 当ブログのテーマ「変化」に合致。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
柘榴坂=ざくろざか 当ブログにしては珍しく(笑)、時代劇。 この前観た西部劇(あれはひねってるけど、ね)じゃないが、とても久々! どうせオーソドックスな展開なんだろうとと思いきや、時代が幕末→明治。 ていうか、この事件がそのきっかけに?な桜田門外の変...
柘榴坂の仇討 (映画と本の『たんぽぽ館』)
良くも悪くも武士の矜持 * * * * * * * * * * 幕末期。 歴史に名高い「桜田門外の変」が発端となります。 彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、 主君井伊直弼(中村吉右衛門)の警護にあたっていました。 しかし雪の降るその日、水戸藩浪士によって...
柘榴坂の仇討 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3.5点】(11) すでにスルー作品と決めていたが、台風の影響でどこにも行けず
柘榴坂の仇討 (to Heart)
制作年度 2014年 上映時間 119分 原作 浅田次郎『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収) 監督 若松節朗 脚本 高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫 音楽 久石譲 出演 中井貴一/阿部寛/広末涼子/高嶋政宏/真飛聖/吉田栄作/藤竜也/中村吉右衛門 主君・井伊直弼の仇を追い....
柘榴坂の仇討 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。彦根藩士・志村金吾は敬愛する主君・井伊直弼に仕えていました。しかし「桜田門外の変」で井伊直弼は暗殺されてしまいます。主君を守れず一人生き残った金吾は切腹することも許されず、生き残りの刺客を探し出し仇を討つよう命じられます。幕末から明治...
『柘榴坂の仇討』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「柘榴坂の仇討」 □監督 若松節朗□脚本 高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫□原作 浅田次郎□キャスト 中井貴一、阿部 寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ...
『柘榴坂の仇討』('14初鑑賞68・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 9月22日(月) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 12:20の回を鑑賞。
柘榴坂の仇討 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
柘榴坂の仇討 '14:日本 ◆監督:若松節朗「夜明けの街で」「沈まぬ太陽」 ◆出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、二代目中村吉右衛門、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也 ◆STORY◆安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老...
柘榴坂の仇討 (いやいやえん)
【概略】 安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾は、時の大老・井伊直弼に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツは酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩も既...