映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

桜田門外ノ変

2010年10月31日 | 邦画(10年)
 『週刊文春』(10月21日号)の阿川佐和子のインタビューに、主役の大沢たかおが登場して、面白そうな内容のように思えたこともあって、『桜田門外ノ変』を渋谷TOEIで見てきました。

(1)ただ、映画を見てまで歴史の勉強をしようと思わないクマネズミとしては、見に行くべきではなかったかもしれません。
 見ながら、一体全体、どうしてこんなに単調で型どおりのことを長々と映画にして観客に見せようとするのだろうかと思って、退屈してしまいました。

 むろん、このような描き方になるのは原作の吉村氏の小説によるところが大きいのでしょう。
 ですが、他方では、映画化に当たりご当地の茨城県下の団体の全面的な協力があったということで、関係者があちこちにいるのでしょう、登場人物の皆が皆、杓子定規で当たり前と思えることばかり口にして、人の裏側がほとんど描かれないというのに首をかしげたくなります(NHKの大河ドラマが面白くないのも、同じような理由から、登場人物に常識を超えたところが感じられないせいだと思われます←なにしろ、大河ドラマの舞台となれば、当該地域の観光収入が確実に伸びるとされていますから、当該地域にかかわる歴史上の人物を、ちょっとでもおかしい感じでは描けないのでしょう!)(注)。

 それに、敵役になるはずの井伊大老(伊武雅人)も、襲撃されてまでも駕籠の中で「このままで日本はどうなるのだ」と天下国家の行く末を憂える始末です(板垣退助ばりに!)。

 問題点を探せば、さらにいくつでも見つかるでしょう。たとえば、
・最初と最後に、桜田門の現在の光景が映し出されますが、観客に向かって、“皆さんは知らないと思いますが、今から100年以上昔に、ここでこんなことがあったのですよ”、と先生が生徒に教えているかのようで、目をそむけたくなりました〔もちろん、このシーンから、現代の政治状況に対する無言の批判といったメッセージを読み取ることは可能でしょうが、そんなのは児戯に等しいと言えるでしょう〕。
大沢たかお演じる関鉄之介ですが、鳥取藩一の剣の使い手を、他人の剣を使いながらも倒してしまうほどの腕前ながら、そしてピストルを持っていながら、井伊大老襲撃に際して、何もしないで見守っているだけとは、襲撃グループのトップとはいえ、割り切れなさを感じました。
・これも史実であって言ってみても仕方ないのかもしれませんが、井伊大老一行の襲撃に際して、水戸浪士達が、隠れた場所から三々五々飛び出して襲うというのならまだしも、そうではなく、道端に全員が展開していて、ある程度行列が通り過ぎるのをやり過ごしてから斬りかかるというのも、本当なのかしらと思ってしまいます(江戸城の周辺を警固しているはずの幕府側の武士等が、一人もいなかったのでしょうか?水戸浪士を探し出して捕縛することに関しては、あれほど徹底して遂行できるにもかかわらず?)。
・それに、彦根藩邸のすぐそばで襲撃があったにもかかわらず、彦根藩からの応援部隊の到着がかなり遅れたように見えるのも奇妙です(雪のため、物音があまりしなかったようですし、襲撃にかかった時間もごく短かったようですが)。
・金子孫二郎(柄本明)以下が奉行から斬首を言い渡されるシーンがありますが、皆同じにもかかわらず、どうして一人一人個別に描かねばならないのかよく理解できません(要するに、製作者側としては、水戸藩関係者全員についてその消息を描いてみたかったのでしょう。ですが、そんなものを見せられる観客としては、酷く退屈なところです)。
・この映画では、関鉄之介に焦点を当て、その愛人の消息まで触れているところ、妻(長谷川京子)と息子(加藤清史郎)とはどうなったのでしょうか?
 なお、加藤清史郎は、この映画の性格からすると全くのミスキャストとしか思えません(なにしろ、あのCMにおける姿がダブってしまいますから!)。

 たとえば、当時水戸藩内にあったという天狗党と諸正党との血なまぐさい対立抗争の中で、この「桜田門外の変」を描いてみたらどうなのでしょうか?
 あるいは、居丈高で独裁的な傾向を強める井伊大老を排除する動きが、幕閣の中や彦根藩の中にあって、水戸浪士襲撃の確報は、前日に幕閣や彦根藩に伝達されたにもかかわらず、大老にきちんと上げられる前に握り潰され、その結果、桜田門外は全くの真空地帯となってしまって、容易に襲撃は成功するものの、水戸浪士たちは結局使い捨てにされてしまった、などといったストーリーは考えられなかったでしょうか〔映画では、井伊大老に襲撃情報が届けられますが、単なる投げ文だったため無視されます。また、京都で3,000人が挙兵するとの薩摩藩の約束が反故にされて、水戸浪士の襲撃の意義が減殺されてしまいますが、これは当初から仕組まれていたわけではなく、予想外の情勢変化によるものでしょう〕?

 なにはともあれ、私には、『十三人の刺客』や『大奥』の方が、製作者のアイデアがふんだんに盛り込まれていて、ズッと面白い映画ではないかと思えました〔ノンフィクション物であっても、様々な解釈をぶつけることは可能なはずですから〕。


(注)にもかかわらず、粉川哲夫氏によれば、「この映画では、「水戸」というローカリティは、全く重視されていない。それは、薩摩弁まがいや関西弁まがいは聞かれるが、茨城弁に関しては、その気配さえも聞こえないという点にあらわれている。茨城弁というのは、同じ関東でもこうも違うのかと思われるくらい、特徴がある。たとえば、「い」と「え」の発音の混在、しり上がりの発音等である。だから、いまでも、茨城出身の人は、すぐわかる」とのこと。


(2)ところで、映画評論家諸氏は、下記の(3)でおわかりのように、桜田門外における水戸浪士の襲撃の場面が冒頭近くに置かれていることを高く評価しているところ、様々のブログでは、やはりラスト近くにすべきだとの意見が多いように見受けられます。

 たとえば、「LOVE Cinemas 調布」のKLYさんは、「「桜田門外の変」を描きたいのならば、通常の時系列に乗せつつ、鉄之介たち藩士の日頃に密着し、彼らの尊王攘夷思想の発端であるとか、藩主斉昭が彼らに及ぼした影響、世の尊皇攘夷の流れの中で彼らがその中心にいたことなどを描いた上で、最後に襲撃を成功させるというオーソドックスな描き方が一番良かったのだと思」うと述べていますし、「masalaの辛口映画館」のマサラ0517さんは、「本作の場合はちゃんと時系列通りに物語を描き、何故実行犯達がこの様な襲撃事件を起こしたのかを観客にキッチリと説明した上で襲撃事件を描くべきである」と述べています。

 この映画が依拠した原作はどうかと言えば、新潮文庫版の下巻P.100~P.133に襲撃の模様が描かれています。すなわち、全体の真ん中よりやや後の方といったところでしょうか。

 どうも様々な考え方があるようです。
 ただ、クマネズミには、この映画のタイトルが『桜田門外ノ変』となっている以上、やはりクライマックスを水戸浪士の襲撃とすべきであり、としたらそのシーンはラスト近くに置く方が全体の構成から言ってみても座りがいいのではと思えます〔まあ、この作品は、原作の下巻を映画化したのだと言ってしまえば、この点を余り云々しても意味はないかもしれませんが〕。
 もし、この映画のように、“それからの浪士達”を専ら描くというのであれば、それなりのタイトルとすべきではなかったでしょうか?

(3)また、この作品は、最近見たばかりの『十三人の刺客』と類似する点が多いように見受けられます。
 すなわち、
・時代としては、どちらも江戸後期。すなわち、『十三人の刺客』の場合、弘化元年(1844年)とされ、『桜田門外ノ変』は、安政7年(1860年)が中心。
・どちらの作品でも、襲撃側は、相手側のトップ、それも将軍の弟であったり幕府の大老であったりと、トップ中のトップの首を取ることが目的。
・どちらも襲撃側の人数が少ない。すなわち、『十三人の刺客』の場合13人であり、『桜田門外ノ変』では18人。
・逆に、どちらも防御側の人数はかなり多い。すなわち、『十三人の刺客』の場合300人(オリジナル作品では53人)であり、『桜田門外ノ変』では約60人。
・襲撃側の作戦は実際には相当違っているとはいえ、どちらも少人数で効率よく目的を達しようとする精神では同じ〔『十三人の刺客』の場合、大勢の防御側の侍をいくつもの小グループに分断した上で殲滅していく作戦 、他方『桜田門外ノ変』では、まず行列の先頭を襲い、それに防御側の侍が集中して駕籠の警固が手薄になったところで本来の目的を果たすという作戦〕。
・どちらの防御側も、ある程度襲撃を予期していたとはいえ、実際には思いもかけないところで襲われ、人数が多いにもかかわらずトップを守りきることができなかった。
・どちらであっても、襲撃側も防御側もその大半が命を落としている。『十三人の刺客』の場合、襲撃側で生き残ったのは2人(漫画では8人)、防御側も大半がやられている。また『桜田門外ノ変』では、襲撃側で生き残ったのは2人、防御側の大半は、その場でなくとも、その後様々な形で命を落としている。

 同じ時期に公開されたフィクション映画とノンフィクション映画とが、偶然とはいえこうまで類似する点が多いというのは、非常に興味深いことだと思います(と言っても、2つの映画において、襲撃の場面の位置づけがまるで異なっているのも事実ですが)。

 なお、12月に公開される『最後の忠臣蔵』において、仮に四十七士による吉良邸討入りが描かれるとすれば(何の情報も持ち合わせてはいません)、時期を同じくして3つもの作品で集団暗殺劇(それも、時の権力者の首を取ることを大目的とする)が取り上げられることになります。
 そこに何らかの政治的・社会的なな意味合いを嗅ぎ取るべきなのかもしれないものの、いずれも単なる娯楽映画に過ぎないものですし、クマネズミの手に余ることもあり、他日を期すことといたしましょう。

(4)映画評論家は、総じてこの作品には好意的です。
 前田有一氏は、「時代にマッチしたテーマ性、役者たちの名演、重厚な桜田門のセットをはじめとする美術のレベルの高さ、そしてストーリー構成の斬新さにより私は本作品をオススメの筆頭にあげる。最後に挙げた構成の巧みさとは、一言でいえばクライマックスの暗殺事件を映画の冒頭に持ってきたことを指す。エンターテイメント大作を任せられる数少ない日本の巨匠、佐藤純彌監督の手腕は今回冴えに冴え、この構成によって物語の感動、せつなさが大いに強調された」として75点を、
 渡まち子氏は、「映画は、襲撃をクライマックスにしないことで、事件を美化せず、大きくうねった時代の流れの中で先を見据えることの難しさを丁寧に描いた。物語序盤で早々と訪れる桜田門外ノ変の場面が、個よりも集団を意識した混沌としたバトルになっているのがリアルだ」等として60点を、
それぞれ与えています。

 さらに、前田有一氏は、同じ論評の中で、次のように述べています。「昔の日本には、気持ちのいい奴らがたくさん生きていた。政治に携わる者たちも本気で国の未来を憂い、自分の立場なりに最善を尽くそうとしていた──。 たとえ脚色による錯覚、ファンタジーであったとしても、そんな気持ちをしばし味わうのは悪いものではない」。
 ですが、もうそろそろこうした司馬遼太郎の小説的な歴史観から卒業すべきではないでしょうか?


★★☆☆☆

象のロケット:桜田門外ノ変
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十三人の刺客 | トップ | 森崎書店の日々 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (masala)
2010-10-31 14:44:55
いつもTBありがとうございます。
私のつたないブログですが、引用できるようでしたらお使いください。

本作の佐藤監督は荒唐無稽な作品を撮らせたらピカイチの監督です。
その為、本作の様な史実を忠実に描く作品には不向きだったと思います。

これからもよろしくお願いします。
水戸藩の悲劇の原点 (えせ水戸もっこす)
2010-10-31 22:18:37
  吉村昭の同名小説の映画化ということです。吉村氏の小説は、できる限り史実を追求して些細な点に至るまで刻銘に書き込む特徴があると承知しております。本作映画の観客評を見ても、本作映画の評価は総じてあまり高くなく、これは原作に忠実に映画化すれば、そうなるのだろうと感じて、歴史知識を得るための映画だと割り切り、見てきた次第です。娯楽感・爽快感を求める普段の私の姿勢とは、ちょっと違いますが、ときに別の感覚もあってよいと思ったからです。
  こういう小説と映画であれば、本来クライマックスにくる井伊大老の襲撃・暗殺場面が先に出てきても、異とするにあたりません。行動隊の指揮者・関鉄之介の切り込みを見守るだけの行動ぶりがとても不審であったことはご指摘のとおりです。映画では、かなり斬り合いが見られましたが、実際には数分のうちに彦根藩士はやられるか逃げ出して、すぐ井伊直弼が討たれたようであり、自ら手を下す必要がなかったようです。直弼は、駕籠に鉄砲を撃ち込まれて、そのまま行動不能になったようであり、彦根藩士も殆どがだらしがなかったとのことです。この鉄砲は、誰がうったのか不明とのことで、一説には関がうったとも言われています。彦根藩からの応援部隊も間に合うタイミングではなく、しかも、まさか天下の大老を白昼堂々と襲うとは考えていなかったと思うほど衝撃的な事件であったと思われます。

  だから、水戸藩側も彦根藩側も、関係者がみな討死・自害、事後に処刑されたということで、しかも普通の映画なら山場となるものがかなり前のほうに出てきて、いわば事後譚を描く映画ですから、普通の感覚でこの映画を観たら、面白いとはとても言えないものです。
  でも、今回は見る視点が違いますから、結構面白く感じてきました。我々の生まれる百年前よりまだ近い1860年頃にこうした殺伐とした事件が起きていたことを、なにか不思議な感覚で教えられたという気がします。改めて歴史を振り返ってみると、桜田門外の変が1860年春に起きて、大政奉還が1867年10月ですから、この間、僅かに七年半です。桜田門外の変の実行者が全国に身の隠し場がなく一網打尽に捕まったのがその二年くらいのうちですから、その後の五年という期間は、ほんとうに疾風怒濤の時代であったことを感じます。水戸では、その後に天狗党と反対派との争いが続き、この辺に映画は触れてほしい感じもありますが、まもなく長州征伐が全国的な動きのなかに出てきますから、その間に悲運にも落命した人々が多かったのだろうと思われます。水戸藩では、藩内の争いが激しすぎて、明治に活躍する人材を出さなかったのは不幸なことでした。これは、おそらく指導者の徳川斉昭の責任ではないかと思われます。
  あとは、主人公で襲撃の指揮者・関鉄之介の愛人であった滝本いの(伊能、23歳)を演じた中村ゆりがなかなか魅力的でした。なお、「いの」は鉄之介潜伏を幇助した罪で捕縛され、小伝馬町牢獄で拷問死した悲劇的な女性で、ほぼ唯一の直接の犠牲者でした。
   これらの意味で、歴史上の悲劇を考えさせられる映画でした。
Unknown (KLY)
2010-11-01 00:25:31
こんばんは。
引用の件、全く問題ありません。私のような者の記事でよければ如何様なりとお使いください^^

幕末史においては言ってみたらこの「桜田門外の変」に参加した烈士たちは無名もいいところ。そこにスポットを当てたいのだとしたら、このやり方では伝わらないと思います。
単に事後譚を描きたいのなら、そもそも企画自体に魅力がありません。何故なら世の多くの人々は烈士たちを知らないから。両方をどうしても描きたいのなら原作同様に中ほどで変を持ってくるしかないのです。つまり烈士たちを十分に知ってもらった上で変を挟みその事後譚を観てもらうという意味で。

前田有一氏がこの構成を斬新だと絶賛していますが、監督のインタビューを読むと、断るつもりでこの構成を話した、つまり自分でも結構強引な構成なのは解っていて、それでも良いならやるよと言ったら、それで良いからということで作ることになったと話しています。それを絶賛してしまうとは。本当に自分の目で見て感じたことを書いておられるのか疑問です。

監督インタビュー
http://c.filesend.to/plans/cinema/news.php?dalist=20100917
歴史そのまま (クマネズミ)
2010-11-03 17:36:05
「えせ水戸もっこす」さん、詳細なコメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「歴史知識を得るための映画だと割り切」って見るのであれば、それなりに興味を持ってみることが出来るとは思いますが、まさに「普通の感覚でこの映画を観た」がために、とても面白い作品だとは思えませんでした。このように描くのであれば、吉村昭氏の原作を読みさえすれば十分ではないか、と思ってしまった次第です。
勉強を希望しません (ふじき78)
2010-11-06 20:38:23
ちゃんと娯楽作品ではないけど、幕末の細かい歴史について勉強になりますとか正しく宣伝してほしかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
桜田門外ノ変 (Akira's VOICE)
ドラマへの求心力が弱い。。  
桜田門外ノ変 (佐藤秀の徒然幻視録)
大沢たかおの格好悪い桜田烈士ぶり 公式サイト。吉村昭原作、佐藤純彌監督、大沢たかお、北大路欣也、池内博之、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、西村雅彦、伊武雅刀、渡辺裕之、渡部豪太、本田博太郎、榎木孝明、加藤清史郎。いざ桜田門外の修羅場となると、実行部隊隊長...
桜田門外ノ変 (花ごよみ)
主人公は水戸浪士、関鉄之介、 大沢たかおが演じます。 その妻に長谷川京子。 長男の誠一郎には加藤清史郎君。 水戸藩主、徳川斉昭に北大路欣也、 井伊直弼には伊武雅刀。 柄本明、生瀬勝久、渡辺裕之、 池内博之、西村雅彦等が出演 監督は佐藤純彌。 原作は吉村昭の...
桜田門外ノ変 (LOVE Cinemas 調布)
茨城県の市民団体が企画を立ち上げて映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説をベースに、幕末動乱の幕開けとなった「桜田門外ノ変」の現場指揮官・関鉄之介を主人公に、事件からその顛末までを描いている。主演は『GOEMON』の大沢たかお。共演に長谷川京子、北大路欣也...
桜田門外ノ変 (あーうぃ だにぇっと)
9月22日(水)@九段会館で鑑賞。 六本木で “メッセージ、そして愛が残る” を観た後 一旦帰宅し、再度九段会館へ出陣。 2.26事件の舞台となった?会場で桜田門外を見るのも何かの縁か。 ふだんより、圧倒的に年配者多し。 それも、じいさんが多く、途中でト...
試写会「桜田門外ノ変」 (日々“是”精進!)
「桜田門外ノ変」の試写会に行ってきました茨城県の地域振興と郷土愛の醸成を目的に、市民が主体となって企画し、映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説を基に、歴史の大きな転...
『桜田門外ノ変』 ('10初鑑賞132・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 10月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 16:35の回を鑑賞。
「桜田門外ノ変」 (2010 東映) (事務職員へのこの1冊)
監督:佐藤純彌 出演:大沢たかお、北大路欣也、池内博之、長谷川京子、柄本明、生瀬
「桜田門外ノ変」日本の歴史のターニングポイントとなった独裁者暗殺事件の全貌 (オールマイティにコメンテート)
10月16日公開の映画「桜田門外ノ変」を鑑賞した。 この映画は1860年に起きた 桜田門外ノ変の出来事を忠実に描いた作品で、 暗殺実行犯の水戸藩士たちが 大老井伊直弼を暗殺する前後が描かれているストーリーである。 桜田門外ノ変から150年経つけれど、 ...
桜田門外ノ変 (映画道)
安政7年(1860年)、尊王攘夷を唱えた水戸藩藩主・徳川斉昭は、開国派の幕府大老・井伊直弼より永蟄居を命じられていた。事態を憂慮した水戸藩士有志は、脱藩して井伊直弼を討つ盟約を結ぶ。そして安政7年3月3日、関鉄之介ら水戸脱藩士17名と、薩摩藩士1名が実行部隊とな...
桜田門外の変 (迷宮映画館)
水戸の方々の思い入れの強さはわかったんですが・・・・
映画「桜田門外ノ変」@一ツ橋ホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割ほど、客年齢高め、試写会の主権は講談社さんだ。 今回久しぶりに一ツ橋ホールを訪れたのだが、東京の試写会場で2番目にボロかった一ツ橋ホールが客席と床とスクリ...
『桜田門外ノ変』 (ラムの大通り)
----またまた、ずいぶん間があいちゃったね。 久しぶりに、何喋ってくれるのかと思ったら、 またまた時代劇…。 「いやあ。ほんと今年は多いね。 時代がこうも不況だと、 過去にヒントを求...
桜田門外ノ変 (だらだら無気力ブログ)
茨城県の地域振興と郷土愛の醸成を目的に、市民が主体となって企画し、 映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説を基に、歴史の大きな転換点と なった大老・井伊直弼襲撃事件へと至る経過とその後の顛末を、襲撃者側で ある水戸藩士たちの視点から丁寧に描き出してい...
『桜田門外ノ変』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「桜田門外ノ変」□監督・脚本 佐藤純彌 □脚本 江良至□原作 吉村昭 □キャスト 大沢たかお、北大路欣也、伊武雅刀、渡辺裕之、渡部豪太、本田博太郎、池内博之、長谷川京子、加藤清史郎■鑑賞日 10月17日(日)■劇場 1...
桜田門外ノ変 (2010) 137分 (極私的映画論+α)
 たった150年前のお話なんだよね。
桜田門外ノ変/大沢たかお、長谷川京子 (カノンな日々)
時代が大きくうねり変わろうとしていた幕末において歴史的かつ象徴的な大事件とされる「桜田門外ノ変」。吉村昭さんの同名小説を原作に徳川幕府の大老・井伊直弼を討った水戸藩士・関鉄之介ら18名の襲撃者たちやその家族の姿を描いた歴史時代劇です。監督は『男たちの大和...
「桜田門外ノ変」 思い入れが強すぎて空回り (はらやんの映画徒然草)
「桜田門外の変」とは歴史の教科書などでご存知の通り、江戸城桜田門外で開国へ大きく
[映画『桜田門外ノ変』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~む、面白かった。  どこが面白かったかと聞かれたら、パッと答えられないのだが、幕末の激動の序章を、きっちりと、『十三人の刺客(2010)』のような「ケレン」を全く排して、「十八人の刺客」を描いていたのが良かった。  私は、例え『ダンス...
桜田門外ノ変☆独り言 (黒猫のうたた寝)
とっても丁寧な作りだと思うのですが・・・授業受けてるような気がして眠くなってしかたありません。『桜田門外ノ変』は試写会で鑑賞しました。まぁ、体調不良時期だったので、やたらと眠気が募っていたせいもあるのですが^^;;;元々この時期の日本史ってやたら授業時...
桜田門外ノ変 (うろうろ日記)
試写会で見ました。今年、時代劇流行っているのですか?個人的には、何の思い入れも無
桜田門外ノ変 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この事件の関係者は、あまり歴史の表舞台で語られることが少ない。同じ脱藩浪人でも、土佐・長州・薩摩の出身者は表舞台で活躍した。この事件の水戸藩士たちは非常に地味な存在だが、同じように日本の行く末を案じて命を落としていった。我々は、彼らの犠牲の上で現在の日...
★ 『桜田門外ノ変』 (映画の感想文日記)
2010年。「桜田門外ノ変」製作委員会。   佐藤純彌監督・脚本。吉村昭原作。  井伊直弼暗殺事件がなぜ引き起こされたのか、学校で日本史を選択したことがないせいもあって、まったく知らなかったので、日本の歴史を知る上では大...
桜田門外ノ変 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
桜田門外ノ変オリジナルサウンドトラック幕末を背景にした正統派歴史劇。井伊直弼暗殺をクライマックスにせず、その事件が個人をどう変えていったかを描くことで、歴史を俯瞰している点が意義深い。黒船来航により開国か攘夷かで揺れる日本。開国派の大老・井伊を暗殺する...
【桜田門外ノ変】 (日々のつぶやき)
監督:佐藤純彌 出演:大沢たかお、長谷川京子、加藤清史郎、北大路欣也、柄本明、生瀬勝久、渡辺裕之、西村雅彦   日本の未来を変えた、歴史的大事件。 「水戸藩士関鉄之介はいよいよその時が来たことを知る。 妻と子に別れを告げ同志の元に集まった。水戸藩の
桜田門外ノ変 (りらの感想日記♪)
【桜田門外ノ変】 ★★★☆ 映画(55)ストーリー 嘉永6年(1853年)、浦賀沖にペリーの黒船が来航、開国の圧力はいよいよ抑えがたくなって
桜田門外ノ変 (Diarydiary! )
《桜田門外ノ変》 2010年 日本映画 幕末の江戸時代、大老の井伊直弼が桜田門を
桜田門外ノ変 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
桜田門外ノ変’10:日本◆監督:佐藤純彌「男たちの大和/YAMATO」「植村直己物語」◆出演:大沢たかお、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、加藤清史郎、西村雅彦 、伊武雅刀、北大路欣也◆STORY◆安政7年(1860年)、尊王攘夷を唱えた水戸藩藩主・徳川斉昭は、開国派の...
「桜田門外ノ変」 (NAOのピアノレッスン日記)
~日本の未来を変えた、歴史的大事件~井伊直弼の育った出身の私にとっては、見逃せない1本でしょう。2010年 日本映画   (10.10.16公開)配給:東映      上...
桜田門外ノ変 (とりあえず、コメントです)
吉村昭の同名小説をもとに桜田門外ノ変を描いた作品です。 桜田門外ノ変は授業で覚えたくらいで、そういえば詳しくは知らないなあと気になっていました。 予想以上に過酷な展開に、かなり胸が痛くなりました(T_T)
『桜田門外ノ変』を丸の内TOEI?で観て、疲労困憊ふじき☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆単純につまらん】       大老・井伊直弼を暗殺する。 それはいい。 そこまではいい。 その後が延々、逃亡。 逃亡にドラマチック要素なし。 にも関わらず、延々と逃亡をただ描く。 なんか今年の春から三回、引越して、 引越先はあそことあ...
「桜田門外ノ変」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/配給=東映監督:佐藤 純彌原作:吉村 昭脚本:江良 至、佐藤 純彌 1860年に起きた、水戸藩士たち18名が徳川幕府の大老・井伊直弼を暗殺した「桜田門外ノ変」を、襲撃部隊の指揮者だっ
映画『桜田門外ノ変』(お薦め度★★) (erabu)
監督、佐藤純彌。脚本、江良至、佐藤純彌。原作、吉村昭。2010年日本。時代劇映画
桜田門外ノ変 (いやいやえん)
桜田門外の変は、歴史上有名な事件ですが、実際のところ教科書でも数行しか載っていないし、(私が)幕末興味ないしで、大老・井伊直弼が殺された政変と言うくらいにしか知りません。なので、題材が新鮮にうつりました。 非常に淡々としていると思います。思考は違うが...