映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

謝罪の王様

2013年10月14日 | 邦画(13年)
 『謝罪の王様』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。

(1)宮藤官九郎の監督・脚本作品として5月に『中学生円山』を見たこともあり、映画館に行ってきました。

 本作では、謝罪師である東京謝罪センター所長・黒島譲阿部サダヲ)の奮闘ぶりが、6つのエピソードで綴られますが、それらのエピソードはバラバラに描かれるわけではなく、相互につながりを持っています。
 例えば、「case1」では、帰国子女の倉持井上真央)が運転する車がヤクザの車に追突してしまった件が取り扱われるところ、倉持はその件が解決すると東京謝罪センターに居着いてしまい、あとのエピソードにも顔を出します(注1)。



 さらに、取り上げられるエピソードは、以前自分の娘にした仕打ちを謝るというプライベートで他愛のないもの(「case4」)から(注2)、外国の国王に日本の総理大臣が謝りに行くという大掛かりなもの(「case5」)まで幅が広く、なおかつ愉快な内容ですから、見ているものを飽きさせません。

 ただ、それらのエピソードは、テーマの「謝罪」という観点から見るとどうかなと思えるものもあり、それほど笑えるものでもないように思われます。
 例えば、「case1」では、黒島の奮闘でヤクザの親分(中野英雄)の許しを得るものの、肝心の倉持は、実際のところほとんど謝罪していないようなのです。
 また「case2」でも、会社員の沼田岡田将生)が共同プロジェクトの担当者の宇部尾野真千子)にセクハラをしてしまった件が描かれるところ、宇部が和解するのは黒島の意表をつくパフォーマンスによるもので、ここでも沼田はきちんと宇部に対して謝罪をしていません。



 興味深いエピソードは、大物俳優(高橋克実)と元妻の女優(松雪泰子)が、息子の引き起こした事件についてする謝罪会見を取り扱う「case3」でしょう。



 毎日のようにTVニュースで謝罪会見が流される今の風潮(例えば、東電の謝罪会見!)を風刺していて、それに着眼したことはとても面白いと思います。
 ただ、ここでもそれほど笑わせてはもらえませんでした。

 あるいは、現実の方が先を行っているような感じで、このくらいのデフォルメでは鋭い風刺にならないのかもしれません。
 例えば、10月8日に行われたみずほ銀行の佐藤頭取の謝罪会見では、頭取が「深々と頭を下げ続けた。その時間、およそ20秒」とニュースで書かれているのです!
 本作でも、「とりあえず20秒間謝ろう」というレクチャーが依頼人に対し授けられます。

 また、ちょうど同日の夜に放映されたNHKクローズアップ現代「氾濫する“土下座”」では、謝罪会見の練習を行う危機管理コンサルタント会社が実際に登場しています(注3)。
 本作では架空とされる「謝罪師」なるものが、どうやらすでに実在しているようなのです!

 こうなると、例えば、阿部サダヲ扮する謝罪師・黒島譲(注4)の仕事に大きな誤りが見つかり、自分自身が謝罪会見するハメになるとか、そんな謝罪会見などは元々無意味だったとかするくらい(あるいは、それ以上)でなければ、現実の事態はすでにどうしようもないことになっているのではないでしょうか(注5)?

 それでも、本作の主演・阿部サダヲの活躍ぶりは眼を見張るものがあり、更には、最後のエンドクレジットで映しだされるEXILEなどによるダンスシーンには圧倒されました。こうしたシーンを映画の中ほどに持ってくれば、インド映画のようにもっと楽しい映画になったのかもしれないと思ったところです。

(2)渡まち子氏は、「バカバカしい謝罪もあれば、本当に人の心をくんで頭を下げるケースも。主人公の黒島がなぜ謝罪師になったのかというエピソードにこそ、その謝罪のエッセンスが詰まっていた。ラストの謝罪ダンス・パフォーマンスまで、たっぷりと楽しもう」として60点をつけています。
 前田有一氏は、「おじぎ文化を持つ日本において「謝罪専門業」という題材は、もっと人々をハッとさせる風刺にもなれたはずで、この程度で収束させてしまった点については不満を感じる」としつつも60点をつけています。



(注1)特に、「case4」で黒島のところに相談にやってくる超一流国際弁護士の箕輪竹野内豊)は、倉持の大学時代の講師なのです

(注2)上記「注1」の箕輪が、アメリカ留学中、大事な試験前だったにもかかわらず3歳の娘がしつこくフザケたので(「腋毛ぼうぼう、自由の女神!」という文句を繰り返しました)、手を挙げてしまったことを酷く悔やんでいます(実はこの娘が、………)。



(注3)同番組では「土下座」の流行について、さらに、映画監督の森達也氏が、「謝罪よりも、恐らく懲罰化しているんでしょうね」、「基本的には、ほとんどの人が土下座をしながらも、本気で謝罪はしてないでしょうし、また僕らも、それをなんとなく感じてるからこそ、見てて、あまりいい感じがしない。つまり屈服ですよね、謝罪ではなくて。全面的な屈服、降伏、そういったものを強要する」などと、また歴史家の山本博文氏も、「日本人は非常に名誉心が強い、その名誉心が強い人を、全面的に屈服させる形にするっていうことが、今の土下座の本質なわけですから、これはかなりなんて言いますかね、社会的には、相手に対する制裁のようなものがあるんですね」などと分析しています。

(注4)黒島は、ガードマンをやっていた時に入ったラーメン屋で、店員(松本利夫)のやったこと(湯切りの作業中に汁を飛ばし、黒島の顔面に当たったこと)を店員自身に謝罪して貰いたかったにもかかわらず、その気持がなかなか相手側に伝わらなかったところから、謝罪師になったとされています(「case6」の中で描かれます)。

(注5)話は飛躍しますが、最近もまた(10月11日)、人権問題について話し合う国連総会の委員会で、韓国の女性家族相が従軍慰安婦問題で日本を念頭に謝罪を要求し、日韓が反論を繰り返す展開となったそうですが、すでに村山談話や河野談話などが出され、アジア女性基金が設けられている現在、いったいどんな解決策がこの問題に見いだせるというのでしょうか〔「case5」のマンタン王国のエピソード(良かれと思ってした“土下座”が、マンタン王国では、相手を侮辱する仕草だったとは!)のように、まともな話が韓国との間では何も通じなくなってしまったような危機的な感じがします〕?



★★★☆☆



象のロケット:謝罪の王様
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そして父になる | トップ | クロニクル »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-11-04 09:52:20
映画化した時、取りあげられたかどうかを今ではすっかり忘れてしまったのですが、マンガのカイジに相手に謝罪する為に熱く焼けた鉄板の上で土下座するというのがありました。

まさに屈服ですね。

韓国相手にここまでやれば・・・・・いやいやいやいや、図に乗りそうなんだよなあ。
Unknown (クマネズミ)
2013-11-05 07:08:44
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
漫画の『カイジ』にそんなすごい土下座が出てくるとは驚きです!
でも、韓国相手にそんなことをしても、国民の関心を外に向けることが狙いなのでしょうから、おっしゃるように、次々と新手の要求が出てくることになるだけかもしれません!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
謝罪の王様/阿部サダヲ、井上真央 (カノンな日々)
『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』とスマッシュヒットを連発した主演・阿部サダヲ、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生のトリオが再タッグを組んで挑んだ今作は架空の職業“謝罪師”を ...
謝罪の王様 (あーうぃ だにぇっと)
謝罪の王様@イイノホール
劇場鑑賞「謝罪の王様」 (日々“是”精進! ver.F)
わき毛ボーボー、自由の女神… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310010001/ 【送料無料】【予約・新作+もう1枚でポイント3倍】映画「謝罪の王様」 オリジナル・サウンドト...価格:2,500円(税込、送料込) 【...
謝罪の王様 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生のトリオが「舞妓Haaaan!!!」(2007)、「なくもんか」(09)に続いて生み出したオリジナルコメディ。架空の職業「謝罪師」を生業とする東京謝罪センター所長の黒島譲が、ケンカの仲裁から政府を巻き込んだ国家存亡の....
「謝罪の王様」 早く、誠意をもって (はらやんの映画徒然草)
阿部サダヲ主演、宮藤官九郎脚本、水田伸生監督のトリオは「舞妓Haaaan!!!」
『謝罪の王様』 ごめんなさい! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  映画がはじまってすぐに、私は拍手したい気持ちになった。  常々、映画を作るからには是非やって欲しいことがあった。  今はどこの映画館でも映画の前にマナー広告を上映する。曰く、上映中はお静かに、前の席を蹴らない、携帯電話の電源は...
映画「謝罪の王様」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客入りはほぼ満席。読売新聞さん主催の試写会だ。
「謝罪の王様」何でも土下座した先にみた謝るハードルを下げたあまちゃんの罪の重さを軽く茶化した不謹慎ストーリー (オールマイティにコメンテート)
「謝罪の王様」は謝罪するなら何でも誤って解決させる謝罪センターが数多くの事案について謝罪して解決してしまうストーリーである。謝るというのは珍しい事ではないんだけれど、 ...
「謝罪の王様」 (2013 東宝=日本テレビ) (事務職員へのこの1冊)
圧倒的な人気のまま「あまちゃん」終了。その喪失感からあまロスなんてことばまで。マ
謝罪の王様 (そーれりぽーと)
『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』に続く監督水田伸生、脚本宮藤官九郎、主演阿部サダヲのトリオ第三弾、『謝罪の王様』を観てきました。 ★★★★ ★はまた0.5減ったけど、安定して面白いわー、やっぱクドカンの理屈っぽい脚本。 阿部サダヲ演じる謝罪師の仕事を、いろ...
謝罪の王様 (佐藤秀の徒然幻視録)
全編東京謝罪センターの広告番組? 公式サイト。宮藤官九郎脚本、水田伸生監督、阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、 ...
謝罪の王様 (映画感想メモ)
腋毛ボーボー! いい加減あらすじ 東京謝罪センター所長、黒島譲は謝罪することで様
『謝罪の王様』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  「土下座を超える謝罪がある」「あやまる時、人は誰でも主人公」 なかなかインパクトのあるキャッチフレーズが並びます。  宮藤官九郎脚本、水田伸生監督、主演阿部サダヲでつまらないわけはない映画です。 いくつかのエピソードが語られながら 徐々に話...
謝罪の王様 (Break Time)
今朝は、曇りでしたが・・・
謝罪の王様 (♪HAVE A NICE DAY♪)
笑った~~~♪ホント凄いなあ~阿部サダヲさん 面白すぎです上手いです~! 一人一人に謝り方を教えるのですが 笑いを入れながらだけど誤り方にも納得したり 何人かのエピソードがあり、そのエピソードが繋がっているんですね~ それが又いい感じ 「わき毛ぼーぼー...
謝罪の王様 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画「謝罪の王様」オリジナル・サウンドトラック [CD]架空の職業“謝罪師”がさまざまなトラブルを解決するハイテンションなドタバタコメディ「謝罪の王様」。おバカな笑いと感動 ...
映画『謝罪の王様』★阿部サダヲのBe土下座~ワチャワチャに^^; (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161447/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。       住宅街の、せまい十字路を、自転車で曲がろうとして 向かってきた車と、正面衝突しそうになり...
「謝罪の王様」:面白くてすみません(笑) (大江戸時夫の東京温度)
映画『謝罪の王様』を試写会で観ました。終始場内爆笑で、かなりドッカンドッカン来て
謝罪の王様 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/09/28公開 日本 128分監督:水田伸生出演:阿部サダヲ 、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、松雪泰子 謝るとき、人は誰でも主人公。 [Story]依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収....
謝罪の王様 (だらだら無気力ブログ!)
最後の新曲プロモーションビデオのくだりは全くもってイラナイ。
謝罪の王様 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.king-of-gomennasai.com/ 今回もネタバレです。 予告編に登場する「謝りたい人が謝って欲しい人に謝れば、世界は必ず平和になる」という言葉に違和感を感じつつも、『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』のスタッフが作った映画ということで観....
『謝罪の王様』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「謝罪の王様」 □監督 水田伸生□脚本 宮藤官九郎□キャスト 阿部サダヲ、井上真央、竹野内 豊、岡田将生、尾野真千子、       荒川良々、濱田 岳、高橋克実、松雪泰子■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎...
和解へと導く魔法。『謝罪の王様』 (水曜日のシネマ日記)
依頼者の代わりに謝って事態を収束する謝罪師が巻き起こす騒動の数々を描いた作品です。
「謝罪の王様」 (ゆっくり歩こ。)
ナンか楽しいのが観たくて! 溜まっていたシネマのポイントを使って観てきました これは笑えます 映画で笑えるのってそうなかなか無いのですが、 これはいっぱい笑えます 私は小ネタで終始笑ってました 他のお客さんはいかにも笑わせようといているシーンで...
謝罪の王様 (gala)
謝罪の王様 監督:水田伸生 脚本:宮藤官九郎 出演:阿部サダヲ、井上真央、岡田将生、竹野内豊、他 2013/日本 公式ウェブサイト 前半はテンポがよく、ノリ具合も上々、うまくついて行きました。 後半になると、急に退屈になってきて、 《前半と後半の脚...
謝罪の王様 ★★★*☆ (センタのダイアリー)
クドカンの映画と言うことで期待せずに行きましたが、そのせいか思ったより楽しめました。 謝罪のいろんなケースを紹介している構成になっていますが、単に並列させるのではなく時系列上、同時進行しているという形をとっていたのは興味深かったです。 親子の謝罪か...
謝罪の王様 (とりあえず、コメントです)
水田伸生監督&宮藤官九郎脚本&阿部サダヲ主演で贈るパワフルなコメディです。 元気が欲しい~とチャレンジして来ました。 ありえないと思っていても笑ってしまうパワーと、意外に入り組んでいて面白い展開に 時間を忘れさせてくれるような作品でした。
『謝罪の王様』を109シネマズ木場7で観て、宮藤官九郎脚本はやっぱり上手いなあふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★平べったいけど面白い】 脚本は流石の宮藤官九郎なもんで、いやはやよく出来てる。 でも、演出が平べったくて、ちょっと並べただけみたいになってしまって ...
土下座の向こう側~『謝罪の王様』 (真紅のthinkingdays)
 ヤバイ筋の方々を相手に、物損事故を起こしてしまった帰国子女・倉持典子 (井上真央)は、「東京謝罪センター」 所長・黒島譲( 阿部サダヲ)に対応を 依頼し、窮地を救われる。典子は黒島の助手となり、センターには次々と依頼 人が訪れ始める。「土下座を越え...
【謝罪の王様 】 映画@見取り八段 (映画@見取り八段)
監督: 水田伸生    キャスト: 阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾…
謝罪の王様 (銀幕大帝α)
2013年 日本 128分 コメディ 劇場公開(2013/09/28) 監督: 水田伸生 『なくもんか』 脚本: 宮藤官九郎 主題歌: E-girls『ごめんなさいのKissing You』 出演: 阿部サダヲ:黒島譲 井上真央:倉持典子 竹野内豊:箕輪正臣 岡田将生:沼田卓也 尾野真千子:宇...
謝罪の王様 (いやいやえん)
【概略】 東京謝罪センター所長・黒島譲が、喧嘩の仲裁から政府を巻き込んだ国家滅亡の危機まで、様々なトラブルを謝罪のテクニックを駆使して解決していく。 コメディ 短文です。 えーと途中までは大変面白かったのです。 謝罪のタイミングとかテンポとか、...