映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

テルマエ・ロマエ

2014年05月28日 | 邦画(14年)
 『テルマエ・ロマエ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)前作はDVDで見ており(注1)、本作(注2)も当初パスするつもりでしたが、時間に余裕ができたにもかかわらず他に見るべきものが見当たらなかったので、次善の策として映画館に入ったものです。

 本作の時代はA.D.136年、舞台はローマ。
 皇帝ハドリアヌス市村正親)は、民衆の支持を得て新たな国境線を定め、それ以上の領土拡張を止めました。
 ですが、元老院は世界征服を目指して、同皇帝の平和路線をくつがえそうと画策し、コロッセオにおけるグラディエーターたちの殺し合いを見せることによって、民衆の闘争心をかき立てようとします。
 設計技師の主人公・ルシウス阿部寛)に対し、元老院は、傷ついたグラディエーターを癒やすべくコロッセオに備え付けられているテルマエを改良するよう命じます。



 ルシウスは、コロッセオの地下にあるテルマエの様子を見ますが、ひどい有様。
 「湯を沸かすだけでは駄目だ。かといって温泉を引けるわけのものではなし」と思い悩むと、ルシウスは、突然湯の中に引っ張り込まれて(注3)、再び浮き上がったところは相撲取りが大勢入っている浴場。



 「顔が平たい。しかし太っているし、頭にズッキーニのようなものを乗っけている」などと思い、外で相撲を見て「平たい族のグラディエーターか?学ぶべきものがあるのでは」と考え、ローマに戻ると、健康足踏みマットやマッサージチェア、バスクリンなどをコロッセウムのテルマエに取り入れることとします。
 何度か日本と往復している間に(注4)、ルシウスは、風呂専門誌のライターになっていた山越真実上戸彩)にも再会。
 そうこうしていると、ハドリアヌス帝から、戦争のない平和な国を作るためにバイアエに理想のテルマエ(テルマエ・ユートピア)を設けてもらいたいと要請されます。
 さあ、ルシウスは、果たしてそのようなものを作り上げることができるでしょうか、………?

 本作は、ドラマチックなストーリー展開がほとんどなく、前作と類似する小さなエピソードが積み重なっているだけのような感じがしますが、それでも日本の風呂の良い所を古代ローマの浴場に取り入れるという驚くべき着想の効能はまだ残っていて、最後まで面白くこの作品を見ることが出来ます(注5)。

(2)本作は、ファンタジックコメディなのですからなんでもありとはいえ、ただ、日本文化の特質を描き出す(ひいては、その優秀さを顕彰する)格好をとっているところについては、そんなに持ち上げるべきことなのかなとも思えてきます。

 例えば、ルシウスは日本の相撲を見て、ローマのコロッセウムにおけるグラディエーターの試合と比べ、「血の一滴も流れない平和な戦いだ」と感嘆しますが、ローマのすぐ近くのギリシアではレスリングがずっと以前から行われていて、「紀元前427年生まれの哲学者プラトンも若い頃は大会での優勝経験がある」とのことですから(注6)、比べるのならまずはこちらの方ではなかったでしょうか?
 それに、マッサージチェア(注7)の元になる安楽椅子とかウォータースライダーの元型たる滑り台、ハイテクトイレの始まりとも言える温水洗浄便座などは、いずれも元々は欧米由来のものでしょう(注8)。尤も、ルシウスが日本で見たのは、それらを日本人特有の感性や技術力で改良・改善させたものですから、その意味では日本文化の特質を表しているのでしょうが(注9)。

 また、全くつまらないことながら、山越真実は、ケイオニウス北村一輝)が辺境の地で疫病に倒れたと聞くと、歴史書『ローマ帝国の繁栄と滅亡』を開いてそれが結核によるものであることを確認しますが、としたら、彼女がストレプトマイシンといった特効薬を現代日本から持って行って治すのかなと思いきや、そういうことはありません(注10)。
 いうまでもなく、いくらタイムスリップできるとしても、歴史を変えることは出来ないとされていますから、ケイオニウスを救うことはどだい無理なのでしょう(注11)。
 ただ、仮に、山越真美が抗生物質をローマに持ち込まないのは日本文化由来のものでないからというのであれば、物語の枠組みに囚われた描き方といえるのではないでしょうか?

 とはいえ、始まりがあっちだこっちだと言ってみても何の意味もありません(何を以って始まりとするのかという点から議論があるでしょうし)。
 それに元々、ローマと日本という遠隔地を比べるだけでなく、タイムスリップして現代と古代とをいきなり比べるから、様々な疑問も生じてくるのでしょう。
 ここはつまらぬことは云々せずに、斬新な設定を受け入れてまずは映画を面白がるべきと思います。

 なお、この映画は、いろいろな人が言っているように、今の日本の政治状況を踏まえながら、元老院の長老たちが積極的平和主義派(あるいは改憲派)で、ハドリアヌス帝らが受動的平和路線派(あるいは現行憲法擁護派)とみなせるように作られているのではないか、とも思えてきます。
 でも、仮にそうだとしても、制作者側の意図に反し(?)、民衆があんな楽しげなテルマエ・ユートピアの温泉に浸かって平和ボケしてしまったからローマはゲルマン人にやられてしまったのではないか、とこの映画を見た者は思うかもしれません!

(3)渡まち子氏は、「古代ローマと現代日本を行き来する異色コメディの続編「テルマエ・ロマエII」。目新しさはないがテンポの良さが救い」として60点をつけています。
 前田有一氏は、「基本的には前作と同じフォーマットによる笑いの見せ場が繰り返される。今回も、日本のいいところ、がたくさん出てくる。阿部寛演じるルシウスが仰天するたびに、観客は愛郷心を刺激され心地よい快感を得ることができる」として70点をつけています。
 相木悟氏は、「本作は何から何まで前作のパターンを踏襲している」ものの、「今のご時世、不謹慎とも捉えかねない奴隷ネタをしつこく繰り返しつつ、その上で青くさい平和のテーマを謳う無節操さは、壮大なブラック・コメディとして楽しむべき代物なのだろう」と述べています。



(注1)この拙エントリの「注1」で若干触れています。

(注2)監督は、『のだめカンタービレ』の武内英樹
 原作は、ヤマザキマリの同じタイトルの漫画。本作は、そのうちの「2〜6巻をもとにしている」とのこと(劇場用パンフレットの「Production Notes」より)。
 なお、原作については、この拙エントリの「注2」で若干触れております。

(注3)本作も、前作と同じように、タイムスリップの場面ではオペラが歌われます。
 前作(このサイトの記事によります)と本作(劇場用パンフレット掲載の「Music」によります:オペラ以外の曲も記載されています)とを比べると、最初の方と最後の方とで使われている曲が同じようです(ただ、前作の場合は6曲が「アイーダ」によっていましたが、本作では3曲となっています)。
 特に、ラッセル・ワトソンが歌う「誰も寝てはならぬ」は、両作で共通しています(本作のテーマ曲とされています)。
 ちなみに、この曲は、先月見た『ワンチャンス』において、主人公のポール・ポッツが「ブリテンズ・ゴット・タレント」に出場した時に歌う歌となっています。

(注4)ルシウスは、子どもたち用のテルマエ(ウォータースライダーを設けます)を作ったり、辺境のパンノニアに遠征中のケイオニウスのために据風呂を作って送ったりします。

(注5)最近では、本作の俳優陣のうち、阿部寛は『トリック劇場版 ラストステージ』、上戸彩は『武士の献立』、市村正親は『のぼうの城』、北村一輝は『日本の悲劇』で、それぞれ見ています。

(注6)Wikipediaの記事によります。
 ただ、この記事によれば、グレコローマン・スタイルは19世紀中頃のフランスに起源を持つとのこと。

(注7)劇場用パンフレットに掲載の「まだまだ奥が深い日本文化入門」によれば、1954年に日本で試作品が作られました。

(注8)温水洗浄便座は、上記「注7」で触れた記事によれば、アメリカで開発されたものであり、公園で見られる滑り台の始まりは1922年のイギリスとされているようです(この記事)。

(注9)ルシウスの方も、日本のものをローマに取り入れるにあたって様々な工夫をこらしています。 例えば、電気がありませんから、マッサージチェアについては、背もたれの中に奴隷を入れて振動を生み出しています。
 そうだとすると、ローマにラーメン店が開業しますが、中華そばの製麺機の代わりにどんなものを使っているのでしょうか?

 なお、本文の(3)で触れる前田有一氏は、「原作を読むと本作で取り上げなかった要素が残っている。それは前作の記事で私が指摘したことそのものである。あえてそれだけは触れずに作りました、という感じがまるわかりなので、おそらく3作目にはここを強調した脚本が用意されることだろう」と述べています。そして、「前作の記事で私が指摘したこと」というのは、その記事に当たると、「惜しむらくは、日本側がローマに影響を与えるばかりで、古代ローマから日本が学ぶ展開がないこと。原作にはそうしたエピソードもあるので、これは続編の方でぜひ採用して欲しいところ」との記述が該当するのでしょう。
 でも、それが、例えば原作の第17話で語られるような話(「Iラブ湯トピア」建設!)だったら、酷くつまらないものになってしまうと思うのですが。

(注10)単に、ケイオニウスが風呂に入らないようアドバイスしたり、他の者から隔離しようとしたりするだけです。

(注11)ですが、そうだとすると、ルシウスがバイアエにテルマエ・ユートピアを作るということ自体も出来ない相談になってしまいます



★★★☆☆☆



象のロケット:テルマエ・ロマエ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルージャスミン | トップ | プリズナーズ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-05-29 00:46:09
歴史改変の限界は、今のように情報が瞬時に全世界に広がらないので、記録に残されるかどうかでしょうね。記録に残されない些末な物に関してはOKとされてるっぽい。
Unknown (クマネズミ)
2014-05-29 06:25:02
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「歴史改変の限界」は「記録に残されない些末な物に関してはOK」とのご見解はさすがだなと思いました。それだと、本作には何の問題もないことになります!
ただ、「北方のテルマエ建造中に落盤事故でルシウスが死亡」などと書かれている歴史書『ローマ帝国の繁栄と滅亡』は、どこの図書館に行ったら読むことができるのでしょう?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「テルマエ・ロマエII」を観ました!!(2014-05) (馬球1964)
映画「テルマエ・ロマエII」を観ました!!
映画「テルマエ・ロマエII」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『テルマエ・ロマエII』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点はだいぶ甘めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 前作で、斬新なテルマエ(浴場)を作り上げ、一躍名声を得た古代ローマの浴...
映画『テルマエ・ロマエ?』観てきた (よくばりアンテナ)
公式HPはコチラ 2年前の前作の感想はコチラ 前作は原作の方が・・・・って思ってたので、 今回は期待もせずに映画館へ行きました。 なんと、GWだからなのか、それともコロナワールドがサービスデーだからなのか ものすごい人の行列で、 チケットを買うま...
「テルマエ・ロマエ?」 文化ギャップ (はらやんの映画徒然草)
前作は小規模での公開でしたが、関係者も驚く大ヒットとなり、たちまち続編が作られる
テルマエ・ロマエII  監督/武内 英樹 (西京極 紫の館)
【出演】  阿部 寛  上戸 彩  北村 一輝  宍戸 開 【ストーリー】 ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウスは、剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、またもや現代の日本へタイムスリップ。そこ....
映画『テルマエ・ロマエ〓』★ひとっ風呂浴びるつもりで与作ゥ〜♪ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161780/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     前作 『 テルマエ・ロマエ 』 の続編です。面白かったですねェ〜 (*^_^*)     古代ロ...
『テルマエロマエ?』 2014年4月19日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『テルマエロマエ?』 を試写会で鑑賞しました。 2回目の日本橋は何故か同じスクリーン6だった 【ストーリー】  ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませて...
テルマエ・ロマエII (勝手に映画評)
2012年に公開され、ヒットした作品『テルマエ・ロマエ』の第二作。 今回は、短編集と言う感じ。ルシウスと真実の絡みも、物語後半までは、すれ違い的な絡みばかり。ただ、前回の出会いを元とした今回の物語になっているので、真実以外の登場人物も、ルシウスの事は覚える...
『テルマエ・ロマエII』を世界に広めよう! (映画のブログ)
 「人生の目的とは、自分を魂として昇華させること。  私にとって映画は芸術だ、ビジネスである前に。」  映画史上の傑作『エル・トポ』を撮ったアレハンドロ・ホドロフスキーにそう云われては、映画はビジネスじゃなく芸術であるべきだと思ってしまう。  しかし...
『テルマエ・ロマエ?』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「テルマエ・ロマエ?」□監督 武内英樹 □脚本 橋本裕志□原作 ヤマザキマリ□キャスト 阿部 寛、上戸 彩、北村一輝、竹内 力、宍戸 開、市村正親■鑑賞日 4月27日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5...
「テルマエ・ロマエII」 (prisoner's BLOG)
前半はバラエティに近い構成。 古代ローマと現代日本を風呂を介して行き来してそのたびに現代日本の技術を古代ローマに持ち込んで成功するという趣向は一作目でやっているからルーティンとして「それからしばらくして」という字幕でぽんと済ませてしまったり、機械でやっ....
「テルマエ・ロマエ?」:停滞の2作目 (大江戸時夫の東京温度)
映画『テルマエ・ロマエ?』、まずはこのポスターがいいですね。『スター・ウォーズ』
テルマエ・ロマエII (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
テルマエ・ロマエII ムジカ・コレクティオン [CD]古代ローマと現代日本を行き来する異色コメディの続編「テルマエ・ロマエII」。目新しさはないがテンポの良さが救い。ユニークで斬新 ...
テルマエ・ロマエII (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ヤマザキマリ原作、武内英樹監督、阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、勝矢、キムラ緑子、曙、琴欧洲、菅登未男、いか八朗、松島トモ子 ...
テルマエ・ロマエII/阿部寛、上戸彩 (カノンな日々)
ヤマザキマリさんの人気コミックを実写映画化し予想外の大ヒットとなった『テルマエ・ロマエ』の続編です。ちょっと悪ノリしているようにも思える今回の宣伝を楽しんでる私は期待 ...
『テルマエ・ロマエ?』 (こねたみっくす)
ヘイ・ヘイ・ホー♪ 日本の風呂文化に多大なるカルチャーギャップを受けたテルマエ技師はジェダイの騎士にもターミネーターにもなれませんでした。あぁ〜残念。 ポスターもTVCMも ...
『テルマエ・ロマエII』 (2014) (相木悟の映画評)
抱腹絶倒のお風呂スペクタクル、再び! 確かに期待通りの面白さを提供してくれるPART2ではあるのだが…。 本作は、現代日本と古代ローマを時空を越えて風呂文化で結びつけるという奇想で、日本中を爆笑の渦に巻き込んだヤマザキマリの同名コミックの映画化第2弾。前作...
「テルマエ・ロマエ?」再び日本と古代ローマをタイムスリップした先にみた平たいスモウレスラーたちの真剣勝負と平和をもたらした混浴... (オールマイティにコメンテート)
「テルマエ・ロマエ?」は2012年4月に公開された「テルマエ・ロマエ」の続編で、古代ローマ帝国からタイムスリップしてきたテルマエ技師のルシウスが現代日本の風呂から様々 ...
テルマエ・ロマエII (だらだら無気力ブログ!)
今回、阿部寛のアレを絶妙なカメラワークで隠すシーンが無かったのは残念。
【 テルマエ・ロマエII 】HEI HEI HOU…HEI HEI HOUUU〜 (映画@見取り八段)
テルマエ・ロマエII     監督: 武内英樹    キャスト: 阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢、曙、琴欧洲、菅登未男、いか八朗、松島トモ子、白木みのる 公開: 2014年4月26日 2014年4月30日。劇場観賞 2012年...
映画「テルマエ・ロマエ?」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/4/27、109シネマズ木場、シアター3。 304席と席数は木場最大のシアターでエクゼクティブシートは満席。 中央通路前列のI列を選択。 * 阿部寛、上戸彩、市村正親、宍戸開、北村一輝、竹内力、笹野高史。 * ローマは帝国拡大路線を止め、隣国との...
『テルマエ・ロマエ?』をトーホーシネマズ日劇2で観て、そこそこ思った通りだけどそれでよしふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★見事に予告通り】   予告編にもう何点か見せ場を追加して薄めて作った映画。 であるが、そんなに悪い気はしない。 別に物凄い物が見れる筈だと身構えて足 ...
劇場鑑賞「テルマエ・ロマエII」 (日々“是”精進! ver.F)
温泉の理想郷を、作りたい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404270001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】テルマエ・ロマエ2 ムジカ・コレクティオン [ 住友紀人 ]価格:3,240円(税込、送料込) テルマエ...
テルマエ・ロマエ? (Break Time)
今日から、G/Wの始まり・・・
「テルマエロマエ ?」、ローマ時代の浴場に現代日本のお風呂文化を導入 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆   お風呂好き、異文化交流好き ☆☆☆☆ ヤマザキマリの人気コミックを阿部寛主演で映画化し、大ヒットを記録したコメディ「テルマエ・ロマエ」(2012)の続編。 前作は、興行収入60億円に手が届くという大儲けをした制作会社は、当然第2作を...
テルマエ・ロマエII (Akira's VOICE)
混浴したくなること請け合い!  
テルマエ・ロマエII ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
古代ローマの浴場設計技師が現代の日本へタイムスリップするヤマザキマリの人気コミックを実写映画化した『テルマエ・ロマエ』の続編。新たな浴場建設を命じられアイデアに煮詰まったルシウスが、再度日本と古代ローマを行き交うさまを描く。主演の阿部寛や上戸彩、市村正...
テルマエ・ロマエII (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/04/26公開 日本 112分監督:武内英樹出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢 世紀のSF(すごい風呂)超大作 [Story]古代ローマ帝国。平たい顔族(日本人)のアイデアを採り入れた斬新なテルマエ(浴場)を作って...
テルマエ・ロマエ? (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
古代ローマの浴槽設計技師が現代日本にタイムスリップして引き起こすコメディだ。力士や最新のシャワー・トイレに源泉掛け流しの温泉などがヒントになって、古代ローマの難題を解決していく。バカバカしい内容だけど、鑑賞後の爽快感がたまらない。
映画「テルマエ・ロマエII」  (またり、すばるくん。)
言わずと知れたお風呂映画の第2弾。
「テルマエ・ロマエ ?」 (ここなつ映画レビュー)
前作は、あまりに原作漫画を読み込み過ぎて、期待と知識が作品の展開と合わず空回りしたような雰囲気を感じ、まあもういいかな、続編出ても観に行かないだろうな、と思っていたものの、やはり「?」が出てしまうと行かざるを得ず…っていう強制力は何に関してもないのだし...
テルマエ・ロマエ?/映画 (あるがまま・・・)
公式HP ヤマザキマリの人気コミックを阿部寛主演で実写化し、 大ヒットを記録したコメディ「テルマエ・ロマエ」(2012)の続編。 斬新なテルマエ(浴場)を作ったことで一躍人気者になった 古代ローマの浴場設計士ルシウスは、コロッセオに グラディエーターたちを癒す....
テルマエ・ロマエII (単館系)
テルマエ・ロマエII ユナイテッド・シネマ浦和 4/26公開 ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、 剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、 またもや現代の日本へタイムスリップ。 ...
映画 テルマエ・ロマエ? (こみち)
JUGEMテーマ:邦画 JUGEMテーマ:映画館で観た映画   冒頭は1作目の方が面白かったのにと思ってしまう程   スローな始まりでした。しかし、中盤から大いに盛り上がり   平たい顔族のパロディー満載。  ...
『テルマエ・ロマエII』('14初鑑賞37・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 4月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:45の回を鑑賞。
テルマエ・ロマエII (そーれりぽーと)
観終わっても何も残らないなりに原作の読者を納得させる笑いと勢いで楽しませてくれた『テルマエ・ロマエ』の続編、『テルマエ・ロマエII』を観てきました。 ★★★ とは言え前作の★は3.5個とそう多く★を付けていた訳ではなかったけれど、今回は2.5個に減ってしまいま...
『テルマエ・ロマエ?』(2014)大ヒットした前作をさらにパワーアップした第二弾! (良い映画を褒める会。)
 前作『テルマエ・ロマエ』が最高に楽しく、見終ってから、さっそく近くのスーパー銭湯になだれ込むほどでした。さすがにここまでやる人はいないだろうなあと思っていましたが、じつは周りにもぽつぽつと同じ行動をとった人が何人もいました。
テルマエ・ロマエ? 劇場にて鑑賞  (愛知女子気侭日記)
今度は前作より評判がいいとの事で見に行きました♪ 漫画に出て来た風呂が登場しましたわ あの滑り台やりたい しかし阿部寛の肉体美スゴいよー!! 相変わらずヒロインはいなくてもいい内容だったわ 風呂のお話なのに不自然に露出がなさすぎる‥ せめて上半...
「テルマエ・ロマエ?」&「そこのみにて光輝く」〜鮮やかなコントラストに浸る (酔生夢死浪人日記)
 1995年の阪神淡路大震災、そして2011年の東日本大震災……。この16年の間、俺の感性は大きく変化した。情緒化、和製化が進行し、今では桜,蛍、花火、紅葉と四季の移ろいに親しむようになった。  神戸の甚大な被害を別世界のように眺め、東京で享楽の日々を過ごしてい...
「テルマエ・ロマエ?」☆漫画原作の落とし穴 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まあ、面白い。普通に面白い。 前日に「テルマエ・ロマエ」の1作目が放送されたこともあって満席の会場も、和やかに笑ってはいるものの爆笑ほどではなかった。 ぐっと原作に近い(と思われる)マンガちっくな仕上がりは、本来のこのお話の良さを忘れかけていて・・・・
そこそこ笑えます (癒し系!?税理士の爆笑??商売繁盛記)
みなさん、こんばんは。 今日は夏日のところも多く、半袖姿の人を多く見かけました。夏も、すぐそこまできているのでしょうか。 さて、今日は帰りがけに映画を観てきました。 『テルマエ・ロマエ?』 前作と比べ、どの程度の出来なのかと思いきや・・・。個人的には、....
映画『テルマエ・ロマエ?』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
前作公開時は、原作コミックにはまって 漫画から記事まで隅々まで 読み漁っていた頃でした。   そして、今回続編映画化と聞
『テルマエ・ロマエ II 』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『テルマエ・ロマエ II 』を観てきました。 いやぁ〜あのポスターいいですね〜スターウォーズ好きとしては、たまらんです。 桶で受け止めているのがいいですね。横のレイア姫風の上戸さんが素敵です(^^) 物語は、前作の続編ですが、前回ほどのインパクトがなかったし、な...
[映画『テルマエ・ロマエ2』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった。  実は、私、『1』では中盤から非常に退屈感を感じていた。  それは、古代ローマの公衆浴場技師のルシウスが、現代日本にタイムススリップし、日本の浴場状況にいちいち感嘆するというギャップネタに笑うといった流れが、映画版故に、後半から大きなエ...
映画『テルマエ・ロマエ?』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-39.テルマエ・ロマエ?■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:112分■料金:1,100円■観賞日:5月1日、TOHOシネマズ日劇(有楽町) □監督:武内英樹◆阿部寛◆上戸彩◆北村一輝◆竹内力◆宍戸開◆市村正親◆笹野高史◆キムラ緑子◆曙◆白...
テルマエ・ロマエII (まてぃの徒然映画+雑記)
阿部寛の顔芸にまたも笑わされました。 原作漫画を読んでないから分からないけれど、ルシウス(阿部寛)が平たい顔族(現代日本人)の先進的?なお風呂技術を取り入れるネタは、入浴剤からウォータースライダー、果ては温泉街のラーメンやモグラ叩き、射的遊び、湯畑ま....
テルマエ・ロマエII (いやいやえん)
【概略】 斬新なテルマエ(浴場)を作り、一躍人気者になったルシウス。しかし、新たなテルマエの建設を命じられた彼は、再び現代日本へタイムスリップしてしまう。 ドラマ・コメディ 世紀のSF(すごい風呂)超大作! ! 全世界が沸いた――。 ↑このキャッチ可笑しい...
テルマエ・ロマエ II (銀幕大帝α)
2014年 日本 112分 コメディ 劇場公開(2014/04/26) 監督: 武内英樹 原作: ヤマザキマリ 出演: 阿部寛:ルシウス 上戸彩:山越真実 北村一輝:ケイオニウス 竹内力:館野 宍戸開:アントニヌス 笹野高史:山越修造 市村正親:ハドリアヌス キムラ緑子:山越...