映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

私の男

2014年06月27日 | 邦画(14年)
 『私の男』を渋谷HUMAXシネマで見てきました。

(1)浅野忠信が出演する作品というので映画館に行ってきました(注1)。

 本作の冒頭は、流氷の海の中から少女の二階堂ふみ)が這い上がってきてニッと笑う場面。
 次いで、場面は、様々な物(中には死体も)が流れ着いている海岸で、泥だらけになった女の子(幼い花:山田望叶)が這い出てきて、立ち上がって歩いていきます。
 遠くでは爆発が起き火の手が上がります。どうやらこれは1993年に奥尻島を襲った地震の現場のよう。
 その女の子は、途中で出会った淳悟浅野忠信)の後をついて回ります(注2)。
 結局、淳悟は花を引き取ることになって、奥尻島から住まいのある紋別へ。
 さあ、二人の生活はどのように展開していくのでしょうか、どうして、花は流氷の海から這い上がってくるのでしょうか………?

 冬の紋別を背景に浅野忠信と二階堂ふみとの二人だけの濃密な生活が描かれていて(注3)、素晴らしい文芸作品に仕上がっているなと思いましたが(特に、本作における二人の演技は舌を巻く凄さです:注4)、ただ作中の2件の殺人事件がそのままになってしまっている点などに少々違和感を覚えました(注5)。

(2)本作は、原作の小説(注6)の構成などをかなり変えて制作されています(注7)。
 本作の脚本を担当した宇治田隆史は、劇場用パンフレットに掲載されている文章の中で、「この世界が花の目にどう映っているのか。脚本ではそこに焦点をあわせて脚色しました」とし(注8)、「原作では章ごとに時系列を遡っていく形で書かれています」が、「整理し切れない部分が多くある気がして、時系列を普通にしてみたらまずはどうか?割りと早いうちからそう考えて作業に入りました」と述べています。
 確かに、原作の第1章「2008年6月 花と、ふるいカメラ」では、本作のラストで扱われる結婚式のことが書かれています。そして、原作の終章の「1993年7月 花と、嵐」では、幼い竹中花が遭遇した奥尻島での地震のことが書かれていますが、これは本作の冒頭直後の出来事です。
 このように通常の時系列に沿って本作が制作されているために、観客の理解が容易になっていることは事実でしょう。
 ただ、原作を読む場合、その後どうなったんだろうと立ち止まらなくても済むところ(なにしろ時間の流れが過去に向いているのですから)、逆に本作のようにまともに時系列的に辿られると、2つの殺人事件はいったいどう解決するのだろうという疑問がことさらに湧いてきてしまいます。
 あるいは、花は前だけを向く強い性格なのかもしれませんし、そうした花に淳悟は引きずられてしまったのかもしれません。でも、それと殺人という罪に目を瞑ることとは話の次元が違うような気がしてしまいます。
 罪を犯したことに正面切って立ち向かわなければ、いくら花と淳悟の愛が強いものであっても(そのことがラストでも暗示されていますが)、所詮は“腐った”関係(注9)に過ぎないのでは、と思えます。

 それと、大したことではありませんが、地元の実力者である大塩藤竜也)の殺人事件を追う紋別警察署の警察官・田岡モロ師岡)が、本作の場合、証拠の品として淳悟に見せるのはメガネですが、原作では大塩が持っていたカメラです。
 本作で花がかけているメガネはとても印象的だとはいえ(注10)、カメラほど決定的な証拠品になりえないのではないでしょうか(注11)?

 また、原作では、花子が結婚する相手は尾崎美郎高良健吾)ながら、本作では、別人の大輔三浦貴大)となっています。確かに、本作のように、淳悟によって体の匂いまで嗅がれて嫌な目に遭った美郎が花と結婚までするようには思えないところ、そうは言っても大輔の登場は唐突以外の何物でもありません(注12)。

 さらにいえば、本作において、奥尻島紋別との関係がどうなっているのか始めのうちはよくわかりませんでした(注13)。
 なぜ、奥尻島とはまるで離れたところに位置する紋別の人間が二人(淳悟と大塩)もその島に来ていて、結局淳悟が花を紋別に連れて行くことになり、その紋別で事件が起こることになるというのも、台詞が極端に少ないこともあって中々捉えがたいところです。

(3)渡まち子氏は、「雪に閉ざされた世界を舞台に禁断の愛を描く「私の男」。北海道パートの映像が素晴らしく魅力的」として65点をつけています。
 相木悟氏は、「氷のように冷たく、人肌のぬくもりが生々しい、怪しい香りに捕らわれる濃密作であった」と述べています。



(注1)本作の監督は、『夏の終わり』『海炭市叙景』『ノン子36歳(家事手伝い)』の熊切和嘉

(注2)劇場用パンフレットに掲載の年表「北海道奥尻島から東京へ 淳悟と花の十六年間」に従えば、奥尻島に地震があった時(1993年夏)、花は10歳で、花を引き取ることになった淳悟は27歳。
 後に、淳悟が東京のタクシー会社で働いている際に(2000年)、同僚(康すおん)から「娘っていくつよ?」と聞かれ、「17歳」と淳悟が言うと、さらに「あんたは?」と尋ねられ「34歳」と答えて呆れられています。

 ただし、その年表に「淳悟(16歳)、半年間だけ奥尻島の竹中家に滞在」とあるところ、映画の中で花に「奥尻に来たことがあるの?」と聞かれて「中学の時、半年くらい」と淳悟が答えていることからすれば(原作でもそうなっています:P.372)、やや歳が合わないような感じがします(16歳で中学?)。
 これに対して、原作では、奥尻地震の時の花は9歳とされ(P.347)、また2000年に淳悟がタクシー会社で働いているときは16歳と32歳となっています(p.163)。
 これだと、淳悟は15歳の時(1983年)に奥尻島に半年間滞在し、翌年花が生まれたということになり、年齢的につじつまが合ってくるのではないかと思われます。

 なぜ、映画ではわざわざ原作の年齢の引き上げを行っているのでしょうか?

(注3)例えば、花と淳悟が性的な関係を持つシーンでは、赤い雨が部屋の中に降ったりして、とても幻想的な素晴らしい映像となっています。

(注4)最近では、浅野忠信は『終の信託』、二階堂ふみは『四十九日のレシピ』でそれぞれ見ています。



 また、高良健吾は『武士の献立』、藤竜也は『スープ・オペラ』でそれぞれ見ています。
 さらに、幼少時の花を演じる山田望叶は、現在放映中のNHK連続テレビ小説『花子とアン』においても、安東はな(吉高由里子)の幼少時を巧みに演じています。
 淳悟が働くタクシー会社の同僚役で康すおんが出演していますが、彼は『もらとりあむタマ子』で父親役を演じていました。

 なお、紋別における淳悟の恋人・小町を演じている河井青葉そのインタビュー記事)については、体当たりの演技もさることながら、二階堂ふみとのやり取りでも確かな演技力が伺え、今後注目したいと思います。



 (クマネズミの見間違いかもしれませんが、小町の裸の背中に様々な傷があるように見えました。これはもしかしたら、淳悟の性的嗜好を表すものではないか、そうだからこそ淳悟は、実の母親の首を絞めたり、田岡に対しても残酷な仕打ちをしてしまうのではないか、と思ったりしました。ただ、花に対してはそうした性的嗜好を示しませんから、こんな解釈はできないのかもしれません)。

(注5)本作では、ドボルザークの交響曲「新世界より」の第2楽章の有名な旋律が何度も使われています。本作の音楽を担当したジム・オルークは「もともとの作品は結構大袈裟な感じがあるので、雲散霧消的な印象が残るようにアレンジしました」と述べているとはいえ(劇場用パンフレット)、どうアレンジしようと「遠き山に日は落ちて」「家路」以来の固定したイメージが同曲にはまとわりついていて、本作の自由な鑑賞を妨げることになるのではないかなと思いました。

(注6)直木賞を受賞した桜庭一樹著『私の男』(文春文庫)。
 作家名から男性とばかり思い込んでいたところ、女性なんですね。
 なお、くだらないことながら、原作のP.348に「こころのどこかでずっと、ここが自分の居場所ではなくて、ほんとうにいるべき場所がほかにあるような気がしていた」と書かれていますが、つい最近見た『春を背負って』を制作した木村大作監督も同じようなことを言っていたなと思い出しました(拙エントリの「注6」をご覧ください)。

(注7)以下のように申し上げるからといって、原作者は原作に忠実でなければならないなどとクマネズミが考えているわけでは毛頭ありません。

(注8)原作では、章ごとに語り手が変えられていて(例えば、第1章は花、第2章は尾崎美郎、第3章は淳悟、というように)、全体として様々な視点から一つの物語が語られていることになります。
 とはいえ、例えば、P.9の「泣き笑いのような表情を浮かべて男を出迎えた」といった表現は、第3者的視点からのもののように思えますが(語り手を変えるのであれば文体も変える必要がある者と思います)。

(注9)淳悟の名字が「腐野」(この記事によれば、実在する名字ではなさそうです)。
 映画の中で「くさりの」と言われても、漢字は全然思い付きません!

(注10)劇場用パンフレット掲載の阿部嘉昭氏のエッセイ「熊切和嘉が描く「流浪」とそのなかの「不変要素」」では、「十三歳時に眼鏡を着用したとおぼしい花は以後、ずっとガラス=氷状のものを介して世界を見ている」などと述べられています。



(注11)尤も、原作では、カメラの中に入っていたフィルムをまだ現像していないと田岡は言っています。殺人者の「顔をもう一度見て、確信してからにしたかった」と田岡は言うのですが(P.176)、淳悟ならずともよく理解できない理屈です。花の顔が写っていることは確かなことであり(P.257)、周りくどいことをせずにそのフィルムを現像しさえすれば、彼女を簡単に逮捕できるのですから(昔なじみに気を使ったとでも言うのでしょうか)。

(注12)原作でも、本作同様、美郎は淳悟と花とが住む家に行き、その生活ぶりの一端を垣間見ていて(第2章「美郎と、ふるい死体」)、その上で美郎は花と結婚するのですから、何も花の結婚相手として新たに大輔(どういう人物なのかマッタク描き出されません)を創りださなくともと思えるのですが。

(注13)実のところを言えば、劇場用パンフレットに掲載されている「相関図」によってなるほどそうだったのかと理解できたような次第です。



★★★☆☆☆



象のロケット:私の男
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春を背負って | トップ | 超高速!参勤交代 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『私の男』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「私の男」□監督 熊切和嘉□脚本 宇治田隆史□原作 桜庭一樹□キャスト 浅野忠信、二階堂ふみ、高良健吾、藤竜也、モロ師岡、        河井青葉、太賀、相楽樹、三浦誠己、安藤玉恵、三浦貴大■鑑賞日 6月15日(日)■劇場...
私の男〜この世の終り (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。桜庭一樹原作、熊切和嘉監督。二階堂ふみ、浅野忠信、モロ師岡、河井青葉、山田望叶、太賀、三浦誠己、三浦貴大、広岡由里子、安藤玉恵、吉村実子、高良健吾、藤竜也 ...
私の男/浅野忠信、二階堂ふみ (カノンな日々)
第138回直木賞に輝いた桜庭一樹さんの同名小説を熊切和嘉監督が浅野忠信さんと二階堂ふみさんの主演で映画化した作品です。この原作は読んでませんが、過去に桜庭一樹さんのライト ...
映画『私の男』観たよ (よくばりアンテナ)
公式HPはこちら。 原作の感想はコチラ。 イメージ通りの暗さ・・・(; ^ω^) 原作も読んだ後にどよ〜んとした気分になってたので、 これを映像で観るか!?と思いながらも、 二階堂ふみさんのものすごい演技をしっかりと見なくては!と 覚悟して観て参り...
私の男 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
私の男 (文春文庫) [Kindle版]雪に閉ざされた世界を舞台に禁断の愛を描く「私の男」。北海道パートの映像が素晴らしく魅力的。北海道・奥尻島を襲った大津波によって家族を失った10歳 ...
私の男 ★★★ (パピとママ映画のblog)
直木賞作家・桜庭一樹によるベストセラー小説を、『海炭市叙景』などの熊切和嘉監督が映画化。流氷に閉ざされた北海道と東京を舞台に、孤児となった少女と彼女を引き取ることになった男の禁断の関係を描き出す。互いに秘密を抱え寄り添うように生きる父と娘には、浅野忠信...
『私の男』 (2014) (相木悟の映画評)
底なし沼に引きずり込まれし情愛劇! 氷のように冷たく、人肌のぬくもりが生々しい、怪しい香りに捕らわれる濃密作であった。 本作は、人気作家、桜庭一樹の直木賞受賞作の映画化。メガホンをとったのは、コンスタントに良質な作品を送り出す我らが熊切和嘉だ。満島ひ....
私の男 (とりあえず、コメントです)
桜庭一樹著の同名小説を熊切和嘉監督が浅野忠信&二階堂ふみ主演で映画化した人間ドラマです。 直木賞受賞作の原作は未読でしたけど、この2人でどんな作品を創り上げるのか気になっていました。 想像以上に強烈な人間関係に圧倒されながら、最後まで二人の愛の行方から目...
「私の男」禁断の域を知られてしまった先にみた禁断の域を作った男の誤った対処法と絶望の中で生き抜くしかなかった2人の運命 (オールマイティにコメンテート)
「私の男」は1993年7月に北海道奥尻島で北海道南西沖地震で津波で家族を失った少女が親戚の男に引き取られ、その男と生活するうちに禁断の域を超えてしまい過ちをそれぞれ犯 ...
「私の男」:危険なふたり (大江戸時夫の東京温度)
映画『私の男』は、今年の各ベストテン上位に入って来るに違いない力作であり問題作。
私の男 (映画好きパパの鑑賞日記)
 モスクワ映画祭W受賞で話題を呼びましたが、前半はすごい傑作だったものの、後半は尺が足りない感じがしきり。北海道の大自然と東京のごみごみした景色の対比なのかもしれませんが、映像的にも後半はいま一つでした。  作品情報 2013年日本映画 監督: 熊切和...
『私の男』 2014年6月21日 MOVIX亀有 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『私の男』 を鑑賞しました。 この映画は共感するところはないんだけど、凄い演技と二階堂ふみの七変化ならぬ 変わりっぷりに魅力を感じた ネタばれを含みますので、気になる方は読まないでください 【ストーリー】  奥尻島に猛威を振るった津波によって孤児となった...
私の男 (まてぃの徒然映画+雑記)
二階堂ふみと浅野忠信が禁断の愛を演じるサスペンスドラマ。 北海道南西沖地震、奥尻島の津波で両親を失った花(二階堂ふみ)は、遠縁の淳悟(浅野忠信)に養女として引き取られる。数年後、紋別で淳悟と高校生になった花は2人暮らしをしている。流氷が接岸し、淳悟がま...
海鳴り〜『私の男』 (真紅のthinkingdays)
 天災により家族を喪った少女・花(二階堂ふみ)は、遠縁の男・淳悟(浅野忠信) に引き取られる。オホーツクに面した北の街で、父と娘として生きる二人だった が・・・。  桜庭一樹が直木賞を受賞した同名小説を、熊切和嘉が映像化。原作は、なん とも言えない...
私の男 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
私の男 '13:日本 ◆監督:熊切和嘉「夏の終り」「ノン子36歳(家事手伝い)」 ◆出演:浅野忠信、二階堂ふみ、高良健吾、藤竜也、モロ師岡、河井青葉、山田望叶、三浦誠己、三浦貴大、広岡由里子、安藤玉恵、竹原ピストル、太賀、相楽樹、康すおん、吉本菜穂子、松山...
私の男 (2013日本 R15+) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
桜庭一樹の第138回直木賞受賞の同名小説を、「海炭市叙景」「夏の終り」の熊切和嘉監督が映画化したのが「私の男」だ。禁断の父娘関係を官能的に描いているため、年齢制限が付いてしまった。それどころか、話題のシーンの撮影は、わざわざ二階堂ふみが18歳になるのを待っ...
私の男 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:熊切和嘉 出演:浅野忠信、二階堂ふみ、モロ師岡、河井青葉、山田望叶、竹原ピストル、高良健吾、藤竜也 【解説】 直木賞作家・桜庭一樹によるベストセラー小説を、『海炭市叙景』などの熊切和嘉監督が映画化。流氷に閉ざされた北海道と東京を舞台に、孤児となっ....
私の男 (いやいやえん)
【概略】 10歳で孤児となった少女・花は遠縁の男・淳悟に引き取られ、北海道の田舎町で寄り添うように暮らしていた。6年後、流氷の上で殺人事件が発生し…。 ドラマ 「何したって、あれはあたしの全部だ」 北海道南西沖地震で両親を亡くした女の子が遠縁の男に...