映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

麒麟の翼

2012年02月10日 | 邦画(12年)
 『麒麟の翼』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)原作が、勤務先に近い日本橋を舞台にしている東野圭吾氏(注1)の「新参者」シリーズの一つだと聞きこんだので見に行ってきました。
 確かに、冒頭とラストは、まさに日本橋のど真ん中にある翼のある麒麟像で、また人形町の水天宮を中心とする神社なども関係してきますので、随分と親近感を持てます。
 ただ、ミステリーとしてはそれほど大した謎でもなく(注2)、このところ何度か映画で取り上げられている父と子との関係如何(注3)といったことが中心的なテーマになっていることもあって、今一の感じがしてしまいました。

 物語は、ある金属加工業を営むメーカーの会社幹部の青柳中井貴一)が、胸を刺され瀕死の状態で日本橋まで辿りついて、そこで事切れてしまうところから始まります。
 警察は、当初、現場近くに潜んでいた青年・八島三浦貴大)を容疑者としますが、直後の交通事故で意識不明のまま死亡してしまいます。
 その後、青柳の行動を辿って行くと、通勤ルートからかなり外れている日本橋界隈(注4)に、このところ足繁く訪れていることがわかります。
 そのうちに、青柳の息子(松坂桃李:『アントキノイノチ』で印象に残る演技をしました)が問題の鍵を握っていることがわかってきます。どうも、彼が高校3年生だった3年前の夏に、学校で何かあったようなのです。そして、……。



 例によって、阿部寛が扮する加賀刑事と溝端淳平の松宮刑事のコンビが、次第に謎を解いていきます。その際には、いつものように、人形町の和物を売っている小間物屋を加賀刑事がよく知っていることとか、日本橋七福神などがヒントになったりします。



 でも、結局は、息子が、父親と疎遠になってしまってはいたものの、父親が自分のことをいつも気にかけていてくれたことを知るに至る、などという通俗的な結末を迎え、かつどうでもいいような人生訓話を何度も聞かされたりすると(注5)、随分お金をかけて作られた映画に違いないものの、2時間のTVドラマで十分ではないか、という気にもなってしまいます。

 阿部寛は、一昨年は『劇場版TRICK』や『死刑台のエレベーター』、昨年は『ステキな金縛り』と見ましたが、どの映画でも存在感あふれる演技を披露していて、本作の加賀刑事役もまさに適役ではないかと思いました。

 本作には、主人公と絡むヒロインは登場しませんが、容疑者の嫌疑をかけられた青年の恋人役に新垣結衣が扮していて、『ハナミズキ』以来ですが、少しの間に随分と大人になったな、と思いました。今後さらに飛躍が期待されるところです。




(2)本作のメインの話からはズレますが、派遣社員の弱い立場、ひいては企業の隠蔽体質(注6)が描かれている点も注目されます(といって、こうした点も従来からよく取り上げられてはいますが)。
 青柳が製造本部長を務める会社の工場では、作業効率を上げるために、通常インターロック機構をオフにして作業をしていたところ、そのために怪我を負ってしまった派遣社員・八島(三浦貴大)に対して、その事実が労基署にばれてしまうのをおそれて、会社の方は労災認定の申請をしませんでした(注7)。
 八島は、その後、同工場をクビになってしまいますが、その時に負った怪我のせいだと考えていたようで、会社のやり方に不満を持っており、それを聞きつけた警察の方は、八島が事件の犯人として十分な動機を持っていると考えました。
 というのも、同工場の責任者は、殺された製造本部長の青柳だからです(八島は、青柳が頻繁に工場に視察に来るのを、作業中に見ていて知っていましたから)。
 このインターロックを巡る話を警察(松宮刑事)にしたのは、同じ派遣社員である横田柄本時生)です。ただ、自分たちは派遣社員だから、そうした問題について会社に申し入れをすることができない、そんなことをしたら簡単にクビを切られてしまう、と話します。
 としたところ、この話は、警察幹部の口を通してマスコミに流され、被害者である青柳の家族に対して、世間が批判的な目で見るようになり、その長女が自殺を図るまでの騒ぎになってしまいます。
 実際のところは、横田(柄本時生)が、「インターロックのことは青柳さんは知らなかったはず、すべて工場長(鶴見辰吾)止まりだった」などと松宮刑事に述べて一件落着。ですが、それは映画の観客にとってであって、映画の中においては、この関係の話はそれ以上何も進展しないままジ・エンドとなってしまいます(注8)。

 様々の精緻な自動制御装置が開発され、それが現場で取り付けられていても、実際のところは、効率の妨げになるとオフ状態にされていることが多いのは、現実に事故が起きてからよく聞かされることです。
 この映画においては、それが八島の死にまでつながるのですから、放っておける問題ではないのではと思えてきます。
 この映画がなんだか釈然としないのは、メインの事件の描き方もさることながら、こちら問題がが手つかずに残ってしまっていることもあってのことではないでしょうか?

(3)渡まち子氏は、「共に、近年、日本映画で最も頻繁に“顔を見る”役者が共演しているのが何ともゴージャスだ。事件の性質上、2人が顔を会わせるシーンはないのだが、子を思う父の姿を静かに熱演した中井貴一の存在感が印象的だった」などとして60点をつけています。





(注1)東野圭吾氏の作品を映画化したもので見たものは、『白夜行』のエントリの「注2」に記載したものに加えて、『夜明けの街で』があります。

(注2)こうした映画を見つけていると(あるいはそうでなくとも)、当初犯人と目された人物がそのまま真犯人になることはまずないなと考え、むしろ意外な人物が犯人となるに違いないと身構えます。でも、結局、ラストになって明かされる犯人がそれほど意外性をもっていないと、何なんだこのミステリーはと作品を批判するようになるでしょう!

(注3)父が子に伝えるという点に関しては、昨年6月12日のエントリの(3)でも触れたところです。

(注4)青柳の自宅は練馬区で、会社は新宿にあります。

(注5)加賀刑事が、「3年前、真実を避けなければ、お父さんが死ぬことはなかったんだ。お父さんは、もっと君と向き合おうとしていたはずだ。君がちゃんと向き合っていれば、お父さんは、杉野君に話を聞こうとはしなかったろう」、「お父さんは、何としてもあの麒麟像まで辿りつきたかったのだ。勇気を持て、真実から逃げるな、正しいと信じたことをやれ、というメーッセージだ」と話したり、また学校の教師(劇団ひとり)に対して、「3年前に犯罪を隠蔽することを教えたあんたに、人を教育する資格はない」などと話します。
 ですが、すべて、事後的に、当事者ではない立場に立って、随分と高いところから物を申しているようにしか聞こえませんが。
それに、青柳の父親(中井貴一)は、息子のブログを盗み見て事件の真相を知ったにもかかわらず、なぜ息子に問いたださずに、息子の友達の杉野に話を聞こうとしたのでしょう?
 青柳の死は、3年前のことも確かにありますが、自分の方でも息子ときちんと向き合おうとしなかったことも原因とは考えられないでしょうか?そうしたことについて、加賀刑事が口を差し挟む余地があるとも思えないのですが?

(注6)昨年は、東京電力の福島原発事故を巡ってその隠蔽体質が大問題となりましたし、またオリンパスの損失隠しも明るみに出ました。

(注7)というよりも、派遣元の会社に対して、労災申請をしないように派遣先が圧力をかけていたようです。

(注8)青柳の息子が工場長を駅で殴りつけたりしますが、むろん、そんなことをしても何の意味もありません。




★★★☆☆




象のロケット:麒麟の翼
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒミズ | トップ | 月光ノ仮面 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
労災隠し (KGR)
2012-02-11 01:28:21
労災隠しが事件を複雑にしていた点はおもしろかったと思いますが、おっしゃるように鶴見信吾が殴られて終わりかよって気はしました。
あのままでは青柳武明は浮かばれません。

(注5)のご意見はごもっともですが、小説(未読)の設定では加賀恭一郎は、大学卒業後、一時教師をしていて何らかの原因で教師を辞めたことになっています(by Wiki)
劇団ひとりに辛辣な意見を吐いたのはそのあたりのことがあるのかも、と思いましたがどうなんでしょう。
Unknown (ほし★ママ。)
2012-02-11 15:27:12
コロンボ刑事や古畑任三郎とは違い
捜査本部が見込んだ犯人とは違う真犯人を
独特のカンと捜査で見つけるのが加賀刑事なので
最初の被疑者は、ダミーだとはわかっているのですが
それにしても、この「労災隠し」の扱いはヒドイと私も思います。
あんなにマスコミが騒ぎ、息子は友だちに村八分
娘は自殺未遂までするんですものね。
 
教師の件も、元々教師が考えた危険な練習方法を
生徒たちが真似して、行ったための事故で
教師は自己保身の為に事故を隠ぺいするのですが
その辺の描写も全く足りませんでしたね。
お礼 (クマネズミ)
2012-02-12 06:43:58
「KGR」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「(注5)」に関して、加賀刑事が「一時教師をしていて何らかの原因で教師を辞めたこと」が関係しているのでは、との貴重なご意見を誠にありがとうございます。
「新参者」シリーズの原作は読んだことがありませんので、「何らかの原因」とは何なのか興味を惹かれます。

おっしゃるとおりです (クマネズミ)
2012-02-12 06:53:50
「ほし★ママ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「労災隠し」は、真犯人を観客から隠すために導入される話でしょうが、最初に登場する八島が真犯人でないことはミステリー物の常道ですから、そのために使われたとしたら深刻すぎるのでは、と思ってしまいました。
教師の件も、一刑事があそこまで言うのかなと言う感じです。
おそらく、TOHOシネマズ渋谷の大画面を前の方で見たために、アラが目立ってしまったのかもしれませんが!
大画面でしたか! (ほし★ママ。)
2012-02-12 09:53:49
あっ、わかります。
これは、おこたでみかんを食べながら観た方が
ずっと心に沁みるだろうなぁって事。
もちろん、逆の体験したくて映画館に行くんですけどね。
Unknown (愛知女子)
2012-02-12 15:35:28
クマネズミさん、こんにちは。
どうもトラバとコメントありがとうございます。
日本橋に馴染みがおありですか。
いいですね。
ところで世間の父と息子の関係ってどういうものかよく分からないのですがこのようにコミュニケーションが疎遠な関係は珍しくないのでしょうか。女子ばかりの家系なのでちょっと気になりました。
劇中、息子が父親の事をどう思っているのか、様子が変わっていく過程は興味深かったです。


大画面 (クマネズミ)
2012-02-12 22:00:18
「ほし★ママ」さん、再コメントをありがとうございます。
クマネズミは、贅沢なことを言い過ぎているようです。あんな大画面で映画を見ることが出来ること自体を感謝しなくてはならないのでしょう。
でも、『ミッション・インポッシブル』と同じ画面で『麒麟の翼』ですからね(方や「ブルジェ・ハリファ」、方や「水天宮の折り鶴」)!
父と子 (クマネズミ)
2012-02-12 22:11:00
「愛知女子」さん、TB&コメントをありがとうございます。
父親は、男の子にとって、基本的なところをシッカリ見ていてくれれば十分、といった存在なのではないでしょうか?それを何かと口喧しくいわれると、息子の方ではつい反抗的な態度をとってしまい、関係の修復に時間がかかってしまう、ということではないでしょうか(ありきたりな言い方で恐縮です)?
実は (ふじき78)
2012-02-12 23:09:28
私の頭の中では、鶴見辰吾は殴られた時に偶然できた傷が原因で破傷風になり、うんうん苦しんで死んだ事にしてるので問題なしです。
傷害罪 (クマネズミ)
2012-02-13 05:36:52
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
でも、そうだとしたら、青柳悠人は少なくとも傷害罪であり(「偶然できた傷が原因」という点が証明された場合で、普通なら傷害致死罪では?さらに、工場長を駅で待ち構えて殴って死に至らしめたとしたら、故意性が認められて殺人罪にならないでしょうか?)、「真実を避けてはならない」とする加賀刑事らは、その罪でも青柳悠太を逮捕する必要がでてくるでしょう!
その場合には、吉永友之に対する傷害罪と合わせて、かなり罪が重くなってしまうのではないでしょうか?
といえ、そこに茶沢景子が現れて、「頑張れ」と励ますようになれば、また話は新たな展開を迎えるのでしょうが!
Unknown (ふじき78)
2012-02-13 22:42:06
劇中「起訴しない」と言ってたので多分、罪には問われないでしょう。
Unknown (クマネズミ)
2012-02-14 04:39:46
それは、「破傷風になり、うんうん苦しんで死んだ」というその後の展開を見ていないからではないでしょうか?
それに、そうなったら、“真実に目覚めた”悠人少年は、自分から進んで警察に出頭するのではないでしょうか?
翼は活かせたのか (あ鳳凰)
2012-02-22 23:29:43
  日本のドラマや映画を見る楽しみの一つは、背景・舞台への興味がつなぐこともあります。本作は、日本橋を舞台にするもので、この地には殆ど行かないので、翼をもった麒麟の像があることすら知りませんでした。キリンは「四霊」と総称される霊獣の1つだそうで、昔、北京で見た「四不象(シフゾウ、スープシャン)」を思い出します。この動物の部位が、シカ、ラクダ、ウシ、ロバに似ているが、そのどれでもないとされるが、普通に見ると何も特徴がなさそうにも思われました。この辺が実在と想像との違いなのでしょう。
  この映画の事件の契機がやや些少な感じがあるのと、誰かがもう少し違う思考で対処すると悲劇には向かわなかったのではないかと思われたり、物語として都合のよすぎるような展開がいくつかありましたが、ともあれ、観光案内的な娯楽作品として見れば、まずまずくらいの出来ではないかとも思われます。余計な話ですが、新垣さんは久しぶりに見ましたが、あまり美人ではなくなったのかなぁという感じもうけたところです。
  また、殺人事件の捜査本部ができていても、主人公と従兄弟の二人だけの動きで謎が殆どすべて解明されますので、ほかの警察関係者は何をしているのかという疑問もあります。そして、少年たちなど生き残った関係者は、それぞれアンハッピー・エンドということになりそうで、その後はどうなるのだろうと考えると、総じてあまり爽快感はないように思われます。だから、日本橋から翼で飛び立つのは、現実には難しいというところなのでしょうか。
翼は固まってしまったのでは? (クマネズミ)
2012-02-23 21:43:25
「あ鳳凰」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「観光案内的な娯楽作品」とまでいうのは言い過ぎかもしれないところ、「まずまずくらいの出来」という評価には同感です。
それに、「少年たちなど生き残った関係者は、それぞれアンハッピー・エンド」ですから、「あまり爽快感はない」というのも同じ印象を持ちました。
まあ、大画面ではなくTV画面で十分の内容ではないかといったところではないでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
麒麟の翼 劇場版・新参者 (LOVE Cinemas 調布)
原作は人気ミステリー作家・東野圭吾の「加賀恭一郎シリーズ」。その中の「新参者」をベースにした同名テレビドラマの映画版。東京日本橋の翼のある麒麟像の前である男が死亡するのだが、その容疑者も逃亡中に事故に遭い死亡してしまう―。主演はドラマと同じく阿部寛。...
映画「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」観に行ってきました。東野圭吾原作のミステリー小説「加賀恭一郎シリーズ」の「新参者」を基に、阿部寛主演で放送されたテレビドラマの劇場版...
麒麟の翼 (WEBLOG:e97h0017)
(C)2012 映画「麒麟の翼」製作委員会『?麒麟の翼 』( 2012年?東宝 129分 )監督:土井裕泰 脚本:櫻井武晴 出演:阿部寛、新垣結衣、溝端淳平、松坂桃李、中井貴一????????? Official ▼ / Wikipedia ▼ /?kinejun.jp?▼???????????東野圭吾原作の映像作品全般に言え...
映画「麒麟の翼」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/2/9 109シネマズ木場。 今月初映画は人気の「麒麟の翼」 TBSの息がかかっている。 人気シリーズの映画化だからやむなし。 ** 東野圭吾作、加賀恭一郎シリーズ最新作「麒麟の翼」の映画化。 阿部寛、溝端淳平、黒木メイサ、新垣結衣、中井貴一、劇....
土井裕泰監督 「麒麟の翼」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
2012年2月1日、2本目に観たのは東野圭吾原作の加賀恭一郎シリーズ「麒麟の翼」 原作は東野さんの作品の中でも、私は比較的好きな作品。 原作のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/13c546f947bb566f7ec1a68ebd4114d4 劇場公開を待ってました...
『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
連続ドラマ『新参者』とスペシャルドラマ『赤い糸』で すっかり加賀シリーズにはまり、一昨年から昨年春にかけて 『卒業』から
劇場鑑賞「麒麟の翼 劇場版・新参者」 (日々“是”精進! ver.A)
勇気を、持って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201310003/ 麒麟の翼 劇場版・新参者 オフィシャル・フォトブック マガジンハウス マガジンハウス 2012-01-23 売り上げランキング : 1850 ...
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
日本橋だョ!全員集合 公式サイト。東野圭吾原作、土井裕泰監督、阿部寛、溝端淳平、新垣結衣、中井貴一、三浦貴大、松坂桃李、田中麗奈、劇団ひとり、山崎努、菅田将暉、竹富聖花 ...
「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」 何も知らない (はらやんの映画徒然草)
東野圭吾さんの小説、加賀恭一郎シリーズをドラマ化した「新参者」の劇場版です。 例
『麒麟の翼 -劇場版・新参者-』 2012年1月24日 東商ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『麒麟の翼 -劇場版・新参者-』 を試写会で鑑賞です。 ガッキーの長い髪は可愛くなかったなぁ・・・ 【ストーリー】  腹部を刺された状態で8分間も歩き続け、東京・日本橋の麒麟(...
詰めが甘い。『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』 (水曜日のシネマ日記)
東野圭吾のミステリー小説「加賀恭一郎シリーズ」で2010年に阿部寛主演で放送されたテレビドラマ「新参者」の劇場版作品です。
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜/阿部寛、溝端淳平 (カノンな日々)
TVドラマ『新参者』は一度も観たことがなかったのですが、その後に単発スペシャルで放送された『東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!』を観 ...
映画「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」 (FREE TIME)
映画「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」を鑑賞しました。
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
東野圭吾の推理小説『麒麟の翼』を、東野作品をテレビドラマ化した『新参者』での“加賀恭一郎”役が好評を得た阿部寛主演で映画化。刑事・加賀恭一郎が、日本橋で起きた殺人事件 ...
映画  麒麟の翼 (華待月)
本日封切りの 東野圭吾原作の  麒麟の翼 を見てきました  日本橋にある麒麟像   あのきりんではなく 伝説の 麒麟麦酒に描かれてある あの麒麟です ...
「麒麟の翼〜劇場版・新参者」(2012・日) (ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー)
本日公開の阿部寛主演映画 「麒麟の翼〜劇場版・新参者」を観てきました。 原作は東野圭吾の同名小説ですがこちらは未読。 ただ、同じ主人公「加賀恭一郎」が登場する ドラマ「「新参者」は一通り観ていまして、 その流れで観に行ったよう...
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 麒麟の翼 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る東野圭吾のミステリー小説“加賀恭一郎シリーズ”の映画化「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」。ダイイングメッセージは父 ...
「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」 (みんなシネマいいのに!)
 日本橋の翼のある麒麟像の下で男性の刺殺体が発見される。 何故、被害者は腹部を刺
「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」 (俺の明日はどっちだ)
東野圭吾のミステリー小説は一時期よく読んでいたものの「加賀恭一郎シリーズ」は一切読んだことがなく、阿部寛主演で放送されたテレビドラマも全く観てはいなかったので、タイトル「麒麟の翼」に 〜 劇場版・新参者〜 という下品なサブタイトルが付いていることすら全く...
【麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜】間違ったスタート地点 (映画@見取り八段)
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 監督: 土井裕泰    出演: 阿部寛、中井貴一、新垣結衣、溝端淳平、、松坂桃李、菅田将暉、山崎賢人、三浦貴大、柄本時生、竹富聖花、宮本聖也、劇団ひとり、秋山菜...
麒麟の翼 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  さすが東野圭吾が自我自賛するだけの傑作だ。一応ミステリーを装ってはいるが、これは完全な社会派ドラマである。 オープ二ングは中井貴一紛する大企業の製造本部長が、何者かに胸を刺されながらも、日本橋の麒麟像の前まで歩き続けて絶命してしまうシーン...
【映画鑑賞】麒麟の翼 東野圭吾原作 (愛知女子気侭日記)
ちょっと日曜夕方に109シネマズに行ってまいりましたが・・・・・・。 客席ぎっしりでした! こちらの映画は以前しきりに宣伝されてましたが宣伝文句に「感動の」「泣ける」とか入れちゃうとちょっとまず...
[映画『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆かなり面白かったが、気になる点も多々ある物語だった。 ・・・日本橋付近で刺殺事件が起こり、被害者は瀕死の重傷の中で、わざわざ「麒麟の翼」像まで歩き、辿り着き息絶える。 一方、容疑者は逃走中、車に轢かれ、危篤状態となる。 被害者は、日本橋とあまり縁があ...
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (うろうろ日記)
試写会で観ました。【予告orチラシの印象】阿部ちゃんが刑事さんで事件解決するんで
「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」謎解きに感動! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[麒麟の翼] ブログ村キーワード  東野圭吾 原作、人気小説シリーズの映画化。「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」(東宝)。阿部寛演じる“刑事・加賀恭一郎”の活躍を描いた本作。なかなかよく出来た、上質なミステリー大作に仕上がっています。  東京・日本橋の麒麟...
【ネタバレ無し】「麒麟の翼」の試写会に行ってきました♪ (ぶん♪の玉手箱☆)
直前に新参者を一気に鑑賞して♪
東野圭吾原作の「麒麟の翼」 (ひろの映画日誌)
この映画の原作は読まないで出かけた。 一応ミステリーだが、謎解き的な部分が少なく、むしろ家庭ドラマだ。 東京日本橋、麒麟像のあるところで、胸を刺された男が倒れていた。男は、近くの地下道で刺されて麒麟像の所へたどり着き息絶えた。 お巡りさんが発見、すぐ警...
麒麟の翼 (★tip of the iceberg★)
お江戸日本橋の翼のある麒麟の像の下で、サラリーマンが腹にナイフを刺された血だらけの状態で発見される。 その繰り返し流れるコマーシャルと、『愛に泣く』のコピーがどうにも繋がらず、テレビシリーズの『新参者』が好きだったこともあり、観て来ました。 本当に泣け...
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (だらだら無気力ブログ!)
中井貴一の存在が良かった。
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 (勝手に映画評)
原作者東野圭吾自身が、シリーズ最高傑作と言う『麒麟の翼』の映画化作品。 原作は読んでいてその面白さは知っていたのですが、本は面白いのに映像化されるとイマイチと言う事が良くあるので、ちょっと心配していたんですが、その心配は杞憂だったようです。ここに至るま...
「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」隠ぺいされた真相に辿り着いた先に待っていた真実は誰にも欺けないキリンノツバサ (オールマイティにコメンテート)
「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」は2010年4月に放送されたドラマ「新参者」の続編となる作品で、日本橋の麒麟像の下で亡くなった男性とその周辺に被害者のバックを持って交通 ...
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
新参者の面白さは街に慣れていない人間が、徐々にその地独自の文化習慣を解明していくところにある。「加賀さん、あなた何もわかっていない」というセリフが象徴しているけど、この映画の加賀恭一郎は所轄の知識を総動員して事件を解き明かしていく。何もわかっていなかっ...
麒麟の翼  劇場版 ・新参者 (花ごよみ)
  東野圭吾の小説「麒麟の翼」の映画化。 監督は土井裕泰。 阿部寛主演で放映された、 連続ドラマ「新参者」と同じく 阿部寛が主人公で、 刑事、加賀恭一郎を演じる。 共演は新垣結衣、山崎努、中井貴一、 そしてテレビドラマにも登場していた 黒木メイサや溝端淳平....
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (おやぢタイプ)
東野圭吾原作の刑事・加賀恭一郎シリーズの映画『麒麟の翼』を観て来た。 原作は2011年3月に発表され、作者本人がシリーズ最高傑作という作品だ。 加賀恭一郎シリーズは前作『新参者』がTVドラマ化されており、このシリーズが好きだった。 刑事ものだが、事件の謎解きだけ...
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/01/28公開 日本 129分監督:土井裕泰出演:阿部寛、新垣結衣、溝端淳平、松坂桃李、菅田将暉、山崎賢人、柄本時生、竹富聖花、聖也、黒木メイサ、山崎努、三浦貴大、劇団ひとり、鶴見辰吾、松重豊、田中麗奈、中井貴一 人は最後に何を願うのか TVドラマ「新参....
『麒麟の翼』を109シネマズ木場8で観て、涙しながら本当にそうかふじき★★★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★中井貴一に泣く】    ネタバレするよ。 田中麗奈は宇宙人ポールに似てるなあ。 いや、別にこれはネタバレじゃないけど。 そして私は観てないけど、 ...
『麒麟の翼』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  日本橋の麒麟の像の前で胸を刺された男性が発見された。 しかし男性が刺されたのは歩いて9分はかかる別の場所。 誰にも助けを求めずどうして男性は麒麟の像まで歩いてきたのか?  そして、この男性を刺したと思われた容疑者が車にはねられ意識不明の重体に...
映画 『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』 (向う岸)
allcinema 『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』 原作は未読。 父と息子、日本橋という地域性、泣けるミステリーという お題を元に作られた三題噺みたいな映画だった。 ミステリーの構成としては、それぞれのパーツが 寸分違わずはまっているような緻密さはなく、 むし...
映画『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』 観てきました(^^)v (よくばりアンテナ)
うむうむ・・・・面白かった〜〜思いがけずほろほろと涙が出ちゃいました(/_;) TVシリーズでもなかなか味わい深い作品になってた加賀恭一郎シリーズの 『新参者』とスペシャルドラマ『赤い指』。 そ...
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (映画情報良いとこ撮り!)
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 日本橋で男性が胸を刺された。 この事件を担当するのは、敏腕の加賀恭一郎。 刺された男は、なぜか8分かも歩き続けたのだ。 通常ではありえないだろう。 一体そこまでして彼は、どこへ行こうとしたのか。 その後彼は、息絶え...
麒麟の翼 劇場版・新参者 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://shinzanmono-movie.jp/ 原作とテレビドラマは未見。 でも、東野圭吾原作と聞いて観ない手は無い。 腹部を刺された状態で8分間も歩き続け、東京・日本橋の麒麟(きりん)の像の下で息絶えた男性。 一方、容疑者の男は逃亡中に事故に遭い、意識不...
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (とりあえず、コメントです)
東野圭吾著の『麒麟の翼』を映画化したミステリーです。 テレビドラマの時から面白かったので、映画も楽しみにしていました。 謎解きの面白さと共に、息子を思う父の愛の大きさを感じるような切ない余韻の残る物語でした。
★麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011)★ (Cinema Collection 2)
人は最後に何を願うのか 映時間 129分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2012/01/28 ジャンル ミステリー/ドラマ 映倫 G 人気ブログランキングへ 【解説】 TVドラマ「新参者」でも好評を博した原作者・東野圭吾による “加賀恭一郎シリー...
映画「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」を観ました!!(2012-03) (馬球1964)
映画「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」を観ました!!
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (迷宮映画館)
テッパンの配役だわなあ
「麒麟の翼」〜劇場版・新参者〜 (NAOのピアノレッスン日記)
〜人は最後に何を願うのか〜 2011年   日本映画     (2012.01.28公開)配給:東宝              上映時間:129分監督:土井裕康原作:東野圭吾 (講談社刊)脚本:櫻井武晴音楽:菅野祐悟主題歌:JUJU 「sign」 (ソニー・ミュージッ....
麒麟の翼 (りらの感想日記♪)
【麒麟の翼】  ★★★★ 映画(9) ストーリー ある日、日本橋の翼のある麒麟像の下で男性の刺殺体が発見される。被害者である青柳武明は死の直
『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」□監督 土井裕泰 □原作 東野圭吾 □脚本 櫻井武晴 □キャスト 阿部 寛、新垣結衣、黒木メイサ、溝端淳平、田中麗奈、松坂桃李、       菅田将暉、劇団ひとり、竹富聖花、山崎賢人、三浦貴大、山...
映画『麒麟の翼』 (いんどあかめさん日記)
2012年、映画館で観る8作目はこちら。映画『麒麟の翼』日本橋にある麒麟の翼の像
東野圭吾原作の「麒麟の翼」 (ひろの映画日誌)
この映画の原作は読まないで出かけた。 一応ミステリーだが、謎解き的な部分が少なく、むしろ家庭ドラマだ。 東京日本橋、麒麟像のあるところで、胸を刺された男が倒れていた。男は、近くの地下道で刺されて麒麟像の所へたどり着き息絶えた。 お巡りさんが発見、すぐ警...
麒麟の翼〜劇場版・新参者 (近未来二番館)
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 - goo 映画 1月28日映画館で鑑賞。 テレビのドラマ版でも丁寧に人間関係を描きながら真実にたどり着く展開が魅力的で好きでした。また、阿部寛が加賀恭一郎と言う人物像にぴ...
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 (2011) 129分 (極私的映画論+α)
 この写真・・・微妙にネタバレ(笑)
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (Diarydiary! )
《麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜》 2011年 日本映画 日本橋の麒麟像のたもとで
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜☆独り言 (黒猫のうたた寝)
父の想いを知った時、あなたは彼に愛されていたことを痛感する。そして、理解したときに・・・父はもう傍にはいない。TVドラマの『新参者』は結局全部観られなかったんですが一見関係ないような普通の人々の小さな謎解きが、やがて本来追っていた事件の真実の究明に繋がっ...
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 '12:日本 ◆監督:土井裕泰「いま、会いにゆきます」「涙そうそう」 ◆出演: 阿部寛、新垣結衣、黒木メイサ、溝端淳平、田中麗奈 ◆STORY◆日本橋にある翼を持った麒麟像の下で、青柳武明という男性が息絶えた。彼はナイフで刺された...
映画『麒麟の翼』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-15.麒麟の翼■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:129分■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督土井弘泰◆阿部寛(加賀恭一郎)◆中井貴一(青柳武明)◆溝端淳平(松宮脩平)◆田中麗奈(金森登紀子)◆新垣結衣(中原香織)◆三...
アントキノ麒麟 (Akira's VOICE)
「アントキノイノチ」 「麒麟の翼」
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (単館系)
麒麟の翼 テレビ録画 2013年01月03日23時30分00秒TBS新春プレミアシネマ「映画『麒麟の翼』」 時刻は録画終了時間 腹部を刺された状態で8分間も歩き続け、東京・日本橋の麒麟(きりん)の像の下で 息...