映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

プリンセス トヨトミ

2011年06月12日 | 邦画(11年)
 『プリンセス トヨトミ』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見てきました。

(1)映画を見る前には万城目学氏の原作(文春文庫)を読まずにいて、予告編の感じだけから、実際の映画では大阪が東京支配に反旗をひるがえして反乱を起こすような、とても壮大な物語を見せてくるものとばかり思っていました。
 ところが、どうも期待だけが先走り過ぎたようです。
 というのも、
イ)「大阪国」の成立ちなどについて、色々のエピソードがあって面白いはずと思っていたところ、大阪国総理大臣・真田幸一中井貴一)が長々と演説するだけで、そこには映像としての面白みが全く感じられません。

ロ)わずか5億円の補助金で大阪国が運営されるほど至極小さな組織(事務職員もOJOにいるほんのわずかの人数です)にもかかわらず、府庁舎前に人々が結集するのがよくわかりません(せいぜい区役所前ぐらいなのでは)。

ハ)折角大勢の人々が府庁舎前に集まっていながら、起こる事件と言えば、会計検査院副長・松平元堤真一)が腕にかすり傷を負う程度というのは、なんともはやという気になります(注1)。

ニ)大阪というと、食い倒れでお好み焼きという定番と、さらに姦しい「大阪のおばちゃん」という定型が、ここでもやっぱり登場するのでは、見ている方としてはやり切れなくなります(後者は、『阪急電車』にも登場しました!)。



ホ)大阪国の幹部の名前が「真田」であったり「長宗我部」であったりするのはわかりますが、東京から調査にやってくる検査院調査官の名前が「松平」や「鳥居」(綾瀬はるか)というのも、ある意味でよくわかりません(徳川家は、豊臣家を倒しましたが、大阪や関西に敵対していたわけではないと思われます。むしろ明治維新政府の方が都を東京に移すなどして、大阪・関西方面の地盤沈下に大きく寄与したのではないでしょうか)。



ヘ)一番問題と思われるのは、ラブストーリーがうまく組み込まれていない点です。最低でも、大阪国のプリンセスの年齢をもっと引き上げて、東京から来た会計検査院調査官・旭ゲーンズブール岡田将生)と恋愛関係になるくらいのことは描き出してもらわないと、ファンタジーとしてもうまく成立しないのでは、と思われます(そういえば、渋谷ル・シネマで『ゲンズブールと女たち』が公開されています)(注2)。

ト)それに、大阪国の父親は子供に告げるべきものを何か持っていて、真田幸一もそれを自分の息子・大輔に語りますが、真田幸一は、その語り継ぎは、父親が自分の死期を悟った時に1回限り行われると自分で言いながら、その後死ぬ素振りをまったく感じさせませんが、これはどうしたことでしょう!

 総じて言えば、映画は、物語の基盤をなす骨格が描かれたにすぎず、この骨格に肉付けして描かれるはずの面白い物語の部分がそっくり抜け落ちてしまっているのでは、との印象を持ちました。
 それは続きがあるから?でも、映画は、調査が終わって堤真一らは新幹線で帰京してしまうのですから、そんなものなど望むべくもないのでしょう!

(2)いろいろ難癖ばかりつけましたが、実はこの映画は、一つ許せるものを持っているのです。そうして、それがクマネズミにとっては大きな要素なものですから、実際の評価はそんなには下がりません。

 その許せる点とは何か。実は、クマネズミにとっては、トンネルとか洞窟といった地下構造物が画面に登場すると、他の点はともかくも、何しろその作品を許したくなってしまうのです。
 例えば、3度も映画化されている『八つ墓村』とか、韓国映画『黒く濁る村』。

 本作品の場合、OJOと大阪城の真下にある大阪国の国会とがトンネルで繋がっています。そのトンネルが至極立派なのが玉に瑕ながら、やはりそれがあることで、この映画を許そうかという気になってしまいます(注3)。



 ところで、堤真一は、このところ映画でよく見かけますが、どうしてどれも女っ気に乏しい役柄なのでしょうか(この映画でも『SP革命篇』でも独身として描かれている感じですし、『孤高のメス』でもいい感じの間柄になっていた看護婦から身を引いてしまいます)?
 せっかく、綾瀬はるかと共演しているのに、怪しい場面など全くなく、せいぜいがソフトクリームを一緒に食べているくらいのことしか描かれていません。

 尤も、冒頭近くで、松平元は決して笑わない男だとわざわざ強調されていましたから、この映画は、彼を笑わせることが大きな狙いなのかしらと思っていたら、案の定、ラストで、眠りこける綾瀬はるかを見てニカッとするシーンがあり、これはさすが彼ならではの笑顔だなといたく感心いたしました。

 なお、ラストといえば、帰りの新幹線の車窓から、富士山の麓に十字架が沢山立ち並んでいる光景を堤真一が目撃しますが、これは、冒頭で綾瀬はるかが目撃するシーンに対応しているのでしょう。
 そこで、これは、彼ら三人の大阪出張はすべて、催眠術(集団の)をかけられて見た夢の中の話なのでは、と思ってみたらまた面白いのではないでしょうか?すなわち、往きに富士山の麓に十字架を見ることによって、三人は催眠術にかかり、また還りにそれを見ることで、催眠術からさめるという具合です。むろん、こうした催眠術を仕掛けたのは、大阪国です。

 とはいえ、このところ、『マーラー 君に捧げるアダージョ』でも『アジャストメント』でも、クマネズミのレビューは、“妄想”とか“夢”といったものに逃げ込もうとする傾向が強すぎる感じもします。といった次第で、これは単なるお遊びということにしておきましょう!

(3)この映画では、上に書きましたように、大阪国においては、父親が息子に伝えるべき如何にも重要そうな事柄がなにかあるかのように描かれています。
 ここで、なぜ父親から息子という男性路線しかないのか、父親から娘へは何も伝えないのか、シングルマザーに育てられた息子は、親のいない子供は?、などと茶々を入れても仕方のないところでしょう。何しろそれが大阪国なのですから!
 むしろ問題は、いったいここで伝えられるものは何なのか、ということでしょう。それさえわかれば、女性路線がなぜ存在しないのかなどといった疑問が解消するかもしれません。

 真田幸一の演説からすると、それは大阪国の存在・成立ちだと考えられるところです。
 ただ、そうだとすれば、個々の親子にとって随分と抽象的な事柄とはいえないでしょうか?わざわざ1時間という時間を設けて、大阪城の真下に設けられたトンネルという特別の場所において、親子が水いらずで話すというのに、余りに水臭い話の中身ではないでしょうか?そんな貴重な機会ならば、どうして自分たち自身の個別のこと、内密なことを話さないのでしょうか?
 それに、そんな事柄なら、何も無理して男性路線でなくとも、という気にもなってきます。

 さらに、ラストで松平元が大阪城下のトンネルを一人で歩いて行くと、途中からすでに亡くなっているはずの父親(平田満)が亡霊の姿で彼と一緒に歩きだします。それを松平元は感じ取りますが、別に両者の間で会話などなされているようには窺われません。
 これが象徴するように、父親から息子にわざわざ伝えるべきご大層なものなど、実際には存在しないのではないでしょうか(注4)?

 昨年見た園子温監督の『ちゃんと伝える』も、タイトルから明らかなように、同じようなことが描かれていました。
 ただ、その映画についての記事の中で、クマネズミは、次のように書きました。
 映画のタイトルから、〝ちゃんと伝える〟べき事柄、例えば、〝自分はこのように生きてきた、自分はこのように考えている、こんなことをやり残した〟などといった親密な内容の事柄が、映画の中で口にされるのではないかと思っていたところ、実際にはそうしたご大層なことではなく、単に“癌で余命いくばくもない〟というくらいのことを伝えたいだけなのではないか、としか思えませんでした。

(4)渡まち子氏は、「国家予算が豊臣の末裔を守ることにどう使われているかを描かないことや、個性豊かなはずの大阪女をまったく無視したストーリー、商店街の少年と少女の物語に魅力がないことなど、ツッコミどころは多い。だが、後半に大阪中の男たちが集結する場面は、不思議と胸が熱くなる。登場人物の名前に、豊臣、徳川両陣営の歴史上の人物を配するなど、歴史好きをニヤリとさせる仕掛けも楽しかった」などとして55点をつけています。
 福本次郎氏は、「公然の秘密を自分だけが知らない不安と緊張がスクリーンからにじみだし大阪の街が異次元空間のように思えてくるほど不気味なリアリティを伴う演出にのめり込んでしまう。さらに歴史から隠ぺいされた出来事を人知れず守る人々の存在が、「ダ・ヴィンチ・コード」風のミステリアスな知的興奮を刺激する」として60点をつけています。


(注1)原作では、銃で撃たれるのは真田幸一の方ですが(P.455)、劇場用パンフレットに掲載されている脚本担当の相沢友子氏の談話によれば、松平元の心変わりを観客に受け入れやすくするように、彼が撃たれることにして、「病院で1ストロークを置いてから結論を出す展開にした」とのこと。なるほど、そうであれば納得がいきます。

(注2)原作では、「鳥居」は男性の調査官であり、「旭ゲーンズブール」が女性なのですが、映画ではそれが正反対になっています。おそらく、綾瀬はるかの出演が先に決まっていて、しかし綾瀬はるかが原作の「旭ゲーンズブール」(ハーバード大卒で、内閣法制局出向経験のある超エリート)を演じるには余りにもイメージが違い過ぎるということで、役柄が入れ替えられたのではと、単なる憶測ですが思われます。仮にそうであれば、観客側がとやかく言ってみても始まらないでしょう。

(注3)そういえば、大阪夏の陣で、プリンセス・トヨトミの祖先(国松)と松平元の祖先とが対峙するのが、大阪城の横穴(「真田の抜け穴」)でした!
 こうした「穴」を大阪国がプレイアップできるとしたら、東京から大阪にやってくる調査官達が、“鼻先の長い”新幹線に乗っていたり、車中などで“先の尖った”ソフトクリームを“舐めたり”するのと組み合わせれば、幼稚な精神分析は可能かもしれませんが、まあフロイトが登場する『マーラー 君に捧げるアダージョ』を引き摺りすぎている、と言われるのがオチでしょう!

(注4)原作によれば、より具体的には、「合図」(指定の「場所」にひょうたんが5個以上置かれる)を見たら大阪城に参集すること、とされています。ただ、そんな事務的なことを伝えるのであれば、5分もかからないでしょう。




★★★☆☆





象のロケット:プリンセス トヨトミ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジャストメント | トップ | ソリタリー・マン »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大阪ラブストーリー (ふじき78)
2011-06-13 00:29:58
> 一番問題と思われるのは、
> ラブストーリーがうまく
> 組み込まれていない点です。

いや、別にラブストーリーが組み込まれてなくても全然成立する話だったんじゃないですか? 原作とか読んでないから、原作にそういうラインがあるかどうかは分からんですけど。
ラブストーリーのないファンタジーなんて (クマネズミ)
2011-06-13 05:28:37
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
無論、どんなお話だって「成立」することはしますが、この手の荒唐無稽なファンタジーでラブストーリーがうまく組み込まれていないと、見る方は酷く退屈してしまいます!
なお、原作がどうであろうと映画とは無関係ながら、一応申し上げますと(パラパラと見ただけに過ぎませんが)、松平調査官は39歳の堅物で独身、鳥居調査官も32歳ながら女っ気が全くなく(毎月お見合いをしているとのこと)、旭ゲーンズブール調査官は29歳の独身女性、といったところで、その三人が大阪に出張するにもかかわらず何事も起こらず、今度はベトナムに一緒に出かけるようです。
どうして男だけ (KGR)
2011-06-13 08:31:54
いろいろ設定に疑問はありましたし、
対峙が語りだけになったのも不満と言えば不満だけど、
そこが見どころと言えば見どころ。

父と息子の物語と思いましたが、
それにしては風呂敷を広げ過ぎたかも。
タイムトンネルはどこにつながるのか? (ウラナリ瓢箪)
2011-06-16 21:07:10
 大阪に三年在住して、この地に親しみがあり、多少ともアンチ徳川の雰囲気にある者としては、江戸・東京に対して一泡吹かせてスッキリしたいと内心もっている。だから、クマネズミさんと同じく、期待度からはイマイチという印象がこの映画にあったことは否めない。
 綾瀬はるか嬢だって、折角映画に出るのだから、ゆっさゆっさのランニングよりは、凛々しいプリンセスになって何かをしでかすほうが、遥かにお似合いのはずだし、そのほうが題名にも通じそうだ。関西側と関東側の様々なニュアンスの違いは、苗字の違いだけではないし、何か得も言われぬものがあるはずだ。新幹線の窓から見て富士山麓に現れたのが「十字架」で、それがマジックの源泉というのなら、それは本来は秀吉のシンボル・千成瓢箪ではないのか。
等々、いろいろ不満な点があり、「豊臣プリンセス」という発想は面白いが、どうも映画とは別の展開を期待するものが多い。この映画の製作者や脚本家には、豊臣魂が欠けていそうで、残念な映画であった。どうも素材を活かしきっておらないようにも感じ、おそらくシナリオ上の問題もあろうと思われ、総じてイマイチかという印象をもったものである。
  良い点はというと、あまり質の悪い悪人や敵役が出てこないから、その意味でお気楽に見て、空想を働かせるような余地がある。それにしても、豊臣の子孫はほとんど一子相伝で細々とつながっていたというのだろうか。ともあれ、立ち上がれ、大坂!!
進め、大阪! (クマネズミ)
2011-06-18 05:52:28
「ウラナリ瓢箪」さん、コメントをありがとうございます。
まさにおっしゃるように、「発想は面白い」ものの、「素材を活かしきっておら」ず、また豪華配役陣ももっと面白く使えたはず、と思ってしまいます。
特に、綾瀬はるかについて、「ゆっさゆっさのランニングよりは、凛々しいプリンセスになって何かをしでかすほうが、遥かにお似合いのはず」というのは卓見です!
そして、東日本が大震災等で疲弊している今こそ、「立ち上がれ、大坂!!」ではないかと思います。
Unknown (ほし★ママ。)
2011-06-25 19:30:21
ゲンズブールは、スマートフォンを使いこなし
松平は携帯が苦手で、大坂国は瓢箪
私は、この通信手段の使い分けに関してはかなり気に入りました。
 
そう言えば、堤さんは最近「浮いた話(>_<)」が、ないですね。
と、言いますか…本作、せっかく和久井さんや菊池桃子さんもご出演なのに女性の魅力があまり感じられない作品でした。
もっと通信を! (クマネズミ)
2011-06-26 05:07:06
「ほし★ママ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、一方の「スマートフォン」といい、もう一方の「瓢箪」といい、「通信手段の使い分け」は興味深いところです。
としても、大阪城下のトンネル内で行われる父から息子への語り継ぎのシーンを見ると、究極的な通信手段はやはり、直接顔と顔を突き合わせて取り交わす肉声なのだな、と思えてきます。
(あるいは、ブログやこうしたコメントも立派な通信手段と言えるでしょう!)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プリンセス トヨトミ (LOVE Cinemas 調布)
「鴨川ホルモー」で知られる人気作家・万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語だ。メインキャストの3人を堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が務め...
『プリンセストヨトミ』を池袋ヒューマックスシネマズ4で観て、ゆっさゆっさの話題中心ふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆ゆっさゆっさはOKだ】 ツイッター上で、 映画はともかく「綾瀬はるかの胸揺れが凄い」と評判になった映画。 評判通りであった。 っつか、胸揺れみじけ ...
劇場鑑賞「プリンセス トヨトミ」 (日々“是”精進! ver.A)
大阪国が独立宣言・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105280003/ プリンセス・トヨトミ (文春文庫) posted with amazlet at 11.05.24 万城目 学 文藝春秋 (2011-04-08) 売り上げランキング...
映画『プリンセス トヨトミ』  (よくばりアンテナ)
↑この画像がね、原作の表紙とそっくりで、原作が好きなんだな~と、愛情感じます(^^) ちなみに原作本はこちら↓そして記事も書いてます。 プリンセス・トヨトミ (文春文庫)(2011/04/08)万城目 学商品詳細...
『プリンセス トヨトミ』 その仕事の費用対効果は? (映画のブログ)
 世の中には、その実態があまり知られていない職業、あるいは誤解されている職業が少なくない。会計検査院の仕事も、そんな一つかもしれない。  『プリンセス トヨトミ』のように会計検査院の調査官が主...
プリンセス トヨトミ (佐藤秀の徒然幻視録)
大阪国八百長説 公式サイト。万城目学原作、鈴木雅之監督、堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一、笹野高史、江守徹、菊池桃子、平田満、玉 ...
プリンセス トヨトミ (やっぱり最終的には自分じゃないの)
国家予算が正しく使われているかを調査する会計検査院の精鋭3人が、1615年の大阪夏の陣で断絶したはずの豊臣家の末裔が生きており、大阪の男たちが400年もの間、その秘密を守り抜いてきたという真実を知ってしまったことから事件が発生。大阪の公共機関や商業活動など、...
映画「プリンセストヨトミ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/6/1、 ファーストデーで、誰でも千円の109シネマズ木場。 水曜日はレディスデーでいつも女性が多いのだが、 心なしか年齢層は高目で男性が多い。 *     万城目学(まきめまなぶ)の同名小説の映画化。 堤真一、中井貴一、綾瀬はるか、岡田将生、和久....
『プリンセス トヨトミ』 (こねたみっくす)
人情の街・大阪。歴史と着倒れの街・京都や海港と履き倒れの街・神戸とは違い、形がないものや残らないものを大切にする食い倒れの街・大阪。 そんな大阪に桂三度さんが大統領の ...
プリンセス トヨトミ/堤真一、綾瀬はるか、岡田将生 (カノンな日々)
人気作家・万城目学さんの同名小説を原作に『HERO』の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリーです。伊坂幸太郎さんの小説と一緒で万城目学さんの作品もまだ一度も読んだことがない ...
映画『プリンセス トヨトミ』(お薦め度★★) (erabu)
監督、鈴木雅之。脚本、相沢友子。原作、万城目学。2011年日本。ファンタジー映画
プリンセス・トヨトミ (Akira's VOICE)
面白味が伝わらん・・・。
映画 【プリンセス・トヨトミ】 を見ました! (観劇レビュー&旅行記)
2011年6月1日(水)  この前の日曜日(5/29)、八代亜紀 絵画展覧会 から帰ったあと、 ひとつ前のブログ記事に書いた、【ブッダ】 を見て、引き続いて 【プリンセス・トヨトミ】 を見ました! ...
プリンセス トヨトミ (風に吹かれて)
大阪の男とは公式サイト http://www.princess-toyotomi.com万城目学の同名小説の映画化2011年7月8日金曜日、大阪が全停止した。4日前の月曜日、東京から会計検査院の松平元
プリンセス トヨトミ (花ごよみ)
大阪には豊臣秀吉の子孫がいた!! 原作は万城目学の同名小説。 かなり前に読んでいて 記憶はうすれています。 監督は 鈴木雅之。 国の会計検査院に所属する3人の調査員。 松平(堤真一)鳥居(綾瀬はるか) 旭ゲンズブール(岡田将生)。 大阪に訪れた彼らは 財団...
プリンセス トヨトミ (だめ男のだめブログ)
「プリンセス トヨトミ」 監督 鈴木雅之 原作 万城目学 出演 堤真一(松平元) 綾瀬はるか(鳥居忠子) 岡田将生(旭ゲンズブール) 沢木ルカ(橋場茶子) 森永悠希(真田大輔) 笹野高史(長曽我部) 和久井映見(真...
プリンセス トヨトミ 2011.5.17 (Penguin Cafeのいろいろ感想文)
タイトル:「プリンセス トヨトミ」 Yahoo!映画:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id338644/ 日にち:2011年5月17日(火) 場所:都内ホール(試写会)==================== 原作既読です。 長編小説を2時間の映画にするにあたり、結構...
『プリンセス トヨトミ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★...
映画 「プリンセス トヨトミ」 (ようこそMr.G)
映画 「プリンセス トヨトミ」
プリンセストヨトミ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/05/28公開 日本 119分監督:鈴木雅之出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見、中井貴一 大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。 会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子、旭ゲーンズブールの3人が、府...
映画:「プリンセス・トヨトミ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年6月1日(水)。 映画:「プリンセス・トヨトミ」。 【監  督】 鈴木雅之 【原  作】 万城目学 【キャスト】堤真一 (松平元)・綾瀬はるか (鳥居忠子)・岡田将生 (旭ゲーンズブール)       沢木ルカ (橋場茶子)・森永悠希 (真田大...
プリンセス トヨトミ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月29日(日) 18:50~ TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プリンセス トヨトミ』公式サイト 「世にも奇妙な物語」長編版といったレベル。 万城目学の原作小説は、もっと面白いと思うのだが。いあ...
プリンセス・トヨトミ (tom's garden)
監督鈴木雅之 出演堤真一(松平元) 綾瀬はるか(鳥居忠子) 岡田将生(旭ゲーンズブール) 沢木ルカ(橋場茶子) 森永悠希(真田大輔) 映画は「大阪夏の陣」から始まる。 豊臣の一族は次々と殺され、最後の一人である国松は、母に秘密の地下道へと導か...
大阪国国民、蜂起せよ~『プリンセス・トヨトミ』 (真紅のthinkingdays)
 会計検査院の調査官、松平(堤真一)、鳥居(綾瀬はるか)、旭ゲンズブール(岡 田将生)の3人は、新幹線で大阪に向かう。OJOという名の財団法人を調査中、松 平はある違和感に囚われる。  万城目学...
『プリンセス トヨトミ』('11初鑑賞74・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 5月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:10の回を鑑賞。
プリンセス トヨトミ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2,5点】(10) 天然度数Maxの綾瀬さんが見られただけでOKとしておこう。
「プリンセストヨトミ」、息子へ受け継がれてゆくもの (カサキケイの映画大好き!)
東京から大阪へ三人の会計監査院調査官がやってくる。 その三人とは、 堤真一演じる鬼の調査官と呼ばれている、リーダーの松平、 天性の勘を頼りに何とかやっている綾瀬はるか演じる感の鳥居、 そして日仏ハーフでクールな岡田将生演じる旭ゲンズブール。 三...
プリンセストヨトミ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「鴨川ホルモー」の万城目学による同名小説を、「HERO」の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。東京から大阪にやって来た3人の会計検査院調査官が遭遇する大騒動を描く。出演 ...
映画「プリンセス トヨトミ」 (FREE TIME)
映画「プリンセス トヨトミ」を鑑賞。
プリンセス トヨトミ (ぷち てん てん)
☆プリンセス トヨトミ☆(2011) 鈴木雅之監督 堤真一 綾瀬はるか 岡田将生 沢木ルカ 中井貴一 笹野高史 ~~~~~~~~~~~~ う~~ん・・・・・かったるい 119分の映画が長く感じる。 尻つぼみ 後半、ここぞという山場がかったるい 原作は読んでいな...
プリンセス トヨトミ (そーれりぽーと)
大阪市内大フィーチャー! 大阪市内のあちこちで撮影しまくった映画って意外と無いんよね。 という訳で特に期待せず、いつもぶらついてる街がいつの間にか撮影されてた映画を観ようという感覚で『プリンセス トヨトミ』を観てきました。 ★★ なんじゃこりゃ。 出てるだ...
プリンセス トヨトミ (うろうろ日記)
試写会で観ました。大阪城 西の丸庭園で初(映画上映)だそうです。私、屋外って初め
「プリンセス トヨトミ」大阪の秘密を知った先にみた大阪の人々の想いと末裔を守る使命 (オールマイティにコメンテート)
「プリンセス トヨトミ」は万城目学の長編作品プリンセストヨトミを映画化した作品で、会計検査院の調査官3人が調査のために大阪の財団法人の実地検査を実施するが、そこで大阪に ...
プリンセス トヨトミ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
万城目学の同名小説を、堤真一・綾瀬はるか・岡田将生主演で映画化された作品だ。携帯電話を忘れたことから大阪国の存在が明らかになるけど、もう少し物語の展開にひねりが欲しかった。実際に奇想天外な知事がいるのだからもっと冒険してもいいと思った。
プリンセス トヨトミ  監督/鈴木 雅之 (西京極 紫の館)
【出演】  堤 真一  綾瀬はるか  岡田 将生  中井貴一 【ストーリー】 国家予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官3人が、東京から大阪にやってきた。大阪府庁など、実地調査を順調に進めていく彼ら。しかし容赦ない調査でチームリーダー・松平は、...
プリンセス トヨトミ (だらだら無気力ブログ)
「鴨川ホルモー」の人気作家・万城目学が大阪を舞台に描いた同名ベスト セラーを豪華キャストで映画化した奇想天外エンタテインメント・ムービー。 大阪を訪れた会計検査院の3人の調査官が、ひょんなことからこの地で 脈々と守り継がれてきた驚くべき秘密を目の当たり...
プリンセス・トヨトミ (迷宮映画館)
本はあれほど面白くて、荒唐無稽で、ありえねえ・・・だったんですがね~。
映画「プリンセストヨトミ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「プリンセストヨトミ」観に行ってきました。作家・万城目学による同名の長篇小説を原作とする、大阪国と会計検査院の間で繰り広げられる駆け引き、および家族の絆を描いた作品...
プリンセストヨトミ (Diarydiary! )
《プリンセストヨトミ》 2011年 日本映画 会計検査院調査官の鬼の松平、財団法
2.プリンセス トヨトミ (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 277オープニング土日動員: 23万4391人オープニング土
「プリンセス トヨトミ」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は発売後直ぐに読了。(感想はこちら)読後感としては面白い作品だったが、「大阪全停止」なんて意味深な前置きに至るまでのグダグダにはイラっとするところもあって、特に好きという作品では無かったりする。逆
プリンセス トヨトミ(2011-035) (単館系)
万城目学の同名小説を映画化。 会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、 大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。 予告観ただけで楽しみにしてい...
「プリンセス トヨトミ」 (大吉!)
<水曜日> 「各団体の実地調査のため、大阪の地を3人の会計検査院調査官が訪れた。彼らは順調に実地調査を進めていたが、あるとき不審な財団法人「OJO(大阪城趾整備機構)」に出会う。徹底的に調査するも変わった様子はなく、諦めようとしたその時、大阪国総理大臣....
プリンセス トヨトミ (I LOVE 韓流)
見てわかったこと。
プリンセス・トヨトミ 大阪ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ ドモ (労組書記長社労士のブログ)
【=27 -8-】 TOHOシネマズのシネマイレージで6000マイルが貯まったので、2回目の1か月フリーパスポートをゲット。 先月はゴルフの突貫工事に忙しく、ちっとも映画を観ていなかったので、観たい映画はたくさん溜まっている、見まくってやる! というわけでフリー鑑賞1本....
「プリンセス トヨトミ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった~ 2011年 日本映画  (11.05.28公開)配給:東宝         上映時間:119分監督:鈴木雅之原作:万城目学 「プリンセス・トヨトミ」(文藝春秋社刊)脚本:相沢友子音楽:佐橋俊彦ED・テーマ...
「プリンセス トヨトミ」 父親と息子 (はらやんの映画徒然草)
万城目学さんの作品は「鴨川ホルモー」を映画で観て、さらに原作を読みました。 本作
映画「プリンセス トヨトミ」感想 【ネタばれあり】 (メディノービス)
「プリンセス トヨトミ」(2011年05月28日公開 監督:鈴木雅之 脚本:相沢友子 原作:万城目学) 俺:30歳 観てきましたー 公開日にもかかわらず・・・空いてました →公式サイトはこちら ― その日大阪が全停止した ― このキャッチコピーとタイト...
プリンセス トヨトミ (とりあえず、コメントです)
万城目学著の同名小説を映画化したミステリーです。 原作が文庫化になったので買っていたのですけど、映画を観るまでは…と読むのを我慢していました(^^ゞ 物語が佳境になった時、予告編で観たとおりの無人の世界が広がっていきました。
プリンセストヨトミ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
映画が公開になると去年知って、即座に原作読んでしまいました。ちなみに読書後の感想はこちらそこで映画のキャスティング確認したら・・・ミラクル鳥居と旭ゲンズブールの性別が逆転してるじゃないですか^^;えーーーーどう、まとめるんだ?って公開待ち望んでいたわけ...
2.プリンセス トヨトミ (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 277オープニング土日動員: 23万4391人オープニング土
映画『プリンセス トヨトミ』 (健康への長い道)
 好きな作家のひとり、万城目学さんの同名原作の映画化ということで初日に鑑賞。地元大阪が舞台とあってか、TOHOシネマズ梅田のシアター1は、ほぼ満員でした。 Story 7月8日金曜日、午後4時 - 大阪全停止。遡ること4日前の月曜日。東京から大阪に3人の会計検査院調査...
プリンセス トヨトミ (勝手に映画評)
万城目学原作の長編小説の映画化。『その日大阪が全停止した。』がキャッチコピー。3.11以降の実際の日本で、いま大阪が全停止されると非常に困ってしまうわけですが、そういう意味でも興味を引かれてしまったのと、中井貴一が真田幸一を演じるに際して、大阪府知事の...
映画『プリンセストヨトミ』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
公開4週、なかなかタイミングが合わず 先日もネッ友さんと話して、これはDVD鑑賞に回す予定でしたが 更新でもらった今月期
プリンセス・トヨトミ (充実した毎日を送るための独り言)
・プリンセス・トヨトミ(5月28日より公開 堤真一・綾瀬はるか・中井貴一出演)もともと小説を映画にリメイクしたものだが、この映画を見て思ったことは・ 日本国(といっても会計検査院だが)と大阪国との補助金をめぐる攻防・ 親子とのつながりを描いたヒューマニ...
映画 【プリンセス・トヨトミ】 を見ました! (観劇レビュー&旅行記)
2011年6月1日(水)  この前の日曜日(5/29)、八代亜紀 絵画展覧会 から帰ったあと、 ひとつ前のブログ記事に書いた、【ブッダ】 を見て、引き続いて 【プリンセス・トヨトミ】 を見ました! ...
★「プリンセス トヨトミ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、震災以来点検整備中だった「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。
詰めが甘い。【映画】プリンセス トヨトミ (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】プリンセス トヨトミ 人気作家・万城目学の直木賞候補にもなった小説を映画化。 【あらすじ】 会計検査院の調査官である松平元(堤真一)、鳥居忠子(綾瀬はるか)、旭ゲーンズブール(岡田将生)の3人が、府庁など団体の実地調査のため東京から大阪にや...
プリンセス トヨトミ (いやいやえん)
プリンセス豊臣?豊臣の遺児という設定はワクワクさせられるものだけど、出来ればタイトルでは隠して欲しかったな。 会計検査院による査察をきっかけに、約400年間守られてきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動に発展していく…というストーリー。 歴...
プリンセス トヨトミ (食はすべての源なり。)
プリンセス トヨトミ ★★★☆☆(★3つ) 大阪全停止。 その鍵を握るのは、 トヨトミの末裔だった。 気になっていた映画ですが、DVDが出たので早速鑑賞です。 トヨトミの末裔が生きていたら?っていうファンタジーなんですが・・・ すっごい盛り上げてて、しりつ...
プリンセス トヨトミ 何だかなあ (-ω-;)ウーン (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 今日紹介するのは、この作品です。 【題名】 プリンセス トヨトミ 【鑑賞手段】 DVD 【おすすめ度】 だめだめ! 【あらすじ】  会計検査院の松平元(堤真一)、鳥居忠