映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ステキな金縛り

2011年11月12日 | 邦画(11年)
 『ステキな金縛り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)あれだけ様々な手段でPRすればそうなること必定でしょうが、大きな映画館が観客で一杯でした。

 映画の主役は、裁判でドジばかり踏んでいる弁護士・エミ深津絵里)。これが最後だぞと、所属する法律事務所の上司・速水悠阿部寛)に宣告されて渡された案件は、自分の妻・鈴子竹内結子)を殺害した容疑で逮捕起訴された男(KAN)を巡るもの。
 同人は、アリバイを立証できないために窮地に陥っているものの、犯行時刻には別の場所にいたとして、犯行を全面否認しています。
 エミは、被告の主張を検証すべく、奥多摩にある旅館「しかばね荘」に行くと、被告の証言通り、落武者・更科六兵衛西田敏行)の幽霊に遭遇します。
 そこでエミは、更科六兵衛に裁判で証言してくれるよう頼み込み、なんとか了解をもらいます。
 はたして、そんな前代未聞の裁判は、エミの思惑通りに実現するのでしょうか、実現できたとして、エミは裁判に勝てるのでしょうか……。

 さすが、三谷幸喜監督が、構想10年のアイディアを作品化しただけのことはあり、やや他愛がないという感じは伴うものの、物語はそれなりの面白さを持っていますし、なおかつ、裁判映画であって、一応の謎解きまで備えているのですから、サービス満点といえるでしょう。
 それに、超豪華メンバーのオンパレードで、主演の深津絵里が持てる力をフルに出して素晴らしい演技を披露しますし、幽霊役の西田敏行も、喜劇俳優としての第一人者ぶりを縦横に発揮(2009年の『釣りバカ日誌ファイナル』以来でしょうか)、上司の阿部寛はタップダンスを見せ、検事役の中井貴一エアドッグ(注1)までやってしまいますし、また、浅野忠信、佐藤浩市、深田恭子や篠原涼子、市村正親、などなど錚々たる面々が、次から次に出演するのですから堪えられません。





 ただ、深津絵里が主演ながら、彼女を巡るラブ・ロマンスの面がほとんどないのが物足りないところでしょうか。彼女の上司の阿部寛とか、裁判における担当検事の中井貴一が、独身状態と見られるにもかかわらず、そんな様子は全然見られないのです。
 それに、何の兆候もなし上司の阿部寛が突然死んでしまうというのも、彼に冥界にいる事件の被害者を連れてきてもらうためかもしれないものの、観客側としてはあまり納得がいかないところです。

(2)この映画を巡っては、他の作品の監督とは桁違いに多くの回数 、三谷幸喜監督があちこちに露出しています。

 TV・ラジオなどへの出演ぶり等については、公式サイトにある「メディア露出情報」を見れば一目瞭然ですし、また、他の作品ならば、劇場用パンフレットにおいては、映画評論家のエッセイが2、3本掲載されるところ、本作についてはそんなものは見当たらず、代わりに監督自身の「ロング・インタビュー」とか、監督が本作を製作するに当たってインスピレーションを受けた映画、といったものが掲載されています。

 それもこれも、すべてをさらけ出しサービスすることによって、制作側のみならず、観客側も皆一緒になって映画を楽しみましょうということでしょう。
 それはわからないではありませんし、そうしたものが嫌なら見なければいいのですから!
 ただ、こうも多く顔を出されると、観客側としても少々煩わしくなってくるのではないでしょうか(注2)?
 そして、そんなに言うのなら少しチャチャを入れてみようでは、という気にもなってきます〔野暮で申し訳ありません(でも、仲里依紗さんから「粋だね」なんて言われても仕方ありませんし!)〕。

 例えば、劇場用パンフレットに掲載されている「ロング・インタビュー」の終わりの方で、「出来上がったものは過去の4本に比べると一番映画っぽくなっている気が」するが、その「理由のひとつに、主人公エミの日常生活を描いているということがあ」り、「ベッドルームが出てきて、彼氏まで出てくる」と述べています。
 ですが、あんなに生活臭のないダイニングキッチンで、彼氏の工藤万亀夫木下隆行)がフライパンを使っている姿とか、あんなに新品のベッドで2人が川の字になって寝ているシーンによって、はたして日常生活が描き出されているといえるのでしょうか?

 それに、この彼氏の存在は疑問に思えるところです。エミに彼氏がいるということで、この映画からラブ・ロマンスの要素がなくなってしまっているのですから。
 確かに、役者である工藤のツテで、TV局のスタジオに入れて、チャンバラシーンに立ち会うことができたりするのですから、全く意味がないわけではないでしょう。ただ、皆の関心が更級六兵衛に集まってしまい、自分が無視されているのを感じたときに、彼は家出をしようとしますが、エミは断固としてそれを引き留めようとしないのですから、エミを工藤とは引き離して、もっとラブ・ロマンスの中に置いてもおかしくはないように思えるのですが?

(3)そんなことはサテ置いて、「幽霊」です。
 本作の英題(?)は『A GHOST OF A CHANCE』とされていますが、このところ幽霊(ゴースト)を扱う映画が多いような気がします。
 9月に見た『ゴーストライター』では、「ゴースト」といっても比喩的に使われているところ、『東京公園』では、榮倉奈々の彼氏だった染谷将太の幽霊が、生きている時のままの恰好で登場します。この場合、榮倉奈々には見えないものの、親友の三浦春馬には見えるのです(マサカ、彼がシナモンを好んでいるわけではないでしょうが!)。

 それでも、その映画とか本作に登場する幽霊と、一般に考えられている幽霊とでは、だいぶ異なっているのではないでしょうか?
 本作に頻繁に登場するのは、西田敏行が扮する更級六兵衛の幽霊。
 ただ、囚われの身になって打ち首になって死んだはずなのに、幽霊は鎧を着けてちゃんと首が繋がっています。そればかりか、両足がついていて、裁判所内を縦横に歩き回ります(注3)。

 ですが、一般の幽霊は、例えば、下の松井冬子氏(昨年1月7日の記事の中で触れています)が描くものが典型的だと思いますが(注4)、死んだ時の姿で、それも下半身がない状態で現れるものではないでしょうか?



 あるいは河鍋暁斎の次のような「幽霊図」(部分、1870年)。



 むろん、だからといって本作の更級六兵衛の幽霊がおかしいというわけでは更々なく(注5)、むしろ常識的なものに囚われていない奔放な姿の方が、本作に適っているようにも思われます(注6)。
 とはいえ、更級六兵衛の幽霊は、「証人」に該当するかどうか疑問なしとしないのですが(注7)?また、「証人」になり得るとしても、幽霊は、はたして被告を「金縛り」状態にすることなど出来るものでしょうか(注8)?それも“ステキ”に!?

(4)渡まち子氏は、「さすがは構想10年。練られた脚本は笑いのツボを押さえていて、監督5作目となる三谷幸喜の手腕は相変わらず見事」で、「法廷ものとしては弱いが、人情劇として楽しめる」として70点をつけています。
 また、福本次郎氏は、「映画は殺人事件を担当する弁護士が落武者の幽霊と心を通じ合わせていくうちに、亡くした父への感情と仕事に対する自信を取り戻していくまでを描」いており、「髪を振り乱して周囲の人々を動かすコミカルかつエネルギッシュなヒロインを深津絵理が熱演、スクリーンから強烈な吸引力を放っていた」として60点をつけています。



(注1)「エアドッグ」ならぬ「エアギター」についてなら、『トイレット』を取り上げた記事の(2)で触れています。

(注2)監督が本作を製作するに当たってインスピレーションを受けた映画として挙げられている中に、例えば、クマネズミの大好きな『真夜中のサバナ』があり、それに関して、「(山本耕史さんについて)ずっと僕は彼を日本のケビン・スペイシーにしたいとおもっているんです。今回も『真夜中のサバナ』のケビン・スペイシーとほぼ同じようなメイクにしてもらいました」との監督による注釈付きですが、和風ケビン・スペイシーなど使い道が他にあるのでしょうか!

 逆に、郷土史家役の浅野忠信の格好は、例えば『父と暮らせば』(2004年)で、宮沢りえの美津江が心を寄せる木下青年と類似している、といったくらいの注釈ではどうでしょうか(ちなみに同作では、先般亡くなった原田芳雄が、父親・竹造の「幽霊」役として出演しているところです)?

(注3)辻惟雄監修『幽霊名画集』(ちくま学芸文庫)に掲載されている諏訪春雄氏のエッセイ「日本人の幽霊観と全生庵幽霊画」には、「幽霊が足をうしなった理由」として、「死者の乗物に雲が使われたこと」と、「地獄で亡者が鬼たちによって足を切られると信じられていた」ことが挙げられています。

(注4)『夜盲症』(2005年)。
 なお、この作品をも含めた「松井冬子展」が、12月17日から横浜美術館で開催される予定です。この展覧会は、「公立美術館における初の大規模な個展」とのことで、今から楽しみです。

(注5)Wikipediaの「幽霊」のには、「日本では幽霊は古くは生前の姿で現れることになっていた」が、「江戸時代ごろになると、納棺時の死人の姿で出現したことにされ、額には三角の白紙の額烏帽子をつけ白衣を着ているとされることが多くなった」などとあり、特段、確定的な姿形などないようです。

(注6)ただし、更級六兵衛の霊が、特定の誰かを恨みに思って出現するのではなく、「しかばね荘」の特定の部屋に繰り返し出現するということであれば、池田彌三郎著『日本の幽霊』(中公文庫)における議論(P.54)を踏まえると、「幽霊」というより、むしろ「妖怪」と呼ぶべきなのかもしれませんが。

(注7)刑事訴訟法第143条 「裁判所は、この法律に特別の定のある場合を除いては、何人でも証人としてこれを尋問することができる」における「何人」に、はたして「幽霊」は該当するのでしょうか?

(注8)残念ながら、本作においては、更級六兵衛から重要な証言が開陳される前に、真犯人が明らかになってしまい、裁判は終わってしまいます。
 ただ、Wikipediaの「金縛り」のには、「人が上に乗っているように感じる、自分の部屋に人が入っているのを見た、耳元で囁かれた、体を触られているといったような幻覚を伴う場合がある。これは夢の一種であると考えられ幽霊や心霊現象と関連づけられる原因になっている」などとあるものの、このサイトの記事によれば、「20世紀初頭、ドイツの医師団は死期が迫っている人を精密な体重計に横たえて、死亡直後に約35g体重が減ることを確認した」そうですし、また「人間の魂の重さは21g」とするもあるようで、仮にそのくらいの体重だとしたら、幽霊に上に乗られても金縛り状態になるとは思えないところですが?
 ただ、更級六兵衛は鎧を着用していますから、それで重いかもしれません(ちなみに、『一命』に登場する井伊家の甲冑は、このサイトの記事によれば24.5kg)。でも、鎧もシナモンを愛用していないと見えないのでは?ということは、鎧も霊魂?
 ちなみに、小泉八雲の「耳無芳一」にも、芳一を案内する「武者の足どりのカタカタいう音はやがて、その人がすっかり甲冑を著けている事を示した」と書かれているところで(戸川明三訳の青空文庫版)、幽霊が鎧を着けていてもおかしくはなさそうですが。



★★★☆☆




象のロケット:ステキな金縛り
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィンターズ・ボーン | トップ | サウダーヂ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あべちゃん。。。 (みぃみ)
2011-11-14 09:47:58
こんにちは。
確かに、とっても元気そうな所長さんが、あっという間に昇天…、には、口あんぐり!(^^;)でした。
巧いな~と思ったのは、え~っ?と冷めていく気持ちを、エミが託したメッセージと、ソファにいる所長さんに話しかけているエミを気の毒がる看護婦さん(笑)の図で、引き戻してもらった事。三谷さんならでは!かもしれません(^^)。

打ち首になったのに、首が繋がってる点、私も不思議でした~:W。


Unknown (ほし★ママ。)
2011-11-14 18:40:26
今作は、ホロッとさせられる場面を多く取り入れて
そこが、今までの三谷作品より「映画らしい」かなとは思いましたが
私個人としては、もうちょっとブラックな笑いも期待していました。

>エアドッグ
さすが!ナドレックさん、お上手ですね。
この映画で、エアドッグのシーンが一番好きです。
一緒に騒ぎましょう! (クマネズミ)
2011-11-14 21:54:53
「みいみ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
この映画は、重箱の隅をつつくようなことをいくら論っても、本筋がとても面白くできていてビクともしませんから、皆であれこれわいわい騒ぎたててみたらと思っているところです。
その一例として、更科六兵衛の幽霊についてあれこれ弄ってみたりしました。
多様な笑いを! (クマネズミ)
2011-11-14 21:59:27
「ほし★ママ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、本作の場合、「ホロッとさせられる場面」が多く見受けられますが、それだと邦画独特の喜劇映画になりかねませんから、「もうちょっとブラックな笑い」が必要なのかもしれません!

Unknown (ふじき78)
2011-11-18 00:57:57
何がどうなれば映画らしいかはよく分からないんですが、今回は「三谷作品」>「映画」みたいな感じで、あまり、映画とは感じなかったです。多分、あまりにも世界観が作られ過ぎていて、リアリティを阻害したからじゃないかと思ってます。
三谷ワールド (クマネズミ)
2011-11-18 06:41:48
お早うございます。
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「今回は「三谷作品」>「映画」みたいな感じ」と「ふじき78」さんがおっしゃる点は、クマネズミが本文で、「この映画を巡っては、他の作品の監督とは桁違いに多くの回数 、三谷幸喜監督があちこちに露出してい」ると書いたことと、あるいは通じる側面があるのではないでしょうか?
また、「あまりにも世界観が作られ過ぎてい」るとされる点も、「他の作品ならば、劇場用パンフレットにおいては、映画評論家のエッセイが2、3本掲載されるところ、本作についてはそんなものは見当たらず」とクマネズミが書いたところにもしかしたら通じていて、三谷氏は、自分の世界に他人が侵入することを断固として拒んでいるようにも伺われるところです。
ワールド、時は動き出す (ふじき78)
2011-11-19 00:46:14
こんちは。
そういう取り方もある事を認めつつ、ニュアンスが違うのでもう一言。

今回の映画はまるで一回、舞台として作ったものを映画にする為にカット割りしたみたいです。だから、野外で撮ってる筈の公園(深津絵里が歌う芝生)や、八王寺のホテルまでの道程も空気が吹く外というより、書割の背景みたいに感じました。「世界観が作られ過ぎている」はこの辺の窮屈具合に対して言ってます。三谷の頭から出た以外のイレギュラーな物を許さない感じがあります。
書割 (クマネズミ)
2011-11-19 21:10:57
「ふじき78」さん、再度のコメントをありがとうございます。
三谷幸喜監督は、劇場用パンフレットに掲載されている「ロング・インタビュー」において、「『ザ・マジックアワー』もロケに行っているんですけど、その時はあえてセットのように撮りました」が、今度の映画では、「長野のロケにも行って、はじめて広大な大自然を使ったんですよね」と述べているところ、「ふじき78」さんに言わせれば、にもかかわらずそうした努力が功を奏さなかった、ということになるのでしょう!
なお、しつこくクマネズミのエントリに拘れば、書割的なセットの方にせよ、「あんな生活臭のないダイニングキッチン」では「日常生活」を描いたことにならないのでは、と思ったところです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

68 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ステキな金縛り」 (日々“是”精進! ver.A)
幽霊裁判顛末記・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111030001/ 「ステキな金縛り」オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.10.25 サウンドトラック キングレコード (2011-...
[映画『ステキな金縛り』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆我が家には地デジが通っていないので、テレビを一切見られない。  この三谷幸喜の新作だが、やはり、本人出演でフジテレビで大々的に宣伝しているのでしょうか?  私、テレビは、ワンセグ携帯でNHK朝のテレビ小説『カーネーション』を見るのみだ。  主演の尾野...
ステキな金縛り (あーうぃ だにぇっと)
ステキな金縛り@一ツ橋ホール。
ステキな金縛り (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.sutekina-eiga.com/ 作品の内容を問わず、三谷作品というだけで鑑賞するのは決定していたんだけど、興味は「一番の作品」という宣伝文句が正しいのかどうか。 失敗が続いて後がない弁護士のエミ(深津絵里)は、ある殺人事件を担当すること...
ステキな金縛り (映画感想メモ)
霊はいつでも見守っている。 いい加減あらすじ 失敗続きの弁護士・エミは最後のチャ
映画『ステキな金縛り』  (よくばりアンテナ)
やっぱり、三谷幸喜さんの映画って定評があるからなのか人気ですね(*^_^*) 昨日、ワーナー金沢はレディースデーだったので、1000円で観賞。 いつもと違うシネコンにしたのは、上映開始時間がちょうど良か...
『ステキな金縛り』と鬼十則 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『ステキな金縛り』を英訳すれば、さしずめ「It's a Wonderful Binding」だろうか。もちろんこれは「It's a Wonderful Life」、すなわちフランク・キャプラ監督の『素晴らしき哉、人...
ステキな金縛り (LOVE Cinemas 調布)
前作『ザ・マジックアワー』から3年ぶりの三谷幸喜監督・脚本作品。とある殺人事件の証人が何と落ち武者の幽霊だったという奇想天外な法廷ドラマだ。出演は『悪人』の深津絵里、『釣りバカ日誌』シリーズの西田敏行、『天国からのエール』の阿部寛、中井貴一、竹内結子…...
ステキな金縛り  監督/三谷 幸喜 (西京極 紫の館)
【出演】  深津 絵里  西田 敏行  阿部 寛  中井 貴一 【ストーリー】 弁護士の宝生エミは、裁判を任されても失敗ばかり。ラストチャンスとして与えられた仕事は、妻殺しの容疑で捕まった矢部五郎の弁護だった。矢部は「犯行時間は、旅館で落ち武者の幽霊にのしかか....
ステキな金縛り~ANTI-TRICK (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。三谷幸喜監督、深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、草なぎ剛、中井貴一、市村正親、小日向文世、小林隆、KAN、木下隆行(TKO)、山本亘、山本耕史、戸田恵 ...
『ステキな金縛り』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ステキな金縛り」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 深津絵里、西田敏行、中井貴一、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、草なぎ剛、       市村正親、小日向文世、小林 隆、KAN、木下隆行、山本 亘、山本耕史、       戸田恵子...
「ステキな金縛り」 (prisoner's BLOG)
落武者の幽霊が人によって見えたり見えなかったりする、というのが作劇のキモなのだが、そのあたりの表現がかなり手ぬるい。 出てきてまもなく、旅館の女主人が幽霊と差し向かいになっているが姿は見えないというところで、幽霊がいるはずの場所にどういうわけか襖がかか...
ステキな金縛り/深津絵里、西田敏行、阿部寛 (カノンな日々)
いったい誰がどう動いてどうコーディネートしたらこんな豪華なキャスティングが実現するんでしょうか?三谷幸喜さん十八番の十八番、ビッグネーム大量投入型群像喜劇。監督5作品目 ...
ステキな金縛り (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
「ステキな金縛り」オリジナル・サウンドトラックどんなチョイ役にも豪華キャストを配する、贅沢な三谷映画の新作「ステキな金縛り」。法廷ものとしては弱いが、人情劇として楽し ...
ステキな金縛り 完成披露試写会 (HAPPY LIFE)
ステキな金縛り ONCE IN A BLUE MOON  証人はただ一人  落ち武者の幽霊。 2011.9.21 WED TOHOシネマズ六本木ヒルズ ☆2011年10月29日公開 *完成披露舞台挨拶* 登壇者:三谷監督 深津絵里 西田敏行 中井貴一 阿部寛 竹内結子...
「ロクベエ都へ行く」三谷幸喜・監督『ステキな金縛り』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。三谷幸喜・監督「ザ・マジックアワー」に続く5作目『ステキな金縛り』出演者は深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、草彅(なぎ)剛、中井貴一、他多数物語・失敗続きで後がな
2011年9月29日 『ステキな金縛り』 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『ステキな金縛り』 を試写会で鑑賞です。 これはね面白いですよ~ 珍しく、一般試写会で終わった後に拍手がありました 【ストーリー】  失敗が続いて後がない弁護士のエミ(深津絵里)は、ある殺人事件を担当することになる。被告人は犯行が行われたときに自...
*ステキな金縛り* (Cartouche)
            ***STORY***                  2010年  日本 エミ(深津絵里)は失敗続きで後がない三流弁護士。彼女が新しく担当になったのは、とある殺人事件。被告人は無実を主張。完璧なアリバイがあるという。な...
ステキな金縛り (とりあえず、コメントです)
この春頃からずっと映画館で予告編が流れていた三谷幸喜監督の新作コメディです。 今度はどんな笑いを見せてくれるのだろうかと楽しみにしていました。 豪華な役者陣の芸達者な演技と演出で最後まで楽しませてくれる作品でした(^^)
『ステキな金縛り』 笑えて泣ける (美容師は見た…)
証人はただ一人 落ち武者の幽霊。。。西田敏之さん最高~(≧∇≦)ノ彡 バンバン!笑いとシリアスのバランスも最高。「自信を持て」。。。自分を信じることを改めて考えさせてくれましたし。「構想10年以上、三谷幸喜が一番実現させたかった企画がついに映画化!」って...
「ステキな金縛り」 (NAOのピアノレッスン日記)
~証人はただ一人、落ち武者の幽霊~2011年   日本映画       (11.10.29公開)配給:東宝               上映時間:142分脚本と監督:三谷幸喜       製作:亀山千広 島谷能成製作:フジテレビ 東宝       制作プロダク....
ステキな金縛り (だめ男のだめブログ)
「ステキな金縛り」 監督 三谷幸喜 出演 深津絵里(宝生エミ) 西田敏行(更科六兵衛) 阿部寛(速水悠) 竹内結子(日野風子/矢部鈴子) 浅野忠信(木戸健一) 草なぎ剛(宝生輝夫) 中井貴一(小佐野徹) 市村正親(...
ステキな金縛り (うろうろ日記)
試写会で見ました。ダメ弁護士が法廷に証人として幽霊を呼んじゃった。というお話です
ステキな金縛り (居心地)
絶対に観ようと心に決めていた映画 「ステキな金縛り」を姫1と観て来た。   ****************************************************** 何をやっても失敗ばかりの三流弁護士のエミ(深津絵里)。 次の仕事で成果を上げなければ後がない崖っぷちに追い込まれていた。 ...
『ステキな金縛り』 (みゆみゆの徒然日記)
 西田局長が落ち武者の霊だなんて、それだけで面白そう!ということで、久しぶりに映画館へ。 【あらすじ】ステキな金縛り - goo 映画より引用。 弁護士の宝生エミは、裁判を任されても失敗ばかり。ラストチャンスとして与えられた仕事は、妻殺しの容疑で捕まった矢部五...
映画・ステキな金縛り (お花と読書と散歩、映画も好き)
マジックアワー以来3年ぶり三谷幸喜監督・脚本作品 安心して観ていられます中弛みも無く涙が出るほど笑い、そして泣きました 佐藤浩一さんや唐沢寿明さんえ!これだけの出演?豪華出演陣大盤振る舞いです 三流弁護士エミ(深津絵里)10歳の時に亡くなった父親(草?剛...
映画「ステキな金縛り」、幽霊が裁判の証人に? (ひろの映画日誌)
まあ奇想天外な話だ、幽霊が裁判で証人になるのだから。 そんな奇想天外な映画を、三谷幸喜は自信を持って面白いでしょうと進めている。 でも、やはり無理があったのでは。 舞台ならいざ知らす、映画なんだから。 まあ、出演者の豪華なこと、これは三谷さんの仁徳かな...
ステキな金縛り (勝手に映画評)
『ザ・マジックアワー』以来、3年ぶりの三谷作品。今回は、ドジで間抜けな?弁護士が活躍する法廷ドラマ。“三谷組”と言う言葉が有るのかどうか走りませんが(笑)、例によって、三谷映画の常連が多数出演。過去の作品からの、カメオ出演もあります。 深津絵里って、やっ...
ステキな金縛り (Memoirs_of_dai)
落ち武者とタクシー運転手 【Story】 失敗が続いて後がない弁護士のエミ(深津絵里)は、ある殺人事件を担当することになる。被告人は犯行があったときに自分は金縛りにあっておりアリバイがあると主...
『ステキな金縛り』 (ラムの大通り)
「まあ、この映画は ぼくが特別あれこれと言わなくても大ヒット間違いなし。 なにせ、『誰もが安心。みんなで楽しめる』三谷幸喜作品だからね。 ということで、今日の説明はチャチャッと。 まずはストーリー。これがほんとうに簡単」。 ----えっ、そうニャの? 昔の武将...
三谷幸喜作品の集大成。『ステキな金縛り』 (水曜日のシネマ日記)
三谷幸喜監督・脚本の法廷ミステリー作品です。
ステキな金縛り (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
これは大ヒット間違いなしだ。140分を超える上映時間ながら、見事な脚本によって退屈しない。ドジな弁護士演じる深津絵里が落ち武者の幽霊を殺人事件の証人に採用するのまでと、真犯人を解明する過程を一つの物語にした。おもしろすぎて、役者の演技のすごさも実感できて...
ステキな金縛り (悠雅的生活)
長い小指。アルプス一万尺。once in a blue moon。
ステキな金縛り (悠雅的生活)
長い小指。アルプス一万尺。once in a blue moon。
『ステキな金縛り』 ('11初鑑賞149・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 10月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:15の回を鑑賞。
「ステキな金縛り」 自分に自信をもって (はらやんの映画徒然草)
今年は三谷幸喜さんは50歳になる年だということで、いくつもの舞台や映画、ドラマ、
ステキな金縛り(2011-090) (単館系)
三谷幸喜監督作品はTHE有頂天ホテル以来の鑑賞。 マジックアワーは録画してあるのでそのうち・・・・ 今回の作品ではある殺人事件の裁判でその証人が落ち武者 だったた・・・という。 しかも幽霊なので...
「ステキな金縛り」落ち武者の幽霊を出廷させた先にみた異議なし!の真実を証明した崖っぷち弁護士の起死回生の弁論 (オールマイティにコメンテート)
「ステキな金縛り」は裁判に失敗続きの女性弁護士がラストチャンスの案件で承認が落ち武者の幽霊という唯一の証人を法廷に出廷させて奇想天外な裁判で奇跡を起こしていくストーリ ...
ステキな金縛り (だらだら無気力ブログ!)
なるほど、心霊写真に写るのはポイント制なのか。
「ステキな金縛り」:ふかっちゃんは良いけれど・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ステキな金縛り』は、期待に届かなかったなー。三谷作品なここのところオールス
交霊裁判。(辛口失礼) (好事家の世迷言。)
(※最初にお断り。この映画、私には合いませんでした) 映画『ステキな金縛り』を劇場へ見に行く。 「幽霊が証人として法廷に呼ばれる」という紹介を聞いて、 「逆転裁判みたいだな」と感じた事は認める。 しかし、実際に実際に見た今、その印象を撤回する。 逆裁とは向...
ステキな金縛り (やっぱり最終的には自分じゃないの)
宝生エミ(深津絵里)は失敗続きで後がない三流弁護士。彼女が新しく担当になったのは、とある殺人事件。被告人の矢部五郎(KAN)は無実を主張。完璧なアリバイがあるという。なんと事件当夜、旅館の一室で金縛りにあっていたというのだ。無実を証明できるのは一晩中彼の...
ステキな金縛り 三谷幸喜ワールドに飽きてきたなあ、俺 (労組書記長社労士のブログ)
【=55 -9-】 今日はうちの労組の家族交流イベント、80名ほど参加してくれたけど、盛りあがったのか盛りあがらなかったのかはかなり微妙。 担当のやる気の無さがまざまざと現れていた、ほんまどないもならん・・・ε-(;ーωーA ドコニモツカエン…  弁護士の宝生エミ...
■ステキな金縛り (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第245回「荒唐無稽なお話を魅せる手腕はお見事です。」 私の好きな脚本家に三谷幸喜がいます。「やっぱり猫が好き」で知ってから、テレビドラマや映画、舞台など多くのものを目にしてきました。ところが彼の作品全てがとても面白くて素晴らしいものかと聞かれれば、決...
ステキな金縛り (pure\'s movie review)
2011年 日本作品 142分 東宝配給STAFF監督と脚本:三谷喜幸CAST深津絵里 西田敏行 阿部寛 竹内結子 中井貴一 浅野忠信 市村正親よくもまぁ、こんな設定でこんな面白い脚本が書けるなぁと、もちろんいい意味で呆れました。最近この映画の宣伝で三谷さんをやたらとTV....
ステキな金縛り (そーれりぽーと)
三谷幸喜最新作『ステキな金縛り』を観てきました。 ★★★★★ 今回も、大いに笑って関心して、ちょっぴりほろっときて幸せな気分になれる2時間半の三谷ワールドを堪能。 三谷幸喜監督の映画には“今回も堪能”って言葉が似合う。 幽霊が裁判で証言するなんてあり得な...
ステキな金縛り (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/10/29公開 日本 142分監督:三谷幸喜出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、草なぎ剛、中井貴一、市村正親、小日向文世、小林隆、KAN、山本耕史、戸田恵子、浅野和之、生瀬勝久、近藤芳正、佐藤浩市、深田恭子、篠原涼子、唐沢寿明 失敗が続....
『ステキな金縛り』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  三谷幸喜監督の最新作です。 「証人はただひとり。 落ち武者の幽霊。」・・・  失敗続きの弁護士に回ってきた最後のチャンスの殺人事件裁判。 被告人が訴えたのは 殺人事件があった晩は 一晩中金縛りにあっていたという。  被告人の訴えを信じた弁護....
映画:「ステキな金縛り」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年11月8日(火)。 映画:「ステキな金縛り」。 【監督・脚本】三谷幸喜 【撮   影】山本英夫 【美   術】種田陽平 【音   楽】荻野清子 【 キャスト 】深津絵里 (エミ)・西田敏行 (更科六兵衛)・阿部寛 (事務所のボス)      ...
ステキな金縛り (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
殺人事件の証人として呼び出された落ち武者の幽霊と三流弁護士が繰り広げる騒動を描くコメディ。「悪人」の深津絵里、「星守る犬」の西田敏行、「奇跡」の阿部寛、「プリンセスト ...
映画『ステキな金縛り』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
待ちに待った三谷幸喜監督脚本・監督作品 『ステキな金縛り』(公式サイト)を初日第一回目で、観て参りました。   【あの人
『ステキな金縛り』・・・せっかくの三谷ワールドが (SOARのパストラーレ♪)
前半はとにかく笑った。クスクス笑いではなく声を出してこんなに笑った映画は久しぶりだ。コメディとしての三谷ワールドはやはりおもしろい。
ステキな金縛り・試写会鑑賞~こんな金縛りにあってみたい! (ライフスタイルをデザインする建築家の・・・ライフスタイル)
三谷幸喜監督最新作「ステキな金縛り」の試写会に行ってきました! いやぁ~~~~~楽しかった。 やっぱ三谷監督作品は面白いですね。 今回は、THE 有頂天ホテルやザ・マジックアワー以来の三年ぶりの映画。 三谷監督といえばワンシチュエーションものが多いわけですが...
ステキな金縛り (映画 K'z films 2)
監督三谷幸喜出演深津絵里 西田敏行 阿部寛 竹内結子 浅野忠信 中井貴一 草なぎ剛公開2011年 10月
ステキな金縛り 「ONCE IN A BLUE MOON」 (★the tip of the iceberg★氷山の一角)
面白かった。随所に笑いのネタが散りばめられていて、まんまと楽しく笑わせていただきました。今年は三谷幸喜監督の生誕50周年の年だそうで、この映画作品以外にも、趣向を凝らしたお祭りをされているのですが、中でも本作は、本当に三谷祭りそのものでした。人は、記念日...
★ステキな金縛り(2010)★ (Cinema Collection 2)
  証人はただ一人、落ち武者の幽霊。   映時間 142分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2011/10/29 ジャンル コメディ 映倫 G 【解説】 「THE 有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」の三谷幸喜監督・脚本で贈る 痛快コメディ・エンタ....
『ステキな金縛り』を109シネマズ木場3で観て、三谷はこれでいいでしょふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆面白いけど面白さがベストじゃなくってベターな感じだ】 『モテキな金縛り』:ふかっちゃんが 阿部寛、TJO木下、中井貴一、小日向文世にモテまくる。 ...
幽霊が証人に! (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「ステキな金縛り」を鑑賞しました。 三谷幸喜監督の新作 三谷ファンとしては 期待してしまうのですが・・・ やはり 設定の可笑しさ、勝利ですね 落ち武者の幽霊を裁判の証人にするという 相変わらずの豪華キャストで 特に主演の2人 西田敏行の...
ステキな金縛り (ダイターンクラッシュ!!)
2011年11月1日(火) 19:00~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『ステキな金縛り』公式サイト 三谷幸喜の新作は、連戦連敗で後が無い弁護士深津絵里が、落ち武者の幽霊西田敏行に乗っかられて金縛りで動けなかったとアリ...
ステキな金縛り (ルナのシネマ缶)
ちょい役にまで、 深キョン、唐沢寿明、佐藤浩市 篠原涼子を起用した 豪華な三谷幸喜作品です。 深津絵里、西田敏行、中井貴一の 掛け合いもさすが!って 感じでコミカルで 楽しい作品でした。 失敗が続いて後がない弁護士のエミ(深津絵里)は、 ある殺人事件...
ステキな金縛り (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  三谷幸喜監督の法廷ミステリーだが、なにをやってもダメな女弁護士が、落武者の亡霊を殺人事件の証人として出廷させるという、前代未聞のストーリー。  キャストのほうは、ダメ弁護士役の深津絵里、落武者・六兵衛役の西田敏行をはじめとして、阿部寛、竹内結...
ステキな金縛り (Diarydiary! )
《ステキな金縛り》 2011年 日本映画 三流弁護士エミのもとにきた依頼は無実の
ステキな金縛り (こみち)
JUGEMテーマ:邦画    いまいち信頼性がない弁護士の宝生エミ。   あまりもの不甲斐なさで弁護士として崖っぷちに。   この崖っぷち感が落ち武者を見るきっかけになった。   コメディー満載の「ステ...
ステキな金縛り (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ステキな金縛り’11:日本◆監督:三谷幸喜「ザ・マジックアワー」「THE 有頂天ホテル」◆出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、中井貴一◆STORY◆弁護士の宝生 ...
ステキな金縛り・試写会鑑賞~こんな金縛りにあってみたい! (ライフスタイルをデザインする建築家の・・・ライフスタイル)
三谷幸喜監督最新作「ステキな金縛り」の試写会に行ってきました! いやぁ~~~~~楽しかった。 やっぱ三谷監督作品は面白いですね。 今回は、THE 有頂天ホテルやザ・マジックアワー以来の三年ぶりの映画。 三谷監督といえばワンシチュエーションものが多いわけですが...
ステキな金縛り (いやいやえん)
いやこれは面白かった。面白いというか、楽しいという感覚でした。 金縛りをしていた幽霊を法廷で証言台に立たせるという設定自体がはちゃめちゃなんですが、作品自体はそれを上行くはちゃめちゃさで、誰でも笑えて
ステキな金縛り (銀幕大帝α)
10年/日本/142分/コメディ/劇場公開(2011/10/29) -監督- 三谷幸喜 -製作- 亀山千広 -脚本- 三谷幸喜 -主題歌- 深津絵里 西田敏行『Once In A Blue Moon』 -出演- ◆深津絵里…宝生エミ 過去出演作:『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ...
ステキな金縛り (Akira's VOICE)
"笑えて泣ける"は本当でした。