絵画教室アトリエ伊丹ブログ

伊丹市、川西市、西宮市、宝塚市、尼崎市、池田市、豊中市近郊の絵画教室/画塾です。

色紙と不透明水彩絵具を使って自由に色彩で表現しなさい。

2018年02月18日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大コース)の国公立対策レッスン課題は「色紙と不透明水彩絵具を使って自由に色彩で表現しなさい。」(正方形画用紙/3時間)です。

2007度京都市立芸術大学の色彩課題を出題しました。京芸過去問

今回は色紙と不透明水彩絵具を使用すれば、テーマは自由です。

テーマが特に設定されていない場合は、『自分で適切なテーマを決めること』が大切です。

そんな時に下絵の引き出しを多く持っている人が圧倒的に有利になります。

人、動物、鳥、魚、建造物、植物、野菜・果物などは何も見ないでも完璧に描けるようにしておいてください。

 ➡『国公立対策レッスンのご案内』

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・色彩作品集


この記事をはてなブックマークに追加

児童画クラス 制作風景

2018年02月18日 | 児童画クラス

天気の良い日曜日。児童画クラスの授業の様子です。

当教室では200種類の課題の中から自由選択なので、全員が異なった課題に取り組んでいます。

「プラバン」「フィギュア」「立体構成」「油絵」「デッサン」「モザイク画」「ガラスデコ」「ローズウインドウ」などなど。

みんなそれぞれの課題に集中して取り組んでいますね。

児童画クラスは昨年からずっと満員の曜日もありましたが、アシスタント講師増員によりわずかですが募集を再開しています。

体験教室・入会希望の方は是非宜しくお願いします。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 『児童画クラス教室課題集』


この記事をはてなブックマークに追加

粘土、アルミワイヤを用いて「語る手」をテーマに作りなさい。

2018年02月13日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大コース)立体課題のテーマは「粘土、アルミワイヤを用いて「語る手」をテーマに作りなさい。」(3時間)です。

1998年度京都市立芸術大学の立体課題を出題しました。⇨『京芸過去問

関東美大の受験では定番の「水粘土」ですが、関西ではあまり出題される機会が少なく、教室でも今年に入って、初めての使用となりました。

最初の段階では、細かい部分を気にせず「大まかなイメージを具体的にすること。」が大切です。

手の迫力が無かった人が多く、量感の意識が足りていなかったように思います。ワイヤーを使った空間表現にも物足りなさが残りました。

来年度に向けて、現在プライベートレッスンは2年生が中心となっています。

今年度は1年生で国公立美大を目指す生徒も多く、高校1年生だけですでに15名が在籍しています。

来年、再来年が楽しみです。☆

➡『国公立対策レッスンのご案内』

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 美大受験クラス・立体作品集


この記事をはてなブックマークに追加

時は点なり

2018年02月09日 | 美大受験クラス

こんにちは。

国公立受験まで残り2週間。今年度の受験も大詰めです。

今日は昨年度京都市立芸術大学の美術科に合格したAさんの話をしたいと思います。

Aさんは本番5日前に体調を崩して、教室の色彩授業を一日お休みしました。『先生、今日のテーマを教えてもらえませんか?家で描いて持って行きます。』と連絡が。

その時は「水のある風景」というテーマを出題しました。

後日持参した作品は流れる川の水を細かく線描で描いたものでしたが、主役が無くて少し寂しい印象でした。そこで『魚を描いた方がいい。』とアドバイス。本番の色彩はほぼ同じテーマだったため、Aさんは魚を加えて描きました。

元々色彩が苦手でしたが、運も味方して3科目で最も高得点を獲得しました。Aさんの真面目さが結果に繋がった瞬間でした。

「時は点なり」(入試前に僕がよく使う言葉です。)

時間をどのように使うかによって、点数をどれくらい生み出せるか決まります。

もう2週間しかないと思うかもしれませんが、『この2週間は1年で最も実技が伸びる2週間なのです。』

これからの時間の使い方で点数はまだまだ大きく変わります。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 


この記事をはてなブックマークに追加

「あなたの街の身近な情景」から発想し、自由に色彩で表現しなさい。

2018年02月05日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大コース)の国公立対策レッスン課題は「あなたの街の身近な情景から発想し、自由に色彩で表現しなさい。」(画用紙/3時間)です。

2001度京都市立芸術大学の色彩課題を出題しました。京芸過去問

今回は自分の知る情景なら何を描いても自由なので、引き出しや表現能力の差がそのまま作品に表れるテーマでしたね。

場面をユニークに想像した作品が多かったですが、配色がイマイチでした。

そこで配色の応用について。

・メリハリ配色=反対の色相や、色調(トーン)が異なる色同士を組み合わせる配色です。

・対象色相配色=色相の差が大きく、異なるイメージの色の配色です。動きのある配色がつくれます。

・補色色相配色=色相環上で、補色となる2色の配色です。対比効果ではっきりとしたコントラストがつくれます。

上記のように配色のバランスを考えて彩色すると印象に残る作品になります。

京芸の色彩は「得意だと過信している者が低得点になる可能性が一番高い科目です。」

色が綺麗で美しくまとまりがあるだけでは点数は伸びません。

出題内容を理解しテーマのイメージを膨らませて独創的な表現が出来ているかどうかが最重要ポイントなのです。

 ➡『国公立対策レッスンのご案内』

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・色彩作品集


この記事をはてなブックマークに追加

立体作品

2018年02月01日 | 美大受験クラス

寒い日が続いていますね。受験生は特に体調管理には十分気をつけてくださいね。

京都市立芸術大学の入試まで残り1ヶ月です。受験生たちの立体作品を紹介します。

立体科目の重要な要素は、

①主題 「出題内容を理解し、テーマを上手く表現できているか。」

②特性 「材料の性質・特性を意識できているか。」

③造形 「際の処理が丁寧で、360度美しい作品であるか。」

④迫力 「範囲・材料内で大きく制作できているか。」

⑤安定 「接地面及び軸とバランスを意識し確実に立たせられているか。」

⑥質量 「作品上部に質量を多くできているか。」

⑦読解 「課題違反・条件違反をしていないか。」

⑧時間 「時間内に完成させることができる作品であるか。」

そして何よりこれらを「手を動かし考えながら制作すること」が大切です。

毎回3時間で間に合わない人、はみ出してしまう人などは常に先を考えて制作するようにしましょう

立体はしっかりと対策している画塾が少なく、描写や色彩に比べ受験生の作品の質が毎年非常に低い傾向にあります。

京芸の採点は「相対評価」ですから、立体は高得点が取りやすい科目なのです。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  ◇美大受験クラス・立体作品集


この記事をはてなブックマークに追加

一般絵画・制作コース作品

2018年01月29日 | 一般絵画・趣味制作クラス

一般絵画クラスと制作コース(美大受験クラス)の2作品をご紹介します。

左は中学3年生Hさんのコピック作品です。

可愛らしいキャラが印象的です。丁寧に描写されていますね。

美術系高校、そして美大を目指しています。これから楽しみな存在です。

右は高校3年生Hさんのペン画作品です。Hさんは京都伝統工芸大学校に進学が決まっています。

3月末まで後少しの期間ですが、大学入学まで頑張りましょうね。☆

二人ともお隣の川西市から来てくれています。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 一般絵画/趣味制作クラス絵画作品集


この記事をはてなブックマークに追加

与えられた椪柑、ガラスボウル、ランチョンマットを鉛筆で描写しなさい。

2018年01月24日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大コース)の国公立対策レッスン描写課題は「与えられた椪柑、ガラスボウル、ランチョンマットを鉛筆で描写しなさい。」(4時間)です。

今回は椪柑を水に浮かべた状態で描くという条件がありました。そこで『リアリティを出して水を描く方法について。』

1つ目は、水に透ける対象を描くことです。(今回はランチョンマット)

透ける対象を描くと透明感を増すことができます。またフチの映り込みもしっかりと描くことが必要です。水は平面ではなく立体物なので、まわりにも物が反射して映ります。

2つ目は、水の内部を描くことです。水の内部では、影を色濃く描くことによってより水らしい表現になります。

デッサンの経験が少ないと水の表現は中々難しいです。次に繋がるように復習してくださいね。

   ➡『国公立対策レッスンのご案内

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集


この記事をはてなブックマークに追加

国公立大学受験のみなさんへ

2018年01月15日 | 美大受験クラス

センター試験お疲れ様でした。

納得いく結果だった人もそうでなかった人も、実技試験が本当の勝負になることに違いはありません。

これからの時間を最大限有効に使うことによって必ず道が開けてきます。

限られた時間の中で、やはり『試験当日に本当に出そうな最良質の問題に取り組むべき』だと考えています。

当教室では過去に何問も「京都市立芸術大学の入試問題を的中させてきました。」

毎年京芸の実技試験問題を的中させているのには、実はカラクリがありまして。

僕は「自分が京芸の出題者だったら今年度はどういった問題を出すか?」を考え過去問から新たな傾向を分析し、3科目それぞれ10種類ぐらいの問題を作成します。

今年度出題されそうな問題を大きく内容(テーマや材料)を変えて準備するので、『その中の1問は必ず試験当日とほぼ同じ内容になる』いうわけです。

実技入試まで残り1ヵ月強。外部受講生も入試直前講習会に参加して合格の切符を手にしませんか?

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』


この記事をはてなブックマークに追加

児童画クラス作品

2018年01月13日 | 児童画クラス

児童画クラスの生徒作品を紹介します。

左上のカブトムシを描いたのは小学5年生のSくんです。

教室のパンフレットにも作品を載せていますが、確実な描写力を持っています。

皆それぞれ個性があってとても良い作品ですね。☆

現在、児童画クラスは定員の空きがほとんど無い状況です。入会希望の方はお早めに。

またアシスタント講師募集中です。宜しくお願いします。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 『児童画クラス教室課題集』


この記事をはてなブックマークに追加

一般絵画・美大受験(1・2年生)作品

2018年01月12日 | その他

一般絵画クラス(小学生高学年~大人)と美大受験クラス(高校1・2年生)の作品を紹介します。

一般クラスの方はコピック、色鉛筆、スクラッチ、ジグソーパズルなど色々な画材や材料に挑戦しています。

どの作品も見応えがあって素晴らしいですね。

この画像の中で左下の色彩は大阪市から来てくれている高校1年生のTさんの作品です。

また右下の切り絵は茨木市から来てくれている中学3年生のIさんの作品です。

今年度は遠方から参加の生徒が例年以上に多いです。本当にありがとうございます。☆

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 


この記事をはてなブックマークに追加

与えられたりんご、トイレットペーパー、水色の画用紙を鉛筆で描写しなさい。

2018年01月09日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大コース)の国公立対策レッスン描写課題は「与えられたりんご、トイレットペーパー、水色の画用紙を鉛筆で描写しなさい。」(4時間)です。

今回はプライベートレッスン初参加の2年生が多かったので、難易度の低いモチーフを準備しました。

合評では個別に色々コメントしましたが、ブログでは特に気になった構成について。

まず配布されたモチーフをそのまま置いて描いてはいけません。しっかり観察しましょう。

例えば『りんご』。360度見渡して最もりんごの特徴(ヘタの位置、凹みの角度、質感などで判断)のある部分を正面に持ってくる必要があります。

モチーフらしさを意識した演出はデッサンの上達に繋がります。下手な人ほど何も考えずに配置し自分を苦しめることになります。

トイレットペーパーを広げた人、画用紙で空間を作らなかった人も然り。

今日注意されたことは次回のレッスンでは必ず改善すること。2年生のプライべートレッスンは始まったばかりですが、毎回本番の実技試験と同様に考えて参加してください。

  ➡『国公立対策レッスンのご案内

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集


この記事をはてなブックマークに追加

与えられた材料の特性を活かした立体作品を作りなさい。

2018年01月06日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大コース)立体課題のテーマは「与えられた材料の特性を活かした立体作品を作りなさい。」(3時間)です。

1991年度京都市立芸術大学の立体課題を出題しました。⇨『京芸過去問

立体課題のテーマが特に無い場合、「自分でテーマを設定することも大切です。」

今回与えられた材料からある程度の大きさと密度を意識してほしかったですが、大半が余り華奢な作品になったのが残念でした。

センター前で受験生はお休みが多かったため、2年生を中心としたレッスンになりました。

受験までまだ1年ではなく、もう1年です。4月から最高学年になります。気を引き締めて頑張りましょう。

➡『国公立対策レッスンのご案内』

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 美大受験クラス・立体作品集


この記事をはてなブックマークに追加

2018年

2018年01月02日 | その他

明けましておめでとうございます。

年始は気持ち良い晴天が続いていますね。皆様にとっても素晴らしい2018年になりますように。

今年も宜しくお願いします。☆

 


この記事をはてなブックマークに追加

2017年の感想

2017年12月28日 | その他
こんばんは。
 
本日で2017年の授業が終了しました。
 
今年は全クラスがほぼほぼ満員となり、とても忙しく充実した一年でした。
 
長く続けてくれる生徒が多いことを嬉しく思います。
 
生徒の皆さん、保護者様、アシスタント講師の皆さん、本当にありがとうございました。
 
年始は1月4日(木)から開講しています。また来年お会いできるのを楽しみにしています。
 
良いお年をお迎えください。
 

この記事をはてなブックマークに追加