浄福寺・お寺のおじょうさんの日記

福岡県豊前(ぶぜん)市・下河内(しもかわち)浄土真宗本願寺派・上毛組(こうげそ)浄福寺の坊守の日記です。

心の内を。

2017年04月25日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

先日、いつも頼んでいるものを配達してくれる女性の方と、初めてゆっくりお話しました

義理のお父さんを亡くしたばかりのようで、不思議なことがあったと話してくれました。

娘さんがアルバイトを始められたそうなのですが、そのアルバイト先に、「孫をよろしくお願いします」と亡くなったおじいちゃんが訪ねて来たというのです。

もちろん、おじいちゃんに会ったのはお店の方ですから、人違いということもあるのでしょうが、「きっと、亡くなっても、お孫さんのことを思ってくれてるんですね」とお話しました。

僧侶だとわかると、「霊が見えるのですか?」など、若い方に聞かれたりするのですが、私にはそんな力はないし、真宗でもそのようなことは言いません。

けれど、不思議なことはあるのだろうし、「人間というのは神秘的なことを感じるようになっている」、とお説教でも聞きました。

女性の方は、その不思議な出来事が嬉しかったそうで、「不思議なんです、亡くなってからの方が、父を身近に感じるんです」と言われたのが、とても印象的でした

それまで挨拶以上のお話をしたことがなかったのですが、きっと「お寺に住んでいる人だから…」と思い、話してくださったのかな?と思うと嬉しくて…

心の内を話してみよう、思っていただけるように、努めていきたいです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ママ友は怖くない。

2017年04月23日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

更新が遅くなってしまいました

気候のいい時期になりましたね

公園日和の今日は、保育園のお友達たくさんで、椎田のあぐりパークに行って来ました



子どもたちが遊んでいる間、お母さんたちとおしゃべり

娘連れの私は、息子をおいて先に帰ったのですが、久しぶりのお出かけ

楽しめました

お母さんになって6年、ママ友ができたのはつい最近のことです

人見知りで引っ込み思案なことも原因ですが、ドラマなどに感化され、「ママ友=めんどくさい、怖い」という偏見がありました。

ですから最初は、恐る恐るのママ友グループへの参加でしたが、お母さん同士なので間違いなく話が合う子どもたちも喜ぶ楽しさを知りました

「保護者同士が親しくすることは、子どもにとっても大切なこと」と、小学校の先生からもお話がありました

きっかけ次第でトラブルになってしまうのは、どの人間関係も一緒なはず…

なりたくないと気をつけているつもりが、いつの間にかステレオタイプになっていました…

何事も身を通さないとわからない。

改めて実感です
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

大きくなる。

2017年04月20日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

観葉植物の代わりに、お芋のツルを育てています



だいぶ伸びてきました

お水と日の光だけで、大きくなってくれます

娘はお乳だけで、1キロ増えました

私たちは、たくさんのいのちをいただきながら、欲望を大きくしていないだろうか、愚痴を増やしていないだろうか

時折、立ち止まって考えたいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子育ての先輩。

2017年04月18日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

今日は、今年度、仏婦総会の資料作りを役員さん方と行いました

総会は4月28日、降誕会の初日に開かれます

みなさん、娘をかわいがってくださり、さまざまに子育てアドバイスをいただきました

「みんなうるさいなぁ〜と思ってるやろ〜」と言われましたが…

娘がお腹にいるときは、ご自分のお産の話を、昨日のことのように話されてたみなさん

子育てってきっとあっという間で、忘れがたくて、親はどんなに月日が流れても、ありありと浮かんでくるものを反芻しながら生きるのでしょう

いつか、まぶたに浮かぶ愛しさがたくさんあるように、今をしっかり味わっていたいと思います


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坊守講へ。

2017年04月16日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

更新が遅くなりました

一ヶ月健診を終え、初めての娘と二人でのお出かけは坊守講でした



お出かけといっても、求菩提にあるお隣のお寺さんまで

いつも忙しく、さまざまな活動をなさっている会所の坊守さんから、忙しい中で忘れていることはないでしょうか?と、ご法話をいただきました

お寺の法要をはじめ、お月忌参りなど、たくさんのご縁に恵まれながら、ただ通り過ぎてしまう…

坊守さんは門徒さんのご法事を勤められたとき、「これをご縁に…」と言いながら、ご縁にあわせてもらっているのは、実は自分自身だと気づかされたそうです

私も、お参りに来てほしい…という思いや、今日のご法事は若い方が多いからこの話を…など、勧めてばかりで、自分がまず聴いているだろうか?よろこんでいるだろうか?と改めて振り返りました。



今年はシャクナゲが遅いらしいですが、求菩提も春まっさかりです


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

登校。

2017年04月13日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

早起きをして、近所の上級生たちとの登校が始まりました



私と一緒に登校の練習をしたときは、疲れて帰れなくなったのに、ちゃんと登下校できています

登校の際、大きな道まで送って行くのですが、もう、私と手をつなぐことはありません。

少し寂しくて、今日は息子の手をとりそうになりましたが、ぐっと我慢

こうやって成長するんですね

おうちでは、まだまだ甘えんぼですが

通学路周辺のみなさん、よろしくご指導ください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入学式。

2017年04月11日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

桜は満開でしたが、雨の中の入学式でした



生涯のお友達となるであろう、9人の同級生



ドキドキ、ワクワクの新生活がいよいよ始まります

私が早起きできるかが一番のドキドキですが…

そんな今日は、父の祥月命日でもありました

教科書から鉛筆一本にいたるまで、たくさんの名前書きに励みながら、きれいな父の字を思い出しました

息子にも、いつか私の書いた字を思い出してほしいと、お名前スタンプを買いましたが、できるだけ手書きで頑張りました

お父さん、いっちゃんも一年生だよ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう。

2017年04月09日 | Weblog
今日もブログを見てくださりますありがとうございます

退院して一週間後でしたが、どうしても参加したかったのが息子の卒園式でした

座布団と搾乳機持参で、なんとか出席することができました

5年間お世話になった保育園

先生方のおかげで、息子も、そして私も、ここまでくることができました



卒園証書を受け取ってから、保護者の元へ行き、子どもたちが一言お礼を言うという流れでした

息子からは、「元気な赤ちゃんを産んでくれてありがとう。ぼくお兄ちゃん頑張るね」という言葉をもらいました

きっと、先生と一緒に考えてくれたのでしょう

もちろん感動して涙でしたが、同時に「ごめんね」とも心の中で思いました。

周りのお友達のほとんどに兄弟がいる中で、息子から「兄弟がほしい」と言われたこともあります。

だけど、息子以上に、もう一人子どもがほしかったのは私。

お礼はいらないどころか、6年以上も親の愛情を、門徒さんからのあたたかい眼差しを、ひとりじめしてきた彼にとって、ライバルの出現はどんなに辛いことか…

ある夜、息子を寝かしつけているときに、娘が泣き出し、しばらくグズグズしていると、うるさくて眠れない息子が、「あーもうやっぱり、産まれてこんかったらよかったのに」と言いました

それでいい、お兄ちゃんになろうと頑張らなくていい、「ありがとう」なんていらない。

戸惑いながらも、新しい春を迎えた息子に、「ありがとう」と伝えなければならないのは、私の方です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花祭り。

2017年04月07日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

明日から私たちの地域はお祭りですが、雨が心配ですね

地域のお祭りも楽しいのですが、明日はお釈迦さまのお誕生日、花祭りです

毎年恒例となっている、八屋・賢明寺さんの花祭り、様々な世代がともに楽しめる大きなイベントです

詳しくは… https://m.facebook.com/events/1831359013769710/

私は残念ながら花祭りには行けませんが、お囃子の音を聞きながら、地域のお祭りの雰囲気を楽しみたいと思います


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病院。

2017年04月05日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

この度のお産は、近隣の総合病院にお世話になりました

退院して一週間後、母乳外来で再び病院を訪れた際、今までとは全く違う気分を味わいました。

それは、「次にこの病院に入院するときは、きっと何かの病気で入院するんだ…」ということ。

入れ替わりはありましたが、私が入院している際、常に3人の赤ちゃんがいました

ということは、「おめでとうございます」と言われるのも、とてもハッピーな気持ちで眠りにつくのも、あの大きな病院で、きっと3人だけだったと思うのです。

私自身、同じ病院で、大切な人や知り合いの方の苦しむ姿に、何度も涙したことがあります。

癌のお父さんを看取った友人が、「病院には独特な雰囲気があって、帰るときはいつも生気を吸い取られた感じだった」と言っていました。

家族を看病したり、介護しなければならない日がやってくる。

私が病気になる日がやってくる。

妊娠・出産という幸せが見えなくさせていたもの、鈍感になっていた自分に気づかされました。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸会。

2017年04月03日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

退院した日から、彼岸会のおつとまりがありました

両日とも、法要にはお参りできませんでしたが、法要後、娘のお披露目をさせていただきました





お写真は、講師としておいでていただいた組内の若御院家さまが撮ってくださいました

初めまして、よろしくお願いします

忘れられない彼岸会となりました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです。

2017年04月01日 | Weblog
ブログを見てくださり、ありがとうございます

4月になりましたが、なかなか暖かくならない豊前です

おかげさまで、母子ともに元気に過ごしております


残念ながら入院中、父の七回忌のご法事をおつとめしました

七回忌にあわせ、門徒さんから水墨画の掛け軸をいただきました



亡くなる日の前日、お花見をしたときの写真をもとに、求菩提山や浄福寺を入れて描いてくださいました

「御院家さんがいないと」と、実際にはお参りのためいなかった主人も、しっかり描かれています

「下手だから…」と申し訳なさそうに門徒さんはおっしゃいましたが、どんな上手な絵より、どんな貴重な掛け軸より、私たちにとっては嬉しい、心温まるプレゼントでした

6年前と同じように遅咲きの桜が、今年も父の思い出を運んでくれることでしょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようこそ。

2017年03月13日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

本堂の拭き掃除が功を奏したのか、夜から陣痛がきて12日の深夜、無事女の子が産まれてきてくれました



これからよろしくお願いします

しばらくの間、ブログをお休みさせていただきます
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

七回忌。

2017年03月11日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

更新が遅くなりましたが、まだ産まれてません

「まだ」「まだ〜」というのが挨拶がわりになっています


東日本大震災から6年。

多くの方が七回忌を迎えることでしょう。

未だに行方不明の娘さんのお骨を探し続けている親御さんの姿をテレビで見ました。

散骨など、お墓を持たない人も増えているようですが、お墓の原点を思いました。



父も間も無く七回忌を迎えます

少し早いですが、ご法事は来週。

その準備が少しできるのも、のんびり屋の赤ちゃんのおかげですね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河津桜。

2017年03月08日 | Weblog
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます

寒い日、粉雪が舞っていました

求菩提では3月の終わりにある御田植祭までは雪が積もることがあるので油断してはならないと言い伝えられています

寒さの中、豊前では河津桜が咲いています



これは少し前、門徒さん宅へご案内を届けたときのもので、今は満開を過ぎ、散っているようですが…

この時期、豊前の観光名所です

「ぶぜんらいふ。」河津桜の記事

http://buzen-life.com/archives/1861

花の季節はこれから



暖かくなるのが楽しみです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加