浄福寺・お寺のいろいろ日記

福岡県豊前(ぶぜん)市・下河内(しもかわち)浄土真宗本願寺派・上毛組(こうげそ)浄福寺の坊守の日記です。

迷惑をかけて。

2020年09月23日 | Weblog
連休、子どもたちのご希望で1日だけ遊びに行って来ました。



トランポリンを楽しみ、帰りによく行くうどん屋さんに寄りました。

子ども用の小さな椅子(座ったり立ったりするとピーっと鳴るやつ)に娘を座らせたのですが、案の定、何度も立ったり座ったりして、その度に「ピーピー」と椅子が鳴ります。

周りのお客さんに迷惑なので、「やめなさい!」と何度も注意していました。

すると、その様子に気がついた後ろの席の方が「いいよ〜気にせんで」と言ってくれ、一緒に来ていたお孫さんに「お前たちが小さい頃はもっと酷かった、ほんとうるさかったんぞ〜」と話していました。

そして「お互いさまなんやけ大丈夫」「今が一番かわいいとき」と口々に言ってくれ、本当にあたたかい気持ちになりました。

それと同時に、誰もがこのような声の中で子どもを育てることができればと思いました。

もちろん、公共の場での過ごし方などはしっかりと子どもに教えることが大事です。

けれども、迷惑をかけてはダメだという考え方がベースにある社会は誰にとっても生きづらい社会です。

昨日が遠い思い出になる頃、隣にやんちゃな子どもたちとそれを諭しながら自分の食事もゆっくりとれない親が座ったら、私も昨日のおいちゃんと同じようにあたたかい言葉をかけられる人になりたいと思います。


花の名前。

2020年09月21日 | Weblog
納骨堂の前にかわいい花が生えていました。

花鋏を持っていなかったので手で摘んで持って帰ったのですが、すごくニラのかおりが…

もしかしてニラ?と思いながら持ち帰り、花瓶に挿してみました。



母に尋ねると、やっぱりニラでした

でもかわいい

この花が咲く前に私たちはいつも食べてしまっているんですね。

お野菜をいただくこともまた、命をいただくことでした。


頑張った分だけ成果が得られる訳ではない。

2020年09月19日 | Weblog



今年は稲に虫が入り、例年より収穫量が少ない田んぼが多いそうです。

いつも通り春には田を鋤き、田植え、ジャンボタニシの駆除、水の管理、草刈り、消毒…

稲刈りが終わるまで、田んぼの近くには作業服姿の男性をよく見かけます。

そのように手間をかけ、汗を流しながら作ったお米でも、いつも同じように実りの秋を迎えられる訳ではないんですね。

今は皆さん保険に入られているそうですが、全てが手作業で、天気予報も消毒も精度が悪く、田んぼだけで生活される家庭が多かった昔は、どんなに落胆されたことだろうと思いを馳せます。

報われないことが多いのが人生なのかもしれません。

お彼岸

報われないことが多い人生でも、報われない人生では決してない。

そのことを昔の人はお寺でお聴聞し、力に変えていたのかもしれません。


あと二段。

2020年09月18日 | Weblog
今日は本堂のモップがけをしました。

階段の色が


御院家さんがお休みの度に少しずつタワシで泥を落としてくれ、残すところあと二段!

毎日掃除をすれば良いのですが、汚れを溜めておりました

屋根はありますが雨も降り込むところということでご了承を

あと二段!よろしくお願いします


しおり。

2020年09月17日 | Weblog
父が亡くなって9年目

ようやく父が元気だった頃使っていたお庫裡二階の書斎を片付けることが出来ました。

溢れる本、本、本

物置にも化していたので到底私たちだけでは片付けることが出来ず、知り合いのおいちゃんに助けてもらいました。

父の蔵書の全てはとても読破出来そうにないので処分しようと思いますが、今ではなかなか手に入らない仏教書に出会えて感激

少しずつ読もうと手に取ると、中からしおりがぽとり



今ではもう販売されていないJRのオレンジカードです。

少しお得になるので父は好んでオレンジカードを購入していました。

同じ本を読ませてもらいながら、同じ道を歩ませてもらっている尊さを思います。

オレンジカードのしおり、私も使わせてもらうね。


そしてこちらは隣の旧兄の部屋から






時々距離を置いてみる。

2020年09月16日 | Weblog
昨日は息子の小学校指定のノーゲームノースマホデーでした。



保護者も一緒に取り組むということで、私もメールチェック以外はスマホを見ない一日を過ごしました。

気になることがあるとすぐググろうとスマホを握り、その時メールがきていたりしたら、結局何を検索しようとしたか忘れてしまう毎日を過ごしている私です

気になるネットやSNSがないと、ゆっくりとした時間が過ごせた気がします。

便利なものを使いこなしているようで、実は便利なものに支配された生活をしているのかもしれないと思いました。


ウェルビーング。

2020年09月14日 | Weblog
涼しい風が吹き、山奥の朝晩は少し肌寒いくらいになってきました。

さて、昨日の新聞にウェルビーングの記事が載っていました。



WHOの憲章で「健康とは病気でないとか、弱ってないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてがウェルビーングの状態にあることを言う」と定義付けされているそうです。

「つまり、たとえ病気や障害を抱えていたとしてもウェルビーングであることが健康である。」と書かれています。

私たちは老化や病気を避けるため、運動や食生活、美容など、肉体のことにばかり関心を持ち、存分に世話をします。

けれど精神面はどうでしょうか。

そこに関心を向け、豊かにしていく、それが宗教の役割だと思います。

日頃から精神面を耕しておくこと、ウェルビーング(健康)の秘訣です。


3歳児のお相手は難しい。

2020年09月12日 | Weblog
娘が保育園をお休みする日は、基本的に私も休みなのですが、平日の方が休めてる気がします

暇つぶしのクッキー作り



型抜きだけ楽しんで欲しいと思ったのですが、最初から最後まで「Yたんが、Yたんが、Yたんがする」を連呼



自我の確立

ちなみに、この洋服が一番のお気に入りで休みの日はこれしか着てくれません

料理を作っている時も邪魔が入り大変です

10年、20年後も「Yたんがする!」と言って母を助けて欲しいです




鐘楼建設中。

2020年09月11日 | Weblog
8月の終わり、鐘楼を建設してくださっている大工さん宅(大分県院内)へお邪魔して来ました。

鐘楼は11月に完成予定ですが、ただ今現場での工事はストップ

大工さんはご自宅の作業場で切り込みなどの作業をされています。




この木を組み立てます。

末長くよろしく

瓦も届き、裏側にご寄付いただいた皆さまの名前を記入しました。

建築は江戸の終わり

補強を繰り返し、台風の度にいつ倒れるかと心配していた鐘楼

皆さまのおかげで新しくなった鐘楼で、これからも仏さまの音を届けてゆきたいと思います。


YouTubeでお聴聞。

2020年09月10日 | Weblog
明日は父のお月忌なので、仏間の掃除をしました。

最近は掃除や料理の合間にYouTubeでご法話を聞いています。




「季刊せいてん」で瓜生崇先生のお話を読み、今はYouTubeで様々な方のご法話が聞けることを知りました。

今では直接お聞きすることが出来なくなった梯先生や大峯先生のご法話もあります。

コロナ禍で残念ながらお寺での法要も減少しています。

YouTubeで検索してみてください


黒ニンニク。

2020年09月09日 | Weblog
門徒さんから今話題の黒ニンニクをいただきました。



専用の調理器で4日間かけて調理したんだそう!

美味しく、元気モリモリに

匂いもほとんど気になりませんし、今はマスクがあるので安心です

私と母は今の今まで、ニンニクには黒ニンニクという種類があるものと思っていましたが、ニンニクを熟成させたものを黒ニンニクというんですね

熟成させることで美味しく、栄養価もアップ

私たちも歳を重ねるごとに、深まっていくものがあるはずです。


レトロ。

2020年09月08日 | Weblog
風は涼しくなりましたが、お日さまの下はまだまだ暑いです。

ある時、トトロが大好きな娘がコンビニで見つけたのが…




「トトロのキャラメル」

トトロは私が幼い頃に公開された映画

しかも時代設定はそれよりもずっと前なので、きっとこのパッケージは昔から変わってないんでしょうね〜

レトロ!

キャラメルに思い出がある方も多いでしょう。


浄福寺の本堂やお庫裡も補修を繰り返しながらも、長年同じ古い建物です。

正直、台風などが来るたびに心配になりますが、「あ〜懐かしい!昔ここでよく遊びよったんよ!」とおっしゃる方が多く、嬉しく思います。

古い建物を守るとともに、これからも「懐かしい」と思ってもらうためには、お寺に来ていただかないといけないので、もっともっと工夫してゆかなければならないと思います。



台風が過ぎました。

2020年09月07日 | Weblog
こちらはおかげさまで台風の被害はありませんでしたが、周りを見回すとトタンが外れたりしている倉庫なども多く見かけました。

気象庁などから脅された感がありますが、その分みんなしっかりと対策が出来、良かったのではないかと思います。

もちろんテレビを見れば被害に遭われた方も多くいらっしゃいますが


台風が過ぎ去ってからは虹も見られました。






心配して来てくださった総代さん、ご近所の役員さん

皆さんに支えていただいているお寺なのだと有り難く思います。


新米のお供え。

2020年09月06日 | Weblog
昨日まで台風に備えて、田んぼには急いで稲刈りをする人たちの姿が見られました。

今年は実りが早かったようで、ご門徒のYさんが早々に新米をお供え下さいました。




多忙に会社勤務されながら田んぼのお世話まで…

毎年ありがとうございます。


台風で稲の被害も心配です。

悲しみの中で。

2020年09月05日 | Weblog
ツバメの心配をしたまましばらくブログを放置していたのですが、その後無事に雛が生まれ、旅立って行きました。

親鳥はそれまで、自分だけのために餌をとっていたのに、雛が生まれると子どものために餌をとり、何度も何度も巣まで運ぶようになります。

子どもたちが自分の力で空を飛び、餌を食べられるようになるまで、親はそれを続けるのです。





急な事故で息子の同級生のお父さんが亡くなってからもうすぐ49日。

こんな時旦那さんがいたなら…と思う日々を彼女は過ごしているのだろうと思うと、胸が詰まります。

人生は厳しいです。

ですが、彼女はますます強く優しい母親に、子どもたちはそれを支える強さとたくましさを持つようになるでしょう。

悲しみは癒えないけれど。