シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 五月の連休開始

2016年04月30日 02時29分09秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 五月の連休開始

働いている皆さんが 4月29日から 連休なのだわねぇ

思うだけで 幸せな気持ちになります。

現在の自分は 連休も平日も
あまり変化の無い シャンソンと共に
毎日 自宅生活ですけれど

休日に お稽古にみえる働いている方々の
幸せそうなリラックスした顔を拝見すると
自分も 同じように 休日気分になれます。

四月は 始めての ジャズピアノのレッスンに
夕方 参りました。
先生も忙しかったので 四月は本日一回しか
レッスンがとれなくて
久しぶりの レッスンでした。

あまり 練習してなかったのですが
先に進めたので
新しい 技術に又取り掛かると思えば
嬉しくなりました。

五月は 三回 ピアノのレッスンがあるので
自宅でも
心を入れ替えて 稽古したいなー
と 思いました。

ジャズピアノは コード進行を全ての調で
記憶しなければならないので
頭と 指と 腕が メトロのオームに合わせて

てきぱき 動くまで練習しなければならないので
レッスンに行く前は
付け焼刃的に 練習するのですが・・・

もしも まいにち 二時間位練習していたなら
せめて 一時間でも 練習していたなら
きっと ずっと早くに上達しているはずですが・・・

ピアノに関しては とても怠け者です。

ピアニストになる人たちは 若いころ
一日中練習していたし

ミっちゃんの旦那様は ピアニストで 
芸大付属高校 藝大 藝大大学院 
ドイツのデトモルトの音楽大学も卒業して
今は 四国の国立大学のピアノの教授ですが

とにかく ピアノの練習していさえすれば
幸せで 時間があれば いくらでも
練習しているそうです。

ピアニストの練習量は 声楽の様な単旋律の
声という 肉楽器の稽古時間と違い 桁が違うほど
長時間必要です。
両手の指 全部が 運動するし ペダルも
踏むし・・・
覚える 音符の数が多いですからねぇ。

私のジャズの先生も 一日8時間は
練習したと おっしゃるので
ピアニストは オタク的 性質じゃないと
プロにはなれないですよ。

かといって オタクで家にばかりいて
人生を味わっていないと
音楽に色香が漂わないし・・・

音楽は或る意味 官能ですから・・・

ベルギーに住んでいた時
世界三大コンクールのエリザベート国際コンクール
の 本選を毎度 聞きに行きましたけれど

日本人の演奏と 外国人の演奏は
スケールが違いました。
体の大きさも 音楽性も 表現力も
音の大きさも ホールでの響きの豊かさが
違うので ビックリしました。

でも 日本人は ミスタッチはしなくて
破綻は しないし
アジアの島国なのに
西洋音楽を手中に収めるなんて 脅威だと
思ったものです。

毎年ある世界中のコンクールで 
世界一位になったとしても
その後 プロとして 世界的になる人は
沢山は居ないので
プロとして 観客にアッピールする演奏や
社会で台頭するチャンスは
また 別なのだと思いました。

私はピアノに関しては オタク的になれず
練習魔にも なれないですが
まだ 足掻いて 先生に習っているので
嫌いではないみたいです。
怠けながらでも ジャズピアノは ずっと習い続けます。

クラシックだろうと ジャズだろうと ピアノは
練習量が莫大に必要で
子供の頃の筋肉で習い始めないと
なかなか 上手くはなれないものだと思います。

三歳から 親に習わせてもらったので
なまけもの の私でも なんとか 
皆さんの伴奏は 弾けて
弾き語りも出来て 
音楽の神様と 親に感謝。

継続し続けている私に対して
自分が自分に 
ちょっと 褒めてあげたい感じです。

上手くなりたかったら 取敢えず 練習量。
何事も 同じでしょうけれど
解っちゃいるけれど・・・・
人生 やりたいこと やらねばならない事
多過ぎます。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY フランス料理好き

2016年04月29日 03時10分59秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY フランス料理好き


シャンソン歌手なのだから
フランス料理好きな訳ではなくて
私は 生まれつきなのか
父の影響なのか
フランス料理が大好きです。

若いころは
フランス料理レストランで 昼ランチ 
晩にディナーが 毎日 毎日でも
平気な程 でしたので

今週は 二度も フレンチのレストランで過ごしたのに
なんら 違和感もなく
肌艶がピカピカ 生き生き 精神もワクワク

シャンソンの練習するより
フランス料理食べているほうが
ずっと フランス的な雰囲気
感性が 湧き上がってくるような・・・・

日曜日の トトキのフランス料理は
銀座の芸術
世界レベルの技術があり 門構えで
格式があります。

本日の モンモランシーは 
八王子にフランス文化の花開く味と雰囲気です。

丁寧で 良い素材で 一生懸命な
暖かい心ある コースでした。
私は
マイカーなので ノンアルコールのカクテルを頂きました。

成城の デギュスタションという フレンチ レストランも
成城地元の 文化という 感じですが
それぞれの町で
フランスで修行した料理人が自分のお店を
開店して 異国文化と日本素材をアレンジして

最近のフランス料理は 和のテイストも
取り込んでいて
それが モードでもあります。

フランス料理が好きだから
フランス語が レストランで話せるように
なりたかった・・・みたいな 
若かりし頃の 私でした。

また 昔の私の癖が蘇り
フランスレストランに行く趣味が
日本でも 始まりそうです。

帰宅して 藤倉さんと 永遠と長電話して
しまいました。
藤倉さんは85才のお友達五人で
なんとなんと トトキを 予約したそうです。

行動派です。

そして
モンモランシ―の 感想も お伝えいたしました。
そして
グレコが 来日できず チケットは払い戻しになる
ということも話題になりました。
戸川昌子さんのご冥福も 二人で祈りました。

命短し・・・恋せよ乙女・・なんていう 歌が
耳に流れてきました。
命短し・・・人生楽しめ永遠の乙女たち・・・

加齢しても 乙女のままの方々が私の周りには
多いですよ。





 

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 藝大時代の絆

2016年04月29日 02時23分09秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 藝大時代の絆


木曜日は お裁縫のお稽古の後
西八王子にある MONTMORENCY パリの北部の地名
だそうですが モンモランシ―という フランス料理
のレストランへ参りました。

八王子在住の 藝大時代からの親友 みっちゃん
と 本当に久々の お食事会でした。

雨の降るなか 中央高速道で 我が家から45分位
で 到着して
ナビの お蔭さま・・・という位
土地勘も無いので
早めに 出かけたので 30分も前に
レストランに 入れました。

パリのトロワグロで 修業して レストラン三国で
料理人をしていた・・と インターネットでリサーチ。
藤倉さんが お友達といらして良かったー と
おっしゃって下さったので
好奇心わくわくして 参りました。

夫婦二人きりで コース料理のみの フランスレストラン
です。

みっちゃんの 自宅から 歩いて30分だそうなので
数日前に 場所をリサーチしておいた
そうですが
地元では 美味しいと評判だということも
リサーチしたとのこと。

今年八月に還暦になる みっちゃんと
既に なった私の お祝いを 
二人で 楽しみました。 

40年間前に 藝大入学後直ぐに
仲良しになり
数多いる 生徒の中で 何故か 家族ぐるみで
仲良しになり
いつでも 一緒に 遊んでいました。

ほとんど 毎日 会っていたような記憶です。

玲子ちゃん ママに似てきたけれど
目の表情が パパそっくり

言われて へーぇ

みっちゃんは ずーっと 可愛いままです。

まったく 昔のままです。

帰宅するとき 懐かしい ミっちゃんの自宅前まで
お送りしたら
下の娘さんが 出てきて挨拶してくださり
15年ぶりくらいでしたので
大きくなっていて ビックリしました。
大学四年生。

月日は またたくまに過ぎて
藝大の一年生の時の我々は 還暦で
その 娘さんが もう その年ごろを超えて
しまい

このまま あと二十年先も 瞬く間に
やってくるのでしょうねぇ。

帰宅してから お婆さんになっても 又 遊ぼうね
と メールが 来ました。

魂は 何も変わらないまま いつの間にか
お婆さんに なってしまうのが不思議ですが

いつも 現在と 未来へ
前向き 前のめりに生きているタイプなの
私なので
旧友と 遊ぶ時間を 捻出しなさすぎの私。

しょっちゅう 会わなくても 絆が あるのが
親友なのかもしれません。
会えば 昔のまま
共通の友達の話題で 盛り上がります。

藝大時代 二期会時代の絆が
ミっちゃんとは とても 深いです。

岸洋子さんというシャンソン歌手の従妹さんなのに
我々は シャンソンの話は ほとんど しません。
ミっちゃんとは シャンソン仲間ではなく
藝大魂の 仲間です。
 





この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 私の天使というシャンソン

2016年04月28日 04時04分41秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 私の天使というシャンソン


ピーちゃんが 会社の後に レッスンにみえて
私の天使という シャンソンを習い
パパ様が お迎えにみえて
朝届けた「熱唱」という名前のダリアを
見てみたい・・・

という事で
深紅色の ゴージャス
ダリアさんは 満面の笑顔。

ママ様は 旧友の方と会食で
帰宅が遅いという事でしたので
久しぶりに
私の作る 庶民的イタリア料理で
パパ様 ピーちゃん と私 三人
ご一緒に 我が家で 夕食致しました。

ママ様が居ないのは やっぱり寂しいです。

突然に夕方 決定した シャンソンファミリー会食
ですから
家にある食材で パパッーと 作成して
お酒なしで
ママ様の帰宅時間まで お喋りして過ごしました。

パパ様は 私の天使アンジュ様を連れてきて
下さり
幸せで 幸せで
私は とろとろ でした。

私は犬猫ともども 大好きで

先日 妹の家の猫二匹とも 可愛いと思えて
遊んだのですが
アンジュは やっぱり 美犬で 華奢で
可愛いくて 私の天使だわねぇーーー

時々 あー 私も 犬か猫でも 昔みたいに
飼ったら 少しは 家の中で
お喋りするかもねぇー

とも 思うのですが
やはり その考えは 直ぐに打ち消します。

外出 お泊り 長期旅行の時
留守番させて 淋しい思いをさせ
罪悪感が募った 昔を 思いだし

天国に 我が愛犬が旅立った時の
喪失感を 思いだし

留学するとき 連れていけなくて
貰ってもらった猫の事 
そのほか 思い出すだけで 胸が締め付けられる
罪悪感が あり過ぎです。

もう 二度と ペットは 飼うまい
そして
もう二度と 恋は しない 結婚もしない

辛すぎることは なかなか 脳裏から消えないものです。
そして 幸福だった事は 案外に忘れやすく
有難さも 薄れやすく

辛いことの思い出を引きずるのが 人間なのでしょうかねぇ。
私が しめっぽいタイプなのかなぁーー
ウェット
中々 人生は からっとは 行かないので

常に 楽しい事ばかり クリエイトし続け
胸を締め付けず 解放 解放
魂の自由を クリエイト・・・・
ダリアの 熱唱
ひまわりの 能天気
白い薔薇の 品・・・を 目指して 

明日も 又 楽しみます。
過去の辛いことは 飛んでいけーーー
 

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY  四月は遊ぶダリアの熱唱

2016年04月28日 02時55分38秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY  四月は遊ぶダリアの熱唱


水曜日の午前中
相変わらず 私が寝ている間に
ブラボーパパが 市場の花を届けて
玄関の外に 立てかけて下さっていました。

メールで ダリアの花は 熱唱という名前だそうです。
と書いてありました。
ひまわりも 二種類
季節の先駆け 季節の前どり・・・・

お稽古前の束の間に 
赤いダリアは 活けてみました。
ブルーの花と 珍しいマーガレットと

本日は JE NE REGRETTE RIENピアフの 私は後悔しない
のグループレッスン 発表でしたから
気合いと 情熱。

皆さん 太くて強くて 揺れない声で
どどーんと 立派に 歌い
まさに ダリアの熱唱。

同じ曲を歌っても
同じ発声法
同じ 音楽性と 表現
一言一句 旋律 リズム
細かく細かく お教えして

まずは 基本的な 歌唱としての指導しか
していないのですが

それぞれの 筋肉や体系の違い 骨格 歯など
楽器としての 響き 音色が違うので

全員が 違う雰囲気のシャンソンになるのが
まさに 音楽の醍醐味です。

人生の引き出しも違い
経験も違い
私が教えたこと は それぞれの個性で
別々な世界に展開していき

しかも 日進月歩で 全員が進化していくことに
感激してしまいます。

地道に正しい方法で継続すれば
芸道の技術の進化は
80才を過ぎても 青天井なのですねぇ。

77才の小林さんは よく ご自身で
昔は 音楽の通信簿が2 だった と おっしゃるけれど
おもわず「小林さん 大器晩成タイプだわね
将来が楽しみね」と
私は わくわく してしまいます。

ご自身は とても健康体で
もろもろの 数値が 全て正常で
お薬は 何も飲んでいないので
全身が若いのだと思いますが 

それにしても 迫力の響きが ばばーんと
腹声で 揺れもせずに 長く伸ばせる技術と
腹筋力 軟口蓋の開きが 習得でき始めた証なので
ブラボーブラボー

音楽が不得意な方が 音楽好きになって
音楽を 学ぶことに歓びを見出してくれる姿
を 見れるとき

私は 音楽家になって 
そして音楽の先生として フランス語のシャンソンを
お教え出来て
あー 良かったわー
と つくづく思えるのです。

白い薔薇が10年ぶりに咲いてくれたのと
同じ位  感動的な 生徒さん達の歌唱です。

音楽は 短期間で 上手くなることは出来ないけれど
毎週一時間づつ 10年近く 習い続けれていれば
後期高齢過ぎの年齢の皆さんも
大進化するものなのだわ・・・と

目から鱗

つまり 私とて75才過ぎても 
こつこつ 学べば 上達できるのねぇーーー
と お弟子さんと 共に学び 励まされています。

継続は力・・・音楽の道は 時間と手間が掛かります。
人生の道と ほぼ同じ時間を 音楽と共に過ごして
まだ 求道しつづけたい道です。感謝。



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 朝の暖かさに感激

2016年04月27日 01時59分34秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 朝の暖かさに感激


火曜日の朝は 久々に 早起きして
成城駅の銀行などへ行き
既に24度になっていたので
半袖姿で 寒くなかったです。

ありがたくて ありがたくて
暖かさに 感謝してしまいます。

庭の白いツル薔薇が 可愛らしいので
写真に撮りました。

待てば海路の日和あり
みたいに 植えてから10年目にして
沢山花が咲いてくれました。

二階の壁まで ツルが 自由に伸びて登り
太陽の当たる場所で
咲いてくれたのですから 健気に感じます。

一階は 太陽が当たらないので
長い間 白い薔薇は ほとんど 咲いてもくれず
強い子だったから どんどん 自分で 良い環境を求めて
花を咲かせたのだわねぇ

植えた私は 嬉しいです。

でも 確か この薔薇は 苗の時
薄い イエローでしたけれど
今は 真っ白に 咲いています。

寒い冬が去り 春から夏へ
五月初夏の到来は 寒がりな私にとっては
極楽です。

祖師谷公園の藤棚の 薄紫色の藤も見事な
季節です。
街には ハナミズキの後 つつじが
此処かしこに 咲いています。

東京は 案外 緑と花が多い街です。
田舎に行くと 花のテーマパーク以外は
これ程 よく手入れして花達は
咲いてはいないですもの。

日仏学院までの道
港区までの道
銀座までの道
都心へ行く ミニドライブは
東京の町の花達も眺められ
新緑も 輝いて見えて
私の楽しみ 喜びです。

ドライブが大好きです。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY フランス語シャンソンに燃える

2016年04月27日 01時33分52秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  フランス語シャンソンに燃える



月曜日は 午後三時のフランス語レッスンに
遅れず
むしろ40分も前に到着して
五月の 個人レッスンを予約したり
のんびりと 待ちました。

日仏学院の ナタリーという女性の先生は
私的には とても 気に入っているのですが
五月は フランスへ帰国して
六月からは また ナタリーさんに頼みますが

五月は 違う先生を 予約しておきました。

ナタリーさんのレッスンでは
フランス語ディクション 発音に関して
目からうろこ が落ちる・・みたいに
自分のシャンソン歌唱における発音の
外人的訛りを 矯正できました。

先生は 私の隣に座り
耳だけで 私の歌を聞いて
紙に
赤印を付けて
フランス人的でない・・・発音の箇所を
直します。

私は 先生の口のなかの舌の位置や
唇の動かし方
頬の筋肉の 使い方を
真似して
フランス人の音を 模索します。

まさに 赤ちゃんが 母親の言葉を
真似するが如くです。

心が落ち着きます。
一歩でも 前に進める技術進化は
長い道の中での 活性剤ですから
停滞から 活性へ・・・

我が脳は 快感を感じています。

でも 真剣勝負のように
直された部分を 直そうとするので
故人レッスンが 終る頃は へとへと です。

フランス人の先生は 情熱が凄いです。
なので 私も 集中して燃えてしまいます。

赤いハイビスカスが 又 久しぶりに咲きました。
祖師谷公園には 赤いポピー 芥子の花
玄関には赤いゼラニウム
燃えているわー
燃える燃えるーーー情熱だーぁ

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY リリーの全てという映画鑑賞

2016年04月25日 03時00分36秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY リリーの全てという映画鑑賞

成城で 沢山の食材をゲットして 
マイカー後ろのトランクに
山ほど入れて出陣。

銀座並木通り 十時さんのお店の側に駐車して
食後は

又 帝国ホテルそばまでマイカー移動

時間の節約

有楽町TOHOシネマズシャンテへ

夜最終回 7:40から 9:30
満員。
アカデミー賞 男優賞を受賞した俳優さんが
見たかったのと
原代はDANISHE GIRL デンマーク女というのに
リリーの全て
という まるで私の芸名みたいなので

興味を抱いていたら
藤倉さんが まず 鑑賞
そして ぴーちゃんも 見たと伺い

昨晩 ぴーちゃんに メールで
見る価値ありますか?
などと 失礼な お伺いをしてみて
良い感想でしたので

久々の 映画鑑賞 行動してみました。

いやはや
二時間半 吸い込まれました。
芸術家の 愛
人間愛

豊かな気持ちになり 帰宅できました。
実話だそうですが
1930年代の トランスジェンダーの物語ですが
才能ある画家 同士の芸術愛みたいに
感じ

あー普通の女の私には
到底 あれだけのハードルは
どちらの側に立ったとしても
乗り越えられないだろうなー

でもでも
分かる 解る 解った気がしたい。

愛は普遍
法律なんてない
愛は 愛よ

魂の愛 心の愛 姿かたち性別を 超えて
社会 経済 関係なくて
芸術的愛・・・・魂の解放
あー 見て良かった・・・・です。

それに ビックリ仰天したのは
シニア料金で1100円
60才過ぎると そんなに安いの?????

身分証明を見せなくても良い・・と
言われたのには ちょっとショック!!!!
やはり シニアに 丸見えのリリさんなのねぇ。

それにしても 二時間半 大画面 良い音量
旬の話題の芸術映画1100円は 凄い。

何だかんだと いつも 藤倉さんに
人生の楽しみ方情報を 提供して頂いているので
感謝の 電話を 夜中に掛けました。
本日は風邪気味なのに
私の感想を 聞いてくださいました。
感謝 感謝 ただ感謝。

生き方の背中に感謝。

明日は 日仏学院にフランス語個人レッスン午後三時。
絶対に 遅刻しないで行かなくちゃーです。
そして 25日から 翌月のレッスン受けつけてくれる。
ブログに 書けば 自分で忘れないはず・・

ブログは日記。

リリの全て。

そうそう リリーさんが 日記をつけていたので
あの映画が 出来たそうです。


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 銀座レディトン トトキ 十時の芸術

2016年04月25日 01時50分47秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 銀座レディトン トトキ 十時の芸術

私のフランス料理好きは 
小学生の時からです。

亡き父が フランス料理が 一番好きで 二番目が
中華料理でしたのが 遺伝したみたいです。

十時さんが 青山の小原会館ビルで
フランス料理店の シェフをしていた頃
小学校の美食家の友人(若くして肝臓がんで亡くなりました)
が 大ファンのシェフだという事で
教えてくれてから

十時シェフの味を 知っているのですが
銀座レカンのシェフの時も
その 友人と 幾度か 行きました。

今の お店は 園田さんがソムリエになる
と 伺って
久しぶりに 十時シェフの味が 恋しくなり
再会で来て
味わえて 嬉しかったですが

大改装して 真っ白の店構えになり
白い手袋で お皿を提供してくれるのが
病院みたいで
なんとなく その雰囲気が 好みでなくて
ご無沙汰していました。

本日 一人で行ってみたら
壁に オブジェが掛けてあり
花が 活けて有り 胡蝶蘭も沢山あり
店内の雰囲気が 少し 暖かく感じました。

若いころ ワインも大好きでしたけれど
最近は 大量に飲めなくなり
マイカー運転の方が お酒より 好きなので
飲まなくても 美味しいものは 美味しく
頂けるようになりました。

もっとも 何故 アペリティフ食前酒や 食中酒
デジェフティフ 食後酒を
飲むのかと言えば
食欲を増すため 消化させるため
ですから

グルメ食通は グルマン大食漢でなければ
成らないという ひと昔の前の世界感
では 正しい アルコールと美食のコンビだったわけです。

料理とワインとは同じ値段
のものにする・・・というほど 両者は均衡した
質でなければならないと フランス人に教えて
頂きました。

確かに アンバランスでは 楽しめないですが
本日は
ルイ14世が このんだという 発泡水 で
食事したのですが
映画を見る前の おしゃれな夕食・・・として

それはそれなりに
十時シェフの 素材を生かした 料理を吟味できました。

アミューズゲール つきだし
の後は
アラカルトの中から ホワイトアスパラ二種の前菜
メインは 短角牛 ヒレのステーキ 赤ワインソース
デザートは イチゴと道明寺の和洋折衷新作品
カプチーノ
プチフール

丁度一時間半かかりましたけれど
私の 集中力は 興奮ぎみ位にワクワク 味覚と しつらえ
に・・・
退屈せず
一皿一皿の 食材と 十時シェフの技術と 
料理に対する愛と芸術を
じっくり 味わえました。

一人のシェフを 長年味わうのは 面白いです。
昔は もっと 濃厚なフランス料理でした。
シェフは 私と 同じ位の年齢だと思いますが
ますます 彼独自の芸術性が 出てきているように
感じました。

私以外に 2カップル
高齢なご夫婦は あまり口をきかず召し上がって
いたので
一人で 黙って 食べていても 
あまり お二人さん席を 羨ましいとは感じなくて
お一人 フランス料理・・・相当 感性が研ぎ澄まられて
案外 良いわー

そういえば お弟子さんの古屋さんの趣味も
お一人 グルメ

藤倉さんも お一人グルメ

帰り際に 十時さんと 奥様が送ってくださり
ご無沙汰を ただただ 謝りました。
良い店です。又 お一人様で 参ります。
フランス料理は 私の大好物です。
特に 芸術的な味と雰囲気が好きです。

本当の芸術には 愛というエッセンスが沢山詰まっています。




この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 歌手の五感

2016年04月25日 01時11分13秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 歌手の五感

銀座の並木通り レディタン 十時 フランス料理店に
18:00に予約したのですが

その前に 時間があるときは
まずは 食料 買い出し・・・

我が家の近所に NATURAL NATURAL という
自然食品店があり
とても 重宝していたのですが
成城駅南口に 引っ越して

引っ越し前
この二週間 お休みでしたので
食料調達は
二子玉川高島屋の自然食品店とか
小田急OXの大地の野菜とか
工夫していました。

やっと 先週木曜日に 新装開店したというので
銀座に行く前に 新店舗へ
出掛けてみました。
有料ですが大駐車場が 隣にあり
立派な 店構えになり
駅の側なので
とても混んでいました。

かつて 成城には ナチュラルハウスという
青山にある本店の 出店があったのに
閉めてしまったので
有機無農薬野菜 くだもの とか
添加物なしの ハム ソーセージ 厚揚げ
麺 研磨剤抜きの歯磨き粉など

購入する場所が 近所には無くなり
困っていたら そういう お店が
我が家近所に出来て 

そして そのお店は 発展して
南口に 新装開店しました。

自然食品 無添加だから 美味しいとは限らないです。
なので
端から トライして 五感で 美味しい・・と
感じるもの以外は 調達はしないので
ゲットするものは 固定化してはきます。

天然酵母のパンとか かん水無しの麺とか
低温殺菌の牛乳とか
私的には 有名ブランドのものより
うはうは 五感が喜ぶ 美味しさに感じます。

お一人様 食いしん坊の私とて

「どんな 豪華な食事を一人で孤独に食べるより
家族や 恋人と食べる マズイ ラーメンでも 
そのほうが 美味しい」

という 巷で言われていることは 重々
身に浸みますが

さりとて・・・

宿命的なのか
お一人様になってしまい かつ それが 
とても 楽ちんで 結構 いけてるのですから

現在の環境で
精一杯 あがいてみよーじゃないのーー
特別に美味しい 食事を自分の為に作成して

一人だって 美味しいー 感激ーと
神様に感謝して 五感を喜ばせて 暮らしたいわ。

毎日 満面になる 変化球で メニューを
考えて クリエイトが続いています。

食材や 化粧品 シャンプーなど 
自然 天然 防腐剤排除的暮らしは
20代からです。

勿論 自宅以外では フリー
ホテルに泊まれば ホテルのシャンプーや 歯磨き
を利用します。
外食の時は 素材は深くは 考えないですが

日常は 結構 長い人生
自然派志向で 添加物 化学薬品を
避けることに マニュックです。

だからと言って 人には 押しつけたくは無いです。
自分が 自分の為に 
楽しんでいる 心身の健康オタクなだけです。

レディタン トトキも 自然派食材のフランス料理・・・と
謳っているのですが

今宵 お一人フランス料理 最高でした。
 

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 日曜日の 歌手一人遊び

2016年04月24日 15時48分06秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 日曜日の 歌手一人遊び

日曜日は コンサートの日が多いのですが
本日は お昼間に 新しい お弟子さんがみえて
一時間のお稽古をしました。

その方は
フランス語 イタリア語 ジャンルを問わず
クラシックから シャンソン ジャズと
長年に 渡り
コンサート生を 聞いて 
ご自分で学んで・・・という 趣味として
音楽人生を 半世紀以上つづけている
音楽愛好家男性です。

10曲も ご自身で独学で暗譜した ジャズ カンツォーネ
シャンソン オペラアリアなど
暗譜していて
それを披露してくださり

私は 伴奏者に徹しました。

暗譜して歌えるものが100曲あるそうです。
凄いわぁー
習ったことも無いそうで
テンポ リズム 音程 言葉の間違いは
あったとしても

私としては
訂正しなくても 
これだけ 楽しんでいるのならば 

それも 音楽の神様に祝福されるわねぇー
と 思いました。

なにしろ マリオ デル モナコの時代から
イタリアオペラも オーケストラも
聞きにいらしているし
本日は 武満徹の 歌曲まで 披露してくださいましたから・・・
 
午後は 久しぶりに
オフです。

藤倉さんと ピーちゃんが 見たという リリーの全て
という 映画は 興味があるので
調べて 有楽町まで 見に行くことに致しました。

間に合いそうな 上映は
夜 7時40分開始だそうですので

ご無沙汰している 銀座トトキに 一人で
フランス料理を食べにいき
マイカーなので 飲めないけれど

そんな 刺激的な お一人様の 日曜日わくわくクリエイト
スケジュールを 立ててみました。

日本人の昔の女は 私も含めて
自立して 一人きりで自分を 豪華に
楽しませられない
習慣があるかもしれません。

でも 昔は 結構 お一人フランス料理も
していたのに・・・
その 習慣が この十年間 消えていました。

そろそろ 蘇らせなくちゃーと 気合い入れて
有楽町 お一人様 勇敢マダム

あっ 老女ながら 勇敢マドモアゼルの私は 出掛けますよー。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 読書の楽しみ 楽譜の楽しみ

2016年04月24日 15時04分44秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 読書の楽しみ 楽譜の楽しみ

今どきは 電子本の時代ですが
どうも 私としては 手に持って
転がったり 座ったりして ごろごろ
読書するのが大好きです。

常に 楽譜と フランス語ポエムの横書きばかりと共に
生活しているので
日本語の 縦書き文字の 読書は 
毎度 新鮮な楽しみです。

私の様に ずーっと 音楽が身体の一部の者は
一日の時間の中で
読書の時間 = 楽譜やフランス語学習時間
みたいな 生活なので

さぁー 日本語の本を読むぞー
と 遊び感覚です。

さしずめ 楽譜と フランス語は 
お仕事で 勉強で 修業の
拠りどころ

そして 鈴木美奈子さんの 貸してくださる本は
或る意味 インテリジェンスの快楽です。

土曜日夜は 貸していただいた二冊目の本
フランス文学者 澁澤龍彦の「幻想の肖像」

またしても 引き込まれて 二時間半で 読み終えて
読書こそが
最高の 想像力における 五感の羽ばたきだー
幸せだわー

脳裏の中に 色 音 風景 匂い 肌の感覚
官能に到るまで
自由な 世界感が広がり

それは 誰とも違うオリジナルな 空想世界構築なのです。

映画にすれば
監督や 俳優さんの 画像表現として
享受する 半分は 他者から与えられる芸術ですが

全ての原本は 自分だけの 脳内
オリジナル空想映画ですから・・・

我が妹の寝室には ゆうに100冊超える 単行本が
いつでも 積み重なり
妹は 片端から本を読むのが 好きなので

妹の家に行くと 私も 斜め読みしています。

全てが 面白いとは限らないので
片っ端から 読んでいるのだなーと
感じます。

妹は 私と違い 音楽の勉強に割く時間が
ないので
読書を 空想時間の楽しみとしているのだなー
と 思います。

歌曲も シャンソンも ポエムがあるので
歌は 音楽ではあるけれど 文学でもある訳で
音や色の無い 文学の世界にも 音は流れ
色は見えてくるから・・・

五感の不思議に 浸れます。
人間に生まれて ありがたい 喜びです。


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 錯覚 おっちょこちょい に笑う

2016年04月23日 00時08分45秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 錯覚 おっちょこちょい に笑う

金曜日は 早めにレッスンを開始して 早めに終えて
夜は フランス語レッスンだーと
楽しみに仕度もして 予習もしていました。

そして
出掛けるて 車の中で レッスン教室の部屋番号
を調べたら 開始時間が五時・・・
私は なんと 六時開始と錯覚
いつもの おっちょこちょいですが

間に合わないので 電話して キャンセルいたしました。
一時間のレッスンでも
三十分遅刻すると キャンセル扱いだそうです。
前払いなので 当然 お流れ・・・

笑える おっちょこちょい ですが
こんな失敗は 私のミスとしては 昔からなので
あれあれ 相変わらず
駄目な私。

車で 我が家に引き返して
鈴木美奈子さんが 又 貸してくれた本を
読んで 楽しみました。
美奈子さんの 推薦本は
私の 好みだわーーー

今回は 三島由紀夫の「音楽」という
精神科医と その女性患者の話ですが
題名に 惑わされたらいけません。

凄い内容です。あー 三島由紀夫の才能・・・
文章も語彙も 素晴しく良いです。
内容は おー 何と ギリシャ神話的
な 背徳と 美徳との織物のようでした。

芸術的な作品だと思います。
芸術とは けっして 一面性ではなく
結論が出るものではなく
逆に 問いかけられるものであり

人間の内面の複雑さを 理解しようとしつつも 
奇なるもの に対する驚愕であり
抱擁でもあるのだなー

奇なるものとは 自分を正と みなすから
奇にみえるわけで
自分が 奇 だとしたら・・・
というような 自問自答を与えてくれる

最後の結論が無ければ 或る意味 実存主義的
内容でもありました。
私の 読書後の稚拙なプチ感想。 


 

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 歌舞伎座の桟敷席

2016年04月22日 23時21分28秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 歌舞伎座の桟敷席


毎月 桟敷席で 歌舞伎を見る・・・などと
いったい 私の人生 どうなっちゃったのか・・・
こういう 不思議な縁というものもあるのが
人生のサプライズです。

中澤さんは もともと フランス語シャンソンを
習いに見えたのが10年前ですが
今は
シャンソンコンサートを 聞きに見える
だけで 習ってはいないです。

歌舞伎は  全く興味が無かったそうですが
中澤さんの知り合いから 歌舞伎役者さんの
亀寿さんのファンクラブに 入るように頼まれて
ファンでもないのに 会員になって
毎月 歌舞伎チケットを 
歌舞伎への応援みたいな気持ちで
手に入れ
私も お蔭様で お誘いいただいています。

なので
中澤さん自身も 最近は 歌舞伎になじんできて
食い入るように 鑑賞していらっしゃいます。
居眠りもしないですよ。

毎度 幕間には 立派な二段重ねのお弁当幕の内と
水筒に入った お吸い物とお椀が 運ばれてくるのに

今回は 何故か 劇場のミスで 我々に
最後まで お弁当が来なくて・・・
それなのに
私も 中澤さんも 終了するまで
歌舞伎鑑賞に 真剣に夢中になっていて
疑問すら 時間すら忘れて

「あれぇー お弁当が 来なかったですね。
忘れられちゃうの 初めてですね」と
終ってから 私が中澤さんに 訊ねたくらいです。

夜四時半から開始して 終了の九時半まで 
恒例のお弁当を 食べなかった事に
気が付かなかったですよ。

もっとも
中澤さんには 銀座木村屋さんの アンパンを
各種六個 おやつに
お渡ししてあったので
中澤さんは 全部 おやつとして 鑑賞しながら
召し上がっていたみたいですが・・

私は 全てが終了してから お腹が空いていることに
気が付いた次第です。

私という人は
食欲を忘れて 無我夢中になるタイプですが

中澤さんも かなり そういうタイプらしいです。
というわけで
豪華弁当 予約済み
の チケットを 歌舞伎座支配人に見せて
帰り際に その旨を伝えました。
へぇーーーー
そんなことも あるんだわねぇー

中澤さんを田園調布の家まで お送りするのも
恒例になり
すーいすーいの高速道路で40分
その後 我が家まで30分

我が家に帰宅と同時に めちゃくちゃに
空腹感を感じだして 
冷蔵庫のモノを ぱくぱくぱくぱく
11時になっていました。

お昼に 港区神明プラザのキャフェで 
ビ―フシチュー
食べておいてよかったーーー

やはり リラックスすれば お腹は
強烈に空いてくるものだということを
知りました。
 



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 早口言葉のジャック ブレル

2016年04月22日 02時22分02秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 早口言葉のジャック ブレル

明日金曜日 夜は
また 日仏学院へ 一時間フランス語個人レッスンです。

昨晩 お一人様の私は 
口をきく相手が居ないので
ペラペラ フランス語早口 ブレルのVESOUL
を 朗読練習。
朝 四時半まで・・

メロディーやリズムは 長年の音楽家人生して
きているので 簡単に 覚えちゃうのですが
フランス語で歌う歌手の
発する言葉の数は 半端なく多くて
フランス人さえ 覚えられないものです。

なので グレコも アズナブールも 
言葉が字幕で出てくる ちいさなプロンプター見ながら
舞台で歌いますからねぇ。
 
今 BRUXELLE というブレルの曲も 勉強しています。
それは それ程 早口ではないですが
母音の発音がカメレオンみたいに
コロコロ変わるので あーあーあー
なかなか 到達しないです。
 
今年は 半年間で 四曲ブレルを 学ぶつもりで
LA QUETE と QUAND ON N`A QUE L`AMOUR
を既に仕上げたのですが

あと 二曲。
あー 早口モノは 半年位 しゃべり続けないと
フランス語の言葉が 自然体にならないので
VESOULという 曲は 千拍子のワルツと 同じ位に
口角 舌 唇 の体操です。

フランス人も ビックリの早口。
先生は 私の横に座り 耳だけで聞いて
早口でも 分からない言葉があると
チェックして くださいます。厳しいです。

詩を読むより 早いテンポで歌うので
フランス語早口言葉 的な 歌唱になります。
二倍ゆっくりなら 出来るのに・・・・

私の口は 始めは
そうそう 簡単には 早く
回ってはくれません。
しかも 表現もしなくちゃーですから

理性と情熱とを 共存させて
或る意味 身体 頭脳 全て 自分の配下に
従わせ
そして 自分が あたかも お喋りしているかのごとく
・・にまで 仕上げる永遠の練習時間・・・・

人生は過ぎゆく どんどん月日は 流れる・・・・
されど 私は 相変わらず出来ない・・・と
毎晩 頭を抱えて暮らす 歌手人生 夜の部 深夜の部です。

少しづつ 老化もしているのかもですが
老化という言葉や現象に甘んじず
情熱的に

六月の内幸町コンサートまでには 仕上げるぞー
気合いだー

この記事をはてなブックマークに追加