シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手 リリ・レイ 長坂 玲

2009年04月30日 10時41分42秒 | Weblog
シャンソニエ リリ・レイ  長坂 玲

自宅のパソコンが 不調で ブログも入れられず
メールの 通信も不可能でしたけれど
今日から
別の パソコンをつないで ブログ開始です。
今日も 連休も返上して
シャンソニエ マダムREIのお店で
昼間は 東京シャンソンアカデミーの音楽の先生として
夜六時からは 和食店の ママさんとして
夜八時半からは シャンソン歌手として 歌います。
しかも
月末なので 支払いなど 経理もしてますよ。
実は 事務も経理も 営業も 広報も
大好きです。
私は お皿洗いも お皿運びも 何でも 
大好きなのです。
人が 嫌いという 勉強や試験も好きな 変な人らしいです。
嫌いな事は
喧嘩 競争 後ろ向きな論争 意地悪
行動もしないで 文句を言う事 
とりかく 平和主義な 能天気な 働き者です。
子供の頃からずっと 変わらぬ 行動派 です。
見た目は 痩せてるのに
健康で 活動家なのは 今となれば 心から 親に感謝です。

この記事をはてなブックマークに追加

銀座シャンソン劇場

2009年04月15日 10時59分26秒 | Weblog
高輪には 泉岳寺という 赤穂浪士の墓があり
由緒ある地で 側には 高松宮亭もあります。
渡部淳一の小説「桜の木の下」でも 舞台となる
色香漂う 街。
白亜のマンションの 最上階に ママと男の姿が
消える闇
銀座から 高輪経由で 二人は 又明け方には
別の世界へ戻ります。
二人のそれぞれの家庭生活が 平行して
上手く 円滑に 継続していくのか・・・・
あるいは 破壊してゆくのか・・・・
手に入らない モノ 者 物 に対する 人間の憧れと執着は
情熱と 激しいエネルギーを 生み出す
火山と化すのです。
昭和50年が 近づく頃 東京は 経済成長をまっしぐらに 進んでいました。

この記事をはてなブックマークに追加

銀座シャンソン劇場

2009年04月14日 10時23分08秒 | Weblog
銀座の恋物語

オペラにヴェルディー作曲の「椿姫」という大作があります。
このオペラは 何度聴いていても 二幕で 涙
そして 最後の幕で号泣してしまう 悲劇です。
三時間の 人生のドラマが歌劇なら
三分間のドラマが シャンソン。

でも 銀座には リアルな 恋物語が 小説より数多く生まれて
消えてゆきます。

ママがホステスの時 銀座で出会い結婚した上場会社の
夫は なぜ ママが再び 銀座で働くようになること事を許したのか
夫として どんな 気持ちだったのかは
誰も 想像できないのですけれど
ママは 銀座で 60歳まで クラブのママさんを勤め上げ
その間 に 子育てもし 夫婦という 戸籍も守り続け
四十歳になる頃には
猛烈なアタックをする 一人のお客さんに
逢引の為の マンションを 買ってもらいました。
高輪の白亜のマンション。
お店の帰り 黒塗りの車の運転手は そこで二人を 下ろします。
二人には それぞれ 家庭があり
帰る場所があるのに 魚らん坂を過ぎた あたりに
愛の巣を 築いてしまいました。
池内淳子 か新玉美千代 に 似た和服の似合う 小柄で
静かな 物腰で 多くを語らず 柔らかい印象のママに
どんな 野望があったのか
あるいは 本当の恋だったのか
永遠に分からない 銀座の物語は 続きます。


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソニエマダムREI 窓 の ディナーショー

2009年04月13日 11時03分17秒 | Weblog
ピアニストでもあり 絵も描く
井上裕規さんの シャンソンコンサートは
しっとり 芸術的です。フランス語の シャンソンに
酔いしれます。
高質な 音と 美の世界。

この記事をはてなブックマークに追加

銀座 シャンソニエ マダムREI で歌う かいやま由紀さん

2009年04月13日 10時58分13秒 | Weblog
4月12日 日曜日 夕刻 ディナーショー

和田典久さん伴奏
井上祐規さんの クラシカルな 詩を大切にする
音楽的な 歌唱のコンサート。
井上ワールドは 格調高く
そして ゲストは かいやま由紀さん。
引き込まれる 大人の女性の シャンソンでした。
静かで 落ち着く 世界は 日曜の夜
銀座の 特権。
私の 心も 体も 疲れを忘れました。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソニエ マダムREI リリ・レイ ショー

2009年04月13日 10時56分13秒 | Weblog
リリ・レイのショーに 織り込まれて楽しいショーで歌う 生徒さん達
はプロのように 素敵でした。

この記事をはてなブックマークに追加

リリ・レイ ショー

2009年04月13日 10時53分33秒 | Weblog
福江さん 優木さん 中里さん

この記事をはてなブックマークに追加

銀座並木通 リリ・レイ ショー4月10日 金曜日

2009年04月13日 10時44分58秒 | Weblog
リリ・レイショー

毎月一度
リリ・レイ こと 長坂玲の 主催する
東京シャンソンアカデミーの 生徒さん達が
フランス語 イタリア語の 原語で
本館的な 音楽的 歌唱を 私と共に 披露してくださる
ライブコンサートが シャンソニエ マダムREIであります。
和食ディナー付きです。
今回は
福江美奈子さん 優木詩音さん 中里貴江さん が
二曲づつ 素晴らしい 演技と共に歌唱。
満席の お店を 盛り上げてくださいました。

この記事をはてなブックマークに追加

リリ・レイショー シャンソン歌手

2009年04月12日 12時55分12秒 | Weblog
銀座並木通りのシャンソン酒場 シャンソニエ マダムREI 窓

シャンソニエという 名を 日本語に訳すると
シャンソン酒場となるそうです。朝日新聞でお店が紹介
された時に 教えていただきました。
シャンソンを お食事と お酒と頂きながら聞く場所を
フランスでは キャバレといいます。
コンサートと違い 日常の市民の楽しみです。
お客様と一体になって エンターテイメントは
明日への 元気の源にしなければ・・・・
私達 歌手は 沢山の息を吸って 吐いて
魂と心とを声にして 人生の詩 シャンソンを歌います。演じます。
お客様が お帰りの時
「楽しかった!」「元気になった!」と
笑顔で そう言ってくださった時 私は
重責を果たしたと 感じ
一日の疲れや 労をすっかり忘れられます。歌手は自分の為
だけに 歌うのではない と
役割を 感じる 毎日の お店です。リリ・レイ


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソンポエム銀座物語

2009年04月11日 11時29分50秒 | Weblog
ママは ホステス時代に 幾人もの男性と
恋をしたには 違いないのですけれど
若い娘の憧れ に似て
既に社会的な 立場を確立した
勢いのある 魅力的な銀座のお客様と
道ならぬ 辛い思いも したようでした。
やがて
妻という 社会的立場を
女として 築きたかったのか・・・・
独身のお客様と 結婚をして 二人の娘を
生み しばらくして 又 銀座のママとして
その姿を現しました。
お客様は 彼女の私生活が知りたいわけではなく
彼女が 銀座に居る事に
そして ママさんとして 象徴であってくれることが
希望のように感じたのです。
高度成長期の 銀座では サラリーマンが 何件もクラブを
はしごして 飲み歩きます。
チップの札束が 着物の帯の中に びっしり詰まります。
ママは ホステスとして 女性達を
ヘルプという立場で雇い 親衛隊として 自分のお客様達への
サービス 気遣いに 余念がありません。
高度成長期から バブル崩壊までの
銀座のクラブは 日本経済の大きな重要な
仕事 プロジェクトが 円滑に行われるための社交場で
その 多大な役割が 女性達の肩に 架かっていたからです。
深夜遅く お客様は減り
残る男性客たちは そわそわしています。
ママを送りたくて クラブには
男性の闘争心 狩猟本能が ・・・・
ママは 今夜 誰と帰るのかしら?
一番 売り上げが多い お客様に決まっている。
ここは 恋と経済が 同居している。
ママは なかなか 帰らない それぞれのテーブルの
男性客に 耳打ちするのです。
「コージーコーナーで 小百合さんと 一緒に 私を待っていて」
「アマンドで ホステスの由美ちゃんと待っていて 直ぐいくから」
「ホステスの ゆきこちゃんと おすし屋さんで 待っていてね」
一人づつ説得して 最後に残す お客様が その日
一番 ママから大切に 思われている男性ライオン。
「ママ 送っていく前に 他のスタッフも一緒に
六本木に ステーキでも どう?」
「そうね。 明日もあるから 。」
ママは あまり クラブ以外の場へ 遊びに行くのが
好きなわけでもないし
男性をもてあそびたいわけではなく
ただ
役目を演じているだけで 男性達の本能と そのパワーを
引き出させる 天才のように
母であり 姉であり 少女のようであり 娘のようであり
時には 女として 一言。
「送ってくださる?」



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン ポエム 銀座物語

2009年04月10日 09時33分41秒 | Weblog
お店の ママさんは 料亭や 旅館の言い方にすると
「女将さん おかみさん」
銀座では クラブの おかみさんをママさんと
呼びます。
銀座で ママさん稼業を 出来る人は そうは
沢山 いません。
銀座のお客様は 知識人 文化人 苦労人が多いので
イミテーション は 見破られてしまいます。
ママさんに 必要な スキルは
気遣い 気配り ひけらかさない知識力
謙虚さ 洞察力 会話力 事務力 筆まめ 記憶力
そして
華やかそうな 職業なほど 裏打ちされた 真面目な継続力
や 準備が必要なのです。
「美人は ママとして成功しない」という ジンクスさえあります。
ちやほや される 女性より 男性をちやほやして
あげられる 器の大きさ と スタッフを 束ねる魅力と力が
必要です。
色々なタイプのママを 見てきましたけれど
総じて 頭が良い !! 真面目 !!
正確は 男っぽい!!
「ママ 出世したら 僕と 結婚して。」
「ママ どんどん 偉くなるから 僕だけのモノになって。」
銀座の クラブでは 昼間は 決して 聞けない
秘密の会話が 聞こえてきます。
半分は遊び
でも 半分は 本気。
時として シャンソンのように 男と女の 愛憎劇が生まれ
時として シャンソンのように ドラマティック。
天皇陛下 ご成婚 50年
東京タワーの 電飾が モダンに 輝いていますけれど
昭和30年代の象徴のような タワーを
横に見て
銀座 から ママを 送る 黒塗りの車の中で
男は 言います。
「少し どこかへ 寄っていかない?」
運転手は
黙って お決まりのコースを 走らせます。








この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン 劇場 銀座物語

2009年04月09日 09時46分59秒 | Weblog
銀座並木通り 8丁目物語 「窓」

銀座には 物語がシャンソンのポエムよりシャンソンぽい
リアルなノンフィクションの 物語があります。

昭和30年代 の銀座
まだビルは 少なく 戦後の香りが 経済成長の兆しの中に
残っている時代。
一人の 男性と クラブのホステスが出会います。
ホステスは 高校卒業後
大手一部上場の電気会社の経理部に在籍しながら
自分の 亡父の変わりに
弟 二人を 東大に合格させ 母と家族との生活を
支えるために 夜ホステスを始めますけれど
やがて 昼の 仕事を辞めて 名ホステスに。
そして クラブの ママさんに なります。
20代の 彼女は 小柄で少し 強気で ガンバリ屋で
人気者。
一目会いたくて 自分のものにしたくて
通う 男性客で 満員のクラブには
恋に狂う ライバル心 をエネルギーに変え
「僕こそが 彼女の一番の 支援者。」とばかりに
朝からよく働き続けた挙句
営業接待 社内接待で 銀座のクラブ そして 六本木へ流れ
明け方まで よく飲み 土曜日も出勤
日曜日は 接待ゴルフ という 企業戦士達が
口々に 彼女に囁きます。
「僕は ママが居てくれるから ここまで来た。
もっと 出世するからさ。僕は ママと共に銀座で成長するから。
ママ 見ていて。」







この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手 リリ・レイ 長坂 玲 シャンソニエ と 和食 窓

2009年04月08日 11時22分12秒 | Weblog
長坂玲リリ・レイの弾き語り

弾き語りの日は 音楽が 全て私の体の中から出る日。

伴奏ピアニストとは コラボレーションであり
コミュニケーションであり
パーフォーマンスも 出来て 華やかですけれど
弾き語りは
ピアノ伴奏という コード 和音と進行
私の 息を使った メロディーと言葉の選択が
私一人で行う 演奏で 音楽ですから
とても ピュア になります。
私の シャンソン 私の魂 私の趣味 感性です。

週の初めは 私の弾き語りを多くしています。
週の後半は リリ・レイショー
伴奏者をお呼びします。
土曜 日曜日は お客様も歌える 憩いの場として・・・・
シャンソニエ マダムREIで 美味しい和食と
厳選された 日本酒 焼酎 ワインシャンパン と共に
時々は
ゲストの 歌手の方々の ディナーショーも 行いながら
年中無休の 音楽生活は 続きます。
そういえば
子供の頃から ずっと 音楽家の私に
休日はありませんでした。
ピアノ 声楽 楽典 聴音 ソルフェージュ すべて
学校の宿題のほかに
こなしてきた 真面目な毎日でしたから
今この年になっても
休みなし でも どうって事ない!
強がって 今日も 銀座へ・・・・・・


この記事をはてなブックマークに追加

銀座並木通りの シャンソニエ 和食 窓

2009年04月08日 11時12分25秒 | Weblog
並木通りを窓から見ると

人通りなく 静かな銀座
銀座で 一番 素敵な通り
パリの サントノーレのような 通りなのですけれど
この 不況の影響は 凄いらしくて
昼も夜も
閑散としています。
閉店した店も 数え切れないらしく
おしぼり屋さん 酒屋さんの情報から判断しても

散らし配りの店員さんや 深夜の客引きさんの様子からも
100年に一度の 静けさが 銀座にも
やってきたみたいです。
能天気な 私は 相変わらず 音楽や絵画 文学や 詩
人の心の美しさに 浸りきって
ニコニコ 笑い飛ばして
この 時代を 自分の人生の歴史に 刻んでいます。


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手 リリ・レイ 長坂 玲 シャンソニエ と 和食 窓

2009年04月07日 09時52分58秒 | Weblog
さくら

あー 今年も 桜が綺麗です。
満開の 桜は 白くてモコモコして優しい。
散り始めた 花びらは 可愛い。
ここのところ 温かいので
山吹も 桜も
木蓮 チューリップ パンジーも 元気一杯。
この季節は 花の開花の 気を 沢山頂いて
未来が 輝いてかんじますねえ。
現実的には 問題や あまたの 試練が やってくる
毎日ですけれど
太陽の明るさと 温かさと 花の香り 鳥の歌
暗いシャンソンを歌っても 暗い気分には なれない季節。
幸せな春・・・・・パリの情報では 長い厳しい冬の後の
春爛漫が いっせいにやってきたとの事です。
昨年は パリで見た桜でしたけれど 今年は 東京の桜が
私を 幸せにしてくれます。

この記事をはてなブックマークに追加