シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY プチバカンス ホテルマウント富士と慶雲館

2015年08月29日 03時08分20秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY プチバカンス ホテルマウント富士と慶雲館

土曜日は バレエのレッスンが お休みです。
多佳子さんの ダンサーの娘さんが 夏休みで
ロンドンから 帰国しているので
実家の九州へ お里帰りするそうです。

多佳子さんのお母様は 九州の
大きな一軒家で
お一人様 90才ですが
ばりばり 元気に自立しているとのことですが
最近は 以前より多佳子さんに
会いたがると ・・・おっしゃっていました。

自然の一杯ある 故郷へお里帰り
というのに 憧れてしまいます。
東京育ちなので 田舎がないからです。
なので
あちらこちら 出かけて 自然を楽しむのが
大好きです。

家族の妹夫妻は とても仲良くて
夏休みは 飛騨高山方面
で 二人っきり 幸せにリラックス したそうです。

私は ありがたいシャンソン家族の
藤倉さんと 鈴村パパ ぴーちゃんと 四人で
日曜日から 山中湖の ホテルマウント富士
月曜日は 山梨の 慶雲館で プチバカンス
してまいります。

鈴村ママは お仕事の関係で お休みできないので
アンジュ様と お留守番だそうです。

先ほど 旅仕度を済ませて
わくわく してきました。

鈴村パパの 車に 乗せて頂こうか・・・と
一瞬 楽ちん を選びそうになったのですが
やはり
マイカーで 行くことに致しました。

運転ドライブは 大好きな趣味なのに
先日 群馬の渋滞で 右足が不調になったので
すこし 弱気になっていましたけれど

気持ちを入れ替えて
潜在意識に 指令を出しました。
「玲子さん まだまだ 大丈夫よ。 いけいけどんどんGOGO」

過信 慢心は良くないけれど 
とりあえず いつもどおり 
我が 愛するマイカーさんと共に・・・・楽しまなくっちゃー

なにしろ 全然距離が伸びなくて・・・ 
我が愛車は この四年間
出番が 少ないですからねぇ。



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 一人の時間 シャンソン仲間との時間

2015年08月29日 02時40分57秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 一人の時間 シャンソン仲間との時間

無音の深夜二時
静かで 涼しくて 上質な季節感の 空間

私は一人で ぽけーっと モノを思い
秋なんだなー
と 
別段 不幸や悩みの種も無く

めちゃくちゃ情熱の ほとばしりも無く
眠くも無く 覚醒も 興奮も無く

のんぴり
煙草の煙と コーヒーの香りの中に 居ます。

防音室に練習に 行こうかなー
と 思いながら 二時間以上 が 過ぎ

モノを おもう時間に 浸り
いわゆる 哲学的な意味での「退屈」状態
に 身を置く

この 時の流れは
心身のリラックスでもあり
脳の 活性化に 役立つ 創造性の時間なのですが

いつも何か 楽しいことをしよう とか
仕事をしなくちゃー とか 
マグロ旋回状態で 行動する私にしては
珍しい 状態。

ぼんやり 空想してばかりいた 子供時代の私が
何時の頃からか
とても 活動的になり 慌ただしく生きて
来たのですが

最近は また 有難いことに
昔の子供の頃の様に
ぼんやり 宙を見て 夢想 空想にふける
時間が 多くなりました。

そして とうとう 今年は 睡眠薬を
ほぼ 飲まない生活が 出来るほど
精神が 穏やかで ありがたいわ。

舞台の時と 旅行の時は 
前日と当日 デパスを
一応 飲んでおきますが

かなり リラックスした 生活環境に
生きているみたいね。

一人の孤独時間が 一日の半分以上
シャンソン仲間との 数時間 あるいは 半日
高質な 笑いの会話 人生の会話

誰とも会わず 口を きかない日も あります。
それにも 慣れてきて 案外 
想像力が膨らむ 時の流れを楽しめます。

喧嘩もなく 争いも無く 平和な静かな
私の生活です。
蝉や カラスが 鳴かなければ
テレビや CDを 聞かなければ カリカリ イライラ
することも 皆無ですから・・・・

明け方四時か 五時
寝る前に 
潜在意識に 指令して 
一日の無事と 幸せに 感謝の言葉と
ステキな夢を見れますように
朝10時に 起きれますように

大きい声で 口に出して 

いつもの癖 口角を上に上げ へらへら顔で
眠り
また 一日が始まり 終わり ハジマリ オワリ

最高の自然の気温 室内25度で・・・天国の眠りを得て
あー 秋に 感謝です。









この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY BARBARAバルバラの弾き語り

2015年08月28日 00時36分58秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY BARBARAバルバラの弾き語り

バルバラは 作詞作曲して 自ら弾き語りしていた
シャンソン歌手なので

簡単な伴奏に 語るように 畳み掛けるように
フランス語が 音楽ラインとして
息で 流れているスタイルが バルバラの特徴で

しかも 彼女の性格なのだと思うのですが
メロディーラインを せっぱつまった エキセントリックで
神経過敏な 呼吸法で 焦って追いかける
まさに 欧州言語体ならではの 表現です。

日本語は ポリネシアン言語ですから
どうも のんびり 重い 
母音と 子音の数が 少なすぎるので
バルバラの シャンソンを歌う時
日本人であることを 忘れないと
とても 歌えないです。

なので 練習していると 自分まで 神経質に
なってきて エキセントリックな びくびくした
性質になりそうです。

もっとも 私自身 大胆な割に 神経が細かいらしいのは
裁縫の先生や多佳子先生も よく おっしゃるので
仕事が丁寧とか 真面目とか  
自分では かなり いい加減なケセラセラ 遊び好き
能天気 駄目女と 思っているのに

人間は 自分の事は 分からないものです。

神経質な部分は 仕事として重責がある場合に
顕著に出ますが
仕事以外は 全て いい加減のつもりです。が

掃除洗濯も 料理も趣味も練習も
私にとっては 或る意味 仕事なので
私の人生で 仕事以外は いったい 何なのかしら?

あー 恋愛かぁー なぁー
いやいや  いやいや
恋愛は 
全身全霊 魂の燃焼・・・

仕事以上に キツイ・・・ 
そして 燃え尽きて 枯れ木になって
石炭化して しまい・・・
現在に至るわけですからねぇ。


石炭化した お一人様女が
深夜 防音室で
バルバラのシャンソンを 弾き語りしていると
それはそれで 異様で滑稽ですが
とても 幸せになのだから 

はっと 気が付くと 朝になっています。

人生って 何が何だか 終わってみるまでシナリオは
読めないものです。
本日が ハッピーなら 明日もハッピーライフ。
孤独でも 幸せに生きることは出来るものだと
知れたこと自体 感謝

幸せの定義は 芸術的な程 多岐にわたり クリエイティブ。
孤独も 然り
文学や哲学 ポエムとは違う 計り知れない 創造の世界だわ。


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 芸術的価値と 商品的価値

2015年08月27日 23時20分39秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 芸術的価値と 商品的価値

毎日 涼しくて 清々しくて 嬉しくてしかたありません。
天気予報は ネット情報で 毎朝 毎晩確認していると
長期も 短期も 当たらないことが多いですね。

暑さが戻りそうな予報だったはずの八月末も
このまま ずーっと 涼しそうですし
雨が 多そうです。

たったの8日間だけの 猛暑で
あらあら
ありがたい今年の夏・・・みたいに
幸せ気分です。

夏場涼しくて 冬場暖かいと
幸福度が増すものですが
猛暑も 極寒も 脳に刺激をくれて
気合いを入れて 心身共に元気でいる
工夫をするので

昨今の 変化球的 予報が当たらない
気候の変化は もしかすると
人間を ますます 強く たくましくする
のかもしれません。

取敢えず 今は 真夜中の防音室での 稽古は
とっても 楽ちん 安楽 になりました。

34度 35度 クーラー無しで 練習した七月末
八月初旬は
私の様に 体力があり丈夫な者にとっても
荒行みたいに 強烈な修行。

今年は 夏の猛暑のお蔭様で
かなり 私の心身が鍛えられました。
しかも 滝の汗で デトックスも・・・

本日は 木曜日
裁縫の稽古と ジャズピアノのレッスンの梯子

裁縫は アクリルで 絵をティシャツに書くという
授業があり 12;30から始まり
後半は いつもの裁縫授業で 16:30まで 集中。

そして ジャズピアノは18:00
から 一時間 真面目にレッスンを受けました。

涼しくなったので なにもかも 芸術に必要な
想像力 集中力 熟練 体力 根性 気合いが ばばばーん と
増しました。

芸術性 というのは 暑すぎると 開花しないのではないかしら・・
と ふと 考えましたけれど
商業性だって 暑すぎると 拡張しなさそうです。

Tシャツに ほんの10分以内で 絵を下書き無しで
感覚で ばーんと 一気に描いたら
皆さんに
「芸術的ー やっぱり 藝大だから なのねぇー」と
褒められちゃって・・・
ブティックで 売れるみたいな 作品だわー とか
と 煽てられたのですが

私は 藝大の美術部には 
受からないと高校の美術の先生に
言われたので しかたなく
藝大の音楽部声楽科に 入ったのですから
絵の才能は 無いわけです。

まあ 音楽の才能も 無いですが・・・

実は 高校の時 選択科目で 音楽はとらず
美術工芸を 三年間選択して 遊んでいました。
その前に
3才から13才まで お絵かき教室に 毎週土曜日午後
遊びがてら 行っていたので

今 この年になって 子供の時と 同じ生活をしています。
芸術を 遊んでいる・・・・楽しんでいます。
他の どの遊びより 美術と 音楽と バレエは 楽しいですから
子供返りしているわけです。

ピアノ そして バレエ  デッサン 水彩 油 クロッキー
七宝 箱作り デザイン 設計 なにもかも
三歳から 身についた遊びです。

我が親が 文化と知識教養の為に 習わせただけで
それで 自立して生きる娘にしたくないので
専業主婦になって 趣味で続けなさい・・・と
言われていました。
あの時代の親の 主流の思考です。

でも 意志で 私は専業主婦にはならず
今も お一人様ですが 
趣味のお蔭で とても幸せなので

今の幸せの基礎は 我が親が私に
与えた環境がベースな訳でして
仏壇で 手を合わせて 
両親に 感謝を 伝えておきました。感謝感謝・・・
 







この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 幸せという感覚

2015年08月26日 00時39分27秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 幸せという感覚

今朝起きると 24度
あー 涼しい
昨晩は シルクの毛布を軽く一枚掛け 熟睡。

こういうのを
幸せ・・・・というのですよ。

夏の暑さが 嘘の様
たった 8日しか 猛暑は 無かったわけだわ。

あー ありがたい。
あの暑さが 辛かったから
本日の 涼しさは 天国だわー

うだる暑さと湿度から 解放されて 
全身全霊が 歓喜の歌を奏でています。

真冬の寒さの後 春が幸せで夏までの間
わくわく 次々に咲く花達と共に
感動している あの幸せも 素晴らしいけれど

汗だく ぐじゃぐじゃ になり
防音室で シャンソンや ジャズピアノ
稽古した 真夏修行が
アット いうまに 終了して
もう 汗もかけない 爽やかさ・・・幸せすぎます。

靴下など 履いて 過ごしています。

畳の部屋に せんべい布団一枚ひいて
ゴロン と ほぼ 裸に近い姿で
だらりん でれん と 転がって 
自分が アフリカ人かと思うほど
ネイティブな 雰囲気で 過ごした夏は
たった 一か月でしたねぇ。

また 暑さが戻るでしょうけれど
もう あれ程には 暑くならないのですから

時は過ぎゆき 季節は廻り
秋が来て
冬の寒さが きて
今年も四か月で 終了

真冬が来て 又 私は「寒い寒い」と騒ぎ
風邪や 冷えを心配したりして
大騒ぎするのだわねぇ

そんなことを 繰り返して
自然の移ろいの中で
毎年 加齢してゆき

その加齢にも びくびくしながら
小心なので
食事とか 栄養とか 運動とか
訓練とかばかり 考えて
自分の ちっぽけな 宇宙で生き抜くわけなんだなー

本当に 人生って オリジナル手作り作品みたいに
一人ひとり 違う 工夫をして
一生涯が 物語みたいよね

藝大の親友の みっちゃんと 昨晩は 長電話して
久しぶりに 発声の 話をしたり
昔話で 盛り上がり
声が 響く二人なので 受話器の耳が
お互いに 痛くなりそうなほど 
笑い合いました。

還暦近くになって まだ 軟口蓋や 響きの当て方
ホールでの 聞こえ方 
音色の深さ の 肉体技の方法
倍音の作り方

人間の声は 最高の肉体楽器が 奏でる
神様からの 特別な ギフト
なんだわよ

苦節 半世紀
まだ 我々は 発声技術について
語り合っています。

藝大に入学してから ずーっと 音楽性
を 磨き続けている 友達が いてくれるのが
嬉しいです。

私は 声楽家ではなくなってしまい
ポピュラー歌手 シャンソン歌手ですけれど
藝大の友 たちの
真摯な 学び心と
私の フランス語ポエムシャンソンの学びの魂は
似ています。

一生涯 学び続けることが出来る 音楽の道を
子供の頃から ずーっと
歩むことが出来るのは
どう考えても
自分の意志だけでも無かったように思います。

かといって 誰からも 勧められたわけでも無く
なんとなく ずーっと ずーっと
続いているのですよ。

今の音楽だけしかない 私の生活が
とても幸せなので
ただただ 全てに 感謝するだけです。

それなのに 私は
結構 練習をさぼったりするので
音楽の神様に 申し訳ないなー 
と 考えたりもしています。

三歳から ピアノを初めて 何だかんだ
音楽歴が57年。
長いわー
サボりながらでも 未だジャズピアノ習っているし
ハイヒール 歩行したり  日々の生活が
歌手としての 意識生活なので

晩年は もっと気楽に 生きたい・・・けれど
もう 無理です。
私は たぶん このまま 小心 臆病 引きずって
常に あー 下手になっちゃったらどうしよー
とだけ 考えて 

毎日 毎晩 練習不足に感じて
あたふたしながらも
実際 朝から 寝るまで
歌手として 生き続ける為の
自己制約 の中で 自虐的に筋肉強化して
食事生活して 健康管理して
煙草で一日中吸ってー吐いてー
呼吸コントロールし続けるのだなー

頭の中には 常に 音楽構想と メロディーラインと
呼吸コントロールの 息使いの方法と
声色探しに 明け暮れて・・・

音楽家としての私の幸福は深夜が 最高潮。

今 静かな 雨の音が聞こえています。
音 音 音 楽しい 楽 楽
音楽

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 花を愛でる時 シャンソンが聞こえる 

2015年08月24日 20時33分00秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 花を愛でる時 シャンソンが聞こえる


とても 長い時間 花達と戯れました。
クーラーを 入れなくても
一階の 稽古場は27度でしたから
床に べったり 座り
一輪づつ 挨拶して 心の中にシャンソンが聞こえました。

声楽家 になってから
今も 
今は シャンソン歌手ですが
ハミングというものが 出来なくなりました。

歌うという事は 全身全霊の肉体作業で
重量挙げ位 気合いが 必要な作業なので
とても 重労働で
聞いている時の方が
歌う練習している時より 身体的に 安らいでいます。

40年間以上 歌の 練習人生だったので
今は
声や音楽が 歌わなくても 脳幹に聞こえます。
脳幹に 記憶しているみたいです。

だいたい不思議ですが
40年前の 友達の声を記憶しているのですから・・・
勿論
マリアカラスの 生の声も 記憶しています。

歌手になって 音楽家になって 良かったです。
歌わなくても 心に 聞こえる音楽が
頭の中に いつでもあり 流れているのですから。

特に 一人静かに 花を愛で 水に 一本一本を
活けている時など
綺麗なメロディーを フランス語で 脳の中で
歌っている私です。

静かな時 一人の時 花達だけが友の時間
そんな 芸術的空間が 私に訪れるなんて
若かりし頃は 想像もしなかったですが
知ってみれば なんと 素晴らしい 独りの世界。
芸術 五感の宇宙へ
時間を 忘れても良いなんて なんと素敵な天国・・・


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 週三回 アイスモンブラン

2015年08月24日 20時07分17秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 週三回 アイスモンブラン

五反田の コンサートの後
鈴村家と ニューオータニーホテルの さつきへ・・・

先生のブログに出ている アイスモンブランを
頂いてみたいーと ママとピーちゃんが
おっしゃって下さり
私は  夏の間に 何度でも
アイスモンブランは 食べたいー

藤倉さんの推薦メニューは
オニオングラタンスープ 海老のカレー

サラダも美味しいけれど
デザートに アイスモンブランと コーヒーで
全員 ポン凹
私は 
食前酒に サングリアを頂いたので 
眠くなりそうでした。

先週の日曜日
木曜日
そして 又日曜日

なーんと 週に三回 ニューオータニーに来て
さつきで 食事して カレーパン お土産

何なのかしら・・・
でも 飽きないし 嫌にならない・・・というのは
さつき が カジュアルな雰囲気なのに
質のよい 内容のものを 提供しているからだと
おもいます。

ホテルは ガラガラ だし
都心の 日曜日は どこも ガラガラ

最近 都心に来て 好奇心で
あちこち 探検隊していますが
経済状態が良いとは 私には 思えないのよー

本当にパーキングも 価格破壊的で 銀座で
丸一日1800円とか・・・
平日は
デパートも ホテルも ガラガラですもの。
日曜日の夜の ニューオータニーも ガラガラ。
高齢化社会なのねぇ。

もっと 高齢化になったら
昼夜 ずーっと ガラガラかもー

若い方々は こんなに暑い夏 クーラーの中で
昼 働いたら 疲れちゃうしね。
土曜日 日曜日は 趣味の日にしている若者も
多いので 
都心の 夜の 日曜日行楽は 空いていて 穴場です。

とても 幸せな美味しい食事をして
鈴村家シャンソン家族に お世話になり
ステキな 日曜日を 過ごしました。

月曜日は オフなので 家中掃除して
選択して 片づけ 整理整頓・・・・

鈴村パパの 新鮮な花達を 丁寧に活けて
楽しんだら
あっという間に 夜になりました。

涼風が 秋っぽい。
大気汚染は 少なめと 出ていたので
窓を開け放ち 幸せ。
これから マイカーを オープンにして
夜一人ドライブでも しようかなー

小さな幸せは クリエイトしないとね。
お一人様は 孤独 のんびり 状態から
パワーを 底上げしないと・・・・
ならないわけです。
動けば エネルギーが 湧き上がるもの。


  

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 東京芸術大学声楽科昭和50年入学

2015年08月24日 18時51分15秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 東京芸術大学声楽科昭和50年入学同期生による
コンサート を鑑賞して

8月23日 16:00
品川区五反田文化センターの 音楽ホールで
我が 藝大の同期生の勇士による
声楽のコンサートに 参りました。

鈴村ママの甥の方がピアニストなので
クラシックコンサートには よくいらしているので
お誘いして
鈴村パパの車に乗せて頂き
シャンソン家族とともに 五反田へ・・・

あー あっという間の 40年
藝大を卒業してから 一度も会っていない同級生の
歌唱舞台を
長年を経て 聞くことが出来ました。

偶然に 会場で パリの小林真理さんとも
出会えて 隣の席に座り 盛り上がりながら
楽しめたコンサートでした。

いやー
久しぶりに会うと 誰だか分からない同級生も・・・
「僕 だーれだ????」と 言われて
答えられない友も居て・・・

あのころより 太った人も多かったし
白髪や 髪の喪失
色々で 
えーっーえーっ

と 驚きが 多かったです。

コンサートは
同期生約60名の内14名が出演して一人二曲歌唱して
くださいました。

音の記憶 声の記憶が 脳裏に しっかりと
残っているのが不思議ですが
小林真理ちゃんも 私も 30年ぶりに聞く
友の声の昔を 記憶にとどめていて

「うまくなっているわねぇ。昔より 良いわよねぇ。
素晴しいわねぇ
苦労したみたいよねぇ。」と

人生の苦 芸道の苦を 乗り越えた 歓喜の
声とか 味も感じましたし
壮絶さ も 感じる声がありました。

人間の声は 生活 性格 歩んだ道程が
顕著に 現れます。

おなじ 感想が それぞれの 友達の歌唱の後に
口からついて 出てきました。
隣に座っていた ピーちゃんが
私と まりちゃんの会話を
聞いて 喜んでいました。

まりちゃんは 私の元気や パワーの
数倍パワフルで 明るくて 行動的で
とんでもない エネルギッシュな女性です。

藝大の音楽学士号 修士号と博士号も 取得しているし
ストラスブールの コンセルバトワールで 
声楽の教授でもあり
まだ 現役歌手で
いやー 日本人の女性ではない・・・と思える行動派。

自他ともに認める ハイパワー女性。
日本の誇り・・・だと 思っています。

フランスで フランス人に 声楽を教えていて
年金も 国家公務員として 満額フランス政府
から 頂けるわけですから
凄いけれど

それを 自慢しないし 普通の街に居る日本の
元気な オバサン風に 愉快です。
私も 普通の 漫才系おばさんで 
歌手らしくないタイプですが
そのあたりで
気が合うのかもしれません。

クリスチャンですから 人助け 奉仕 包容力
そして 正しい厳しさ においても
これまた パワフルで 素晴らしい生き方です。

歯に衣を着せずに ズバッ―っと
人を傷つけない優しさで 判断決断対応の
出来る 稀有な仁徳を 備えています。

私の親友 ミっちゃんが 旦那さんの森正さんの伴奏で
二曲歌うので
駆けつけたわけですが

可愛くて 若々しくて 声もソプラノの
輝くスピントに 聞こえました。
明るい 幸せそうな笑顔は
昔よりずーっと自然に 幸せそうな歌唱。

たぶん 人生が豊かなのだと思いました。
以前聞いた 時より
声が 生き生きしていたもの。

昭和50年
みっちゃんは現役で入学18才 私は一浪19才
同じ 毛利準門下生 でしたけれど
何故か
大学院 二期会 と 一緒で
私が留学するまで 毎日のように一緒でした。

留学した先の ベルギーの我が家に
二度 訪ねてくれて
結婚相手の 森君を連れて紹介してくれたのです。
森君は ドイツにピアノで留学していて
お二人は その後も 毎年 ドイツに行き
学んでいます。
偶然にも ミっちゃんは シャンソン歌手 岸洋子さんの
従妹です。

マリちゃんはパリ在住なので
縁が続いていますが
その他の 藝大同期の皆さんとは
なかなか お付き合いのチャンスが無かったので
すっかり
昔の事は 忘れていました。

でも 40年前の事を 色々思い出しました。
全員人生は 色々で 試練も超え
それでも
音楽を愛して 芸術の道を歩み始めた あの時と
魂は なんら 変化していないみたいです。

藝大に入学してから 40年が経ち
皆 芸術家として 生きながらも
生活というものを して 来たわけよね。

音楽家魂が 漂う コンサートの最後に
同級生の国土君が 脳梗塞の後で 
まだ 色々 リハビリ中で 声帯も回復していない
と 説明の後

出演者と 鑑賞に来た同期生を
全員 舞台に呼び 国土君の指揮で
埴生の宿を 合唱しました。

国土君が 痩せて不自由な肉体を
自由に動かして 指揮している顔が
涙が出そうなほどに 嬉しそうな笑顔でした。

私も初見の 譜面アルトのパートを歌う時
一生懸命 国土君の 指揮を 見て 歌いました。

あとで「国土君 幸せそうな笑顔だったね」と
言うと
「それはそうだよ。同級生と 音楽を一緒に
出来るなんて 最高に幸せな事だよ。
玲子も 幸せそうな笑顔だったよ。」と 言われて・・・


あー 音楽を愛する魂が 寄り添う時
他に 何の 苦も無く 限りなく天国なのかもー
音楽を奏でる 
声で音楽する

私は幸せな人生を いつのまにか 歩んでいたんだわね。
音楽の友が 居るのだわね。苦を 乗り越えて ここまで
皆 芸術の道を歩いて来たのねー
そして 歩きつづけるのね。
涙が 心の中で 溢れました。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY それでも 諦めない挑戦

2015年08月23日 00時47分36秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY それでも 諦めない挑戦

人には それぞれの 得意技というものが
あるわけで
私の得意技は さしずめ 車の運転のはずで

駐車とか バックとか 地図見 とか
女性が不得意とされる 車感覚が
初めから あったのと

案外 反射神経や 注意力が 運転に関しては
まあまあ マシ でしたから
長距離ドライブは 
オートバイでも 車でも 
大変だと 感じたことも無く

自分の足と 車のタイヤが くっついている
みたいなつもりです。

車で行くか 電車で行くか・・と
悩むことは まず 無くて
とにかく マイカーは 私の足。
しかも 応接間 声出し防音室ルーム も 兼ねています。

ところが
二週間前の 日曜日
群馬から 帰宅してから 
右足が 重くなって
気が重くなって
あー 加齢かなー
あー 長距離運転 渋滞は もう オーバーワーク
なのかしら?????

一瞬 弱気になり 臆病風・・・

シャンソン館の 往復運転は もう無理だ と
神様が 教えてくれたのかなー
なんて 思ったほどです。

喉元過ぎ 右足が 完治したら
やはり
いやいや 更に訓練して 挑戦は続けようーーーー

工夫して まだまだ 諦めないわ。
六時間だろうが 十時間だろうが・・・
工夫したり 筋トレしたり
とにかく 運転は 続けるしかない。

マッサージや 治療院に お世話になるとしても
それでも やり続けよう。
と 弱気から 強気に 戻りました。

やっぱり 健康な体に 健全な魂は 宿るんだー
と 実感・・・
特に 私の様に マグロ旋回状態タイプは
身体が 軽い感覚がないと
憂鬱になるのが よーく 分かります。

でも いつか もっと加齢した時
あちらこちら 不具合が出てきたとき
憂鬱にならないで 
生きて行かなくちゃならない訳ですから
果たして 軟弱な私の精神で
上手く 生き抜けるのかなー

生きるという事は 工夫と 諦めないことと
挑戦の連続 なのですねぇ。はー
あー 音楽 芸道の道と 一緒だわー

80年以上 90年以上 
元気溌剌に 生きて抜いている皆さんを ただただ尊敬
してしまいます。
よーし ガンバローっと。


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 身体と心の声を聴く

2015年08月22日 23時48分42秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 身体と心の声を聴く

小さな幸せというもの・・・
毎日 色々ありますが

本日は 多佳子さんの諸事情で 二週間ぶりの
バレエストレッチがあり
一昨日
渋谷の整体院の治療で 蘇った私の右足は
ほぼ 正常に 機能してくれていたので

ありがたや ありがたや・・・
小さな幸せ 感じて 嬉しくなりました。

歩く 走る 登る降りる
その他 日常生活は出来ても
開脚や グランバットマンなど
特別 技が 出来ないかも・・・

と 思っただけで 私は焦り
心が 少し暗くなり
温泉や マッサージを 試みて

とうとう ダンサー バレーリーナー専用の
治療院に駆け込み 
一回の 施行で 治るなんて
名医というものは こういう 人だわー
と 感動しました。

多佳子さんの
長い40年以上に わたる舞台生活の間には
スポーツ選手と同じように
あらゆる 故障があり 
さりとて
本番は 捻挫でも 脱臼でも 踊らなければ
ならない という時

その 先生が 必ず 直してくれた―ということで
多佳子さんが 誰よりも 必要としている
治療医ですから
「あの先生が 居なくなったら 困るのよー」と
本日も おっしゃっていました。

自分で出来る ストレッチと 筋肉強化と
人の手を借りる マッサージ
そして
駆け込み寺的 治療院と
あの手この手で
爽やかで 清々しい健康体を維持して
活動的で 元気溌剌に 生きていければ
本当に
幸せ・・・・

いつも バレエのストレッチの後は
肉体が フレッシュに 蘇り
心も ますます 明るくハッピー

心と体の声に 耳を済ませて
小さな幸せを 積み重ねたいです。
感謝感謝 ただ 感謝。

クーラーを つける時は 薄い靴下履くことに致しました。
生脚 では 冷えすぎる年齢になってしまったようで
ショック ですが
渋滞 真夏の 運転クーラの車内で六時間 
での 筋肉の縮みが
教訓になりました。

色々 経験しないと 身につかない教訓です。
我が肉体の体力を 過信しないことに致します。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 感動の港区フランス語シャンソンクラス

2015年08月21日 02時36分16秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 感動の港区フランス語シャンソンクラス


嬉しいです。
本日は ラメールを 個人で歌ってみる皆さんの 発表でした。
二週間前は グループで歌ってみる方々の発表で
個人レッスンしていないで
個人発表は 勇気が 必要ですから

この 発表の時のことを 皆で 「挑戦する」ーーーーー
と 称しています。

暗譜して挑戦した方も いらして ブラボー

生まれて初めての フランス語歌唱の方 ブラボー

あまり 声を出したことない方
病気を克服して まだ 不調の方 皆みんなブラボー

「肺がんで 四分の一しか肺が無くて しかも82才です
変でしたら 皆さん 笑ってください」と
お洒落な愉快な男性が 挑戦・・・大きい声でブラボー

「メガネが ブルガリ じゃない。 お洒落ー
それに
四分の一でも 私の肺の大きさと 同じ位かもよー」と 私。

82才と 教えて頂かないと 60代みたい。
元気でパワーと 勇気があるものー

九月から ゲンズブールの CHANSON DE PREVERTを
始めるので
フランス語の楽譜を 
皆さん 予習すると おっしゃっるので
お渡しいたしました。
モティベーションが高いなー

港区のフランス語の教室は 男性が半分くらい です。

筋トレしているらしくて
声が 大きいので 驚きます。

女性は男性より筋肉が小さいので
脚力や 背筋の 衰えで 
声が小さくなり 揺れはじめるので
歌唱の為の 下半身のトレーニングの仕方を
お教えすると良いかも と思いました。

教えるという事は 自分に言い聞かせているのと
同じです。

私も  男性ではないし 太れないので
筋肉量も 脂肪量も少ないので
足腰と 体幹トレーニング が 今後の歌手生命の 要。

若いと思うな・・・いつまでも・・・と自分に
鞭打っています。

そのおかげで 気合いが なんとか 保ているかもね。
身体が元気ですと 気合いも出ますものね。

というわけで
港区の後
またまた
ニューオーターニーで 三時間ハイヒール訓練
兼ねて お一人散歩。

CAFEさつき で 
自宅用に 先日美味しかったカレーパン二つと 
700円のアンドーナッツ も 見かけて
美味しいかもー  と
好奇心 挑戦 購入

先日 美味しくて忘れられなかった アイスモンブランと
珈琲を頂き 栄養の為に 更に追加
オニオングラタンスープも
頂きました。 うー 満杯。

お昼に 大きなハンバーガーと サラダビュッフェ頂いて
ポン凹でしたから
それ以上は 食べられなかったです。

最近は 裁縫を習っていることもあり
作品に厳しくなり めったに欲しい洋服が
無かったのですが
ニューオータニーの ガーデンコートを散歩していたら
ちょっと 気にいった 秋用ジャケットがあり
ばばーんと 購入して みました。

お腹いっぱいでも 洋服なら はいる・・・
でも
我が家の クローゼットは 洋服だらけで
満杯 お腹いっぱい状況です。
でも 惚れた洋服は 綺麗で 新鮮 活性化。 

お一人様の還暦からの人生は
藤倉さんのお蔭様で 相当に 感化されて
気合いが 出始めました。

五十代後半 私は 銀座の店を引退して
古木の様になりかかっていました。

救ってくださったのは 藤倉さんパワーです。  
生きるという事は 大変な事・・・
しかも 生き生き 生きるのは もっと大変な事ですねぇ。

残りがどれ位か分からないけれど
生き生き 気合いで 頑張ります。

帰宅して アンドーナッツ 頂いたら やはり美味しくて
ペロリんでした。さすが―。。。。
今朝 46.7キロ
明日は 少し 太れていることを祈ります。
目標は せめて 47キロ維持です。





この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 木曜日の港区シャンソン教室

2015年08月21日 01時41分06秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 木曜日の港区シャンソン教室

木曜日は 成城から マイカーを走らせ
都心へ行けると思うだけで 嬉しくてワクワクしています。

生活の変化というのが 脳に刺激を与えてくれるみたいです。

それに
本日は 渋谷の公園通り パルコの側の
整体院に 予約がとれて ラッキー

いつも 満員で好きな時に 予約できない程
舞台のバレーリーナーの駆け込み寺です。

私とて 右足全体が 気になって もう
駆け込みして さっぱり したいー
みたいな気持ちでしたので 
先生の顔を見た時は 心の底から
「お願いしまーす。」

いつもより 長く かつ相当にハードに 
骨盤 背骨 首 ぼきーん ばりばり と 
治療されて
そのたびに
ギャー うぉー と 叔父さん声で うめく 私。

先生は 大柄な年配男性ですが
無言で 格闘技的パワー発揮して下さり
終わるころには
かなり 右足が 軽くなりました。

普通の歩行とか 階段とか 駆け足などは
全然平気ですが
グランバットマン 右足技が キツイので
今週の 多佳子さんのレッスンまでに
完治させたかったのです。

まるで バレーリーナーみたいな 気合いの
私ですが・・・そういう 気質だから
仕方ないわー
いわゆる 情熱的過ぎで
ほどほど が 出来ない気質です。

私の治療の前には 
ホンモノのバレーリーナーが 懇願するように
先生に 予約を頼んでいらっしゃいました。

やはり 渋滞運転の六時間の間
足元のクーラーが
今回の 敗因・・・
マイカー クーラーは 私の場合
上半身だけに 流れるように
しなくてはならないみたいです。
あの日
生脚でサンダルだったからねぇ。
ソックス履いておけばよかったー

今年の猛暑 運転での反省点。
加齢しているからとしても
まだまだ 六時間の渋滞運転位で
音を上げたくはないですよ。

パルコの一階の ハンパーカーの店
外人が沢山いる 煙草も吸えるテラスで
渋谷の 街を歩く 若者たちの
珍しい独自のファッションを 眺め・・・
お一人ランチ

真夏なのに ハイソックス ブーツ履いているわぁー
私も 靴下履けば 足が冷えないのに・・・
出来ないなぁー
外人フランス人観光客なんて
バリ島か ハワイにいるみたいな ほぼ裸風ファッションよねぇー

港区 浜松町まで 渋谷から ナビをつけないで
東京の道は 良く知っている
若かりし頃のつもりで 走り出したら
迷いに迷い
五分遅刻してしまいました。

あー 常に都心をマイカーで走っていた時代から
既に40年。

二十代の頃は 都心の地図は 頭に入っていたけれど
ナビ人生になり
都心道路の記憶が かなり 失せています。

機器にたよったり 人に頼ると
何事も劣化しますねぇー
自分に 対して ガッカリしましたよ。

全てが 昔の様には行かないのが 人生だわ
諦めも大切かもね。






この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 八月との 別れ

2015年08月20日 01時27分48秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 八月との 別れ

あーもう
八月二十日
あっという間に 真夏とも お別れですねぇ。

夜は 少し涼しく感じます。

七月半ばから
暑い暑い・・・と思いながらも
自分の中では
クーラーとの闘いで
風邪 や 咳 夏バテしないように
とても 注意深く暮らしていたけれど

あの 猛暑の40度近い 日々も経験して
過ぎてしまえば
秋になる前の 壮絶な経験として
ちょっと 好奇心が満たされ 
懐かしくもあります。

猛暑の間は
一人ディナー制作も サボり続け
火を使う 煮込みなども したくなくて
外食が 多かったですが

そしてまた
自炊生活に もどれば
あー やっぱり 自分で手をかけた自分の味
自分の栄養管理が
私の幸せの 根源だわーねぇ・・と
思えるものです。

日本の四季
特に 最近の温暖化の
いままで 経験したことの無いような
自然のパターンに 恐怖も感じて
自分の身体の声を よーく 聴かないと

丈夫で元気維持できないわー
と 
前向きに あの手この手で
寒暖の厳しさに対処するのも
案外 挑戦であり 工夫であり

一年無事に生きて 歌えて 舞台が勤められると
達成感みたいな感覚が
溢れます。

心身ハイパワーで維持しないと
演奏家は 舞台で お客様に 良い演奏を
提供出来ないもの・・・と

暑い防音室で くらくら しながら
練習して 8月の二つの舞台は きちんと 
歌えたので
まだまだ 私は 頑張れるかもー
と 体力に自信も出てきます。

臆病で小心な割に 私は ハードボイルド
な生き方が 好きみたいね。

バルバラの MARIENBADと クロードヌガロの EAU DOUCE
を 学び始めました。
両曲ともに ジャズテイストなので
本日は ジャズピアニストのキースジャレットの1975年
ケルンでのライブ演奏会の CD を聞いて

身体に ジャズコードと リズムの感性を
注入してみました。

CDは 電気音なので 長く聞いていると
脳が かりかり ちりちり してきますが
仕方ない・・・・
そのあと
防音室で歌うと 少し 脳がすっきりします。

明日は 朝 多佳子さん達ダンサーの駆け込み寺的
整体 カイロ 骨盤矯正の整体院へ
予約が とれました。

自習ストレッチすると
右足が いつもより 重い気がして
気にになるので
早め早めの 対処です。

午後は 
港区に フランス語シャンソンを 教えに行きます。

八月も終わります。
秋の為 そして 直ぐくる冬の為
筋肉を鍛え 整えます。
健康な肉体に 健康な魂と音楽性 肝声が 宿る・・・・と
信じているので 頑張ります。



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 豪雨 涼しさ 虫の音

2015年08月17日 23時38分49秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 豪雨 涼しさ 虫の音


昨晩から 涼しいです。
25度位で 雨が 続いています。
時々 ばしゃばしゃー と 屋根に打ち付ける
滝のような 豪雨に ビックリしています。

気象情報で
毎日 大気汚染度を 注意している
神経質な私は
「大気汚染 非常に多い 危険」という日は
まず 息をひそめて 暮らしていますが
本日は 「少ない」と 出ていたので
窓を 開けて 
外の 風を 楽しんでいます。

虫の音が 聞こえます。
つい 最近まで 蝉の音が 深夜 猛烈で
煩くて 暑苦しくて
カリカリして 怒りそうな ほどでしたが

今夜は 秋の風情の 気候です。
風の音も 虫の音も 秋みたい。

これで 暑さが終了してくれれば
有難いですが
突然に10度位 気温が下がり
低気圧が そばに 居るらしく

眠くて仕方ありません。

昨晩頂いた
ニューオータニーの シュリンプカレーパンは
700円だそうですが
それはそれは 美味しかったですよ。

先ほど ぺろりん。
そして
蒲鉾ですが

実は それ程 好きではないのですが
藤倉さんが お土産でくださる
鳳凰という名の 小田原 籠清の 蒲鉾ならば
美味しく感じて ぺろりん
全く 困った私です。

我儘な私。
お一人様なので 食欲が出るものは
色的に美しく 味的に 感動が無いと・・・
一番の本能であるはずの食欲が溢れません。


野菜炒め 一品作成。 お一人様で 食欲を
沸せる工夫の 毎日・・・
人生は 続く 人生は 食べて 寝て 歌って 起きて
笑って・・・
繰り返し そして いつまで続くのか・・・

夏場の花は 五日目には だらりんと 萎れはじめ
私とて
猛暑の八日間は だらりんと 怠け者でした。

でも 又 秋が来て 冬が来て・・・春 夏
いつか 80才過ぎるまで
あるいは 何歳までか分からないけれど
毎日を噛みしめて 元気溌剌で 生き抜かなくちゃー

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン家族の宴会

2015年08月17日 22時59分55秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン家族の宴会


鈴村家と 我が家は 車で20分位の距離ですが
最近は 車でいらして お酒を飲んで運転代行を
頼むパパ様です。

宴会の途中で 猛烈な豪雨もあり
深夜一時ごろまで 大騒ぎ致しました。

自宅宴会は レストランの様には サービスが
行き届かないけれど
リラックス感が 良いです。
煙草も吸えるし・・・

スーパーピーチショートケーキは
とても 大きくて 豪華で
鰻の後では 無理かと 思ったのに
わぁうぉー
やはり 美味なものは 口どけがスーッとして
胃に重くなくて

ペロリン
パパ様 二きれも 平らげてしまい・・・

私は 一切れ やっと 胃袋が受け入れ
味覚的には 最高ですから ぺろりん。

そして 私が視覚的に美に 作成するコーヒーゼリーも
みなさんペロリん。

視覚的・・・夏の涼の為に 作製した氷のオブジェを
飾り 眺めて
プレゼント交換をして
宴会が 終わりました。

前日 ニューオータニー さつきの カレーパンが
美味しいという マツコデラックスのテレビを
藤倉さんは
ご覧になったそうで

売り切れ前に 買い占めた・・・と 藤倉さんは
突然 帰宅間際に
カレーパンを どどどーんと 並べて
パクパク・・・・
と 召し上がりはじめたのですが・・・・・凄い。

我々は 誰も追従できなかったのが
情けなかったわー

食欲 消化力 全て 体力ですからねぇ
それに
価格というのは 正直に反映されるもので
材料を 吟味して 賞味期限も長くない手作りモノは
街で安易に購入できるモノとは 異なり
相当に 美味しい場合
コストは 相当なものです。

それを 安いわー とか 高いわー
と 簡単には 言えないです。

高品質なものは心身健康に良い気がします。

好奇心の旺盛なパワフル行動の藤倉さんは
ピンから キリまで 全て試みて
自分が 判断して 味見してから
勧めて下さるのですが

戦後70年間 の東京の発展した 食文化も
知識情報を ふんだんに 経験しつくし
我々に情報を 提供してくださるので
有難いです。

焼野原の東京が こんなに食もファッションも
豊かになり
それを 享受しないのは もったいないわね。
戦争の時の話を伺いながら
そう思いました。

あー
84年間  藤倉さんは シティーガール なんだわー
前向きで パワフル
日本の文化の 生き字引だわ。
しかも 文化師匠。

鈴村ママもパパも 元気食欲ばばばーん
私も 皆さんのおかげで 元気 食欲ばーん
ピーちゃんは 現代文化の中で 
日本の女性文化人として 益々 
ばばーんと 成長していくわけねぇ。

月曜日が仕事なのに 三時間睡眠で
写真をお送りくださり ピーちゃんも元気ですねぇ。
バリバリ 働き者です。
良く遊び 良く働き・・・私も三十代 四十代は
相当に 頑張れたけれど

今は 昔ほど 遊ばなくなり 働きも
のんびりペースに なりました。
しかししかし
頑張らなければ―
藤倉さんに 追従したいです。



この記事をはてなブックマークに追加