シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 夏のシャンソン

2014年07月31日 02時23分55秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 夏のシャンソン


夏のイメージ

情熱
太陽
息苦しさ
けだるさ
倦怠

冷気への希求
冷めていくであろう焦り

諦めきれない雁字搦めの感性

まだまだ あるでしょうけれど
避暑地にでも出かけない限り
うだる暑さは
恋の最中と似ているわー

「サルビアは赤い花だわー
その色は血の色だわ
嫉妬する熱風だわ
甲高い感情の中で とまどった
二人の顔に吹き付けていたのよ」
「サルビアの 花びらを 一杯振り掛けて
頂戴」
「真っ赤な色に 縁どられて叫んだ
あの頃を もう一度 思い出したいの」

確か 記憶している歌詞は こんな風に 
叫ぶ日本歌曲です。

私にとっては 夏のイメージさながらの
大好きな 歌です。
十代の頃から この歌詞と音型が好きでしたから
ませていたかもしれません。

シャンソンではないけれど
中田喜直さん作曲の日本の芸術歌曲。

真っ赤な百合も真っ赤な薔薇も 
情熱を感じるけれど
太陽に照らされた サルビア・・・ドラマを
想像してしまう 歌詞
シャンソンぽいから 好きだったのかもね。



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 七月から八月へ

2014年07月31日 01時52分11秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 七月から八月へ

本日も やや 涼しく感じる真夏七月末日。
水曜日の 朝
ブラボー隊長鈴村パパの 生花が届いていました。

我が家には 先週 鉢植えの蘭が 
パパ 曰く スリーランホームラン
らんらんらん と三鉢 届いたのに

ゴージャスな薔薇やユリ ダリアなどが
本日参加して
お稽古部屋スタジオは 夏の花屋敷です。

夏場は 花瓶に活けると 直ぐに花達は一斉に開花して
香りを放ちます。

9月15日に 今年三回目の 我が弟子たちの発表会コンサート
がありますので
そろそろ 皆さん本腰を入れ始め
舞台に向かい 練習に励んでいます。

8月10日は
私は 日本シャンソン館に出演ですが
その時 前歌は 石垣直子さんと 岡島由起子さんで
お二人とも 内幸町ホールでも 歌われるので
真剣 です。
日本シャンソン協会の会員になった お弟子さんたちは
皆さん
私の主催のコンサート プラス 
シャンソン協会主催のコンサートにも出演していますので

舞台出演が ぐーんと 増えてきて
重責・・・・シャンソン業界の発展の為にも
しっかりと 勉強して より良い舞台 より良い歌唱を
努めなければ
という 気持ちになり

音楽的にも 精神的にも ますます 成長しています。

私も しかりです。
クラシック歌手 シャンソン歌手
どんなであっても 歌手は 或る意味 オンリーワン。

舞台で 伴奏者 オーケストラ バンド などに
支えられて
一人 自分の顔と 姿かたち を見せて
お客様に対面で パーフォーマンス して
音楽コミュニケーションをする 代表役割です。

舞台上では 伴奏してくださる演奏者とコミュニケーション
舞台のお客様全員と コミュニケーション
それが 音楽です。

音楽は 或る意味 コミュニケーション ですから
歌手には 重責がある訳です。
メッセンジャーであるわけですから
音楽技術 醸し出す内容物・・・・プラスアルファー
人格 性格 環境 
全てが露呈してしまいます。

それらを 探りながら
人間は 何を求めているのだろうか?
聞き手は 何を欲しいのだろうか?

相手がして欲しいことを 感でリサーチして
提供する職業が 歌手なのだと思っています。

自分の感が狂って お門違いにならないように
欲しくもないモノを
さしあげてしまわないように
神経ピリピリの 舞台出演です。
人間心理学かもしれません。

でも 理論だけではない。
やはり 恩師たちの教えの通り
結局
音楽研きは 人間研きなのだわー

未熟者の私は まだまだ 闇の中で模索しています。

ただ
お弟子さんに関しては 客観的に聞けて見れるので
私が 客席にいたとして
聞きたい 見たい 会いたい歌手に なっていただくように
指導しています。

最近 我がお弟子さん達の歌唱を聴くたびに
有難いと思っています。
思わず ブラボー と 声が出ます。

自分の事だけが 聞けず見れず 計り知れなくて
藁にもすがりたいくらいですが
そんなものなのでしょう・・・・

せいぜい 自分のDVD でも見て研鑽します。
我が家の花達は 美しい!!
美しく薫り高い世界で 精神統一!!!!
一歩でも 前へ行かなくっちゃー
でも 夏場は 肉体は柔軟なのに
頭は とろとろ 溶けて ボケボケの私です。

ブログで書いた
清流荘の食事は やぎ ではなくて シカ鹿 で・し・た・・・・
いのしし牡丹鍋 しかステーキ やまめ塩焼き
生こんにゃくさしみ 鯉洗い 無農薬野菜の天婦羅
澄まし汁 などなど
うぉー  なんで 鹿を山羊 と間違えたのかしら????夏ボケ・・・
天然ボケ????



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY   L`ETE  レテ 夏

2014年07月30日 02時39分54秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY   L`ETE  レテ 夏

昨晩も 今宵も 涼しいです。
ありがたいですねぇ。

先週のバレエのストレッチ稽古のとき
暑すぎて 筋肉は良く伸びてくれたものの
呼吸が不可能なほどで
辛かった記憶がありましたけれど

本日は 汗もかかずに済むほどでした。
というか
私は 相当に高温多湿で運動しても
汗はかかない体質で
昔から 不思議がられますが

温暖化の暑い夏には
省エネ体質なのですが
寒い季節が 悩みです。

そして
有酸素運動ならば 疲れ知らずで
体力は かなり あるみたいです。

あー疲れた とか よっこらしょ とか
めんどくさい とかいう気持ちが起きないのは
体力があり過ぎるからかもしれません。

一生涯の睡眠時間も かなり少ないし
丸一日 マグロの様に旋回するがごとく
行動していると 全身筋肉が喜んで
ますます ハイパワーになれて

本日も 痛いストレッチ二時間のお蔭で
肉体が喜んでいます。

何歳になったら「あー疲れたー」と 口から出る
様になるのかしら。
この年まで そういう意味で 疲れたことは
無いみたいです。

七月も終わり 真夏八月。
今年は まだ 痩せていませんよー
47キロ 維持できています。

多佳子さんが ご自分の
現代舞踊リサイタルの為に 肉体酷使して
練習しているらしく 一回り痩せて小さくなって
見えましたけれど
アスリート系67才だわね。

夏は痩せやすいから 
私は 昨年夏のリサイタル
ハードに練習し過ぎて45キロになってしまったので
適当に さぼりながら よく食べる努力して 
今年は 体重維持目的の夏越し作戦模索します。



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY シャンソンの絆

2014年07月29日 03時21分24秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY シャンソンの絆


朝ごはんの後は 古代ヒノキの温泉に浸かり
昨日は 露天風呂にも浸かり
部屋の温泉にも入り
整体を施してもらい熟睡して

全身が 癒されて
朝から 元気ハイパワー状態。

私より一回多い 四回も温泉に入ったマダムと
軽井沢まで行こうー
と 盛り上がり
我が車をオープンカーにして 
約一時間後には
軽井沢に到着して 昼食を中華
お茶は 万平ホテル


突然
軽井沢の別荘に滞在している 堀紀子さんの事を
思い出して お電話して
お茶に誘ったのですが
別荘にいらしてください・・・と
誘ってくださり

マダムも私も 手ぶらで
突然に 尋ねるの躊躇したのですが
縁と機会 偶然の出会いは 貴重だという
考えに 到り
お邪魔しました。

ステキな別荘 広い手入れされた見事な自然のお庭
美しいセンスの良い知的な室内
ご主人と紀子さんは お病気をもっていらっしゃるのに
時の過ぎるのを忘れ楽しくて 
三時間も過ごしてしまいました。

美味しい 「小さな巣」という
お店のパイを
ご用意くださり 美味しかったわー

感謝いたします。
東京に着いたのは 八時半過ぎ
新横浜から 新幹線で熱海の自宅へ帰るマダムと
また 新横浜で食事して
二人とも
帰宅は11時ごろでした。

あーたのしかったー
本日は 涼しいです。写真とブログを入れていたら
もう深夜。
明日から また 都心の我が家シャンソンライフですが
この二日間
シャンソンの絆で
またまた 元気とパワーを皆さまから頂きました。

堀さんご夫妻に感謝です。
ありがとうございます。
勿論 マダム藤倉に ブラボー ブラボー。
今回も パワフル。
マイカードライブを沢山出来て 私は幸せでした。


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 盛りだくさんのシャンソンライフ

2014年07月29日 02時18分04秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 盛りだくさんのシャンソンライフ


金曜日から 月曜日までの四日間の
我がシャンソンライフを 書こうとすると
あまりに 沢山の
うぁー
うぉー
へぇー
ありゃー
なーるほど

という事ばかりが続き 刺激的すぎで
四日間が まるで四週間分・・・・の体験みたいでした。

日本シャンソン館から
マダム藤倉と私は そのまま 7000坪あるという
秘湯 清流荘という 温泉へ参りました。

マダムが 温泉三ツ星の本で 見つけた
珍しい発泡温泉です。

離れの部屋は二間
茶室風の 八畳間と 琉球畳の12畳
鯉の泳ぐ清流の池の前の 
豪華な造りの 温泉付きのお部屋で

温泉は とても良いお湯でした。

ここは 無農薬野菜 の自家栽培
イノシシ ヤギ ヤマメを
自家飼育していて
食事は 普通の宿とはちょっと 違い

マダム藤倉が食べられないものばかり・・・
鯉の洗い 下仁田のこんにゃくの刺身は 
私は 食べられたのですが

猪ぼたん鍋 ヤギのステーキ は
私も 駄目でした・・・  
いやいや
威張って「私は イノシシも ヤギも大丈夫よ」と
言ったものの
ありゃー フランス料理でジビエとして食べる時は
大丈夫なのに
和食になって出てくると・・・

というわけで 二人とも せっかくの お料理を
ほとんど 何も 食べられなかったです。

珍しい経験をできました。
とにかく すべて自家製なのですが
味つけは 素朴で
東京の料理屋の味に慣れた 我々には
びっくり味です。

ビックリ仰天連続
三時間も 食べられない食材の前で
漫才会話連続して 大笑い。
そのあと
マダムと 私は マッサージを頼むことにしたのですが
一人しかいないという地元の整体師に
かわりばんこに
一時間づつ お願いし

まず 私一時間
となりの 続き部屋のマダムが次の一時間・・・

同じ部屋の隣に マダムがいらっしゃると思った
安心感から・・・私は 睡眠薬も飲まないのに
すーすー いつのまにか熟睡してしまいました。

誰かが 部屋に居る・・という感覚
安心感なのかもしれません。
久しぶりに八時間以上も寝てしまいました。  

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 日本シャンソン館7月27日出演

2014年07月29日 02時09分58秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 日本シャンソン館7月27日出演


暑さが厳しい 七月末
流石に クーラーを入れて暮らしてしまいました。
でも
心の隅では クーラーは 気管に良くないので
怖さ・・で びくびくしていて
体表面の 心地好さは 呼吸器のダメージに
繋がるけれど

日本シャンソン館に出かける前日は
遠くの部屋でクーラーをつけて 冷気を
直接浴びないようにして
眠りました。
クーラーつけないと 夜36度の室温でしたもの。

朝三時に起きて 五時半には 我が家を出発。
というのも
前日 山梨に出かけた時 朝七時頃はすでに
高速道路が渋滞していたので
もう 世間は夏休み状態なのかもしれないわー

と とても怖くなり
前泊するべきか 朝早く出るべきか 悩み・・・
でも ホテルはクーラーつけると
冷えすぎて 狭いから 喉への負担も多いし
さりとて
狭い部屋が暑かったら もう 気が狂いそうになるかもー

色々考えて 我が家で
遠距離 クーラー作戦。四時間眠り元気溌剌で
マイカーGOGO
すーいすーい
何だか とても 空いていて
かなり 早く到着してしまいそうなので

寄居というパーキングで 朝七時 
深谷ネギラーメン800円というのを 食べてしまいました。
ラーメンは 去年パリに行く前に成田空港で
10月に食べて以来です。
基本的に ラーメンは 食べないのですが

深谷ネギ・・・というのに興味が沸き
おー
ネギが山盛りで 麺は朝なので半分しか食べられず
お汁は 全く飲めなかったですが
結構おいしく 朝食ラーメン経験は 生まれて初めてでした。

ゆっくり のんびり休みながら 運転したのですが
朝 八時前に日本シャンソン館に到着してしまい
仮眠しようとしても 眠れないので
渋川駅の周りをドライブ したりして
ゆとり精神 満喫。

7月27日日曜日 私の 前歌は 宮本まりこさん 宮本裕子さん
ですから 九時に全員集合して
リハーサル前に 着替えて 
楽屋の神棚に 三人手を合わせて 
「未熟な我々ですが 勉強してまいりました。
無事に舞台を務めることができますように」
「こちらで 歌わせていただけることに感謝いたします」と
唱えました。

宮本パパ まり子さんのお姉さま 榊一家 加藤一家 
そして マダム藤倉 
ブラボーパパが 所用で欠席しでしたけれど
ピーちゃん 伊藤久子さんが 応援隊で
いらしてくださり
我々三人は とても嬉しかったです。ありがとうございます。

宮本一家と親戚の皆さんは 日本シャンソン館の後
温泉へ家族旅行ということでした。
私は いつもあるグループレッスンが無でしたから
マダム藤倉と 下仁田の清流荘という温泉へ
行くことにしていたので
偶然 シャンソン演奏緊張の後は
温泉という ことになってしまいました。


宮本親子さんは 姉妹にしか見えない明るい美人母娘で
宮本パパは 両手に花 歌姫二人に囲まれて
珍しい 羨ましい限りのカッコよさ。

ブラボー と 気合いの声援をお送りくださいました。
宮本親子さん 毎回の舞台で ぐんぐんめきめき
レベルが上昇して
私も ブラボーと 叫んでいました。

皆さまありがとうございます。
撮影担当 ピーちゃんメルシーボク。

そして 日本シャンソン館の羽鳥様 芦野夫人 スタッフの皆様
来館のみなさまへ 心から感謝申し上げます。

強烈な暑さの後 ゲリラ豪雨がやってきて
そのあとは 涼風吹く 夏のお庭も 綺麗な芝生の色でした。 

 




この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY 母の命日7月26日シャンソン

2014年07月29日 01時01分35秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY 母の命日7月26日シャンソン

母が亡くなった7月26日は 土曜日でした。
偶然に今年 命日が土曜日で
何だか 感慨深くて
金曜日の深夜 
うとうと っと ソファーで
居眠りした後 朝三時に目が覚め
「母に会いに行きたい」と 思い
五時半には山梨のお墓まで
突然に 出かけました。

既に都心は29度もあり
さぞかし 山梨は暑いだろうと思ったのですが
朝七時前に お墓に到着したときは
都心より 気温は低く27度 爽やかな青空でした。
お坊さんも びっくり。

七回忌の法要は 妹家族と春に
済ませてあるので
まさか
土曜日は お弟子さん達との お稽古も
午前中からあるのに
とんぼ返りで 山梨まで
私が出没するとは 想定外行動です。

長坂さん ありがとうございます

お坊さんから お礼をされてしまい
お寺で 自家栽培している
無農薬の なす きゅうり 桃など
取り立てのモノを 山ほど くださいました。

独り者のわたしとしては
食べきれないので
お坊さんのご利益・・・お弟子さんたちに・・・

意志を持って 好きなことをしていれば
どんなに睡眠不足でも行動過多でも
疲れないのが 私ですから

母のお墓で 朝一番シャンソンを 独唱して
母が 聞いていて 喜んでいる―
と 勝手に思い込み
それだけで 私は とても幸福になってしまい

マイカー びゅびゅーん
往復三時間の運転
都心に戻れ そのまま 土曜日の夜まで
疲れ知らずのまま
仮眠三時間しか とっていないことも忘れていました。

あー
日曜日は 日本シャンソン館出演なので
私としては 珍しく二日間続けて
朝早起き・・・まっとうな 生活だわー

マイスリーを11時に飲んで 又朝 三時に目覚め
群馬県に向かったのは 朝五時半。
元気いっぱい。
お墓で 母と会えた気がしたからかなぁー

私は変人かもー お墓で母がシャンソン歌ってよー
と 引き留められた気がしたのですよ。
それで モンマルトルの丘を 歌いました。

母は 私の声の音色が好きで 毎夜 寝るときは私のCDか
芦野先生のCDを聞き
永眠するときも 私は 手を握って
病院の個室で 大声で二曲歌い
そうしたら 苦しまず すやすや眠ってくれて
そのまま他界したのです。

天国のお母さん ありがとう。
まだ 私は 歌い続けていますよ。
練習もしていますから
心配しないで安心してね。



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン夏修行

2014年07月26日 03時27分49秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY シャンソン夏修行


声楽家になる為に修行していた時代
声楽家として生きていた時代
一番の敵は クーラーでしたので
夏場クーラーの中で練習したことは皆無でした。

なので
今 この猛暑の中で 防音室に籠り
自分の体温と同じ気温の部屋で 歌っても
一時間以上経たないと 汗も出てきません。

歌手は クーラーの中で 一晩でも寝たら 
翌日声は出ない
というのが 声楽家の常識です。

冬場は 毛布を頭からかぶって 
冷たい外気が喉に直接入らないように
暖房器は付けないで寝る というのも 常識です。

マイクで歌わない声楽家というのは 或る意味
スポーツ選手と同じくらい
肉体管理の世界でしたので

今の私は マイクという拡張器のお蔭で
以前のように 身体に対するナーバスさは無くなり
ありがたいですが

習慣は身についていて
クーラーは 怖い。
筋肉の敵みたいに思っています。
気管 肺 声帯 呼吸器 は 湿度と暖かい空気が
大好きです。
喉が悪いと 吸入するでしょ。
乾燥と冷気は危険。

それでも 
猛暑の ここのところ
歌の練習の時 バレエ ストレッチの時以外は
クーラーつけていますよ。

声楽家時代は つけませんでした。
マイカーの中でも クーラーつけなかったもの。

今は ありがたやー
快適生活をシャンソン歌手になってから 得られましたが
万が一 停電した時
クーラーが無くても たぶん それ程苦痛に感じないかも
しれません。
長い長い 肉体試練の声楽家時代が 
私を忍耐の体にしたみたいです。

夏場
ブラボーパパの寄贈生花
今週は 私の留守が多いので らんらんらん 蘭です。
綺麗。ありがとうございます。


 

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY クラシック音楽の世界

2014年07月26日 02時51分29秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY クラシック音楽の世界


本日金曜日は 勝本章子先生主催の 夏の豚カツ会
毎年 この時期に開催してくださり
お声を掛けて下さり
先生自ら 前の晩 留守電に「玲ちゃん 明日ですよー」と
入っているほど

もう三か月も前から 空けておいてねーと
皆さんの都合の良い日程を選び
きちんと 会を開催してくださり
なんと37名もの 方々が いらしていました。

参加者のほとんどは 二期会オペラの スター歌手達
音楽界の大先生達や クラシック音楽 
勝本先生のファンや 教え子さん達
ですが

私自身が 二期会に所属していた時代
同じ舞台で 一緒だった歌手の方もいらしたり
当時 憧れの気持ちで 舞台を拝見したプリマドンナも
大勢なので
シャンソンとは違う 別世界の音楽界です。

勝本先生に
私が高校一年生の一年間だけ
週に二日間くらい プライベート レッスンして頂いた時代
既に 目黒在住で
同じ場所に暮らしていらっしゃるので

夏場は 目黒の 豚カツ とんき
冬場は 目黒の 中華  香妃園が 会場で
年二回の 集まりです。

先生は 私にとっては一年間だけの先生でしたけれど
コロラトゥーラのプリマドンナでしたので
東京文化会館やNHKホール で
オペラを 沢山見させていただいたので
今も 脳裏に その姿が浮かびます。

まだ 音楽や オペラ 声楽のことを
何も分からない 私は
無心で 一年間 高質なレッスンを
して頂いていたのだと思いますが

先生から教えて頂いた発声で
自宅に帰り 毎日 発声練習して
イタリア歌曲の練習すると
肉体全体を使うので
眩暈がして 酸素欠乏で 苦しくて 倒れ込んで
歌うって なんて 苦しくて なんて辛くて 悲惨な作業だー


あー
もう 後ろには戻れない。やるしかないけれど
身体が 辛すぎだわー
マラソンよりキツイー バレエよりキツイー

その後も 歌うことが肉体の試練であることには
変わらなかったけれど
小さい痩せた 体が私の楽器でしたから
クラシックの声楽家という
人間が楽器で 肉が声を弾く という
声の機能を知れたのは
勝本先生の お蔭でした。

今は マイク歌い の私なので マイクなしの声楽家では
なくなり
声の大きさや 声の美しさだけでは表現できない
シャンソンという ポエムの世界に生きていますが
私の声の基礎を作ってくださったという意味で 
私の恩人であることに かわりはありません。

藝大の毛利準先生も ベルギー時代の先生達も
シャンソンの芦野宏先生も
私は 良い先生に恵まれました。
共通点は どの先生も 音楽に対して純粋で
厳しかったけれど まっすぐな心と人間としての優しさ
が 暖かかったです。

ありがたい 音楽人生を 生きさせていただいて
感謝 の気持ちが湧き上がります。
ありがとうございます。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 猛暑 稲妻 雷 豪雨

2014年07月25日 06時11分36秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 猛暑 稲妻 雷 豪雨

雷の音にも慣れてきました。
あまりに 最近は雷が多いので
かつては いちいち飛び上がって ギャーと叫んでいたのに
本日は
一瞬停電になりましたが

蝋燭をともして
夕食をとり
空の稲妻見物しているうちに
眠くなってきて
電気が回復した後も
雷と豪雨の音を 子守唄気分で
ぐーぐー 三時間も寝てしまいました。

それから
深夜 ますます元気になり 練習し始めたので
また明け方です。

後 三時間位は寝ておいた方がよさそうなので
これから 又 時間があれば 寝ますが・・・

一人暮らしの自由というのは
ありがたいです。
相手に合わせなくて良いので 
腹が立つこともなく イライラすることも皆無で
このままじゃ
ボケちゃうかもー

人生にストレスも大事なのじゃないかしら・・と
最近は 思い始めて
世間では
ストレスが病のもとだーと言われているのに
病すら無し

音楽の宇宙で 遊泳
カリカリ イライラ  バタバタ あくせく
という 心理が 消えて
平和で穏やかな ゆったりした音楽稽古が
出来る人生がやってきて

昔から歌い続けているシャンソンも
細かく分析したり フランス語のブラッシュアップ
して 練り直し勉強ができます。

楽しいわねぇ。人生は勉強している時が
なんといっても 幸せよ。
アポリネールのフランス原語の詩集を
朗読してみたり
なにも 自分の歌うシャンソンだけが
勉強ではない・・・と
突然 思いだし フランス語詩を読み始めたら
あーら 凄く楽しいじゃないの。

大学受験や 奨学試験の勉強の時も
それ程は 辛くなかったので
本質的には 自宅に籠って勉強して
ダンスやバレエを習って 体操して鍛え
バイクや 車で びゅびゅーん と
羽ばたいてドライブ というマイライフは
二十歳のころから変化していない。

でも
恋愛は消えゆき
人は次々と天国に行き
モノは 壊れたり失くしたり
でも
我が身につけた 学んだ技術や習った知識は消えないし
続けていれば 失わない。

試験の為でも 舞台の為でもない 
焦らない勉強程 楽しいものはないなー
なので
ジャズのピアノも 益々楽しくなってきました。
雷も怖くなくなり
何も変化しないような私自身も 変化はしているのだわね。

自分の深層心理変化を好奇心もって眺めるのも 
愉快なものです。
与えられた限りある私という生命体・・・
意図せずに
加齢して時の流れと共に心理変化することが 不思議です。
もちろん 皺や白髪がますます増えて
どんな私の顔になるのかも 
これまた好奇心。

嫌だとは思えなくて
むしろ 自然の摂理を この身を以て知りたい
見てみたい。







 



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ジャズとシャンソン

2014年07月24日 00時52分20秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ジャズとシャンソン


本格的に暑くなりました。
極寒の冬には 
あー早く 暖かくなればいいのに―
と願うのに

暑いと あー早く涼しくなれば良いのにー

一年の四季の変化で
自分の感覚やセリフが くるくると代わり
常に 無い物ねだりしてしまいそうですが

あと数か月は この夏の灼熱に
身を委ね
夏野菜を食し タンクトップや半ズボンを楽しみ
クーラー無しの防音室で稽古し汗流し
南国女を 楽しみましょうーっと。


本日はジャズピアノレッスンでした。
付け焼刃で 練習した位の怠け者でしたけれど
一時間のレッスンでは 集中力凝縮・・・

やはり ジャズの名曲を知れて
リズムやコードも 進化し
理論も学習でき
知的好奇心は 満たされます。

人生で一番幸せで夢中に無心になれるのは
お稽古事だ と感じるのは
今 始まったことではないのですが

昨日の バレエのストレッチ稽古や
ジャズピアノのお稽古の後は
精神の充足感が あるから 子供の頃と同じで
自宅では 左程 練習していないのに
先生に 新しい技を教えてもらえると
ニコニコ顔に なってしまいます。

昨晩はジャズ
本日深夜は シャンソン
防音室は 30度以上ありますが
夏場修行・・・

苦あれば楽あり・・・気合いだー 






この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 気合い・・・・

2014年07月22日 04時41分33秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 気合い・・・・

海の日
三連休の月曜日
お弟子さんの福江さんが 京王線仙川駅から
徒歩で 暑い真昼
ふーはー シャンソン稽古にみえて
帰りも 気合いで 歩きまーす・・・と
おっしゃるので

偉いなー 
流石 もと タップダンスのインストラクター
だわねぇ。


かなりの早足で歩いても
片道 30分 ゆっくりなら 45分の距離です。

お弟子さんに刺激されて
私も 散歩に出かけて 二時間コース
頑張りました。
ただし 夕方から夜です。

帰宅して また趣味の 手作り
コーヒーゼリーとか 豆かん の
赤エンドウ煮たり

そして パリの長南さんと お電話で
楽しい お喋りをしたあと
防音室に籠り 気合いー
練習に励みました。

真冬と 風の強い時 大気汚染が怖い時は
散歩は 本能的に避け
雨の後とかは
空気が綺麗に感じて 
せっせと 強歩するのが好きです。

いくら歩いても疲れないのが私の体質で
昔は 高いハイヒールで
どこでも 永遠と歩いたものですが

震災の後は 
考えを変えて
自宅の中と車の移動の時以外は 長距離歩行に
適した 裏に特殊な厚みのある 
サンダル風の靴が お気に入りです。

また 明け方になりました。
今週の日曜日の日本シャンソン館で歌う
シャンソンを 学びだしたら
ありゃー
私って 駄目だわー 下手過ぎる―

散歩や バレエのストレッチ二時間で
疲れることはないけれど
歌うのは 二時間真剣に 内臓筋肉使うと
ヘロヘロ です。
お腹も空きます。

体の大きい人たちは 楽器が大きいので
どーんと 自然に声がでますが
私は 全身の内臓筋肉で 楽器を鳴らすタイプなので
凄い運動量です。
小さい細い体で生まれついたので 仕方ありません。

明日も気合いで 無い頭と 無い肉使って 練り直すわ。
二畳の防音室は 暑い。
でも 集中出来て 居心地良いです。

二階のベランダにツルが絡み
実った葡萄が 日に日に大きくなりました。
梅雨明けも近そうです。


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY   シャンソン休息

2014年07月21日 02時11分27秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY   シャンソン休息

涼しい夜です。
夕方から 突然の雷と豪雨が続きましたけれど
今は しーんとした 深夜。

あまり 自分の練習する意欲が沸かなくて
お稽古の後は
趣味の 料理して 
食べて ぼけーっと 休息・・・・

あー
明日は しっかり  ジャズピアノも シャンソンも
練習しなくっちゃー
さぼり過ぎの パリ祭後・・・

ブログも さぼった昨日・・・

涼しいお蔭で快眠・・・
ぼけーぐたー でれー 

練習しなくっちゃー
りりさん 練習が仕事ですよ。という 
命令が自分の頭の中に
いつも聞こえているけれど

パリ祭の後は 心身休息の雰囲気。
ぼよよよーん
雷がどかん と鳴っても 左程 びくん
と 感じない位に ぼよよよーんの日曜日夜の部。

雑誌読んだり ネットニュース端から読んで
ごろごろ ソファーでのんびり過ごし
あっという間に 深夜になり

何もしなくても 時は瞬く間に過ぎゆくのだわ。
この 何もしない時は大切なのかも・・・
ありがたい 静かな一人の時間。感謝。


 



 

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  港区のフランス語シャンソン教室

2014年07月19日 03時38分06秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  港区のフランス語シャンソン教室

港区の方から突然に 連絡があり
フランス語のシャンソン教室を 月に二回
開催してほしいと
50才以上の方を対象の いきいき倶楽部 という
生涯教育の 教室だそうです。

フランス語・・・・で
という 指定は珍しいです。

偶然に 我々の先月 六月の内幸町ホールの 
「リリ・レイと 弟子たちの フランス原語シャンソンコンサート」
に 港区の職員の方が 聞きにいらしたそうです。

我が お弟子さんたちが いきいき と
かなり高齢でも 美しいフランス語で
歌われていたのが ステキだったそうです。
 
フランス語を 学ぶ教室として
興味を抱かれたようです。

フランス語 は難しいけれど
シャンソン という メロディーで学べば
親しみやすいので
九月から 第一 第三木曜日は 港区神明地区で
フランス語で歌う シャンソンを 教え始めます。

人生って不思議。
私がフランス語を 始めたのは27才
勿論 ロータリー国際財団の
留学奨学金を得るための試験勉強からですが

留学先のベルギーで 一人暮らし
日本語を ほぼ 全く話さなかった
コンセルバトワール時代
フランス語オンリー の
辛くて 淋しくて 苦しかった生活で
私の頭の中から 英語が消えて
フランス語に なってしまいました。

フランス歌曲やフランスオペラの
フランス語ディクションは
コンセルバトワールで厳しく習ったものの
シャンソンのフランス語歌唱の方が
早口で 日常語ですから

フランス語には 相変わらず
発音 子音の処理に 気が抜けません。

フランス人も フランス語の美しいディクションは
難しいと 言いますものね。
なので
日本人が フランス語でシャンソンを歌うなんて
いうのは 無謀かもと 思われていたけれど

港区のシャンソン教室は フランス語指定。
新しい時代が来たのかもしれません。
時代は どんどん 変化して
高齢化時代
健康寿命の為には 新たな事への挑戦が
結構 良いのかしら・・・

明日のフランス語グループレッスンは 
アポリネールの詩
LES JOURS S`EN VONT JE DEMEURE
(日々は 過ぎ 私は残る)
の一節が 私みたいな
ミラボー橋LE PONT MIRABEAU



この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 人生はシャンソンのポエム

2014年07月18日 03時22分28秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 人生はシャンソンのポエム

シャンソンのフランス詩は
読めば読むほどに 脚韻の美
音の色に ほれぼれ します。

それに
詩の内容に 人生が凝縮していて
その表現が 洒脱で素敵です。

実際
人生っていうものは
人それぞれの運命 宿命が違い
事実は 小説より奇なり・・・で
体験談 経験談のほうが 

えーぇ まるで小節みたいねぇー
と思うほどに 
人間の数と同じだけ ドラマティックな人間人生実話が
あるものです。

私は 銀座の18年間 お店時代も含め
お客様から人生実話を聞ける機会が多かったし

今も
色々な方の 人生を
生まれ育ち 出会い 恋愛 結婚 病気 事故などなど
まるでシャンソン一曲の 起承転結みたいに
伺えて
いつも いつも
小説を読んでいるように 映画を見ているように
人間という生命体に与えられた
一区切りの期間の 物語性を 感じてしまいます。

たかが 59年の 私の生命期間の間でも
社会的 環境 政治的環境
法律も変化し 価値観も変化し
それが
時代の変化というものなのでしょうが

今では 当たり前の 飲酒運転は禁止ということも
かつては
多少は飲んでも 自己責任で
慎重に 運転していた時代が長かったし

煙草は 映画の映像でさえ 今では禁止らしいけれど
誰もが 映画の中で ステキに 吸っていたもの。

私の時代では24才までに 嫁に行かなきゃいけないー
みたいに 親がぎゃんぎゃん 騒いでいたし

離婚なんて 我儘な人間のすることだーみたいな感覚で
DV という 言葉も存在していなかったわー

不倫は 今や もっとも 社会的立場を失う要素に
なってしまったけれど
不倫は文化・・・なんていう言葉もあった時代もありましたよね。

父母が生きていたなら この時代に
どう対応しているだろうかー
と 思うとき

そうよねぇー 
マダム藤倉や
お弟子さん達のなかにも 母より 数歳年下だけなのに
まったく我々と同じように この時代の波のなかで
しっかり 対応して 現代人として生きていらっしゃる方々は
立派だわねぇ。

人間の本質の中の 善の部分 悪の部分
という基本を把握して
価値観の変化に 対応していけるというのは
凄いことなんだわ。

人生は シャンソンポエムの様に
あっという間の長さなのかもしれないけれど
生きている間は 結構 それぞれの人間に
ドラマがあり・・・

シャンソンを学びだして
フランス詩を知りだして フランスカルチャーと
日本カルチャーと対比してみたり
社会的価値観と 人間の本質や本能について
考え

暑さの夜も 思索や哲学めいた一人遊びの
静かな 時間は 
それ自体が我が人生の ポエムです。

仕事に追われて いけいけGOGOだった私が
何処にも行きたくなくて
思索に浸っている・・・
私自身の人生時代も 起承転結に向かう途中
人生の夏の陣は とっくに越して 秋から冬だなーと・・・

でも 温暖化の夏は 年々厳しくなり・・・
暑い季節は 思索の時も 寂しくも
むなしくも 感じないものですよ。
暑いというのは けっこう 独り者にとっては 
いいじゃないのー。私の場合はですが・・・・

暑い時は 隣に人がいないほうが 涼しいかもー 









この記事をはてなブックマークに追加