シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ヤマハ銀座スタジオ リリ・レイ リサイタル

2015年01月31日 07時10分39秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ヤマハ銀座スタジオ リリ・レイ リサイタル


昨日は 大雪で 午前中に
鈴村応援団長にSOS

スタッドレスタイヤを履いているパパ車に
初台の スタジオへ 送っていただき
パパ様は
博愛者ですから

宮崎さんの パーカッション ドラムやら
ビブラホーンやら シンバルなど大量の
大荷物楽器の運搬まで 手伝い
四時間の 稽古も 全部見守り

真剣稽古の我々・・・といっても
みんな 満面の幸せ音楽笑顔ですが
写真に写して
送ってくださいました。

タクシーが拾えなかったり
雪で 転んだりせずに
心身 パーフェクトで 本日が迎えられますのは
シャンソン家族
シャンソン仲間の 皆さまの お蔭さまです。

今宵は うーんと 楽しんでください。
全身全霊で 我を三人は 皆様の為に
音楽の神様の為に
感謝の舞台を
全力投球いたします。


この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ヤマハ銀座スタジオリリ・レイリサイタル

2015年01月31日 06時41分12秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ヤマハ銀座スタジオリリ・レイリサイタル

本日は 大安吉日
昨日の雪には 驚きましたけれど
29日 「銀座でシャンソン」コンサートも
本日 31日「リリ・レイ フランス語シャンソン リサイタル
UNE FAMME一人の女」も


冬の 恵まれた天気の中で開催できそうです。

月日が経つのは早いですねぇ。

パリと ベルギーの 修行の旅 
シャンソン文化の国 で学びと遊びの 日々一か月が
どんどん 遠くなります。

血肉に浸みこむ程 泣いて 学んだ29才から 八年の
クラシック声楽家として暮らしたベルギー

そこから
パリや 各地へマイカーで 恐れもせず
ただ モチベーション高く 学び学び・・・通い詰めた
あの私は

もう 居ないのです。
情熱と 元気さは 相変わらずですが

もっと 精神的に 余裕と抱擁と 陽気さが
増し続けて

一人の女も 加齢すると 随分と ずうずうしく
なるものだわー
私 おばさんになったのね
あーあー 暫くすると お婆さんの年齢だしねぇ

それに
今年は パリで うどんこさんと 毎夜見た
パリのエンターテイメントで 感動し
才能の宝庫であるパリに 身を置き

今回の リサイタルは 少し いつもより
パリテイストが 更に 増しています。

つまり 自由 平等 博愛(本当の意味は 友愛)
の 精神とか
真面目過ぎる 日本の かしこまった スタイルではなくて
舞台の上の アーティストの
才能を 自然に 行かせるようなスタイルに
することにいたしました。

自然的発生
作為的は やーめた。
練習ばかりして そのの暁の表現
四角四面の舞台なんて つまらなーい。

アーティストの才能が 花開くのは
過去の舞台を熟こなし し尽くした 経験の中の エスプリだもの。

一日には 十年や 二十年の舞台経験では
出ない 味テイスト

近藤正春さん
宮崎仁さん
リリ・レイ
三人の 子供の頃から 50年に渡る 学びと練習と
何十年に渡る あらゆる舞台経験が

仲良く信頼関係で築く シャンソン音楽劇
リサイタルって 朗誦・・・・・合計34曲の 音楽が
全て 変化球のリズムと 音楽性 で
流れる 一日です。

一部 二部 全く 校正 演出 ストーリーが 別ですから
本当に 愉快だと思います。
シャンソンは 人生の 喜怒哀楽 風刺 社会批判
色々・・・・

記憶するのに 長い時間が掛かりました。
約 三時間分の 演出 音楽 舞台 つくりの クリエイトと
記憶 記憶・・・

さあー 睡眠薬をどんなに 飲んでも 三時間以上
眠れない 興奮の夜も
本日で 解放されます。

睡眠不足は 決して苦しいモノではないです。
寝ないと 時間がふんだんに あり
とても 沢山の事が出来ますもの。

親に 先祖に 感謝。とてつもなく 健康で元気です。
ワクワク 本日の 本場 パリのテイスト エンターテイメントを
開催いたします。

いざー出陣です。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY i日本シャンソン協会 銀座でシャンソン

2015年01月30日 00時50分08秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY i日本シャンソン協会 銀座でシャンソン


打ち上げは ヤマハホール裏手
スペイン料理のお店

ありがとうございます。

伊藤雅治生徒会長
鈴村好敏 応援団長

新たに 本日
満場一致で
昨年来の 懸案でありました
宮本パパさま
宮本隆  ファミリー会長が 誕生いたしました。

こうして
いつのまにか
我がシャンソン家族の輪 シャンソン仲間の輪が
広がります

マダム 藤倉は 実質 後援会長みたいな存在ですが
私は
あまりに 親しくなり過ぎ 愛が深くなり
会長と呼ぶより
もっと ずーっと 気持ちが 身内的です。
 
親心 母心の気遣いをしていただき
涙が 潤むことが多いです。

男性のパワーも増え
女性陣の 絆も深く
穏やかで 安らぎとエネルギーを感じる
東京シャンソンアカデミーのフランス語シャンソン
学びと 遊びの 集まりですね。

ありがとうございます。
人生は 思ったより短いから 
毎日を大切に 目いっぱい
学び 仕事し 遊び・・・笑い合い
良い仲間達です。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY 銀座でシャンソン ヤマハ銀座スタジオ

2015年01月29日 23時57分45秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY 銀座でシャンソン ヤマハ銀座スタジオ

今年初めての 日本シャンソン協会のコンサート
「銀座でシャンソン」
が無事終了し

私のお弟子さん達 は 六名出演させていただきまして
とにかく
また 一ランク上達して
素晴しい 舞台でしたので
先生としての私は もう 天にも昇る位
幸福です。

自分の事は いつも 分からないです。
精一杯 舞台を務めました。

自分のことを含めて 七人分の心配
七人分の10倍の エネルギーを噴出
そして
七人分の100倍の 幸福を得ました。

一部は
岡島 由起子さん 懐かしき恋人の歌は 品格と 美貌が
圧巻ですが 声も大人の色になり しっとり
歌唱も 哀愁が表現で来ていました。

石垣直子さん   ラストダンスは私と は
セクシーで
色艶の柔らかい声 柔らかい横隔膜の使い方での
レガート唱法の色香と 誘うような声の魅惑
が 魅力的でした。

二部
大脇彩さん は 美しい恋物語
恵まれた容姿 若さと 太いドラマ性のある声の
魅力が ふんだんに生かされて ピアフが 余裕で歌える
貫禄もありました。

宮本裕子さん は モンメック アモア
私に似ていると 楽屋で もっぱらの
噂でしたけれど 顔かたちと骨格や スタイルが似ているから
楽器としての
声も似ているかもしれません。
スピント系で 息の流れがシャープで
音程のピッチと リズム感が 圧倒的に良いです。

宮本まり子さんは アランフェス モナムール
甘い声 豊かな音量 よく練習してあり本番も
幾度もこなしたので 演技は 
落ち着きと品があり 素晴しくて
酔いしれる音楽性でした。

福江美那子さん パダムパダム
いやはや 歌手として 舞台人としての
気迫 気合い 根性 すべて 持ち合わせ
ドラマティックで とても 会社員だとは 思えないわ。
安定 安心 圧倒
うぉー 凄いー という感じです。

鈴村パパ 宮本パパ のブラボーの声に励まされました。

一部 二部 通して 聞いてくださった皆さんに
生徒さんたちの事を 褒めまくられて
私は 幸せなシャンソンの先生だなー

生徒さんは 私の 誇り です。

皆さん 良く 勉強しました。練習しました。
前日にいらして お稽古した時も
駄目出しの嵐のような 私のレッスンを受けて
それでも 諦めず 直して レベルアップする姿に

私も背中を 押されます。

最後まで諦めないで 自分に厳しく 鞭打つ。
自虐的で マゾ的な性質じゃなければ
あんなに難しい フランス語
超特急で 歌って振り付け通りは 動けないものですよ。

取敢えず
毎度の舞台で レベルアップしてしまい
怖い位の お弟子さん達で
敬服いたします。

皆様 ありがとうございます。
打ち上げに集まってくださった皆様と
笑い合い 心身を開放して 暖かい気持ちになり
本日は 明後日リサイタル があるので 
飲まずに帰宅いたしました。

でも もう 30日に なってしまいましたから
明日が リサイタルだわね。気合いだー・・・・・・

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ヤマハ銀座スタジオ と ヤマハホール

2015年01月27日 23時51分02秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ヤマハ銀座スタジオ と ヤマハホール

銀座の ヤマハホールでは
1999年から 毎年秋に シャンソンのリサイタルを
二回づつ 開催していて
だんだん 一回になり

ヤマハが 工事して新ホールになるまでの間は
博品館ホール テアトル銀座ホール 成城ホール
有楽町マリオンホール
などが リサイタルの場所で
お弟子さん達にも
出演して頂いたりしていました。

一人のリサイタルだと
お弟子さんたちへの
母としての 過保護で 過多な愛情と心配が
ないので

私自身は 子供返りしています。
一人の アーティストに戻って
羽が生えて 
音楽の歓びに 浸り尽くしています。

ヤマハホールが 新しくなって 一度コンサートを
お弟子さん達と 開催した時
残響と マイクのエコーとのバランスが
難しくて
シャンソンには 向かないホールかも知れない
と 思いました。

ヤマハスタジオは 100名までしか入らないのですが
残響ゼロで
スクリーンや 照明の設備も良く
音響が ポピュラー向き。
アコスティック会場ですから
ロックなどのコンサートですと
270名 立って聞くコンサートが 開催されます。

最近は
日本シャンソン協会の
「銀座でシャンソン」の開催地になっています。

あーそうそう
明日夜 近藤さんと 音楽練り直して
明後日夜は
銀座ヤマハスタジオで一曲 「銀座でシャンソン」の
舞台に出演するのだわー

そして 翌日夜は 又 バンド合せ舞台稽古して
とうとう
1月31日 リサイタルの日が やってきてしまう・・・

今週は 毎日 神経ピリピリ ドーパミン脳内ホルモン
ばんばん 噴出して・・・
こういう時
とても 実力が身につくものです。

なので 怖いというより 将来の為????????

身を削って 音楽家冥利に尽きる 充実感。
普段 能天気ケセラセラな私が
ほんの少しだけ 真剣勝負に挑み
窮地に追い込まれた 酸欠ウルトラマンが
残り三秒で えーい やったーぁー
みたいに 活動して

美味しい宴会料理みたいな シャンソンの30品
ずらずらー っと 
お出しいたします。

そして 皆様に楽しく 味わっていただきたいと思います。
帰国後 10日目 
シャンソンの母国
フランスと ベルギーのエスプリが 
まだ たっぷり 私の心身に 残っていますので・・・

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ヤマハ銀座スタジオ リサイタル

2015年01月27日 23時26分23秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ヤマハ銀座スタジオ リサイタル

一昨日 日曜日のシャンソン館舞台が 終了し
一部 二部 16曲歌い ゲネプロも 入れれば32曲
歌ったわけですから

30曲以上を歌って 疲労することなどは
私には ないし
勿論 運転も往復するわけですから
渋滞や パーキングでの昼寝など含めれば
七時間以上の マイカー 

体力が 加齢して減ったと感じることは
未だ
皆無ですし
まだまだ
余力もあるような 感じがします。

火曜日は
初台の スタジオ ノアを 三時間借りて
夜七時から
バンド合わせ稽古して 参りました。

お昼間は 生徒さんたちの稽古もあり
電話や メール 等雑務も多く
なかなか
自分の リサイタルの稽古が 出来ないので
今週は 舞台前日も含め
夜 三回 バンド合わせ稽古を致します。

深夜は 演出 衣装の練り直し・・・
クリエイトすれば するほど
舞台は 生き生きと するものですから

一人 ほくそ笑みながら
ご来場くださる お客様に 喜んで頂くための
創作活動 邁進です。

宴会料理と似ています。
エンターテイメント・・・

宮崎仁さんは パーカッション ドラム他
音が出るものなら 
マリンバ ピアノ ビブラフォン・・・なんでも
弾けちゃいます。

歌 声という自分の楽器以外なら なんでも ござれです。

近藤正春さんは
アレンジ能力 抜群で
つまらないわー と思う レトロな曲を フレッシュに
蘇らせてしまう 達人ですから

この お二人が 一緒ならば
まあ 全部で30曲ですが 
丸一日 聞いていても 退屈はしないわ。

取敢えず 音楽家として クリエイティブな
アイディアマン
我々 三人ですので
とても 稽古は 楽しいです。

宇宙人的 我々三人を 舞台監督の松浦さんが
とても 真面目に 縁の下の力持ちで支えてくださいます。

日本語字幕 も フランス語と 一致する
間合いで 入れる気合いで
フランス語の 原詩を学んでしまう
という プロの仕事師です。わぁー 敬服。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY 1月25日 日本シャンソン館

2015年01月26日 00時38分01秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY 1月25日 日本シャンソン館



一か月ぶりの舞台なのに
恐怖感が無かった理由は

たぶん
パリで レンタカーして10年ぶりに
左ハンドル 右車線
ヘンテコ ナビ
取扱い説明書なしの 初めての
メルセデス ベンツ 新車種

ベルギーでの 警察のレッカー移動

などなど
心臓が 我が口から 飛び出すほど
パクパク ドキドキ 怖くて 神経ピリピリで
あの
恐怖感は
命と 道連れ恐怖なので・・・・

舞台は 命の問題では無い~
というわけで

舞台に対する 恐怖感に 到ることなく
まだ レンタカー恐怖の方が 心臓に刺さっています。
ですので
いつもより 精神的にリラックスしていました。

西欧に行くと 打たれ強くなることは確かです。
生き抜くということにおいて
日本は とても 守られて安全で安心な
場所だから

多民族 移民国家の 大国に行くと
世界と 日本の違いを知れる
実感があります。

そこに生活を 留学時代と プラスアルファー
したことで
もう 二度と そこで 生活はしたくないと
思っているのに
あの 危険がいっぱいの国のエネルギーに
惹かれます。

ハードルを 恐怖感を持って 乗り越えると
少し 自分が強くなれるような・・・
私は 弱い人間なので
ぬるま湯の中に居ると
どんどん 弱体化するので
時々
欧州 孤独な一人ハードル越えが
私にとって必須アイテム みいですよ。

それに
フランス語テレビを ずーっと 聞いて見て
かなり 日本語を 使わない日も多くて
現地で フランス語のみで話し
生活し 問題解決することによって
フランス語が流暢になったみたいです。

まあ この 流暢さも あと 数か月で消えちゃう
泡の様な ものです。

せっせと 自分投資としての フランス国 通いを
しなくては ならないかもしれません。
あまりに 口のまわり方が 違い過ぎるので

聞きにいらした 皆さんからも
フランス語が 良くなったと言われるほど・・・

皆さん 耳が良いのねぇ。さすが シャンソン仲間。シャンソン家族。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 日本シャンソン館一月出演

2015年01月25日 23時56分27秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 日本シャンソン館一月出演


本年初めての舞台
帰国後 まだ五日目
ですが 日本シャンソン館 渋川で
無事に舞台を 終えました。

グループレッスン一時間半「街角」
個人レッスン 関さん 一時間「パリの空の下」

日本シャンソン館を出た時は 夜六時近かったので
関越自動車道は大渋滞でしたので
私の特技
パーキングで 昼寝ぐーぐーぐー

マイカー運転席シートに
座ったまま 三時間も 寝てしまい
夜九時過ぎの 高速はすーいすーい

帰国後初めて 食料を購入に
成城石井に寄りましたけれど
夜11時閉店の 直前でした。セーフ。


郵便物を 送るのには 成城本局が24時間 日曜も受け付けて
いるので そちらにも行き
自宅に戻れたのは
先ほど
11時過ぎです。

何だか
パリと ベルギーの生活一か月が
もう 10年前のようにさえ
懐かしく感じる程
生活は ばばばーん
と 豪快に 進みゆきます。

一か月ぶりに
マダム藤倉 堀紀子さんに会えて
うぁうぉー

ブラボー隊長 の初ブラボーに
今年も縁起が良さそー
ピーちゃんも 写真撮影隊長
元気溌剌

皆さん 新年に笑顔が 輝いています。 

朝七時に 我が家を
出た時は気温がマイナス5度
渋川は 着いた時 4度でしたけれど
昼間になると
太陽が燦々と お庭を 照らして

シャンソン館のCAFEは ぽかぽか

明るい 真冬
暖かい 懐かしいきもちになりした

ベルギーは 暗いから・・・・
故郷から 帰宅した 居心地の良い自宅・・・みたいに
感じました。

日本シャンソン館にいらしてくださいました皆様 
ありがとうございました。
芦野先生の お写真に
「先生ー 勉強してきましたよー 沢山遊んできましたよー
人生はシャンソン・・・
色々 経験 色々味わい尽くして これからも
人間の色を アジサイ色から もっともっと
沢山の色を出せるように 知識 経験 を積み続ける
学習の旅 パリやベルギー 西洋文化シャンソン哲学を つづけます」

そう 伝えました。





この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 銀座ヤマハホールスタジオ リサイタル

2015年01月24日 02時17分13秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 銀座ヤマハホールスタジオ リサイタル


本日は 大失敗をしてしまいました。

昨晩 深夜二時から ずーっと
元気に 起きだして
郵便物や リサイタル申し込みチケット配送やらの
業務をし

近藤さんと ドラムの宮崎仁さんとの
打ち合わせがあるので その後の
我が家夕食の為の料理を
下準備して

確かに朝十時までは
色々な方々に電話連絡をしていたのに
ふと
ソファーに 腰かけたら

ぐーぐーぐー
目覚ましもかけず
そのまま
ぐーぐーぐー
気絶に近い熟睡。

お稽古にみえる お弟子さんが
幾度も電話したらしいのに
聞こえず
勿論 インターフォンも聞こえず・・・

ドンドンドン
と 鳴る音で なんだろー
位に ボケた感じで 目が覚めたら

一時間も 外で お待ちになっていた
という お二人が 窓から覗くと
見えて

あー 此処は 日本
私は 今 何をしているの・・・
暫く 
自分のいる 世界が把握できず

五分くらいしてから
自分の現在状況が 理解できたという
まったく
気絶状態で 眠ってしまったようです。

ソファーに 座ったのがいけなかった・・・
ずっと 起きて動いていれば
寝ちゃったりしないのに・・・

というわけで
お稽古は 遅れ遅れ
バンド合わせは
音を出せない時間になり
打ち合わせだけして

手料理とワインで 三人夕食。

来週は夜 三回 音を出せるように
初台のスタジオ ノアを 借りておきましたので
思いっきり
音を出せます。

皆プロで 音楽レベルも 経験も多いから
上手くいくでしょう。

仲が良くて 信頼関係があれば
歌手と 演奏家のコラボレーションは
上手くいくものです。

ウドンコさん 宮崎さんとは
気心が 知れているので
打ち合わせの段階で もう 笑えて 仕方ありません。

舞台の演出も
この お二人のキャラが 生きるように・・
工夫いたしましたので
とても 
質の高い 舞台になると思うのですが・・・

私は いつも 行動が欲張りで
やりたいこと と やるべきことが 多いので
何処でも 何時でも
時差が無いタイプで
今回も 日本でも パリでも バタバタ。

ウドンコさんは 今週月曜日に帰国して
直ぐに 出かけるところが
いつもより 少ないので
時差が出て 昼間 眠くなって
昼寝したりしたそうです。
 
私もソファーに座ると 寝ちゃったので
時差は あるのかもしれませんが
よく 分からないわー

頭の中は 雑務で クルクル回る 回転木馬状態。
貴方に夢中・・・というより 
歌詞記憶や 振り付け 演出
あげくに 手料理
郵便屋さん
掃除屋さん

大変身の連続・・お酒も一滴も飲まず 買い物もせず
自宅が 私の周りで くるくる 回っています。

こういう生活が 好きだからしょうがないわよね。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ヤマハホールスタジオ 打ち合わせ

2015年01月23日 04時06分07秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY ヤマハホールスタジオ 打ち合わせ


寒いですね
日本の方が パリやベルギーより気温が低く
本日は0℃ から 五℃

雨が降り どんより暗く・・・

午後五時半 本日以外は時間がとれないので
お稽古後に
ぶっとんで 銀座まで・・・・


帰国後 初めてマイカーに乗り
右ハンドル 左側通行が
なんと 馴染んでいて 楽だったことでしょうか・・・
しかも
道路は空いていました。

少しづつ
リサイタルへの モティベーションが上がってまいります。

松浦さんとの打ち合わせ
ホールの 音響 照明 ピアノ調律の 打ち合わせなど
順調に 進みました。

この打ち合わせのために
パソコンで 色々 演出や照明に関する
構想 を 打ち
昨晩は 結局 徹夜してしまい
一睡もしなかったので
とても 眠かったので

ヤマハから帰宅して 夜九時に
睡眠薬のみ 就寝したのに
やはり 五時間で 自然的に 目が覚めました。

なので
深夜に また 活動開始。

暖房器が 上から びゅんびゅん
風を 出すので
この 風が 私の肺と気管支に
違和感を 与えて 

パリの暖房器は 風の出ないタイプ
セントラルヒーティングなので
気管支と喉が いがいが しています。

くしゃみも 朝は 連発。
暖房 冷房共に 日本の場合は
埃と共に 風が舞うのが 辛いものだわ
と 感じています。

ピーちゃんも 毎日 四時間睡眠で元気に
会社に復帰した様子で
パリの思い出 感想文を 頼んだら
もう 書いてくださいました。
ありがとうございます。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY シャンソン家族の思い出 感想文

2015年01月23日 04時03分35秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY シャンソン家族の思い出 感想文が
ピーちゃんから 届きました ブラボー


From: suzumura yoshie
Sent: Thursday, January 22, 2015 10:55 PM
To: reiko@bolero.plala.or.jp
Subject: 感謝 ブリュッセル パリの思い出

感謝 ブリュッセル パリの思い出 



仕事を始めて10年経ち、現在、11年目になりました。

3月までであれば、5日間連続の勤続休暇を取得できることが判明し、

リリ先生にお話したところ、ちょうど先生が、パリ・ブリュッセルに行かれているとのことで

お誘い頂きました。帰国後すぐに先生のコンサートが、たくさんあるという日程だったので、

ご迷惑をお掛けしてしまうのではと思い、躊躇しましたが、

「合流する前に集中して練習するので大丈夫」と言ってくださり、

JAL、ヘルシンキ経由(空港は、真っ白マイナス11度でした)

父も一緒にブリュッセルに行くことになりました。



父の身体も少し心配していましたが、私自身も日本出発後、

眼精疲労からか頭痛もあり珍しく体調が悪く、

ベルギーやパリで寝込んだらどうしようかなと機内で思っていましたが、

ベルギー空港に到着したら、あっという間にすっかり治り元気になりました。

リリ先生が、レンタカーで迎えに来てくださり、アパートに到着すると

手作り夕飯を用意してくださっていて、美味しさと優しさに感動しました。

朝までお話し、起床後は、テロで殉死した警察官の追悼セレモニーをテレビで見て、

オルランド大統領の演説がフランス語の韻を踏んでいて説得力があり

先生が訳してくださったこともあり内容が、よく伝わりぐっときました。



翌日、ブルージュに、レンタカー(新車のベンツが、かっこよかたです)で行き、レンガ造りの建物と運河の

情緒ある美しい街並みを見ながら、レストランに入り美味しいベルギー料理をたくさん頂きました。

 ブリュッセルに戻り、夜は、父の高校時代の野球のバッテリー、優さんと再会。

優さん経営の寿司レストラン「三辰」で、りり先生が、留学時代からのお知り合いである素敵な押野さんご夫妻にも

初めてお会いできました。リリ先生は「三辰」にいたベルギー人、フランス人、イタリア人達とあっという間に

打ち解け、笑わせ、みんなでシャンソンを歌い盛り上がりました。



最終日は押野久美子さん経営のブティック「ルイーズ」に行き、お買い物。帰り道は、夜のグランプラス広場を散策

しベルギービールとベルギー料理を頂きました。

昼間とまた違い、ライトアップされた広場は幻想的でとても美しかったです。



今回、晴れている日もありましたが、やはり、リリ先生作詞作曲のシャンソン「ブリュッセルの雨」の

歌詞にでてくる、〈ブリュッセルの町は白くけむり人々は傘もささずに歩く。灰色の石畳。重たい雲が太陽を隠す・・・〉

〈グランプラスの広場は美しくて溜息がでるわ・・・〉を実際に感じることができました。



翌日、ベルギーでの日々に感謝しながら、ブリュッセルからパリへ車で350キロ北へ縦断。

4時間半でパリに着きました。



ベルギー人は、車も道を譲ってくれたり優しかったですが、パリでは少しでもゆっくり走っていると

クラクションを鳴らされます。そして なかなか入れてくれない。そんな大変運転しずらい環境の中、

リリ先生の冷静なハンドルさばきがとてもかっこ良かったです。

「すごい!!」と感嘆の声を私が出すと、先生は、「誰でもやろうと思えば何でもできるもの。

やりたいと思うか思わないかよ。できないことは何もないわよ。」とおっしゃいました。



パリ到着後、お邪魔した大島さんのご自宅はとても素敵で、

千恵子さんのお料理がどれも 感動的に美味しく

自家製味噌ディップ、トマトとモッツアレラ、バジルソースのサラダ、ポワロー、ウサギ、

豚、レンズ豆を使った塩豚の料理、きのこの手作りキッシュ等々美味で感激しました。

山羊のチーズ、田舎風パテ(パテ ドゥ カンパーニュ)ガレット ド ロアというパイ等々

ゆいちゃんが購入して選んでくださった食材の数々も 最高でした!

久しぶりにゆいちゃんとゆっくりお話しできて、会話も弾み

大島パパは 低い美声でシャンソンについて熱く語り、

リリ先生もお元気で、とても350キロ運転されて直後とは思えませんでした。



大島家パーティーからの朝帰り次日は

皆でたっぷり寝て、午後は父と買い出しに行きました。

パリでは、フランス語で一生懸命に話すと親切な態度で接してもらえることがわかりました。

私は、方向音痴&理解力が足りない為、日本でも道を尋ね、しばらく進み、また他の人に聞くというのを

よくするのでフランスでも同じように何度か尋ねてしまいましたが、父と慎重に行動した為、無事帰宅でき

とても楽しかったです。



翌日は、長南さんお薦めの、サーカス(Cirque d‘hiver)へ。 

先生が事前に並んで、貴重なチケット、中央最前列の席を取ってくださっていたので大迫力で感動!

次から次へと玉手箱のようなスペクタクルで、面白く、美しく、感動!

観客も急に呼ばれてショーに参加しても、子供も大人も自然体で演技して素敵!!

目の前のスペクタクルに感動プラス、高度なアクロバットやダンスなどなど、その裏の日々の訓練の様子も

浮かび涙。



 サーカスの後は、父が、以前りり先生経営の銀座のシャンソニエ(窓)に行った時、

先生のお父様が購入した「ゴブラン広場」

という題名の絵画を見て、「素敵な絵画ですね。」と言ったのを、先生が覚えていらして、

2年前から我が家に飾らせて頂いています。

その絵画と同じ場所を探しに行き、絵画とまったく同じ場所を訪ねることができました。

そして、リリ先生がリサイタルで歌われる予定の日本歌曲 西条八十作詞「お菓子と娘」に出てくる

「ラマルチーヌの銅像」にも会えました。





 パリ滞在最終日夜は、いよいよ妖怪宴会(みなさん妖怪的なので妖怪という言葉が流行っていました。)です。

リリ先生は、自宅のキッチンではなく道具もすべて揃ってはいないのに、

次々と素晴らしい料理を作成。

私が手伝うと何倍も遅くなるかもなのに、勉強のために、お手伝いをさせて頂き、

それぞれの食材にあった包丁の使い方や

薄焼き卵の作り方などをやさしく教えてくださいました。

私が1つに集中している間に、先生は日本料理を何品も完成。

皆さんが、いらしてからも、あっという間に、牛リブロース、子羊、鶏等を調理!美味しかった!!

父と買い物した食材が、素晴らしい料理になるのも嬉しかったです。



パリ妖怪宴会では長南さんにも再会でき、お話しが面白くて最高。

大変お忙しい中、私達のことを心配してくださり、

きめ細やかなアドバイスやリサーチもしてくださり、サーカスやゴブラン広場、ラマルティーヌの銅像にも会えました。

近藤さんにも再会でき、リリ先生、長南さんとの会話が面白く大爆笑。リリ先生と近藤さんの息がピッタリ自然体で楽しく、

今月末のリサイタルが楽しみだなあと思いました。



大島千恵子さんは、リリ先生と相変わらず似ていらっしゃってすごく美しく、パリにいらして益々女優さんの様でした。

料理が素晴らしいところもそっくり。

大島 伸さんは 魅力的なバス低音の魅力声!

伸さんの小説、「黄昏に微笑みを:十九世紀末 パリ捕物帳」もAmazonの登録と

Kindleの登録ができたのでiPadで早く一気に読もうと思います。



大島ゆいちゃんは私と同い年で、同じ一人っ子ですが、パリで留学、寮生活や一人暮らしもしたので

しっかりしていて、色々なことを勉強しているので物知り!

日本で会った時に聞いたフランス語よりさらに流暢になっていて、フランス語の手紙の文章を

教えてくれたり、パリから帰国の出発の日の16時に、荷物が多いのでタクシーを二台アパートに呼んでくれるように頼んだら、

フランス語で、私達の荷物の数など状況を現地タクシー会社に 話してくれてくださり

大きな バンタイプのタクシーを1台呼んでくれました。ありがとうございました。

パリ中では 流しのタクシーが拾えないし、タクシー乗り場を見つけにくいので

呼び出しタクシーの電話番号を事前に調べてくださったのは 気配りの千恵子さんでした。皆様に感謝です。





リリ先生は、フランス語が話せるだけではなく、トラブル対応、状況判断、日本のことを伝える、各国の皆さんを笑わせる!歌う!

日本語でもフランス語でも変わらずエンターテイナー。気遣いやエネルギー等々すごいです。

フランス人やベルギー、イタリア人に、リリ先生が、「フランス語上手ですね。どこで勉強したのですか」と褒められるところを

10数回目撃。嬉しかったです。

私も買い物中、「フランス語、話せるの!発音いいねえ。」とお店の人に言われ嬉しかったです。(証人者は無しですが)

リリ先生にシャンソンを教えて頂いているお蔭です。



私は、様々な勉強、危機管理能力、生活力等々、足りず、今まで無事に生きてこれたのは、奇跡的に運が良く、

両親や皆様に守られて来たからだと改めて思いました。

健康に仕事を続けられているのもシャンソンを楽しく習い、先生や生徒さん達の歌を聞いて元気が湧くからだなあと

改めて思いました。感謝です。



今回の旅はツアー旅行ではなかったので、実際に住んでいた先生しか知らない事を教えて頂き、体験でき、

幸せでした。自由・平等・博愛、権利と義務、文化芸術等々いろいろ考え、感じることができました。



パリのテロ、ベルギーのテロ計画等、ギリギリ遭遇せず、アパートの入口に駐車スペースが運よく

あったり、他にもいろいろ奇跡的なできごとがあり驚くことも多かったです。



日本の良さを再認識しましたが、もう少し長期間ベルギー・パリに居たいなあ、いつか一人でも少し暮らしてみたいなあとも

思ってしまいました。危険かな?



父と来れるのはこれが最後だと思っていましたが、なんとなくまた来れるような気もします。

父も「やっぱり日本がいい。」と昨日は話していましたが、本日は「外国に行くと自分の無力さがわかり、謙虚になって

いい」と言っており、また次回のことを考えているようにも感じました。



リリ先生帰国後もレッスンにコンサートにすごい活動量ですね。

1月25日シャンソン館は、お庭も建物もパリの雰囲気なのできっと旅行の続きのように感じられ、満喫できそうで楽しみ!

29日シャンソン協会主催ヤマハコンサート!先生と生徒さん達の美しいフランス語シャンソンが聴けるのに私は仕事で間に合わず

残念無念!

そして31日のリサイタルUne Fame「一人の女」!昼の部、夜の部だけでも入場可ですが、それぞれ違う曲目のようなので、

私は通しでチケットゲット!やった!!!



あっという間のブリュッセル・パリの旅。

職場の人も心配してくれていてニュースに注目していたとのことでした。

お休み頂いた分、元気に働きます。



ああ、取り留めもない支離滅裂文章になってしまった!



大島さん、山際さんに校正して頂きたいな。



リリ先生本当にありがとうございました。



感謝のうちに。



鈴村P









この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY プロ シャンソン歌手という仕事

2015年01月22日 04時46分57秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY プロ シャンソン歌手という仕事

フランス語でしか 歌わない 教えないという
シャンソン歌手で 先生ですが
歌手のプロになりたい
と 思ったこともないのに

勉強し続けて 
他の生活の糧を得る為
他の 仕事に邁進して 舞台を続けていたら
いつのまにか
プロ歌手といわれる人に なってしまいました。

舞台出演というのが 日本では
コストがかかり
収益よりコストが掛かるのが
プロ意識。
プロほど 舞台に自分投資します。

不思議ですが
フランスは 芸術が国の看板
なので
芸術家への 保険というのが あり
下手くそな 芸術家 演奏家 小説家 絵描 歌手でも
食べていけないと 生活保護みたいなものが
供給されるのだ・・・・と
大島千恵子さんから 伺いましたし

確か
私の親友も フランスで歌手をプロとしている
のですが 声楽家ではありますが
演奏会が 前年より減ると
その分を 申請して 補助されるとのことでした。

日本は
全く逆で 
舞台に出れば出る程 出費が膨れ上がり
プロほど 舞台に 資本投下する
のが 常識です。
舞台出演すれば するほど 上手くなるから
仕方ないわよ。
という 感覚。

まあ 首相が 日本の売りは
経済成長だと もうしているから
・・・・ミクス

ですので
フランスと日本に 相違点があり過ぎ
芸術家という世界感では
趣味と プロの違いが そこら辺で
違い

趣味の人の方が 上手かったりして・・・

私も根性物語で
ずーっと 日本流
三足の草鞋 四足の草鞋はいて
芸道精進に邁進し続けてきました。

のですが
最近は
あまり 苦労しなくて チケットを皆さんが
購入してくださるので

あらあら
神様 どうなっちゃったのかしら・・・
皆さんに 助けられ過ぎで 怖い位よー

どうしよー 
ありがたいことです。心配してくださる皆さんに
支えられています。
今年は 有難い 還暦を 迎えられそうです。感謝。

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY 成城の生活と 応援団長の花達

2015年01月22日 04時44分27秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY 成城のシャンソン生活と 応援団長の花達


また いつも通りの 自宅内 走り回り生活
そして 深夜稽古

花達を
午前11時に応援団長が 届けて下さり
留守の間
鈴村ママや 伊藤生徒会長が
お弟子さんたちの 連絡係になって
下さっていて

今月末の ヤマハリサイタルの申し込み対応を
してくださっていた
報告などを 受けました。

リサイタルをするというのは
慣れっこではありますが
相当に
エネルギーが必要です。

構成 演出 字幕対訳
照明 音響 舞台の方々
ホール との 打ち合わせ
お弁当 受付 
チケット売り
そして
勿論 数十曲の
自分の 暗記 振り付け

演奏家への 音楽指示 思想と哲学の裏付け
そして
バンド合わせ 

スタジオを三日間 借りてあります。
バンドとは 打ち合わせも含めて 四日
試行錯誤しますので
これから
一月三十一日まで てんやわんや です。

それなのに
放棄したいところ
1月25日 日曜日 日本シャンソン館
1月29日 木曜日 銀座「シャンソンを貴方へ」
日本シャンソン協会主催 舞台も
引き受けてしまいました。

何事も やめてしまえば 簡単ですが
やめずに やるのが 私の性格で
モチベーションで 人生哲学すから
感謝の気持ちで
全ての 舞台を お受けし続ける訳です。

そして 自分のリサイタルも
これからも
気合いで やり続けないと ならないだろうなー
と 思っていますが

体力勝負 気力勝負
皆さんに助けて頂きながら
応援団の花の 気 を 吸い込み 深呼吸して

えーい リリさん 気合いだー 気合いだー
です。

ヤマハスタジオホールは 小さな100人収容ホール
昼夜で200名 チケット販売
ですが 
一応 昼の部は 完売
夜の部が 七割・・・という 状況です。
皆様 ありがとうございます。

秒読みで スケジュール管理して
GOGO
体力だけが頼り。
でも 体力だけは 妖怪的にあるので
それを 信じて 脳内ホルモンを噴出させます。 

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY パリの思い出 シャンソン仲間

2015年01月21日 05時33分50秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイ LILI LEY パリの思い出

この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY  ずーっとシャンソン歌手

2015年01月21日 05時17分41秒 | Weblog
手リリ・レイLILI LEY  ずーっとシャンソン歌手


一か月間舞台無しでしたけれど
それはそれで
いつも 緊張して暮らしていたので

泥棒 スリ テロ

この三つは 危機管理に必須ですが
とても 神経ピリピリ・・・
人間性善説 善意のサービスの日本に慣れている私は
外国に出ると
人間性悪説に 変身するように
全身全霊で 工夫するので
へろへろに なりますが・・・

それは 老化防止でもあり
外国での 一人行動の後は
帰国後 若返ります。

頼れない 頼らない。危機管理。

鈴村家がいらしてから
鈴村パパが 貫禄があり 堂々としているので
街を歩く
自分のスピードも 少し ゆったりしました。

パリの人々は とても 早く歩き
ベルギー人たちと 日本人は
とても ゆったり歩きます。

長南さんは
泥棒や スリに会わないために
徒競走の様に 歩きます。
ウドンコさんも パリでは とても速い歩き方で
一緒に 行動すると
体力が つきますよ。感謝です。

旅の前より100倍 元気になって 帰国いたしました。

この記事をはてなブックマークに追加