ザウルスの法則

真実は受け容れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け容れられない者には不快である。
ザウルスの法則

「COVID-19 ロードマップ」12段階の計画の見取り図

2021-08-27 14:50:48 | コロナ騒動

「COVID-19 ロードマップ」12段階の計画の見取り図

 

“COVID-19 Roadmap” というものがあることを知った。きっかけは、昨日コメント欄で或る読者から紹介された動画である。その動画(国家を超えた力)で、由井寅子という女性が、この “COVID-19 Roadmap” なるものを解説しているのである。この女性は日本のホメオパシーでは指導的立場にあって多彩な活動をしており、日本のホメオパシーの世界では名物的存在のようだ。海外でも知られていて、ワクチンを打ってガックリ体調を崩した、あのエリック・クラプトンは彼女のクライアントだそうだ。

由井女史はもちろん反ワクチン派である。ふつうに考えてホメオパシーを信奉する人々は反ワクチン派であろう。それでは、エリック・クラプトンは何だったのか、という疑問が生じるが、ここでは深入りしない。(笑)

 

さて、この動画中で、“COVID-19 Roadmap” は、2020年のダボス会議で配布された重要な秘密資料の1つであり、それが漏洩してアイルランドのミュージシャンの Jim Corr 氏の手に入ったものと由井寅子女史は言うのである。そしてJim Corr 氏はそれを自分の Twitter か何かで公開したのだそうだ。

動画では大雑把に日本語になっていて、順に解説されるのだが、現物に当たる必要があると思い、ネットで探し出した。

英語の原文をじっくり読んでみると、とても2020年1月のダボス会議の資料とは思えない。どう見ても欧米の反ワクチン派のどこかの団体が2021年の今年になって作成したもののように思える。「グローバリストや人口削減主義者はこんな計画に基づいて進めているに違いない」 というコンセプトで作ったものであろう。

そうだとしても、よくまとめてあって、よくできていると思う。どう見てもプロのデザインである。

というわけで、ザウルスとしては出どころがダボス会議とはまったく考えていない。しかし、よくできた「ロードマップ」であるという意味で価値があると判断した。これの日本語版はネット上ではみつからなかったので、この際翻訳して広く紹介するのもいいだろうと考えた次第である。

最初に1枚丸ごとの画像を掲示する。そのあとで、より大きく見やすいものを上半分、下半分と順に掲示する。

 

 

 

ほぼ A4サイズなので、ダウンロードしてプリントアウトすることもできるだろう。

 

丸1日かけて翻訳して画像処理して仕上げたものなので、読者の皆さんにもぜひダウンロードして、チラシなどにご活用頂けたら幸いである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元画像は昨日(8/26)の時点ではいくらでも画像検索で上がってきて、実際複数の解像度の異なる画像をダウンロードしていたのだが、今日、先ほどあらためて同じキーワード、COVID-19 Roadmap で検索すると、Google でも、DuckDuckGo でもほとんど出てこない。

まさか、と思ってスクロールして google で辛うじて1件引っかかってきたのは、日本人のブログに貼り付けられたものだけであった。昨日は海外の画像として10件近くあったのだ。なぜか急激に削除されているような気配がある。24時間ほどでほとんど消えてしまうというのはどういうことだ? 大体、ネット上では急に消えていくものには “真実の匂い” がするものだ。もちろん、ザウルスのただの直感である。(笑) それにしても、なぜザウルスが翻訳している間に消えていったのだ? 謎である。(笑)

<前半>

<後半>

“9” に「世界の90億の人口をわずか5億に」という箇所があるが、2021年現在の世界の人口は、78憶7500万人 である。

 

なお、この「ロードマップ」の “1” から “8” まではすでにほぼ実現されているか、実現の途上にあることである。

そして、“9” から “12” まではこれから実現されると予想されることである。

しかし、世界最大の人口を擁する中国では、すでに “9、10” まではかなり実現されている。実際、中国では、“1~9” までは、どこの国よりも早く実現している。

 

ということは、中国は、この「COVID-19 ロードマップ」 をどこの国よりも早く実現し、模範的な国として先頭を突っ走っているということである。

 

さらに言えば、日本、アメリカ、イギリス、オーストラリア、EU 諸国といった他の国々は単に中国の後を追いかけているだけなのである。

 

はっきり言おう!

“コロナ騒動” 以来、世界の国々は、単に “中国化” しているだけなのである。

世界は “デジタルスターリニズム”、“デジタル的全体主義” の統治へと向かいつつあると言えるかもしれない。

元々、“グローバリスト” は “中国” が大好きである。(笑)

 

 

 

コメント (22)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« スマホ使用者が一斉に狂暴化... | トップ | “ワクチン詐欺” は “オレオ... »
最新の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうしてもグレートリセットをしたいようです・・・ (Unknown)
2021-08-28 10:27:23
ザウルス様

おはようございます。

https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/42b8a3eb76bfcf5dba17300c5e982577


この記事のコメント欄

★拡散希望★ (COVID-19 Roadmap: 12 Step Plan To Create A Totalitarian New World Order)
2021-03-16 20:16:38
グレートリセット、ニューワールドオーダー(新世界秩序)のシナリオにそって 世界は動いています。


私はここに貼られているURLを何度も見ていて、
ザウルス様の記事やコメント欄を読むように多くの人にメール添付して送りました。
SNSはやっていないので、地道な作業でした。

さて、久々にコメント欄に上がってきていたので、
3月16日に貼られたURLをクリックしたらyoutubeの方は削除されていました。


次はデルタ株より強いcovid-22が出現する恐れ

https://www.youtube.com/watch?v=bJjFqBf0axU

なんとしてでもワクチンを打たせて、グレートリセットしたいようですね。
こんなニュースを見せられたり、
道路の電光掲示板に「感染爆発」とか、「不要な外出は控えるように」と出てくると、
特に夜の暗闇だとぽっかり浮かび上がって脳に刷り込まれますから
「またか」と思うか「大変だ!」と思うかで心持ちが変わってきます。

そんな中、武田邦彦の「ホントの話」が更新されたので早速クリックしたら、
「youtubeのガイドラインに従って配信の権利を一部、放棄中という画面」

概要欄には

*1時間6分過ぎまでは、YouTubeのガイドラインに従って、
 配信の権利を放棄させていただいております。

視聴いただいているみなさんにはご不便をおかけしますが、
YouTubeのガイドラインに従っての処置ということで
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

以下のチャンネルでも、
武田邦彦の「ホントの話。」第94回を配信しております。

https://vimeo.com/593170177

武田先生らしいやり方だなとvimeoへ行きました。

そうしましたら、そこのコメント欄に月さんがいろいろなURLを貼ってくれていましたので、
そのまま添付させていただきます。

ここから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月11時間前
■ダボス会議から漏洩した計画の内容のリーク「新型コロナウイルス ロードマップ
”NEW WORLD ORDER(新世界秩序)”を完成させるための12ステップ」

グレートリセット・コロナ偽パンデミック・闇の世界権力の恐るべきシナリオ

コロナに隠されたグローバリストの手口がすべて
手に取るようにわかります。

必見の動画です!!!

必ず、最後まで見て下さい。

拡散をよろしくお願いします。m(__)m

brighteon.com/2f9252d2-e7ec-46fb-b4c6-5defc29149b5

■人を殺すための時限爆弾生物兵器だったワクチン(船瀬俊介)・アジェンダ21

nicovideo.jp/watch/sm39054584

■【徹底解説】コロナ..恐ろしい世界の実態が発覚!その裏のカラクリとは?

youtube.com/watch?v=F6Pd1Jnd5cs

■主体者の1人である彼本人がTEDで発した言葉もお調べください。

ted.com/talks/bill_gates_the_next_outbreak_we_re_not_ready/transcript?language=ja

■「Event201」

nicovideo.jp/watch/sm39054287


・・・・・・ここまで


私は全て一通り見たことのあるのもでした。

月さんが一番最初に貼られているURLは、
ザウルス様の過去記事のコメント欄8月26日にUnknownさんが貼られているものと同じです。

https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/42b8a3eb76bfcf5dba17300c5e982577


多分、なんか怪しいからみんな注意しようと注意喚起して回っている人は、
似たような動画やブログを見ている傾向にあるようです。


ところで、ザウルス様がとてもありがたいものを作ってくださいましたので、
私はこれをばら撒こうと思います。

jpgからpdf変換は、以下の「JPEG PDF変換」からできます。

https://www.ilovepdf.com/ja/jpg_to_pdf
連投失礼します (CAZ)
2021-08-28 10:57:55
先ほどのコメント欄に貼り忘れました。

内部告発者が解雇された動画が添付されているブログです。

https://ichisaburo.com/2934/
ポスターの元がわかりました。 (アーサ)
2021-08-28 13:08:36
ザウルスさん、ポスターの上部右上のURLに行ってみたら、いろんなバージョンがありました。このサイトが各種作っているようで、自由にダウンロードできます。
https://dissidentsignposts.org/covid__free_downloads
みなさん、ありがとうございます! (ザウルス)
2021-08-28 14:15:28
みなさんのおかげで、目が2つでなくて、何百個もある気がします。(笑)
感謝しています。
Unknown (JMJ)
2021-08-28 23:41:31
こんにちは。いつもありがとうございます。
アイルランドのファミリーバンドのジム・コル氏は、911はウソの工作だと早くからネットで発信されていて、そんなジム・コル氏にNWO関係者が暴露したとされる内容があり、それをジム氏が昨年 https://dissidentsignposts.org/ と自身のTwitterで2020年10月2日に公開と伝わっていました。ジム・コル氏のTwitter

https://twitter.com/Jimcorrsays/status/1311939414508142595

現在も凍結ですが、当時の画像は右上角の赤い部分にサイトURIしかなく、これが初期の物のようです。直後、Twitterは凍結され、イギリスからは"陰謀論者"とのレッテルを貼られ、音楽活動を始め、社会的地位を剥奪されました。

当時のものはこちらにUpしました。
https://firestorage.jp/downloadc/090c39b485c55604eacb4dbc1115c3c5e2a3a959d296d9
Unknown (Unknown)
2021-08-29 22:16:38
由井寅子さんの動画にこちらのURLが貼り付けてありました。

https://humansarefree.com/2020/10/covid-19-roadmap-12-step-plan-to-create-a-totalitarian-new-world-order.html
すごい! (Unknown)
2021-08-29 23:29:37
新世界秩序のロードマップ(翻訳バージョン)
作成していただき、ありがとうございました。

早速、コピーして、知り合いに配ります。
すごい さま (ザウルス)
2021-08-29 23:46:14
お役に立ててうれしいです。しかし、こうして一言言ってもらうと、何だか俄然張り合いが出てきますね。ありがとうございます。(笑)
Unknown (Unknown)
2021-08-31 07:44:01
こんにちは^_^

今は段階的に5〜6ぐらいですね。

コロナの真実に気づく人間が増えれば増えるほど予定が狂う筈なのですが、一人でも多くの人達が気づいて欲しい物ですね。
Unknown (Unknown)
2021-08-31 08:38:14
■COVI-D19計画■

欧米左派グローバルエリートの
いつでも管理できると思ってる
犯人叙述型ミステリーみたいなもん。

まあ、そう上手くいくかは、歴史が審判するでしょう。

民衆の力をあまり舐めんなよ。

B級ドラマのような全部ばれてしまった雑な計画を遂行している状態だとおもいますね。

由井寅子先生の動画で、グローバリスト(イルミナティ、DS)の手口が手に取るようにわかりますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コロナ騒動」カテゴリの最新記事