ニッキ-通信 ~盲導犬ニッキ-のお母さんより~

盲導犬ニッキ-と私の日常。要援護者・障害者の防災について紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長期間お読みいただき感謝です。最終のブログです。

2020年05月20日 | 日記
皆様 お元気ですか。おかあさんもジャネットも元気です。

5月14日に 日本の39件で緊急事態宣言が解除となりました。おかあさんの住む
神奈川県は、まだまだで最近は東京都よりも多い感染者が出ています。年代を見ると
若い人がり患していますね。
 おかあさんは自分一人の事ではないので、自粛生活をしていますが、本当は コン
サートや各種レッスン 会議 会合などの全てが注視や延期となり、行くところが無
いのです。無いからと言って、繁華街に出向く気持ちはないので、ジャネットの散歩
も兼ねて、近所を歩いています。
 そこで 転居してきて21年目人して近くの地図が頭に入り、歩いて行けるホーム
センターを見つけました。区界にあるその店は出来る限りの感染予防の対策がしてあ
ることが見て取れました。
買うものは決めていたので、すだれと花鉢を買いました。ウエット ティッシュはア
ルコールを使用している物しかなく買えませんでした。

買った 「ミリオン ベル」 という黄色の花は、満開間近ですとの鉢カバーが付い
ていて、今玄関で生き生きと咲いています。日本はオーストラリアなどとは違って、
どこの国の花でも 美しければ何でも輸入するためか、珍しい花々を楽しめます。ミ
リオン ベルは名前の通り多くのつぼみと花をつけていますので、長く楽しめるかな
と思います。
 終わったら地植えにしてみようかしら。皆様も見つけたらおひとついかがですか。

 さて、おかあさんの盲導犬ライフは今の二頭目のジャネットで12年半となりまし
た。一頭目の時は夫との共同利用、これをタンデム歩行と呼んでいますが、ジャネッ
トの時より出かけた場所もずっと多かったです。
 2011年にはニッキーが最高に愛した夫が他界。その後ニッキーにとってのご主
人様であった夫がいなくなったので、夫に代わって我が家でのトップの場を確保した
とばかりおかあさんのコマンドをほぼ無視するようになり、外出しても歩行がしにく
く困り果てました。
 そこで おかあさんは貸与されている盲導犬協会の訓練士さんに相談。我が家に来
られた訓練士さんのコマンドも無視するニッキー。
 でも 流石は訓練士。超長いリードをカラーに付けてキューと引っ張ったところ、
頑固に座り込んでいたニッキーは「あれ 何なの?」とばかりに腰を上げてこちらに
やってきました。
 それだけで、すっかり 元の物分かりの良い盲導犬に立ち戻りました。
 不思議でしょう。おかあさんだって、何がどうだったのか 未だに分かりませんよ

 それ以来 おかあさんはニッキーの上位に立つことが出来てご主人さまの席に座れ
ました。やれやれでした。

 盲導犬全部とは言いませんが、ユーザーにも慣れ て、段々年を取ってくるにつれ
て、コマンドが効きにくくなってきます。
 ご飯や自分がトイレに行きたい時や、大好きな人が玄関に来られた時以外は、何度
 「カムと言っても腰を上げません。全く 動きません。
ノー、カム」(これは ノーと言って怒っているのではなく、カムでしょうと促す言
葉ですが、完全に無視されます。
 ペットを飼っていた友人によると、犬は自分に都合の良いときにしか名前を呼んで
もやってきません。とにべもなく言われました。それでも動かすのがユーザーなのか
もしれませんが、おかあさんは 今 苦労していますよ

 盲導犬としては22キロと小さい方のジャネットでも、頑として腰を上げなければ
、動かすことは不可能です。
 仕方が無いので、フーロを一粒見せて来させたり、カラーや鈴をつけるときは躊躇
せずにやってくる習性を利用してそれらを見せて動かしています。しかし これもい
つまで効果があるのか疑問です。
 スマート スピーカーの方が余程 こちらの言うことに素直ですよともんっくを言
っているおかあさんですが、後2か月で7歳になるジャネットですから、
年齢相応の態度ですかね。何だか 近頃は なまけもの にへんしんしたのではな
いかと疑っております。

 さて、ブログの中でも何度も書いたのですが盲導犬同伴時の入店 入館  病院な
どへの入室の拒否についての記事です。

ここで、皆様に質問です。
盲導犬を同伴してどこかに入ろうとした時を想定してください。
店舗への入店や入館が一般の人の場合と同じように問題なく
はいれていると思いますか?

犬好きな方はこう言います。。「拒否されるなんてありえないでしょうが。」
 そんなことはありません。新しい所に行くときやレストランへ行くときはちょっと
心がグレーになるのです。
 それは入店拒否や時には公的な場所への入館が拒否されるからです。おかあさん
は病院(皮膚科)で同伴を拒否されたことがあります。
 住んでいる所に皮膚科が一軒しか無かったらどうするのですかね。玄関前につない
でおくのですか。入り口に繋いでくださいと言う店側の願いも多いです。が連れ去ら
れたらどうしてくれるのですか。一頭育てるのに最低300万円はかかっているのに
です。
 さて 拒否の現状を覗いてみましょうか。施設連合会さん ちょっと失礼しますね


ここに挙げるのは盲導犬の受け入れ拒否の最新のデーターです。施設連合会からの抜
粋です。

ここから抜粋

そこで連合会では、盲導犬ユーザーへの聞き取りにより全国規模では初となる盲導犬
受け入れ状況の実態調査を行いました。

2020東京オリパラを目前に控えた「今」を契機とし、連合会事務局と加盟協会が
一丸となって取り組み、判明した実態調査の結果概要をご報告します。

調査では、連合会加盟の盲導犬協会ユーザー643名の回答を集めました。内訳は男性
294名、女性349名です。調査の内容は、2019年1月からの1年間で、盲導犬同伴で受け
入れを拒否されることがあったか、拒否されたならその場所はどこだったのか、など
について今年の1月1日から2月21日、協会職員による電話での聞き取りとメールで調
査しました。

①「盲導犬同伴で受け入れ拒否」に遭ったユーザーは52%

 回答のあった643人のうち、昨年1年間で拒否を経験した人は336人(52%)に及
び、未だ法律の浸透や視覚障害者への理解が進んでいないことがわかりました。

拒否に遭った回数を見ると「1回」が94人(28%)、「2,3回」が147人(44%)、
「4,5回」が54人(16%)、「6回以上」が40人(12%)で、70%以上が複数回拒否
を経験している事実が明らかになりました。

外出頻度の高い人に絞ると72%が拒否を経験、日常の生活圏以外には盲導犬と出か
けない人でも28%の人が受け入れ拒否を経験していました。

②拒否に遭った場所は飲食店、病院、交通機関の順で多い

 結果は飲食店が圧倒的で77%、病院が25%、電車・バス・タクシーなどの交通機関
21%、宿泊施設が20%、小売店が15%。他に娯楽施設が8%、図書館、公民館などの
公的施設が4%でした。
抜粋は ここまでです。

 おかあさんの印象ですが、拒否を受けなかったと言う人が48%いることが信じられ
ません。その方たちがどんな社会生活をしているのか分かりませんが、年々拒否は減
らないのが実情です。おかあさんは しょっちゅうです。かってはOKだったのに、
はっきりと拒否する店もありました。
 全体で52%の人が拒否されたとのことですが、電話で予約した時点で盲導犬の同伴
を告げると拒否される事例には事欠きません。

拒否の 経験の無いユーザーに聞いた所、知らない所には行かないと言っていました

それなら っ拒否されたことは無いでしょうから。
 2002年に補助犬法が国会議員の支援で法令化されて、18年になります。そこ
には、不特定多数の人を受け入れている場所では補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)
の入店、入館を拒否してはならないと書かれています。ただし、日本の法律では罰則
規定が無いのです。韓国ではこんな場合、罰金制度があります。
 AC ジャパンでも 何度も盲導犬の受け入れをコマーシャルしているのですが。
聞く方に聞くだけの広い寛容な気持ちと優しい叡智がなければ、聞こえていても心に
は届きません。

 ある方が、補助犬の受け入れ可のステッカーの代わりに入店不可のステッカーを張
ってもらった方が、そういう店には絶対に行かないのだから手間が省けると言ってい
ましたが、おかあさんも その方が良いと思います。苦笑いです。
 盲導犬はいつ 社会に出て行っても後ろ指をさされないように排せつはしっかりさ
せて出るとか、毎朝のブラッシンなどのグルーミング 、歯磨きは日に二回 耳掃除
は適宜と日々 清潔を保つように心がけています。
 はっきり言って ペットとは違って健康管理をしっかりとしています。
さて。
 おととい おかあさんのブログに実に不愉快なコメントが届きましたお目にされた
方もあるかも知れません。

内容は独りよがりの聞くに堪えないものでした。
 「めくらが健常な犬を使役ていてけしからん。」といったものでした。 この時代
に視覚障碍者に向かってめくらと名指しする人はまず見当たりませんね。それに健常
な犬を使役してとは、戦前でもあるまいに時代錯誤ですね。

現在、犬は使役ではなく、使用という言葉を使っています。
今は英語を使うので使用はユース、使用者はユーザー 、盲導犬はパートナーと呼ば
れています。

 盲導犬の育成ですが、昔は調教、かっては訓練。今では 先の伸びしろがある教育
という概念で育成がなされています。先ほども ノー カム のノーが起こるのでは
なく、そうじゃないでしょう。正しくはカムだよ と言っているので こちらの言葉
遣いも 当然尖っていませんよ。そして 上手に出来たら グッド グッド とほめ
ます。だから、出来るだけ、多くの方に盲導犬の訓練センターに足を向けて頂いて、
実情を見て頂きたいです。
 富士吉田には富士ハーネスという訓練センターがあり、富士山を背景にした素敵な
総合センターなので、運が良ければ、可愛いパピーを抱かせてくれるかもね。

おかあさんはSNSもフェイスブックもやらないので、他人からひどい言葉を掛けら
れることも無く生きてきました。世の中には自分が発信したことや行動で未知の人か
ら思いもかけないいやな言葉を吐きかけられるとの話は耳にタコが出来るくらい聞い
ています。
 こんな失礼なコメントに便乗する人が現れないうちに、コメントの受け入れはしな
いと決めて処置をしました。
 もう 誰もおかあさんにいやなことを言う事は出来ません。
ころな渦で暇を持て余した人が、ネットの中をさまよってたまたまおかあさんの拙い
ブログを目にしたのでしょう。何とも薄っぺらな人に出会ってうんざりしました。

 多くの盲導犬ユーザーが本当に幸せに生きていることを信じてくださいね。だって
、 盲導犬は私たちの目の代わりとしてだけでなく、家族の一員として大きな存在な
のですから。この制度が無くなっては大変。
 ペットとして癒しの為だけに飼うにはもったいない犬たちもいるんです。
 ジャネットと生きていると本当にすごいなあと思う事が度々あります。
 でも スーパー ドッグではないので 、あんた 盲導犬ではないのかな?という
事も度々あります。
 そこで お願いしたいのが皆様のご支援。困っていると見たら、犬ではなく、ユー
ザーに声を掛けてください。「何か お困りですか?

 お陰様で多くの方々に見守られながら生きています。
感謝ですね。
 

ブログを書き始めてからもう 11年。最近は筆も渋りがちです。そろそろ辞めよう
かなと思っていたところに、いやなコメントが入り、せっかくの純粋なパートナーま
で汚されるようなことになるのは避けなければと思います。

 今まで読んでいてくださった皆様に心からお礼を申し上げます。
 盲導犬と一人のユーザーの何と言いうことも無い生活を11年近く綴ってきました
。。多分 読み返せば そうそう こんなことも あんなこともあったねと懐かしく
思いだすことでしょう。
 おかあさんの夫は2011年8月30日にがんで帰らぬ人となりました。おかあさ
んは病が判明してから、ずっと夫の病状を毎日のように書いていたので、夫の友人や
知人やブログを読んで下さっていた方々は後半をかたずをのんで読んでいたことでし
ょう。
 そんなこともあり、お知らせをしなくても、葬儀には遠くからも友人が駆けつけて
くれました。
 おかげさまでおかあさんはその頃の様子を自分の原稿でまざまざとみる事が出来ま
す。
でも、毎夜、観察した夫の病状を克明に書いていたので、結構覚えています。忘れま
せんね。
夫は 入院せずに自宅で死の三日前まで過ごしました。その間、ニッキーは毎晩 ベ
ッドに寝ているおとうさんの枕元でおやすみなさいを言いました。
そんなニッキーでしたが、昏睡状態になった夫の枕元にはどうしても行きたがらな
かったです。あの様子は何だったのだろうか。今でも思い出します。
にその三日後の葬儀当日にパピー ウオーカーさんに預けていたニッキーが協会に着
いて礼拝堂に駆け込んできたと思ったら、初めての場所なのに、夫の棺の傍に行き、
棺に寄り添ってダウンして動こうとしません。大好きだったおとうさんのにおい。ど
んな思いで座っていたのでしょうか。思いだすたびに涙が出ます。
 おかあさんと二人きりになってから、ニッキーが夫 ニッキーにとってはおとうさ
んですが その遺影をじっとみつめています。。
 それが大好きだったおとうさんであること をニッキーは認識しているのだとが分
かったおかあさん。

それからは、ニッキーが引退するまで毎晩遺影の前でその日の報告とお休みを言って
寝させたたものです。
 おかあさんが忘れているとニッキーは催促をしてきましたよ。
 賢い子でした。
 ニッキーは引退後1年2か月で急逝骨髄性白血病で天国に旅立ちました。
 病床洗礼を受けて天国に逝ったおとうさんの元に飛んで行ったのだろうとおかあさ
んは信じています。
 ちなみにニッキーの守護星はおとめ座のスピカです。ジャネットは黒ラヴでまるで
 黒真珠みたいなチャーミングな目をした盲導犬。
 たおやかで超美人だったニッキーと可愛いジャネットに支えられながら、多くの周
りの人々をとりこにしてきた盲導犬との生活は何にも替えがたいものです。

 大きな幸せをありがとう。皆様 ありがとう。
 おかあさんに3頭目があるかどうか。いや まだまだ いける。これからも頑張り
ますわ。ではごきげんよう さようなら。

消毒液 足りてますか?

2020年04月26日 | 日記
 各国の1000人当たりのPCR検査数を聞いていたら、日本は極端に少ない。こ
れには多くの人が疑問に思っていることだろう。検査をする人が足りていないとか
聞くが、日本の防疫体制はどうなっていたのだろうか。毎年のようにトリインフルエ
ンザの不安も続いていたのに。
 それにしても、韓国や中国にをも下回るような情けない状況であったのかと暗澹
たる思いだ。
 しかも ステイホームとテレビやラジオで声高に叫んでも聞く耳を持たない人た
ちが一家総出で外出している。

 もう、ニュースでも世界の感染者数や死者数はほとんど聞かなくなった。これでは
、パンデミック戦争。死に目にも会えないのだとか。

生きていると体が汚れる。今日、おかあさんはジャネットのフルシャンプーをした。
有難いことにジャネットはお風呂でのシャンプーを嫌がらない。
 月に1回は必ずシャンプーをするから、おかあさんの手でするのは96回。今まで4
年半だから48回目のシャンプーとなる。
 毎回、いかにすれば効率よく早くシャンプーが終わるかを考えながらやっている。
水にぬらしてよく絞ったゴムみたいなタオルでしっかり拭いて、今度はおっても水分
が取れるタオルで拭き上げるとドライヤーの時間が非常に短くなった。
 黒ラヴで短毛のジャネットだからこそあるが、感想が速いのは助かる。

 丁度、終わったころ、大阪のユーザー仲間が経営している施設の消毒液が足りない
とのことで、おかあさんは急遽街の中で消毒液を探してもらい、手に入れた品をY君
が持ってきてくれた。
 大都会に人出が減った新宿辺りでは 意外と消毒液が売られているとのこと、それ
なりに入手できた。
 早速送った。少しでも役に立てば嬉しい。
 大事な盲導犬のユーザー仲間だから、窮状を聞いたらほおっておけない。

明日の見えない今の日本。ウイルス騒ぎが下火になっている国もあるのだから、日本
も頑張って欲しい。
 治療従事者に拍手をする暇があったら、金持ちたちは地方の別荘に逃げ込まない
で、困っている人たちの為に手を貸して欲しいものだと巷の雀が言っていましたよ。

パンデミックの蔓延は衰えず

2020年04月16日 | 日記
 先ほどのラジオのニュースによると、世界で感染者数は206万人を超え、死者数
が21万人を超えたとのこと。日本も日々 感染者数が増えて、死者も200人に達
しようとしている。
 緊急事態宣言も日本中が対象となり、これは益々終息への期待感が薄れゆく事態に
なってきた。。
 地震災害などは地域が限定されるが、今回の新型コロナ ウイルスによる状況は世
界中の人々を危険に追いやる大災害と言える。
 大変なのは経済的な不安に追い込まれている人々で、長引けば長引くほど生きてゆ
くのが大変になる。
 政府は国民全員に10万円を付与すると困窮世帯への30万円の給付を引っ込める
らしいが、もう 何日も費やして議論を重ねながらまだ何も決められない政府ってど
うなんだろう。
 銀行口座を持たない人々にどうやって渡すのだろうか。このような人こそ今現金が
必要なのにと政治の空回りを憂える。
 おかあさんは年金生活だから、こんな状況下でも急に生活できない状態には陥らな
い。
 はっきり言って10万円給付されたら誰か周りの大変な思いをしている人に使って
もらいたいなと考えている。

 日本中の大金持ちは10万円もらったらどうするのだろうか。

九年目の3月11日の事

2020年04月13日 | 日記

 九年目の3月11日

 こう書くと、ああ 東日本大震災かと思うか。
 パンデミックがこれまで地球上に蔓延しなかったら、日本の昨日のメディアは
東日本大震災の話題ね持ちきりだったであろう。しかし、昨日のNHKラジオからも
大震災に絡む情報は聞こえてこなかった。
 アメリカでは50万人以上が感染して死者も2万人を超えた。
 世界中で100万人以上 実際には何人だろうか 感染者は続出して、日本でも二
桁とはいえ 日々恐ろしいように感染者数が増えてきた。
 緊急事態宣言が出ても この生ぬるい外出の規制や商業活動の規制では、そうは簡
単に観戦は収まらないように思える。
 おかあさんのお稽古事も全て休止状態となった。
 自分で動くためには自由意志の散歩が唯一の運動となった。
でも それは皆がそうなんだよね。とはいえ ジャネットと近くを散歩しても誰にも
出会わない。迷子になったら大変。道を聞く人がいないのだ。鍵に着けてある笛を鳴
らすとどうだろう。すわ 緊急事態発生かと言って誰かが外に出てきてくれるだろう
か。

 最近 カミューのペストという小説が売れていると言う。おかあさんは数年前に
「ペスト」を読んで、パンデミックについては聞き知っていた。1918年に世界を
震撼させたスペインかぜについても知っていた。
 東北沖の三陸を見舞った来た日本の歴史に残る大地震のあったことも本で読んで知
っていた。だから 9年前の東日本大震災が想定外だということにはうなずけなかっ
た。
 こう書くと、おかあさんはとても危機意識の高い人だなあと思うのだが、昨日の
おかあさんはいただけない。
 今日の復活祭の礼拝の中止を想ったのがきっかけで、昨日が9年目に当たっていた
ことを思い出したのだった。
 おかあさんの心からは大震災を忘れない、忘れていないと思っていたのだから、何
とも情けないことであった。

 
 常に大きな災難で多くの人命が失われてきた地球上の事を思いながら生きていきた
いものだ。

 最近 ある人々の口から、このパンデミック以後の社会の変化について語られるよ
うになった。。
 肉体的にも動かなかったここ数か月後の自分の筋力や贅肉の状態が気になるし、ど
うも 今までの人間模様も変化しそうだ。
 変わらないのはジャネットくらいかな。出番が少なくなって、暖かいホット カー
ペットでごろごろしている。最近は普通に「カムとコマンドをかけても知らん顔だ。
 朝早く、ご自分のトイレ タイムの時だけ自らの意思でおかあさんをたたき起こす

 寄前夜る11時過ぎに最後の排せつをさせたのみも拘わらず、真夜中におかあさ
んをおこすこともある。
 何の用事なのと聞くと、ベランダに向かってダッシュする。これは早くトイレに行
きたいよとのジャネットの言語表現だ。
 仕方がないので、そっと雨戸を空けて、首の鈴を外して寒いのにベランダに出して
あげる。
 お陰様でおかあさんはいつも眠りが足りない。
 考えてみればジャネットの排せつの時間やや状況が変化してきた。
 ジャネットは22キロの体重で大型犬の中では小さい方なので、膀胱などの内臓も
小さく、容量が少ないのかもしれない。
 27キロだったニッキーとはだいぶ違う。あと3か月で7歳になる。
 真夜中のトイレタイムで」おかあさんを困らせても元気でいてくれることが一番。
ありがとうね。ジャネちゃん。 優しく 涼しい目をした黒ラブさん。
 アメリカでは動物園で虎屋ライオンが新型コロナウイルスに感染したそうだから、
犬にも感染しないとは限らないので、おかあさんが気を付けているからお互いに頑張
ろうね。


どこまでゆくか パンデミック

2020年04月06日 | 日記

 日々増加する新型コロナ・ウイルスの感染者と死者が増えている。 数日前に患者数は100万人を超え、死者数は5万人を超した。 アメリカでは30万人を超す患者数とこのままでは死者も24万人に達するとトラ ンプは語った。

 となると患者数は何人に上るのだろうか。  日本でも3桁台になり患者数も4千人に達しようとしている。 世界中に蔓延したウイルスは動く人を介して蔓延してゆく。 周りの友達たちは出かける時は必ずマスクをして外出するようにと言い、ハンカチ でマスクを作ってくれた。  

昔 人々は自分で物を作ってきた。 使い捨てのマスクが出回ると、多くの人がそれを買えなくなると狼狽する。 私も自分で作ることを考えもしなかった。 今世界中で経済活動が滞り日々の生活に困る人が多く出ている。 我々の社会活動がいかに全ての人がノーマルに生活することで樹立されていたこと を見た。  

とはいえ、生産が多くなったキャベツが土にすきこまれていた。ところが、スーパ ーではキャベツが1個250円で売られていた。依然と変わらない価格だ。全く価格が 下がっていないとは。生産過剰というのにね。  まあ それはそれとして、 今朝の話では、これほどパンデミックを終結するには引 きこもれと言っているのにまだ それを理解していない人がいると話していた。  これほど多くの人々がスマホなどで社会の動きを見ていると思うのだが、まだ正し く理解していない人がいるとは。  

 おかあさんも外出が極端に減って筋肉の減少が気になる。 廃用性症候群になりかねない。 早く何とかしなければ。さて、どうするか。

 こんないやな状況の中で明るいニュースがある。

おかあさんの声楽の先生が ザ レジェンドというオペラ ユニットの追加メンバ ー応募のオーディションに合格した。

 4月4日の最終審査のユーチューブを前にして、おかあさんの心臓はどきどき、歌 い終わった時はその歌唱力に拍手して、どきどきは収まった昨夜、合格との知らせに 大喜びしたおかあさん。だって もし 子供がいたなら そんな年齢なのだから、まるで親心。

 今後 どのようなかつやくをするのか大いに楽しみなおかあさんだ。