アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

実はTSの宝庫、『超人ロック』

2009-10-31 | 漫画・アニメ・ゲーム
 
にほんブログ村 漫画ブログへ


とのすけさんの2次元侵略され日記の記事を読んで気付いたんですが、実は『超人ロック』ってTSの宝庫でもあるんです。

TSFとは、異性への性転換を扱うフィクションのジャンルにおける略称である。英語においてはtransgender fictionまたは略称のTGという用語が別にあったが、日本ではtranssexual fictionまたは transsexual fantasyと呼称され、その頭文字からTSもしくはTSFと略称されている(なお、確定した日本語における呼称は現時点では存在しない)。−Wikipedia。

ざっと読み返してまとめてみました。

『ニンバスと負の世界』(処女作):ISC(独立星間コマンド)のアイザック司令はあれが「超人ロック」だとステージの歌姫を紹介される。

この作品が描かれたのは1967年。超常現象ではなく、超能力(ESP)による、遺伝子配列(マトリクス)の変更による女体化です。当時はまだ「マトリクス」という言葉が一般的ではなく、「サイコキネシス」による分子配列の変更と描かれています。

『コズミックゲーム』:皇帝レイザークはエーリカの影武者(TSではないかも)。

『光の剣』:ラフノール王グルン・ベルクの指示で殺人狂エルミは死人苔を取り除かれ、少女の姿で異世界から来たロックと王位継承者ニアの元に送り込まれる(ただしエルミは元々女性だったのかもしれない)。グルン・ベルクの刺客ロニ一族は、初めて登場する「マトリクス移し替え」の能力を持つエスパーです。

『ライザ』:レオパードが相棒のマトリクスを奪い、さらにニア姫のマトリクスを奪い、彼女の姿でロックに接近する。連邦情報局長の秘書のライザがロック本人。

『ミラーリング』:カサンドラはエレナのバックアッププログラムを発見し再生させる。皇帝計画を再開するエレナは「ネオン」という男に姿を変えカサンドラのコントロールを離れる。

『星と少年』:フランがラグの前に現れ、力の使い方を導く。暴走するラグの前に「自分で自分を殺せ」とラグのマトリクスを使ったロックが立ちはだかる。

『星を支配する者』:テオドラキス博士による人工エスパー第1号のユージンとティの入れ替わり。

『歌姫』:ロックは賞金稼ぎに追われ命を落としたリリスの意志を継ぎ、彼女のマトリクスを受け取る。

『愚か者の船』:クミ・ニールセンとレマ。厳密にはTSではないんですが、ワイド版刊行の時の描き直しで要らなくなった生原稿を頂いているので載せちゃいます(笑)


『マインド・バスター』:ナガトはこれは超人ロックがよく使うマトリクスの一つだとライザの姿を見せる。

『虚空の戦場』:レマはナナに父親(ロック)の姿を見せる。

『流浪』:ロックのクローンの一人、アデルが老衰で死ぬ。ロドルフに操られたテオが皇女トレスのマトリクスを奪う。ロザンナは退位したアルマと入れ替わる。

『永遠の旅人』:オルドレンの雇った超人ロックと、レールモントの雇った超人ロック(ライザ)が結託する。

『プリムラ』:ライザ・マナベがプリムラの母となる。

『魔術師の鏡』:ライザ・マナベの前に、ロドス・モルク・ラン国王の直系の子孫だというラフノール司祭レーナが現れる。

『失われた翼』:ジェノサイドがルハラに投下したN弾をリーザが止める。17発目を止めようとした時に爆発に巻き込まれ、SOEに救助される。

『シャトレーズ』:帝国のエスパーが、ロックと行動を共にするミルバのマトリクスを奪う。

『アストロ・レース』:イライザ・シムノンは第10回皇帝杯星間レースに出場し、SOEの基地の傍にあるランドマーカーを移動させる。

『超人の死』:警察とマスターバルカンに追われるロックが女装して逃亡する(TSではなく異性装)。

『プリンス・オブ・ファントム』:ホルバイン博士が記憶を取り戻す。

『エピタフ』:暗殺されたブリアン・ド・ラージュは首から下を拒絶反応の起きない、双子のファリスの体で再生させられる。
アンリ・バイロンはフランがマイノック公セテだと見抜く。
テレーズ・マイノック公は皇位継承順位でカール・ダーム帝の実子ロドルフより優位に立つために性転換し、ハラルドと改名。ロドルフは女に性転換させられ忠誠を誓わされる。

『凍てついた星座』:テニアンはマエケナスと入れ替わる。

『ニルヴァーナ』:グラフはミカが男になっても女になっても寝るつもりはないと拒む。

他にもチェック漏れがあるかもしれません。


にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
コメント (4)   トラックバック (1)

クリムゾンピース

2009-10-30 | 今日は旧暦のエイプリルフールです
 
ブログランキング・にほんブログ村へ


保護団体「クリムゾンピース」が「キムチ」を「残虐な食生活」として、その製造中止を求めている。
近年の研究でキムチに使用されるトウガラシの知能が高いことが分かり、「採取するのは非人道的」とキムチ撲滅を訴える姿勢を見せ始めた。

その背景には、欧米を中心に沸き上がってきた「トウガラシを採るのは残虐」「信じられない」「殺されるトウガラシが可哀想で見ていられない」「野蛮な風習だ」との声がある。

トウガラシはナス科の植物の中で最もその知能指数が高く、人が摘み取ろうとすると「今、自分は殺されようとしている」とはっきり認識できる。交配する時などには高レベルのコミュニケーションをとっている事でも知られている。果肉には苦痛を感じる感覚器があり、摘み取られる際に激痛を感じる。さらに、摘み取られてもその場で即死することはなく、運搬、販売、調理の過程でまだ意識は残っており、人間に売り買い・料理される度に継続的に苦痛を感じるので、食用にすることは20世紀末頃から問題視されてきた。その中で最も残酷なのが、トウガラシのキムチへの利用である。今、我々はトウガラシ保護のために立ち上がる必要がある。

専門家はこう指摘する。「トウガラシを殺すのは『食文化』とは言えない。彼等も我々のようにコーラを飲みハンバーガーを食べるという文化を身に付けて進化すべき」。


↓守ろう、トウガラシ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ この記事は嘘です!へ
この記事は嘘です!
コメント (6)

『週漫スペシャル』12月号

2009-10-29 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログへ


新連載だ!
『Dream Birdie』round.1/蝦名いくお
面白い! 昔連載されていた『ナイスバーディー』(全11話)の続編(?)のような作品。
腰を悪くしてから人妻相手の「レッスン」で稼いでいる大滝プロ、賭けゴルフで生計を立てている蟻村親娘。かつて松沢千里を育てた大滝と、蟻村の娘、喜恵(きえ)が勝負することに。
ゴルフ凄腕でエロくて大食いという処がいいですね、喜恵ちゃん。というか『ナイスバーディー』の単行本が欲しいです。ケータイじゃなくて!


これを再版するのだ!



『風俗記者・どぶねずみ』#50/佐々木久・武守仁
このご時世に大繁盛のハプバー「スペシャル」の秘密を探って欲しいと頼まれる鮎原。客として入店すると現れたのはM嬢の麻里恵。見覚えのあるような女は、奉仕しろと言う鮎原を拒む。
「嘘だ! 麻里恵さんは女王様なんだ」と刃物を取り出すかつての客。
彼女の正体を知った鮎原は、今夜もため息をつく。…人間この不思議なるもの…と。


『ハートパートナー』scene.5/大葉康雄・久住遼
当人同士の意志がない、親同士のお見合いに頭を悩ませる所長。
忘れていた、交際相手の誕生日、慌てて選んだスカーフが別れた恋人をイメージして購入した物だと気付く主人公。
色々な「女」を描き分けられる大葉康雄先生はすごい。

第5回じゃなくて第4回のような気がする…(笑)


『破戒坊・源界みだれ行脚』其の二<後編>秘め吐息/ケン月影



『嘘』lie.2/ももなり高・沙川聖
他に好きな人はいないと嘘をついて結婚した妻、満足できないセックス。昔好きだった香水だと嘘をついて残り香を消す。
最後まで本当のことを言わずに、いなくなる。


『毒の華』〜千の供花〜/岬ゆきひろ・百田銀治
裏切ったのは母のほうだとずっと思い込んでいた息子。死んだ父の愛人を、毒の華だと葬儀場から追い返す。未だ離婚していない実の母が現れ、10年前の真相を知る。
恋人と結婚し3年が過ぎた時、いつも墓に花を供えてくれていた、父のかつての恋人から手紙が届く。更に6年が経ち、余命僅かとなったその女性から一度会いたいと手紙が届く。
彼女のせいで父は死に、彼女は従姉妹を殺し、自分も福寿草の毒を飲んで自殺する。
「お母さん」と呼んであげることができなかった女性から受け取った遺産で、息子は福寿草の群生地の土地を買う。



『悪女のアナ』/美和剛
傲慢社長に運転手として拾われ、帽子をトイレ替わりにされ、天使のような秘書は雨の中置き去りに。ノーパンを肩車し、転倒してラーゲで調教!
人って失業するともう怖い物はなくなるんだね!(笑)


『恋文』〜誘惑の季節〜/成沢功・大川功
「別の奥さんを抱きたい」という男の思惑と、「もう一人増やしたい」という女の思惑が一致して復活する社員旅行。不倫相手も旦那と同じで、何回か抱かれれば飽きる。
気持ちは分かるけど得してるのは女だけじゃないか!


『逆襲!不倫温泉』/宮内かずみ・万平
不倫相手にハメ撮り写真をバラまくと脅され、口止め料を払って今は温泉旅館の中居をしている沙耶。あの男がまた若い娘を連れてよりにもよってこの旅館に泊まりに来てしまう。自分も写真を持っていろというアドバイスの意味は分からなかったけど、「ラブラブの記念だもんね」とコピーを取っておいたのが幸い。課長の妻のブログに届く謎のコメント。奥さんに逃げられ新しい彼女にもふられ、ほかの女にも同じことをやってたから誰の仕業かも分からない。


『沿線不倫恥図』〜欲望解禁日〜/北野信・小田はるか
「若手社員の海外留学制度について」の回覧を、自分には無関係とちゃんと読まなかった48歳で平社員の主人公。ボジョレーの解禁日に何故かお気に入りの子がヤらせてくれる。その次もその次も誘われて…。3人とやって3人から海外留学への推薦を頼まれ、同僚3人とも兄妹になってしまったのでこのままでは推薦しなかったのがばれてしまう!(笑)



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】週漫スペシャル 芳文社 12
.
コメント

『鳩の末裔の珍宗教』第198巻/照減撮子

2009-10-28 | 今日は旧暦のエイプリルフールです
 
にほんブログ村 漫画ブログへ


イバラギ編、最終クール突入です。撮子先生の後書きによると第198巻の表紙は転生前のミッタライムだそうです。一瞬、誰だか分からなかった。

西暦2046年から現在の水戸に到着するイストーマ一行。未来の知事選のデータを持ち帰ったイストーマがフルクワイダと合流、それを見て彼女は「この選挙…勝てる!」と確信します。「茨城が世界同時革命の拠点となるのよ…!」。
しかしヤイマは今もネオ共産党の取り調べを受けている。彼を取り戻さねばこの知事選に勝利はできない。


イストーマ班とフルクワイダ班が連携してツタヤでの「万引き作戦」を開始する。店内のお年寄りに声をかけ、続々と集まる組織票。
だが本当の闘いの場はネオ共産党のアジト。エコカー減税によって大量に廃棄された右翼の街宣車で作られたバリケードを乗り越え、信者達は礼拝堂の屋上へと向かう。
「ホーリーネームを持たない者に日本は救えないわ! 冥王星に代わって仏罰よ!」。ネオ共産党の幹部をわざと集結させて、言霊使いのトーレバーミィが未来世界の教団が編み出したスペルを唱える。想定していなかったお経を聴かされ、敵幹部は次々と戦闘不能に。


敵全員に仏罰が下り、ヤイマを奪還。しかし仏敵の処理を巡ってヤイマとイストーマが対立してしまう。
ゴキブリ駆除剤を使ってなぶり殺すべきと主張するヤイマに対し、教団のマニュアルに沿ってきちんと呪い殺すべきだと主張するイストーマ。二人よりも魂のステージの高いフルクワイダは何故か仲裁に入らない。信者が二派に分かれて言い争いをしている間に崩れ始めるネオ共産党のアジト。

仲違いをしている内に、
瓦礫の下敷きになっていく教団戦士達
今、
フルクワイダがその衝撃の過去を語る…!!!
イバラギ編はクライマックスを迎え、
第46章堂々開始…!!!


第199巻・第200巻、2010年秋に同時発売予定。

お薦め度:★☆☆☆☆


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ この記事は嘘です!へ
この記事は嘘です!
コメント (4)

『別冊 花とゆめ』12月号

2009-10-27 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログへ



『お嫁にいけない!』/藤原規代
連載再開です。外では「できる女」、本当の自分は家事一つできない小田桐まどか、27歳。10も年下の高校生家政夫、悠貴(ゆうき)に今日も片付けろと怒鳴られる。
なんでも出来る家政婦と美味しいご飯を自慢するまどかに、「あんたホントに嫁に行きたいと思ってる?」と言う、友人のミカ。

悠貴にふられた、マネージャーの奈央(なお)は「完璧だからダメ」と言われたけれどこれがフツウなの!と本性を現す。「そっちの方が全然いいね」と笑う悠貴。
契約を取るための、ストーカーに狙われるバイトの手伝い。助けにきてくれた悠貴に「女の子なんだよ」と言われるまどか。それなら「ホントの私」を久賀さんにも見せてみようかと思うまどか。
最初の4話を採録した第1巻が11/19に出ます。


『オトメン(乙男)』第40話/菅野文
下界から孤立する銀百合高校の面々。食糧を採りに行く都塚さんと多武峰を「ご武運を……!」と見送る飛鳥。土砂崩れから助けられた多武峰は、都塚さんを「あの女は…… その 何というか…女だが 本物の 侍(おとこ)だな…」と褒める。
次回お休み、3月号に新作読み切り。よし、『オトメン(乙男)』を打ち切って今度の新作読み切りを連載化するんだ!(笑)


『オレンジ チョコレート』第11回/山田南平
生徒に化けて転入してきてしまった右近と左近。姿を消す能力もなく、化かす・化ける以外の術は使えず迷惑をかけることしかできない二匹の狐。
仲直りさせるために来たと言う左近に「仲はいい」と答えるりっちゃん。右近から、二人の絆が弱まれば術は効かなくなると聞かされるちろ。

一時間目終わったらりっちゃんと仲直りしにいく!!と決意するちろ、仕事に向かうりっちゃんの携帯に入る「お昼いっしょにたべたいよー><」というメール。「いいよ」と一言で返信しようとして、もう少し何かかいたほーがいいのか、絵文字とか顔文字…ムリ。…丁寧に長く書こうと送ったメールを百合さんに「検閲」してもらう(笑)
右近の余計な一言でサプライズではなくなってしまったパーティー、16歳の誕生日を迎えるちろ。
第2巻出ます!11/19です。


『袋小路猫少年』/成平こうじろう。読み切り。
一週間前に「猫の街」に越してきた律子。ケガをした猫を手当てし、人と関わろうとしない隣のクラスの銀之丞(ぎんのじょう)を追って辿り着いたのは客の来ない喫茶店。昨日の猫と同じ場所を怪我している彼を、あの時の猫だと思い込んでしまう。なかなか良かったですよ。


『群青シネマ』第5話/都戸利津
お盆には校舎を閉めるからと、先生が持ってきてくれたフィルム。
本当はバイトなんかしていなかった、このフィルムは自分の貯金で買ったんだと白状する弥方。はじめから金が足りないと分かっていたと言う弥方、自分も黙っていたことがあると、イギリス行きを告白するたまき。崩れる世界。

今まで一度も、何を話すかなんて考えたこともなかったのに、何を話せばいいのか分からなくなり、過ぎてしまう日々。"俺たち"なんて押しつけだった。少しでも弥方に返そうと、バイトを増やす朝日は寮の玄関で倒れ、ドアを割ってしまう。映画が原因と知られ、取り上げられるカメラ。
不様な自分達が今一番会いたくて、一番会いたくない人が現れる。
第1巻出ます。来年1月。まだ先だな。


『ホス探へようこそ』最終回/立野真琴
大体予想通りの終わり方。
小林くんが最後に孔雀に「うらやましいだろ!」と泣きながら叫ぶ処は良かったです。事件解決、孔雀は行方不明に、今まで通り営業を続けるアンチ・アレス。


ふろくは「ガラスの仮面リバーシブルカレンダー」。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】別冊花とゆめ 白泉社 12
コメント

ホームページ

2009-10-26 | Weblog
 
つくりました。
http://wrlz.srv7.biz/

ホームページじゃなくてウェブサイトか。まあそういうモノです。
200MB使えるので、少しずつ何か加えていきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (2)

琉球

2009-10-26 | コレクション
 
にほんブログ村 コレクションブログ 切手・コイン・貨幣へ


オークション誌なんですが、全ページカラーで出品物というかレアアイテムが掲載されていて、「カタログ」をもらったような気分です。もちろん眺めるだけならタダ。入札は既に締め切られています。

エスティメイトが4,000-5,000ドル。恐ろしい。




この辺はカラーで見るの初めて。




10枚しか確認されていないそうです。


入札する金はありません。
普天間はじめ、在日米軍基地に関してあれこれ申し上げるブログでもございません。


にほんブログ村 コレクションブログ 切手・コイン・貨幣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ コレクションへ
コレクション
コメント (2)

『ラブ★コン』第2巻/中原アヤ

2009-10-25 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


最近 あたしが壊れかけてきた
人として
女として
このままではやばいと思う


買いましたよ第2巻! 最高です!
冒頭から、出会いがないと吠えるリサがたまりません。「やばいぞ」と12月25日クリスマスの海坊主のライブチケットを譲り受けてきた大谷。間違っても愛は生まれん、オレの好みは少なくともオッサンみたいなくしゃみする女じゃないなと言う大谷の前を通りがかったのは、頭のベタを塗り忘れた千春ちゃん!?
大谷が「神崎」と呼んだその子が、奴の前の彼女だと知って仰天するリサ。あり得へん大谷のくせに!! 大谷が…大谷のくせに…小生意気な!!
なんで彼女と別れたん?と訊くリサに、「好きな男ができた」ってフラれたんやと答える大谷。その好きな男っていうのが身長2メートルの通称「西中のジャイアント馬場」。


大谷の元カノから伝言を頼まれるリサ。12月25日の中学の時のバスケ部のクリスマスパーティーの日を空けておいて欲しい、その日に話したいことがあるから絶対来て欲しいと。千春ちゃんに似ているのか、千春ちゃんがあの子に似ているのか、とにかく大谷の好みは自分とは正反対のああいう子らしい。
「チビ」にも反撃するの忘れてしまうほどの大谷に、海坊主のライブは1人で行ってくるから、そっち行って来いと無理して笑うリサ。クリスマスなんかただの平日やもんと自分に言い聞かせ、街を歩けばナンパすらされない。もう冬休み、自分1人だけ邪魔、海坊主見た感動を伝える相手もいないとこみあげるさみしさ。
「小泉ーーっ」と息を切らせて現れた大谷、こぼれてしまう涙。


初詣に来ていた、大谷の元カノは、リサと大谷がつき合っていると勘違いし、詫びて走り去ってしまう。復活のチャンスを棒に振って欲しくないと、彼女の高校に押し掛け、自分と大谷はなんでもないとまた無理をしてしまうリサ。
神崎さんがどうしても大谷に言いたかったこと、「身長で選んだんじゃないから!」。
話はそれだったのかと、拍子抜けするリサ。余計な事してごめん大谷めっちゃごめん、ほんまごめん、思っきしごめん!!! 殴るなり蹴るなり折りたたむなり気の済むようにしてくれてええから!と頭抱えて平謝りするリサ、「小泉のおかげでええ話 聞けた」と満面の笑みを浮かべて礼を言う大谷。お似合いだよ!(笑)

そしてバレンタイン・デー。クリスマスの次にリサには関係ないイベントがやってくる。
可愛らしくはしゃぐのぶちゃん千春ちゃんと一緒に、リサもチョコを作ると聞いた大谷。「キモっ どこの誰やねんそれ食わされる被害者は!!」。ヒドい言葉を浴びせ、すかさずフォローしてくれる大谷がいい。すごくいい!

そんな二人とすれ違い、振り返る長身の美形。
リサよりも背の高いその男は学校にやってきて、「リサ?」と名を呼び抱き付く。「オレ! 遙! 深川 遙(ふかがわはるか)!」と。ああ、あの遙、小学生の時近所に住んでて、どっか外国行ってたと納得するリサ。
自分をチビと見下す幼なじみの出現が面白くない大谷、悪いヤツではないねんで?と取り繕うリサ。遙と並んでると小泉さんてキレイやなと言うクラスの連中、「なんや 小泉がデカいのはオレのせいか!?」と八つ当たりする大谷。しかし見事に焼き上がってしまうキレイなチョコケーキ。
恥を忍んで女の子のイベントに参加するリサ、差し出されたチョコケーキを「…いらん。」と突っぱねる大谷。売り言葉に買い言葉で、クリームで大きく「義理」と書かれたそのチョコは、遙の手に渡ってしまう。

「どうしてオレはあんなことを言ってしまったんだろう」、喫茶店で大谷の気持ちをアテレコするのぶちゃんと中尾の息がピッタリ(笑)
店に入ってきたリサと遙、大谷をボロクソに言う遙、必死に自分を庇ってくれるリサの言葉を聞いた大谷は、教室で「…… …ごめん」と小声で謝る。何がおかしいって、チョコいらんって言われたぐらいでこんなにスネてる自分が、一番おかしい。大谷に絡む遙を教室から連れ出したリサは、あのチビには絶対負けへんからと聞かされる。近いうちに「好きです つき合って下さい」って告白するから、返事考えといてと言う遙。

近いうちに告白するから
って
もうしとるがな!!
………
………
どうしよう



お薦め度:★★★★☆
キュンとして爆笑。最高です。
続きが気になる!


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】ラブ★コン 中原アヤ 2
コメント (2)

『潔く柔く』第11巻/いくえみ綾

2009-10-24 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


生きることの総てが、「けがれ」ているのかもしれません。「潔(きよ)く」というのは叶わない願いのようなもので、過去とは悔やむ物でしかなく、消すことの出来ない過ちを背負いながら生きる以外に生きる術はなく、積み重ねてきた悔恨と悲しみは前に進もうとするその足を阻む。
しかし「時間」は生きている者誰しもに対し容赦なく平等に流れ、心は止まったままでも肉体は育ち朽ちていくのだから、いつか訪れる未来に辿り着く場所が「希望」であればいい。小学生の時に、高校生の時に、大切な人が自分のせいで死んだ。「事実」とは別に主観的な「解釈」があり、本人にとってはそれが真実であり、「罪悪感」は無くならない。「幸せ」とは用意されている物でも、生の目的でもなく。

禄が、百加と古屋からハルタの話を聞いたと知ったカンナは、バーで禄に「あなたの秘密を教えて下さい ひとつだけ」と笑いかける。希実が死に自分だけが生き残った過去を話す禄。
酔いつぶれてトイレに閉じこもり、一夜明けると聞こえなくなるカンナの耳。
禄は病室のカンナに、何も考えずに読めるからと、自分が昔担当していた野原チカコの漫画作品を見舞いに持ってくる。7回目の7月31日を病院で過ごすカンナは、一恵(いちえ)や清正まで見舞いに来てくれる自分は優しい人たちに恵まれている幸せな人間なのにと。独りでも生きていけるのかもしれない。

禄と飲んでいた漫画家の野原を、朝美と見間違え、病み上がりのカンナは床に倒れ込む。

風邪で寝込んでいる禄を見舞いに来た梶間に「漫画の女」と人違いされ、追い払われたカンナを連れ戻してくれと頼む禄。「罪悪感はどうやったらなくなるの?」と訊くカンナ。期待してた答えじゃなくてごめんねとふざけたような、請うような顔で謝る禄。
高校教師の梶間は高校生を「うざい」と言い放ち、高校生に戻りたいかとカンナに訊く。

過去をやり直すことは不可能なので、それを忘れることもできなければ、「流す」というのは最良の選択肢ではなくても、唯一つの方法なのかもしれません。望まない別れと望まない出会いばかりの二十数年間の人生の中で巡り会えた禄とカンナを描いた、祈りのような漫画です。


お薦め度:★★★★★


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】潔く柔く いくえみ綾 11
コメント   トラックバック (1)

『ベリー ダイナマイト』第1巻/中原アヤ

2009-10-23 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


天音麻衣(あまねまい) 15さい
かっこいいロックスターを目指して
上京してきたはずでした

もう
かんべんして下さい


ロックスター目指して上京してきた天音麻衣、オーディションに落ちまくった挙げ句、今は罰ゲームのように、頭の中スイーツのような美空くるみ(みそらくるみ)と組まされアイドルユニットをやらされている。いちごの国のプリンセス、スターベリー!

振り付けが覚えられないバカな相方に腹を立て、数年ぶりに会った彼氏に裏切られたことで八つ当たり、もうやめてやると飛び出してしまう。
自分を待ちかまえていたのは凄腕だけど変態のプロデューサー、キャサリン菅原。ナイス微乳と迫られる麻衣を助けにきてくれたのは、相棒のくるみ。「……お願い麻衣ちゃん やめないで」と泣くくるみを見て、バカは自分だったと、一人じゃ何もできなかった、何事にも動じないくるみがいたからここまで来られたんだと、描いてた未来とは違うけどがんばってみようと思い直す。

6月号から連載開始。
恥もプライドも男も捨てていちごの国のアイドルをがんばる麻衣、「ベリーちゃんが番組出てくれると視聴率ガーンと上がんのよー!」という嬉しい言葉。人気絶頂の彼女達の握手会に現れる、いちごだけでは栄養が偏ると、お弁当を作ってきてくれたファン、水無月詩史(みなづきしふみ)。

STAR BERRYが楽しいから元気でいられると笑うくるみ、アイドルもまぁいいかなと思い始める麻衣。そんな折り、自分達のセカンドシングルと同日に、謎のアイドルグループがデビューするという報せ。仕掛け人はキャサリン菅原。STAR BERRYの出る番組に次々と押し込まれるスペシャルゲスト。現れたのは、メンバーが100人もいる「百人-ish(ひゃくにん-いっしゅ)」。ツンデレヤンデレ、妹系姉系ドSドMめがねっ子、果ては幼女や人妻まで、ありとあらゆる萌え属性をカバーしている萌えパラ。単純計算でも1人に1人ファンが付けばそれだけで100枚のCDが売れる。いきなり百人-ishに抜かれる、STAR BERRYのセカンドシングルの予約枚数。脇役どころか、テレビで歌はカットされ、番組プロデューサーに声さえかけてもらえなくなるSTAR BERRY。
人って、世界って、こんな急に変わるもんなの?

客が一人も来ない、閑散としたミニコンサート&握手会。駅ひとつ向こうでやっている百人-ishのハグ会に流れていってしまう人波の中、会場に唯一人立っていたのはあの時の弁当男。あんたもみんなと一緒にあっち行くベリ、早く行きなよ!! それとも何!? かわいそうなあたしたちを笑いたいの!?と麻衣が罵声を浴びせてしまうと、「何もおかしいことなんかありません! 僕は ただ STAR BERRYが好きだからここにいるんです!」と答える水無月。たった1人でも、それを待っててくれる人がいるのなら、あたしらはまだまだ先へ行ける。

しかしSTAR BERRYを潰すというキャサリンの圧力は半端じゃない。たった10秒間の仕事を最後に、明日以降のテレビもラジオも雑誌もイベントも各社から全てキャンセルされる。「STAR BERRYを使うならうちの百人-ishは使わせない」というキャサリンの指示。
がんばればなんとかなると思ってた。だけど、そのがんばる場所さえ奪われてしまった。
社長がキャサリンに頼み込んでやっと取ってきた仕事は、百人-ishの引き立て役として、98番犬担当のジュリー様(フレンチブルドッグ)の横で美味しそうにドッグフード(!)を食べるという物。
ドッグフードを食っちゃうアイドルがかつていただろうか…!?

たまたま近所のコンビニでバイトをしていた水無月は、どんな形でも元気なSTAR BERRYが見られるのならそれだけでうれしいと言ってくれる。
どんな形でも?何してても?と聞き返す麻衣。「かわいそうに思ったり キライになったりしない…?」。ネームプレートを見て「おべんとくん」の名を初めて知った麻衣は、「しっかり目ぇ開けてバッチリ見てろ! 水無月くん!」とふっきれる。

犬のエサを食べる屈辱の生放送、それを見ていた水無月くん。
くだらないとテレビを消す父に「彼女たちは 今 一生懸命がんばってるんだ!! あんな…あんな辛い状況の中でも ずっと笑ってるんだ!!」と言い返す。
人間の食べ物で口直ししようとコンビニを訪れると、レジにいたのは水無月。「今日のみました!! すごくがんばってて 感動しました!!」。自分達を犬以下の素人芸人と蔑む、百人-ish1番アリアに自信満々で言い返す麻衣。


よかった
どんなことだって
がんばれば 誰かに伝わる
大丈夫
あたしらにできることは
まだまだいっぱいある
あたしらの未来は
きっと明るい



STAGE 0 カラー扉(『別冊 マーガレット』4月号)


STAGE 1 扉(6月号)


STAGE 1 見開き(同)


STAGE 3 扉(8月号)


『別冊 マーガレット』6月号表紙


こういうカラー原稿って描くの楽しいだろうなあ。



お薦め度:★★★★☆
中原アヤ作品の威力、破壊力といってもいいんですが、もうとにかく面白くてスカッとして爽快感と感動と、それからそれから…!
とにかくっ。問答無用で面白いとはこういう事なんです!
麻衣の私服もお洒落でいい。ここまでだとくるみはただのバカなんですが、この後彼女がアイドルに固執する理由なども描かれそうな気配です。第2巻が早くも12/25に出ます!


↓買うベリ!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】ベリーダイナマイト 中原アヤ 1
コメント (2)

『蔵の宿』第40巻/西ゆうじ・田名俊信

2009-10-22 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


西出と塚原さんが互いに恋し合っているというのがメインの第40巻ですが、その前に挿入されている二つのエピソード、狙われる拓也と箸遣いのできないお客様のお話の内、後者が私はとても好きです。

第458話〜第460話は、生きていれば小学生の息子を去年亡くした須田様ご夫婦のお話。
名所が多く、チェックインの遅れた須田様ご夫婦は、まるで親子のように仲良く海水浴に来ていた蔵元と拓也と偶然会い、蔵の宿へ案内される。真っ直ぐで優秀な拓也を気に入った須田様の奥様は、この子が母子家庭と知る。
亡くした自分の息子と同じ名を持つ拓也を養子にしたいと突然の申し出をする須田様、母の奈々子さんはそれを断る。

蔵人達を召集し、チェックアウトした須田様の行動を見守れと命じる蔵元。「相手は蔵の宿のお客様だ あくまでも見張るだけだ」。
須田様が嘘を吹き込んで拓也をさらおうとする一部始終を見ていた女将は、バカなことをしたと泣き崩れる奥様に、また蔵の宿においで下さいと笑いかける。


第461話〜第462話が、箸遣いのできない、盛岡様の娘の話。
親子で林田さんの屋台を訪れる盛岡様。林田さんは、来月末に嫁ぐという娘の英恵の箸遣いを見て、その時は何も言わなかった。
食事の席に祝いの酒を持ってきた女将は、父親に一献注ぎ、娘が杯を差し出すと黙って酒を引っ込める。自分は酒が飲めるし、その酒は自分の結婚を祝っての物ではないのかと言う娘に、「そのつもりでございましたが やめさせていただきます」と。「そんなひどい…箸遣いのマナーをなさる方に飲まれては このお酒がかわいそうです」。
気分を害し、席を立っていなくなる娘。父から悩みを聞く女将。

親の言うことは聞かなくても、他人の言うことは聞くのが人間だと女将。
なぜ自分に箸遣いを教えてくれる前に死んじゃったのと、月夜を見上げ亡き母を思い出す娘の前に現れたのは林田さん。「それは違うざ 英恵ちゃん」と。28歳は大人だと。子供なら親のせいにしてもいいが、二十歳を過ぎたら箸をちゃんと使えないのは自分のせいだと。
自分は何も言わなかったが、お城の屋台でひどい箸遣いを見て心の中で見下したと、林田さんの本心を聞かされた娘は、女将の言葉が嫌味ではなく自分を思ってのものだと知る。

第40巻の後半が丸ごと、塚原弥生さんとその師匠、西出のエピソードです。
初めて塚原さんが蔵の宿に来た時はあんなに怖かったのに、穏やかな顔になっていると笑う拓也。蔵元夫妻と夕飯をとりながら、いつの間にか福井が大好きになっていたと言う塚原さん。
人力車を引いて西出の元で剣の修行をするという生き方を選んだ塚原さんを、自分達がお預かりしているお嬢さんには違いないと、一度親御さんに挨拶すべきではないかと蔵元夫妻が話していた矢先、彼女の両親が娘を追って福井に来る。
娘が「車引き」をさせられていると激怒する父。「先生に対してその失礼な態度は何よ 謝って」と言い返す弥生。

越前に残る、古流の富田流、幸田隆三とかつて剣を交えていた弥生の父。娘の師匠に相応しいかどうか、西出と勝負をすることに。

勝ち負けではなく、西出という「武士」を知って父が引き下がるのが良かったですね。



お薦め度:★★★★☆
作中では9年が経過し、名実共に名女将となった茜。
相手がお客様であっても、間違っていることは間違っていると、毅然と言える女将が素晴らしい。
「正しさ」というのは決して時代の価値観と共に変わってしまうものではなく、日本人が古来より持ち合わせている美徳と礼節とに根ざしたもので、この漫画が描く「心」は何十年経過しようと褪せることはない。そう思います。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】蔵の宿 西ゆうじ 40
コメント

『俺様ティーチャー』第6巻/椿いづみ

2009-10-21 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


生徒会長・雅様の忠実な僕(しもべ)由井忍が呆れられるところからスタート。

僕のために力を尽くしてくれた事は嬉しいよ、でもね、
やっぱりかっこ悪いね!

名誉挽回のために早坂と黒崎を潰すと決意。自分に挑むつもりならまずウサちゃんマンに勝ってからにしろと返す真冬。そのケンカに意味はあるのかと問う鷹臣くん。あっちが来たからこっちも行くだけだと答える真冬に、お前はそのままでいろよなと言う鷹臣くん。

一年二組由井忍とラブリーウサちゃんマンの、なんかどうでもいい勝負が始まる。佐伯先生と理事長の賭けから始まっている生徒会と風紀部の対立を知らない真冬。「不良増大」を目標とする理事長に対し、「不良撲滅」を目標とする佐伯先生。早坂くんが駆け寄ってきて、途端に卑怯者にされてしまうウサちゃんマン。敗れる忍、雅様に見放される忍、もう一度チャンスを下さいと懇願し、生徒会を辞める。

生徒会を辞め、部活動に加わる資格を得た忍は風紀部に入部届けを出す。敵さんいつでもウェルカムなマヌケな風紀部。部室がないので忍を先頭に部屋捜し。何故かいくつもある備品室。
たまたま出てきた5年前の学園データ、人数も偏差値もウソばかり。そして写真には不良っぽい子が写っておらず、全員髪が黒い。
卒業文集が4冊しかないと、図書室でキレる忍。

そもそも佐伯鷹臣とは何者なのか?
なぜ今の今まで気付かなかったのか。今年入ったばかりの新任教師が、その何も知らない新任教師が理事長相手に賭けなんかできるはずがない。

あいつ… 嘘ついてやがった!!!


数学研究室に怒鳴り込む真冬。俺と理事長は遠い親戚だという、鷹臣くんの嘘。私にくらい…本当の事教えてよと言うと、返ってきたのはめんどくせえ、もういいや、お前いらねぇという言葉。

風紀部なんて入らないで普通の女子高生になりたかった、ひどいよと言うと、「じゃあ やめろよ」「今日からお前は自由の身だ じゃあな 黒崎」。

風紀部がなくなってしまってからの真冬の孤独ぶりがもう笑えるほどに可哀想。女子高生にもなれず、不良にもなれず。

魔王から解雇され、親友から断絶され、女子と仲良くなる真冬。クラスの大半がおっとりさんとと気付く。異質だったのは自分と早坂くんだった。となりの席にいない、早坂くん。髪に結んだリボンをすれ違いざま、鷹臣くんに「似合ってんじゃん?」と言われ、こみ上げる寂しさ。
ずっと憧れていた、フワフワしていてかわいくて楽しい女の子たち。でも、私は、あっちがいい。


あまりにも恥ずかしすぎる再会をする真冬と早坂くん。納得できない真冬は鷹臣くんに「鬼ごっこ」を挑む。そして賭けの本当の顛末を話し始める鷹臣くん。


第29回見開きカラー(『花とゆめ』6号)


第34回扉(14号)



お薦め度:★★★☆☆
真冬が可哀想すぎてプッと笑ってしまった。ごめん黒崎(笑)
椿さんが教員免許を持ってるからと始まったこの連載ですが、免許関係ないじゃん!
好みだけで評価すれば4つ星なんですが、何かが足りない気がする…。


↓みんなバカなんです
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】俺様ティーチャー 椿いづみ 6
コメント

『花とゆめ』22号

2009-10-20 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログへ


表紙が『モノクロ』だー♪


『モノクロ少年少女』#14/福山リョウコ
オリエンテーションから帰ってきたケダ高面々、時は衣替え。「ケモノ流の礼」のせいでなんか居心地悪い!
別に学校の記念写真が初めてで嬉しいとかないし!と呉羽がうろたえていると、その写真に写っているのは5番目の彼女、今連れているのは23番目の彼女と茅が現れる!
6月16日が茅の誕生日だと知る呉羽、車(もちろんフェ●ーリ)を贈るという右京に蝶々。しかし呉羽の残金は525円。
オリエンテーション満足度アンケートの、「暇」が圧倒的という結果に落ち込む呉羽、まずはひとりずつ笑顔にしてけばいんじゃないの?と言ってくれる茅。いつも笑っている茅が少しさみしそうにしているのに気付いた呉羽は、何が欲しいんだろうと茅を見続ける。「見んな むかつく」と言ってしまう右京。女の子も皆「ごっこ」で、トップ卒業できなければ国でフィアンセと結婚コースというさみしい現実。

誕生日に、忘れられない歌をプレゼントされた茅は、呉ちゃんに「オレの彼女になってくれない?」と! 凍り付く三人。
茅の真意は分かりませんが、いやいや、こんなに優しくされたら呉ちゃんを好きになってしまっても仕方ないですよ! ケダ高に来て「初めて」をたくさんもらっている呉羽が、みんなにも「初めて」をたくさんあげているんです。早く第2巻を出してくれ!


『俺様ティーチャー』第40回/椿いづみ
忍が雅様に忠誠を誓うまでの回想。
わざわざ個性の強そうな私立中学を選んだのにつまらない普通の日々、学力ですら自分に挑める奴がいないと落胆していた忍。そこに転入してきたのが学校のシステムをまるで理解していない雅、理想の主を見付けた忍はことあるごとに雅につきまとう。「守りますー」とか言って周りウロウロくっつかれるとかものすごく鬱陶しいよね!!!と笑顔で言い放つ雅。…終わった…と目の前が真っ暗になる忍。
しかし武器を持った4人に取り囲まれている雅様を手裏剣でお助け致すと、忍者を目指しているという自分の告白に大笑いしてくれた。「いいよ 主になってあげる」。
あの時から変わらない、忍の雅様に対する忠誠心。←こいつバカだ!(笑)


『スキップ・ビート!』ACT.148/仲村佳樹
いつかキョーコが、「愚かな日」でも「悪夢フェスタ」でもなく、心からバレンタインを楽しめるようにと願わずにはいられません。
チョコの代わりにワインゼリーを作ってくれたキョーコ、その顔には騙されないぞと連。

そんなキョーコに連の魔の手が迫るんだが…。


『声優かっ!』voice.8/南マキ
高柳に泣かされ、「萌え」をなくして動画描くの放棄してしまった梅。10分の動画には3000枚の絵が必要、自分達にノルマを課して必死で自作しようとする落ちこぼれ4人組。しかし声優科の姫にとって絵を描くのは至難の業。
ずっと莉子(りこ)の真似をしていた梅は、ただの私のコピーちゃんと言われたあの日以来、好きな時に好きなだけ描けない呪いを解くこと、自分の王子様を待っていた。
泣かせた落とし前に自分が理想の王子になってやると言う高柳、お昼の放送まであと5日。


『男子ingガール!』/岡田ハルキ
3回目です。男子校に溶け込んでいる、中味が花凛の翔太。久我さんの笑顔が究極回復魔法。
もう段々なんで入れ替わってるのか分からなくなってきた。
楽しみにしていたんだけど今回はちょっと残念です。
久我と柚原に花凛を取り合ってもっと壮絶な闘いを繰り広げて欲しい。


『神様はじめました』第32話/鈴木ジュリエッタ
出雲行きを賭けた、奈々生と香夜子(かやこ)の勝負。乙比古が提示した試験内容は「式神の育成」。
出雲には行くなー!行くったら行く!と巴衛と奈々生がケンカしていて、卵を踏んづけてしまう瑞希。早く孵化してしまった式神は子ザルの姿。もうハンデはあげられないと嘲笑う香夜子。
巴衛が香夜子に詳しくて嫉妬する奈々生!

「俺は お前のものなのだから…」。
自分で自分の言葉に驚く巴衛、その言葉が嬉しくてたまらない奈々生。
香夜子も、単に高飛車な現人神ではなく、色々なものを背負っていそうです。
自分にも助けてくれる人はいるんだと、香夜子がすがりつく相手、霧仁(きりひと)。


『花と悪魔』episode39/音久無
恋心を自覚したはなちゃんが、ビビとうまく接することができない。この想いは儂とはなだけの秘密だったなと手を握る魔王を見て、どんどん不機嫌になるビビ。ドキドキを隠したくてビビを避けてしまい、ますますこじれてしまう仲。
魔王には、この魔界が近く彼奴(あやつ)が背負うことになる世界だと、所詮棲む世界が違うのだと言われてしまう。

魔界ではな一人で寝させるわけにはいかないと同室に、雷のおかげでビビと一緒に寝られるはな。そしてその想いを心の奥の深い深いところへ鍵をかけてしまっておくことに。


『星は歌う』第43回/高屋奈月
中学生の時にもくだらない理由で家出したせーちゃん。あの時、外の世界はお嬢が思ってる以上にお嬢の為に用意された世界じゃないと言った紗己。お嬢のいるところが自分のいるところだと言った紗己を、結婚どころか彼女もできないわよと罵ると、あの犬は「お嬢がもらって くれるでしょう?」と笑った。
せーちゃんを迎えに来た紗己に、自分もせーちゃんも紗己さんから見れば笑っちゃうくらい子どもだけど、これでもたくさん考えていると言うサク。

紗己が自分の事を好きなのは嘘だと知ったあの日以来、もう絶対流されない、何を言われても聞き流すと決めた聖。
ドラマCDが来年2月に出るらしい。まだ早くないか?


『今日も明日も。』Step.30/絵夢羅
今回はちかの漫画制作メインです。二度目の投稿で9位。例えばこのネーム、王道すぎてありがち、「俺なら迷わず読み飛ばすね」と一刀両断する稜。
夏澄とよっちゃんの三人でお話を練っていて、突然割り込んでくる三ちゃん(ちかの兄)。逃避行、意外性、ライバル、話は弾み、見る見るうちに出来上がる新しいネーム。
「大人のオンナになる」とちかが差し出したネームを読んで稜とアシさん、愕然。どこの大河SF!? これ16ページで描くの? 登っちゃいけない階段登ってる(笑)


『センゾク』/平間要
舌の肥えてしまった純可(すみか)とその専属料理人・爾好(みよし)のロマンス。再登場。
「食べる者」と「作る物」の専属関係から、男としても専属になった爾好。
今回は爾好の、かつて父に「必要ない」と言われたトラウマ。純可に必要とされて以来、出ることのなかった熱を出し、看病してもらう。台所を破壊しながら下手くそな料理を作ってくれるのはお約束ですね。でも良かったですよ。


今更ですが、先月の「オールナイトニッポン花とゆめSP」聴けば良かった。
南マキさんが描いた中川翔子。

「1月に十冊以上、少女マンガ雑誌を買っている」と言う椿姫彩菜もすごい。俺は4冊しか買ってません(笑) (花ゆめ2回と別花と別マ)


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】花とゆめ 白泉社 22
コメント (2)

『ララDX』11月号

2009-10-19 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログへ


やっと読みました。906Pなんて読むのに三日がかりです(笑)


『薔薇とジルコニア』/斎藤けん
新作読み切り。数学教師の里見先生は、ある晩酔って、初恋の藤井さんにそっくりな、薔薇の中で眠る少女を拾ってしまう。ねむり姫の話を思い出してつらい別れから逃げるように眠っていたという少女。
あの時の感情を後悔している里見は、先生の気を引きたくて答案を白紙で出した生徒を「一時的な感情で くだらないことしないで欲しい」と突き放す。
好きとか嫌いとか、くだらない。
中学の時に転校してしまった藤井さん一家が、その後一家心中したという噂。十数年ぶりに目の前に現れる、初恋の女性。

答案を白紙で出した生徒は、次のテストは100点目指しますと言う。
「先生にはくだらなくみえても それでも 私…」。
いつか振り返ることになる今日という日、皆そうやって今を重ねていくんだと里見は優しく微笑む。


『赤髪の白雪姫』第17話/あきづき空太
オビが白雪を誘いに来て(窓から!)、ゼンとミツヒデと木々の5人で遠出する。
ラジの事以前にも苦労はなかったのかと訊くゼン、多かったけど負けっぱなしはなかったよと答える白雪。人を頼みにするより一人で何かに向かうところがある白雪、今は頼ってるよと、ここに来られて良かったと。

武術大会で優勝したオビは、賞品の異国の髪飾りを白雪にプレゼントする。物欲しそうにしていた主に見せてやれと。なんとなく悔しい気もするが、似合ってると言うゼン。頬を赤らめ、じゃあつけてようかなと微笑む白雪。これから進む道の上で、こんなゆるやかな時間にどれだけ出会えるだろう。
『青春攻略本』第1巻が12/4に出ます。買いだ!


『うちのポチの言うことには』第5話/橘裕
ボディーガードの遙を「ポチ」呼ばわりする花織お嬢様。最近「自由」に目覚めた花織は、あれダメこれダメって全部ポチが決めると憤慨。しかし一日中自分のボディーガードをしている遙にこそ自由がないと指摘する園ちゃん。本当は何から花織を守っているのと訊く園ちゃんを軽くあしらうポチ。
実は花織を彼女自身から守っている遙。つかえばつかうほど、お姫さまの命をちぢめいいくちから。園ちゃんを助けるために力を使ってしまい、疲れ果てて寝言でがんばってポチに自由をあげられるようになると言う花織。「−−あなたは本当に 何もわかってないんですね」と花織にそっと口付ける遙。


『桃山キョーダイ』/ふじつか雪
専業主婦の母(52)、会社員の父(53)、作家の兄・春樹(31)、養護教諭の姉・夏実(34)、イヤミな双子の兄・有馬(ありま)とその片われの自分・千尋(ちひろ)。今日も朝からにぎやかな桃山家。
あまりに仲の良い兄妹ゆえに、禁断の恋ごっこでからかわれる千尋。今月、兄妹揃って16の誕生日を迎える千尋は内心複雑。その原因は、かつて聞いた「まるでほんとに双子じゃない」という両親の言葉。「16になったら話す」。その誕生日は目前に控えている。

誕生日に聞かされた真相はなかなか微笑ましかった。
「たくさん載ってる新人作品の一つ」に埋没せずに頑張って欲しいです。


『純愛ステーション』/田中慧
『ララスペシャル』8月号に載った読み切りの続編です。このお話好きなんです。「お付き合いするのは高校卒業後」と駅員の國見さんと友達以上恋人未満の関係の、鉄道オタクの舞ちゃん。
今まで一人で見てきた風景が、國見さんと一緒にいるようになって世界が変わったという舞ちゃん。相変わらずの優しい空気がいいですね。一見控えめで、実は大胆。


『白花メランコリー』/林みかせ
時は昭徳16年(架空の元号です)、長く続いた鎖国があけた頃。何故か全身に怪我を負い、記憶までなくして洋館で介護されている少女。日本とイギリスのハーフの少年アルフレッドは、身元がわかるか記憶が戻るまでここにいていいよと言ってくれる。記憶回復の手がかりにと書庫に案内され、ハッピーエンドの物がいいと貸された厚い本。
夢に見る、日本刀を手にした自分、血に、憎悪にまみれた記憶の断片。
本を読み終えた少女は、全然ハッピーエンドじゃなかったと怒る。敵対する家に生まれながら心が結ばれたのは幸せな結末だと言うアルを、彼女は思考が暗いぞと言う。
奇跡を願っていたアルと、弟を守りきれなかった柊。それを壊さずに、自分達を取り巻く世界を変えることが出来たなら…。


『青色ハンドメイド』/芳川由実
弱小文化部モノというのはそれだけで好きなんです(笑)
廃部寸前の手芸部部長の子と、それを支えてくれている男子二人のお話。


『フカシギガレリア』/雪村ゆに
いわくつき専門の骨董屋で雨宿りしてしまったすみれ、彼女を壊した古伊万里の代償にこき使う店主。額の中に閉じ込められていた、絵に描かれた少年。
なにかを大切にする心、過去の人が大切にしてきた物を次の世代へ渡すという店主。実は年齢不詳というオチまで楽しめました。


『アデルとダリウス』/恩多志弦
ナダル王国の国王に買われた女奴隷のアデル、千夜一夜のように毎晩作り話を聞かせ、王弟のキュロスの陰謀を知るお話。なかなか良かった。


『彼女はボクを知っている』/河口けい
LMSベストルーキー賞受賞作。かつてのあだ名が「プニ沢」だった矢上沢、血のにじむような努力をして生まれ変わった彼の前に、かつて自分を散々いじめていた魔王、西園寺渚が突然転入してくる。正体を知られまいと付き合い出すが、実は彼女は最初から自分の正体を知っていた。
魔王のような女とパシリが身に付いてしまっているプニ沢が笑えた!


『君に愛を!!』/十条マリヤ
LMSギャグ特別賞受賞作の四コマです。
このセンスは貴重だ!



にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】LaLaDX 白泉社 11
コメント

『ラブ★コン』第1巻/中原アヤ

2009-10-18 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


あたしらは
1年2組のオール阪神・巨人て呼ばれてる
必要以上にデカい女と
必要以上に小っこい男が
同じ教室におったら
ハタから見ると それは それはおもろいらしくて
みんな事あるごとにくっつけたがる


『ベリー ダイナマイト』がきっかけで中原アヤ気に入りました。この人気作品、これから買い揃えていきます。以前薦められたこともある作品です。
ラブリーコンプレックス、最初から略してラブ・コン。

共に自分の身長にコンプレックスのある、身長170センチの小泉リサ、156センチの大谷敦士(あつし)、二人は1年2組の「オール阪神・巨人」と呼ばれてる。舞台は関西で、台詞もすべて関西弁です。
面白がって二人をくっつけたがる周囲、互いを「巨女(きょおんな)」「チビ」と罵り合うコンビは全校の名物。
ある日、唐突に訪れる春。優しい物腰の5組の鈴木くんに一目惚れするリサ、協力してやるから自分と田中千春(ちはる)ちゃんとの仲を取り持てと言う大谷。

いつも三人つるんで仲良しのリサとのぶと千春、しかし千春は男ギライ。のぶは中尾とバカップルでリサは女度極めて低し。「一緒に幸せつかもうぜっ」とみんなでプールに行っても、全てが裏目に出てしまう。
千春は大谷くんは話しやすいと言う。「たぶん 小っさいから男ってかんじがせえへんねやわ」。その会話を聞いてしまった大谷は、自分は大谷じゃなく小谷だと、卑屈になって落ち込んでしまう。そんな大谷をぶん殴るリサ。「それぐらいでいちいちヘコむんやったら もう誰も好きになるな! カス!」。
そんなリサも、鈴木くんに小泉さんは話しやすいと言われてしまう。「たぶん 目線が一緒ぐらいやから女の子ってかんじがせえへんねやと思う」。さっきの仕返しだと自分を殴ってくれる大谷。
そんな大谷が、身長足らんのに精一杯バスケを頑張ってる姿を初めて見たリサは、初めて奴をかっこいいと思う。

そして夏祭りの日、ええかんじになっとる千春と鈴木くんの姿を見て、恋をあきらめる二人。
でもこの巨女/チビだけは絶対好きになれへんで!

ところが鈴木があまりにもヘタレで千春に告白すらできない! 知らん間に漫才コンビを越えて1年2組公認のラブラブカップルにされてしまうリサと大谷。
リサの気持ちを知らず、彼女の前では千春が好きなのがバレバレの鈴木くん。リサは、鈴木くんの前だと緊張してしゃべられへんねんと言う千春のそれは恋だと、すっぱりあきらめる。千春の前だと喋れないという鈴木くんのために4人で行った映画、我慢しきれずぶちまけてやると言うリサ、すんでの処で自分から告白できる鈴木くん。


張り合って、どっちが先に彼女もしくは彼氏ができるかと勝負を始めるリサと大谷。皆で学校帰りに面白半分で遊んでみた占いマシン、千春と鈴木くんの相性は18%と出てしまう。「じゅ…18…」と落ち込む千春のために前代未聞の0%を出してやるとリサと大谷が占うとなんと100%が出てしまう。
実際、海坊主の歌が好きだったりファミレスで二人同時に同じ物を注文してしまったりハモるしと相性ピッタリのリサと大谷。
中尾の部屋にエロビデオがあったと、あたしという彼女がいながら!!と激怒するのぶちゃん(レンタルではなく購入なのが許せないらしい)の誘いでリサが合コンに行くと、相手の男の中に混ざっていた大谷。奴以外、背は高くても中味は最悪の男しかいない。
カラオケに海坊主が入っていて、つい意気投合して大合唱してしまう二人。相性100%というのは身長以外は当たってんのかなと認める大谷。別につき合うわけじゃないねんから、それは問題ないと。

…ほらな
相性よくても愛がなかったら何のイミもないねんて
海坊主ぐらいは一緒に熱唱できるけど
とりあえずバッシュはまだ買わされんで済みそうやな



お薦め度:★★★★☆
読んでいてとにかく気持ちいい!
これから全17巻揃える楽しみが待っている私は幸せです。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】ラブ★コン 中原アヤ 1
コメント (4)   トラックバック (1)