アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

暑中見舞い

2010-06-28 | daily
 
梅雨前線が通過しないので投函するタイミングがつかめません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント (2)

『青春のたまご』/中原アヤ

2010-06-24 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



猛烈に読みたくなって買ってしまいました。
『勉強しなさい!』と『ラブ!ラブ!ラブ!』もこれから揃えます。

この単行本は中原アヤの初コミックス。

『青春のたまご』 デラックスマーガレット平成8年11月号
『ひまわり娘』 別冊マーガレット平成8年8月号
『しあわせ南向き!』 デラックスマーガレット平成8年7月号
『王子様とわたし』 デラックスマーガレット平成8年3月号
『2丁目ハニィ』 ザ マーガレット平成7年9月号増刊
『春と空気と日曜日』 別冊マーガレット平成7年6月号
の6作を採録。

15年も前の読み切りを一つ一つ取り上げてどこが面白かったか言及するのにあまり意味はないと思うので詳細には触れませんが、とにかく楽しい短編集です。
欠点だらけの男なのに好きでたまらなかったり、素直になれない気持ちが可愛らしい。この頃の手書き文字が洒落ています。ランドセルをこんなにオシャレに描けるセンスと、全ての作品で「学校の制服」までデザインが異なっているこだわりも良い。
癒される描写やキレイゴトとは無縁で、「あんた既に幸せなんだよ!」と登場人物に現状を肯定させ、ある意味読者を甘やかさない作風に、逆に読んでいて幸せな気分にさせられる。

現時点での最新作『ネガ×ポジ』と、現在手に入る最も初期の作品『春と空気と日曜日』を一本の線でつなぐこともできる気がします。いや、むしろ、「中原アヤの漫画はなぜ面白いのか」という問いへの一つのヒントがここにあるんじゃないのか?
『春と空気と日曜日』(1995)では男の子が死ぬ、『星になっても愛してる』(2005)では女の子が死ぬ、『ネガ×ポジ』(2010)では男の子が死にかけるけどノコノコ生き返る。「恋の成就」と「生物学的な生死」を完全に別次元の問題にしてしまう強引さは天賦の才能に違いない。




お薦め度:★★★☆☆
集英社には「『ラブ★コン』の中原先生が贈る~」という類いのキャッチコピーをやめてほしいな。
私は既刊の中では『ベリー ダイナマイト』が一番すきで、『ときめき学園・王子組』が最高傑作だと思ってます。そして常に最新作を応援しています。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】青春のたまご 中原アヤ 1
コメント

連続テレビドラマ

2010-06-23 | 今日は旧暦のエイプリルフールです
 
MDMAD(みんなのドラマで名作アニメだ)は実写版テレビドラマ『機動戦士ガンダム』を7月11日に全13話一挙放映すると発表した。
キャストは以下の通り。

アムロ・レイ:押尾学
シャア・アズナブル:郷ひろみ
ララァ・スン:酒井法子
セイラ・マス:広末涼子
ブライト・ノア:石田純一
ギレン・ザビ:美川憲一
キシリア・ザビ:磯野貴理
ガルマ・ザビ:堂本光一

放送は全国の放送局で参院選投票日の午前7時から午後9時までの14時間。再放送は行わず、1話放映するごとに50万円相当の霊感グッズが応募者全員に当たるプレゼントも実施し、有権者をテレビの前に釘付けにするのが目的。創始大学、幸福化学式、レレレ真理団など、スポンサーの顔ぶれも満身創痍で死屍累々である。

「選挙になんか行かないでテレビを見て下さい。ヤマトには負けない自信があります!」。MDMADの広報担当は得意げに語った。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ この記事は嘘です!へ
この記事は嘘です!
コメント

『高校デビュー』第4巻/河原和音

2010-06-22 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



はまってます。

ヨウが自分を幸せな気持ちにしてくれたように、自分もヨウを幸せにしたいと願う晴菜。麻美のバイトをしたいという一言で、もうすぐクリスマスだと気付き、今年は今までとはちがうんだ、ヨウに「クリスマスとはこんなにいいものなのか」「彼女がいるってスバラシイことなんだ」と言わせたい。
彼女があまりにはりきるので、まさか現金やバイクを贈られるのではと不安になってしまうヨウ(笑)
妹がうまく説明できないと言うバイト先に心配になって足を運ぶと、晴菜はスーパーのバックヤードで元気に荷物を担いで走り回っていた。さし入れだと、缶ジュースを投げ渡すヨウ、張り切り過ぎて賃金以上の働きをしてしまう晴菜。

「俺 人にここまでしてもらったのって初めて」。

サンタプレイスで子供達に囲まれ、イルミネーションを見に行けば年配の人たちに親切にされる、イメージとはちがっていてもイメージ以上のクリスマス。自分を見ていてくれると分かるプレゼントをもらってしあわせでたまらない時に、お店のスタッフが仕掛けた心理ゲームの結果の数字を見て、晴菜は逃げ出してしまう。
公園で、今のヨウも過去のヨウもだれにもわたしたくない自分がうざいと泣いていた晴菜にキスして、「アンタ以外とはもう しないから」と言ってくれるヨウ。

しかし翌日から晴菜はヨウの顔も、もらったプレゼントも直視できなくなり、会話もまともにできなくなってしまう。そして真巳とスポーツ用品店に向かうヨウを追いかけて、拒んで、怒らせてしまう。
麻美に相談したくて家の前まで行くが、二人は兄妹なので麻美だけを呼び出すこともできず、ヨウがやっている雪かきも手伝えない。
ようやくつかまえた麻美を相手に「リハーサル」を繰り返し、ヨウは早朝にこっそり自分の家の前の雪かきをしていた晴菜に気付く。家に押し掛けて、自分のために作ったケーキを出せと迫るヨウ。お茶もなしで彼氏が平らげたケーキの箱を見て、見逃し三振より空振り三振!とヨウを背後から捕まえて、「うー…」としか言えない晴菜に、意地悪してごめんと謝ってくれるヨウ。
そして晴菜は、ヨウが自分とキャッチボールがしたくて真巳に買い物に付き合ってもらったのだと知る。



お薦め度:★★★★☆
雪かき、キャッチボール。愛だね!
リアルタイムで読んでいるような気分を味わいたいので、週に1冊ずつくらいのペースで買うことにしました。




にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】高校デビュー 河原和音 4
コメント (2)

『いっしょにねようよ』第3巻/高尾滋

2010-06-21 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



この漫画をどんなに楽しみにしているのかは、筆舌に尽くしがたい物があります。

焼そばを食べる前に目が覚めてしまう、泣くほど怖い夢を見て、真夜中にいちこを起こす古白。間違いだという電話がかかってきたその日の昼、古白のいない食卓では四人が冷やし中華を辛、マヨネーズ、酢、とバラバラの食べ方をする。
「第七」という言葉を頼りにいちこがやってきた公園。そこでは古白が、彼の目にしか見えないおばあさんと子供相手に笑って歌っている。
炎天下に人を待つのが自分の仕事だと言う古白を、また甘やかしてしまったといちこが笑っていた時に現れる、古白の母。

面会に来たと言う母と春香の罵り合いはエスカレートし、飲み物の入ったグラスが宙を飛ぶ。報酬を等分し彼らの生活水準を向上させ、何も間違っていない母親を、たった一言で言い負かすいちこ。他人事のように振舞っていた古白は、面白かったと大笑いし、泣き出してしまう。

あと十日ほどで夏休みが終わろうとしていた頃、もう一人の下宿人、井上努(トムくん)が帰国する。雨の中たすけられ、料理の旨さに感激して「ヤらせてください」と笑顔で迫る努に対抗して、「子供じゃないよ…」といちこにすがる古白。

親睦を深めようという努の提案でキャンプに行き、いちこの取り合いになる。姉からかかってきた電話にはずんだ声でいちこが出ると、そろそろ実家に帰ってこいと言われる。今のままでは簡単に何処かに行ってしまえるのだと、部屋の中で荒れる古白。

キャンプ場の崖から落ちた時に、もう大事なものを取られるときに見てるだけなんて嫌だと、松茸に見えたキノコに手を伸ばした古白は、いちこの姉を「脅迫」する。一連の騒ぎの犯人が古白だと知り、転校先の七ツ星学園でレストルームに閉じこもってしまったいちこは、姉から動画が届いて真相を知り、女子の制服を着て追いかけて来た古白の必死さを見て、思わず笑みがこぼれてしまう。


私はこの漫画のキャラ達が好きで、ノリが好きで、お話が好きで、だけど「好き」だという言葉では到底言い尽くせない、それ以上の物がある。


第16話扉カラー(『花とゆめ』2010年5号)




お薦め度:★★★★★




にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】いっしょにねようよ 高尾滋 3
コメント

『花とゆめ』2010年14号

2010-06-19 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログへ


暁色の表紙が綺麗で、しかも次号でなんと通巻900号。

次号ふろくのポストカードセット(記念号の表紙10枚)が楽しみで仕方ない。



『モノクロ少年少女』#27/福山リョウコ
ウサギの目が見られなくなってしまった右京、言いかけた言葉を呑み込んでしまう呉羽。いい雰囲気になってきた。
鳴り響く警報の中、お前らがすきだからと言う呉羽、名前を呼んでくれる右京。
大切なものを守れるくらい強くなりたいと、呉羽を抱きしめたくて、噛みつきたくてしかたないと命令に背く右京。愛しいクロヒョウです。


『花と悪魔』episode.50/音久無
完結に向けてのカウントダウンが始まりました。
夏休み、椿の別荘での避暑に付いていくと言い出すビビ。菖蒲さんにはなはもう人間(ひと)としての道を歩いてゆける、だからはなを頼むと。
温泉に浸かりながら、はなと人間の友達がどんだけ仲良くしてるのか見に来たと打ち明けるビビ。菖蒲さんは、ビビ様はもう二度と地上に戻らないつもりなのかと、顔をこわばらせる。


『スキップ・ビート!』ACT.159/仲村佳樹
B・Jに支配されたカイン兄さんが暴れてるだけなのに腹を抱えて爆笑してしまった。笑い過ぎて苦しい(笑)


『暁のヨナ』第18話「龍の爪」/草凪みずほ
生まれて初めて外に出た白龍キジャと、雷獣ハクのいがみあい。近くに青龍を感じるというその道中、山賊に襲われ、闘いの中で二人は互いの力を認め合う。

お守りしたい!


『声優かっ!』voice.22/南マキ
役作りへのテンション最高潮で、久遠千里の部屋に猫を見にいくシロ。出迎えてくれた久遠千里はなぜか不機嫌。
帰り際、お菓子を手渡しに追いかけて来た久遠千里を見て、本当は今日を楽しみにしてくれたいたのだと知り、姫は作中での「白」の「重人」に対する思いが理解できる。



『星は歌う』vol.54/高屋奈月
千広が学校を休みだして三日経ち、詳しい事情を知らされないままのサク。家に押し掛ける道中、自分に認められたいなら片づけてもらわなきゃいけいな事があると言うせーちゃん。留守の家を後にし、肝心な時に何も知らされない、不確かな立場だとサクは痛感する。
不安を抱えたままのサクの前にようやく姿を現した千広。サクは彼がどこへ、なんのために出かけていたのかを聞かされ、何も言えずに立ち尽くす。



『LOVE SO LIFE』第29回/こうち楓
双子から「苺はどこにできるのか」という単純な質問をされ、見たことがないので答えられない詩春。突然やってきた及川さんに連れられて苺狩りに行き、仕事で帰れない松永さんは焦る(笑)
アナウンサーの仕事で喋った内容をなんとなく覚えているのか、苺がどうやって生るのか正確に詳細に即答してしまう松永さんがウケる。


『神様はじめました』第45話/鈴木ジュリエッタ
お札の力だけで、霧仁を連れて黄泉国から脱出しようと奮闘する奈々生。イザナミの神使の緋王(ひおう)は、森ごと焼きつくすという物騒な言葉を語尾に「にゃん」を付けて喋る。巴衛が駆け付けた時、穴は戦神によって塞がれていた。形だけの契約を解かれても巴衛は神使だと、虎徹は打出の小槌で巴衛を妖に戻し、奈々生は会いたかったと、好きな男と感動の再会を果たす。
その二人を、岩上から見おろす悪羅王。
恋する女の子でありながら神様の使命をきちんと果たしている桃園奈々生は最高のヒロインだ!



『今日も明日も。』Step.41/絵夢羅
ちかが夏澄と親しくしている光景を面白く思わない園子さん。よっちゃんに二日目の感想を訊かれ、夏澄は優しくて大人で安定感があると答えながら、ちかの脳裏には一緒にバカをやっていた稜の姿が浮かぶ。失くしたと思ったスケッチブックを、園子さんが捨てたのだと聞き、エスカレートする二人の言い争いを止めてくれる夏澄。しかし真っ直ぐな感性を褒めてくれたはずの夏澄から聞かされる「普通」という言葉。絵を描かなければ平常心でいられないとタクシーに乗ってビーチへ向かうちかと、その頃、取材しながら一冊のスケッチブックを拾う稜。
「ちかの理解者」としてのよっちゃんの出番が増えると嬉しい。人間は色えんぴつじゃないという第1巻のエピソードが私は大好きです。


『メタモ☆レイヤーLV.0』/緋桜泉
表情を出せない委員長がコスプレイヤーになるという読み切り。
載っていれば読みますよという程度で、特に面白くはありません。



神様、モノクロ、花と悪魔。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】花とゆめ 白泉社 201014
コメント

『高校デビュー』第3巻/河原和音

2010-06-18 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


続きを買った!
なんて面白いんだっ!

ヨウのことが好きだと気付いてしまった晴菜、世界一かくしごとがむいていないと晴菜の心を読んでしまうヨウ。コーチが、好きなやつができたらそいつと使えと言う、球技大会で優勝してもらった賞品の、映画のペア観賞券。ヨウと行きたいと晴菜は好きな人を誘い、気合いを入れて、自分から告白しようと意気込むが、自分の想いを否定する言葉に傷付いて、「コーチ クビ!!」と逆上してプレゼントを顔に投げ付けてしまう。

泣きはらして一夜明けると、ヨウは晴菜を無視して怒っている。思い返せば、映画につきあわされ、急にキレられ、紙袋をぶつけられて「クビ」といわれ、怒るのは当たり前だ! 手紙は遺書のようだと真巳に指摘され、直接謝りにいこうとしたら「うざい」という言葉が追い打ちをかける。

「ヨウみたいな人には 絶対もう会えないと思うんだ」。

告白して彼女になってからが面白い。目が覚めてあれは夢だと思い込んでしまったり、うかれすぎてコントのようになってしまったり。上級生に呼び出され、駆け付けたヨウに「でも か… 勝ったよ」と傷だらけの笑顔で答えるところは最高でした。
初めてのデートを満喫する晴菜、終わってから保護者のような気持ちだったと言うヨウ。リベンジさせてと、必死にヨウに彼氏気分を味わわせる演出を考える晴菜。麻美と同じ場所へ行き、同じことをしてもダメなんだとへこんでしまった晴菜の前に現れたのは、ソフト部の後輩。カレシをほったらかして夢中で白球を追ってしまったと頭を抱える晴菜に、彼女が中学の時にどんなだったかよくわかったと言うヨウ。
「好かれてたんだね」。

その嬉しい一言で、晴菜は部活にも女子にも恋愛にもいい想い出がないヨウのためにがんばると決心する。
絶対たのしい想い出だらけにするからね!!


お薦め度:★★★★☆
真っ直ぐで単純な晴菜と、冷静なようで実は一生懸命なヨウの掛け合いが楽しい!
力強く拳を握る晴菜がいいです。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】高校デビュー 河原和音 3
コメント

7月新刊コミックス

2010-06-17 | 読書
 
「サーターアンダギー」という長寿菓子を食べながらサッカー観戦しました。飛び出すテレビで見たら迫力あるんだろうな。

太洋社
http://www.taiyosha.co.jp/index.html

7/2
助野嘉昭『貧乏神が!』第7巻/460円

7/5
さいとう・たかを『ゴルゴ13』第157巻/550円
緑川ゆき『夏目友人帳』第10巻/420円

7/8
いくえみ綾『そろえてちょうだい?』第1巻/820円

7/13
河原和音『青空エール』第5巻/420円
ろびこ『となりの怪物くん』第5巻/440円

7/15
高尾滋『てるてる×少年』第3巻/680円(文庫)
高尾滋『てるてる×少年』第4巻/680円(文庫)

7/16
椿いづみ『俺様ティーチャー』第8巻/420円
山田南平『オレンジ チョコレート』第4巻/420円
水無月すう『へ~○んしん!! -そなたバーディー・ラッシュ-』第4巻/590円

7/20
野口 賢  バビル2世 1  秋田書店  560 (内容を確認してから)

7/23
弐瓶勉『シドニアの騎士』第3巻/580円
聖悠紀『超人ロック 嗤う男』第1巻/620円

7/26
安彦良和『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』第21巻/588円
最富キョウスケ『電撃デイジー』第7巻/420円

7/30
山本英夫『ホムンクルス』第13巻/550円
伊藤悠『シュトヘル』第3巻/620円

7/下
楠桂『ホラーのおすすめ』/620円


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
コメント (2)

『君に届け』第11巻/椎名軽穂

2010-06-16 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



そういえば第10巻の記事を書いていませんでした。
私にとって「別マを買い始めるきっかけ」になった漫画であり、「大好き」としか言い様がないのかもしれません。

ケントが引き起こした修羅場(第9巻の冒頭)から連載を読み始め、椎名軽穂先生の産休をはさみ、それでも買い続けていたら『ベリー ダイナマイト』に夢中になり、今は『青空エール』が好きで好きで仕方ない。
中原アヤ、河原和音、椎名軽穂、いくえみ綾。私は自分の中で勝手に「別マ四天王」と呼んでます。
『君に届け』が完結しても私は別マを買い続けますが、そう思う契機をくれたのは間違いなくこの作品です。

『高校デビュー』を揃え始めました。中原アヤの既刊コミックスはあと5冊で全て揃います。『潔く柔く』は何度も読み返しています。現在、私の本棚には『君に届け』の既刊11冊を含めて80冊を超えるマーガレットコミックスが並んでいます。これから花とゆめCOMICS同様に、300冊、400冊と増えていくんだと思います。

『紅い牙』をカウントしなければ、私が買ったマーガレットコミックスの最初の一冊は『かの人や月』第1巻のはずです。
今の私にとって別マとは「中原アヤの漫画が読める雑誌」です。(新連載はいつ始まるんだっっ?)。
『君に届け』は別マ作品が好きになり、別マを生活の一部にしてくれた、私にとって「原点」のような作品です。途中からとはいえ、この何十年経っても読み継がれているだろう名作をリアルタイムで読んでいる巡り会いを、生涯忘れることはないでしょう。


episode 43カラー扉(『別冊 マーガレット』2010年2月号)


episode 46見開きカラー(5月号)


『別冊 マーガレット』2010年2月号表紙


5月号表紙




お薦め度:★★★★★



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】君に届け 椎名軽穂 11
コメント (2)   トラックバック (1)

『ちはやふる』第九巻/末次由紀

2010-06-15 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


巻数を重ねる毎に、どんどんこの漫画が好きになります。
情熱を楽しむ漫画なんだけど、同時に日本語が「美しい言葉」だと、改めて思わされます。日本語は美しいと、これほどまでに感じさせてくれる漫画を久々に読んでいる気がします。

昭和の日本語と平成の日本語ですら違いがあり、千年前の日本語と今の日本語は発音においてかなり違いがあるはずで、それでも周防名人は一字目で判別できる札が28枚ある。その圧倒的強さを見せつけられ、打ちひしがれての帰途、机くんから自分にも一字決まりが20枚あるようだと言われ、雑踏に溢れる言葉や音の中で千早は立ち尽くす。「ご指導お願いします」をこの世で最も美しい言葉だと思っている北野先生は、今の名人とクイーンを見て、師を持たない彼らは誰の師にもなれないと惜しむ。

練習や試合のデータを今まで何冊ものノートに書き記してくれていたのだと、そのうちもっとマシなものを返すからと、机くんの手を握りしめてポケットの中にあったあめ玉を千早は渡す。そしてかなちゃんは専任読手になる夢を持つ。女帝は部員達の知らないところでかるた部を支えてくれていたが、部員が増えなければ部室を返上しなくてはならないと置き手紙をする。

新年度を迎え、瑞沢高校かるた部は新入部員の獲得を目指すが、やる気のない新入部員の中からかなちゃんの厳しい指導に耐えて残ったのは二人だけ。恋愛バカの花野菫(はなのすみれ)と、「下の句かるた」なら誰にも負けないと言う筑波(つくば)くん。
千早は一年生が入ってきて、今まで一緒に戦ってきた5人が、かるた部に対して思っていることがあまりにも違うと気付く。
皆が強欲だとあきれた、千早の言葉の底にあった、棄権した日から抱き続けてきた思い。「伝える」「伝わる」はルールの向こうにあると、新入部員を連れ戻すかなちゃん。


お薦め度:★★★★☆
日本語を母国語としているという、当たり前のように思えることが、実はこんなにもかけがえのない物で、それだけで分かりあえる。
そのことに感謝したい。

まんがは本屋さんで買って下さい。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】ちはやふる 末次由紀 9
コメント

『乙嫁語り』第2巻/森薫

2010-06-14 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


予約しておいたのですぐに第2巻が読めました。嬉しいよ!

竃(かまど)の日にパンを焼きに行くアミル、そこで知り合った、トゴノシュの家の年頃の娘、パリヤ。自分は生意気だから嫁ぎ先が決まらないと言うパリヤと、言いたい事はあまりないと言うアミルの心が触れ合い、アミルの前では何故か嘘がつけないパリヤは、弓を習いたい子供達に混ざるようになる。

そして物語が動き始めました!
40人の子をもうけたと云われるホルキアの廟(びょう)を参っていた時、アミルのおじと兄達が嫁を取り戻しに現れる。
町の若者達が、これは自分達の問題だと、武器を持つ10騎を町に入れまいと木の棒と石で遮る。睨み合いは続き、夜になって町に侵入した一行は、降り注ぐレンガに見舞われ、捕らえられ、見せしめに馬の尾とたてがみを切り落とされる。懐剣を抜いて自分を守ってくれた夫にしがみついて泣くアミル。

実家と縁切りした日を境によそよそしくなってしまうアミル。カルルクを嫌いになったのではなく、夫のために狩りをしてきたアミル、嫁心がついたのだと見守る祖母。

居候の英国人、スミスの元に客人が訪ねてきて、手紙の束を渡す。異国の人間であるスミスの目と、鷹の刺繍ばかり好むティレケを通して描かれる「布支度」の風習。曾祖母から祖母へ、母へ、娘へと何代にも渡って受け継がれていく、幾つもの文様。教えられた模様ではなく、初めて自分で気に入った刺繍を見付けたティレケに、祖母はそれはお前にやろうと伝承してくれる。

鉛筆で紙に物を草しているスミスの元に一通の書簡が届き、夫婦は詩を詠み、狩りをしながら異邦人を中継地点まで送り、名残を惜しむことなく笑顔で別れを告げる。時代は、英露関係を急速に悪化させていた。



お薦め度:★★★★☆
華やかで、読みごたえがあって、人と人との心が交わる様が美しく楽しい。
刺繍が伝承されていくところはため息が出るほど綺麗だった。
漫画を子供だけの物にしておくなんてとんでもない損失だ。大人こそ、もっと漫画を読むべきです。




にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ青年マンガ

【検索用】乙嫁語り 森薫 2
コメント

郵便局が強いのは悪いことなのか?

2010-06-12 | コレクション
 
はじめに逃げを打っておきますが、この記事の内容は大変無責任な物です。
私は経済に関しても、政治に関しても、全くの素人で、亀井大臣が辞意を表明していた頃も、のんきに漫画雑誌を読んでいました。
漫画が大好きな私は、同時に切手を集めることも趣味の一つです。
争点になっている郵政改革法案を巡っては、どうやら貯金(ゆうちょ銀行)と保険(かんぽ)の問題だけが取り沙汰され、郵便局の本来の業務である「郵便事業」に関しては特に話題になっていません。



郵便というのは他者との連絡手段の一つで、その中で圧倒的に便利で手軽なのが電子メールです。何かを買ったり、人に物を送る時には宅配便を使えば事足ります。今はケータイとコンビニさえあれば遠方の人間と文(ふみ)や物のやりとりができる世の中ですが、郵便の法的な地位や信頼性という物は未だに絶対的です。
まず、差し出した郵便(の切手)に押される「消印」には法的な効力があります。窓口に郵便物を持ち込んで、昨日の消印や明日の消印を押して送ってくれというようなお願いは、絶対に聞き入れてもらえません(公文書偽造になる)。内容証明郵便を扱うことができるのは民営化後も郵便局だけです(総務大臣に任命される)。

もっと根本的なことを言うと、国際郵便(エアメール)のやりとりは国連の一機関であるUPU(万国郵便連合)に加盟している国家・地域間の「条約」に基づいて運用され、料金が定められています。例えば日本と北朝鮮は「国交」はありませんが、相手が日本と同様にUPUに加盟しているので郵便のやりとりができるわけです。



かように、郵便というのは「公器」の面の強い代物であり、国家による独占的な運営がされて然るべき物だというのが私の考えです。国営に戻せとまでは言わないけど、郵便局は親方日の丸体質でいいじゃないかと。
ちなみにこの記事では都市部と過疎地域の格差、郵政票の行方等の要素は全く無視しています。単に「好き・嫌い」のレベルの話です。「入学試験の願書をメール便で送れと言われたらイヤだよね、書留で送りたいよね」というレベルの話です。

私は日本や外国の「郵便切手」を集めるのは好きですが、「宅配便のラベル」を集める趣味はありません。


にほんブログ村 コレクションブログ 切手・コイン・貨幣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 切手収集へ
切手収集
コメント (4)

『別冊 マーガレット』2010年7月号

2010-06-11 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログへ


待ち遠しかったですよ!
それからデラマに代わる新増刊のタイトルが決定したようです。『sister』。今秋発売。中原アヤが描くので創刊号は買います。


『君に届け』episode 47/椎名軽穂
爽子にとって今までの人生で初めて彼氏ができた夏休み。共に講習組となり、「連絡もするけど」という彼氏の言葉、つきあう事自体何したらいーのかわからないという爽子の初々しさ。一年前の夏は考えられなかった、当然のように友達と一緒に帰り、恋愛の相談をしているという状況。「手をつなぐ、くっつく、……キス」というやのちんの言葉を聞いて、爽子が思い出してしまう、初めてのデート。
そのままでいてよと言われても、とても自然体ではいられない、一緒にいたい、そばに、近くにという思いを、友達の言葉が後押ししてくれる。欲張りなのではなく、とても綺麗な気持ちが芽生える。

くっついて終わりではなく、爽子が色々な気持ちを知っていく様を、もうしばらく、もうしばらく読み続けたい!


『青空エール』20TH YELL/河原和音
大介が、つばさが泣くまで忘れていたと言う、キャプテンだった中3の時の気持ち。今回「辞める」と言ったのがつばさだったら、絶対に辞めるなと中学の時のように止めると言う大介。反省はしたけど、あきらめたくないと先輩に意見するつばさを、にらみ付ける春日先輩。会ってはくれない森先輩を何度も何度も訪ね、同じような気持ちでいた先輩から、中学時代からパートリーダーだった春日先輩の背負ってきた物を教えられる。一番つらくて一番あきらめたくないのが森先輩なのだと知ったつばさは、誰が正しいのかはわからないが、罵られてもまた来ると答える。


『360°マテリアル』#05-夢で逢えたら!?-/南塔子
滝くんの寝言を聞いて、夢の中で自分はそう呼ばれているのだと心臓が止まりそうな気持ちになる美桜。水をかぶって風邪をひいた、優勝のかかった試合を前にした丸井に、即効性のカゼ薬だと思い込ませてビタミン剤を飲ませる滝くん。本当に効いたと感心する丸井を前に笑みがこぼれ、目で会話してしまう二人。
茜から送られてきた、滝くんの前カノの写真を、みなかったことにすると謝る美桜。夢の内容を聞かされ、目にみえたなら想いはあの空に届いていると美桜が心の中で答えるこの雰囲気も展開も、期待を裏切りません。キャンペーンには応募しないけど(当たっても賞品の使い道がないんです)この作品を応援してます。


『ぐるぐるめぐる』episode.2/八田鮎子
恋に落とすと言われ、夢の中で鯉の池に落ちてしまうめぐる。好きな子がトンチンカンになってしまったのはてめーのせいだと、兄の胸ぐらをつかむ有馬。めぐるが有馬を兄とは別のカテゴリーに入れて一歩進んだ翌日から、彼は急に欠席が続いてしまう。
教室から見える池の鯉を見つめながら、また会いたいと思うめぐる。やっぱり楽しい!


『虎と狼』#5/神尾葉子
弥生さんがトラと急接近する。ひまわりの料理をおいしいと絶賛する彼女、自分だけの場所だと思っていたのにと落ち込むミーに、「だって芸術だもの」という邪気のない言葉が追い打ちをかける。オオカミにも突き放されてしまい、こっそり美術館に行く二人を追いかけてしまう。


『好きって言わせる方法』scene#5/永田正美
菜乃花、なんていい子なんだ! 大好きだ! と前回感激してしまったので、今回の展開は少しがっかりでした。
友達思いで先輩思いの菜乃花はいい子なんだけど、こんなに暴走しているとちょっと引く。ハルちゃんに彼女を制御してほしい。
去年の7月号の読み切りを読み返したら、やっぱり菜乃花は菜乃花でした。


『ストロボ・エッジ』#34/咲坂伊緒
仁菜子の返事や自己嫌悪はともかく、安堂の後ろが自分の場所だと言った蓮がすごく良かった。救い上げてくれただけでなく、「憧れ」だった。
自分の席にいた仁菜子をつかまえて、答えるまで返さないと詰問する蓮がかっこいい。もうとにかく蓮、がんばれ。安堂も負けんな。


『ヒロイン失格』第4話/幸田もも子
ヒーロー不在でもヒロインは自分しかいないという、はとりのあきらめの悪さが好きです。


『爛爛』第8話/いくえみ綾
琥珀の「消去」の意味を知る皆。そしてあんたたちはいやじゃないから消去できない、「仲間だよ きっと」。そう言う琥珀。


『夢みる太陽』33RD DOOR/高野苺
やっと自分の気持ちに気付いたのかと指摘される大家さん。お父さんが作った状況であっても、「俺がついてる ずっと一緒にいるから」という言葉が嬉しくてたまらないしま奈。彼女を守ろうと必死になる大家さん。
この先、期待したり裏切られたりの繰り返しで、乗り越えられるのかと不安になるしま奈は、善の話を聞いてやれと頼まれる。

決して「つらい」とは言わなかった善の弱音を聞いて、1番の親友だと、あの日落ちていたカイロ(しま奈が「信じる」と言って大家さんに抱きついた第21話)を使ってしまったと答えるしま奈。それを聞いて、涙を浮かべて「大好きでごめん」と謝る善。


『Milky way』第2回/佐藤楓
もしかしたら面白くなるかもしれないと思い始めました。


「青空エールが1位」というのだけは迷わなかった。


読んでみたい受賞作があるので来月の『ザ マーガレット』を買うかもしれません。


にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】別冊マーガレット 集英社 201007
コメント (2)   トラックバック (1)

『Unな彼女』第2巻/楠桂

2010-06-10 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



出ました、第2巻。(入荷が発売予定日より少し遅れました)。作者の暴走ぶりが楽しいです。

女装した稔に惚れてしまった順一、二人をBLカップルとして公認してしまう腐女子の姉、みちる。稔の彼女であるはずの奈々子は姉を気に入り、このままでは同性愛カップルが2組できあがってしまう。
奈々子を取り戻そうと、みのりになる稔。「同性愛のどこがいけないのよ!!」と弟を殴りつける姉。しかしみちるが本当の同性愛を追求しようと奈々子に見せたのは、女同士ではなく秘蔵の男同士のDVD。
本物の女の姉貴より自分を選んでくれたと稔が喜んだのもつかの間、稔のJr.に危機が迫る。

女装を条件にどんなプレイにも応じてくれる奈々子。しかし股間にだけ壮絶な拒絶反応、うやむやの内に「切ってくれる」と「約束」したことになっており、下着の中にもベッドの中にも刃物が忍ばせてある恐怖の日々。
そしてもう一人の敵が現れる。奈々子の大学で王子と呼ばれる、真性のレズビアン、神崎林麗(かんざきばやしうらら)。女はみな仮性レズビアンだと言う王子の魔の手が奈々子に迫る。
デートの途中で奈々子が席を立ち、現れた麗、なんちゃってレズビアンだと正体がばれてしまう稔。部屋の合鍵はもらったが、このままでは捨てられてしまう…!
奈々子を騙して部屋に上がり込む麗、駆け付けた稔、殴るよりもひどいことをしてやると襲いかかるが、現場を見た奈々子は女装が終わっていない事のほうしか咎めてくれない!(笑)

順一が麗に味方すると言い出し、四者はそれぞれの思惑を胸に3P目指して血みどろ(?)の闘いと騙しあいを繰り広げる。神崎林さんのトラウマと、いつの間にかBL命のみちるに付いていけなくなった奈々子。「殺したい相手とのSEX」を味わいたい麗と、脳内でいつも3P状態なので違和感がない奈々子。みのりさんしか触らないと絶叫する順一が駆け付けた時は、まさかのキャットファイトの後だった。



お薦め度:★★★☆☆
このカップルが本当の愛を見付けるという展開はあるんですか?(笑)
巻末の『恋物語れ~狂う花~』も良かったです。




にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】Unな彼女 楠桂 2
コメント (2)

『乙嫁語り』第1巻/森薫

2010-06-09 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


この人の漫画をいつか読みたいと思っていたので、新作の第1巻を買いました。
お…面白いっ!!

舞台は19世紀の中央アジア、カスピ海周辺。12歳のカルルク・エイホンの元に嫁入りしたのは山を越えて馬に乗ってやって来た20歳のアミル・ハルガル。
嫁入り先で家族同様に愛されているアミルは、ここではウサギを食べないのだと知り、嫁入り道具の弓を手に、ウサギを一頭獲ってくる。しかし一家が幸せな食卓を囲み、狩りをしなくなった村の子供達が弓に夢中になり、新妻が微笑ましい勘違いをしていた頃、アミルの実家では氏族の勢力争いの道具として彼女を連れ戻そうという話が進んでいた。


アミルの義姉の末っ子ロステムは、家の手伝いを放ったらかして、職人の仕事を眺めるのに夢中になり、特別に護符を彫ってもらう。口ではロステムを厳しく叱り、義理の妹であるアミルに頼んで内緒で食事を届けてもらう母。カルルクは妻と共に、遊牧で暮らすウマクの一家を探して馬で平原を駆ける。好物のザクロが生っているのを見付け、息を殺して見事イヌ(?)をアミルが弓で仕留める道中、やがて幕家が見えてくる。

豪華な食事と酒が振る舞われる祝いの席。酔っていないと言うカルルクは、皆が言うようにアミルが若かったらとは思っていないと本心を告げ、二人は愛を確かめる。

新婚の夫婦の留守に、エイホンの家にアミルの兄弟が訪ねてくる。手違いで出した嫁を返せと。アミルは既に家族だと突っぱねるエイホンの家長、子供が産まれるまでは正式な夫婦ではないと言い返すハルガルの家の長兄。実力行使に出ようとするアゼルを、射られた一本の矢が制止する。弓を手にお前たちは族縁ではないと追い払った祖母は、この古い武器は自分の嫁入り道具だったと言う。


お薦め度:★★★★☆
もう設定だけで楽しくて仕方ない。
カルルクの風邪を「治る病気」と言われてやっと休むアミルも好きだけど、私はおばあ様が一番好きです。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】乙嫁語り 森薫 1
コメント (2)