アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

未来を予知する

2010-03-31 | daily
 
明日、平成22年4月1日、当ブログの管理人Wrlzより重大発表がございます。
明日は重大な記事が載るので必ず読んで下さい。ここ数日、ふざけた記事ばかり書いていましたが、明日だけはマジです。
原稿は既に頂いております。恐ろしいことが書いてあります。こんなことが知られたら世の中はパニックになりそうです。俺は原稿を読んで、恐ろしさのあまり気を失ってしまいました。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ この記事は嘘です!へ
この記事は嘘です!
コメント (2)

克服できないモノ

2010-03-30 | daily
 
カラオケ。 俺の中では「遊び」ではなく「仕事」です。だからちっとも好きになれません。

カルト。 俺の親父をサリンで殺そうとした。あれから15年、俺には全ての新興宗教がテロ集団にしか見えません。

ビール。 にがくて飲めない。30過ぎても未だに飲めない。

右クリック。 俺には何のことだか分かりません。理解できないのは周りの教え方が悪いからだと決め付けています。

新聞の勧誘。 優しい断り方ができません。俺は怒りっぽいのでいつも怒鳴りつけてしまいます。このあいだ初めて、優しい断り方ができました。
「新…聞…ですかあ…。そのう…取るとなると月に2千円はかかりますよねえ? 今とてもじゃないけどそんな支出はできないんですよお。切り詰めてギリギリの生活をしてるもんで。ホントすいません、ホントすいません! いくらサービスしてもらっても絶対に無理なんですう!」。
不況って便利な言葉だネ!
俺は産經新聞に時々載っている赤羽みちえのマンガが大好きでスクラップしています。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 日常へ
日常
コメント (2)

未曾有の危機

2010-03-29 | 今日は旧暦のエイプリルフールです
 
高校授業料無償化法案の施行を前に、少女漫画界は未曾有の危機に瀕している。
一ツ橋グループ等に属する出版社の主力少女漫画雑誌19誌で連載中の少女漫画276作品の内、高等学校をその主な舞台にしている作品は94本で、どちらかといえば学校を舞台にしている物も含めると190作品近くが「学園物」に分類される。内、国公立高校を舞台としている物は全体の6%、私立高校を舞台としている物は5%、その他が0.5%、公立私立を特定できない物が88.5%。
高校授業料無償化の財源は結局、我々納税者が納めた税金である。マンガの中の非実在青少年とはいえ、税金で進学している子ども達が勉学よりも恋愛を優先させていたら納税者からの反発は必至だ。
マンガを読まない納税者の理解を得るため、4月から少女漫画は以下のように変わる。

  1. 「この作品はフィクションです。登場する非実在青少年に国庫金は投入されておりません。」と但し書きをする。
  2. 作中で登場人物すべての親の年収、資産、子どもが与えられている小遣いの額を明記する。
  3. 登場する学校の学費とその免除額をキャラクター毎に明記する。
  4. 携帯電話の利用料金を誰が幾ら負担しているのか作中で明確にする。
  5. 52ページに1回の割合で、登場人物が「自分達が国のカネで進学していること」に感謝するやりとりを挿入する。
  6. 登場人物がアルバイトをした場合、必ず確定申告のシーンを挿入して子どもにも納税者意識を持たせる。
  7. デートをした場合はかかった費用の明細を1コマ使って示す。
  8. 告白のセリフには最低1回は「友愛」という単語を使う。
  9. 両想いになれたカップルは時の内閣に感謝する。
  10. キスシーンの前に総理大臣を讃える。


にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ この記事は嘘です!へこの記事は嘘です!
コメント (2)

『HANADA』全2巻/中原アヤ

2010-03-28 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


立てば芍薬 座れば牡丹
歩く姿は百合の花
お色気満載フェロモン全開 完全無欠のお嬢様
花田蘭(16) ここに見参


世間がミレニアムに沸いていた10年前に中原アヤが連載していた漫画、ハナダ。さすがに10年も前の作品なのでヘタクソだ。しかし下手でも天才は10年前から既に天才だった! 心から尊敬する中原アヤのマンガを紹介する時にはどうしたってテンションがあがる!

大会社の会長の家に生まれた一人娘、花田蘭(はなだらん)、お父様のお仕事の都合で少し田舎の高校に転校してきた。あたしはここですてきな王子様をみつけます!!
転校2日目にして大人気の花田をいきなり踏み台にして、びびって座り込んでしまった彼女の顔を覗き込む柏木英二(かしわぎえいじ)は、まともに謝りもせず花田を近所のオカマバーのママに似ていると愉快に笑いやがった!
そんな彼女にスカートが汚れていると高級ブランドのハンカチを貸してくれたのが生徒会長の渡部静流(わたべしずる)。頭に描いてた王子様像そのまま。
しかし花田はお父様から、今回の転校の本当の理由を聞かされる。お父様とお母様は花田が幼い頃、クルージングをしていて海に投げ出され、嫁不足で困っている小さな島の農家に助けてもらった。聞かなくても分かってしまう話の続き。両親の命の恩人の農家の息子が柏木だった! 両親がいい人だからきっといい子だと決めつけて柏木を同居させてしまう両親、翌日から学校で花田を「嫁」と呼ぶ柏木。

お金をとって人助けをしている「チーム柏木」にむりやり入部させられる花田。いいとこのお嬢様と呼ばれ続けて早16年の花田は初めての屈辱と、初めて腹の底から大笑いする喜びを教えてもらう。
手が早くてサドでマゾで変・態の渡部がいきなり花田のファーストキスを奪う。もうしにたい!!と涙を流す花田をかわいいと大笑いして、慰めてくれる柏木は、「オレ気ー長いから」と、時間をかけて花田をその気にさせてやると自信満々に楽しく笑う。
渡部が好きな生徒会副会長の響子(キョンキョン)は竹刀を振り回し花田を殺そうとする! チーム柏木の作戦が裏目に出てミス別丸の人気投票で優勝してしまう花田。ミスター別丸に選ばれるはずだった生徒会長・渡部は柏木に負け、生まれて初めて女の子にキライと言われて屋上から飛び下り自殺をしようとする。その事件を境に、キョンキョンの気持ちは柏木に移り、料理一つ満足にできない花田は胃のムカムカ、心臓の不調から自分は大病だと思い込んでしまう。

毎年秋は白雪姫をやるのが伝統の演劇部。白雪姫に選ばれる花田と、王子に選ばれる柏木。胃と心臓に加えて今度は目までおかしくなる花田。柏木が自分とキスしたくない本当の理由を聞かされ、魔女に役替えした花田は脳内で何かが弾け、キョンキョンにキスしようとする王子を突き飛ばす。体が勝手に動いた病気でもう死ぬんだと取り乱す花田、身体の不調が病気ではなく恋だと教えてくれる葉月。

第2巻。

自分を嫁にしたいという柏木の本心が知りたい花田。持っていると好きな人と両想いになれる人形「ハゲタくん」の入手を依頼されるチーム柏木。
新聞部のすっぱ抜きでデートの写真を撮られただけでなく、花田と柏木の同居が全校に知られてしまう。祝福の声を逆上して否定してしまう花田。いやなら花田ん家出てくよと言う柏木を追い出してしまう。デートの時に柏木が余分に買ったハゲタくんが、葉月の手から花田の手に巡り巡ってやって来る。
「嫁にしたい女」で人気投票したらあんたなんか1票も入らないと、再び花田を殺そうとするキョンキョン。好きな人がカゼをひいているのにどうやって心配すればいいのかわからない花田。病人と世間知らずのお嬢様を残して両親は泊まりで同窓会に行ってしまう。
氷水を頭からぶっかけられ、人の食べ物ですらない野菜いためを食べさせられて完治してしまう柏木のカゼ。
生徒会長と副会長は、二人の婚約を解消させようと実力行使に出る。柏木の嫁になろうと決心した花田は、チーム柏木に依頼する。「ちゃんと仕事してくれたら あたしは柏木くんの嫁になる!!」。
キョンキョンが持ちかけた卑怯な取り引きで、花田の腹は据わる。
好きな人のたった ひと言で 全身にみなぎるこのパワー 恋ってすばらしいわ!!
そして好きな人の前で素直になれなかった花田は、柏木が大ケガをして命が危ないと騙されて、ようやく言えなかった言葉を言える。


夢で描いていた王子様とはずいぶん違うけど
あたしの王子様は柏木くん
まあ いっか
田舎で農家の嫁っていうのも
なかなか刺激があっていいかもね



巻末の前後編『チェキラッチョ』は別冊マーガレット平成12年5月号・6月号掲載。
モテる石田先輩と付き合い始めた瀬戸なつみはいきなり、おさげで女装した男にケチャップで刺殺され、「ブース!」と言い放たれる。
自分を騙し、陥れる姫ちゃんこと姫野真琴(ひめのまこと)が、石田先輩の本性を教えてくれる。石田先輩になつみより先に告白して付き合っている浅丘さんはふわふわした美少女。姫野の最大の弱みを握ったなつみは、彼を服従させ、浅丘さんに告白しろとけしかけて、復讐を企てる。しかし天使のような浅丘さんの本性を知ってしまい、良心の呵責から姫野の片想いを終わらせる。そしてほんとの仕返しはここからはじまる。そのうちあたししかみえないようにしたげるから、覚えてろ!!



お薦め度:★★★☆☆
ダイヤの原石だ的な控え目な褒め方なんか私はしない。『HANADA』は既にダイヤモンドだ。新作を描く度に中原アヤのダイヤモンドはカラットの量が増しまくってきた。「おもしろい」は「すき」の同義語で、世の中を肯定するための言葉だ。天音麻衣と美空くるみに犬のエサを食べさせた時、私の中で中原アヤは人生の師匠になった。巻頭カラー50ページの新作が載るデラマ7月号は永久保存版になりそうです。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】HANADA 中原アヤ 1 2
コメント (4)

『青空エール』第4巻/河原和音

2010-03-27 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



大好きな漫画なのでまた第1巻から読み返しました。
大介が出場した試合で野球部が負ける姿を見て、トランペットを吹いてしまったつばさ。顧問の先生に、自分の身勝手な行動が白翔の伝統に泥を塗ったのだと叱責されて、つばさは初めて会った時から大介が好きだったんだと気付く。
パートの先輩も、容赦なくつばさを詰問する。応援したくて吹いたという理由を責める。今回の事で全員の信用を失い、簡単には取り戻せないと。

好きだと自覚してしまって、「普通」に大介に接することができなくなってしまうつばさ。大介は井手先輩に呼び出され、気持ちをしめてもらう。そして高校生活ぜんぶを野球に賭けると決心する。
自分の靴ばかり見ていた女の子が、空を見上げられるようになる。自分を気遣って呼び出してくれた大介、あわよくばと期待ばっかりしていた自分を恥じるつばさ。ずっと大介の彼女になりたいと思っていて、自分ではこわいから何もしないで、むこうから言ってくれるなんてありえない。
「……私が大介くんのこと…… 友達だと思ってなくて…… 好きだったら 困る?」。

野球に集中したいから付き合うとか考えられないと謝られ、真っ暗になる視界。
後悔したくない、小野の夢も先輩たちの夢もつぶしておいてつきあったりしている場合じゃないという本心が、伝わらない。自分を責めていた吹奏楽部の仲間達が演奏してくれて、ほんとに大好きだった、だけど失恋したんだと改めて思い知るつばさ。ようやくこぼれる涙。
告白したのも初めてで、フラれたのも初めてで、大事な仲間だと言ってくれた大介をムシしてしまった。「だからほんとに ほんとに大好きだったの」というその想い自体がかけがえのない物だ。コントロールできないから恋が迷惑だと言った水島が最も核心をついた言葉をかけてくれる。
「自分で決めれるのは自分の気持ちと行動だけでしょ?」。

人を大事にする方法をまだ一つしか知らない大介に、言いたいことを全部伝えて謝り、感謝するつばさ。
また明日もがんばろうねと笑顔で手を振り、大介のいちばん近くにいる女子になりたかったと思いきり泣いて、もう下向いて何も言えなかったあの時には戻らないと涙を拭い、つよくなるんだと月空を見上げるつばさ。


13TH YELL見開きカラー(『別冊 マーガレット』2009年9月号)


『別冊 マーガレット』2009年9月号表紙。



お薦め度:★★★★☆
試合に負けて悔し泣きすることも、失恋した悲しみで泣くことも、絶対に無駄にはならない。
つばさが大介を好きだと認識するまでの道のりは決して平坦な物ではなく、初心者でありながら伝統のある吹奏楽部の中で全力で足掻いて、ようやくその一員と認められ、努力することの意味を自分なりに学んだその過程と帰趨(きすう)として「好き」だという自分の感情に気付いた。それを告げれば大介からは違った答えが返ってきたかもしれないけど、初めて人を好きになった子にそんな説明はできないし、そんな説明で告白された者の意志が容易くは左右されない面もある。
大介もつばさも全力投球したから泣くのだから、「泣いた」ことをいつか誇ってほしい。全力を出していないのに泣いてはいけません。泣くのは頑張った者の特権です。どんなに頑張っても人は絶対に後悔するもので、その「後悔」も含めて自分の全力だったのだから、泣いたことを恥じる必要はない。それは精一杯生きた証です。




にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】青空エール 河原和音 4
コメント

『俺様ティーチャー』第7巻/椿いづみ

2010-03-26 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


ついにこのマンガも「男の娘」とか言い出しちゃいましたよ。作者じゃなくて帯を作る人が。
しかし椿いづみさん、それは自業自得です。あなたは暴走しすぎなんです(笑)

賭けにまつわる全ての事を、雅は忍に、鷹臣くんは真冬に話す。本当に賭けていたのは緑ヶ丘学園だと。雅の父の本当の職業は不動産屋で、私立の学校というのは会社みたいな物。真相を聞いた真冬は目を潤ませる。そんな真冬を面倒くせぇ奴だと、「巻き込みてぇくれぇ気に入ってて 巻き込みたくねぇくれぇ気に入ってんだよ」と笑いかけて頭をなでてくれる鷹臣くん。ずるい、めちゃくちゃ嬉しいと、くしゃくしゃになっている入部届けを突き出す真冬。

風紀部の活動と、せめて期末テストでいい点を取って学校の偏差値に微々たる貢献をすることで足を引っ張るまいとする真冬。尻が痛くなるので長時間イスに座っていられないというわけの分からないハンデを克服しても、ノートはラクガキ、置き勉は当たり前。忍の指導で「丸暗記」という力技でテストを乗り切る真冬がとても高校生。大化の改新の中心人物はちゅうだいあにしろおうこ! 「まじめに勉強をする高校生」は本物の高校生じゃありません!(笑)

鷹臣くんの言葉に心を動かされ、「私の高校生活 捧げてやろうじゃないの」と決心した真冬だけど、第37話から夏休みという名の番外編のオンパレードです。
帰省した真冬は家を追い出され、もうトップじゃないからというお情けで西校番長の桜田に遊んで「もらう」。浴衣美人の桜田に女として負ける真冬! 二人を夏祭りで見かけた寒川・現番長は、あれは真冬さんじゃないと否定する。かつての仲間は真冬を歓迎してくれるのに、寒川だけは自分を睨み、無視する。そして真冬の前から逃亡。
熱中症で勝負から脱落して「おれに いちばんに あいにきてほしかったのに」と涙ぐむ寒川の本心。

『舞苑リターンズ』で怪談をしていた男は四津谷(よつや)。四谷ではなく四津谷。この連中は未だに「真冬さん」と「真布湯さん」を混同している。青春とは勘違いと食い違いを混ぜ合わせたバカバカしい物だからまぶしい。

『ザ花とゆめ』平成22年2/1号掲載の番外編『五条鷹臣のウィークポイント』は未読でした。第1巻第4話へつながる、ガキは嫌いだという鷹臣くんの回想。ケンカする奴は怖いかと訊かれて「え? いや別に…」と答えていた真冬。打たれ強い真冬は実は舞苑よりもマゾなんじゃないのか?(笑)
『東西南北 夏祭編』の四コマは描きおろし。携帯はマストアイテム、黒崎真冬は女。従って「黒崎の彼女」は実在しない。



第37話カラー扉(『花とゆめ』2009年18号)

おようふくが好きなんですね。

『花とゆめ』2009年15号表紙。



お薦め度:★★★☆☆
みんなバカでかわいい。高校はお勉強なんかをする所ではなく、青春を謳歌する場所で、大人になってから「あの頃の自分はなんてバカだったんだろう」と振り返って赤面する、そんな思い出を作るための場所です。
「大きくなったらうさぎさんになりたいですっ」という願いがこんな形であっても叶った真冬。ラブリーウサちゃんマンは愚かしくても、否、愚かしいからこそ青春の象徴です。高校生は誰しもカバンの中にウサちゃんマンのお面を持っている。人は心の成長過程で「自分は正義」という根拠のない自信を持つ時期があって、番長の座から引きずり降ろされたりケンカに負けたりすることで打ちのめされ、初めて「正義」には複雑な意味があると思い知る。女装もバカ騒ぎも犯罪にならない範囲内では大いに結構。くさらずにまっすぐ育とう、青少年。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】俺様ティーチャー 椿いづみ 7
コメント

『境界のRINNE』第3巻/高橋留美子

2010-03-25 | 少年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



桜とりんねのクラスに転校生がやってくる。霊が見える、お祓い屋の家に生まれた十文字翼(じゅうもんじつばさ)。翼が一方的に桜を想い続けていただけで、話もかみ合わず、「三角関係すら成立しない」という構図をコメディにしてしまうのが高橋留美子! 『うる星』を読んで育った我々はもう手放しで絶賛するしかない。

真宮桜。未練を残してこの世に留まっている霊が見えてしまう彼女の目に、世界が「優しい物」に映っているというのが、現時点でのこの作品の魅力の総てだと言ってもいいだろう。
霊が見えることを秘密にし、霊を無視するか見守ることしかできなかった彼女がりんねや魔狭人、翼たちと関わるようになって、今まであまり表に出そうとしなかった感情も正直に口にできるようになればすごく嬉しい。幼い頃から霊を見てきた彼らは、悲喜こもごもに世の中の本質を見せつけられているようで、実は目の前の現状を冷静に分析することを優先せざるを得ない。リカが、りんねが桜を好きでチラ見していると指摘しても、桜の目にはりんねはサイフをガン見しているように映ってしまう。りんねは借金を返済することに必死で、翼はりんねを出し抜くことに必死で、桜は自分の目で見た物をありのままに受け入れて世界の総てを優しく見守る。誰のことも特別扱いせず、かといって誰も憎みはしない桜の心を奪い、彼女の恋人になれる者はまだいない。

本当はこの漫画のレビューなんか私は書きたくない。だからもう書かない。というか書けない。私はこの作品に対しては「愛情」以外の感情は抱くことはできず、褒めちぎることしかできないのだから。
高橋留美子の漫画は、思春期に於いて私に「オタクになることの意味」を教えてくれた作品だ。漫画を愛し、それを原作としたアニメを愛し、声優も好きになり、イベントにも行き、イラストを投稿して読者コーナーの常連になり、やがて本格的にペンを執って同人誌活動を始めた。そういうことの総ての意味を、るーみっくわーるどは教えてくれた。だから高橋留美子作品だけは、私は絶対に否定することはない。それを否定することは楽しい思い出を沢山くれた、オタクとして生きた自分の青春だけでなく、今の自分まで否定することになるのだから。
伊●先輩ありがとう! 私がオタクになれたのはあなたのおかげです!


お薦め度:★★★★★
第4巻以降も買い続けますが、今後は記事は書かないかもしれません。私には褒めることしかできません。
10代の若い読者がこの漫画を度合いにして「100」愛しているとしたら、私は「120以上」愛していると断言できる。
同時発売された第1巻・第2巻の記事は一応、書いてあります。(→過去記事)



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少年マンガへ少年マンガ

【検索用】境界のRINNE 高橋留美子 3
コメント

『ノノノノ』第10巻/岡本倫

2010-03-24 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


ヘンタイ度が増してきて再び楽しさも増しました。
新キャラの大量出現で、ノノのオリンピック金メダルはますます遠のく。

遠野実業の伊東賢一(いとうけんいち)、10年も自分の面倒を見てくれた彼女に、「インターハイで優勝したらお前と付き合ってもいい ご褒美だ」というくだりは最高でした。
天津を好きなノノの気持ちも切ない。スキー部同級生の3人だけの、天津の壮行会。タバスコの一気飲みで腹を壊した岸谷がトイレに行っている間に、ノノと天津が交わした「男同士の会話」。悠太の本心を立ち聞きするコウロギ。

ノノが帰宅すると、先に風呂に入っていいと言うコウロギ。「背中流してあげる」と大サービスされ、バレちゃうと必死で拒むノノ。

インターハイでは、ノノが女の子だと見抜いてしまう男の娘キャラの登場。月山商業の鷺坂(さぎさか)。


そして選手宣誓で大口たたく赫。
月山商業の禰?田(ねぎた)とすれ違った時、ノノの体は危機を伝える。

旅館で腹が減ったからメシとエロマンガを買ってこいと言う皇帝が一番の爆笑でした。
「こ 皇帝… エロマンガは一体 何に…」
「バカかお前!? オカズにするに決まってんだろ!!」
「… どこで…」
「ここでだ!!」(笑)

お前になんか石コロ程度にも期待していないと表面では罵り、実は岸谷に期待している皇帝がとても良かった。



お薦め度:★★★☆☆
スキーとかオリンピックとかよりも「女の子」を捨てたノノの想いの行方が気になります。
ノノは友達としてコウロギが大好きで、男として天津が大好きで、コウロギとノノの前ではじんましんが出ない天津は二人を「尊敬」していると言う。
「性別を捨てる」こと、「戸籍を捨てる」ことのつらさを、あくまでもフィクションとして、楽しい変態ラブコメとして描いてほしいです。あまりダラダラ続けずに、飽きられない程度の適当な巻数で。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ青年マンガ

【検索用】ノノノノ 岡本倫 10
コメント (2)

「言う」と「云う」と「謂う」

2010-03-23 | Weblog
 
日本語には「いう」という動詞がある。広辞苑によればその意味は、言葉に出すこと、呼ぶこと、世間でいい慣わすことなど。求婚や約束も意味し、擬音に付くこともある。
どの漢字を充てるのかは明確にされていないが、「言う」「云う」「謂う」の三つが代表的だ。
漢語林を引くと、「言う」は語ること、話すこと、述べることを意味し、文字としては辛に口と書いて、「辛」は刃物を象徴している。
「云う」は雲の古字で、云為(うんい)と書いて世態人情を意味する。
「謂う」は言と胃から成り、語ることと述べることと告げること、批評や趣旨も意味する。

私は中国語が一言もできないので、漢字を発明した中国でこの三つをどう使い分けているのかは全く知らない。だからここからは、独断による日本語に於ける私の使い分けだ。
sayという動詞として使う場合に最も馴染み深いのが「言う」だ。小学校低学年の内に習う漢字なので誰でも知っている。
「麻衣は水無月が好きだと言った」と書くのが普通なので私はそうしている。
"Mai said that she loves Minaduki."ということだ。

「云う」は「言う」に比べると、言葉を発した者である主語が曖昧で、言葉の真偽も明確ではない印象がある。
「コイーバは最高のシガーだと言われている」と書いても誤りではないが、コイーバを最高のシガーだと言い出した者が誰なのかは分からないし、最高のシガーだという評価も絶対的な物ではない。
だから「コイーバは最高のシガーだと云われている」と書くと私としてはしっくり来る。
この場合はsaidというよりcalledに近い。世間ではそう呼ばれているという意味だ。
「アメリカと言う国がある」と書くと不自然な感じがしないだろうか。ある国家が「アメリカ」「アメリカ」と口に出して連呼しているように読めてしまう。
「アメリカと云う国がある」と書けば、「アメリカと呼ばれている国がある」という意味合いに近付く気がする。
"There is a nation called America."は文法的に正しいが、"There is a nation said Amarica."と書くと何を意味しているのか分からない。

「いう」は口語では「ゆう」という発音になる。「そういうこと」は「そうゆうこと」に聞こえる。この「ゆう」に一番近い漢字が「云う」だと私は思っている。「そうゆうこと」を無理に漢字で書けと言われたら、「そう云うこと」と書くのが私の習慣だ。
ただし、「そうゆうことをゆうな」は「そう云うことを言うな」と書きたい。

「謂う」は基本的には「言う」と同じだと私は思っている。ただし語気としては「謂う」は「言う」より強く鋭い。「謂」の「胃」は、ある概念をはっきりかこみ区別して言うの意味を表している。偉そうな物言いは「謂う」と書くことに私はしている。
「教団の教祖は自分が正義だと謂った」と書くと字面が汚らしくなるのでしっくり来る。

全く以て個人的な見解に過ぎないが、「言う」は"say"に近く、「云う」は"call"に近く、「謂う」は"remark"や"declare"に近いと私は思う。

今回、漢字の成り立ちを調べていて興味深かったのは、我々が日常会話で最も頻繁に使う動詞「言う」が辛+口から成り、「辛」が刃物を象徴しているという点だ。

「仁菜子はもう蓮を好きではないと言った」ことにより蓮は傷付くが、「クラスの女子が安堂をかっこいいと云っている」ことは安堂にとってさほど重要ではないと云うことになる。
「コトバ」は大切にしてほしいものだ。
ただしこの記事はきちんと検証して書いた物ではなく、雑談から生まれた物に過ぎないので鵜呑みにしないでほしい。ネット上の情報など、所詮はいいかげんな物なのである。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 正しい日本語へ正しい日本語
コメント (4)

学校の給食

2010-03-22 | daily
 
たまたま手にした週刊誌に「小学校の給食」の写真記事があり、「エサ」だと罵られていた。こんな給食なら残しなさいと栄養士がコメントしていた。
甘ったれるんじゃない。学校の給食は食事を楽しむ物ではなく「教育の一環」だ。

小学生の時、学級会で給食を残す生徒がいると議題になり、生ぬるい議論を聞いていた担任の先生はとうとう私達を怒鳴りつけた。「給食は授業です!」と。
一言一句覚えているわけではないが、小学生だった私達の担任によると、給食は4時間目と5時間目の間にある「もう一つの授業」で、給食には壮大なテーマがあると私達は延々と叱られた。私の通っていた小学校はいわゆる「給食センター」から運ばれた給食が配膳されるのではなく、「給食のおばさん」が学校内の調理室で調理してくれ、我々生徒が交代で給食当番を務め、「いただきます」とお礼を言ってそれを受け取り、教室まで運んだ。
メニューは大抵、シチューのような物とパンと牛乳だった。お世辞にも豊かな食事とは言えず、三角食べも身に付かないお粗末な物だった。しかし給食当番の号令で「先生いただきます、皆さんいただきます」と合唱して一斉にそれを頂いた。この不味い食事で空腹を満たしながら世界には飢餓に苦しんでいる人々がいることを心に刻み、食事を作ってくれる人がいることに感謝し、配膳と片付けを自分達で行う事によって集団行動を学ぶ。それが担任から聞かされた「給食のテーマ」だった。だから残すことは断じて許されなかった。

家庭で豊かな食卓を囲んでいれば子供の舌はきちんと育つ。学校の給食は「授業」だと思ってがまんして食べろ。
愛子内親王のご登校問題が注目され、教育は家庭と学校の両方で行う物だと、当たり前のことが今さら言われている。
「食」に関して言えば、学校は「食料を取り巻く状況」は教えてくれても「食文化」を学ぶ場所ではない。食文化は家庭で教える物だ。
一汁一菜は基本に過ぎず、季節の物を使いながら毎日違う物を子供に食べさせ、箸遣いも教える。肉だけでなく骨のある魚も食べさせる。それが食に於ける家庭の役割だ。

マグロの問題が取り沙汰され、回転寿司の店内をテレビで見る機会が最近は多かった。ある時テレビを見ていたら、幼稚園生くらいの子供が寿司と一緒にソフトクリームを頬張っていて仰天してしまった。
もともと私は回転寿司を寿司屋だとは思っていない。回転寿司は牛丼チェーン店やハンバーガーショップと同レベルのファーストフードだ。しかし仮にも寿司を食っている席でソフトクリームを子供に与える親の気が知れない。こんな親に育てられたら将来はコンビニ弁当とジャンクフードで腹を満たし、栄養素はビタミン剤やサプリメントで摂取すれば構わないという不健康な大人になってしまう。

愛煙家らしいシメ方をさせてもらうが、禁煙するから健康になるのではない。健康の秘訣はバランスの取れた食事と適度な運動、充分な睡眠と規則正しい生活だ。内臓疾患などの大病のファクターは、遺伝を除けばほぼ生活習慣とストレスだ。マンガが面白くてご飯が美味ければそれでいいじゃないかというテキトーな生き方をしてこられたのも、傍らにタバコの煙があったからだと私は思っている。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
コメント (2)

宗教は甘んじて弾圧されろ

2010-03-21 | Weblog
 
ブログランキング・にほんブログ村へ


昨日3月20日は「地下鉄サリン事件」が起きて15年目であった。フジテレビはテロの記憶を風化させてはならないと、ドキュメンタリードラマを放映した。

1995年3月20日早朝、テロ集団「オウム真理教」が首都中枢を走る地下鉄複数の車輌に神経ガスを撒き、6000人以上を死傷させた。事件当時、私は選挙権を得たばかりの二十歳の学生で、大学の自治会は反米と国家転覆を叫ぶ新左翼に牛耳られていた。事件当日の朝、外交官であった父は霞が関に出勤し、キッチンでテレビを見ていた母は報道で事件を知り、驚愕して電話で外務省に父の安否を確かめた。一歩間違えば私の父も化学兵器の犠牲になっていたのだ。

事件の数日後、添付画像のような怪文書が私の住んでいた地域にはポスティングされ、メディアでは広報担当だという男が連日、宗教を弾圧するなと詭弁を弄した。
笑わせるな。オウムは宗教ではなくカルトだ。そして全てのカルトの根幹は陰謀と洗脳だ。百歩譲って自分達の組織が「宗教」だと謂うのなら、甘んじて弾圧されろ。

私の家系は曾祖父の代からクリスチャンだ。大正期には迫害されロシアから亡命してきた正教の信徒を匿ったこともあると聞いている。宗教とはそもそも弾圧されて当たり前の物だ。
キリスト教も仏教もおよそ「宗教」と呼ばれる物はそもそも「信教の自由」という概念など無かった古(いにしえ)の時代に生まれ、迫害を乗り越え長い年月をかけて「宗教」と世に認知されるようになった。俗人が金儲けのために宗教法人の認定を受け、先人が勝ち取った「信教の自由」を曲解するな。宗教を名乗りたければまずは弾圧されろ。そして政治思想を持つな。財産を持つな。権力に寄生するな。創始者は己の存命中に教義が受け入れられると思い上がるな。弾圧された者もこれ見よがしに迫害の歴史を誇るな。

「表現の自由」が限定的であるのと同様、「信教の自由」も無条件に認められる物ではない。
だがこの二者には根本的な違いがある。そもそも漫画家を含む作家は国家の庇護のもとにはあらず、その多くは生活の保障などされずにマンガを描いている。日本はキリシタン狩りの歴史はあっても仏教には寛容すぎる国で、宗教法人は納税の義務さえ免れている。国は宗教を甘やかすな。全ての新宗教を等しく弾圧しろ。俗人が宗教を自称するなら甘んじて弾圧されろ。

関連記事。
宗教CM



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 宗教へ宗教
コメント (2)

『花とゆめ』2010年8号

2010-03-20 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログへ


マグロは「食べるため」に存在している。花とゆめは「読むため」に存在している。寿司屋も本屋も大好きです。


『モノクロ少年少女』#22/福山リョウコ
溺れた呉羽を助けた右京、そこに現れた黄苑。跪(ひざまず)けと言われて従ってしまう右京。

呉羽の胸のモヤモヤはそのままに夜は更けて、誰の差し金なのか来られなくなる設営業者。緊急生徒総会で予定変更を告げるシロ制服。
「人間学で習ったよ 人間界では手作りだって 自分の手で作り上げたらぜったい何か残る 私は生徒会で何かを作るといつもすごく嬉しい」。
そして呉羽は、黄苑に服従させられている茅を見てしまう。


『LOVE SO LIFE』第24回/こうち楓
2年に進級し、田神さんと同じクラスになる詩春。妹とずっと比べられてきた田神さん。そんな彼女を平手打ちする梨生。
梨生と田神さんは相性良いと見抜いてしまう詩春が良かった。詩春は良い子ぶってるというより天然であれなんだよね。


『月刊なかとば』/山口舞子
四季の春が大好きなんだって!(笑)


『王子と魔女と姫君と』STORY.7/松月滉
最愛の人を亡くした父に、どうやって運命の人を見つけるのかと訊けない昴。逆ハーレムではなくふつうのハーレムを欲しがる昴に、毒舌の米子さんがいいこと言ってくれる。愛でられることに慣れていないから煤原くんは話しやすい。
派手めな用務員さんと思っていた人が、実は昴の運命を見届ける小津魔姫(おづまき)理事長。
『NGライフ』という傑作がつい昨年まで連載されていたので、この作品は「前世」という切り口ではそうとう苦戦しそうです。


『浪漫描き』/宮山あい
ショートギャグ。絵が浮世絵でノリが時代劇の少女漫画が爆笑。叶わぬ恋と知って三角関係の責任を取って刃物で自害するヒロイン(笑)
この人にはまた描いてほしい。


『声優かっ!』voice.17/南マキ
姫と二人きりにしてくれと言った瑞希。部屋の中ではつかみ合いのケンカ! 忘れろという罵り合い!
ここに来て壮絶なコメディを入れてくるのが予想外で、すごく面白かった。第3巻が出る頃にまとめ買いするかもしれません。
「君は僕の過去なんか知らなくていいんだ 真っ直ぐ自分の夢だけ みて」。
そして瑞希先輩のおかげで王子声が出せたと笑いかける姫。その真っ直ぐな笑顔が紗奈と重なり、姫を抱きしめてしまう瑞希。


『俺様ティーチャー』第47回/椿いづみ
街で黄山校に次々と絡まれる桶川と後藤。
神隠しの謎を暴いた夏男(実は今の番長なんだよね!)は、大差でメイド喫茶派を勝利させる。「初めから ちゃんと話し合えば良かったな…」(笑)
本編(賭けのほう)もきちんと進んでる。文化祭ができるのは鷹臣くんのおかげです。


『およめごっこ』/平間要
読み切り。小説家の仰乃木(あおのぎ)さんの家でおよめごっこをしている川口麻生(かわぐちあそう)、12歳。
心からおつとめしたいという気持ちが可愛らしかった。
『センゾク』も好きでした。


『星は歌う』第50回/高屋奈月
ユーリが「お日様」だったというサクヤの回想。
サクが笑えてる理由に自分が入っているんだというユーリの愛が深い。正直に人を好きになれるその気持ちはとても美しい。
お日様よりアルファルド(千広)というサクの選択もいつかは変わるのかもしれません。


『花と悪魔』episode.47/音久無
魔界から戻ってきた皆。プロポーズしてしまったことにもんもんとするはなちゃん、ひたすら疲れた桃。
「こんな事」に巻き込んだことを謝るはなちゃんに、「こんな事」ではなく「何よりも大事な事」だったんだろと言ってくれる桃。

魔界の瘴気にやられ、はなちゃんと同じように倒れてしまう桃。往診に行くフェルテン。そして桃は、魔界が今、未曾有の危機にあると聞いてしまう。
ずっと無気力に生きてきたビビがどんな決断を下すのか楽しみ。


『今日も明日も。』Step.37/絵夢羅
あれが稜ちゃんの本心なのか、今まで「仕方なく」自分の相手をしていたのかと仕事場に足を運べないちか。気持ちを切り替えてネームを仕上げ、仕事場に向かうと「師匠」はいない。
こっそり見に行こうと言い出すよっちゃん。自分はあいまいにして大事な事はぜんぶ人にまかせている稜をずるいと言うちか。

「甘い稜ちゃん」に依存しているんだと再びちかを突き放す稜。
ちかが「男の汚さ」を思い知って、それでも稜が好きだと思い直せるといいですね。


ここのところ毎号あるふろくはステーショナリー。次号のボールペンとシャーペンは実用的なので使うと思います。
スキビがお休みで寂しいと初めて思いました(笑)
神様はじめましたと暁のヨナといっしょにねようよが再開されるので次号は楽しみで仕方ありません。もしかして次号って単行本を買ってる連載が全部揃うのか?


にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】花とゆめ 白泉社 201008
コメント

『鉄腕バーディーEVOLUTION』第1巻/ゆうきまさみ

2010-03-19 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



高校入学直前のある日、千川つとむは
地球に現れた宇宙連邦捜査官バーディーの
捜査ミスで誤殺されてしまい、
バーディーの肉体に記憶と精神を宿す二心同体の生活に。

それから3年ほどの月日を経て…
彼と彼女はいま、新たな事件と対峙する--



『ヤングサンデー』休刊により、仕切り直して『ビッグコミックスピリッツ』で再開された新章の第1巻。
つとむの中のバーディーは長い眠りに就き、高校を卒業したつとむは浪人生になり、米国の宇宙飛行士が月面でオプラ=ガルテの残骸を発見して幕開け。
浪人中のつとむと須藤のやる気のなさからして良い幕開けです。女子大生の早宮に想いを寄せる須藤に「早宮は身分気にするタイプじゃないぞ。」と何気ない一言をかけるつとむの自然な友情もいい。
アグニグループのアグニエレテックに就職している姉のはづみ。うさんくさいケータイ占い機能を担当させられているという新入社員ぶりが爆笑。入社したての頃はくだらない仕事しかさせてもらえないよね(笑)
バイト先の室戸さんから仕事を頼まれ、人体実験のデータだという物を受け取りに行くつとむ。進化した人形に襲われる、そこの社員の高柳縁(ゆかり)さん。2年ぶりに覚醒するバーディー! 第1話からさっそく盛り上がります。



ゴメスも表の顔と裏の顔を持ちながら浄火学館と繋がりを保つ。教団の中で成長していた永遠(とわ)様がちょっと可哀想に見えた。
アメリカが月ロケットを打ち上げたことにより、日本の防衛省もアンノウンの脅威への対策を前任者から引き継ぐことに。そして防衛省幹部と教団の癒着!
ルポライターの真田かをりは、ホームレスとなった元・防衛省特別参事官の重信を捜し当てる。
氷川の人体実験を、3年前はまだ存在しなかったアグニケミカルが引き継いだ、そのデータを持ち出してしまい、帰る場所をなくす高柳さん。彼女が情報を提供した毎朝新聞は、毎月一日にアグニの全面広告を打っており、新聞社にとっては大事なお客様だと指摘する室戸さん。

そして毎朝新聞の久保塚からデスクが会いたがっているという電話をもらい、高柳さんは外出してしまう…。タクシーで追い、バーディーに入れ替わり追いかけたその先には、完全に停止させるのに10秒かかる人形が三体。二体増えて20秒追加!

人体実験で弟を亡くした高柳さんと、つとむを心配する姉のはづみ。姉に心配をかけるようなことはしないと約束しろというのが最期の言葉になった高柳さん。バーディーが眠っていた2年の間に「自分の死」を肯定的に捉えられるようになったつとむの成長も良い。


2009年6・7合併号の第8話のカラーページが手元にありました。




お薦め度:★★★★☆
仕切り直しのプロローグに留まらず、きちんとこの1巻だけで読みごたえがありました。

昨日の記事では簡潔に書くために省略しましたが、補足するとマンガの基本とは「暴力」「セックス」ともう一つが「笑い」。その笑いも元々は差別と偏見から来る、不謹慎で不健全で下品な物だったんです(私は文庫でしか読んでないけど『天才バカボン』とか)。
マンガとは本質的に「不健全な物」なんです。
少なくとも30年はマンガを読み続けているので、偉そうなことを書かせてもらいます。40年50年と読んできた先輩方はバカな政治屋どもを罵ってやって下さい(笑)



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】鉄腕バーディーEVOLUTION ゆうきまさみ 1
コメント (2)

2010-03-18 | たばこ
 
にほんブログ村 漫画ブログへ


東京に住んでいても伝統という物を様々に考えさせられる出来事が多い。
マンガとはそもそも「暴力とセックス」であり、喫煙は煙を喫するから喫煙と云い愛煙と云い、smokeという動詞である。
嗅ぎたばこを嗜むことを「喫煙」とは謂わない。
だがJTは5月から東京限定で煙の出ないタバコの販売を始めると謂う。

私は1974年に生まれ1980年代にマンガを読んで育った団塊ジュニアだ。30年間マンガを読み続けてきた。タバコは15年間吸い続けてきた。どちらも辞めることはないだろう。
コロコロを自分の小遣いで買っていた。クラスの最大勢力はジャンプ読者で、女子からりぼんを借りていた。今は花とゆめと別マと週漫スペシャルを買っている。
80年代に少年だった我々の心をつかんでいた出版社は、マンガとは「友情」「努力」「勝利」だと謂った。だが我々にとっては「暴力」「セックス」だった。「アクション」という綺麗な言葉を使っているがそれは「暴力」のことで、「恋愛」と言い換えられていてもそれは「セックス」だった。

そこでこの記事には『コブラ』の愛蔵版第1巻の画像を添付してみた。葉巻きを吹かす主人公は、サイコガンで人を撃ち殺し、女を抱きまくる。

「煙の出ないタバコ」とは、「暴力とセックスを除外したマンガ」という意味だ。

シガリロを愛煙するゴルゴは40年以上、人を狙撃し続けている。

35歳の若造が考える「伝統」と、50代60代の政治家が考える「伝統」には隔たりがあるのだろうか。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 煙草、タバコ、たばこ!へ
煙草、タバコ、たばこ!
コメント (2)

一千万総懺悔

2010-03-18 | 今日は旧暦のエイプリルフールです
 
にほんブログ村 漫画ブログへ


平成22年夏頃、東京都民一千万人が総懺悔を行います。
東京都は長年、アグネス連合国軍と交戦状態にありましたが、新型爆弾「コミカルボーイ」が6日に秋葉原に、「マニアマン」が9日に池袋に投下され、14日頃に無条件降伏しちゃうみたいです。

我々1千万東京都民は、世界の子ども達の人権を侵害してきたことを総懺悔し、これよりマンガの墨塗りにとりかかることになりました。
東京都民の皆さん、あなたの自宅にあるマンガは世界の子ども達の人権を侵害しています。あなたがマンガを読んで笑ったり、感動したり、勇気をもらったり、感心したり、元気になったり、楽しい気持ちになったり、嬉しい気持ちになったりする度に、あなたの精神は歪み、罪のない子ども達が犠牲になってきました。
都内の刑務所に収監されている犯罪者100人にアンケートを行ったところ、8割が「1回以上マンガを読んだことがある」と答えました。よど号ハイジャック事件を起こしたテロリスト達が『あしたのジョー』を愛読していたのは有名な話です。
これは都内に住む35歳の容疑者の部屋から押収されたマンガのほんの一部です。

この男はコンビニで『ゴルゴ13』を立ち読みしているところを取り押さえられ、「新作はエコカーネタで面白かった」と容疑を認めました。
この負の連鎖をここで断ち切らなくてはなりません。さあ、勇気を持って過ちを正しましょう。

手順。

  1. 墨汁と筆を用意します。
  2. マンガを1ページ目から開きます。
  3. まず女性キャラクターの胸を黒く塗りつぶします。
  4. 顔を塗りつぶします。
  5. 服を塗りつぶします。
  6. 胴体を塗りつぶします。
  7. 手足を塗りつぶします。
  8. 国粋主義的な表現を訂正します。(例:「高校1年生」→「高校1年生(留年3回目)」、「学校」→「会社」)
  9. 男性キャラクターも同様に塗りつぶします。
  10. 中性キャラクターも同様に塗りつぶします。
  11. 動物も同様に塗りつぶします。
  12. 植物も同様に塗りつぶします。
  13. 背景も同様に塗りつぶします。
  14. あなたのマンガが健全なマンガに生まれ変わりました!


にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ この記事は嘘です!へこの記事は嘘です!
コメント (2)   トラックバック (1)