アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

「聖戦士ダンバイン」

2006-01-26 | 漫画・アニメ・ゲーム
もうびっくりです!
友達が教えてくれたんですけどね、「聖戦士ダンバイン」~私の大好きなアニメーションの一つ~の続編が制作されてるんです!
「リーンの翼」(≧▽≦)

10年前に「聖戦士ダンバイン」のLD-Boxが出た時にはもちろん買いました!

pcj.gif

この作品を観たことのない人はただのロボットアニメだと思うんでしょうが、実は立派な「ファンタジー」でもあるんです。
「バイストン・ウェル」という「海と陸の間にある世界」、つまり「生」と「死」によって隔てられた世界が舞台の作品です。

pcj.gif

アニメは「ア」の国の地方領主ドレイク・ルフトの野望から始まるんですが、実は富野さんの『オーラバトラー戦記』という小説でドレイクがガロウラン(最下等の妖精)の呪いに取り憑かれたというエピソードが描かれております。

pcj.gif

pcj.gif

pcj.gif

コモン(バイストン・ウェルでいうところの「普通の人」)の野望に利用されたエ・フェラリオによって禁を破って地上世界から地上人(ちじょうびと)をバイストン・ウェルに召還したことから世界の因果が狂うのです。

私に「リーンの翼」の新作のことを教えてくれた友達は「レーザーディスク」が何なのか知りませんでした。
今はDVDが主流だからLDって知らない人多いのかな?
LDはDVDと同じくAVメディアでして直径30センチの円盤です。

pcj.gif

音声信号はデジタルですが、映像信号はアナログでDVDのように圧縮されておりません。
実はLDはCDより発明が先だったんです。
LDの素材はアクリルですが、CDは例えば車のオーディオでも使われる(高温に晒される)ことも想定して耐久性のあるポリカーボネイトが素材ですよね。




新しい「リーンの翼」は旧作とはまるで別物のようで発売が本当に待ち遠しいです!
pcj.gif
コメント (3)   トラックバック (1)

カンボジア

2006-01-25 | たばこ
今日はメル友がカンボジア旅行のお土産に買ってきてくれたシガレット2箱を吟味してみました。
"Cambo VIRGINIA" と "LIBERATION"です。

まず第一にどちらも包装がかなりお粗末なんですね(^_^;

もちろん私はクメール語は読むことができないんですが、
pcj.gif

最初のやつは裏面に英語で "LIBERATION" と書いてありました。
pcj.gif

クメール語ってのは右から左に書き、表音文字だそうです。

2箱のうちどちらから吸おうかと迷いまして、"Cambo VIRGINIA" が国名が銘柄名に入っていることから現地ではポピュラーな銘柄かと思ったのですが、なんとなくアジアの雰囲気があるので "LIBERATION" から開封してみました。

これが "LIBERATION"'s の側面に書かれていた文章で当然読むことはできません(笑)
pcj.gif

第一印象としましては、癖のある味で、バーレー葉(註)が前面に出て自己主張している感じでした。
タール値は9mg前後だと思います。

My first impression is that it has a taste queer and the filter is not charcoal.
Not a very refined mix and Burley* is coming to the front.
The tar value maybe around 9mg.

(註)バーレー葉
たばこ葉は7種に分類できます。
-ヴァージニア
-オリエント
-バーレー
-ケンタッキー
-キャヴェンディッシュ
-ペリク
-ラタキア

バーレーは刺激があるために商品化の際には再加熱処理をしてそれを緩和しております。
「ラッキーストライク」などの銘柄です。

"Cambo VIRGINIA" は "LIBERATION" と比較すると若干上品な味でした。
"STYLE IN LONDON・NEW YORK・PARIS" という文句がパッケージに刷り込まれており、また "Virginia" というシガレットの基本的なブレンドという感じですね。
pcj.gif

タール値は10mg前後でしょう。

従来のシガレット(紙巻きたばこ)はヴァージニア葉とオリエント葉をブレンドするだけという純度の高いものでしたが、1913年に「CAMEL」が今までは紙巻きには適さないと言われていたバーレーをブレンドして香料を添加して発売しまして、この手法を「アメリカンブレンド」と呼びます。

現地から友人が送ってくれた絵はがきです。

pcj.gif

pcj.gif

何はともあれ私のたばこコレクションに新たに2箱加わって嬉しいものです。
コメント

新年

2006-01-21 | コレクション
どーも゛~。皆様あけましておめでとうございます(遅っ)
ブログ書くのすごい久し振りですね。
いやぁ、去年の年末からすげぇ忙しくて、で、今度は別の理由で忙しくなってしまいました。
更新をサボっていた間に色々とお手紙も届きましたのでここに載せておきませう。

pcj.gif

台湾に住んでるドイツ人のメル友からです(仕事の関係でエディンバラに引っ越したとのことです)。
この間3通の手紙を頂きまして、色々と魅力的な物が同梱されておりました。
外国のシガレットや年賀状、彼と彼の奥さんの写真、それから一番嬉しかったのが台湾のメータースタンプを大量に送ってくれたことです。

pcj.gif

もう一つが Jacques C. Schiff, Jr., Inc.からの手紙です。
pcj.gif

どういうわけか私がInternational Society of Japanese Philately の会員ということをご存じで(多分Japan-Japanからリンクを張って頂いてるからでしょう) Schiff auction のメンバーにならないかとのお誘いでした。
断る理由もないし、フォームに記入しておきました。近日中に送ります。
一つでも多くのオークションを知っていると便利だし。

pcj.gif

pcj.gif

年が明けたのにまた忙しくなってしまった理由は、同時に2つの切手展に出品しなくちゃならなくなってしまったからです。
Swan River Stamp Show 2005で去年EMERALDを獲得した時に次の River City 2006 切手展へのエントリー案内が入っていたんですね。
こちらは時間的に余裕もあるし、出品する予定で「EURASIA」という作品の準備に取りかかりましたが、

pcj.gif

今頃ギリギリになって Canberra Stamp Show 2006 切手展へのご参加をどうぞって手紙がオーストラリアから届きました(搬入締め切りが3月だよ!).
2つ目の切手展のことなんか考えてもいなかったから何の準備もなかったんですが、せっかくのチャンスですし、今から作品を準備して出品させてもらうことにしました。
ATM(自動化切手)のコレクションにしようかと思ってとりあえずトップリーフだけつくってみました。

pcj.gif

私のATM収集歴はほんの数年でして(前述のドイツ人のメル友がATM収集の大先輩です)、自分の乏しいコレクションでどこまでできるか挑戦してみます。
コメント