自然ウオッチングセンタースタッフのブログ

北海道札幌で、自然観察や環境教育を通し、自然とのふれあいを進め、自然への理解を深める活動を行っている団体です。

5月22日(木)苫小牧近所の自然散歩~植物調査~の様子

2014年05月24日 | 苫小牧近所の自然散歩

今週22日(木)は、苫小牧で「モニタリングサイト1000里地調査」の植物開花調査を行いました。
http://www.nacsj.or.jp/project/moni1000/index.html

Imgp0642

苫小牧は、札幌よりだいぶ開花が遅いです。
まだ桜が咲いている!!と思ったら、カスミザクラのようでしたが、まだエゾヤマザクラも花が残っている部分もありましたよ。

Imgp0629ウズラバタンポポ

住宅街の植物も観察します。住宅地の隙間にあるものは、外来種が多いですが、種類数はとても多いです。
ウズラバタンポポも、庭から逃げ出して道端に生えています。まだ森には、生えていないようです。

Imgp0639ヒナスミレ

ヒナスミレは、花が終わっていました。4月の調査では、まだ咲いていなかったので、花が見たい場合は、もっと頻繁に通わなきゃです。

Imgp0649

今回は、これが発見でした。シコタンタンポポです。
今までエゾタンポポはあることは気がついていましたが、山の中にシコタンタンポポは無いだろうという思い込みから見落としていたのでしょう。

Imgp0647シコタンタンポポ

思い込みはいけませんね。

今年も、秋まで、毎月1回開花植物を確認します!よろしくお願いいたします。

今回の記録は、
草本:アキタブキ(実)、イヌナズナ(花)、ウズラバタンポポ(つぼみ)、エゾタチカタバミ(花)、エゾタンポポ(花)、エンレイソウ(花)、オアマドコロ、オオヤマフスマ(花)、オランダミミナグサ(花)、カタクリ(実)、キジムシロ(花)、クサノオウ(花)、クルマムグラ(つぼみ)、コウライテンナンショウ(つぼみ)、コテングクワガタ(花)、コハコベ(花)、コンロンソウ(つぼみ)、シコタンタンポポ(花)、シロイヌナズナ(花)、シロスミレ(花)、シロツメクサ(花)、スミレ(花)、セイヨウタンポポ(花)、セントウソウ(花)、センボンヤリ(花)、タチイヌノフグリ(花)、タチツボスミレ(花)、タネツケバナ(花)、ツボスミレ(花)、トキワハゼ(花)、ナズナ(花)、ノハラムラサキ(花)、ノボロギク(花)、ハルザキヤマガラシ(花)、ハルジオン(つぼみ)、ヒナスミレ(実)、ヒメスイバ(つぼみ)、フデリンドウ(花)、マイヅルソウ(つぼみ)、ミチタネツケバナ(花)、ミツバツチグリ(花)、ミミナグサ(花)、ミヤマエンレイソウ(花)、ムラサキケマン(花)、ヤマネコノメソウ(実)、ユキザサ(つぼみ)、レンプクソウ(花)、フキタンポポ(花)の48種でした。※植栽では無さそうな草本の記録が調査対象。

目立った樹木:アオダモ(咲きはじめ)、イタヤカエデ(花)、ニシキギ(花)、ミズキ(つぼみ)、フッキソウ(花)、カスミザクラ(花)、ミヤマザクラ(つぼみ)、ミヤマハンノキ(花終わり)、サラサドウダン(つぼみ)、トチノキ(つぼみ)、ツルウメモドキ(つぼみ) など。
その他、エゾマイマイカブリ、ニホンカナヘビ、エゾマイマイの殻、ハンノキハムシなども観察しました。
Imgp0631エゾマイマイカブリ?
住宅街で、マイマイカブリに会えたのは初めてかも。

次回、6月19日(木)は、7:00~8:30は野鳥をチェックしながら、9:00~12:00に開花植物をチェックしながら歩きます。
http://homepage2.nifty.com/watching/schedule.htm#tomamoni

鎌田

コメント

5月21日(水)はじめての自然散歩~恵庭公園~の様子

2014年05月23日 | 季節の自然散歩

今週水曜日は、恵庭公園をゆっくりお散歩しました。
今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、雨に当たらずにすみましたよ
-->

コメント

5月20日(火)さっぽろ自然散歩~東屯田遊水地~の様子

2014年05月23日 | さっぽろ自然散歩

今週火曜日は、暖かく風もない天気の良いの中、東屯田遊水地周辺を歩きました。
東屯田遊水地自体よりも、そこに行くまでの草原で観察できた野鳥がメインとなりました♪

Img_9190

ノゴマをはじめ、オオジュリンやノビタキ、アオジなど近くで観察できて満足です。
狙いのカワセミには出会えませんでしたが、バンの綺麗なくちばしに驚きの声も。

Img_9260アオサギ

「5月20日さっぽろ自然散歩~東屯田遊水地~」で見られたものは、
植物:ドロノキ、シナノキ、エゾノコリンゴ(つぼみ)、ハルニレ、ヤマグワ(花)、ヘラオオバコ(花)、ポプラ、コウホネ(つぼみ)、エゾニワトコ(花) などImg_9248エゾニワトコ
野鳥:アオサギ、バン、マガモ、オオセグロカモメ、トビ、キジバト、ヒヨドリ、ヒバリ、ハクセキレイ、ノゴマ、ノビタキ、シジュウカラ、アオジ、ホオアカ、オオジュリン、カワラヒワ、コムクドリ など
その他:ミシシッピアカミミガメ 、太陽にかかった日暈(ひのかさ)など
でした。

 

Imgp0591日暈(ひのかさ)

次回、さっぽろ自然散歩は、6月17日(火)10:00~12:00富岡西公園です。
http://homepage2.nifty.com/watching/schedule.htm#sapporo1
鎌田

コメント

5月14日「のっぽろの森自然観察」の様子

2014年05月15日 | のっぽろの森自然かんさつ

14日(水)「のっぽろの森自然観察」では、野幌森林公園大沢口よりエゾユズリハコースを歩きました。
ニリンソウやオオバナノエンレイソウ、ヒトリシズカなどなど満開でした。

Img_9047

大沢口の入口に、今まで無かったシラネアオイが咲いていて、どうして突然出たんだろう?と話題に。

その他、いつも通り、ゆっくりと一つ一つの花をじっくり見ながら歩きました。
今回は、ミドリニリンソウ探しも盛り上がりました。

Img_9051

こんなに近くに、いろんなパターンが。

Img_9052

白に少し緑が入ったくらいで綺麗。

Img_9054_2
だいぶ緑ですね~

Img_9056_2

これは、ほとんど葉っぱに戻っちゃいました

この講座は熱心な方が多く、なかなか距離は歩けません。
今回も、いつも以上に距離は歩きませんでしたが、濃い観察会です。

■5月14日のっぽろの森自然観察でみられたものは、
植物:シラネアオイ(花)、ニリンソウ(花)、ミドリニリンソウ(花)、エンレイソウ(花)、ミヤマエンレイソウ(花)、オオバナノエンレイソウ(花)、ヒトリシズカ(花)、オオタチツボスミレ(花)、ネコノメソウ(花)、コンロンソウ、ザゼンソウ、コウヤワラビなど
野鳥:アオジ、カワラヒワ、クロツグミ(声のみ)、シジュウカラ、センダイムシクイ など
その他:オカモノアラガイ、ヨシカレハ幼虫 など

次回、のっぽろの森自然観察は、6月25日(水)です。
この講座は、村野&鎌田がご案内します。

http://homepage2.nifty.com/watching/schedule.htm#nopporo

鎌田

コメント

5月7日「はじめての自然散歩~真駒内公園~」の様子

2014年05月08日 | 季節の自然散歩

ゴールデンウィーク明けの、5月7日(水)はじめての自然散歩で真駒内公園を歩きました。
今にも降り出しそうな雲行き
Img_8881
毎年、この季節に真駒内公園を歩きます。
年によって開花の様子が全然違って面白いです。昨年は、5月8日開催で、カタクリもまだ咲いていませんでしたが、今年は、予想通りすでにピークを過ぎていました。

Img_8873_2

ピークは過ぎていましたが、それでも、たくさん花が観察できて一安心。
ササ刈りのボランティアさんの頑張りで、花畑エリアも広がっていて、ササを刈ることで春の花が次々出てくることを実感できる場所だな~とつくづく思いました。
Img_8865エゾエンゴサク

Img_8864ミヤマエンレイソウ

Img_8884アズマイチゲ

もちろん、公園内の樹木の花や、野鳥も観察しました。

Img_8848シラカンバ

シラカンバの花は、もう終わりですね。雄花はだいたい花粉を出し切っていました。

Img_8905ハシブトガラ

夏鳥は、意外と見られませんでしたが、冬鳥のヒレンジャクが観察できました!

Img_8844ヒレンジャク

アカイタヤの花と一緒♪なかなか綺麗です。

■5月7日はじめての自然散歩~真駒内公園~で見られたものは、
植物:カツラ、オニグルミ、イタヤカエデ(つぼみ)、アカイタヤ(花)、シラカンバ(花)、ヤドリギ、ドロノキ(花)、エゾヤマザクラ(花)、ソメイヨシノ(花)、キタコブシ(花)、ミズキ(つぼみ)、カラマツ(花)、ハルニレ(未熟な実)、ハウチワカエデ(花)、オオタチツボスミレ(花)、エゾエンゴサク(花)、カタクリ(花)、フクジュソウ(花)、ミヤマエンレイソウ(花)、エンレイソウ(花)、ニリンソウ(花)、アズマイチゲ(花)、ユキザサ(つぼみ)、ナニワズ(花) など
野鳥:ヒヨドリ、アカゲラ、コゲラ、ヒレンジャク、メジロ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、アオジ、シメ、カワラヒワ など。

でした。

次回、はじめての自然散歩は、5月21日(水)恵庭公園です。是非参加ください♪
http://homepage2.nifty.com/watching/schedule.htm#hazimete

鎌田

コメント