自然ウオッチングセンタースタッフのブログ

北海道札幌で、自然観察や環境教育を通し、自然とのふれあいを進め、自然への理解を深める活動を行っている団体です。

2018年12月11日(火) さっぽろ自然散歩「野幌森林公園」

2018年12月11日 | さっぽろ自然散歩

今日は、寒かったですね!でも、風もなく、穏やかな天気の中、さっぽろ自然散歩で、野幌森林公園を散策しました。

今年は雪が遅かったので、初の雪の中の自然散歩です。

動物の足跡もいろいろ観察できました。ウサギの足跡

雪の上に、たくさんカツラのタネがありました。

倒れたトドマツの葉っぱも観察

9月の台風被害の後も。

■2018年12月11日(火)野幌森林公園で観察したものは、
「植物」トドマツ、アカエゾマツ、ヤチダモ、ハリギリ、ツルウメモドキ、ツルアジサイ、ヤマブドウ、カツラ、ケヤマハンノキ、オオアワダチソウ、キタコブシ

「野鳥」ヒヨドリ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、エナガ

「その他」 キツネの足跡、イタチの糞、シカの足跡、ウサギの足跡、ネズミの足跡 などでした。

次回、さっぽろ自然散歩は、年明け1月15日(火)/旭山記念公園(集合9:40 旭山記念公園駐車場)です。

kamada

コメント

2018年11月13日(火) さっぽろ自然散歩「藻南公園~石山緑地」

2018年11月13日 | さっぽろ自然散歩

今日は、さっぽろ自然散歩で、藻南公園~石山緑地を散策しました。今にも雨が振りそうで、時々パラパラ降りましたが、ほとんど濡れずにすみました。

樹々の葉は、すっかり落ちて、見通しが良いです。

ハヤブサは留守のようですが、崖についているスズメバチの巣を発見♪

ストローブマツのマツボックリ

キタコブシの実もたくさん♪

クズの花も!?狂い咲き?

ヌルデの葉は、まだ紅葉がキレイでした。

そして今日の一番は、

ヤマセミが全員バッチリ見られました♪ ラッキーでしたね。

寒かったですが、楽しく散策しましたよ。来月はもう雪かな?

■2018年11月13日(火)藻南公園~石山緑地で観察したものは、
「植物」ミズナラ、ハリギリ、ドロノキ、ヤチダモ、キタコブシ、ツノハシバミ、ミヤマガマズミ、ポプラ、メギ、ニシキギ、ツリバナ、ヌルデ、ヨーロッパトウヒ、ストローブマツ、キクニガナ、イヌタデ、クズ、オオイタドリ、イヌホオズキ、ヤマブドウ

「野鳥」カワガラス、マガモ、カワアイサ、ヤマセミ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ハシブトガラ、コゲラ
「その他」 スズメバチの巣 などでした。

次回、さっぽろ自然散歩は、12月11日(火)/野幌森林公園(集合10:00 大沢口駐車場)です。

kamada

 

コメント

2018年10月23日(火) さっぽろ自然散歩「農試公園」

2018年10月23日 | さっぽろ自然散歩

今日は、さっぽろ自然散歩、秋冬シリーズスタート!農試公園を散策しました。

紅葉のきれいな公園を散策しました。

集合場所からカツラの甘い匂いです。 黄色く紅葉した葉っぱもキレイ。可愛い実もたくさんついていました。

日当たりの良い場所は赤い葉っぱもありました。

シダレヤナギの葉っぱには、大きな虫コブが!シダレヤナギハオオコブフシ

虫コブの中には大きな幼虫♪ コブハバチの幼虫のようです。

 

ケヤキの葉っぱの虫コブ。ケヤキの幹には!

戻ってきた、ケヤキヒトスジワタムシがびっしり居ました。

今日の目玉。琴似発寒川のサケの遡上です。

時期がよく、たくさんのサケが見られました。この写真に7匹居ます。ちょうど産卵行動も見られました!

2018年10月23日(火)農試公園で観察したものは、
「植物」カツラ、イチョウ、ハウチワカエデ、ヤマモミジ、シダレヤナギ、ケヤキ、ズミ、ヒメリンゴ、ヨーロッパトウヒ、アカエゾマツ、ポプラ、キクイモ、サラサドウダン、トチノキ、イボタノキ、ツルウメモドキ、ツタ など

「野鳥」カワガラス、マガモ
「その他」シロザケ、ケヤキヒトスジワタムシ、コブハバチの幼虫 など

次回、さっぽろ自然散歩は、11月13(火)/藻南公園~石山緑地(集合10:00 じょうてつバス「藻南公園」バス停)です。

kamada

コメント

2018年9月25日(火) さっぽろ自然散歩「青葉中央公園~厚別南緑地」

2018年09月25日 | さっぽろ自然散歩
今日のさっぽろ自然散歩は、青葉中央公園を散策後、サイクリングロードを厚別南緑地まで歩きました。約2.5kmの行程は、さっぽろ自然散歩としては長いコースです。


今日歩くコースを説明

 青葉中央公園は、火山灰の台地が沢で削られた谷に作られた公園。グラウンドや花壇のほかに、湧き水に涵養された湿地や、コナラなどの森林もあり、自然観察にもよい場所です。


オシロイバナ

 オシロイバナは、本州ではよく庭などに植えられ、子どもの遊びに使われます。北海道ではあまり見かけませんが、ここでは花壇に植えられていました。花壇の脇には、サルトリイバラが生えていました。これも札幌では見かけない植物です。
 花壇などは、地元の方が大事にお世話している様子が感じられ、いい雰囲気でした。

 青葉中央公園を抜けるとサイクリングロードです。ここ厚別区では「陽だまりロード」、白石区では「こころーど」、北広島にゆくと「エルフィンロード」と、1本の道なのに名前が変わるのはなぜ?、などとお話しながら歩きます。
 この道は昔の国鉄千歳線の軌道跡だそうです。参加者から、「蒸気機関車が走っていた」「単線だった」などの昔のお話も聞けました。途中の厚別南公園は昔の上野幌駅だった場所。当時を偲ばせるオンコの大木がありました。


旧上野幌駅のオンコ

 厚別南緑地では、道の両側の斜面があちこちで崩れ、火山灰の地層が露わになっていました。台風21号の大雨によるものか、その後の胆振東部地震によるものでしょうか。話題は、地震による液状化の被害や、厚真の山崩れなどにも広がってゆきました。


9月の災害により崩れた火山灰の斜面

 厚別南緑地を抜け、国道274号に出たところで終点。予定通り約2時間で歩き、新札幌に戻るバスに間に合いました。
 このコース、公園や緑地が連続していて、もっとじっくり時間をかけても見るものはたくさんありそうな道でした。


【観察したもの】

(植物)
クリ、サワシバ、ミズナラ、コナラ、ヤマグワ、シナノキ、ホオノキ、コシアブラ、ハウチワカエデ、エゾイタヤ、コンコロールモミ、バンクスマツ、イチョウ、メタセコイア、ヨーロッパトウヒ、イチイ、
ツルウメモドキ、ヤマブドウ、サルトリイバラ、アクシバ、ツリバナ、オオカメノキ、メギ、ニシキギ、イボタ、フジ、エゾヤマハギ、オオカメノキ、ハクウンボク
イヌタデ、ヒメジョオン、タンポポモドキ、アキノキリンソウ、ユウゼンギク、ミゾソバ、キツリフネ、ハナツリフネ、オシロイバナ、タガネソウ、マムシグサ、オオウバユリ、オオイタドリ、ツクバネソウ、
シシガシラ、ゼンマイ
(野鳥)
シジュウカラ

shima

コメント

2018年8月28日 「ウトナイ砂丘」さっぽろ自然散歩

2018年08月29日 | さっぽろ自然散歩
 さっぽろ自然散歩8月は、ウトナイ湖へ遠出です。
 JR植苗駅に集合、ウトナイ砂丘を目指します。ウトナイ湖の南東岸、線路沿いを片道3.5㎞の行程なので、自然散歩
としては長距離を歩く回です。

 出発しようとしたところ、いきなり足元のシャグマハギに引っかかります。札幌では見たことのない帰化植物です。
 植苗の集落を抜け、線路沿いの道に入ると、ウトナイならではの花が目に付きだします。


コケオトギリ

 観察し始めると、小さな植物にも木が突きます。高さ2、3㎝しかないコケオトギリは、這いつくばって観察します。


ハナイカリ

 ハナイカリは、その名の通り、錨の形をした花です。


オニユリ

 オニユリも点々と咲いていました。葉の付け根のムカゴも観察しました。
 あんまりあちこちに引っかかっていると、道がはかどりません。少し急ぎます。


オトコエシ

 オトコエシも札幌では見ない花。黄色のオミナエシも咲いていました。


オオハンゴンソウ

 特定外来種に指定され、駆除の対象にもされるオオハンゴンソウ。線路沿いには特に多い印象があります。



 午後1時にウトナイ砂丘に到着。ここが海岸だった縄文時代に思いを馳せながら、お弁当をたべました。


コニワハンミョウ

 砂丘の砂の上を、ハンミョウが走り回っていました。コニワハンミョウのようです。ムシを捕まえるための巨大な
大顎がすごい。


ギンリョウソウモドキ

 湿原の方に降りてゆくと、ギンリョウソウモドキ発見。1株だけポツンとあったものです。たまたま行き当たったので
見つけられました。

 帰りはひたすら歩いて、ギリギリ列車の時間に間に合いました。


見られたもの

( 花 )
オオアワダチソウ、ブタクサ、ヒヨドリバナ、サワヒヨドリ、ヤナギタンポポ、コウゾリナ、ハンゴンソウ、オオハンゴンソウ、
カセンソウ、エゾノコンギク、ユウゼンギク、ナンテンハギ、クサフジ、ツルフジバカマ、ヤブマメ、シャグマハギ、
エゾヤマハギ、メマツヨイグサ、ホザキシモツケ、ゲンノショウコ、オトギリソウ、オオカナダオトギリ、コケオトギリ、
ウンラン、エゾコゴメグサ、フシグロ、ナギナタコウジュ、ミヤマトウバナ、ヒメシロネ、ハナイカリ、オミナエシ、オトコエシ、
ツリフネソウ、サワギキョウ、エゾリンドウ、ナミキソウ、オオイタドリ、オニユリ、ネジバナ、ギンリョウソウモドキ、

(植物)
ガガイモ、ウド、オオウメガサソウ、ヒトツバイチヤクソウ、チョウセンゴミシ、コクワ、マルメロ(?)、コナラ、ミズナラ、
カシワ、ナワシロイチゴ、マユミ、ハンノキ、ハマナス、チョウセンゴヨウ

(菌類)
タマゴタケ

(昆虫)
エゾツユムシ、マイマイカブリ、ノシメトンボ、アキアカネ、ミヤマクワガタ、ヒトリガ、コニワハンミョウ

(鳥)
ハシブトガラ、シジュウカラ、アオジ、ベニマシコ

shima
コメント