自然ウオッチングセンタースタッフのブログ

北海道札幌で、自然観察や環境教育を通し、自然とのふれあいを進め、自然への理解を深める活動を行っている団体です。

8月9日(木) 虫に注目、自然散歩~旭山記念公園

2018年08月09日 | 季節の自然散歩
 前日の天気予報は絶望的でしたが、当日は曇りで風弱く、虫捕りには悪くない天気。子ども2人を含む、虫好き9人の参加者が集まりました。どういう訳か、虫の時の大人参加者は毎回女性ばかりです。
 講師は興野さん。いつもおもしろい生き物の習性などがたくさん聞けます。


何が捕れたかな

 目が多いと、様々な虫が見つかります。



オオイシアブの仲間

 特にこの日はアブやハチの仲間が多く見られました。マルハナバチに擬態するアブ、スズメバチに寄生するアブ、ほかのスズメバチの巣を乗っ取って自分の子どもを育てさせるスズメバチなど、おもしろい種類がいるものですね。


セイボウの仲間

 セイボウの仲間のハチは、青や赤、金色などの金属光沢に輝き、びっくりの美しさ。1㎝ほどのこのハチを、数メートル離れたところから一瞬で見つけた興野さんにもびっくり。


ハンノアオカミキリ、これも金属光沢が美しい

 おとなが一番盛り上がったのは、ヒラタシデムシの背中に集団でくっついていたダニ。寄生しているのか、もしくは移動のために乗っているのか? それにしてもヘンなものに食いつく皆さんです。
 子どもたちのお目当てはやはりクワガタ。大型の種ではミヤマクワガタが捕れました。おとなはオニクワガタの、上向きに反ったツノに惹きつけられました。


スジクワガタ


「セミ捕った」

 今年の夏はセミの声が賑やかな気がします。この日も、エゾゼミやコエゾゼミの大合唱。アブラゼミの羽も落ちてました。

 これまでの「虫に注目」の中でも一番の充実した回でした。

2018年8月9日 旭山記念公園で観察できたもの
〈昆虫〉
ノシメトンボ、アキアカネ、カラスシジミ、サトキマダラヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、スジグロシロチョウ、ヒトリガの一種、ハネナガフキバッタ、クサカゲロウの一種(幼虫)、コエゾゼミ、エゾゼミ、アブラゼミ(死体)、キマワリ、オサムシの一種(幼虫)、ヒラタシデムシの一種、ゴミムシの一種、クワヒョウタンゾウムシ、スジクワガタ、オニクワガタ、ミヤマクワガタ、アカハナカミキリ、ハンノアオカミキリ、ウスバカミキリ、ビロードコガネ、アオカナブン、ナミテントウ、ハネカクシの一種、エゾハサミムシ、オオイシアブの一種、ムシヒキアブの一種、モモブトハナアブの一種、ベッコウハナアブの一種、クサアリの一種、セイヨウミツバチ、クロスズメバチ、ホオナガスズメバチの一種、コンボウハバチの一種、セイボウの一種、ジガバチ
〈その他の動物〉
ニホンカナヘビ、外来ナメクジ(アリオン)
〈植物、他〉
ヨツバヒヨドリ、ノブドウ、エゾスズラン(実)、アズキナシ(実)、ムラサキホコリの一種(変形菌)

shima
コメント

2018年7月6日(金) バスでゆく自然散歩~ニセコ神仙沼・五色温泉

2018年07月06日 | 季節の自然散歩
1年に一度か二度のバスでゆく観察会。大人の遠足の気分です。
中山峠を越え、ニセコに近づくにつれ、霧がだんだん雨に! 大丈夫か?

神仙沼入り口の駐車場についたときには、雨は上がって曇り空。霧が立ち込めています。
オーストラリアや中国の家族連れなど、次々にすれ違いながら木道を歩きます。

樹林の中では、オオカメノキ、ミネカエデ、オガラバナ、クロツリバナ、コマユミなどの樹木の花が見られます。林床はマイズルソウ、ツクバネソウ。
アカエゾマツのこずえ近くでさえずるウグイスもバッチリ観察。


ミネカエデ

30分程で湿原に。エゾカンゾウ、ヒオウギアヤメは咲き始め。ホロムイイチゴ、コツマトリソウが花盛り。


神仙沼湿原をゆく

神仙沼につくと、対岸が見えないほどの霧。名前の通り、神秘的な雰囲気でした。
ミツガシワは盛りを過ぎていましたが、まだなんとか花を見ることができました。


ミツガシワ

神仙沼入り口の駐車場でお弁当を食べ、午後は五色温泉からイワオヌプリ山麓の遊歩道を歩きます。


イゾツツジが満開、イワオヌプリ山麓の遊歩道

遊歩道の両側は、イソツツジとアカモノの花が一面に。タニウツギ、ゴゼンタチバナ、オオバタケシマランなども。

オオバタケシマラン

ニセコの道の駅で、皆さん野菜などを買い込んで、帰路につきました。


2018年7月6日 神仙沼・五色温泉で見られたもの
〈植物〉
ツクバネソウ、マイズルソウ、オオカメノキ、ヒメタケシマラン、オオバタケシマラン、ウスノキ、オオバスノキ、ハナヒリノキ、ザゼンソウ、ミズバショウ、ナナカマド、クロツリバナ、ハイマツ、エゾユズリハ、コマユミ、ハイイヌツゲ、アカミノイヌツゲ、ミネカエデ、オガラバナ、エゾカンゾウ、ホロムイイチゴ、コツマトリソウ、ヒオウギアヤメ、ワタスゲ、ミツガシワ、ツルコケモモ、チングルマ、ミツバオウレン、ツタウルシ、モウセンゴケ、ヒカゲノカズラ、マルバシモツケ、ウラジロタデ、アカモノ、タニウツギ、イソツツジ、ヤマブキショウマ、シラタマノキ、キツネヤナギ、ノビネチドリ、ハクサンチドリ、エゾノヨツバムグラ、クゲヌマラン、ゴゼンタチバナ、カラフトダイコンソウ
〈鳥〉
ウグイス、アオジ、イワツバメ、キセキレイ、ビンズイ、ホオジロ

(shima)
コメント

2018年6月29日(金)虫に注目する自然散歩~東部緑地の様子

2018年06月29日 | 季節の自然散歩
虫に注目する自然散歩♪大人向けの虫の観察会です^^/
土砂降りの雨が降る中、集まった熱心な参加者と一緒に、じっくりと観察しながら歩きました。

スタートする頃には、雨はほぼ止みました。


見事な虫コブから観察。サクラトサカフシ


アワダチソウの茎には、たくさんのセイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシが居ました。それにしても長い名前です・・・

雨降りなので飛ぶ虫はあまり多くなかったですが、それでも

コチャバネセセリ


素敵な形です。クロホシフタオ


ピカピカでかわいいハムシもいろいろ観察しました。


サビキコリ


かっこいいスズバチ


ギンリョウソウも

雨でも、虫の観察楽しめました♪

2018年6月29日、東部緑地で観察したものは、
「昆虫」セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ、コチャバネセセリ、サビキコリ、スズバチ、ユウマダラエダシャク、アオウスチャコガネ、ヨツボシヒラタシデムシ、ヨシカレハの幼虫、クワゴマダラヒトリの幼虫、ヤセバエの仲間、シロジュウシホシテントウ、クヌギカメムシの仲間幼虫、チャタテムシの仲間、ヒメフナムシ、ネクイハムシの仲間、アオジョウカイ、サッポロフキバッタ、クルミハムシ、ルリハムシ など。
「その他」サクラトサカフシ(虫コブ)、クサカゲロウの卵、イヌコリヤナギの虫コブ、カツラハアカコブフシ(虫コブ)、ダンゴムシ、ヒゲナガオトシブミの落とし文、ザトウムシ、エゾマイマイ、パツラマイマイ など。
「植物」ギンリョウソウ、ジンヨウイチヤクソウ、イチヤクソウ、フデリンドウ、ツルアリドオシ など
でした。

次回、■「虫に注目する自然散歩」は、8月9日(木)9:30~12:00旭山記念公園※夏休み子ども参加歓迎♪です。

kamada
コメント

6月5日(火) 季節の自然散歩「定山渓遊歩道」

2018年06月05日 | 季節の自然散歩
 今回、定山渓の集合場所はまちづくりセンター前。十分なスペースがあり、トイレもきれいで、これまでの二見公園入口の集合場所より快適でした。
 16名が参加されました。薄曇りながら、27~28℃の夏日でした。

 温泉街へ下ってゆく途中、手の届くところにニガキの花。はじめに雄株、後に雌株を見ることができました。



 ニガキの雌花をよく見ると、雌しべの付け根に5つほどの膨らみがあり、「これは何?、子房?」とみんなで考えましたが、その場では結論は出ず。帰ってから調べると、やはり子房のようです。


ニガキ雌花

 二見公園から川沿いの遊歩道へ。ここは岩場の植物が観察できる場所。今日はヤマハナソウの花が見頃でした。


ヤマハナソウ


 もう一つのお目当てはエゾノハナシノブ。こちらもちょうど盛りの花を見ることができました。ただ、以前あった自生地のうち2、3か所で、盗掘のために株がなくなっていました。このままでは近いうちに定山渓遊歩道ではエゾノハナシノブは見られなくなりそうです。本当に腹が立つし、悲しいことです。


エゾノハナシノブ

 ずっとエゾハルゼミの大合唱で、鳥の声はまったく聞こえませんでした。
 川沿いではカワガラスの巣立ったばかりの幼鳥が翼を震わせて餌をねだっていて、親鳥が忙しく餌を運んでいました。


2018年6月5日 定山渓遊歩道で見られたもの
〈花があったもの〉
コメツブウマゴヤシ、ホオ、コンロンソウ、ニガキ、モンタナマツ、ツルウメモドキ、ミズキ、コマユミ、ツルアジサイ、チョウセンゴミシ、ヤマハナソウ、オクエゾサイシン、ヤマブキショウマ、ニリンソウ、ミヤマガマズミ、エゾノハナシノブ、アズキナシ、ツルアジサイ、オオバスノキ、オドリコソウ、コケイラン、クルマバソウ、オククルマムグラ、カラフトダイコンソウ、クリンソウ、オオバミゾホオズキ、ワスレナグサ、クサノオウ、マイズルソウ、タチカメバソウ、ツクバネソウ、ツマトリソウ、ホウチャクソウ、ユキザサ、


〈植物〉
ハルニレ、ヤマグワ、オニグルミ、イヌコリヤナギ、ダイモンジソウ、オニシモツケ、ヒトリシズカ、シラネアオイ、ベニバナイチヤクソウ、アクシバ、エゾイラクサ、アカソ、ナンブソウ、ルイヨウショウマ、


〈鳥、その他〉
カワガラス、イソシギ
エゾハルゼミ、キベリタテハ、サッポロマイマイ、エゾアカガエル


(shima) 
コメント

5月31日(木)千歳川で自然散歩の様子

2018年05月31日 | 季節の自然散歩
天気予報は、どこも雨予報
今日は、雨の中の観察会を覚悟していましたが・・・意外と雨にほぼ当たらずにすみました。

雨対策万全で観察です
キビタキやオオルリは良く鳴き、キビタキはバッチリ姿も見られました。


アズキナシの花が満開!! 枝が重たそうなくらいです。
ミヤマザクラも同じく満開でした。

クロビイタヤや、カラコギカエデなど札幌では見られない樹木も観察。

クロビイタヤ


オオアマドコロ


オオバナノエンレイソウは、終わりかけ


落とし文も落ちていました♪


まさかの陸上を歩くヘビトンボの幼虫を発見!!


鼻に見える!? 穴あき樹木


千歳川で鳥を待ちます。オシドリは上空通過~

2018年5月31日(木)に千歳川周辺で観察したのは、
「植物」アズキナシ(花)、ミヤマザクラ(花)、ミツバウツギ(花)、ハルニレ、ホオノキ(花)、ヤマグワ(花)、クロビイタヤ(花)、カラコギカエデ、イタヤカエデ、オニグルミ(花)、イチイ、ドロノキ、ケヤマハンノキ、エゾノコリンゴ(花)、エゾニワトコ(花)、ナナカマド(花)、トドマツ、カツラ、コンロンソウ(花)、オオバナノエンレイソウ(花)、ミヤマエンレイソウ、ムラサキケマン(花)、ニリンソウ(花)、コウライテンナンショウ(花)、オオアマドコロ(花)、ヒメイズイ(花)、クルマバソウ(花)、キクムグラ(花)、セントウソウ(花)、ツボスミレ(花)、クサノオウ(花)、ノウゴウイチゴ(花)、ミツバツチグリ(花)、オオヤマフスマ(花)、バイケイソウ、オオウバユリ、ササバギンラン(花)
「野鳥」キビタキ、オオルリ、クロツグミ、センダイムシクイ、ウグイス、シジュウカラ、ハシブトガラ、アオジ、マガモ、オシドリ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、ハシブトガラス
「その他」ヘビトンボ、サッポロマイマイ、オトシブミ、オカモノアラガイ など
でした。

次回、5日(火)に定山渓を自然散歩します。


帰りは、バードウオッチングカフェに寄った人も多かったです。

kamada

コメント