Some People never Know

音楽とかマンガとか好きなことをつれづれと書いてます

あっという間の105分(ビーチボーイズライブその5)

2012-08-19 20:00:30 | music
ブライアンのボーカルは例によって危なっかしいところは多々あるのだが、ほぼいつものバックなのでサポートも万全である。

ブライアンのライブで聴くビーチボーイズの楽曲は太陽とか海を歌いながらどこか密室的な印象を受けていたのだけれど、今回バンドとして聴いてそれが太陽と海だけではないバンドの魅力の一つとなっていたことに改めて気づく。

でも新曲はやっぱり浮いてたな。

アルバムだけで聴くとまごう事なきビーチボーイズなのにライブで他の曲と一緒に並ぶとやっぱり今のブライアンのサウンドそのものだ。
まあ、それが今のビーチボーイズとイコールなんだと言われればそれはそれでいいのだけれど。


途中でデニスとカールのビデオを流しそれぞれのボーカルにあわせてバンド演奏するというコーナーがあった。
曲はforeverとGod only Knows 、まあ感動的な企画なんだろうけど正直こういうのはあんまり好きじゃない。
追悼したいなら今いる人達の歌でやって欲しい。故人のボーカルはその時代と共にあるべきだと思うので。


ライブはあっという間だった。アンコールまで入れて1時間45分。なんか1時間ぐらいしか立っていないんじゃないかと思ってしまったぐらい充実したライブだった。

アンコール1曲目のココモでまたもクリストファー・クロスが登場してサビを歌ったのがサプライズだった。
なんか広島のフェスティバルに参加予定で来日していたらしく、場内またも大喜び。
そしてまたも1曲で去っていく奥ゆかしさよ。

ラストはいつものバーバラ・アンとファン・ファン・ファン。
曲が終わる前にこのライブで初めてブライアンが立ち上がり中央へ移動。
一瞬何事かと思ったが、終了してすぐ全員並んで挨拶をするための事前移動だった。
曲が終わってからゆっくり移動しても誰も文句言わないだろうにこれもグループのメンバーとしての気配りか。


そして大歓声の中ライブは終了。


最初全員でステージに立ったときこそジンときたけれど、あとはただただ楽しかった。
ビーチボーイズってそういうバンドだと思うし、そのイメージ通りのライブをやってくれたメンバーとスタッフに感謝したい。
そしてそのメンバーの中にいるブライアン・ウィルソンが見られたというのはとても素晴らしい経験だった。

もうニニ・ロッソとかポール・モーリアみたに毎年来ればいいんじゃないかな。

伝説じゃないブライアンをまた見たいし。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ステージ上のブライアン(ビー... | トップ | 2012/09/01 のツイート »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした! (k-hiko)
2012-08-20 14:06:35
お疲れ様でした!
ともあれ、大満足というところでしょうか。
マイクラブの感じをもうちょっと聞きたかったですが(笑)

星野源は今、めっちゃ人気ある人です
なんていったって、aikoの彼氏ですからね
k-hikoさん、 (Vandebilt)
2012-08-20 17:18:03
k-hikoさん、

はい、何はともあれ大満足のライブでした。
マイクラブ関連としてはココモのボーカルはサビ(クリストファークロス担当)さえしっかり歌っていれば後はテキトーでも曲として成り立つんだなあという印象を持ったというのがありました(笑)。

星野源はやはりメジャーな人だったのですね。
aikoの彼氏ということで俄然興味がわいてきました(笑)。
今度ちゃんと聴いてみます。

コメントを投稿

music」カテゴリの最新記事