四季彩ガーデンにようこそ

バラと宿根草が咲くナチュラルガーデンです 四季折々にバラをはじめ宿根草、花木が彩る四季彩ガーデンの様子をお届けします

街も色付きを見せています

2019年10月23日 | 愛犬との暮らし

昨日の雨が上がり、今日は青空を見ることができました。

行政区の役員さん方に冠水した道路に消石灰を噴霧していただきました。

ありがとうございます。

今年の班長さんは大変なんですよ。

今回の台風被害に対する対応や情報提供などの配布物がすでに4回、被災状況について各戸調査、そして消毒作業など色々です。

いつもの年の3倍位の業務量じゃないかと思います。

 

タロちゃんとのいつもの散歩道から

今日は、泉ヶ岳や船形山がよく見えました。

お天気がよいとタロちゃんもご機嫌です。

民家の庭の木々も色付きを見せ、タロちゃんとの散歩も楽しんでいます。

ほら、ニシキギがだいぶ色づいてきているよ。

タロちゃんの目にはどのようにうつっているのやら。

赤く紅葉するモミジが多い中で、これは黄葉してます。

ブロック塀に絡んでいるツタも紅葉が始まっています。

公園のイチョウの木は、ちょっとだけ染めています。

場所によっては、真っ黄色に染まっているのもありますね。

イチョウの木の黄葉時期は、同じ地域でも植えられている場所によっても、かなり幅がありますね。

我が家の桜の木は、ほとんど色づきもせずに落葉しちゃうけれど、この公園の桜はよく紅葉しています。

しばらくぶりに、母の庭に咲く花を載せました。

ヘリテージ(ER)

今年消毒したのは、2回だけ。よく咲いてくれたものです。

マユハケオモトにも蕾が見えています。

我が家はまだなのに。

どちらも、我が家から嫁入りしたのに。

本家本元より元気です。

ツメレンゲの花穂がのびてきています。花が咲くのが楽しみね。

 

ブログ更新遅くなってすみません。

明日、応援ポチしてくれるかしら~

 

コメント (1)

原種シクラメン&ジャクリーヌ・デュ・プレ

2019年10月22日 | 暮らしとガーデニング日記

裏庭の温室に原種シクラメン ヘデリフォリウムの白花が咲いていて、慌てて玄関先の棚に置きました。

花を見過ごしてしまうところでした。

ちょっと、ピントがずれてしまってますね。

次載せるときは、もっと鮮明な画像を貼り付けます(;'∀')

白い花をもう一つご紹介しますね。

ジャクリーヌ・デュ・プレ

白い花弁に赤い蕊が特徴的な美しい花が人気なバラですよね。

樹勢は強く、白花でも房咲きで咲くので華やかなバラです。

これはたまたま1輪だけ(;'∀')

このバラをブログに載せることができて嬉しい!

だって、ジャクリーヌ・デュ・プレは可愛い上に、甘い香りがするから、咲く前から害虫の餌食になって花がボロボロになってしまうことが多くて、ブログに載せられなかったのです。

特にスリップスには要注意です。

(要注意と書いている私が、消毒などの対策をおさぼりしていてはダメね)

スリップスは蕾の中にもぐりこんで、花にシミを残していくんですよ。

せっかく咲いた花を台無しにして、いつも憤慨している私です。

他にコガネムシやカメムシもこのバラを好んで、花にもぐりこんでいますね。

1輪だけでも虫食い跡がなく、綺麗に咲いてくれたジャクリーヌ・デュ・プレに拍手を贈りましょう。

 

拙いブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ブログ更新の励みになりますので、よろしかったら、応援してくださいね。

コメント (6)

秋の深まりとローズヒップ他

2019年10月21日 | 暮らしとガーデニング日記

今朝、白鳥の鳴く声がして、空を見上げました。

それほど大きな群れではありませんでしたが、白鳥が飛来する季節になったのですね。

庭にはヒヨドリやシジュウカラもお食事にやってきています。

庭の赤い実にはまだ手を付けず、夫が庭のあちこちに置いている野鳥の餌から口にしているようです。

野鳥もどちらかというと、人が食する実には積極的に食するようですが、鑑賞用の赤い実は、食べるものが無くなるまで、後回しにされることが多いようです。

原種系春祭り

スノーグース

このバラは、剪定しないでいると、美しいローズヒップが見られるんですよ。

一棒粉(イーバンフェン)

ポリアンサ系のバラで四季咲きですが,我が庭では繰り返し咲き程度です。

花がらをつまないでいるので、ローズヒップを楽しむことができるんですね。

今年はうどんこ病で、美しい実をみることができなくて、残念でした。

ロ・エグランテリア(スゥィートブライア)

大きなオレンジ色のローズヒップは私のお気に入りです。

小さな一重の花から、こんなに大きなローズヒップができるなんて、なんとも不思議なこと。

ウィンターベリー

これは、よく好んで食べる野鳥が多いですね。

ウメモドキ’大納言’

実を食べにくるより、ここに身を隠す方が多いかな。

庭ではいち早く赤い実をつけ、秋の訪れをいち早く告げてくれる木です。

他にロウヤガキの実がうっすらと色づき始めましたよ。

ハートの形に似たオレンジの実は、とっても可愛くて・・・・♡♡♡

色づきが遅れている常緑ヤマボウシの実です。

綺麗な赤い実と緑の葉、コントラストがとっても美しいのだけれど、今年はまだ色づきません。

色づいたら、またUPしますので、見てくださいね。

庭の菊も、少しだけ開き始めました。

これくらいが好きかも・・・

どんどん、秋は深まっていきますね。

 

ブログを見てくださってありがとうございます。

応援ポチが大きな励みになっていますよ。

今日もよろしく(*^-^*)

 

コメント (2)

おいしい うれしい みずみずしい女子会

2019年10月20日 | 旅行・登山・ドライブ

今日は友人5人と年に1度の命の洗濯「日帰り温泉」で女子会を楽しみました。

町内では浸水された被災者の皆さんが後片付けをしているというのに、のんきに女子会に出かけていいものか、直前まで悩んでいました。

でも、夫が、こういう時だからこそ、消費活動を制限すべきではないと言ってくれました。

消費活動は立場を変えてみれば生産活動になるのだからと促され、キャンセルすることをやめました。

仙台駅で友人と待ち合わせ、ホテルの無料送迎バスを利用して、秋保温泉「伝承千年の宿佐勘」へと向かいました。

日帰り温泉プラン「美肌小町」4800円コースでしたが、もし県内や近隣の県にお住まいでしたら、是非ご利用されることをお勧めしますよ。

フロントで受付を済ませ、私たちのお休みどころに行く途中に見えたホテルの庭です。

お休み処の部屋につくと、大きなガラス窓から見える景観が素晴らしく、正面には滝が見えました。

紅葉時期だったら、一層素晴らしかったでしょう。

お食事の前に温泉に入ろうと、大浴場にいきましたら、結構入浴されている方がいらっしゃいました。

入浴泉質は、肌にとろりと潤いを与えてくれます。

(これが美肌を作るのね・・・)

入浴したらお腹が空きました。

さぁ~、待っていたお食事ですよ。

メニューはと・・・

前菜が運ばれてきました。

サーモンサワークリーム掛け、美味しかったな。

どれも私達年齢にふさわしい優しい食材と味付けで、一同美味しい、美味しいと満足。

お造りも、新鮮な鯛のカルパッチョと彩野菜が美味しかったぁ~。

揚げ白子豆腐にふかひれスープがけの煮物も絶品でした。

コラーゲンたっぷりスープ、鴨鍋を食べている間に釜飯が炊き上がりました。

クコの実が入った釜飯は初めてでした。

釜飯の写真はもう撮るのを忘れ、食べることに専念していました(笑)

もう、お腹いっぱい。

でも、デザートを残す人は誰もいません。

みな、別腹なんですね。

懐石「美肌小町」、たしかに女性には嬉しいお食事内容でした。

~おいしい うれしい みずみずしい~

心も体も「美肌小町」に生まれ変わったようですよ。

これで、来年の女子会まで、みんな健康でいられるよね。

のんびり、ゆったり、美味しいお食事をして、楽しくおしゃべりする

こんな贅沢な時間、はじめは後ろめたさを感じたのに、帰りは心軽く帰ってきちゃった(;'∀')

被災者の皆様にも、1日も早く日々の生活を楽しむことができますように。

 

ブログをご訪問くださってありがとうございます。

応援ポチのパワーを頂いて、今日も更新することができました。

コメント (2)

ライラ

2019年10月19日 | バラ

昨日の夕方からはじまった片頭痛で、何もせずに過ごしました。

在職中は偏頭痛に悩まされたものの、退職してからは滅多に起こすこともなく、偏頭痛から解放されたと喜んでおりました。

ところが10月に入って2度もおこりました。

天気や気温の変動が引き金になっているのかもしれません。

夕方前に痛みが治まったので、庭をぐるっとまわって見ると、庭の通路が水浸しになっています。

今日は、大雨が予報されていましたが、それほどの雨量ではなかったので、庭のU字溝に泥が堆積したものだと思われます。

台風19号の影響がこんなところに出ていたのですね。

また、一つ仕事が増えました。

今日はそういうわけで、お花の写真も撮っていません。

2~3日前に撮った写真をぼつにしようかと思いましたが、こんな時は約に立ってくれます。

ライラ

葉を見たら、栄養不足ということがわかりますね。

だから、ボツにしたのだけれど。

この画像だけで、「ライラ」の印象が悪くなっては、「バラの家」さんに申し訳ないですね。

「バラの家」さんの商品説明に次のような記述がありました。

 紫を帯びた黒赤色は、深い闇のようでありながら情熱的、 弁先が尖ったエキゾチックな花弁が重なる花型とあいまり、 今まで見たことないような個性的で魅惑的な花姿となります。


交配親はシェエラザードにオデュッセイア。 両親の個性を受け継ぎながら新しい世界観が感じられます。 ダマスクベースの香りはライチのようなフルーツ香りも混ざる強香。

私がライラを購入したきっかけは、正にこの情報でした。

バラの花弁では珍しく先端がとがって、ちょっとダリアのような雰囲気も持っています。

 

 

ライラの横顔もなかなかいいでしょう。

私は手入れが悪く、上手に咲かせられませんでしたが、このバラ中々魅力的なバラですよ。

ブログを見てくださってありがとうございます。

応援のポチを頂けたら、嬉しいです。

コメント (3)