四季彩ガーデンにようこそ

バラと宿根草が咲くナチュラルガーデンです
バラをはじめ宿根草や花木が彩る四季折々のガーデンをお届けします

カランコエ ウェンディ、そして一人カフェ

2020年02月22日 | 多肉植物

友人から昨年の春、いただいたカランコエの挿し芽が、開花しました。

カランコエ ウェンディ

晩秋に屋外から、キッチンの出窓に取り込んで育てていました。

育てて最初に見る花ほど、愛おしいものはないですね(*^-^*)

花色が本来ならもう少し濃いはずなのですが、日照不足なんでしょうか。

でも、スカーレット色の花よりも、こちらのほんのり灯りをともしたかのような淡い色のランプ花の方が好きです。

我が家には、もう一つ古株のカランコエ ユニフローラ’シャンデリア’(匍匐タイプ)があります。

購入時の記事を見つけました。よかったら、こちらもご覧になってください。

こちらは、昨年の晩秋に、思いきり切り戻しをして、家の中に取り込みました。

購入してから4年も経つと、長く垂れ下がった茎から、葉を落とすようになり、花付きも悪くなっていました。

あまりにも短く切り詰めたので、今年の開花は期待してませんでしたが少しだけ花を付けました。

シャンデリアも、ウェンデイ同様、花色が薄いですね。

シャンデリアは私の好きなワイン色をしたランプ花なんですけどね。

とにかく、少しでも、日当たりの良いところに移動させなきゃ。

ともかく、どちらも咲いてくれて、嬉しい。

さぁて、今日も私は風邪のため、一人家の中でまったりしています。

ここ2~3日はコーヒーを休んでいましたが、飲みたくなって一人カフェを楽しみました。

昨年末に焼き上がったコーヒードリッパーとペーパーフィルター入れが、思いのほか使いやすくて、最近はコーヒーサーバーを使わなくなりました。

(最近、手前褒め増えているんじゃなぁい)

難点は、少し台座が小さかったことです。(来年また作ろうかな)

お気に入りのコーヒカップに熱湯を注ぎ、カップを温め、ペーパーフィルターをコーヒードリッパーにセットします。

コーヒーはきゃろっとさんの豆を電動ミルで引きました。

おや、テリーちゃんがお菓子の匂いを嗅ぎつけてやってきましたよ。

一人分(少量の豆)だと、コーヒー豆を蒸らしているとき膨らみにくいけど、今日はお一人用だから、しょうがないね。

コーヒカップに注いだお湯は、ポットに移し替えます。

ちょうど湯温は、85℃位になります。

熱湯で注ぐとコーヒーの雑味が出てしまうので、このくらいの温度の方が、飲みやすいです。

(熱々のコーヒーがお好きな方は、熱湯でどうぞ)

きゃろっとさんによれば、フィルターに注ぐお湯は、出来上がり量の半分ほど、そしてお好みに湯を足して入れると、美味しいコーヒーを淹れられるそうです。

1杯分の湯全量をフィルターに通してしまうと、雑味が出て美味しくないのだそうです。

初めはコーヒーを湯で割るなんて驚きでしたが、この方法で入れましたら確かに美味しいのです。

私は濃いコーヒーや深入りコーヒーは苦手でしたが、この方法で入れるようになってから、苦さと、雑味の違いがわかるようになりました。

雑味がないと、苦いコーヒーでも美味しさを感じられるのです。

コーヒーはとても酸化しやすい食品なので、新鮮なコーヒーをその都度、ミルで引くのが肝心だそうだから、それも忘れないでね。

皆さんも、お試しください。美味しいコーヒーをいただけますよ。

たまに、お家で一人カフェも良いものですよ。

ご訪問いただきありがとうございます。

よろしかったら、応援クリックもよろしくお願いします。

コメント (4)

名前不明な多肉と霜の朝

2020年01月06日 | 多肉植物

この ↓ 多肉のお名前は?

気になって、ネット検索しても該当しそうな品種を見つけることができませんでした。

持っていたナツメ社の「はじめての多肉植物」で探してみたら、クラッスラ属の円刃というものに最も似ていました。

どうなんでしょうね?多肉に詳しい方教えて頂けないでしょうか。

伸びた花茎に蕾がついてきました。

花茎も蕾と同じく、ピンク色に染まって可愛い。

あと、どれくらいで咲くのかしら?

開花が楽しみです。

冬枯れの庭は、葉ボタンが彩を添えてくれていますが、やはり寂しい。

東北の冬は寒く、春を待ち続ける日々が長く続きます。

でも、ありがたいことに、真冬に花咲く植物があるんですよね。

屋内で咲き始めた洋ランや多肉に癒され、愛情を注ぐ季節がやってくるのです。

ほら、「霜の朝」にも蕾が見えてきましたよ。

下葉が枯れ落ちているところも≪ありますが、蕾は立派に育っています。

ああ、開花が楽しみだこと。

ブログを見てくださって、ありがとうございます。

応援よろしくお願いします。

コメント (2)

ミセバヤとガーデンポール

2019年09月19日 | 多肉植物

母の庭では、ミセバヤが今年も見事な花を咲かせています。

上段が2日前に写したものです。

下が現在の姿です。

母が言うにはここで育てるようになってから、よく咲くそうです。

ここって、どこ?

ここはね、ガーデンポールに据えたプランターの中なんです。

ガーデンポールとは、このようなポールです。

制作して設置したのは、私の夫です。

以前、我が家に同様のポールを設置して、ビオラを育てていました。

四方八方から花を見ることができるし、散水ホールをちょっと引っ掛けたり、庭箒を引っ掛けたりと何かと重宝しておりました。

私の庭ではパーゴラを設置したときに、撤去しましたが、母が同じようなものを作って欲しいと夫にお願いしたものです。

今、こんな形でミセバヤの花が彩りを添えています。

株分けしたミセバヤが少し遅れて開花しています。

ポールの後ろ側にあるミセバヤは、日当たりの関係で、まだ咲いていません。

プランターの置き場所を変えずにおくと、開花に時間差が生じるので長いこと花が楽しめます。

一斉に花を咲かせたいなら、置く場所を順繰りに移動させるとよいです、

母の場合、移動させるのが大変だから、そのままにしているだけなんですが。

それでも、南の最上段に置いている花が終わるころには、裏側のミセバヤが表に移動することでしょう。

そういえば、地植えされているミセバヤも咲き始めていましたっけ。

花は美しいのだけど、花の重みで倒れています。

このミセバヤは私も庭に植えているのですが、毎年アブラムシの被害にあって、綺麗に咲かせたことがありません。

この品種は私向きではなさそう。

いずれ、↑ のミセバヤを株分けしてもらうつもりです 

 

いつも、ご訪問いただき、ありがとうございます。

応援ポチのおかげで、人気ブログランキングも順調に伸びてきました。

今後ともよろしく応援お願いします(*^-^*)

 

コメント (2)

こんな花が咲きましたよ~神刀~

2019年09月10日 | 多肉植物

最近、多肉の写真を載せるのは、めっきり少なくりました。

多肉熱が引いたわけではないのです。

冬の間、多肉にカイガラムシがつき、蔓延してしまいました。

特にエケベリアの被害が大きく、醜くなりました。

最初のうちは、爪楊枝で引っかき、ティッシュにとるという方法をとっていましたが、一向に効果がありません。

家の中で育てていた時期なので、薬剤を散布するわけにもいかず、カイガラムシがついていないと思われるところの葉だけを残し、育てなおししています。

それで、うまくいったものもあれば、またカイガラムシが発生したものもあります。

そんな事情で、多肉はブログにUPするようなものがありませんでした。

そんな時、神刀がパンチのある花を咲かせました。

神刀(ベンケイソウ科クラッスラ属、夏型)

神刀は南アフリカ原産の多肉植物だそうです。

鎌の刃のような形をして厚みのある葉が交互に伸びて、その間から花茎が伸びていき、花を咲かせます。

画像がピンボケしているのが、ちょっと残念でしたが、オートフォーカスで撮っているのに、下の方がボケてしまうのは、どうしてでしょうかね。

もう1枚撮ったものも、同様にボケています。

花のパンチが強すぎて、目がくらんじゃったかな?

私じゃなくて、カメラのことよ(笑)

とにかく、咲いたときは、嬉しかったですね~。

 ふだんは、外の軒下に置いています。暑さにはとても丈夫なだけあって、真夏に花を咲かせました。

陽射しが強くて、花持ちが悪くなるかと、開花じているときだけ室内に入れました。

花が咲いた後の姿です。

葉は青みがかってつやがありません。

花を咲かせるとき、花の重みで、倒れこみました。

このグロテスクな葉から、あんなに美しい花を咲かせるなんて驚きでした。

神刀は秋まで植え替え適期なので、少し涼しくなったら植え替える予定です。

 

 

 

コメント (6)

タロちゃん&多肉

2019年01月04日 | 多肉植物

曇り時々晴れ  最低気温 -3.9℃  最高気温 7.6℃

姉たちも帰り、今日からタロちゃんの散歩再開です。

タロちゃんも新年のご挨拶をしましょうね。

カメラを向けると視線を外すタロちゃんです。

IMG_4277


なあに、僕、写真撮られる嫌いなんだから・・・とでもいっているかのようです。

IMG_4288


そんなこと言わないで、ご挨拶してくれないかなぁ~

IMG_4284


フ~ンだぁ~

IMG_4283


ちょっとだけでも、ねっ

IMG_4282


それじゃ、ちょっとだけ、keiちゃんのブログを見に来てくださる皆様にご挨拶しようかな。

IMG_4281

      皆さん、明けましておめでとう
      散歩は僕の元気の源です。
      暖冬とは言え油断していると、風邪ひいたりするから、健康に留意してお過ごしくださいね。
      皆様にとって、今年1年が健やかで、幸多き年でありますよう僕も祈っています。
      時々顔を出しますので、今年もよろしくお願いします。

タロちゃんからの年頭のあいさつでした。

実家からの帰りに園芸店に立ち寄りました。

可愛い多肉に目が行きました。

IMG_4309

紅葉が美しく、よりバラの花みたいなスプリングワンダーです。

うちのは、こんな風に赤く染まってくれません。

ピンクに染まった多肉も、綺麗ね。

IMG_4305

こんな風に表情を変えてくれたら、嬉しいのに。
うちのは青白美人ばっかりなんだもの。

IMG_4304

 

IMG_4303

IMG_4302

中央の多肉(千代田の松)は、寒さで変化すると、こんな素敵な表情を見せてくれるのよ。

IMG_4312


今回は連れ帰った花がないの?と思われたでしょう。

見るだけでは到底すまない私ですから、もちろん沢山のポット苗を買って帰りましたよ。

植え替えたら、徐々に載せていきますね。(^.^)/~~~


いつも応援いただき、ありがとうございます。

 


 

コメント (4)

多肉もいい色に染まっています

2015年11月15日 | 多肉植物
午後の2時ごろ、雲の合間から陽射しがこぼれています。

ブログを更新しようと、画像をUPしようとしたら、容量が超えていると、UPできた画像は2枚だけでした。

それから、また記事に使わなかった過去の画像の削除をしたりして、なんとか記事を書いています。

もうそろそろ削除する画像も限界です。

この先、どうしようか・・・・

取りあえず、今日は多肉ちゃん達です。

2週間ほど前まで、外の軒下で育てていた多肉も今年は紅葉して、綺麗になっています。

milkyさんの多肉ちゃんの育て方を見習って、私も外で育ててみた結果です。

火祭りは特に綺麗です。だから火祭りというのでしょうね。


ブロンズ姫たちもこんがりといい色になっています。


ツメレンゲは、花を咲かせているところです。


昨年、母から貰った時は、この鉢いっぱいに広がって、花も立派でしたが、今年はしょぼくれています。
水をあげすぎたんですね。



エケベリアと何だったけ?


秋麗


白銀の舞


多肉ちゃんたちをいっぱい詰め込んでいます。




花・ガーデニングランキングに参加しています
応援してくださる方は、↓のリンクバナーをクリックしてね

花・ガーデニングランキングへ
コメント (16)

カランコエ シャンデリア&レデボウリア・ソシアリス

2015年03月25日 | 多肉植物
時々 最低気温 0.7℃ 最高気温 8.0℃

昼のローカルニュースによると、当地の最大瞬間風速が20mを越えたそうです

強風が吹き荒れていたので、マスク、メガネ、帽子の完全防備でウォーキングに出かけましたよ

里山に入ると、今年初めての鶯の声が聞こえてきました

寒いけれど、春なんですね

今日のお花はカランコエ・シャンデリアです


milkyさんのブログを見ていて、可愛いなぁ~・・と思い続けていたカランコエ

まさか、こんなにすぐ、近くの園芸店で出会えるとは思っていなかった


2週間位前にウォーキングで寄り道して、手に入れました

東側の出窓に置いているのですが、朝陽が当たると、まさにシャンデリアのようにキラキラ輝いて綺麗です

milkyさんのブログではカランコエ・ユニフローラと紹介されていました

家にやって来た鉢にはカランコエ・シャンデリアとありました

よく似ているでしょう

カランコエ・ユニフローラをネット(植物図鑑)で検索してみると

・マダガスカルが原産で、気根をだして断崖 や樹木の幹などに着生している
・茎は細くて匍匐性があり、バスケットから垂れ下がりる
・「エンゼルランプ」とも呼ばれ、カランコエの仲間で、赤色や濃紅色の釣り鐘状の花を咲かせる

シャンデリアも同じような説明でした

シャンデリアとは形状を表しているのかしら??

いずれにしても、シャンデリアのように輝いているカランコエです


同じく釣鐘状の花を咲かせるカランコエがもう一鉢あります

こちらはカランコエ・ウェンディかと思いますが、タグ無しでした


茎は匍匐性というより、放射状に広がっています
花がいっぱい咲くようになると、匍匐するのかな?

このカランコエ、長いこと蕾のままです

茶の間に置いているせいかも知れません

というのも・・・

育て方について、改めてヤサシイエンゲイで確認したところ
夜は人工照明の光に当たり続けると花が咲きにくい状態になるため、
できれば蛍光灯の光などの当たらない場所で管理します。

じゃ~ん、今まで遅い時間まで、蛍光灯の光に当てていました

だから、蕾のままで、なかなか花が開かなかったのね

カランコエの育て方をおさらいしますと

・真夏は半日陰で育てる
・冬は窓辺でよく日に当てる
・過湿に弱い 葉に水をかけると、そこから腐ることがある
・10℃以下になると花つきが極端に悪くなり5℃くらいで生長が止まる
・カランコエは短日植物(一日の日の長さが短くなると花芽を付ける)なので、
 夜にも照明が当たる場所では、植物自身が日長が長いと判断して花芽が付きにくくなる

白銀の舞(カランコエ・プミラ)もそういう理由で、一気に咲かず、ポツポツ咲いていったのね

あら! カランコエ・シャンデリアの傍に置いていたヒョウモンにも花芽がついているじゃない

追記:ヒョウモンと記しましたが、ブロ友さんが名前を教えてくださいました
「レデボウリア・ソシアリス」というのだそうです


この葉の模様私は好きだけれど、娘は嫌いと言っていました


土から浮き出ているのは球根みたい 
これが、また可愛いので埋めないでいます

なかなかいいと思うけどな~

今日はカランコエをブログに載せるため、少し勉強しました
コメント (12)

黄色い花~エケベリアと庭に咲く花~

2015年03月04日 | 多肉植物
  後  最低気温 0.1℃  最高気温 12.6℃

雨もあがり、晴れて気温がどんどん上がりました

庭の花も綺麗に輝いています






光を浴びた花は、一層美しくなりますね

家の中には、先日購入したばかりのエケベリアです
品種名はついていませんでした




壺型の黄色い花が穂状に咲き進んでいくようです

こちらは花の内側がイエロー、外側がオレンジの多肉です


余りにも咲きっぷりが良かったので、連れ帰っちゃいました

そのような花って、ありますよね


追記:先ほど、ゆりさんが、名札の付いてない子はエケベリア’花うらら’であると教えてくださいました

名前が分かって、もやもやが吹っ飛びました

もう一つのオレンジの子の名前についても、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてくださいませんか

お願いします
コメント (4)

ピンクの花の多肉

2015年02月18日 | 多肉植物
多肉の花って、咲くまで時間がかかるのかしら

1月の上旬に蕾を持ったカランコエ・プミラ’白銀の舞’です

いまだに、三分咲きくらいです




白く粉が吹いた葉にカールした花弁が可愛いでしょう

可愛い多肉がもう一つ、とっても可愛い花を咲かせていますよ

クラッスラー・ルベストリス(ベンケイソウ科の多肉)

小さなピンクの5枚の花びらの中央の赤い蕊が、アクセントになっています

蕊をよく見ると、雌蕊は壺型をしているんですよ

ズームにして、トリミングした画像です

どうお~、可愛いでしょう

マクロレンズがないので、画像がボケるのがくやしいわぁ~

この多肉の名前を今回は、「クラッスラー・ルベストリス」という名前にしておりますが、実のところ、よくわからないのです

ずっと、「愛星」かと思っていましたが、葉のお肉が薄くて、しかも赤くなってきません

十字星という多肉にも似ていますが、花の特徴というか説明が「クラッスラー・ルベストリス」にそっくりでしたので、この名前で出すことにしました

上の画像では葉がよく見えないでしょう

それでは、登場してもらいましょう


久々の多肉ちゃんでした
コメント (12)

カランコエ”白銀の舞”とハオルチア”玉緑”

2015年01月10日 | 多肉植物
カランコエ”白銀の舞”(しろがねのまい)に花芽があがってきましたよ


シルバーリーフの葉の表面には白い粉がついています
それで、白銀の舞と名付けたのでしょうね


原産地はマダガスカルというので、暖かい茶の間のテレビの脇で育てています

日光を好むというので、日中はよく日があたる窓辺に移動しているんですよ

その甲斐があってか、今年は花を咲かせられそう(*^_^*)

昨年は日当たりが悪かったために花が咲かなかったのよ


一緒に写っているのはトゥインクル”フレグランスファンタジー”です

今日は多肉が主役なのよ

いっぱい咲いたら、載せてあげるから、少し待っていてね

待てないの?

それじゃ、ちょっとだけよ



これで、満足できた?


ハオルチアの”玉緑”さん

脇の方にはオチビちゃんがついてきていますよ
もしかして、花芽もつけた?

もう少し見やすいようにくるっとまわしてみますね

ほら、花芽がしっかりみえたでしょう

葉も肉厚になってきて、私には凄い美人さんに見えるわよ
可愛いわ~
あなたは私の子供みたいよ



室内園芸で、今、最も人気のあるものといったら多肉なんでしょうね

だって、ブログで可愛い多肉の寄せ植えを目にしない日なんてありません

HCの売り場でも、多肉売り場の面積が広がってますよ

いろんな種類の多肉が売られているので、誘惑されそうです

でも、ここは我慢、我慢と気持ちを抑えています

我が家の多肉ちゃんに注ぐ愛情を集中させなくちゃね
コメント (6)

多肉の寄せ植えで遊ぶ

2014年12月17日 | 多肉植物
久しぶりの投稿となりました

北海道や日本海側の地域では、大雪による災害が心配されています

爆弾低気圧が爪痕を残していかないことを祈るばかりです

こちらは、思ったより雪が少なくて、ほっとしています


もう、しばらくは庭仕事もできないので、今日は多肉の寄せ植えをして過ごしました

徒長してしまったり、寄せ植えしたもののスペースが空きすぎていたりしたものを仕立て直してみました

多肉もいつの間にか増えて、名前が分からなくなったものがあります

milkyママさんのブログから、画像に名前を表示しておくことを学んだので私も真似してみました




三日月ネックレスが伸びてしまったので、長い鉢に植え替えてみました

植え替え前


植え替え後

ついでに黒法師もこちらに引っ越ししました
寒さで葉が落ちてしまっているの(-_-;)

こちらの平鉢には私の好きな多肉ちゃんを沢山植えこみましたよ
みんなのお顔がよく見えるように、真上から写してみました


正面からみると、こんな感じよ


milkyさんの蚤市でゲットした鉢にも、たくさんの多肉ちゃんが仲良く


折角なので、鉢の模様も見てね



可愛いでしょう(*^_^*)

文化際で手に入れた陶器の花籠も多肉ちゃんのお住まいに使用することにしました


少し渋めの多肉ちゃんは地味な平鉢にまとめてみました

朧月で鉢の縁を囲んでみましたが、茎が伸びたらどんな姿になるんでしょうね

偶然にもmilkyさんのお持ちの鉢と同じ鉢が、我が家にもあったのよ

嬉しくて、のせちゃいました
これ、紅蓮華だったかな?

画像に名前が表示されていないものは、頂いたものだったり、
初めから名札のなかったものなど色々です

多肉の寄せ植え、楽しかった(*^_^*)

家にあるもので寄せ植えにしたものだから、色彩の色合わせとか考えずに植えこみました

寄せ植えって、美的センスも必要ですし、土を入れるのが私にはことのほか難しかったです

なにせ、ぶきっちょなもんだから、多肉ちゃんの葉に土をこぼしながら、悪戦苦闘しました^^)

今は、多肉の植え替え時期には不適切な時期なんですって

うまくついてくれるかしら??
コメント (8)

多肉は難しいわ

2014年08月06日 | 多肉植物
貴方の名前なんだったけ?

エケベリア 近縁種 養老かな?


多肉への愛情はまだまだ薄いようです

名前が覚えられないの(-_-;)

鉢に植え替えしたりしているうちに、どれがどれだかわからなくなっちゃった


地味な寄せ植えでしょう

どうも私は多肉の持ち味を生かし切れない

もっと、可愛い感じに寄せ植えしたいのだけれど・・・

絵心が無いせいかしら、うまく寄せ植えできません(T_T)

朧月

3月にはピンク色を帯びていたけど、今はグレーに近いかな







山法師


他の多肉ちゃんは、鉢にまだ余白がありすぎて

バランスが悪いので、UPは見合わせました

斑入りツユクサが少し涼しげに見えましたよ


あまり暑いので、レンゲショウマを見にいったの

少し涼しくなるかと思って

やっぱり、暑いや・・・

(日誌)

最高気温が毎日のように更新されています

我が家でも34度を超えました

エアコンはあっても、ほとんどつけることがありません

エアコンが効いていないところに1歩踏み入れた時の、不快感に耐えられません

愛犬テリーちゃんには必需品だったけれどね

だけど、今日は暑かった

シャワーを浴びて、なんとか暑さに耐えた1日でした



人気ブログランキングへ
コメント (4)

お仲間入りした多肉たち

2014年03月14日 | 多肉植物
久しぶりの投稿となりました

3時近くになって、ようやく日差しがみられたものの、寒さは相変わらずです

最近、多肉植物やサボテンを記事にしていらっしゃる方、多いですね

拝見しているうちに、私も多肉の可愛さに目覚めましたよ

多肉に魅せられたブロガーの皆さんが、可愛い姿をご紹介されるもんだから

手を出すまい、出すまいと思いながらも、ついに、手を出しちゃいました

先週の日曜日に近くの園芸店に立ち寄った時、ついそのコーナーを覗き込んでしまいました

見たら最後、お買いものカゴにひとつ、ふたつと入れてしまっています

どんなお顔がよいのか、よくわからないので、とりあえず可愛いと思ったものをカゴに入れました

この子たちです

紅蓮華

小ちゃな赤ちゃんが可愛いなぁ~

ロンギフォリウム

つやがあるけど、微かに粉がふいているのかしら

触ると曇りが晴れるような感じがしました

中央の真の部分がグリーンを帯びて、綺麗です

エケベリア近縁種 養老

とがったところが赤みを帯びて可愛い

セブンスター(七福神×スーパースター)

買った中で一番バラの姿に似ている子でした

黄麗

とっても小さな赤ちゃん多肉です 

これ一つしかなかったので、買ってしまったけど、うまく育てられるかしら

セダム ミルクゥージー


これもセダムなんですって

白の斑入りで、全体がシルバー系です

寒さにも強かったら、グランドカバーにもいいかも

朧月

私、かなり、気に行っています

ピンク系のつやのある肌がいい感じ

造形的な雰囲気のある多肉ちゃんでしょう

数本の茎立ちになっているんですよ

娘は気持ちが悪いと、渋い顔をしていたけれど、私好きだなぁ~

最後は多肉じゃなくて、ツユクサの仲間だそうです

メキシコ原産の白絹姫

ふわふわしたモヘヤのような葉が可愛いので、連れ帰ってきましたよ

これらの多肉、暖かくなるまで、ポットにいれたままにしておくとして

どんなふうに植えようか

増えるまでは、単体で植えた方がいいのかなぁ?


人気ブログランキングへ

コメント (10)